【上方落語メモ第5集】その210

猫 の 災 難


【主な登場人物】
 男  友達の芳っさん  魚屋  お光っちゃん  ネコ

【事の成り行き】
 お酒というのは「冬のもの」だと考えるのは呑めないわたしだけのようで
す。召し上がる方にとって春夏秋冬、一年中がお酒の美味しいシーズンなの
でしょう。

 桜が咲いたと言っては酌み交わし、暑気払いに冷やで一杯、秋には月を愛
でながら、そして、雪の降る夜は熱燗がうまい。

 本当にうらやましい限りですが、お体にだけはお気を付けください。何で
も医学的には毎日2合の晩酌で確実に依存症ができあがるとか、煙草に比べ
世間からの批判が少ない分、セルフコントロールが必要になってきます。

 「晩酌程度なら、酒もお茶けもえろぉ変わらん」とおっしゃる方でも、度
を越して召し上がると色々な上戸が現れてきます。基本は笑い上戸・怒り上
戸・泣き上戸。また、これに加えて「あと引き上戸」呑むほどに酒が欲しく
なって、潰れるまで呑んでしまうという、まことにたちの悪い上戸があるそ
うです。

 本日は、そんなたちの悪い酒呑みの噺をどうぞ(2000/06/04)。

             * * * * *

 お酒をお上がりになる方には、それぞれ「上戸」とか申しまして癖がござ
います。なかに「あと引き酒」といぅお酒がございますが、こら、呑めば呑
むほどあと欲しなるといぅ卑しぃ上戸でございますけれど。

 朝からどこぞで一杯引っかけよったか、えぇ具合に酔ぉて「♪てとろシャ
ンシャンで、ななめこシャイシャイ……」

●こぉらえぇ具合に酔ぉたなぁ、ちょっと朝から呑んだら……、しかし夜呑
む酒もうまいけど、朝酒っちゅうやつはまた何とも言えん具合に酔うなぁ、
気持ちがえぇなぁ……

●しかし、何じゃあれだけでは頼んないなぁ、もぉちょっと呑みたいねんけ
れど、拍子の悪い、懐には銭は無いし、顔の利く呑み屋は無いし……、しか
し、何とかして呑みたいなぁ……、あッ、せや、えぇこと思い付いた。向こぉ
に魚屋が店出しとぉる、魚屋へ行ってこましたろか……

●おいッ、魚屋ッ▲へッ、お越しやす大将、何ぞいきまひょか?●行こいこ、
行こ。どこでも行こ■いや、せやおまへんねん「何ぞいきまひょか?」言ぅ
てまんねん●せやさかい「いこ」ちゅうてる、アハハハハッ……、ほぉ〜ら
ぎょ〜さんあるなぁ?

■見とくれやす、生きのえぇやつばっかしでっせ。どれいきまひょ?●せや
なぁ……、おい、ちょっと魚屋、わい、ちょっと酔ぉてるさかい、間違ごぉ
てたら堪忍してや。そぉ、向こぉの柱のとこに向こぉ向きに座ってんのん、
あれ「タ〜チャン」と違うか?

▲どこにです?●いぃえぇな、そぉ、向こぉのあの柱のとこ、向こぉ向きに
座ってんのん、あれ「タ〜チャン」と違うかっちゅうねん。わい、ちょっと
酔ぉてるさかいな、間違ごぉてたら堪忍してや、あれ「タ〜チャン」やろ?

▲「柱の向こぉに、向こぉ向きに座って……」大将、ウダウダ言ぃなはんな
いな「タ〜チャン」や言ぃなはるさかい、人間かと思いましたがな。あれでっ
かいな、あれ蛸です●せやろ、せやろ「タ〜チャン」やと思た。どぉも後ろ
姿がよぉ似てると思た。

▲よぉそんなアホなことおっしゃるで、蛸をば「タ〜チャン」やて。どぉで
す大将、蛸いきまひょか?●いこいこ、蛸いこ。あの蛸何ぼや?▲へぇ、あ
れ、八円でおます●あぁ、あの蛸八円か、なるほどなぁ……、参考のために
魚屋、ちょっと聞くけどな、あの蛸の足、あれ何本あんねん?

