【上方落語メモ第5集】その201

厩  火  事


【主な登場人物】
 お咲さん  兄さん(兄弟ではない)  竹(お咲さんの亭主)

【事の成り行き】
 今年のお正月、姪っ子の買い物に付き合わされました。小学校六年生とも
なると縫いぐるみやファンシーグッズなんか買いませんね。自分専用のポー
タブルCDプレーヤーが欲しいんやそうで、家電の量販店に向かいます。

 ポータブルCDプレーヤーも安くなって6千円台で手に入るようですが、
値段は「ピンキリ」高性能を謳った品は結構な値段が付いています。まぁ、
お年玉をたっぷり持っているので買えないこともない、というところが今回
のドツボでした。

 小学生ごときに性能がどうたら関係ない、一番安い物で良かろうとたかを
くくっていますと、真剣に見定めはじめたんです。これはちょっと高いけど
連続何時間演奏できるとか、バッテリー以外に充電池でも使えるので電池代
がかからないとか……、あげく、MDプレーヤーとの比較も始め、CD・M
Dダブルデッキまで手を伸ばしはじめた時には、既に一時間以上経過してい
ました。

 この頃になると、わたしなんか「もぉどぉでもえぇやないか」という気に
なってしまうのです。だいたい男の買い物は目的が絞り込めてますからサッ
と行ってサッと買ってサッと帰る。どっこい、相手は小学生とはいえ女でし
た。

 あぁでもない、こぉでもないの二時間弱の末、結局最初の場所に戻ってき
て「本日の目玉商品」一番安い物を買うという「落ち」は皆さんもうお気付
きやと思うのです。決着を付けるまでの相談「おいちゃん、これとこれどっ
ちがえぇやろ?」は何やったんでしょう? お前はお咲さんか(2000/04/02)。

             * * * * *

 え〜、もぉ一席聞ぃていただきますが、まぁこぉいぅ商売ですから、あん
まりこぉ周り不安なことがあると明るい話もでけへんのですがね、ちょっと
不安は無いことは無いんです、わたし今。家庭的なことなんですがね。

 まぁ、今のところ仕事やってますからよろしぃけど、これ寝込んでまうと
「どぉなるんかな?」と。死ねば不安は無いんです、今もちょっと楽屋であ
る方と話してたんですが、今借金有りまんねん、家建ててまんねん、大きぃ
家だ。もぉ「豪邸ッ!」ちゅう感じですわ、見てもぉたら分かりますわ。

 その代わりすごいローン組んでますけどね。こら「今のうちや」思てやっ
てまんねんけど。死んだらその生命保険でチャラになるよぉにしたぁるんで
すわ。でまぁ、何ぼか子どもにも残せるよぉにしたぁるんです。

 死ねば、もぉそれで不安は無いんです。せやからわたしはもぉ、飛行機乗
んのん、最前は恐い言ぃましたけど、ホンマは恐わないんです。もぉ揺れた
とき嬉しぃてね「落ちろぉ、落ちろ。落ちたらこれ一発で、保険でパーや」
ほんでまた飛行機会社から遺族にド〜ンと金が落ちるから、まぁ失礼(ひつ
れぇ)な言ぃよぉやけど「落ちろ」と思とぉるんです。

 これ寝込んだら、我々どないもでけへんのですわ。もぉ、ちょっと寝込ん
で風邪ひぃて休む、代わりに南光が行きよる、南光の方がオモロイ「明日か
らレギュラー」いぅて言われたらもぉ「あぁ俺は寝込まれへん」て、もぉ無
理してでも行かんならんわけですわねぇ。

 せやからとにかく、自分の代理で行ってもらうときは、いつも事務所に言ぅ
てるんです「俺よりあかんやつを出してくれ」と。もぉ南光とか雀々とか、
最近都丸でもわたしビビる人間ですがな。とにかく俺の代わりは、わかばと
か、出丸とか、もぉ危ないのん出してくれと「やっぱり、ざこばや」と言ぅ
てもらわなね。

 そやから米朝なんかは得ですわ、あの人が寝込んだってあれ以上のもんの
代わりが無いんやから、アカンタレばっかりなんやから。僕も早いこと米朝
にならないかんなぁ思うんですけど、なれんねやったら、そんなビビること
もないんですけど、なれんからビビッとるんでしょ〜けどね。

