【上方落語メモ第5集】その239

み か ん 屋


【主な登場人物】
 甚兵衛はん  にわかみかん屋  長屋の人々

【事の成り行き】
 今、自宅で使ってるパソコンはネットショップで購入しました。メーカー
ダイレクトというやつです。幾つかのショップをリストアップしてコストパ
フォーマンスを調べ定期的に値動きを観察し、ドンと安くなったときを狙っ
て即発注します。

 納品には時間が掛かると思いきや、明くる日に確認メールが届き、返送し
た翌々日に配達されたのには驚きました。なか二日で全て完了させてしまえ
るほど、システムは成熟しているということでしょう。パソコンなどという
数値でほぼ内容が分かってしまうような商品の購入は、わざわざ専門店へ出
向くまでもなくネットショップで十分でしょうね。

 商品を仕入れて儲けを乗せて売る。というのが商売なわけで問屋、小売屋
さんは利ざやを抜いて成り立ってるわけです。この「利」とはそもそも何か
というと、メーカーと消費者との仲立ち、言葉を換えると商品の移動、物流
の手間ということですよね。

 ところがここに来て、メーカーダイレクトで商品を消費者に渡されたんで
は物流業は成り行きません。ある事務機屋さんの話ではパソコン・周辺機器
を正規卸ルートで仕入れるより、ウェッブショップの方が安かったので注文
してしまった。という現実を聞きました。

 巷間かまびすしい「IT革命」が進めば、メーカー⇒消費者の流れが一層
太くなり、反比例して既存物流業の存在意義が希薄になってくることでしょ
う。馬鹿正直なだけの「みかん屋」に未来はあるのか? 商人(あきんど)よ
IT担げてどこへ行く?(2000/12/03)

             * * * * *

 え〜、よろしくご来場くださいましてありがとぉございます。どぉぞお笑
いを願いますよぉなことに。え〜、あんまり顔を現さん噺家でございますの
で、お馴染みも薄いんでございますけれども、だいたいは噺家は子どもの時
分、噺家でございます。

 途中で変身をいたしましてな、しかしながらまぁ、やはりこの小さい時分
に習った芸といぅものは、やっぱり忘れ難いもんでございまして、時々お邪
魔しとりますんですけれども。

 考えてみますとこの、今と昔とはゴロ〜ッと世の中が変わりまして、ただ
今では計算が分からんの、銭儲けが分からんてな人は一人(ひとぉ〜り)もお
いでやございませんが、昔はこの、勘定に疎い人間といぅものがよくあった
もんやそぉでおますが。

 またこの、我々世界に出てくる人間といぅのはたいがい皆決まったもんで
おましてな、片一方(かたいっぽ)がちょっとボ〜ッとしたんと、片一方が賢
い。これでその笑いといぅものが生まれるわけなんですが。

●こんちわ……、こんちわ■おぉ、誰やな?●わたいでんねや■あぁ、うち
のやつ、今お前とこやったんやけども、言付け聞ぃてくれたかい?●へぇ、
うちのやつ来てくれましてね、ほんで言付け言ぅたもんでっさかい、すぐこぉ
して出て来たんですねやが、もぉうちのやつ帰ってますかえ?

■そぉ言ぅたら、どっちの嫁はんや分かれへんがな……、まぁ、とにかくこっ
ち上がんなはれ●へ、おおきに、どぉも……■どないしてるねん、この頃?
●いやぁ、どないもこないも詰まらいで、もぉしゃ〜ないさかいブラ〜ブラ
しとりまんねやが。

■いかんなぁ、大の男がお前、ブラブラしてるてなことでは今日様(こんに
ちさま)にもったいない、働きなはれ働きなはれ●そらまぁ、言ぅてもらわ
いでも働こ思とりまんねやけど、なにしろ元手が無いもんでっさかい……

■言ぅことだけは一人前やなぁお前。お前らで「元手」ちゅなこと言ぅとっ
たら、まともなことできるかいな。人間は体で働きなはれ、なぁ、そぉして
儲ける金が一番ありがたいねん。働く気あんねやったらわしがお前に世話し
たげる、働く気があるかい?