▲大将、蛸の足は八本に決まってますがな●んッ、偉い! 偉いなぁ、さす
が商売人や、よぉ研究してる。いやいや、たいてぇならやで「何本ある?」
ちゅうて尋んねたら「ちょっと待っとくれやっしゃ」ちゅうもんやけどな、
お前みたいに即答で「八本でおます」と言ぅだけ、なかなか勉強してるな。

▲ウダウダおっしゃれ。誰かて「蛸の足は八本」っちゅうこと知ってまんが
な●さぁさぁ、知っててもやで、それをば即座に言えるちゅうのは感心した
なぁ。ほんなら魚屋、尋んねるけどな、足のイボイボは何ぼある?

▲ウダウダおっしゃれ。そんなもん数が分かりますかいな●せやさかい言ぅ
てるやろ、お前も商売やろ、それぐらいの勉強せないかんやないか「蛸の足
のイボイボは何ぼある」日頃から勉強しとかないかんで、アハハハッ……、
いや、堪忍してかんにんして、ちょっとわい酔ぉてんねん。

●ほんなら何か、あの蛸、足が八本で八円やったら、足一本が一円ちゅうこ
とやなぁ?▲へぇへぇ、そぉでおます。一本やったら、一円でおます●あぁ
そぉか、ほな、足が八本あって、足が一本が一円やったら、あの頭はただや
なぁ……、ほな、頭だけもらおか▲アホなことおっしゃれあんた、蛸の頭だ
け買ぉて帰る人がおますかいな●ハハハッ、嘘やうそや、堪忍して。

●あッ! 魚屋、お、おかしなこと尋んねるけどなぁ、そぉそぉ、お前の足
元でそぉ、あの、こっち見たはんのん、鯛と違うか?▲何です?●いぃえぇ
な、お前の足元でな、こっち睨んだはんのは、鯛と違うかっちゅうねん▲わ
たいの足元で……? あぁ〜、こら鯛の頭だ。

●鯛やろ、やっぱりなぁ。何でその人だけそんなとこに居たはんねん?▲いぃ
え、こらね、悪なったもんでっさかいね、鯛の頭と尾ぉと、ここへ放(ほ)っ
てまんねん●あぁそぉか、それ、何ぼや?▲何です?●いや、その鯛の頭と
尾ぉと何ぼやっちゅうねん?▲「何ぼや」とおっしゃったってあんた、こん
なもん、お金いただかれしまへんがな。

●はぁ〜「お金いただかれへん」といぅことは、ただやな? よし、魚屋、
その鯛の頭と尾といこ▲いや、これ、今も言ぅたとおり、腐ってまんねんで。
プ〜ンと臭そおまんねんで。とても食べられしまへん。

●いやいや、かめへんねん、かめへんねん。わいそれ欲しぃねん。済まんけ
ど、それおくれんか▲あぁさよか。へッ承知いたしました……●あぁ〜ッ、
えらい済まん、それ竹の皮に包んでくれんのんか?▲当たり前でんがな、こ
んなもんこのまま持って帰られしまへんやろ。

●わぁ〜ッ、えらい済まんなぁ、ほな、その竹の皮代、何ぼか渡そか、何ぼ
や?▲いやぁ、もぉこんなんよろしますわ●アッハッハッハッ、こら気の毒
ななぁ、ほなただか? えらい済まん、ほなこれもろていくわ。その代わり
な、今度、何なとで入り合わせさしてもらうで。おっきありがと、さいなら。

             * * * * *

●ハハハハハッ……、あぁ〜うまいこといた、鯛の頭と尾ぉとただもろてき
た。これでどぉやら一杯呑めそぉな。

 悪いやつがあったもんで、家(うち)ぃ帰って来ますと、わざわざ門口まで
まな板と包丁と持って出てきよって、まな板の上へ頭と尾ぉと置きよって、
そのあいだへすり鉢を伏せて、出刃包丁を持って目ぇむいてますところぉへ、
入って来ました友達こそ、暗剣殺に向こぉたよぉなもんで、

