【上方落語メモ第5集】その202

子  は  鎹


【主な登場人物】
 亀ちゃん  熊はん  お母はん  番頭はん

【事の成り行き】
 今、わたしが在るということは父が在り母が在るということで、そのまた
父があり母があり、そのまた……、わたしが人間であろうとするなら父にな
らないといけないわけですけど、すんません放棄してしまいました。

 気持ち的には子ども好きですし、人間的にはスケベですので父になれない
はずはないのでしょうが、子ども好きでスケベなだけで父になれるほど世間
は甘くありません。やはり、それなりの資格・努力というものが要るようで
す。

 資格を得る努力もせず、たぶん受け継いだ遺伝子を勝手に絶やしてしまう
ことになるであろう、という予測のもと、ご先祖様には誠に申し訳ない思い
を致しております、御免チャイ。

 種の保存が人類の究極の目的ならば、わたしの今までの人生は最低なわけ
ですけど、薄らぼんやり何もせず、何も考えずに生きるのも、なかなか気楽
でえぇもんです。いつかきっと罰が当たるのは重々承知の上で(2000/04/02)。

             * * * * *

 え〜、もぉ一席お付き合いを願いまして大喜利といぅことでございますが。

◆熊はん、棟梁、居てなはるかいな?■あッ、こらぁ番頭はん、どぉぞこち
らへ◆いやいや、あんた今日は仕事休みか? そぉか、そらちょ〜ど良かっ
た。いや実はな、うちの旦那のほれ、茶室の普請頼んでるそぉやな?■へぇ、
もぉえぇ木をな、ちゃ〜んと吟味して、ちょっと遠いとこですけどな、囲て
まんので。

◆そぉか、いや実はなぁ、旦那がな「その木ぃがどんな木ぃやちょっと見た
い」言ぅてな、ところが旦那も商売で手ぇ離されへん「番頭、済まんけどお
まはん、お前の目ぇでえぇさかいちょっと見てきてくれへんか?」っちゅう
て頼まれて。わしの目で見て分かるかどぉや、そら知らんがなぁ、その木を
ちょっと見せてもらえるか? 旦那の気休めやさかい。

■さよか、へぇ結構でございます。お時間ございますか? ちょっと遠ぉい
んでやすけど? あぁさよか、分かりました、ほなすぐ表出まっさかい◆え
らい、くつろいではるとこ済まん■いえ、結構です、表出とくれやす、行き
ますいきます……

■へッ、どぉも、お待たせしました◆いやいや、済まんなぁ、休みの日ぃに
こぉして掻(か)い出して■いえいえ結構です、かえって家でな、ウダウダし
てるより、こぉして表へ出る方が結構な具合で◆そぉか、しかしなぁ熊はん、
あんた人間変わったなぁ。二年前とえらい違いやないか……

◆いや、こんなこと言ぅたら悪いけどな、二年前のあんたは鬼か邪が憑いて
たんやなぁ。あれだけ尽くしてくれた嫁はんを放(ほ)り出してしもて、子ど
もまで放り出してやで、あとなんや妙な女引き込んだけど、あのときはえら
い荒れてたけど変わるもんやなぁ、心入れ替えるとこんだけ立派なもんにな
るんやなぁ。

■いえ、もぉ、そのことは言わんといとくなはれ。いえいえ、聞くのが辛い
いぅわけやおまへんねけどなぁ、あの頃はやっぱりおかしおましたなぁ。し
かし、あとで引き込んだあの女、あんな悪い女いてまへんでしたなぁ。朝寝
はする、昼寝はする、宵寝はするなぁ、一日中寝てました。借金こしらえて
シュ〜ッと出て行ってしまいました。

■しかしまぁ、わたいにとってはあれがえぇ薬になったんかも分かりまへん
なぁ◆ホンマやなぁ、人間変われば変わるもんや。嫁はんに会いたいやろ?
■ヘヘッ、まぁ、会いとないちゅうたら嘘になりますけどな、いやまぁ、嫁
はんはともかくとして、この頃ちょいちょい、子どもに会いたいなぁと思い
まんねん。

■もぉ二年も経ってんねや、だいぶ大きなってるやろなぁとは思いまんねん
けどな。ちょいちょい夢で出て来たりしまんのでなぁ◆そぉか、やっぱりあ
んたも親やなぁ、もぉだいぶ大きなってるやろなぁ? 何とか言ぅたなぁ?
亀ちゃんか? どこに住んでんねや分からんのか?■へぇ、嫁はんと遠いと
こへ行ったやろと思いますわ。

