【上方落語メモ第4集】その199

秘  伝  書


【主な登場人物】
 露天商  客

【事の成り行き】
 昨年、秋のお彼岸にブラッと天王寺さんへ足を運びました。露天の道具屋
を冷やかしながら半日楽しみましたが、若いお兄ちゃんお姉ちゃんが品物を
見定めている姿が結構あります。某テレビ番組の影響かブリキのオモチャ、
古いキャラクター人形なども並べられて、そこそこ取り引き成立してるよう
です。

 興味のないわたしから見れば、ただのガラクタに何千円という値が付いて
「露天の道具屋でその値段はないやろ」と突っ込みたくなるのですが、値段
は需要と供給、売手と買手で決まることになってますから、文句を付ける筋
ではありません。

 こうやってネット上にホームページを開いてメールアドレスを公開してい
ると、ろくでもない勧誘メールが届きます。専門用語で spam(スパム) と言
うらしのですが、気分で言えば露天のオッチャンから声を掛けられるのに似
てなくもありません「兄ちゃん、こんなんありまっせ」

 お定まりの「マルチまがい」はこう言います「末尾の口座リスト掲載者に
金千円ずつ送金せよ。その後、リスト最上位者を削除し、最下位に自分の口
座を記入して同文のメールを誰彼なしに送り付けよ。さすれば、労せずして
金が稼げるなり。なお、金を振り込まずにメールだけバラ撒いてもよいとこ
ろがマルチではない……、云々」

 要約したら数行の内容を、長々何百行と送られてはたまったもんやありま
せん。で、送金先リストを見るとどれもこれも同じ地域の銀行口座で、とて
も嬉し怪しい。ご丁寧に「こんな馬鹿な策に引っ掛かる者はコンマゼロゼロ
数パーセントですが、何万通とメールすればきっと馬鹿に当たります。その
ためには『厳選名簿データ』を当方でご購入ください」ですと。

 インターネットという最先端? のテクノロジーを使っても、人間という
のはホンマに人間臭い。そんな人間臭い人間が道具として利用するのですか
ら、ネットの世界は益々楽しく発展していくことでしょう(2000/03/05)。

             * * * * *

 え〜、暑ぅございますが、まぁ日本ちゅうのは結構なもんで四季がござい
ますから、春、夏、秋、冬ね。暑い言ぅたところで、わずか二か月ぐらい辛
抱したら済むわけでございますが。

 去年、タイのバンコックへ行きましたらね、向こぉの方おっしゃってまし
たね「もぉ日本人が羨ましぃ」て、もぉタイといぅ所は生まれたら死ぬまで
暑いそぉでございます「もぉ一回でえぇから寝冷えしてみたい」言ぅてはり
ましたが。

 もぉ、タイで生まれたら死ぬまで暑いのん。で、死んでから焼かれたらま
た熱い。二回アツイちゅうんやからすごい。そぉ思たら日本の方が幸せかな、
思たりしますけれども。

 考えてみますとね、わたしら夏の方が好きでね、小さい頃、夏になるとお
祭があったり夜店があったりしますとね、母親から普段よりも特別に小遣い
を余分にもらうんです。

 だいたい十円ぐらいでございました、小遣いが一日ね、戦後間もなく生ま
れた人間でございますから、十円で精一杯でね。で、お祭があったりします
と二十円になったり。十円と二十円、えらい違いでございます。

 つまり十円が二つあるんでございますから、すごいもんでございましたで
すが。ま〜、その代わり今の子どもと違いまして、もぉノビノビとやらして
もらいましたなぁ。

 この頃の子どもは気の毒な、あのO(オー)157とかあってね、マスクし
て手袋はめて清潔にしてもどっからか菌が来よる。そぉ思たらわたしらの子
どもの頃なんて、そんな菌が無かったんか、体内の方が菌より強かったんか
分かりませんけれども。

 飴玉食べてましてね、こぉなめてますねん。母親と一緒に買いもん行った
りするとね、飴玉なめながらね、噛んだら怒られますねん。当時はね、噛ん
だらすぐなくなるから「なめとけ」言われてからに。噛んだりしたら「アホ
か」言われたりして。