■おいッ、うちに居てるか?●おッ、芳っさんかい、いや実はな、今日仕事
が休みやのでな、ちょっと朝から一杯やってんねん。いや、今ちょっと何ぞ
アテないかいなぁと思て魚屋行たらな、こんな大きな鯛があったんでな、こ
いつで一杯やろと思てな、これからこの鯛、料理しょ〜と思てるとこや。

■おぉそぉか、そらちょ〜どえぇわ、実はな、俺も休みや。もしもお前が仕
事休んでたらな、一緒にどこぞで呑もかいなぁと思て来たんや。そぉか、こ
れからその鯛で一杯呑むのんか? こぉ〜ら立派な鯛やなぁ、そぉとぉ大きぃ
なぁ。

●見てくれ、見てくれ、目の下一尺からある大きな鯛やで■なるほどなぁ、
それ、新しぃか?●新しぃも新しないも、プンプンと新しぃぞ■「プンプン
と新しぃ」てな言ぃ方あるかい、ほんならこぉしょ〜か●どないすんねん?

■「どないする?」て、せやないかい、なぁ、お前がそないしてアテのほぉ
ちゃ〜んと段取りしてんねや、それでお前、酒よばれたら気の毒な。なぁ、
呑むねやったらお互いに気兼ねなしに呑みたいさかいな、ほなこぉしょ〜、
俺ぁ酒の段取りしてくるさかいな、その代わり、厚かましぃけどその鯛アテ
にしてよばれるさかいな、お互いに遠慮気兼ねなしに。酒、俺が買ぉてきた
やつ、お前、半分呑んだらえぇがな、俺が半分呑むさかい。その代わり俺も
遠慮なしにその鯛よばれるで。

●いや、そんなこと気ぃ遣わんでえぇがな、いや、そんなこと気ぃ遣わんで
もえぇっちゅうねん。酒も俺が段取り……■いやいや、そらいかん、そらい
かんて。ほな俺、酒段取りしてくるさかいな、そのあいだにその鯛ちゃんと
料理しときや●いやおいッ、ちょっと待ち、芳っさん、いやいや、お前そん
な気ぃ遣こたらいかんがな……、お〜いッ……

●行てしまいやがった。ハッハッハッハッハッ……、こぉスックリ行くとは
思わなんだなぁ。あいつも気のえぇやっちゃで「酒段取りしてくる」て「お
互いに気兼ねなしに呑も」やて「その鯛、俺遠慮なしによばれる代りに、お
前も俺の酒気兼ねなしに呑め」やて、ハッハッハッ……、そら、酒は気兼ね
なしに呑めるけど、この鯛どないして食ぅつもりやろ?

●そや……、困ったで。あいつが酒段取りしてきよるは「鯛料理できたか?」
「いや実は……」困った。せや、こぉしょ、このすり鉢なおしといてな、こ
の鯛の頭と尾ぉだけ置いといたらえぇわ。なぁ、そらまた俺が上手いこと誤
魔化したるさかい。よし、これで段取りさえついたら、こっちのもんや。

             * * * * *

■おい、酒段取りしてきたで。もぉ鯛の料理できたんか?●あぁ、えらい済
まなんだ、えらい済まなんだなぁ。酒段取りしてきてくれたん、えらい済ま
ん、いや実はな、お前に申し訳ないことができてなぁ■「申し訳ないことが
できた」て、どないしてん?

