【上方落語メモ第5集】その226

短     命


【主な登場人物】
 甚兵衛はん  お前さん  嬶(かか)

【事の成り行き】
 新婚さんはよろしいですね。2年ほど前、ご近所に新婚さんが越して来ら
れ、近頃には珍しく引越しの挨拶をいただきました。当座、毎朝若奥さんの
優しいお見送りの声がしてたもんです。

 食事時には「延陽伯」のように差し向かえでチンチロリンのポォ〜リポリ、
ボォ〜リボリのバァ〜リバリを想像したんですけど、実際のところ、皆さん
のところは新婚当時チンチロリンのポォ〜リポリ、ボォ〜リボリのバァ〜リ
バリやりました?

 そのお二人にもお子さんができ、今はもうヨチヨチと歩き始めてます。こ
んどは毎朝「バイバァ〜イ」と子どもを間に挟んでの見送り。休日ともなれ
ばこれも「ヨイヨイヨイ、いてこのさぁ〜」延陽伯と同じ風景が見られます。
ほのぼのとしてよろしいもんです(2000/09/17)。

             * * * * *

 え〜、どぉぞひとつお付き合いを願っておきますが、もぉたくさんお運び
をいただきまして、考えるとあの、落語といぅのも不思議な仕事でございま
してね、たいへんこの、弱い商売でございまして、もぉこっちから押しかけ
て行くほど強い商売じゃございません。

 もぉ、皆さま方に来ていただいてね、聞ぃていただくだけでございますん
で。今日もこぉ来ていただいてね、聞ぃていただくだけでは心苦しぃやない
か、まぁお帰りの節には出演者一同の手拭いの一枚ずつでも持って帰っても
らおぉやないか……、気持ちはあるんですが物がないんでございます。

 世の中ままならんもんでございまして、まぁ聞ぃていただくだけなんでご
ざいますが、世の中が段々だんだん進歩してまいりまして、変化が激しぃわ
けでございますね。え〜、最近、日本といぅのは高齢化社会といぅのに突入
したんやそぉでございまして、高齢化社会ねぇ。

 世界でも第一の長寿大国になったよぉでございます、日本いぅものがね。
まぁ医学の進歩とか福祉の充実とか、まぁいろいろあるんでございましょ〜
が、今、日本全国で百歳以上、満百歳以上のお年寄りといぅのが一万一千三
百四十六人いらっしゃるんだそぉでございます。

 大変な数でございますよ、満百歳以上、一万一千三百四十六人、ね、もっ
とも百歳以上のお年寄りでございますんでね、わたしがこぉしてしゃべって
るうちにも、一人二人減ってるかもわかりませんけどね。それでも大変な数
でございまして。

 これ、世界に目を向けますといぅと、今、世界で一番長生きしてはるお年
寄りといぅのが、アメリカのペンシルベニアといぅとこに住んではる「サラ」
といぅお婆ちゃんでございましてね、何と西暦1880年のお生まれでございま
す。

 すごいですねぇ、ですから西暦2000年で百二十歳になられるんでございま
すよ、サラといぅお婆ちゃん。人間で一番古くなったのに「サラ」っていぅ
んでございますね。分からない人は隣りの人に聞ぃていただいてもいいです
けどね。

 面白いもんでございますねぇ、ほんでそのお婆ちゃんのインタビュー記事
がね、こぉ新聞に載っておりました「お婆ちゃん食べるもんでは何が好きで
すか?」そのサラといぅお婆ちゃんがですね「チョコレートが好きです。で、
キャンディーも大好きでね、ポテトチップスも食べます。野菜が嫌いです」
と、こぉ言(ゆ)ってはるんですね。

 不思議ですねぇ、そぉいぅ高齢になりますと甘いもんとか、塩分の多いも
んとか、なるたけこぉ控えてね、で、野菜を中心にそぉいぅ食事をしたほぉ
がいいと思うんですが、そのお婆ちゃん違う。

