【上方落語メモ第4集】その198

ちりとてちん


【主な登場人物】
 旦さん  喜ぃさん  竹

【事の成り行き】
 最近のウドン、妙に腰があるように思いませんか? 確かにグズグズにの
びたのも困りますが、ゴムを混ぜ込んだように歯ごたえのあるのは興醒めで
す。歯ごたえサックリ、それでいてしっかりとした存在感。浪花のウドンは
本来「はんなり」としたもんだったはずなのに……

 麺が自己主張を強めるのに比例して、ダシの方もそれに負けじと強く濃く
なったように感じます。もったいないからと最後のひとしずくまで飲み干す
と、あと喉が渇いてたまりません。

 老舗のウドン専門店に行けば昔ながらの味が楽しめるのでしょうけど、ウ
ドンごときに何もそこまで、ウドンは近所の大衆食堂で食うのがウドンらし
くてよい。などという程度の食い意地のわたしには、わざわざ出かける根性
はありません。

 よしんば根性が出たところで、値段を見て目を回すのが落ちという落ちは
どないですやろ(2000/02/20)。

             * * * * *

 え〜、ありがとぉございます。代わりあいましてお付き合いを願いますが。

 不況ふきょ〜と言われておりますが、外食産業、これがもぉ流行っておる
んでございますなぁ、回転寿司、お寿司がこぉ回転するわけでございますね。
またこの、ファミリーレストランとか。

 また本格的なフランス料理、イタリア料理、スペイン料理、ロシア料理、
ベトナム料理とかね、いろんな国のレストランが日本に今できてまして、こ
れを食べ歩く人があります。グルメとか申しましてね、だいたいあの、女性
の方が多いですね、奥さん方が。

 いつ行くかと言ぃますと、お昼行くんでございます。昼ご飯に外へ食べに
行くんでございます。ご主人は会社で三百円ぐらいのカレーをこぉ食べてる
んですよ、社員食堂で。

 奥さん方、一人で行きませんわ、近所の人誘いましてね「ちょっと、お昼
ご飯リッチにいきましょ〜か」てなこと言ぅて。ほんでもぉいろんなレスト
ラン回りましてね「美味しかったわ、ほんとにもぉ、いろんなもの食べちゃっ
て、わたしたちグルメになったわ」てなこと言ぃましてね。

 こぉいぅ人、グルメと言ぅんでございます「グルメになったわ」といぅ割
りに、顔見たらスルメみたいな顔してるんでございますねぇ。食べ歩くのは
よろしぃですよ、美味しぃものがあったら。それをまた「家で作って、家族
に食べさしてあげよぉ」そぉいぅ気にはならんよぉでございますね。

 もぉ家ではですね、お惣菜屋さんでなんか買ぉてきて、お皿に移さんと、
下手したらですね、あのラップしたままこぉ出したりなんかされたりするで
しょ。

 もぉインスタント食品、レトルト食品ね、冷凍もの、便利で結構でござい
ますけども、この頃の奥さん方は庖丁といぅものを持って、なんか調理する、
これあまりしないよぉでございますね。

 身近におりますうちも、一人嫁がおるんでございます。二十年ぐらい前か
らおるんでございます。当分おるでしょ〜ね。欲しぃ方あったら差し上げま
すよあれ。

 段々だんだん態度が大きくなってきましてね、本当の話が。二十年ぐらい
前に結婚したたときは、朝起きるとね、台所から味噌汁の香りがしまして、
ネギかなんかトントントントン、トントンと切ってました。

 布団の中でわたしは「あぁ、僕は妻をめとったんだなぁ」とね、思いまし
たよ。この頃あんた、朝起きてもね、音しまへんわ。下手したら横で寝てま
すからね、ほんとに。わたしが起きてコーヒー入れたりなんかしましてね。

 たまに言ぅんですよ「あ〜たね、台所で音立てなさいよ」ほんだら立てよ
るんですね、この音は決まってますわ「チ〜ン、チ〜ン」電子レンジ、暖め
る音ね。もぉ仏壇が台所へ行ったんかと思うぐらい「チンチン、チンチン」
いぅだけでございましてね。