●いや実はな、お前が酒段取りしに行てるあいだに、この鯛料理せないかん
と思てな、ほんでわい、ド頭(どたま)と尾ぉパンパ〜ンと落としてな、料理
にかかろぉとしたら、実はちょっと人が来たもんやさかいな、ほでわい、こ
こ離れてな、その人と話してたんや。フッと横手見たらな、猫が来とんねん。

●ほんで、猫が来てるもんやさかいな、生臭い匂い嗅いで来よったんや思た
さかいな「シッ、シッ」ちゅうて追ぉたんや「シッ、シッ」ちゅうて追ぉて
んのにあっち行きよれへん。ほんでな、わいがな「あっち行けぇ!」言ぅたっ
たらな「えらい済んまへん、ちょっとあんさんにお頼みがござります」と、
こない言ぃよんねん。

■誰がいな?●「誰が?」て、猫が■猫がそんなこと言ぅか?●言ぃよった、
言ぃよった、言ぃよったんや「実は今日、猫仲間の寄り合いがおますねん。
ほで、皆でちょっと一杯やりとおますねんけど、アテがおまへんねん。まこ
とに済んまへんけど、この鯛いただいて帰ります」と、こない言ぃよるさか
いな、わい言ぅたんや。

●「何かしてけつかんねん。これからわい、芳っさんとこれアテにして一杯
呑むねや。そんなもん持って行かれてたまるかい」言ぅてんのにな、いきな
りパッとくわえてな、ピャ〜ッと走りやがんねん。おらぁすぐに、後ろから
バァ〜ッと追いかけて行たがな。なかなかすばしっこいやっちゃ、ピャ〜ッ
と走りよんねん。

■ほんなら何かい、猫に鯛の胴いかれてしもたん? 肝心のえぇとこいかれ
てどないすんねんな。しかしまぁ、不幸中の幸いや、そないして頭と尾ぉが
残ったぁんねん。ほな、こぉしょ〜、鯛の潮(うしお)や。その頭で汁こしら
えて、それアテに一杯呑も●何が?■いや「何が?」て、その鯛の頭をな、
鯛の潮にすんねん。な、その汁で一杯呑もっちゅうねん●お前、何か、どぉ
してもこの鯛食ぅつもりか?

■「食ぅつもりか?」てお前、それしか残ってなかったら、それ食わなしゃ〜
ないやないかい●ところがな、わけ言(ゆ)わな分からんがな、いや、今言ぅ
たとおり猫が胴くわえてビャ〜ッと行きよったんでな、あと追ぉて走って来
たんや。帰って来て、フッと気が付いたら、ちょ〜どそぉ、向こぉにあの天
窓からな、お日ぃさんが顔出してニコ〜ッと笑らいよった。

●ハッハッハッ、えらいもんやなぁ、こんな活けの鯛てななぁ、お日ぃさん
にパ〜ッと笑われたら、いっぺんに、いっぺんにいてしもたで■「いてしも
た」て、何がいてしもてん?●いやいや、まぁまぁお前、これ食えりゃ食ぅ
てみぃな。ほぉらもぉ、とってもやないが俺はよぉ食わんで。

■ほな何かい、お日ぃさんに当たって腐ったちゅうのんか?●そやそや、お
前これ、鯛の潮にするか?■何かしてけつかんねん、そんなもん食えるかい
な●せやろ、せやろ、せやさかいもぉ別にアテみたいなもん要れへんやん、
酒呑むのに。その酒な、もぉ何もなしで、わいとお前と二人で呑んで、ほん
で酔ぉたらお前、帰(かい)って寝ぇ、わいも寝るさかいに。

■なんかしてんねんアホらしぃ、お前はアテなしでも呑めるか知らんけどな、
俺ぁな、何なとアテがなかったら呑めんねや。ほなどもしゃ〜ない、わいこ
れからな、何ぞつまむもん買ぉてくるさかい、そのあいだにな、おら冷やで
呑むのんかなんねん、燗するよぉにな、ちゃんと火ぃいこして、湯ぅ沸かし
て燗の用意しときや。行ってくるさかい。

●おい、ちょっと待ち、芳っさんッ、ちょっと……、いやいや、酒は段取り
さすわお前、おまけにアテまでお前に段取りさしたら、それでは俺が立って
も居ても、立っても居てもいられん、ちゅうたって……、いなしゃ〜ないか、
ハッハッハッハッ、スックリいきやがんねん。