 「ドンドン、チョコレートもポテトチップスも食べる、野菜食べへんねん」
いぅても、百二十まで生きる人は生きるんです。ね。ほんで健康に注意して
ても、早く亡くなる方もあるんです。分かりませんよ。

 お酒やったかて、煙草やったかて、吸いすぎたり呑みすぎたりしたら、そ
ら体に悪いのん子どもでも知ってますよ、ね。で、お酒ガンガン呑んで、煙
草スパスパ吸ぅて、でも七十四歳なっても元気でしゃべってる人が……、居
たはりますわねぇ。さすが日本の国宝でございます。

 元気ですよ、本当に、どっか体が悪いんかなぁと思うぐらい元気でござい
ます。すごいもんでございますねぇ。まぁいろいろあるわけでございますが。

 でもまた、こぉいぅ言葉もございますねぇ「美人薄命」こらあの、美しぃ
方といぅのは長生きできないのかなぁ、って思ってたら、そぉではないんだ
そぉですね「美人薄命」といぅのは。

 「薄命」といぅのは漢字で書きますといぅと「薄い命」と書くんだそぉで
ございます。どぉいぅことかと申しますと「サチ薄い」いわゆる「幸せにな
れない」と、それが薄命といぅ意味だそぉでございます。

 ですから、美しぃ女性はですね、ゆわゆるまぁ、生まれながらにして体が
弱かったりね、いろんなこぉ不思議な人生に何と申しますか、翻弄されて歴
史の中でこぉ埋没するといぅか、不幸な道筋を歩むといぅ、そぉいぅことだ
そぉです。

 言われると「あッ、なるほどそぉだな、そぉいぅ近寄りがたいよぉな美しぃ
女性といぅのはそぉかも分からんな」と、こぉ思いますよ、ね。そこいきま
すと、今日お集まりの女性のお客さま方、とってもお幸せそぉな顔でござい
ます。

 本当に喜ばしぃ限りなんでございますが。でもまぁ、人間といぅのはね、
元気でいつまでもこぉ長生きしたいといぅのが、こらまぁ願望でございます
が。

●こんにちわッ、こんにちわッ■はい……、あぁ、誰やと思たらおまはんか、
まぁまぁこっち上がんなはれ、ん、また珍しぃな、紋付きの羽織なんか着て
るやないかいな、どないした?●えらいことができましてん■何ができた?
●「何ができた」て、あんた知ってなはる、横町(よこまち)の十一屋ちゅう
質屋。向こぉの旦那が、また死んだ。

■何やて?●いえ、向こぉの旦那が、また死んだ。もぉこれで三べん目でん
ねん、町内えらい騒ぎですわ■そらそぉやわなぁ、人間、いっぺん死んだら
二度と死なんちゅうのに、何やその「また死んだ、三べん死んだ」ちゅうの
ん……、ほな何かいな、そこの旦那さんはしょっちゅうこぉ、生きたり死ん
だりしてんのかいな?

●んなアホなこと言ぃなはんな。人間、生きたり死んだりできますかいな。
いえ、わけ言わな分かりまへん、向こぉにね、娘はん、一人娘が居たはりま
んねん。これに養子さん(よぉっさん)を取らはりますねん。ところが一番は
じめに来はった養子さんが死なはって、二人目が気の毒、夕(ゆん)べ三人目
があかなんだ。

■ほぉ、そらまた気の毒に、ご不幸続きで。あッ、なるほどなるほど、それ
で「また死んだ三べん死んだ」か、そない言わな分かれへんがな……。で、
うちに何んしに来たんや?●せやから、教えてもらお思て■何を?●「何を」
て、おますがな、人が死んだときに言ぃに行くやつ、何とかいぅやつ、あぁ
そぉそぉ、あの「嫌味」ちゅうやつ。

■人が死んで「嫌味」言ぃに行ってどぉすんねん。それも言ぅなら「悔やみ」
や●あぁそぉそぉ、そのやみ、そのやみ。それあの教せてもらお思て■「教
せてもらおと思て」て、今までそれだけご不幸があってんやろ、おまはん向
こぉの店出入りしてんねやろ、悔やみに行かなんだんかいな?●えぇそらわ
たしのこってす、もぉ抜かりのぉ悔やみには行ってます■抜かりのぉ悔やみ
に行くやつがあるかいな……、一番はじめに行た時はどない言ぅてん?