●へぇ、もぉこぉなったら何でもかめしめへん、働かしてもらいます■よっ
しゃ。その気があんねやったらお前に世話したげよ……、お前の座ってる後
ろの押入れをちょっと開けてみなはれ。

●あぁこれでっか……、う、うわッ! 何とぎょ〜さんのミカンが入ったぁ
んなぁ……、あんたとこなんでっか、紀国屋の文左衛門の孫でっか?■んな
アホなこと言ぃないな●何でんねん? こんなぎょ〜さんのミカン。

■いやぁ、そらわけを言わな分からんねやが……、実はあるところぉへお金
を用立ててあってな、毎月お金で送ってきてくれるねやが「今度はどぉもお
金が具合が悪いので、済まんが現物のミカンで取ってくれんか」と、ぎょ〜
さんミカンを持って来てな。

■家(うち)へこんなミカン置いといたかてしょ〜がない、で、ちょ〜どお前
が遊んでんねやったら、このミカンを売りに行てもらおと、こぉ思うねやが、
どないや? 行くかえ?

●ほぉ〜なるほど、こらえぇ考え。へぇ、早速やらしてもらいます■そぉか、
行くねやったら行くで、ちゃ〜んと仕度はしてあんねん……、そこの庭にカ
ゴがあるやろ、そぉそのカゴ、こっちぃ百とこっちぃ百と二百入れたぁんね
ん。えぇか、覚えやすいよぉにな。

■そいで、このミカンは元が一つ五円や●えッ、こんな大きな、こんな立派
なミカンで五円ッ! これ、安いなぁ……、二、三十買ぉて去(い)の■お前
が売りに行くねやがな●あッせやせや、わてが売りに行くのん忘れてまんね
や。

■でまぁ、五円から上はお前の頭次第、腕次第、何ぼでも上見てきたらえぇ。
その上見てきただけがお前の儲けになんねやさかい、行てきなはれ●さよか、
おおきにありがとはんで。ほな、ちょっとやらしてもらいます■行といなは
れ、儲けといなはれや●へッ、おおけにどぉも……

 表へパッと出よったんですが、アホのくせに恥ずかしがりで「ミカン」と
いぅ、この立て前が言えまへんねん。荷を担いで黙ぁ〜って歩いとぉる。

●誰も買わんなぁこら……、そら、黙ってたら誰も買わんわなぁ、何なと立
て前を言わないかんわなぁ……、しかし、立て前ちゅな、わりに言えんもん
やなぁ。表売り歩いとんの何でもないよぉにあれ思てたけど、さて表へ出る
と、こら声が出んなぁ……、待てよ、ミカンやから「ミ・カ・ン」と言ぅた
らえぇねやろなぁ、いっぺん言ぅてみたろか。

●みッ、みッか……、どぉもここまで出たぁんねけど言えんなぁ。えらいも
んやなぁ、しかしあの金魚屋やみなえぇ声でうまいこと売っとぉるがな「金
魚ぉ〜え、金魚ぉ〜い」ちゅなこと言ぅてると気持ちがえぇなぁあれ。あぁ
いぅ風にうまいこといかんもんかなぁ。

●またあのイワシ屋なんか景気がえぇがな「あぁ〜ら、取れたてや取れたて
やッ! テテ噛むイワシやッ!」ちゅなこと言ぅとるがな、あぁいぅ風にい
かんかいなぁ「あぁ〜ら、取れたてや取れたてやッ、テテ噛むミカン……」

●こら危のぉて誰も買わんわ、ミカンに手ぇ噛まれたちゅな具合悪いわなぁ。
弱ったなぁ、黙ってたらいかんのやが……、なんぞぞ稽古するとこはないか
いな……、あるある、えぇ路地(ろぉじ)があるがな。

 「ここでいっぺん稽古したろ」と、アホはアホなりに考えよった。

 その時分にはぎょ〜さんに長屋が並んだ路地といぅのがたくさんあったも
んでおましてな、その路地の入口に長屋の共同便所が三つ並んである。その
真ん中のとこへ行きよって、あたり見回して……

