【上方落語メモ第5集】その228

松  医  者


【主な登場人物】
 喜ぃさん  徳さん  ご隠居

【事の成り行き】
 今またガーデニングブームということらしいです。気取らずに言うと「庭
いじり」言葉の響きが年寄り臭いのか、若い奥様がたは「ガーデニング」と
おっしゃいます。

 緑のある生活ってよろしいですね。わたしも以前、観葉植物ブームの頃、
育てたことがありました。ずぼらな性格が災いして、ことごとく枯らせてし
まいましたんですけど、夢中になっていたときに株分け、取木で増やした子
孫をあちらこちらにばら撒きましたんで、今頃どこかで生き延びていること
だろうと思います。

 植物は動物ほど手間もかからず、とにかく水さえ切らさなければすぐに枯
れるということはありません。それでも旅行などで家を空けると気になって、
頭の片隅に絶えず「気がかり」が浮かんでいる状態というのは精神衛生上好
ましくないようです。

 二十年近く育て上げたゴムの木を冬の寒さに枯らせて以来、もう育てるの
はよそうと思っていましたが、事務所の家主さんがオリヅルランを露地植え
でアホほど増やし、持って帰れと言ってくれてます。オリヅルランなら寒さ
にも強いし世話も簡単だし、また育ててみようか……、ランナーが程よく成
長したらいただくことにしました(2000/10/01)。

             * * * * *

 今日もちょっと、あまりやらん珍しぃ噺を一つ二つ聞ぃていただきます。

 植木屋が出てくる落語といぅのは「植木屋娘」といぅのがございますが、
それ以外あんまりないんですが、小咄、短い噺にはチョイチョイ植木やら盆
栽やらを扱こぉた噺もございます。

■おい植木屋●へい■お前とこ、どんな花でもあるか?●へぇへぇ、うちゃ
もぉ、どんな花でも木ぃでもおまっせ■ほな、もの言ぅ花ちゅうのはあるか
い?

●「もの言ぅ花?」なぶりに来やがったな、こいつ……、へぇおまっせ■あ
るか?●へぇ、おます。うちのな、花でも木ぃでもみなもの言ぃまっさかい。
なんやったら、名前でも尋んねてみなはれ、返事しよるさかい。

■へぇ〜ッ……、お前なんちゅう名前や?●さくら■おい、もの言ぅたで、
これ。えらいことがあるなぁ……、お前は?●うめ■不思議なことがあるも
んやなぁ……、お前は?●ぼたん■お前は?●さつき■へぇ〜ッ……、お前
は?●……■お前は?●……

■おい植木屋、こいつもの言えへんがな●あぁ、そら「くちなし」や。

 これだけの噺でございますがな。こんなしょ〜もない噺といぅのがあるん
ですなぁ。

 え〜、何百年ものあいだには、落語にはケッタイな噺といぅのがたくさん
ございます。大勢の人間が一生懸命にアホなこと考えてたんでっさかい。まぁ
考えてみたら、世の中にこんなおかしな商売あれしまへんなぁ。

 これ以上アホな噺ないなぁ、と感心するよぉなんがありますわ。夏、蚊帳
を質に置いて、その銭で一杯呑んだやつがゴロ〜ッと蚊帳なしで寝てると、
蚊がね「蚊帳わぁ〜ん? 蚊帳わぁぁ〜〜ん?」「うるさいなぁ、質に置い
たわい」「ふぅぅ〜〜ん……」

 それからどぉなりました? 言われたら困ってしまうわけですけど、もぉ
それからどぉにもなれしまへんねやが。こぉいぅよぉなアホらしぃ噺の一つ
でございますが。

●おい、どないしてん?▲いや、ちょっとうちの出入先の隠居が機嫌が悪ぅ
てなぁ●お前、あそこのうち、大事にしてる出入先やないかい▲さぁせや、
ちょっと隠居、機嫌が悪いねん●何でぇな?▲大事に大事にしてた盆栽の松
が枯れかけてんねやちゅうてな。わしも見せてもろたけど、ホンにちょっと
こぉ葉がしおれて元気ないねや。