◆そぉか、しかし……、おい棟梁、熊はんッ!?■へッ?◆「へッ」やない
がな、いやいや、あそこから子どもが五人ぐらい出て来たやろ。あの一番前
に歩いてんのん、あれ、あんたとこの亀ちゃんと違うかい?■アホなこと、
違いまちがいま。もぉ、嫁はんと遠いとこ行ってまんねん。

◆いやいや、あれ亀ちゃんやて……、それが証拠に、あん中で一番悪そぉな
顔してるやないかいな、間違いない。ほれほれ、横手の頭パ〜ンと叩いて。
あれ間違いない、見てみ■「見てみ」て、どれ……? あッ、番頭はん、あ
れ、亀です。か、亀や、あれ亀です。鶴やおまへん。

◆分かってるがな、あれ亀ちゃんや■亀や……◆縁やなぁ、こんなとこで会
うんやなぁ……、ちょっと、亀ちゃん呼んだり。棟梁、声かけたり■いえい
え、もぉ行きまひょ……、そんなもん、面目(めんぼく)のぉて会えますかい
な。もぉ見なんだことにして行きまひょ。

◆「行きまひょ」て、ここで会えなんだら、また生涯会えるか分かれへんね
や、ちょっと声かけ!■ホントにな、子どもにも面目ないんだ、もぉ行きま
ひょ◆そんなこと言わんと。な、旦那にはわしがあんじょ〜言ぅとく。木ぃ
見るなんていつのことでもえぇねや、こんなことちゅうのは今しかでけへん
ねん。わしゃ帰るさかいな、えぇか、亀ちゃんに声かけて二人で……

■ちょ、ちょと、あのね、もし……、え? 二人で話……、さよか、済んま
へんなぁ……。しかし、声かけにくいなぁ……

■おい、亀……、亀ッ●ん? あッ、お父っつぁん■お前、お父っつぁん分
かるか?●うん、分かる、お父っつぁんや■よぉ分かってくれたなぁ……、
皆、済まんなぁ、ちょっとおっさん亀ちゃんと話があんねん、ちょっと二人
きりにしてくれるか? 堪忍してや、また仲良ぉしてや……

■こっち来い、こっち来い。しかし亀、しばらく会わんうちにお前大きなっ
たなぁ●うん、お父っつぁんも大きなったなぁ■お父っつぁん大きなれへん、
お父っつぁん、いつも背ぇ丸めて酒呑んでたさかい小ぃそぉ見えてたやろが
なぁ、胸張って、えぇベベ着てたらこんだけ大きぃねん。

■自慢でけたこっちゃないなぁ……、おまはんらが出て行ったあとな、妙な
お姉ちゃん引き込んでナニしたんやけど、じきにそのお姉ちゃん出て行って
な。お父っつぁん心入れ替えて一生懸命大工仕事してな、今、棟梁とか親方
とか言われるよぉになって、こんなもんも着られるよぉなことになったんや。

■えらい済まなんだなぁ、恨んでるやろとは思うけどな……。けどお前、こ
の近所に住んでるのんか?●うん、あのな、この路地(ろぉじ)入って右に曲
がって三軒目の長屋やねん■そぉか、こんな近場に住んでたんか、知らなん
だなぁ。で、お母はんは達者にしてるか?

●うん、お母はん「風邪ひとつひけへん」言ぅてる■そぉか、そら良かった
なぁ……、で、お父っつぁんは大事にしてくれるか?●え?■いや「お父っ
つぁんは大事にしてくれるか?」て、聞ぃてんねや●いや、お父っつぁんは、
お父っつぁんや■違うがな、お父っつぁんや。お前の「今のお父っつぁんは
大事にしてくれるか?」って聞ぃてんねや。

●お父っつぁんは、お父っつぁんしか居てへん■いや、わしは先代やないか。
つまりこの、今のお父っつぁん●今のお父っつぁんも先代も、お父っつぁん
は一人や■ほななにか、お母ん、まだ一人か? そぉか……。しかしなぁ、
お母はんちょっと別嬪(べっぴん)やさかいな、男の人がちょいちょい来たり
するんとちゃうか?