 「そぉじゃなくって、庖丁を持ちなさいよ」て、こぉ言ぅてやってね、ひ
と月ほど前ですわ、朝五時ごろ家帰ったら、玄関で庖丁持って、こぉ立って
るんですね。あぁいぅときには持って要らんのでございますけれどもね。

 またその、料理作らん割りに人を招いてホームパーティ、こんなん流行っ
てたりなんかするわけでございましてね、よそ行ったときなんかご馳走にな
ると、いろいろと口に合うもの合わんものがありまして、気ぃ遣うもんでご
ざいますが……

●え〜、旦さん、お邪魔をいたしますでございます■おぉ、喜ぃさん。よぉ
来てくれました、さぁさぁこっち通っとくれ。いや今日はな、わしの誕生日
で、まぁまぁ祝うほどの歳やないけども昼間から一杯呑めるがな。

■ところがお酒といぅのはなぁ、一人では頼んないんでな、聞きゃあんた仕
事が休みやといぅことで、お相手をしてもらおと思て呼びにやった。忙しぃ
とこえらい済まなんだなぁ。

●何をおっしゃいますやら旦さん、よぉ呼んでいただきました。わたくし、
お相手さしていただきます。で、旦さん何でございますかいな? 今日はお
誕生日といぅことで、お歳の方はお幾つでございますか?

●おっしゃっとくははれ照れんと、誰にも言ぃまへんがなあんた。わたくし
口が堅とございますがな、おっしゃっとくなはれ。え? 五十六? お若い
ですなぁ、五十六でございますか、見えませんなぁ、横顔やみな五十五に見
えてますけどもねぇ。

■もぉ、おかしなベンチャラ言ぃないな、ちょっとも嬉しぃことありゃせん
がな……、気ぃ遣わんとやっとくれ、なんにも無い、家に有り合わせのもん、
こぉ並べたぁるだけや。あッ、お酒、これだけちょっとえぇのが手回りまし
た。いや、わたしも初めてやがな、京都の知り合いが送ってくれた「白菊」
といぅ酒やが、あんたこれ知ってなはるか?

●何でございます旦さん「白菊」これが手に入りました? こらねぇ名酒で
ございまっせ。昔、京都に住んだはった華族さんだけが呑んだはったお酒で
ございまして、今はまぁ我々でもいただきますけど、数が少ないさかいに好
きな人のあいだではあ〜た、この白菊は「幻の酒」と言われとります。

■あぁ、そぉかいな。そないえぇお酒とは知らなんだが。ほなまぁまぁ、一
杯やっとくれ●さよぉでございますか、へぇ、さっそくお祝いさしていただ
きますけども、これね小っちゃなグイ呑みがございますけど、お祝いでござ
いますのでこっちの湯飲みでお祝いさしていただきましょかね、その方がよ
ろしゅございます。

●いや旦さん、わたし偉そぉなこと言ぅておりますけど「白菊」これ名前は
存じております、名前だけは知っておりますけど、いただくのん生まれて初
めてでございますので、こんな結構なことございません。もぉちょっとだけ
で……、あぁ旦さん、もぉそれぐらいで結構でございます。

●ほぉなるほど、これが白菊でございますか、へぇ〜、濁り酒でございます
なぁ。白ぉて綺麗でございますなぁ、上品でね。あッ、もぉね、上等のお酒
独特の麹(こぉじ)の香りが、もぉこのへんでプ〜ンといたしております。さっ
そく頂戴いたします。

●あッ、失礼いたしました「旦さん、お誕生日おめでとぉございます」わた
し、きっちりした人間でございまして。頂戴いたします(クゥ、クゥ、クゥ、
クゥ〜……)旦さん、生まれて初めていただきましたが「白菊」こらやっぱ
り噂どぉり、評判どぉりの名酒でございます。いえ、今いただいて分かりま
した。

●と申しますのがね、昔から「えぇお酒は呑もと思わんでも、酒の方から勝
手に口へ入る」っちぃますやろ。この白菊が今そぉでございました。わたし
呑もと思てしまへん「どんな味すんのかしら?」思て、湯飲みにこぉ口を付
けますとね、お酒が勝手にわたしの口ん中へ、ド〜ッド〜ッ流れ込んでまい
りまして、わたし思わず呑みながら「何をすんねんな」と思た次第で、いえ
ホンマでっせ。