●植木屋に見したんか?▲さぁ、植木屋にいろいろ見せたんや「こらどぉも
しょがおまへん」ちゅうて、植木屋も「こら寿命でんなぁ」てなこと言ぅて
るらしぃねん。

▲ほなあの隠居お前「松ちゅうたら千年の齢(よわい)を保つちゅうてな、で、
もぉこれは枯れるもんやない」ちゅうて「だいたい松はわしの寿命のよぉに
思てる。この枯れるはずのない松が枯れる、しかも植木屋がちゃんと手入れ
してんのに枯れるといぅことは、こらもぉわしの寿命も長いことないんやな
いか」ちゅうて気に病んでしもて、最前からいろいろと機嫌とったんやけど、
何言ぅても浮かん顔してウンウン言ぅてんねや。当分向こぉ行かれへんねや。

●はぁ〜、ちょっと、わし連れて行てぇな▲何やお前?●いや、わしをな、
植木の医者や言ぅて連れて行て▲植木の医者? お前、植木の医者か?●い
や、ちゃうけども、まぁまぁそない言ぅて、松は十八番や言ぅて、うまいこ
と治したるさかい。

▲おい、ホンマかいな?●気にしてるやろ? それ銭出しよるやろ、治った
ら▲そら、あの松がよみがえったちゅうたら、何ぼでも出しよる●さぁさぁ、
銭儲けや、ちょっと連れてってぇな。

▲連れて行くのはえぇけどお前、しくじってくれたら困るで。わしの大事な
出入先やねんから●大丈夫やて、俺ぁ治したんねや▲ホンマかおい?

             * * * * *

▲え〜、隠居はん■おぉ、なんじゃいな、徳さんまた来たんか?▲いえ、実
はそこで友達に会いましたんで、へぇ。この町内の近所のやっちゃさかいご
存知かも知れまへん、喜ぃさんちゅうてな■ほぉほぉ、見たことのあるよぉ
なお方じゃが、何じゃいな?

▲いやその、こちらのあの大事にしてはる盆栽の松が枯れかけて「ご隠居が
えらい気にしたはんねや」言ぅたら「わしが治したる」ちゅうてな、わたし
詳しぃこと知らなんだけど、この男、松の木やなんか植木のお医者はんでん
ねんて。

■えぇ〜ッ? 植木の医者てなもがあるんかい?●へぇ、実はな、昔いろい
ろと修行したことがございましてな。で、もぉわたしゃ松は十八番でござい
ましてな、大概のものは治しておめにかけますがなぁ■こらえらいありがた
い人が来てくれたなぁ、ちょっとこっちどぉぞ入っとぉくれ……

■この盆栽の松じゃがな、治りますかい?●ははぁ〜ッ、なるほど。かなり
重態でございますなぁ、これは■あぁやっぱり、一目見たら分かる?●分か
りますわ。こらちょっと難しぃかな……、いえいえ、治らんことはございま
せんで■ははぁ、治りますかこれ? 元気になる?●その代わり、ちょっと
高こつくかも分かりませんが……

■いやいや、こらわたしの寿命が無くなるよぉな気がして、滅入ってました
んじゃが、これが元気になってくれるのならな、少々高こついてもかまやせ
んが●へぇへぇ、こらちょっとなぁ、入院ささんことにはあきまへんなぁ。

■あぁやっぱり植木でも入院かい?●いえもぉ盆栽なんか、ことにもぉ大事
でおます、へぇ。もぉ大阪ではちょっと治りにくいんで、大和のほぉにわた
しの病院がございまんので、そっちのほぉへ入院さしまして、手に手を尽く
して……、もし、しくじったらお金は一文もいただきまへん。

■ほほぉ〜ッ、ほな、これは治る見込みが……●あぁ、見込みがありゃこそ
言ぅとりまんねん。ほんならこれをしばらくお預かりしまっせ。確かに……

             * * * * *

▲喜ぃさん、喜ぃさん、ホンマにこれ治んのんかいな?●そんなもんが治る
わけがないやないか▲あっさり言ぅなぁおい……、お前そんなこと言ぅてこ
れ枯らしてもたら、わしゃどぉなんねん? 出入先しくじるがな。

●大丈夫やて。どぉせあそこらの家へ出入りしてる植木屋や、そぉらえぇ植
木屋に違いないがな。それが見て「これはあかん」ちゅうたもんが、タダで
治るわけがない▲ほな、お前あんな請合ぉて大丈夫?