●うんん、お母はんそんなことないで。けどな、家主(いえぬっ)さんがちょ
いちょい「こんな人どぉや?」言ぅてな、男の人勧めに来はることあんねん
■そのとき、お母はんどない言ぅねん?●うん、あのな、お母はんそのとき
いつも言ぅてる「男はあの呑んだくれ一人でもぉたくさんです」こないいぅ
て■せやろなぁ……、言われてもしゃ〜ないわい。ほなな、お母はんちょい
ちょいお父っつぁんの話することあるか?

●うん、よぉ話してくれる■そぉか●雨の日ぃなんかな、馴れ初めのときの
話とか色々してくれるで■そぉか、お母はん、お父っつぁんのことどない言ぅ
てる?●うん「あんなあかん人なかったわ」言ぅてる■せやろな……、言わ
れてもしゃ〜ないねや、お父っつぁんそんなことしかしてへん、ホンマに申
し訳ない。せやけど、話してくれるだけでも嬉しぃなぁ。

●あんなぁ、そぉいやこないだな、わい学校から動物園行ったんや。ほんで
帰って来てな、お母はんに「今日、動物園行ったんや」言ぅたら「どんな動
物が居てたんや?」て、お母はん聞くさかいな「うん、ライオンとかトラと
かヒョウとかクマとか居てた」っちゅうたら、いきなりキッと睨まれてな。

●「ライオンとかトラとかヒョウはな、それは呼び捨てでえぇけど、クマだ
けは『クマはん』て言ぃなはれ」ちゅうて……、まだ脈あるで■要らんこと
言ぃな……、そぉか、しかし嬉しぃなぁ。あのな、埋め合わせにも何にもな
らへんけど、小遣いやろか?

●小遣い? うん、欲しぃ■よし、取っとけとっとけ●わ、わ、わ〜ッ、お
父っつぁん、これ五十銭!■かめへんかめへん、取っとけ●こないもぉても
えぇのん? 嬉しぃわぁ、お父っつぁんと一緒に居(お)ったとき「一銭くれ」
言ぅたら頭どつかれたのになぁ……、これ、今何にも言わんのに五十銭くれ
るて、やっぱり人間は苦労せなあかんなぁ。

■生意気なこと言ぅな、そのかわり、それもぉたんお母んに言ぅたらいかん
ぞ……、ん? 亀、なんや眉間にキズがあるやないか、お前わしと居てたと
き、そんなとこにキズ無かった、どぉしたんや?●え? あぁ、これはえぇ
ねん■えぇことあらへんがな、男の眉間にキズがあるて、決してえぇこっちゃ
ない。どぉしてん?

●実はな、鬼ごっこしててん、鬼ごと。ほんであの、わい鬼やってな、前に
木村はんちゅうて、金持ちの坊(ぼん)が居てたさかい、そのボンにな、デン
してん、当てたんや。ほんで「ボン鬼だっせ」ちゅうたらボンがな「わいは
鬼と違うわ」言ぅさかいな「何言ぅてなはんねん、当てましたがな、ボンが
鬼でっしゃないかいな」言ぅたら「わいはいつも鬼と違うねん」言ぅて、横
手にあった棒で頭ゴ〜ンとどつかれてな、で、皮破れて血が流れて……

■何かい、その木村とかいぅ金持ちのボンにどつかれて……、泣きながら帰っ
たんか? それでお母はん、よぉ黙ってなぁ?●お母ん、黙ってなかったで
「お父さんが居てないちゅうて、馬鹿にされてる」ちゅうてな「お母はんが
怒鳴り込んで行くさかい、どこの子ぉや言ぃなはれ」言ぅさかい「木村はん
とこのボンやねん」言ぅたら「ほな辛抱しなはれ」て。

●何でも、あそこの家(うち)からぎょ〜さん縫いもん仕事もろてるさかいな
「あそこの仕事止められたら、もぉ親子二人(ふたぁり)食べていかれへんさ
かい。辛抱しぃや」て、お母はん泣きながら言ぅてくれたさかいな、我慢し
てん。

■そぉか、済まん……、それはな、木村のボンが悪いん違う、その眉間にキ
ズ付けたんはすべてこのお父っつぁんや、堪忍してくれ……、お父っつぁん
のしてきたことが、お前の眉間にキズ付けたんもおんなじこっちゃ、済まん
堪忍してくれ……