 それと、定期的に嫁はんが金を貯めだしてる、これはやっぱり心配なアレ
なんです。もぉ考えとるんでしょ〜ねぇ、よぉ新聞にいっとき載ってました
がな、このごろちょっと収まりましたけど「シルバー離婚」でっか、歳いて
から退職金(たいしょっきん)もぉてから離婚するちゅうのん。

 汚いなぁ、女、考えたら。そらいけまへんで、昔はやっぱり「あかん、離
婚や」「ごめんなさい」「馬鹿、気に入らん、お前の態度が」「悪いとこあ
りますか?」「ある」「直します」「あかん、出て行け」家で言われへんか
ら、今ここでこぉ言わしてもぉてるんですが。

 よろしぃなぁ、なんか今はどぉも離婚するエネルギーも要るし、どぉも別
れた時もちろん丸々半分渡さないかんし、ほで、向こぉのほぉは闇で持って
るよぉな気ぃするし、こっちのんはみな分かってる「これも、これも」どぉ
も言ぃそぉやし……、難儀でんなぁ。

 何でこんな時代になったんでしょ〜かなぁ? まぁあれ、別れたあとまた
再婚する人おられますしね「もぉ三べん目や」いぅて言ぅてる人もあるし、
すごいなぁ思いますが。やっぱり好きで一緒になったんやからなぁ、どぉな
んでしょ〜か? そこら、なかなか大変ですけど。

●お兄さん……、お兄さん■おぉ、お咲さんかいな、何やいな?●もぉ今日
といぅ今日は、わたしホンマにもぉ我慢できまへん。もぉ今日はホンマに別
れます。せやからお兄さんに話だけは聞ぃといてもらお思て、やって来まし
たんや、お兄さんには仲人してもぉたんやさかい。今日は別れます、聞ぃと
くなはれ。

■またかいな、かなんなぁ〜。そないお前、夫婦(めおと)喧嘩のたんびにう
ちぃ来られてもかなんがな。わしお前、仲人なんかしてへんで、まぁまぁ仲
人みたいな真似はさしてもぉたけど、仲人なんかしてへんがな……、今日、
どないしてんやいな?

●こんなこと言ぅて何でっけど、うちの人、わたいが働いて生活してんのと
ちゃいまっか? わたいが人さんの髪をこぉ結わしてもぉて、それの賃金で
あんた、うちやっていってまんねやがな。

●別にそれはかましまへんねん。それはかましまへんねけど……、ボロクソ
に言ぃまんねやがな。今日かてわて、早いこと帰ろ思て宗右衛門町(そえも
んちょ〜)歩いてたら、わての先輩に会ぉて「ま〜、お咲さん、えぇとこで
会ぉた。わてな、ちょっと指ケガして得意先回れんよぉなってしもたんや。
お咲さん悪いけど代わりに二軒ほど回ってくれるか」て、こない言われて。

●「嫌や」言われしまへんやろ、先輩のこっちゃし「へぇ、よろしおます」
言ぅてお姐さんの得意先二軒回って、で家帰ったら、うちの人怒ってまんね
やがな「こんな遅ぉまで、どこのたくり歩いてけつかんねん。終わったらす
ぐ帰って来んかいッ!」

●「お疲れさん」のひとつも言ぅてくれしまへんねんで。ホンマに腹立って
しょ〜まへんねん。もぉ、今日といぅ今日は別れよ思てやって来ましたんや。
お兄さん、話聞ぃとくなはれ■いやまぁ、聞かしてもぉてるけどもやなぁ……

■もぉ分かった、もぉ今までみたいにな「もぉいっぺん考え直し、もぉちょ
い様子見ぃ」もぉそんなこと言わん。お前がそこまで決めたんやったら別れ。
別れたほぉがえぇと思うなぁ。

■お前とあれと一緒になる時、わしどっちかいぅたら「止めとけ」言ぅたん
ちゃうか。あれがお前、うちの二階で居候しとったんや、仕事も何もしてへ
ん、二階でゴロゴロ、ゴロゴロしとったんや。そこへお前がうちの嫁はんの
頭結いに来て、で、上から降りて来てパッと顔見て「まぁお兄さん、えぇ男
でっしゃないか、あれと一緒にさしとくなはれ」