●みぃ〜・かぁ〜・んッ!▲じゃがぁしわいッ!●あぁ、ビックリしたぁ、
あ〜ッ、ビックリしたぁ▲こっちがビックリするわい、糞っ垂れが●どこで
怒ってなんねん……? あぁ、お便所の中から怒ってなはる? それやった
らあんたが糞っ垂れや、そっちゃ糞垂れるほぉや。

▲何言ぅてけつかんねんドアホ、考え事してるときに大ぉきな声出しやがっ
て、ビックリしてお前、紙落としてもた●えらいことしなはったなぁ、紙落
としなはったか……、そらしゃ〜ないわ、まぁ乾くまで待ってぇ。

▲ドアホ、洗濯もんやあれへんわい、あの家(いえ)行って紙もろてきてくれ
●え?▲「家行って、紙もろてきてくれ」ちゅうねやがな●わたしがでっか?
そらまぁ、突然大きな声出した責任は半分おますよって、行かんことはおま
へんけども……

●ほなまぁ行てきますけども、ここへほたら荷ぃ置いてまっさかい、中から
ちょっと気ぃ付けとくなはれな、盗られんよぉに。ほで、お宅どこでんねん?
▲奥の突き当たりから三軒手前や●あぁさよか、ほな行ってきます……

●あほらしなってきた、何を用事をさされんねん。商売せん先からこれ、雪
隠(せんち)の使いやて。これがホンマの「糞オモロない話」っちゅうやつや
なぁ……

●しかし、なんぼなんでも子どもの使いやないねからなぁ「あんたとこの大
将、便所で紙落としはった、紙おくなはれ」そんなアホなこと言われへんが
な、大の男が。何とか体裁よぉ言ぅていく工夫ないかいなぁ。

●え〜ッとまてよ、お便所のことを綺麗に言おとすると厠(かわや)・憚り(は
ばかり)・閑所(かんじょ)、も少しなんか言ぃよぉないかいなぁ……? あ
るある、よぉ女ごの子が言ぅてるなぁ、綺麗ぇに聞こえるやつがあるわ「あ
んたどこ行くのん? はぁ、ちょっとこれから高野はんへご参詣」てなこと
言ぅてるわなぁ。高野、なるほど高野、こらえぇなぁ、高野山こらえぇわ、
これにしてこましたろ。

●えぇ〜ッと、突き当たりから三軒手前か、あぁここやな……、え〜ごめん
を★はぁ、どなた?●えぇ〜、ミカン屋でおまんねやが★あぁそら違ごてる
わ。うち、ミカン屋呼べしまへん●いえいえ、そやおまへんねん。実はお宅
の大将から言付けをちょっと聞ぃたんでおますが……

★んまぁ、そぉですか、それはどぉも失礼(ひつれぇ)をいたしまして。さぁ
さぁさぁ、どぉぞこっちお上がりやして、どぉぞお上がりやしておくれやす。
どぉぞお茶一つ……●いえ、そないしてもらうほどの使いやおまへんねやが。
ホンのしょ〜もない使いでんねんけども★ほで、わたしんとこのんとはどこ
でお会いになりました?

●「どこでお会いになりました?」て、え〜、高野でお目にかかったんで、
高野で★んまぁ〜、そぉでおますか。いぃえぇな、実は一昨日(おとつい)、
えぇ取引があるいぅて、紀州のほぉへ参りましたんですねんけども、そぉで
すか、もぉ高野へ登っておりますか。

●へぇへぇ、キバッテはりますわなぁ★まぁ、さいでおますか。それで、う
ちの人からどぉいぅお言付けで?●へぇ「嬶(かか)にそぉ言ぅてくれ」ちゅ
うて「高野で紙落としたさかい」て、こないいぅて。

★何でおます?●へぇ「高野で紙落としたさかい」★ほんなら、何でおます
か、あのうちのんが高野で髪を、うちのんが高野で髪を……、う、うわァ〜ッ
●泣いてはるがな、別に泣くほどのことやあれへんのに……

★実はわけを言わな分かりませんが、うちのお方も最近は神経衰弱になっと
りまして「もぉこのゴタゴタした浮世が嫌になったさかい、早よぉ高野へで
も上がって髪を下ろしたい」とは常々申しておりましたんですねけども……

★「まぁこの子が大きぃなるまではそんな短気な真似はせんといてくれ」と
常々から頼んでおりますのに、わたしに内緒で高野へ上がって髪落とす……
う、うわァ〜ッ!