●一番はじめに行た時はね、わたいもウロがきてまっさかいね、とりあえず
ワ〜ッと飛び込んでね「こんにちわぁ」と■まぁまぁな、どこ行てもはじめ
は「こんにちわ」や●「こんにちわ、このたびは、養子さんがえらいことやっ
たそぉで……」パッとこぉ顔上げたら、そしたらね、お通夜の席に出すうま
そぉなもんが、わぁ〜ッとこぉ目の前に並んでまんねん。わたいお腹が空い
てたもんでっさかい「わぁ〜ッ、こらどぉもご馳走さま」

■そら何を言ぅねん、そんなとこで「ご馳走さま」っちゅうやつがあるかい
な●言ぅてしもたん。そしたらね、周りに居てる人間、帳場の人間から悔や
みに来てる人、おかしかったんだっしゃろなぁ、けど笑うわけにいきまへん
がな、場所が場所だけに、皆肩がヒクヒクヒクヒク震えてるんです、えぇ。
中の一人がとぉとぉ辛抱できんよぉなったんですなぁ、プ〜ッと吹き出した
ら、ドワ〜ッ、もぉ爆笑ですわ。あんな盛り上がったお通夜おまへんでした。

■お通夜、盛り上げてどぉしょ〜ちゅうねん。えらい男やなぁホンマにもぉ、
二へん目わ?●さぁ二へん目。こらね、前失敗してまっさかいね、この失敗
を取り返さないかん。わたい一生懸命家で稽古して向こぉへ行たんだ。した
らね、前の失敗、皆が覚えてますねんなぁ「今度こいつ、どんなこと言ぃよ
んねやろ?」なんてね、固唾を呑んで聞ぃてるんだ。

●ここでこぉ恥の上塗りしてる場合やないと思たさかいね、稽古したとおり
「こんにちわ、このたびは養子さんがえらいこってしたそぉで、まことにご
愁傷さまなことでございます」と■ん〜、今度はうまいこといたがな●そぉ
でっしゃろ。ところが、わてここでちょっと欲が出た■何やその「欲が出た」
て?●さぁさぁさぁ、ここでもぉひと言、ふた言洒落たことポ〜ンと言ぅて
ね「おッ、あいつもなかなか、やりよるなぁ」と、こぉ感心さしたろと思て。

■別に悔やみで感心させることはないねんおい、何を言ぅてん?●「何を言ぅ
た」て「まぁ、何ちゅうても二人目でっさかいねぇ、昔からよぉ言ぃまんなぁ
『二度あることは三度ある』ちゅうさかい、も一人誰ぞ……」■よぉそんな
怖いこと言ぅなぁお前、向こぉの番頭はん怒らはったやろ?●なかなか、怒
りますかいな「お前らの言ぅこと、いちいち気にしてたらきりがない。そん
なこと言ぅてんと、奥行って何なと食ぅてこい」ちゅうさかい、わてダ〜ッ
と台所走り込んで、握り飯三十六。

■化けもんやなぁお前、よぉそんなこと言ぅてるわ●けどあんた、現に三人
おましたがな。わたいの言ぅたとおりになって、ちょっと嬉しぃ■喜んでん
ねやあれへんがな、喜んでんねや……。困ったもんやなぁ、まぁまぁ、また
今度もえぇ加減なこと言ぅていくつもりやったんやろけど、悔やみてなもん
は「仕入れ」でえぇねがな。