 また、昔は親が子どもに対して簡単に「アホか」言ぅてましたね、学校か
ら帰って来て、鞄ポ〜ンと置いて遊びに行こ思たら「アホ、どこ行くねん?」
とか言われて、我が子どものことをアホやなんてね。

 「ちょっと遊びに行ってくんねん」「先、宿題(しくだい)せぇ」「いや、
みな遊んでるしな、遊んでからあとでする」「あとでする言わんと、先せぇ」
「みんな遊んでるやんか」「ほな何か、みんなが死んだらお前も死ぬのんか?
死んでこい」「死んでくるわ〜い」「アホ〜ッ」

 まッ、こんな家庭でございましたから、もぉ子どもなんて簡単に扱ぉてお
りましたなぁ。飴玉噛むと怒られてね、せやからなめないかん。新しぃ飴な
めよ思たら、先に親に了解求めないかん。

 「お母ん、もぉ噛んでえぇか?」「口開けてみぃ」「あ〜ん」「あかん、
もぉちょっとなめッ」とか「もぉ小そなって、こんなん新しぃ飴やないと甘
味があれへんがな」言ぅてしゃべってるとポ〜ンと落とすねん。

 で、落としたら「あ〜ッ、さらの飴がなめれるかいな」と思たらせやない
ねん、あれがね、不思議なもんで知ら〜ん顔。で、パッと拾ろてね、前掛け
でシュッシュと拭いて、いっぺん口の中へポ〜ンと放り込んでレロレロレロ
「ほれ、だいじょ〜ぶ」

 だいじょ〜ぶやったんや、またこれが「え〜ッ?」言ぃながら、またなめ
たもんでございますけれど。そぉ思うとホントそんなオー157ちゅななかっ
た。結構なもんでございましたなぁ。

 夜店なんか行ってもそぉでございますよ、綿菓子なんてね、今みたいに綺
麗な袋なんて入ってません、昔はそんなもん無かったがな。綿菓子作ったん
立てかけてね、そのままや、ハエなんか飛んで来よるがな、ハエと共に生き
とりましたから。

 街中でもハエがいっぱいおって、そのハエが止まりよんねん。売る方も売
る方やけど、付けたまま売るんやから、追っ払うことすらせぇへん。買う方
も知ら〜ん顔して付いたまま買うねん。

 食べるときにハエが邪魔になるなぁ思たらね、汚いなんて思えへんで、プッ
と吹いて「向こぉ行け、アホ。やれへんわい」それでも、腹ひとつ壊さなん
だなぁ。

 氷饅頭、覚えたはりますかなぁ? わたしより年代上の方は覚えたはると
思いますけどね、新聞で受けてね、今みたいにあんな綺麗な入れもんでスト
ロー付いてて、今頃と違ごて昔は新聞や、新聞で受けますねん。

 何でも新聞でしたやん、便利なもんでしたなぁ。たまに市場へ母親に付い
て行ったらね、魚買ぉても包むのん新聞「毎度おおきに」なんて言ぃながら
ね、新聞でね。

 下駄なんか冬場なおすのも包むのも新聞やしね、弁当箱なんかね、包むの
ん今みたいにスヌーピーちゅなあれへん、そんなスヌーピーの入れもんちゅ
なあれへん。そんなもん新聞紙でこぉ弁当箱包んだもんでございますよ。

 鼻かむのも新聞でしたがな、せやから鼻のてっぺん黒ぉなってんねん、あ
のインクで。それでもみな何とも思えへんねん、鼻のてっぺん黒かったら元
気な証拠でね、鼻のてっぺん赤なってはじめて「どっか具合(ぐわい)悪いん
とちゃうか?」てね。

 そらもぉ何でも新聞でしたもん。お尻拭くのも新聞やった。水洗やない時
代やもん、新聞このぐらいの大きさに切って、ちゃんと便所置いたぁんねん。
で、朝起きて便所入って「大きぃ方か?」「うん」なんて言ぅと「よぉ揉み
や、揉まな拭かれへんで、お前いつもパンツにウンコ付いたぁんねん」とか
言われながら。