■あッ、あんな、ここに鰻屋あるやろ、お前鰻食べとないか?●うん、食べ
たい■そぉか、鰻よぉ食べてるか?●貧乏やさかい、食べられるわけないや
ろ■そらそやな……、そんならどや、今から食べさしてやりたいねんけど、
また帰らなんだらお母んゴチャゴチャ言ぅやろ、あした学校昼までか? そ
らちょ〜どえぇ、ほなあした昼からな、お父っつぁんこの二階に居てるさか
い、えぇか、鰻をいっぱい食べさしたるさかい、お母んに内緒で来いよ。分
かったな?

●うん■ほな、帰りかえり、お母んまたゴチャゴチャ言ぅたらいかんさかい。
で、そのな、五十銭も、それから鰻屋の件も言ぅたらあかんぞ、内緒やぞ、
えぇか。気ぃ付けて帰りや、おい、気ぃ付けなけつまずくぞ……、おいッ八
百屋、車どけてくれそこ。いや、車をどけっちゅうねん。え? なんでやて?
うちの子が通んねやないかい。

■気ぃ付けて帰りや、内緒やで●うん……


●お母んただいま▲「ただいま」やないやろがな、ちょっとこっち入んなは
れもぉ。ホンマにあんたなぁ、みんなご近所が早よ帰って来てんねやないか、
あんただけ何でこんな遅いねやホンマにもぉどんならん。お母はんなぁ、もぉ
山ほど仕事溜まったぁんねや、あんたがな、ちょっとは手伝(てっと)ぉてく
れなんだら具合悪いやろ。

▲お母はん、こないして縫いもん仕事しながら、一生懸命な、何とかあんた
にえぇもんの一枚も着せたらないかんと思て気張ってんねやないか。ちょっ
とはあんたもな、手伝ぉてくれるといぅことをせないかん。ほんまにもぉ、
仕事何ぼでも溜まったぁんねん……

▲あんた自分のことばっかり考えてからにもぉ、ちょっとはお母はんの身に
なって考えてぇな、ホンマに。縫いもん仕事から何から、溜まってんねや。
さッ、これはこれで縫いあがったさかいな、次は糸巻きしょ〜、糸巻き。違
うがな、あんたに手伝ぉてもらわな糸巻きでけへんのん。さッ、ここに糸、
手に掛けたげるさかい、手ぇ出しなはれ。

▲よろしぃか、ほなお母はんな、これへ巻いていくさかいな、手をグルグル
回すねで、えぇな。はい、グルグル回しなはれ……、グルグルグルグル……、
いや違うがな、もぉちょっと広げてグルグル回し。そのな、手をグ〜にして
るからいかんねやないかいな。手をパ〜にしなはらんか、手をパ〜に。

▲ちょっと待ち……、今、手ぇパ〜にしたら何かポトンと落ちたやないか、
それ何?●こ、これはえぇねん▲えぇことないやないかいな……、それあん
た、五十銭玉やないか? どないしたんや?●いや……▲言われへんのん?
どっかの財布から抜いてきたん?●そ、そんなことせぇへん。

▲ほな、どないしたん?●もろた▲「もろた?」どこぞの世界にあんたみた
いな子どもに五十銭くれる人があんねん? 誰にもろたんか言ぃなはれ●言
われへん▲言われへんのん、聞ぃても言われへんのん……? そんなとこは
お父っつぁんそっくりやなぁあんた。お母はん情けないわもぉ。はい、分か
りました、もぉ聞かへん。

▲さッ、もっぺんな、糸巻きの続きしょ。さッ、糸また手ぇ通したるさかい
こっちおいで。もぉちょっと近付いといで、手に通したる、もっとこっちへ
近付いと……●ッと、捕まってもた。お母ん、離して▲「離して」やないが
な、どこでもろたんや? どこの銭函から盗んできましたんやッ?!