●ほぉ、悔やみにもやっぱり「仕入れ」や「誂え」があるんですか?■「誂
え」といぅのもおかしぃがなぁ、まぁまぁ「このたびは、まことにご愁傷さ
まなことでございました。いろいろとお力落としのことではございましょ〜
が、あとはあとのお疲れが出ませんよぉに……」まぁまぁ、これぐらいのこ
とを言ぅときゃえぇねん。

●あぁなるほど、そんなんでよろしんか、分かりました。けどあの、不思議
でんなぁ?■何が?●「何が」て、そぉでっしゃないかいな、向こぉへ来る
養子、来る養子、何であない面白いみたいにコロコロ・コロコロ死にまんね
やろなぁ?■別にその、面白がって死ぬ人はないと思うけども……、分から
んなぁ。

●「分からんな」て、考えとくなはれ。あの向こぉの親旦さんちゅうのはね、
もぉ亡くなって七、八年になりますけど、えぇお人でおましたで■あ〜、もぉ
そぉなんのかいな。いやいや、わたしゃこっち来て二年足らずでな、詳しぃ
ことは知らんが、結構なお人やったらしぃな。

●えぇもぉ、あの人はねぇ、ホンマに慈善家ちゅうんですか、困ってる人が
あったら放っとけまへんねんなぁ。あら性分ちゅうんですかなぁ、もぉ人の
世話して喜んだはりました。わたしらもぉ何べん世話になったや分かりまへ
んねん。

●それだけ世間へ施しした人の娘はん、そぉいぅ家でっせ、幸せが来て当た
り前でんがな。それが、不幸が一度ならず二度三度「神も仏もないもんか」
て、こぉ思いますやろ? どぉなってまんねん?■そら、分からん●「分か
らん」なんて、考えとくなはれ。わたいね、前からいっぺんあんたに尋んね
てみたいなと思てましたんや。

■あぁそぉかいな、いやいや「考え」ちゅうねんやったら、考えんこともな
いけど……、何かいな、その養子さんを取らはる娘さんのここ、器量はどん
なもんや?●「器量はどんなもんや?」てなこと、言ぅてるのが手遅れです
わ、そらもぉ綺麗ぇの綺麗ないの、色の抜けるほど白いね、鼻筋の通った、
笑うと笑窪がペコッ。二十町界隈探してもないっちゅう小町娘で、そら別嬪
さんでっせ……、今から見に行こか?

■いや、別に見に行くことはないねんけどな……、で、向こぉへ来はる養子
さんてなもんはやなぁ、店へ出て奉公人と一緒に働くてなことはないねやろ
なぁ?●えぇそらそぉです。お店は大っきぃし、奉公人はぎょ〜さん居てま
すしね、番頭はんがしっかりしてるさかい、まぁ養子さんの仕事っちゅうと
月にいっぺんか二へん、帳面こぉザッと調べるぐらいで、あとはもぉブラブ
ラしてまんねん、結構なご身分です。

■なるほどなぁ……、夫婦仲は、二人の?●えぇ、良かったでっせ、喧嘩し
たなんか聞ぃたことおまへんわ■なるほどなぁ……、まぁまぁ、それを聞ぃ
ただけでもご養子さんは短命や●はぁ? ご養子さんタンメンですか? 娘
はんチャンポン?

■なんの話してんねん……、タンメンやないがな、短命。つまりその、短い
命。早死にのことを「短命」と言ぅねん●はぁ〜「短命」長生きすんのわ?
■まぁ、長生きすんのは「長命」かなぁ●ほぉ「短命・長命」何や漫才みた
いでんなぁ■漫才と一緒にしたらいかんがな●なんで?■えッ?●何で短命
です?■「何で」て、まぁつまりその、まぁ何がやなぁ●へぇへぇ■まぁ、
えぇんやろなぁ。

●へぇ〜ッ、そぉですか■分かったか?●うんうん■何を言ぅてんねん、分
かったよぉな返事をしなはんな。どぉ言ぅたらえぇかなぁ……、つまり、そ
の、まぁあっさり言ぅと……、過ぎるんや●えッ?■過ぎるんや●「過ぎる」
食べ過ぎ?■食べすぎやないがな●ほな、寝過ぎですか?