 こぉグワァ〜ッと、よぉ揉まんと拭かれへんから揉むねん。今思たらね、
総理大臣の顔でよぉケツ拭いたわ。そんなん知らんとね、総理大臣もまさか
ケツ拭かれると思てへんで、ちょ〜どこのへん切られてね、そこで拭かれて
るわけで。何でも新聞でございましたなぁ。

 氷饅頭ね、カチワリの氷をこぉ挟んでね、グッとこぉ刃ぁで押さえてね、
スイッチポンッ。もっと昔は手ぇでやってました。手でやってもなかなか動
けへん、力ないから。ガ〜ッ、もぉ、氷かいてるうちに足しても足しても下
から融けていきよる……。

 スイッチこぉ入れましてね、ガガガガ、ガ〜ッと新聞で受けながらね。と
ころがあれ、店によったら力あれへんから刃ぁ乗ってるだけでね、スイッチ
ポ〜ンと入れたらガリガリガリッとカチワリがどっか飛んで行きよんねん。

 「ごめんごめん」言ぃながら拾ろてね、そのまま洗いもせんとまたキュ〜
止めてやってました。まぁそのうちに綺麗になっていくんでしょ〜けど……、
ガリガリガリガリ、カチワリの氷を饅頭、つまりこぉ饅頭のよぉに固めます
からね、ほんで「氷饅頭」言ぅたんでしょ〜ね。

 「よぉけ入れといてや」言ぅたら「よっしゃよっしゃ」ちゅなこと言ぃな
がら、こぉやって固めて、ほんで甘ぁ〜い蜜かけてね、イチゴやとかミゾレ
やとかレモンやとかね。

 ミゾレが白ぉて、イチゴが赤で、別にあれイチゴなんか何も入ってない、
ただ色が赤いだけでイチゴ、色が黄色いからレモン。えぇかげんなもんで。
「はい」なんて言われて、五円ぐらいでしたか、十円もしましたかなぁ。

 とにかくそれを、家にクーラーもございませんから、それを食べてますと
結構体が冷えてくるんでね、ちょ〜どえぇ具合で。時間かかりますねん、氷
の目が粗いから「バリバリ、バリバリ」いわして食べながら、ホコリと一緒
に「バリバリ、バリバリ」

 そのうちに氷が無くなりまんねん、氷無くなっても蜜が新聞にしゅんだ〜
る、またこれが悪いインクと蜜がうまいこと合うねんねぇ、これをしがむん
ですねぇ「ジュルジュル〜」それでも腹ひとつ壊さなんだ。

 せやからもぉ当時の方が幸せかなぁ思います、子どもにとってはね。それ
にまぁ、純粋でしたなぁ、夜店なんか行きましてもそぉです、お店が閉まっ
たあと屋台かなんか出てましてね、一の付く日はどこで、三の付く日はどこ
で、ひと駅離れたら夜店なんて毎日あったよぉですからな。

 そぉいぅとこ行って、別にね、家に居っても暑いだけでね、ウロウロウロ
ウロしてるわけで。小学校も高学年ぐらいになってきますと、友達と行った
りしながら、タコ焼き、イカ焼きとか、あぁいぅベビーカステラてあったん
かなぁ当時……

 食べるもんもあって、あとはパチンコ、スマートボールとかね、射的なん
か。射的でもあれ値段高いやつは倒れへんねん、倒れても下へ落ちよれへん
ねん。そらだいぶん前の方へ置いとぉるからねあれ。そんで安いやつはパ〜
ン、ポテッと落ちて「ほいッ、これ」なんて言われて、今思たら純粋で騙し
やすい時代でしたわなぁ。

 こぉ新聞紙かなんか敷(ひ)き詰めてね、本屋さんなんかありました。月遅
れの月刊誌とかね、あと鉄人28号とか漫画の本があったりして。わたし、
いまだに思うんですけど、座って読んでんのに何で「立ち読み」て言ぅのか
なぁ? 座ってんのになぁ思いながら、いまだにこの疑問は解いてないんで
ございますけども。

 まぁ、漫画見たりしてるとちょっと人相の悪いオッチャンがね「兄ちゃん
兄ちゃん」小学校も高学年になったら兄ちゃんや「兄ちゃん兄ちゃん」言ぅ
て、こぉポンポンと肩叩かれてね、何やろ思うとね「兄ちゃん、裸の写真い
らんか? 裸で抱き合ぉた写真」言われて。