●知らんがな、わしは★ほで、わたしとこのんはどぉいぅ言付けを?●「どぉ
いぅ言付け」てね「嬶にそぉ言ぅて、紙もろて来てくれ」ちゅうて★よぉまぁ
そんな乱暴なことが言えますなぁ、一旦落とした髪がうちにありますかいな。
よしまた、その髪がありましても、あんさん紀州の高野まで届けてくれはり
ますのん?

●「紀州の高野?」そら話が違ごてますわ。いぃえ、わたしの言ぅ高野ちゅ
うのは、あの路地の入口の三つ並んだ真ん中の高野で★あ〜ビックリした、
それやったらお便所やおまへんかいな、それやったら向かいの大将でんがな
●あぁ向かいでっか? こら、どぉも……

●あぁ、ビックリした。そらそやなぁ、雪隠入って泣くわけないわなぁ。あ
んまり丁寧に言ぅたらいかんなぁこら、やっぱりもぉちょっと分かりやすぅ
に言ぅたったほぉがえぇなぁ……、向かいの家、ここやな。ごめんやっしゃ。

◆どなた?●糞っ垂れ、お前とこかい?◆なんちゅうことを?●いやいや、
こらわけ言わな分からんねけど、あんたとこの大将やろ、便所入ってんのん。
わてが大きな声出したために紙落とさしてしもてな、で「取ってきてくれ」
ちゅうてまんのでわてが行きま。いえいえ、わたしが言われてまんねやから、
わたしが持って行ときます、大丈夫でやす。どぉも……

●え〜、大将、お待っとぉさんで▲何をさらしとんねんホンマに、ケツが冷
(ちめ)とぉなってもぉたるがな……、ほ〜らホンマにビックリしたがな大き
な声出して……、いや、おおきはばかりさん。しかしまぁ、何はともあれ便
所の使いまでしてくれてんやからなぁ、おおきはばかりさん。

▲ほで、お前(ま)はん、いったい何屋や?●ヘヘッ、ミカン屋でんねん「み
かぁ〜ん」と、こぉ稽古したんでんねん。したらあんたが中から「じゃがぁ
しわいッ!」

▲ミカン屋はんかい、そぉか、そら気の毒な目ぇさしたなぁ。使いまでして
くれたこっちゃ、ほな、ミカンでも買おか●へッおおきにありがとさんで。
ひとつお頼の申します▲よっしゃ……。えぇミカンやなぁ、で、このミカン
一つ何ぼや?●へぇ、五円でんねや。

▲五円? こんな大きなミカンが? 安いなぁ……、五円か●へぇ▲何ぼ入っ
たぁんねん? 二百? よし、みな買ぉたる●えッ、みな買ぉてくれはる?
▲あぁ、そんな安いミカンならみな買ぉたる。持っといで持っといで……、
おい嬶、金千円出し、え? いや、見てみぃ、こんな大きなミカンが一つ五
円やて、安いやないかいな。

▲いや、本家でな「稲荷祭りがあんので、子どもにやるのにミカンをぎょ〜
さん買ぉて」て頼まれてんねや。ちょ〜ど幸いや千円出し……。おい、ほな
ミカン屋、これ千円持って行き。それから、その庭へブッチャケとき、それ
でえぇさかい。

●どぉもありがとさんで、こら助かりました。いっぺんに買ぉてもろて、甚
兵衛はんもビックリしよります。ヘッヘッへッ、おおけにありがとさんで。
え〜、ところで、ちょっとお願いがありますねやが……

▲ほぉほぉ、何の願いや?●ヘッヘッ、上を見さして欲しぃんでやすが▲な
に?●いえ、上を見さしてもらいたい▲おぉおぉ、上ぐらい、何ぼでも見て
きたらえぇがな●あぁさよか。ほなまぁ見してもらいまっさ……、ウワァ〜、
汚い家やなぁこら。大将、チッと掃除しなはれ、蜘蛛の巣がたまってまっせ。