■そぉそぉ、おまはんチョイチョイえぇこと言ぅ、寝過ぎ、寝過ぎ。寝過ぎ
は体に毒やねん●あぁそぉ、んッ、そぉ言ぅとわたいも小(ち)さい時分よぉ
言われた、うちのお母んに「あんまり寝過ぎると目ぇが腐るぞ」いぅて、目
からこぉドンドン腐っていったんですか?■そぉやないがな「一人寝るのは
寝るのでないよ、枕抱えて横に立つ」ちゅうやろ。

●そらまぁ、立ったまま寝たら体が疲れますわなぁ■そぉやないがな……、
どぉ言ぅたら分かんのかなぁ「何よりも、そばが毒だと医者が言ぃ」ちゅう
やろ●ほぉ〜ッ、蕎麦、毒ですか? 体にえぇっちゅうて聞ぃたんですけど
ねぇ。ほなウドンにしますわ。

■いや、その蕎麦とそばが違うがな、分からん男やなぁ……、だいたいその
養子さんちゅな、どぉいぅ亡くなり方?●さぁそれでんがな、皆寄って言ぅ
てましたんや「人間ちゅな分からんもんやなぁ」っちゅうて。だいたいね、
のっけに来はった養子さんちゅな綺麗ぇな人でした。色の白い、鼻筋の通っ
た、もぉ役者にしたいよぉなえぇ男ですわ。

●もぉ婚礼の晩に二人並んだとこなんか、一対のお雛はんや「わぁ〜ッ、えぇ
養子さん来はったなぁ、良かったよかった」ちゅうて、皆寄って喜んでた。
ところがね、養子に来て半年経つか経たんあいだに、なんじゃわけの分から
ん病気。養子さんいきなりゲソッ、青ぉ〜細長ごぉ〜なって、目がうつろに
なってヒョロヒョロ〜、ヒョロヒョロ〜。須磨の別荘へ出養生に行て、半年
でゴロッと死んでしもた。

■へぇ〜ッ、気の毒になぁ……、その時、娘はんはどぉしてはった?●どの
時?■いやいや、養子さんが須磨の別荘へ出養生に行ったはった時、娘はん
はどぉしてはったんや?●そらやっぱり、養子さんと一緒に須磨の別荘へ出
養生に行ってはりますやないか■なるほどなぁ……、それや●えッ?■いや、
昔からよぉ言ぅやろ「出養生、毒も一緒に連れて行き」っちゅやっちゃ、な
るほど、なるほど……。二人目は?

●さぁ、二人目。これね、前の人はちょっと体が弱かった、丈夫な人を引っ
張って来いちゅうんでね、今度来はった養子さんちゅうのは元運動の選手か
なんか、剣道とか柔道とかいろいろやってはった、体のこぉガッチリした色
の浅黒い苦みばしった、なかなかこれもえぇ男でおました。けどね、二人目
でっしゃろ「大丈夫かなぁ? どぉなるかいなぁ?」皆寄って心配してまし
たんや。

●ところがね、今度来はった養子さんちゅうのが、えぇ人でおますわえぇ。
前の旦那のことなんかこっから先も言ぃまへんねんで。また、仲のえぇ夫婦
(みょ〜と)ができましたんや「あぁ良かった、良かった」いぅて皆寄って喜
んでたんだ。ところがね、これも養子に来て半年経つか経たんあいだに、何
じゃわけの分からん病気。養子さんいきなりゲソッ、青ぉ〜細長ごぉ〜なっ
てヒョロヒョロ〜、ヒョロヒョロ〜。須磨の別荘へ出養生に行て半年ほどし
てゴロッと死んでしもた。

■ほぉ〜ッ、これもまた気の毒になぁ……。その時、娘はんはどぉしてはっ
た?●そらやっぱり、養子さんと一緒に須磨の別荘へ出養生に行ってまっしゃ
ないかいな■なるほどなぁ「出養生、毒も一緒に連れて行き」っちゅうやっ
ちゃ、なるほど……。三人目は?