●えぇ〜ッ、気のえぇやっちゃなぁ。酒は段取りしてきてくれよった、おま
けに今度はアテ段取してくるちゅうて行きやがんねん。こないうまいこと行
くとは思わなんだなぁ……

●あぁ〜、こらまた、えぇ酒張り込んで買ぉてきよったで。なぁ、鯛のアテ
やちゅうたもんやさかい、向こぉも気ぃ遣いよってんな、上等の酒買ぉてき
やがったで。どんな酒買ぉてきよったかいっぺんちょっと毒味したろか……、
なるほどなぁ(ドッドッドッドッドッ、クゥクゥクゥ……)なるほど、こら
えぇ酒や。久しぶりやで、こんなえぇ酒呑むのん。

●(クゥクゥクゥ……)プハ〜ッ、この酒なら大丈夫や。なぁ、こぉらえぇ
酒買ぉてきてくれよったわい。しかし、ちょっと呑んだだけやけど、はっき
りまだ味が分からんなぁ、もぉちょっと呑んだろか。なぁ、これだけえぇ酒
や、上へ水回しといたって分かれへんやろ。もぉちょっと注いだろか

●(ドッドッドッドッドッ、クゥクゥクゥ……)プハ〜ッ、あぁ、えぇ具合
に回りよんなぁ、先にちょっと下地があっただけになぁ、そこへ持ってきて
こんなえぇ酒呑んだらたまらんなぁ。

●(クゥクゥクゥ……)そや、言ぅとったなぁ「わいは冷やで呑む酒はかな
んさかい、酒の燗するよぉにちゃ〜んと火ぃいこして、湯ぅ沸かしてちゃん
と用意しときや」何かしてけつかんねん、じゃ〜臭い。そんなことしてられ
るかい。だいちお前、酒燗して呑むてなお前、ホンマの酒呑みやないがな。
なぁ、ホンマの酒の味分かんのは、冷やで呑まなんだら分かるかい。

●なんかしてけつかんねん「わいは何なとつまむもんがなかったら酒が呑め
ん」なんかしてけつかんねん、ホンマの酒呑みっちゅうのはな、おのれの指
ねずりながらでも一升や二升の酒呑むねや……

●しかし、だいぶに減ったなぁ、もぉ水回すちゅうわけにいかんよぉなって
きたぁる(クゥクゥクゥクゥ……)まぁえぇわ。なぁ、あいつが言ぅとった
「お互い気兼ねなしに呑もや。その鯛俺も遠慮なしに呼ばれる代わりに、お
前も俺の酒、気兼ねなしに半分呑め」と、こない言ぅとった。

●なぁ、どっちみち俺が半分呑まんならん責任があんねん。あとで呑むか、
先に呑むかの違いや、なぁ、半分呑んでしもたらえぇねん。そや(ドッドッ
ドッドッドッ)これでちょ〜ど半分や……「いやぁ、えらい済まなんだ、俺ぁ
アテもなんにも要らんねん、先に半分よばれたで、お前それで、あとゆっく
り呑みぃな」てなもんや。これ、先半分よばれたらえぇねや。

●(クゥクゥクゥクゥ……)しかし遅いなぁ、何しとんねや……、あぁ、誰
や? 誰や、その戸口(こぐち)から覗いてんのん……? ハッハッハッ、お
光っちゃんやないかいな、何覗いてんねん、そんなとっから? え? どな
い? わいが大きな声出すさかいに何やろと思て覗いた? なんかしてけつ
かんねん、いや、わいちょっと酔ぉてんねん……、ほぉらまたお光っちゃん、
今日はえらいやつしてるやないか、ちゃんと頭結ぅて。可愛(かい)らしなぁ、
いっぺんそっち向いてみぃな、そっち向いてみ。

●なぁ、女ちゅうのは得なもんやで。なぁ、そないしてやつしてやで、頭の
ひとつも結ぅててみぃな、コロッと見違うがな、なぁ。いやいや、えぇ格好
に結えたぁる……、えぇ格好に結えたぁる(クゥクゥクゥ……)プハ〜ッ。