●(クゥ、クゥ、クゥ〜……)あぁ〜ッ、結構でございますなぁこれ、引っ
かからんと何ぼでも入りますわ。いえいえ、まだ注いでもらわいでもちょっ
と残ってございます。そんないっぺんに注いでもろてガブガブ呑んで酔ぉて
しもたら……、何をおっしゃいますやら……、ですか? いただきます。

●あんまり美味しぃもんで空けてしまいまして、面目ないことで。しかし旦
さん、なんでございますなぁ、昔からこぉいぅね、初もんいただいたら「寿
命が七十五日延びる」てなこと言ぃますけど、わたしこれでちょっと長生き
さしていただきます、ありがたいことで。

■気に入ってもぉたら結構や、ドンドンやっとくれ、まだあるさかいな。つ
まんでもらわないかんねやが、これがなんにも無い、有り合わせのもんばっ
かりが並んだぁある。あんたの口に合うやどや分からんけどな、鯛のお刺し
身、これちょっと食べてみるか?

●何でございます? 鯛のお刺し身、初めてでございます、わたしこれ。い
えいえ、鯛の塩焼き、焼いたやつは食べたことございますけど、そんな活け
の鯛のお刺し身初めてでございます。これが活け鯛のお刺し身でございます
か、ほぉ〜ッ、綺麗な身でございますなぁ、またこれ鯛だけに上品な、もぉ
切り身になっても行儀よぉこぉ並んでますなぁ。

●ここに盛ってますのん、これワサビでございますか? ホンマもん擦り下
ろしたやつ? やっぱり違いますなぁ、うちらあんた、粉をカ〜ッと練るや
つでございます。あれあきまへんですわ、香りが違う辛さが違う。やっぱり
ホンマもんは違いますなぁ。

●この醤油で溶きまして、へッお刺身一切れ頂戴いたします。綺麗な身でご
ざいますなぁこれ、どんな味でございましょ……? ん、ん、こら身がね、
プリプリ、コリコリ、ん、ん〜ん、ワサビが鼻へきた……、おお〜ッ……、
呑まなしょ〜がおまへんわ(クゥ、クゥ、クゥ、クゥ〜)ほぉ〜ら結構です
なぁ。

●へッ、鯛も初めてで、また寿命が延びますでございます■いちいち大層に
言わいでもえぇがな……。ついでにこれも食べてやっとくれ、うちの家内が
こしらえました、これ茶碗蒸しや●茶碗蒸し? 初めてでございます旦さん、
わたし■また何でも初めてやなぁあんた、口癖かいなあんた? 茶碗蒸しぐ
らい……

●いえいえ、茶碗蒸してなお料理初めてでございます。こんなお料理が世の
中にあるんでございますか。熱あつ、熱ッ、ほぉ〜、フタしてございます。
この茶碗蒸しを奥さんがお作りになったんですか? へぇ〜ッ、この茶碗を
奥さんが朝からこぉ蒸しはったわけでございますか? へぇ〜ッ、こんな土
でこしらえたもんねぇ、ちょっとやそっと蒸しても柔(やら)こならん思いま
すけどねぇ……

●え? 違いますのん? 中身? やっぱり……、あ〜た、冗談でございま
すがな。なんぼ何でもそれぐらい分かってますがなあんた。知ってますけど
も、お誕生日に呼んでいただいてご馳走になってまんねん、何も持って来て
ませんがな。ちょっとこぉ面白い冗談でも言ぅて笑ろてもらお思て、茶碗蒸
しで今、冗談言ぅたんでございます。

●今の冗談、どぉでございました? はぁ、ムッときた? 失礼いたしまし
た。もぉ要らんこと言わんと頂戴いたします、面目ないことでございます。
あらッ、フタ開けたら湯気が上がってえぇ香りがいたしました。柚子の香り
がしたと思たら、上に柚子の皮がちょっと乗ってございますなぁこれ。え?
奥さんがこんな洒落たことをなさってるんでございますか、結構なことでご
ざいます。