▲ほっとけ、そんなこと。またあったら持って来い。買ぉたるさかい●おお
け、ありがとさんで、どぉも済みません……

●ただいまッ■アホ、そやからわしが言ぅてるやろ、この商売といぅものは
そぉいぅ気の短いことではいかん「商売は牛のよだれ」と言ぅぐらい、気長
ごぉにやってこなあかんのや……、何? みな売れた? いや、あの二百入っ
たぁったんがみな……?

■なるほど、みな売れたぁる。こら感心やがな、お前はアホやてなこと人は
言ぅけど、アホやあれへんがな。こんな短いあいだにあれだけのミカンをみ
な売った。こら結構なこっちゃ、こっち上がりこっち上がり、売上こっちか
しなはれ、何ぼ儲かった?

●ヘヘッ、えらいどぉも、ほなこれ、ちょっと千円お渡しを……■あぁ千円
なぁ、ほなこれは元の千円やな?●へぇへぇ、元の千円でんねん■ほと、利ぃ
はそっちにあんねやなぁ?●へぇへぇ、利ぃねぇ……、利ぃがそれでんねや。

■おッ、利ぃがこれか。折(おれ)になったん? なかなか商売うまいがな。
ほな、元早よ出し●いえ、元がそれでんねん■ほな、利ぃわい?●利ぃもそ
れでんねん「元は利にあり、利は元にあり」て、一個が五円で二百で千円、
そんでよろしぃねん。

■元で売ってきやがったがな。せやから俺が言ぅてるやろがな「上を見とい
で」て●見てきましたがな、えらい蜘蛛の巣ぅでんねや向こぉ■誰が天井見
てこいっちゅうたんや、ドアホ。

■そぉやないがな、このミカンは元は五円やけども、五円から上は高こ言ぃ
なはれ。高こ言ぅただけがおまはんの儲けになるちゅうねん。それを上見るっ
ちゅうことやがな……、難儀やなぁホンマに、ほな、もぉいっぺん百ずつ入
れたるさかい、行といなはれ。高こぉ言ぅて売んねやで!

●ボロクソに言ぃなはんなや、こっちかて初めてや、分かれへんがな。さよ
か、高こ言ぅたらえぇのかいな、それやったらはじめから言ぅといてくれた
らえぇのに……

●「ミカンはどぉじゃな、上等のミカン。上等のミカンはどぉじゃな……」
オモロイもんやなぁ、いっぺん失敗したら、売り声が出てきよったがな「ミ
カンどぉですいな、上等のミカン」

◆おいッ、ミカン屋●そぉら、来たな◆なんじゃい「そぉら来た」て?●ヘ
ヘッ、こんちわ◆そのミカン一つ何ぼや?●ヘヘッ、買うかえ?◆いや「買
うかえ」て、買うさかい呼んでんねやがな。そのミカン一つ何ぼやねん?

●ヘヘッ、高いで◆「高いで」て、ケッタイなミカン屋やなぁ、高かったら
値切るがな●値切ったかて負けるかい、糞っ垂れが◆喧嘩やがな、何ぼやね
んな、そのミカン一つ?

●何ぼにしてこましたろ、えらいえぇ風しとるな、こら持ってそぉななぁ、
へぇ、このミカン一つ、五千円でどや?◆なんぼ?●このミカン一つ、五千
円でどや◆このガキャ、キョクリやがったら頭から煮え湯かけるで!●わ、
わ〜ッ……

●あぁ怖わ、あぁ怖わ。もぉ、折角やけどミカン屋やめま■また真っ青な顔
して、なんじゃいお前、履きもんでうちぃ上がったらいかんがな、どないし
てん?●へぇ、今あんたが言ぃなはったとおり「高こ言え」ちゅうさかい、
ほんでわて高こ言ぅたんだ。ほたら「ドタマから煮え湯浴びせるで」いぅて。