■ちゅうさかい「止めとき、あら極道や。あんなやつロクなやっちゃないか
ら止めとけ」言ぅてんのに、お前が「いぃえ、あぁいぅ人には、わたいみた
いな女が付いてないきまへんねん。わたいが心を入れ替えさしまっさかい、
どぉぞ一緒にさしとくなはれ」っちゅうさかい「まぁまぁ、そないまで言ぅ
ねやったら一緒になったらえぇがな」いぅて一緒にさしたんや。

■どっちかいぅたら、わしゃ「止めとけ」言ぅたんや……。せやけど、お前
の言ぅとおりや、もぉ別れてまえ。実は用事があってな、こないだお前とこ
の家行たんや。で、外からパッと覗いたら、昼日中(ひるひなか)やで、あの
竹、銚子五、六本倒してしもて、ほんで造りの上等いぅてえぇ機嫌で一杯呑
んどんねん。

■そのときに「こいつあかんなぁ」思たなぁ。おまはん働いてんねや、昼日
中やで、日がまだ高いねん。そやのに銚子五、六本倒して、贅沢に造りいぅ
て、ほんで一杯呑んでけつかんねん……、あれ見てたらもぉわしも耐えられ
へん、別れてまえ。

●ちょっと待っとくなはれお兄さん。うちの人がお酒呑むさかいいぅて、わ
たい兄さんとこへお金借りに来たことおますか? うちの人、昼からお造り
食べたらいきまへんのんか? それでお兄さんに迷惑かけたことおまっか?

■わし、せやからお前らの間に入るのん嫌やねん。お前が「別れたい」いぅ
て来てんのんと違うんかい?●別れたいことおまへんがな、わたい、あの人
好きです……、あの人のホンマの心がわたい知りとおますねん。わたいの方
が年上でっしゃろ、それでのぉても女の方が早いこと老ける言ぃまっしゃな
いか。

●今はまだ大丈夫や思いまんねん、しかしこれからわたいがどんどん歳いっ
て動けんよぉなりますわ。うちの人あんな男でんがな、若いのんこしらえま
んがな。歳いってからあんた、カ〜ッとなって焼き餅焼いて膝にかぶりつこ
思ても、歯の抜けた歯茎ではどないもでけしまへんがな、それが心配でんね
ん。

●ホンマにわたいのことを好いてくれてんのか。死ぬまで、最後まで添い遂
げてくれるのんか。それが分かったら、わたいもぉあの人のためやったら何
でもやりまんねん。それだけが知りたい……、わたいの気持ち、分かっても
らえまっしゃろか、お兄さん?

■何や、じんわりノロケやなぁ、お前……、そらそぉや、人間て分からんも
んやなぁ、よぉ居とるがな「何か困ったことあったらすぐおいで、相談に乗っ
たる」言ぅてくれるもん居てるがな、相談に行ってみぃ「あんなもんお前、
言ぅただけでそんなもんでけへんがな、無茶言ぃないな」言ぅて、たいがい
断りよるわ。

■あいだ冷とぉしててもやで、こんなんやってくれるやろか思てちょっと相
談に行ったら「そぉか、よっしゃ分かった任しとけ」て、人間て分からんも
んやで、いろんなタイプの人間が居てるさかいな。おらぁ今から話したる、
唐(もろこし)の話や。

●あぁ「物干し」の話?■いや「物干し」やあれへん「モロコシ」今の中国
や。ここに孔子といぅ人が居たはったんやなぁ●あぁ、牛の小っちゃいやつ?
■そら「子牛」や。わしの言ぅてるのんは「コォシ」や、学者さんや、立派
な人や。ぎょ〜さんお弟子さんも持ったはるわけや。

■この孔子さんが一番大事にしてたんが馬や、それも白馬。これをすごくご
寵愛(ちょ〜あい)してはった。で、お弟子さんに「あの馬はわしの大事な馬
でな、もぉ名馬やさかい、ケガささんよぉにさしてくれよ。あの馬だけはい
つも磨いてな、綺麗ぇにしとけよ。大事な馬やさかい頼むで」