●もぉそんなとこへ立ってんと、こっち入ったらどないや、なぁ? 恥ずか
しぃ? 何かしてけつかんねん、顔赤こぉにしやがって……「♪丸髷ぇ〜に
か、結われる身ぃをば持ちながら」ちゅうやっちゃ、ほぉれ嬉しそぉな顔し
やがって、ホンマにうまいこと結えたぁる。それで顔さえ良かったら、もっ
とえぇのに、ハッハッハッハッ……

●(クゥクゥクゥクゥ……)何や? 何やッ? 泣いてけつかる。いま嬉っ
そぉにニコッと笑ろてたかいな思たら、泣いてくさる。な、な、何泣いてん
ねん? 何が悲しぃねん? え? どない? 「顔が良かったらえぇのに」
言ぅた? 何かしてけつかんねん、そんな顔どないにもなるかい、何ぬかし
てけつかんねんしょ〜もない。泣くなアホンダラ!

●(クゥクゥクゥクゥ……)プハ〜ッ。泣かんでもええっちゅうねん。えぇ
歳して泣きなっちゅうねん。あのな、そら嫁入り前の娘にこんなこと言ぅて
な、お前も気が悪いやろけどな、いやいや、心配せんでもえぇて、嫁入り口
は何ぼでもあるわい。なぁ、昔からよぉ言ぅやろ「割れ鍋に綴じ蓋」ちゅう
て、お前らみたいな顔してても、またお前らみたいな嬶(かか)持つやつがあ
るねんさかい、心配せんでもえぇわい。

●ハッハッハッ、泣いてあっち行きやがった(クゥクゥクゥ……)プハ〜ッ。
しかしあいつ遅いなぁ、芳公。いつまでかかっとぉんねや。あぁ〜、えらい
ことした、もぉちょっとしかないで……、なぁ、こんだけぐらい残しといたっ
てしゃ〜ない、ついでや、いてしもたれ。ハッハッハッハッ。

●割りに一升てな酒、呑みでのないもんやなぁ、アホらしなってきた(クゥ
クゥクゥクゥ……)プハ〜ッ。あ〜ッ、えぇ具合に回ったなぁ、そや「おい、
アテ買ぉてきたで、酒の燗ちゃんとできてるか?」ちぃよったらどないしょ?

●(パンッ)えぇわ、なぁ、この瓶ここへ転がしといて、ここらへこの湯ぅ
をば撒いといたらえぇわ。そこはまた、何とか言ぃよぉがあるやろ……、ハッ
ハッハッハッ、だいたいあいつが帰ってくんのが遅いさかい、こないなって
しまうねん。

             * * * * *

■おいッ、しょ〜もないもんやけどな、これ段取りしてきてん。いや、こん
なもんでもつまんでやらなしゃ〜ないと思てな。ほいであの、酒の燗もぉで
きてるやろ●ハッハッハッ、芳っさん、お帰り。いやあのな、芳っさん、わ
い、お前にまことに済まんことができたんや■またあんなことぬかしとぉる。
済まんことてどないした?

●いや、ホンマにどない言ぅて言ぃ訳したらえぇや分からんねん……、いや
あのな、芳っさん、まぁ落ち着きや、慌てな■誰も慌ててへんがな、どない
したっちゅうねん?

●いやあのな、ホンマにお前に面目ないわ。実はな、お前がアテ買いに走っ
てくれたやろな、ほんでお前が行きしなに言ぅてたやろ「ちゃんとあの燗す
るよぉに、火ぃいこして、湯ぅ沸かしとけよ」と、こない言ぅたもんやさか
いな、すぐにお前、その湯ぅ沸かそ思て、ほんでお前、台所へ立って行った
んや。