●さぁ、三人目。これはね、前の二人が体が弱すぎた。丈夫なやつ引っ張っ
て来い。もぉ顔やみなあってもなかってもえぇ……■無茶言ぅたらどんなら
んなぁ、人間に顔がなかってどぉすんねん●いえ「もぉそんなん二の次や、
もぉ丈夫なやつを」っちゅうんでね、今度来た養子さんちゅうのはえらい男
でおましたで。なんでもね、もと丹波の山奥で炭焼きしてたちゅうて、大き
な大きな男、顔じゅ〜髭だらけでんねん。髭の間からちょっと顔が見えてま
んねん。

●ほで、首がおまへんねん首が。まぁ「首がないから風邪はひかんやろ」ちゅ
うて、皆寄って言ぅてましたんや。大きな男ですわ、そら丈夫一色、こんな
ん棒でどついても潰れんでちゅうてましたんや。付けたあだ名が「ブリの粗
(あら)」■何や「ブリの粗」ちゅな?●骨太とぉて血生臭い■えらいあだ名
やなぁ、それは。

●ところがねぇ、こぉいぅ男でっしゃないかいな、お嬢さんとうまいことい
くのかいなぁ、心配をしてました。ところが人間分からんもんでんなぁ。合
縁奇縁、どこで気ぃが合ぉたんか知りまへんけど、前より一層仲のえぇ夫婦
ができましたがな。どこへ行くのにも二人連れでっせ「あんな仲のえぇ夫婦
はないなぁ」皆寄って感心してました「けどまぁ、これで大丈夫や良かった
良かった」言ぅて皆寄って喜んでた。

●ところがね、これも養子に来て半年経つか経たんあいだに前のんと一緒、
養子さんいきなりゲソッ、青ぉ〜細長ごぉ〜なって、ブリの粗がね、アジの
開きにみたいになってしもて、油が抜けてパサパサになってしもて、フラフ
ラァ〜、フラフラァ〜、須磨の別荘へ出養生に行て、きのう逝てしもた。娘
さんも一緒に須磨の別荘へ出養生に行てまっしゃないか。

■なるほどなぁ「出養生、毒も一緒に連れて行き」っちゅやっちゃ●ちょっ
と待った、待っとくなはれあんた、最前からわたしの話を聞ぃて「毒や、毒
や」ちゅうたはりまっけど、何がそない毒でんねん?■えッ? これだけの
こと聞ぃて、分からんかえ? あっさり言ぅと、その娘はんが毒やがな。

●へ〜ッ、あの娘はん、あれ毒? あの綺麗な顔して……、分からんもんや
なぁ。ほな何ですか、あの人が息するたびに口と鼻から毒ガス?■出せへん、
出せへんそんなん、出せへんがな。分からん男やなぁ、まぁ分からんなら、
分かるよぉに話をしてやるけれども。

■そぉやなぁ、まぁまぁ養子さんと娘はんが須磨の別荘へ出養生に行てるわ、
寒い時分ならおコタへ入って世間話をあぁでもないこぉでもないとしてるう
ちに、何の気なしにフッとこぉ養子さんが手を出す、娘はんが手を出す、手ぇ
と手ぇとが触るやろ。な、人情として手元へグッと引き寄せる。顔と顔とが
合う。色っぽい目元でニコッ、笑う。笑窪がペコッとへっ込む。相手が別嬪
や……、なぁ、どぉしても、命が短かなるがな。分かったか?