 今の子どもやったら「何言ぅてんねん」ちゅなもんで「家帰ったらあるわ
い」とかいろいろ言ぃよる。そこら純情でしたんやなぁ「裸」て聞ぃただけ
で「ドキッ!」としたもんや。小学校の高学年、当時裸ていぅたら女優さん
が水着姿でヘソ出したら「えぇ〜ッ!」言ぅたもんや。

 そんなもん、水着が離れてるいぅだけでもぉすごかったもんですよ。今み
たいに剥き出し、放り出しと違いますよ。放り出しどころかあんた、もぉ足
広げてねぇ、すごいもんですけど。

 当時は「裸で抱き合ぉてる写真」いぅただけでドキッとしてからに、何の
疑いもなくね「なんぼ持ってる?」「五円しかない」「五円でえぇ、五円で。
これソォ〜ッと見ぃや」とか言われたら「えぇ〜ッ!」なんて言ぃながら。

 なんや知らんけど、家へ持って帰れませんからね、ソォ〜ッと暗がり行っ
てから見てみたら、相撲取りがガップリ四つに組んだ、そんな新聞の切り抜
きやがな。でも、当時としたら簡単に騙されたといぅか、純粋やったんです
なぁ。


 商売でもそぉですよ「毎度おおきに」とか「ちょっとこれ、買ぉとくなは
れ」とか、そんなもんやなかったねぇ、あぁいぅところは。ある種、売る方
が高飛車でね、客の方がなんか半分脅かされながら買うてなことがありまし
たが。

 ちょっと変わった本を十冊ほどこぉ積み上げてね、で、商売をするんです
けれども、店を構えてますと「欲しぃな」思て入って行ったりとか「何か面
白いもんないかいな?」と興味で入って来ますけど、なんせ道端に店を出し
てるもんですから、お客さんといぅのは当ても無く流れて行くわけです。

 この流れて行く客にものを売るほど難しぃもんはないわけで、とりあえず
ものを売るためにはこの足を止めんならんといぅ、この止めるあたりにコツ
があるわけでね。

 わたしら子ども時分覚えてますけど、急に大きな声で「この中にスリが三
人おるでッ!」と大きな声を出す、ほんなら「えッ?」と「わしは長年この
商売してんねん、そんなもん見たら誰と誰がスリや分かるねん。誰と誰がス
リかといぅと、今わしのこと聞ぃて慌てて動いたやつがスリや」

 言ぅたら、もぉみな動かれへんで、今動いたらスリと間違われる。子ども
知らんがな「お母ちゃん、早よ行こぉな」「じっとしてなさい、スリと間違
われる」「えぇ〜?」なんて言ぃながら「え〜もく〜もないの、じっとして」
とか言ぃながら、みなグッと足が止まる。

 足が止まると商売にかかりよるけど、今言ぅたよぉに高飛車で、

■そこの兄ちゃん、顔色悪いで、顔色が……、え、仕事してんのか、仕事?
汗水たらして働かないかんで。せやけどまぁ、安心せぇ、汗水たらして仕事
なんかせんでもえぇ方法があるわい。

■実は、うちの蔵をちょっとこぉ片付けてるとな、こんな本が出てきたんや、
変わった本や。世界にいろいろ本あっても、うちにしかないよぉな本や。こ
こに書いたぁる「秘伝書」

■でや、黙って聞けよ黙って、えらいことが書いたぁんぞ「この本一冊あれ
ば、人間一生涯、楽に暮らせます」どや? 人間ちゅなもんは楽に暮らした
いがために、一生懸命汗水たらして働くねん。その汗水たらして働く必要が
ないねん。ジッとしてぇよ、今動いたらスリと間違われるぞ、分かってんな。

■どんなことが書いたぁるか、ちょっと読んで聞かすから黙って聞けよ黙っ
て。えらい本が手に入ったもんじゃ……「物価高の折から、ひとつき百円で
食える方法」

■どや? オッチャンどや? 百円で食えんねん百円で、百円で食えたら楽
なこっちゃ、あと全部金残して貯金したらえぇねん。な、わずか百円で食え
る方法が書いたぁんねん「答えは……、次のページ」次のページに書いたぁ
んねん、えらいこっちゃなぁ。