■そらまた、乱暴な人があったもんやなぁ。銭は向こぉのもん、品物はこっ
ちのもん、買わなんだら元々やがな。で、お前何ぼや言ぅたんや?●「その
ミカン一個何ぼや?」と、こぉ言ぅさかい「一個、五千円」と■何?●「一
個五千円」と……

■よぉ命あって戻って来たなぁお前、情けない男やなぁ、いっぺんこっち上
がんなはれ。ゆっくりいっぺん「商売といぅものはこぉいぅもんや」といぅ
ことを教えたげよ。そこへ座わんなはれ。

■あんたがこの荷を担いで、ある長屋へ入って行くとせぇ、路地にでも。な、
すと向こぉさんが声を掛けはる「おい、みかん屋はん。そのミカン十(とぉ)
何ぼやな?」と、こぉお尋ねになったら「へぇ、このミカン、十、百五十円
でおます」と、こぉ言ぅねん。

●百五十円? えらい高こまんねやなぁ■まぁ黙って聞きなはれ「百五十円
でおます」と、向こぉさんが「えらい高いミカンやなぁ、知らぬ半値や、七
十五円に負からんか?」とおっしゃったら、鼻も動かさんと路地を出るねん、
分かったな。

■向こぉさんが買ぉてやろといぅ気のあるお方やったら「まぁ、えらい気の
短い商人(あきんど)やなぁ。それやったらもぉ十円買い上げて、八十五円に
負かるかえ?」と、こぉおっしゃったら、その声を聞ぃて元へ戻って来るね
ん。

■それでもまだ負けたらあかんねやで。路地には必ず真ん中に井戸端とか水
道端がある。そこへ荷を下ろして待ってると、長屋のお上さん連中がぎょ〜
さん出て来る。

■ところが、どこの長屋にもな「かしま婆」ちゅうのが一人おんねん、しゃ
べりのオバハンが。それが頭(どぉ)取って、このミカンは皮がごついとか、
このミカンは汁気が無いとか、ゴジャゴジャ、ゴジャゴジャ難癖付ける人が
おる。

■そぉいぅことを言わさんよぉに、下から大ぉけなえぇミカンをこぉ上の方
へ積み上げていくねん。これを商売で「荷造」ちゅうねん覚えときなはれ、
えぇかな。

■「こんだけのえぇミカンでやんねん。さぁ、そこをあんたが番頭をして、
もぉ十五円買い上げて、十、百円で買ぉてもらえまへんか?」と、初めてこ
こで値ぇを決める。分かったな? すっと、向こぉさんが買ぉてやろぉといぅ
気があったら、十、百円で買ぉてくれはる。

■十、百円で買ぉてもろたら何ぼの口銭(こぉせん)がある? 五十円の口銭
がある、せやろがな。百売ったら五百円、二百で千円の口銭がある。それを
もって、その日その日の渡世やっていくねや。

■「掛け値言わな女房、子が養えん」ちゅうこと分からんかい? 何のため
に働いとんねん。もっぺん、トットと行てこいッ!

●よぉそんなポンポン、ポンポン言ぃなはんなぁ、行きまんがな……、難儀
やなぁ、はじめから詳しぃ教えてくれたらえぇねん。分からんさかい失敗し
まんねやがな。へッ、ほな行てきまっせ……

●え〜ッと、どこ行てこましたろかいなぁ「ミカンどぉでやすいな、上等の
ミカ……」あッ、ここはあかんわ。さっきの五千円言ぅたとこやさかいなぁ、
今ごろ煮え湯沸かして待っとるや分からんで。え〜ッと、どこぞ……

●あッそぉや、最初の路地入ったとこよかったぁ「また持っといで、買ぉた
るさかい」こない言ぅてはったけどなぁ。そぉや、向こ行てこましたろ。確
かこの路地……、あぁ雪隠場もあるわい、ここや「ミカンどぉでやすいな、
上等のミカン」

▲ちょっとお咲さん。さっき話してた安いミカン屋「またあったら持っとい
で、買ぉたるさかい」いぅたら、ちょ〜ど来てまんねやが、あんたとこもぉ
百買いなはるか? ほな、わたしとこももぉ百買いまっさかい呼びまひょか。

