【上方落語メモ第5集】その244

い ら ち 丁 稚


【主な登場人物】
 大旦那  定吉  亀吉

【事の成り行き】
 先繰り(さきぐり)機転、機転を利かせて先さきに手を打つのが賢い人間や
そうですが、私の場合はどうでしょうか。あぁしたらこぉなる、こぉしたら
あぁなる、こぉしてあぁなったらこぉなるから、初めからやめとこ。

 ……、あんまり賢いことありません(2001/01/07)。

             * * * * *

 え〜、何かお笑いを一席申しあげまして。

 噺に詰まったら子どもを使え、外題に詰まったら忠臣蔵、おかずに詰まっ
たら煮売屋へ走れ、水道(すいど)が詰まったら棒で突けちゅうて、こらもぉ
ちゃ〜んと方針が決まったところぉでして、お子達を一席あしらいます。

■亀吉、亀吉●へぇ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜い。

■何ちゅう返事じゃ、紡績の笛みたいな返事じゃなぁ。ちょっとこれへ来る
のじゃ●なぁ〜ん〜ぞぉ〜〜、ごぉ〜よぉ〜でぇ〜〜、ごぉ〜ざぁ〜りぃ〜
まぁ〜すぅ〜かぁ〜〜?■芝居の子役みたいなやっちゃなぁ、ほぉら悠長な
なぁ、貴様いつ生まれたんじゃ?

●へぇ〜え〜〜、正ぉ〜月ぁ〜つぅ〜のぉ〜、元ぁ〜ん日ぃ〜つぅ〜生ぅ〜
まぁ〜れぇ〜……■もぉあっち行けッ! おっとりしやがって、今どきの人
間やないで。そっちゃ行けッ!

■さだ、定吉▲へ、何でおます、へ、何でおます。へぇ、へぇ、へぇ、何で
おます。へぇなるほど、そんなことでおますか? へぇ〜、なるほど■ケッ
タイなやっちゃなぁ……、貴様を呼んだはほかじゃない▲へッ、なるほどな
るほど■黙って聞け。四条の大橋▲へ、よろしま■こ、これこれこれッ……

■あいつまた、あとも聞かんとシュ〜ッと出やがった。貴様は気が長いし、
向こぉは気が短い、これどっちも間に合わん。二人突き合わしたらえぇ人間
がでけんのに……、そっちゃ行ってぇ、馬鹿め。

▲へ、旦さんただいま■「ただいま?」どこ行ったんじゃ?▲あんさん「四
条の大橋」とおっしゃって、四条の大橋へダ〜ッと走って行たんだ。別に変
わったことおまへん。

■そら何を言ぅんじゃ。貴様を四条の大橋へ使いにやったんはほかじゃない
のじゃ、南座の芝居の看板を見にやったんじゃ。


【さげ】
▲今ごろおっしゃたかて……、言ぅてもろたら、ついでに見てきましたのに。


【プロパティ】
 いらち=「せっかち」の大阪言葉
 ケッタイ=妙な・変な・へんてこな・おかしな・奇態な・嫌な・不思議な
   など、実にいろいろな意味を含んだケッタイな言葉。エゲツナイと並
   んで上方言葉の両横綱。怪体とも奇態とも希代とも卦体とも当てる。
 4代目桂文三(1886年〜1921年10月10日)=本名、高田卯之助。享年35。
   3代目文三の実子。
 音源=(4)桂文三 1914(大正3)年 オリエント(古今東西噺家紳士録)



【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=(四代)桂文三 sub=*  ●main高座記録日:1914/**/**  ●音  源  名:(オリエント)  ●ファイル公開日:2001/01/07  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2010/03/07  ●リクエスト数:rakug244  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次