■ほかにもあるで、ほかにも……「ただで飛行機に乗って、海外へ思う存分
行く方法」でや? そこの兄ちゃん行きたいやろ? 海外へ行きたいやろ?
これからは世界やで、世界やで。もぉこんな小さな日本に居ったって話にな
らんで。

■それが飛行機代高いなぁ、飛行機なんか乗れるよぉな顔してへんがな。と
ころがこの本見ると、ただで飛行機に乗れる方法がちゃんと書いたぁる。ど
や、ビックリしたやろ?「答えは……、次のページ」次のページに書いたぁ
ねん、えらいもんやなぁ。

■まだあるぞ、ビックリすんなよ……「五百円もあったら家が二つ三つは買
える方法」でや? 一生かかって家買わんならん、一軒買えるかどぉかや。
それが、わずか五百円で二つ三つ買えんねや。二つ五百円で買ぉたら、一つ
親戚にやれ。

■この本読んだらそぉいぅことが書いたぁんねん。動くなよ、ジッとしてぇ
よ、今動いたらスリと間違えられるぞ、分かってるなぁ。黙って聞けよえぇ
か、まだあるぞビックリすな、驚くなよ。

■あ〜、そこの兄ちゃん、なんやもぉ風体が悪いなぁ。女ごに持てんやろ?
そぉいぅやつはこの本を読め、ちゃんと書いたぁる……「若い女性にキャ〜
キャ〜騒がれる方法」でや? 男と生まれたからには若い女性にキャ〜キャ〜
騒がれる、これほど嬉しぃことはないやないかい。これ、書いたぁる「答え
は……、次のページ」書いたぁる、えらいもんやで。

■まだ驚くな、ビックリすなよ。宮仕えちゅな辛い、なんか疲れとぉる顔が。
そぉいぅもんはこの本を読め、ビックリするぞ……「わずかな資本でガッポ
リ儲かる方法」どや? 大金はたいて商売したって、失敗したらえらい損や
がな、大損やがな。わずかな資本、わずかな金でガッポリ儲かる方法がちゃ
んとこれに書いたぁる。

■な、いろいろ見てみ、ぎっしり詰ったぁるぎっしり。この本、ここに実は
十冊しかない。ここに十冊しかないといぅことは、世界に十冊しかないねん。
な、実はこれを売って金儲けしたいとは思わんねん。日頃ここで商売さして
もろてるお礼とゆや何やけれど、特別に今日、ここに十冊ある、十人だけ、
十人だけやぞ分かってるな、十人だけ早いもん勝ちやぞ……

 「欲しぃもんは、タダでやるさかい手ぇ挙げ」言ぅと、タダのもんやった
らと一人が応えると「俺も、わたしも、僕も」なんか言ぅてワァ〜ッと。こ
れ、十人以上居るときしか、こぉいぅ商売の方法はしませんから、もぉ必ず
十人以上のもんの手が挙がるよぉになったぁる。

■辛いなぁ〜……、十冊しかないねがな、十人しか。それが、これなんと十
人できかんやないかいな。たいがいの人間みな手ぇ挙げてから。あんた、別
にこんなん……、え? 要る? 要るんかいな、辛いなぁ。兄ちゃん、あん
た読んでも……、え? 要る? 辛いなぁ要るんかいな。

■要る? あんたも要んのん? 辛いなぁ〜、十冊しかないねやないかいな、
実は今日はうちの母親の命日やで、親の命日にまで金儲けしたいとは思わん
ねがな、辛いなぁ。十冊しかないねがな、十人しか渡されへん。

■ここであんたに渡して、あんたに渡さんてなことになったら、あとあと商
売しにくいがな。喧嘩されても困るさかい……、あ〜ッ、困ったなぁ、よっ
しゃ! こぉしょ〜。

 箱を取り出して、前へ置きまして、

■えぇか、この箱の中に、五百円入れていったもんから、早いもん勝ち。順
番にタダで持って帰れ。

 ちゅうと「へ? 五百円かいな」と思ても、こぉ人数が居るとどぉしても
一人が入れますと、俺もわたしもといぅて買ぉてしまう。

■言ぅとくぞ、家へ持って帰れよ。人に見せるなよ。そんなもの財産や、誰
ににも見せるなよ。早よ家へ持って帰れよ、そっと見ぃよ、一人で見ぃよ、
人に見せるなよ、人に言ぅなよ。