■いつもお弟子さんに「あの馬だけは大事にするよぉに頼むで」て、言ぅて
はったんや。で、この孔子さん、ある日ちょっと役所の方へ仕事に行きはっ
たんや。で、皆まぁ留守番したはるわ、拍子の悪い、厩(うまや)からパ〜ッ
と火が出たんや、火事や。

■「先生の大事な名馬を焼き殺してはならん」ちゅうんで、弟子が皆寄って
来て、その馬を厩から引きずり出そとすんねんけど、名馬ほど火を恐れるちゅ
うやっちゃ、もぉ突っ張ってもてビクとも動かへん。そぉこぉしてるうちに
ドンドン火ぃが広がってしもて、このままやったら自分らが危ないさかい、
もぉしゃ〜ない、先生(せんせ)の大事な馬やけどほっといて、そのまま皆逃
げてしもたんや。

■馬、死んでしもた。そこへ先生、孔子さんが帰って来て「厩から火事が出
たと聞ぃたが、皆大丈夫か?」「はい大丈夫でございます、皆なんともござ
いません。しかし、先生のご寵愛してはった大事なあの名馬を殺してしまい
ました。相済まんことでございます」

■「そらしゃ〜ないやないかい、また、どっかで馬買ぉたらえぇがな、それ
よりも皆、弟子、ヤケドとか何も無かったんか? そぉか、そら結構なこっ
ちゃ、それが何より。あぁ、良かった良かった」

■馬のお咎(とが)めこれっぽちもないねん。皆「えぇ先生やなぁ、あんだけ
言ぅてはったのに、ありがたいこっちゃなぁ」いぅて、なお、この孔子さん
に仕えたっちゅう話があんねん●えぇ話でんなぁ■えぇ話やろ……、そのか
わり、これと全然逆の話もあるで。

●どんな話?■こらまぁ、京都のさるご大家の話やなぁ●はぁ、京都の猿の
大将の話?■どっからそんな間違いすんねん、お前。京都のさるご大家の旦
那の話や。この旦那の好きなもんといぅのが、道楽ちゅうのが焼物(やきもん)
や●まぁ、わたいと一緒でんがな、わたいも好きでんねんで。

■おまはんも好きか?●好きでっせ、こんな大きぃのん三つぐらいペロッと
食べまっせ■お前の言ぅてんのんは「焼芋」や、わしの言ぅてんのんは「ヤ
キモン」や。お皿やとか茶碗なんかを集めて喜ぶんや、道楽でもこれが一番
高こぉつくんや。

■ある日、ここの旦那がちょっと手に入らん五枚一組のお皿を手に入れはっ
たんやなぁ、もぉ嬉して見せとぉてたまらん。で、さっそくお客さんを招ぇ
て「二階へ上がってください、こないだえぇのを手に入れました……。おい、
持って来るよぉに」お皿を持って来はって並べるわ。

■お客さんも、これ誉めたら喜ぶん分かるから「あぁ結構なお皿ですなぁ、
いやぁ、なかなか手に入りません、今日は目の保養さしていただきました。
えぇもんを見していただきました、ありがとぉございます」言ぅて、お客さ
んは帰ってしまうわ。

■もぉ旦那はご機嫌や、誉めてもぉたさかいな。で、奥方に「おい、このお
皿をいつものところになおすよぉに。割ったらあかんぞ、命より大事なえぇ
皿やさかいな。こんなもん滅多に手に入らへんねんさかい、いつものところ
へ大事になおしておくよぉに」奥方が「はい、承知いたしました」この皿を
持って二階から階段を降りてたんや。

■階段が拭きこんだぁる、そこへさして足袋がさらや。ツルッと滑って皿を
抱いたままダダダダ、ダッ〜、落ちてしもた。その音を聴ぃて旦那が「おい!
皿割れたんとちゃうか? 皿、大丈夫か? さらさら、サラサラ、皿……」
何と一気に「さら」を三百六十八回言ぅた。すると奥方が「皿はわたしの体
で受け止めて、大事ございませんでした」