●違うねん、もろたんや▲ほな、誰にもろたん?●もろた▲言わんのん、あッ
そぉ分かった……、ここにな、玄能(げんのぉ)があるわ、これお父っつぁん
の玄能。お父っつぁんのとこから出て来るときな、どぉいぅわけか風呂敷包
みに一緒にこれ包んできたんや。お父っつぁんの意見やと思てな、お母はん
これで頭一つコンといくし、言わなんだら。

●そ、そんなんでいかれたら、死んでまう▲それやったら言ぃなはれ、誰に
もろたんや?●い、言われへん!▲言われへんねやったらな、これで一つコ
ンと……●言ぅがな……、お父っつぁんにもろた。

▲ちょっと待ち、あんた、お父っつぁんに会ぉたんか?●なにも、前へ出て
来んかてえぇがな、お母はん……、せやねん、お父っつぁんにもろた▲あん
た、お父っつぁんに会ぉたんか? どこで?●表で▲あぁそぉ……、汚ぁ〜
い格好してたやろ?

●ん〜ん、えぇべべ着てたで。なんか、わいらが出て行ったあとな、妙なお
姉ちゃん来たんやけどな、じきに出て行って「済まんすまん」言ぅて、ずっ
と頭下げてたでお父っつぁん▲そぉ、それで今、心入れ替えて親方とか棟梁
とか言われるよぉなったん? あそぉ……

▲お母はんのこと、なんか言ぅてた?●夫婦(みょ〜と)は聞くこと一緒やなぁ
お母はん、聞ぃてたで▲そんで、あんたどない言ぅたん?●チョイチョイ家
主さんが来てな「こんな男の人どぉや?」て▲要らんこと言わいでもえぇね
や、何でそんな要らんこと言ぅねやいなホンマに……

▲へぇそぉ、それで何? あした鰻屋で鰻よばれる? えぇやないか、それ
やったらよばれといで、鰻屋の鰻、無くなるほどよばれといで、かまへんか
まへん。それより五十銭、お父っつぁんにもろたんやったら、そぉ言ぅたら
えぇねやないかいな。分かった、ほなあしたな、早いこと学校から帰っとい
でや、お母はんちょっとえぇべべ着せたげるさかい。

 「早いこと帰って来んねんし」さぁ、そこはやっぱり親の情でございます
なぁ、明くる日ぃ、子どもが帰ってまいりますといぅと、洗いざらしではご
ざいますが、ちょっと小粋な着物を一枚着せます。帯をキリッと結んでやり
ますと「よばれといでやッ」背中のひとつも叩いて、こぉ送り出してやる。

 ところが、自分も家の中でじっとしてられません。しばらくしますと立っ
たり座ったり、立ったり座ったり、部屋の中をグルグルグルグル、グルグル
グルグル……、便秘のチンみたいなもんでございますなぁ。

 しばらくすると鏡台の前へ座ってね、パタパタパタパタ、パタパタパタパ
タ鼻の頭を叩きだした。小粋な着物を着ますと、帯をキリッと結びまして、
今度は鰻屋の表をウロウロウロウロ〜、ウロウロウロウロ〜。とぉとぉ辛抱
たまらんよぉになって、

▲ごめんやす、ごめんやす◆へぇ、あぁどぉぞお越しやす。こっち入っとぉ
くれやす▲あのぉ、うちの亀はこっち寄せてもろてしまへんやろか?◆え?
亀ちゃんでっか、亀ちゃんね、なんや上で男の人に鰻ご馳走になったはりま
す。今も言ぅてましたんや「お宅のボンに鰻食べてもらうんは初めてやなぁ」
いぅて。もぉいつも鰻の頭つかんで逃げはりまんねやけどな「初めて胴に巡
り合ぉてもぉたなぁ」いぅてね、店一同喜んでまんのでな。

▲二階に居てまっか? ちょ、ちょっと声かけさしてもらいます……◆何し
てはりまんねんな、早よ声かけなはれ▲へぇ……、あのぉ、亀ちゃん……、
亀ちゃん、亀……

●あ〜ッ、お父っつぁん、お母はん来た■「お母はん来た」て、お前「言ぅ
たらあかん」言ぅたやろ●せやけど来たもんしゃ〜ない。お母はん、こっち
や、お父っつぁんによばれてんねん。早こと上がっといで……

▲まぁ、あんた何でこんなとこへ来てんの?●よぉそんなこと言ぅなぁお母
はん、きのう言ぅてたがな「お父っつぁんに鰻ご馳走(ごっつぉ)になる」ちゅ
うて▲んまぁ〜ッ、そんな見ず知らずの人にご馳走になって……●早いこと
こっち上がって、お父っつぁんもちょっと手ぇ引ぃたってぇな。もぉ、お母
んも手ぇ引ぃてもらいぃな、仲人は辛い。