 とか言ぃながら売ってしまう。買ぉた方は買ぉた方で、何とはなしに頼ん
ない人間が買いますから、家へ持って帰ってからに、

●「秘伝書」ちゃんと書いたぁる。え〜「この本一冊あったら、人間一生涯、
楽に暮らせる……」嘘やないがな。あのオッサン、えぇかげんなオッサンや
思たけど、え〜「物価高の折、ひとつき百円で食える方法……、答えは次の
ページ」

●「トコロテンを食え。あれはひとつきが百円……」ひとつきが百円、つく
といぅ字が違うがな、月とちゃう、突くやこれは。せやろなぁ、百円でひと
月食えるわけないわなぁ。そんなことやろと思たんやがな。

●「海外へ飛行機でタダで乗って行ける方法、答えは次のページ……、パイ
ロットになれ……」何じゃこれ。なれるもんならなりたいわ、ホンマに……
「五百円もあったら家が二つ三つ買える方法……、答えは次のページ」見ん
とこかしらん……、五百円で家が二つも三つも買えるわけがないがな。

●「答えは次のページ」か……、なるほど、こんなこっちゃと思たなぁ。な
んや、口にすんのも嫌んなる、情っさけないなぁ。もぉ口にせんとこ、せや
ろ思た、しかしむかつくしなぁ、口にしてみよかなぁ、アホらして笑ろてら
れへん「答えは」か……「ごきぶりホイホイなら買える」口にせん方が良かっ
たかなぁ。

●「若い女性に、幾つ何十になってもキャ〜キャ〜騒がれる方法」まぁ、せ
めてこれぐらいなぁ、長いこと女ごに持てたことないしなぁ……、答え見ん
のん辛いなぁ「答えは次のページ」

●やっぱりなぁ、やっぱりや、口にすんのも情けないなぁ「まず女学校を探
して、校門の前で上半身裸になって、廊下を走り回って、ズボン脱いでパン
ツ脱いで、素っ裸になって女性を追いかけろ。キャ〜キャ〜と騒いでくれる。
捕まらんよぉにせぇ」捕まるわい、そんなもん。

●「わずかな資本でガッポリ儲かる方法」これさえ合ぉとったら、元取り戻
せるわ……

 どんなことが書いてんのか?「答えは次のページ」読んでみますと、


【さげ】
 「この本とおんなじ本作って売れ」て書いてあった。


【プロパティ】
 O(オー)157事件=1996(平成8)年7月12日、堺市でO157による学
   童集団中毒が発生。9月25日までに総受診者が6401人にのぼる大規模
   な集団発生となった。
 O157=O抗原が157番の病原性大腸菌の一種。毒性の強いベロ毒素を放
   出し出血性大腸炎を引き起こす。貧血や急性腎不全などを伴う溶血性
   尿毒症症候群を併発し死に至る場合もある。
 スマートボール=傾斜した板に釘を打ち、球を特定のエリアに入れる小型
   ゲーム「コリントゲーム」を大型化して商業化させたもの。コリント
   ゲームは昭和初期、小林脳行により初輸入された。スマートボールの
   登場は1945年終戦以降のことらしい。
 鉄人28号=1956(昭和31)年より、月刊誌『少年』に連載された漫画。横
   山光輝・作。「鉄人28号」は作品内に登場するロボットの名称。
 ごきぶりホイホイ=1973(昭和48)年よりアース製薬が製造販売している粘
   着式ゴキブリ駆除用品の名称。ではあるが、今や一般名詞としても使
   用される。
 音源:月亭八方 1999/08/05 エブリ寄席(KTV)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=月亭八方 sub=*  ●main高座記録日:1999/08/05  ●番  組  名:エブリ寄席(KTV)  ●ファイル公開日:2000/03/05  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2008/06/08  ●リクエスト数:rakug199  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次