▲(パンパン)ちょっと、ミカン屋はん●へぇ、いやぁどぉも先ほどはあり
がとさんで▲また持って来たんか? 二百? そこへブッチャケときなはれ。
さぁ、お金千円持っていくかい?●あきまへん、今度はあきまへんで。今度
はいっぺん「そのミカン、十、何ぼや?」と尋んねてみなはれ。

▲いや、尋んねんかて、さっき買ぉたから分かってるがな●さっきはさっき、
今は今だ。いっぺん値段、尋んねてもらいまひょか▲ケッタイなミカン屋や
なぁ……、ほな、そのミカン、十、何ぼや?●へぇ、十、百五十円でおまん
ねん▲こらまた、えらい今度は高いねやなぁ、さっきのんと手が違うのかえ?

●いぃえぇ、おんなしミカンでんねがな▲おんなしミカンでそんな高いねやっ
たら、うち要らんわ●「要らんわ?」要らんわではことが済まんやないか、
要らんわではことが済まん「えらい高いミカンやなぁ。知らぬ半値や七十五
円に負からんか?」と、何で値切らん。

▲ケッタイなミカン屋やなぁ、値切ること向こぉから教えてるがな……、ほ
たら、七十五円に負かるのか?●へんッ、その声聞ぃて鼻も動かさんと路地
出るちゅうやっちゃ……、こっち向いてこましたろ、鼻動いたらいかんさか
い……

●うぉ〜い、路地出てまうがな「えらい気の短い商人やなぁ。ほんだら、もぉ
十円買い上げて、八十五円に負からんかい?」と、何で言わん?▲あんなこ
とばっかり言ぅてるがな……、ほな八十五円に負かんのんか?

●その声聞ぃて元へ戻って来まねや……、触んなはんな、まだ負かってへん
がな。どこぞここらに水道端ないか?▲何を言ぅてんねん? あんたの後ろ
に井戸端があるがな。

●わしの後ろ……、あぁホンに、ここにあんのかいな。え〜ッと、ここへこぉ
荷ぃを下ろして、こぉして待ってると長屋のお上さん連中がゾロゾロ、あぁ、
ホンにぎょ〜さん出て来たなぁ、なるほどなぁ。

●よぉ〜さん出て来なはったなぁ、この中に「かしま婆」ちゅうのんおるか
い?▲何やねん、かしま婆て?●ヘヘッ「このミカン皮がごつい」とか「汁
気が無い」とかゴジャゴジャ、ゴジャゴジャいちゃもん付ける人、おるやろ
がな。

●オバハン、あんたやろ?★指、差しないな……●嘘ついたかて分かったぁ
んねん、唇の横にホクロがおまっしゃろ、これ「しゃべりボクロ」ちゅうね
ん、毛ぇが一本シュ〜ッと生えてまっしゃんな、それがしゃべりボクロの証
拠や。

●あんたやろ、ゴジャゴジャ、ゴジャゴジャ言ぅのん。そんなことは言わさ
んで、そぉいぅことを言わさんよぉに、下から大ぉけなえぇミカンをこぉ積
み上げていきまんねん。これを商売で「荷造」ちゅうねんよぉ覚えとき。

▲おまはんが覚えとかんかいな●これだけのえぇミカンでやんねん。さぁ、
そこあんたが番頭をして、もぉ十五円買い上げて、十、百円で買ぉてもらえ
まへんか? と、どぉだ? 何? 買わん?

●買わんなんとこや、買ぉてもらわないかん、十、百円で買ぉてもらいまっ
しゃろがな、ほたら何ぼの口銭があると思う? 五十円の口銭がおまんねん。
百売って五百円、二百で千円の口銭がある。それをもってその日その日の渡
世をやっていきまんねがな。

■「掛け値言わな女房、子が養えん」ちゅうことが分からんかい、どない思
てけつかんねんッ!▲あぁビックリした、ケッタイなミカン屋やなぁお咲ちゃ
ん?