●さっぱり分かりまへんわ。わたいにもっと分かり易いよぉにね、詳しく、
砕いて■こんなことが詳しゅ〜砕いて話ができるかいな●ほな、わたしに分
かり易ぅ、わたしの手足を取って教えとくなはれな■嫌やがなそんなん、何
でこんなこと、おまはんの手足を取って教えなあかんねん。考えただけでも
嫌がな、ホンマに。

■もっぺん言(ゆ)ぅもっぺん、養子さんと娘さんが須磨の別荘へ出養生に行
てる、なぁ、寒い時分ならおコタへ入って、世間話をあぁでもないこぉでも
ないとしてるうちに、何の気なしに娘はんがフッとこぉ手を出す、養子さん
が手を出す、手ぇと手ぇが触るやろ。な、人情として手元へグッと引き寄せ
る。顔と顔とが合う。色っぽい目元でニコッ、笑う。笑窪がペコッとへっ込
む。相手が別嬪や……

■なぁ、締め切った部屋。邪魔する者は誰も居てないねん。聞こえるのは熱
い吐息だけやねん。絡まる指や……、なぁ、どぉしても、命が短かなるがな。
分かったか?●なるほど、爪の間から毒が入る■帰れお前わッ! お前と話
してるとイライラするから帰れ●そんなこと言わんと、教せとくなはれな。

■話を変えよ、話をな……。ご飯食べるなぁ、ご飯●そらご飯食べます、わ
たしも食べます■お前なんか食べぇでもえぇ、お前なんか生涯食ぅなホンマ
にもぉ……、娘はんと養子さんがご飯を食べてんねん、どこでもえぇ、奥の
離れ、二人きりでご飯食べてんねん。お茶碗にご飯をよそう、娘はんが養子
さんに渡そぉとする、受け取ろぉとする、手ぇと手ぇが触るやろ。

■な、人情として茶碗置いて、手元へグッと引き寄せる。顔と顔とが合う。
色っぽい目元でニコッと笑う。笑窪がペコッとへっ込む。相手が別嬪や……、
な、飯なんかいつでも食えるやないかい、なぁ、どぉしても命が短かなるや
ろ。分かったか?

●ちょっと待ってください、ちょっとわたいにも考えさしとくなはれ……、
何ですか、二人でご飯を食べてまんねん、ご飯ね……、そら分かりますわ。
で、お茶碗にご飯をよそいまんねや。で、娘はんが養子さんに渡そぉとする、
受け取ろぉとする、手ぇと手ぇとが触る……、こら分かる、こらわかる。人
情として、茶碗を置いて、手元へグッと引き寄せる。顔と顔とが合う、色っ
ぽい目元でニコッと笑う、笑窪がペコッとへっ込んで、相手が別嬪で、命が
短こぉ……

●ほぉ〜……、これなんですか、触んのは手ぇだけやないんですか?■そぉ
そぉ……、そぉ●はぁ〜、いろいろとこぉ、こぉいぅ具合に?■形はえぇね
ん、形わ●あぁ〜ッ、分ぁ〜かった、分ぁ〜かった……、わッ、もぉ〜ッ、
ツンツン■やめッ、アホッ! 何をしてんねん●あぁなるほど、そぉいぅこ
とか。それならそぉとのっけから言ぅてくれたらよろしぃのに、わたしは勘
はえぇ■嘘つけ、嘘……、お前みたいな勘の悪いやつ知らんわ。

●なるほど、そぉいぅことですか……、分かりました。ほなわてこれからね、
十一屋へ悔やみに行てきますわ■笑いながら悔やみに行きなやおい、大丈夫
か?●へぇおおきに、どぉも……

●なるほどなぁ、甚兵衛はんちゅうのはうまいこと言ぅなぁ「え〜、手ぇと
手ぇとが触る……」ときやがんねんホンマに嫌んなってきたなぁ、ホンマに
もぉ……。嬶(かか)▲「嬶」やないシ、この人はもぉ、十一屋はんへお悔や
みに行てきなはったんか?●いや、悔やみにはこれから行くねん、それより
腹減ってんねん、飯食わしてぇな。