●いやいや、酒はここへ置いたぁってん、酒はお前が持ってきて置いたとこ
へ置いたぁってん。な、ほんでわいがカンテキに火ぃいこそと思てフッと気
が付いたらな、またさっきの猫が来とぉねん■おい、また猫か?●うん、ま
た猫が来よってな「先ほどは、えらいご無理を申しまして、相すまんこって
ございました。つきましては、も一つお頼みがございます」と、こない言ぃ
よんねん。

■えぇ加減にしときや、猫がそんなこと言ぅわけがない●いやいや「言ぅわ
けがない」ちゅうけどな、もぉその猫の態度で分かるねや。頭、畳に擦り付
けよってな「先ほどは、あぁして鯛はいただいて帰りましてんけど、ちょっ
と思ぉたより人数が多ぉございますので、酒の方がちょっと足らんよぉにな
りましたので、まことに申しかねますけど、このお酒をばいただいて帰りま
す」と、こぉ言ぃよんねん。

■ホンマかいな? 猫がそんなこと言ぅたりするわけがない●いやいや、言ぅ
わけはないけど、つまりバッとこぉ、この瓶をばバッと抱えよぉとしよるさ
かいな、わい言ぅた、わいかて言ぅた。

●「なるほどな、先の鯛は俺が段取りしてきた鯛やさかい、お前が持ってっ
たって俺さえ諦めりゃそれでえぇてなもんけど、この酒はな、芳っさんが段
取りしてきた酒や。な、せやからそれ持って行かれたんでは芳っさんに済ま
んさかい、それだけは持って行ったらいかん」ちゅうて。

●俺が懇々と言ぅて聞かしてるのにな、それでもバッと抱えて行ことしよっ
たさかい、俺もムカムカッとした。いきなり、持ってた火箸をばビャ〜ッ、
と猫めがけてパ〜ンと投げた。な、ところが手元が狂るたんや、拍子の悪い
お前、瓶のちょ〜ど詰めのとこへポ〜ンと当たった。な、ほな詰めがスポ〜
ンと抜けたと思たらな、瓶がゴロ〜ッと横になりはった。

■「横になりはった」てお前、よぉそれ見てたなぁ●いや、見てたっちゅう
わけやないけどな、せっかくそないしてお前、機嫌よぉ横になってはんのん、
今起こしたら機嫌悪……■よぉそんなアホなこと言ぅてるで、ほで、どない
したちゅうねん?●いやいや、ほな横になりはったもんやさかい、酒がドッ
ドッドッドッ、ドッドッドッド〜ッと……、こぼれたんや。

■こぼれぇでかい、ほんで、どないしたっちゅうねん?●いやいや、ほんで
な、わいも思た「あ〜、もったいないことしたなぁ、こら芳っさんに済まん
なぁ、えらいことした」と、わいそのとき思た■まぁえぇわ。なぁ、こぼれ
たもんはしゃ〜ないわ。しかし、お前あれからだいぶに酔ぉてるなぁ。なる
ほど俺が来たときにも酔ぉてたけど、あのときと比べたらお前、相当酔ぉて
るが、そらいったいどぉいぅわけや?

●いやいや、そらわけ言ぅ、わけ言ぅ。いやいや、酔ぉてる、確かに酔ぉて
る。いや、今言ぅたとおりな、畳にこぼれた酒な、むざむざと畳に吸わすの
はもったいないと思たもんやさかいな、せやからわい、あの畳に顔擦り付け
てな、チュ〜ッと一息に吸い込んだ。

●なぁ芳っさん、なるほど盃や湯呑みで呑む酒も酔うけど、まぁいっぺん畳
にこぼれた酒吸ぅてみ。よぉ酔うで……、もぉわい、えぇ具合に酔ぉた、わ
いもぉ寝るわ。お前も、うち帰ってゆっくり寝ぇ■何をぬかしてんねん、えぇ
かげんにしとけよ。よぉそれだけ口から出まかせに言ぅたなぁ……

●あッ、芳っさん見てみ、見てみ。そぉ、向こぉからそぉ、きまり悪そぉな
顔して、顔出して覗いとる猫があるやろ、あいつやあいつや。あいつがお前、
鯛持って行って、ほんで、この酒こぼさんならんよぉな原因起こしよった、
あの猫や。