■えぇ〜、そのぉ〜……、日増しにお寒さの加わります中……、いや違うね
ん、きのうな、この表で亀に会ぉたんや「鰻食べるか?」ちゅうたら「食べ
る」ちゅうねん「お母んに言ぅなよ」ちゅうたら「ゆえへん」っちゅうて、
お前「ゆえへん」ちゅうさかい食わしたってんねやないかい、男と男の約束
や言ぅてるやろ……

■きのう、そこで亀に会ぉたんや「鰻食ぅか?」「食ぅ」「言ぅなよ」「ゆ
えへん」……、きのう、そこで亀に会ぉたんや……。いや、もぉ改めて謝る。
済まなんだなぁ……、きのう、亀に会ぉて、おらぁ面目ないのとありがたい
のがゴチャゴチャになってな。わしが居らなんで、よぉこれだけ大きぃ育て
てくれた。おおきありがとぉ。

■今はな、心入れ替えた。こんなこと言ぅても何の埋め合わせにもならんや
ろけどな……、どやろ、こぉいぅのもまた縁やさかいな、もぉいっぺん改め
て、わしと所帯を持ってもらうといぅわけには、いかんかなぁ?

▲……、よろしおます■かめへんか? かめへんか……? そぉか、おおき
ありがとぉ……、亀、喜べ、お前のお陰でなぁ、お父っつぁんとお母はんの
縁がまた戻るんや。しかし何やなぁ、子どもが居てたら、別れるにも別れら
れへんなぁ……、昔からよぉ言ぅわ「子は鎹(かすがい)」ちゅうけど、ホン
マやなぁ。

●え? お父っつぁん、わい鎹か?


【さげ】
●それでお母はんきのう、玄能でどつことしたんや。


【プロパティ】
 鎹(かすがい)=2本の材木をつなぎとめるためのコの字形に両端の曲がっ
   た大釘。ホッチキスの針の巨大なもの。
 囲う=外部の影響が及ばないように取りためておく。
 掻(か)い出す=中にたまった水などを汲んで外へ捨てるの意から、人を無
   理を言って連れ出す。
 あんじょう=うまい具合に。味よく→アジヨォ→アンジョ〜。
 別嬪(べっぴん)=嬪は嫁。夫に連れ添う女。奥御殿で、天子のそば近くに
   仕える女官。別嬪:嬪の中でも選ばれた嬪。美人。
 しゃ〜ない=仕様が無い→しょうがない→しょ〜ない→しゃ〜ない。
 あかん=駄目。「埒明かぬ」あかぬの約転。ビンのフタが開かないの開か
   んとは意味が違う。
 ボン・ボンボン=令息。坊ちゃん。息子の愛称。目下の者が言うと敬称、
   目上の者が言うとき愛称になる。
 ぎょ〜さん=たくさん・はなはだ・たいへん。大言海には「希有さに」の
   転とある。「仰々しい」のギョウか?「よぉけ→よぉ〜さん」たくさ
   ん、の訛りかも?
 どんならん=仕方がない。どうにもならない。しょうがない。どうしよう
   もない。どうにもならぬ。ドウモナラヌ→ドモナラン→ドムナラン→
   ドンナラン。
 玄能(げんのう)=玄翁(げんのう)和尚が殺生石を割るのに用いたという伝
   説から、頭の両端にとがりのない、やや大ぶりの金づち。
 玄翁・源翁=南北朝時代頃の曹洞宗の僧。越後の人。下野(しもつけ)那須
   野で殺生石を打ち砕いたという。
 いかれる=やられる。してやられる。
 言ぅねやいな=言う+ねん(のだ)+や(疑問)+いな(強調の接尾語)
 よばれる=招待される。御馳走になる。
 チン=狆:イヌの一品種。日本原産。奈良時代に中国から輸入された犬種
   を改良したもの。体高25cm程度。顔が平たく体毛は長い。白色の地に
   茶あるいは黒のぶちがある。愛玩犬。
 音源:桂文我 1998/02/27 上方落語選(東芝)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=桂文我 sub=*  ●main高座記録日:1998/02/27  ●音  源  名:上方落語選(東芝)  ●ファイル公開日:2000/04/02  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2008/07/20  ●リクエスト数:rakug202  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次