■「そぉか、そら良かった。もぉ大事な皿やさかい、割ったら承知せんぞ。
いつものところへなおしておくよぉに」「承知しました」奥方がお皿をちゃ
んとしもぉて「ちょっと親元の方へ帰りとぉございます」「ん、そぉか、ほ
な二、三日でも帰ったらえぇがな」で、奥さんは親元へ帰った。

■それから使いのもんが来て「離縁をしてもらいとぉございます」と「どぉ
いぅこっちゃ?」ほな「ここの家(うち)では、人間の体より皿の方が大事や
そぉでございますなぁ『娘が皿を持って階段から落ちたときに、娘の体のこ
とを一つも聞ぃてくれなんだ。お皿のことばっかり、割れなんだかと聞ぃた。
そぉいぅところへ、大事な娘をやるわけにはまいりません。どぉぞご離縁を』
といぅ、ご両親のお話でございます」

■「あぁそぉ、そらしゃ〜ないなぁ」この旦那も、そんなもん人間の命の方
が大事なん分かったぁるで、せやけど一応好きなもんやさかい「皿、皿」言ぅ
たんや。せやけどそない言われたら退くに退かれへん「はい、分かりました、
ほな別れまひょ」言ぅて別れてしもた。

■ほな「おい、あそこの旦那な、人間より皿の方が大事らしぃで、あんなや
つ冷たいやっちゃで」この噂が京都中広まって後添え誰も来ぇへん。一人で
寂しゅ〜死んだっちゅう話があるわけや。

●んまぁ、悪いやつだんなぁ■悪いやっちゃろ●なんか知りまへんけど、そぉ
いぅ悪ぅ〜いやつは、そぉいぅ焼物を集めまんねんなぁ■いや、別にそぉは
限ってないけどな●いやそぉです。なんや知りまへん、この頃うちの人「こ
ないだ手に入れたんやこの茶碗。大事なやっちゃ、見たらあかんぞ。水屋へ
なおしとくから、絶対ここ開けたらあかんぞ」汚ったないのん、なおしてま
んねや。

●わたいこないだ、ちょっとこぉ「どんなんかいなぁ?」思て見たら「それ
命より大事や、触ったらあかん言ぅてるやろッ!」えらい怒ってまんねや。
悪いやつはそんなもんを集めまんねん■そぉとは決まってへんけど……、そぉ
か、竹、そないその茶碗大事にしとんのん?●へぇ「命より大事やから、触っ
たらあかん」えらい怒ってまんねん。

■ちょ〜どえぇがな、今から家帰りぃな。で、それ、竹の前でパ〜ン割って
まえ。洗う振りかなんかして、パ〜ン割ったらえぇねん。いっぺんでもお前
の体のことを「大丈夫か?」て尋んねたら、こらまだ見込みある。しかし、
お前の体のこと何にも言わんと「おい、茶碗が……、ちゃわん、チャワン、
茶碗」いぅて、茶碗のことばっかり言ぅたら、そんなもん見込みない、別れ
たらえぇ。ちょ〜どえぇがな、今から帰って茶碗割れ。

●お兄さん……、お兄さん■な、何やねんな?●うちの人、どっち言ぅ思い
ますねん?■そんなもん分かれへんがな、お前●わたいの体のこと言ぅてく
れたらえぇけど、茶碗のこと尋んねたら離婚せなあかんし……、お兄さん済
んまへんけど、今から先うち行って言ぅてもらえまへんやろか?

■何を言ぅねん?●「今からお咲さんが入って来て茶碗割るけど、体のこと
も聞ぃてやってくれ」て■それではお前、何のためにすんねや分からへんや
ないか。本性が知りたいんやろ? それぐらいのことせぇ、なッ、ヒョッと
何かおかしぃになったら、わしまたえぇのん世話したる。行け。

●怖いけどやってみますわ。そぉやねん、わたいがあの人の性根知りたいん
やもん、ほんだらやってみます。何かあったら、ひとつお願いします■おぉ、
行けッ●おおきに……

             * * * * *

●怖いなぁ……、物干しやったらえぇけど、焼芋やったら嫌やなぁ……、怖
い顔して座ってるがな……

●ただいま▲どこ行っとったんじゃ、こらッ! 兄貴とこ行とったんやろ。
いちいち夫婦喧嘩なんか言ぃに行くな、アホンダラ! 聞く方も辛いんじゃ
アホ。何かあったらすぐお前、兄貴のとこ行て。しょ〜もないこといちいち
言ぃに行くな●焼芋やないかい、この人▲誰が焼芋や●あんた猿の殿さんや、
あかんわ▲何が「猿の殿さん」や、わけの分からんことばっかしぬかしやがっ
てアホンダラ。