●大丈夫やて……、あのな、盆栽の松てなものはこれ、おんなじよぉな格好
してんねや、みなな。で、これを植木屋へズ〜ッと見せ回ってな、これとな
るべく似た松をザッと探し回んねん、入れ替えんねん▲おい、向こぉは大事
に大事にしてる秘蔵の松やで、そんなもんいっぺんに分かる。

●分からへん分からへん。そらまぁ、今すり替えて持ってったら分かるわい
な。これお前、二十日ほど置いててみぃな、そんなもん忘れてまうわ「これ
や」っちゅうたら「そぉかいな」思いよんねん▲大丈夫かいな……?●大丈
夫、だいじょ〜ぶ、銭儲け、銭儲け。儲かったらお前にも分ぅ回すやないか
い。

 えらい男があるもんでな、これからその枯れかけてる盆栽の松を、ズ〜ッ
とありとあらゆる植木屋に見せ回りまして「似たやつがあったら探してくれ、
似たやつがあったら探してくれ。金に糸目は付けん」と言ぅて探し回ったら、
やっぱりあるもんでございましてな、ほぼ似たよぉなやつがあった。

 「これなら誤魔化せるやろぉ」といぅので、ちゃんとおんなじよぉに葉刈
りをいたしまして、枝なんかもおんなじよぉな格好に。二十日余り日を置き
まして、もぉ向こぉの前の面影がだいぶ薄れてるやろぉといぅ計算に入れて。

             * * * * *

●えらいお待たせをいたしました、え〜、元気になりましたんで持ってまい
りましたが■元気になりましたかいな?●へぇ、大和のなぁ、もぉそこへ行
くと空気も良ければ土もえぇんで、こない元気になりました■ホンにまぁ、
青々と元気になったなぁ。

●いかがなもんでございます?■おぉ、こらありがたい。いやぁ、そぉいぅ
病院があるとは知らなんだなぁ……、かなり高こついたやろなぁ?●えぇ、
ちょっと高こつきましてな、まことに申しにくいんでおますけど、三百円ほ
ど頂戴いたします。

■三百円とは、ちと法外な●でもな、これ手に手を尽くしまして、ずいぶん
高いえぇお薬をずいぶんと使いましたんで、それぐらいになりましたんで。
入院代やらいろいろとかさんどりますのでな。

■そぉかえ喜ぃさん……、ん〜ん、なるほど元気にはなったが……、おまは
ん、あんまり高いえぇきつい薬を使い過ぎたんと違うか?●何ででおまんね
ん?


【さげ】
■木が、違ぉてしもたがな。


【プロパティ】
 しょ〜もない=つまらない。くだらない。仕様もないの訛化。
 ケッタイ=妙な・変な・へんてこな・おかしな・奇態な・嫌な・不思議な
   など、実にいろいろな意味を含んだケッタイな言葉。エゲツナイと並
   んで上方言葉の両横綱。怪体とも奇態とも希代とも卦体とも当てる。
 誤魔化す=「胡麻胴乱」という江戸時代の胡麻菓子が、胡麻をまぶした見
   かけの豪華さに対して、中空で何も詰まっていなさま。ゴマカシ→ゴ
   マカス。また、ご利益があると「護摩の灰」を売り歩く詐欺商法から
   ともいう。
 音源:桂米朝 85/01/16 米朝珍品集(東芝)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=桂米朝 sub=*  ●main高座記録日:1985/01/16  ●音  源  名:米朝珍品集(東芝)  ●ファイル公開日:2000/10/01  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2009/09/06  ●リクエスト数:rakug228  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次