★いぃえぇな、そやないねやわ、このミカン屋はん正直なが。さっきのミカ
ンは安いはずやがな、あら元で売ってんねやがな、元値で。ほであんた、問
屋へ帰って叱られて、向こぉで怒られた通ぉりにここへ来て言ぅてやねん。

★あぁあぁ、何と可愛(かい)らしぃミカン屋やこと。可哀相ななぁ、どない
しなはる? 買いなはるか? ほな、あんたとこ百、わたいとこ百、買ぉて
やりまひょか。

▲ミカン屋はん、あんた人間が正直な。ここの人が皆「あんた好きや」言ぅ
てはるさかい、ほな買ぉたげるさかい、二百そこへブッチャケとき。お金こ
れ千円持って行きなはれ。

●ヘヘヘッ、おおけにありがとさんで……、えらい済んまへんなぁ千円やお
まへんねん、二千円でんねん▲勘定分かったぁるんかいな……、ほな、これ
持って行きなはれ。

●へッおおきにありがとさんで、お陰で助かります、おおきにどぉも▲まぁ
まぁ、しかし歳の若いのによぉやってやなぁ。見たところえらい若そぉなが、
あんた歳お幾つや?

●へぇ、あの〜五十五でおまんので▲五十五? お咲さん見てみなはれ、こ
のミカン屋、五十五やて「何やらは若こ見える」て、えぇこと言ぅたぁるや
ないか。どぉ見ても二十五、六やなぁ。

●へぇ、ホンマは二十六でんねや▲ホンマは二十六やのに、それ何でそない
ぎょ〜さん掛け値言ぅねや?


【さげ】
●掛け値言わんと、女房、子が養えませんので。

【プロパティ】
 三遊亭小円=(1910年5月31日〜1975年11月30日)本名・黒田博毅。大阪
   府出身の漫才師、落語家。漫才「小円・栄子」の小円さんです。
 今日様(こんにちさま)=太陽を敬って呼ぶ語。お天道(てんとう)さま。
 かめしめへん=かましまへん。大阪言葉ではしばしば「ま」が「め」に置
   き換わる。
 ぎょ〜さん=たくさん・はなはだ・たいへん。大言海には「希有さに」の
   転とある。「仰々しい」のギョウか?「よぉけ→よぉ〜さん」たくさ
   ん、の訛りかも?
 庭=土間。たたき。植木の植わる庭は前栽(せんざい)という。
 通り庭=大阪で庭は土間のこと、木の植わっているのは前栽(せんざい)と
   いう。
 雪隠(せんち)=せっちん:便所。
 憚(はばか)り=人目をはばかる所の意で便所のこと。
 高野(こうや)=厠(かわや)の異称:便所のことを「高野さん」と、うちの
   お婆ちゃんも言ってました。
 こます=〜する。物にするなどの意にいう下品な語。イテコマス:やって
   しまう。暴力で抑えつけてしまう。強姦する。
 よしまた=よしんば:たとえまた。よしや。かりに。
 さらす=するの罵語。やがる・くさる・けっかるなどの補助。さらしてけっ
   かる。
 はばかりさん=ご苦労さん、ありがとう。
 折(おれ)=儲け。ぼろい商売。「折れて曲がる」の折。
 ケッタイ=妙な・変な・へんてこな・おかしな・奇態な・嫌な・不思議な
   など、実にいろいろな意味を含んだケッタイな言葉。エゲツナイと並
   んで上方言葉の両横綱。怪体とも奇態とも希代とも卦体とも当てる。
 キョクル=なぶる。ひやかす。愚弄する。オチョクル。
 知らぬ半値=「知らぬ顔の半兵衛を決め込む」何も知らない振りを装って
   物事に取り合わぬことを意味する慣用句。これを元にした洒落言葉。
 よぉ〜さん=たくさん。ぎょ〜さん。
 音源:三遊亭小円 1974(昭和49)年
    FM大阪上方FM寄席(古今東西噺家紳士録)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=三遊亭小円 sub=*  ●main高座記録日:1974/08/04  ●音  源  名:上方FM寄席(FM大阪)  ●ファイル公開日:2000/12/03  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2010/02/07  ●リクエスト数:rakug239  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次