▲こっち入れ、ホンマに……。飯よそてくれ、腹減ってずっと待ってんのに、
ちょっと飯よそてくれ●あんた、食べてなかったんか?▲長いことお前、二
人で差し向かいして食たことあれへんやないかい、今日あたりちょ〜どえぇ
なぁ思て待ってたんや。それをビャァ〜ッ飛び出して、腹減っとるやないか、
飯よそてくれ。

●あんた、待っててくれたん?▲たまにはお前「一緒に食いたいなぁ」思う
ときもあるわい●あんた、ちょっと物干し▲何のこっちゃ、お前? 何や分
かれへんがな、もぉとにかく早よよそてくれ、腹減ってんねんから●ちょっ
と待って、ちょっとすることがあんのん……

▲おい、あかん、それいろたらあかん! それは俺の大事な茶碗が入ったぁ
る。おい、それもぉいらうな。いらうなっちゅうてるやろッ!●もぉ「猿の
大将」になってるがな▲いらいな●ちょっと洗う▲洗わんでもえぇねん。そ
れは、その汚れてるのんが値打(ねぐち)やから、いらうなっちゅうねん。お
いッ、こらッ。そこな、床がちょっとおかしぃになったぁんねから、触るなっ
ちゅうのに……、アッ!

(ドスン!)

▲ひっくり返ってまいやがった……、せやから、いろたらあかん言ぅてるや
ろ、アホンダラ●あんた、怒ってんのか?▲当たり前やないけ、怒るわアホ
ンダラ●あかん……、焼芋やった▲何をわけの分からんこと言ぅてんねん、
ホンマに……、ダァ〜ン、すごいえぐい音したがな、お前。どっか腕か指か
ケガしてへんか? どっかバ〜ンぶつけんたん違うか? どっか痛いとこな
いか、大丈夫か?

●茶碗、割れたよ……、茶碗▲割れたもん、しゃ〜ないやないけ。また買ぉ
たらえぇやないけ。それよりどこかケガしてへんかお前? 大丈夫か?●好
き……、離れない▲何をわけの分からんこと言ぅとる、照れるやないかアホ、
何が「離れない」や……。大丈夫か?●あんた、そないわたいの体を気にし
てくれてんのか?▲当たり前やないかい、お前に怪我されてみぃ……


【さげ】
▲明日から遊んでて呑まれへんやないかい。


【プロパティ】
 〜いな=強調するための接尾語。「何やいな」「どないしてんやいな」
 宗右衛門町(そえもんちょう)=道頓堀川の北岸の通り沿い、堺筋から心斎
   橋筋まで。
 しょ〜まへん=しょ〜+おまへん:仕様がありません。
 造りの上等いぅて=「造り」は「刺身」のこと「いぅ」は「仕出しを注文
   する」
 けつかる=居る。する。の意の下品な悪態口に用いる語で、ケツカルだけ
   でも「居やがる」の意であるが、さらに他の動詞に付いてその下品な
   言い方になる。サラス・クサル・ヤガルなどと同じ意に使用するが、
   この三つは動詞の連用形に付くのに対して、ケツカルだけはテに接続
   する。してケツカル。言うてケツカル。など。ケッカルともいう。
 アホンダラ=タラはグウタラなどの軽蔑の意を込めた接尾語。アホタレの
   タレも同じ。馬鹿野郎の意味ではあるが、どこまでも柔らかく間が抜
   けている。約まるとアンダラ。
 しょ〜もない=つまらない。くだらない。仕様もないの訛化。
 ぬかす=言う・ほざく。
 いらう=さわる。
 音源:桂ざこば 1997/02/17 ざこば独演会(東芝)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=桂ざこば sub=*  ●main高座記録日:1997/02/17  ●音  源  名:ざこば独演会(東芝)  ●ファイル公開日:2000/04/02  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2008/07/06  ●リクエスト数:rakug201  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次