 言ぅとりますと、猫、何を思いましたか、台所の三宝(さんぼぉ)さんの棚
の上へあがりますと、向こぉ向きになって手を合わして……


【さげ】
 「悪事災ニャン、逃れますよぉに」


【プロパティ】
 こます=〜する。物にするなどの意にいう下品な語。イテコマス:やって
   しまう。暴力で抑えつけてしまう。強姦する。
 ぎょ〜さん=たくさん・はなはだ・たいへん。大言海には「希有さに」の
   転とある。「仰々しい」のギョウか?「よぉけ→よぉ〜さん」たくさ
   ん、の訛りかも?
 言ぃなはんないな=言ぃなはんな+強調の助詞「いな」
 放(ほ)る=捨てる。
 入り合わせ=入れ合わせ。つぐない。埋め合わせ。
 暗剣殺(あんけんさつ)=九星(きゅうせい)方位のひとつ。その年の五黄と
   相対する方位で、最も凶とする。
 アテ=当て:酒やビールの肴(さかな)。または、食事の副食物。
 なおす=しまう。
 誤魔化す=「胡麻胴乱」という江戸時代の胡麻菓子が、胡麻をまぶした見
   かけの豪華さに対して、中空で何も詰まっていなさま。ゴマカシ→ゴ
   マカス。また、ご利益があると「護摩の灰」を売り歩く詐欺商法から
   ともいう。
 何かしてけつかんねん=何をぬかして+けつかる+ねん。ヌカスは「言う」
   ケツカルは「する、いる」という意味の下品な悪態口を示す語。ネン
   は助詞「〜のだ」標準語では「何をおっしゃっているのでしょう」
 潮(うしお)=潮汁:魚介を実(み)とし塩だけで味をつけた吸い物。うしお。
   うしおに。
 しゃ〜ない=仕様が無い→しょうがない→しょ〜ない→しゃ〜ない。
 かなん=困惑する。適わない→適わん→かなん。
 じゃ〜臭い=邪魔臭い。
 ♪丸髷に、結われる身をば持ちながら=江戸端唄「深川くずし」
 アホンダラ=タラはグウタラなどの軽蔑の意を込めた接尾語。アホタレの
   タレも同じ。馬鹿野郎の意味ではあるが、どこまでも柔らかく間が抜
   けている。約まるとアンダラ。
 嬶(かか)=もとは幼児語、父(とと)、母(かか)。近世、庶民社会で、自分
   の妻または他家の主婦を親しんで、あるいはぞんざいに呼ぶ称。かか
   あ。
 カンテキ=七輪:土製のこんろ。ものを煮るのに炭の価が七厘ですむ、と
   いう意によるという。七厘。コンロ。転じてよく怒る人のこともカン
   テキという。
 三宝さん=(三宝荒神)仏・法・僧を守護するという神。俗に不浄を嫌う
   ことから火の神にあて、かまどの神として祀る。
 いく=「いく」という語が、
   1.へ、お越しやす大将、何ぞいきまひょか。
   2.行こいこ、行こ。どこでも行こ
   3.いこいこ、蛸いこ。あの蛸何ぼや?
   4.ほな何か、猫に鯛の胴いかれてしもたん?
   5.お日ぃさんに笑われたらすぐにいてしもたで……
   6.もぉちょっといったろ。……クゥクゥクゥ〜〜、プハ〜ッ。
   それぞれ、1.売る 2.行く 3.買う 4.盗む 5.腐る 6.呑むという
   意味に使われています。その他「死ぬ、壊れる、捗る、食べる」など。
   「いてまえ(=やっつけてしまえ)」もその応用。
 音源:(6)笑福亭松鶴 74/09/11 落語1500(Victor)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=(6)笑福亭松鶴 sub=*  ●main高座記録日:1974/09/11  ●音  源  名:落語1500(Victor)  ●ファイル公開日:2000/06/04  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2008/11/16  ●リクエスト数:rakug210  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次