▲「飯食わしてぇな」て、帰ってからゆっくり食べなはれ●そんなこと言わ
んと、ちょっと腹減ってんねん、飯食わしてぇな▲ケッタイな人やなぁホン
マにもぉ……、ほなそこに、茶漬け(ぶぶづけ)の仕度したぁるさかい、ガサ
ガサッと掻き込んで、早いこと行きなはれ●こ、こら。お前はいったいわい
の何や? 嬶やろお前、嬶なら嬶らしくちょっと茶碗によそえ。

▲えぇ歳して甘えてからに……●甘えてんのと違うねん、なぁ、ちょっと、
なぁ〜、茶碗によそてぇな▲ケッタイな人やなぁもぉ。人が忙しぃしてるいぅ
たらそんなこと言ぅねんから、ホンマに……、なんかおかしなこと考えての
と違うか? 目ぇが笑ろてるで、目ぇが、大丈夫か? よそたらえぇねやろ、
よそたらホンマに、人使こたら偉いと思て、どんならんで……、ホラッ!

●わッ、お前、今しゃもじ使わんなんだな?▲使わへんよ、お茶碗にご飯入っ
たらえぇんやろ、そらッ!●「そらッ」て、やっぱり、しゃもじですくわな
▲うるさいなぁもぉ、いちいち形にこだわるから、そんなこと言ぅてるから
人間大きなれへんねん。よそたらえぇんやろよそたら、よそたるわホンマに
もぉ、大層にたいそに言ぃやがって……、さッ、ほらほらよそた、よそた、
さぁ、取んなはらんか、ホラ、取んなはれ、ホレ、ホレッ!

●俺ぁ犬やないねんさかい、もっと、優しゅ〜……▲どない渡したかて一緒
や、早いこと取んなはれッ!●受け取ろぉとするぅ〜♪▲何を寝言みたいな
こと言ぅてまんねん、早いこと取んなはれ●手ぇと手ぇとが触る。人情とし
て茶碗を置いて手元へグッと引き寄せる。顔と顔とが合う。色っぽい目元で
ニコッと笑う。笑窪がペコッとへっ込む。

●相手が別嬪……、別嬪? あぁ〜ッ!


【さげ】
●わいは長生きや。


【プロパティ】
 十一屋ちゅう質屋=長堀富田屋橋北詰にあった大きな質屋が、蔵が十一棟
   あったことから「十一屋」と称したので、質屋の代名詞になった。ま
   た「七」の字を分解すると「十」と「一」になるから。などの説があ
   る。
 別嬪(べっぴん)=嬪は嫁。夫に連れ添う女。奥御殿で、天子のそば近くに
   仕える女官。別嬪:嬪の中でも選ばれた嬪。美人。
 ぎょ〜さん=たくさん・はなはだ・たいへん。大言海には「希有さに」の
   転とある。「仰々しい」のギョウか?「よぉけ→よぉ〜さん」たくさ
   ん、の訛りかも?
 のっけ=初め。最初。初手。江戸弁で言う、てんづけ、つっかけ。
 どんならん=仕方がない。どうにもならない。しょうがない。どうしよう
   もない。どうにもならぬ。ドウモナラヌ→ドモナラン→ドムナラン→
   ドンナラン。
 ほで=そして。そうして→そして→ほんで→ほで。へてから・へて。とも。
 形はえぇねん、形わ=ひ・み・つ。
 嬶(かか)=もとは幼児語、父(とと)、母(かか)。近世、庶民社会で、自分
   の妻または他家の主婦を親しんで、あるいはぞんざいに呼ぶ称。かか
   あ。
 ケッタイ=妙な・変な・へんてこな・おかしな・奇態な・嫌な・不思議な
   など、実にいろいろな意味を含んだケッタイな言葉。エゲツナイと並
   んで上方言葉の両横綱。怪体とも奇態とも希代とも卦体とも当てる。
 音源:桂雀松 2000/03/04 特選落語全集(MBS)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=桂雀松 sub=*  ●main高座記録日:2000/03/04  ●音  源  名:特選落語全集(MBS)  ●ファイル公開日:2000/09/17  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2009/08/02  ●リクエスト数:rakug226  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次