●この茶碗蒸し旦さん、全体に黄色ぉに固まってございますけども、こらどぉ
いぅことをなさっておるんでございますか? はぁ、卵にダシを入れて、そ
れを漉して蒸したら固まるんでございますか。あら〜ッ、手間なことをなさっ
てございます。いただきます……

●あららッ、この卵の固まった中から具が出てまいりました。エビを入れて
ございますな、また贅沢なもんでございますなぁ。百合根が出てまいりまし
た、いろんなものが、こらカマボコでございますか、こら楽しみでございま
すなぁ……、こら旦さん、何でございます? 黒いよぉな茶色いよぉな、こ
のなんや柔らかいシュワシュワッとしたもん出てまいりましたが。

●えッなんです? これはアナゴ? アナゴて、あの田んぼ飛んでる? あ
らイナゴでございますか、違う? 魚でアナゴ? 知らんもんでっさかい、
いただきます……、お、アナゴっちゅうのは美味しぃ魚でございますなぁ、
これ、舌の上でトロトロッととろけましてね、気に入りました。わたしもぉ
アナゴとか女子(おなご)とか好きでございます。

●こら結構です、え? いや、おダシもいただきますけど、生まれついての
猫舌で、熱いのが苦手でございますんで……、熱、あつ、熱ッ、熱いけど美
味しゅございます……、あらッ旦さん、また上に妙なもん飛び出しましたで。
これ何でございます? この黄色い丸こい小さいもん、何でございます?

●え? 銀杏? あらッ、こんなもんまで入ってまんのん? いや、わたし
前々から銀杏てどんなん思たらこんなんでございますか■あんた、銀杏一つ
でよぉ遊びなさんなぁ「ぎんなん、どんなん、こんなん」て、面白い人じゃ
なぁ……。何じゃて? え? 鰻が焼けてきた?

■ちょ〜どよかった、今な、鰻屋はんへ注文してた鰻、蒲焼きが来たらしぃ、
肴にして、アテにして食べてもえぇけども、炊き立てのご飯があるで、一杯
呑んだあと、鰻乗せて丼にして食べて帰ったらどないや? 遠慮することな
いがな、ご飯食べて帰り●ご飯? 初めてでございます、旦さん。

■んなアホなこと、これ、ご飯が初めててな人があるかいな。いや、しかし
あんたは嬉しぃ人やなぁ、何を出してもそぉして「美味しぃ、おいしぃ」と
喜んで食べてくれる。物喜び大事なこちゃな、あんたがそないして喜んでく
れたら、こっちが嬉しぃ。そぉや、これが人の付き合いやなぁ。

■せやさかいに、家(うち)で美味しぃもんがちょっとこぉ炊けたらやな「あ
んたに食べてもらおか」土産もんもろたら「おすそ分けしょ〜か」こぉいぅ
気になるなぁ、これが人の付き合いですやろがな。しかしな、あんたに比べ
たら、この裏に住んでるあの竹っちゅう男おるやろ、竹っちゅう男、あの男
は憎たらしぃ男やで。あんたみたいにな「旨い」とか「美味しぃ」ちゅうた
ことない。

■その割りに、よぉうちへ来んねん。来る時間がいつも決まったぁる。お昼
の時計がボ〜ン、ボ〜ンと鳴って、わたしがご飯食べてるとこへ入って来て
「今、何時ごろでっしゃろ?」て、こんなこと言ぅねん、知って来とんねで
「今、お昼やがな。わしもちょ〜ど食べてるねん、おまはんも食べるか」っ
ちゅうたら、あの男憎たらしぃがな「いやぁ〜、腹減ってまへんけど食べた
げまひょか」こんなこと言ぅねや。

■これだけでも憎たらしぃやろ。ご飯よそたるわいな、いきなり食べんがな
「相変わらず悪い米食てまんなぁ」ひと口食べたら「炊っきょが下手やなぁ、
芯があるなぁ」オカズつまんだら「もみないなぁ」言ぃながら五杯食べて帰
んねんあの男わ、これが腹立つやろ。

■また、珍しぃもん出してもなぁ、あんたみたいに「おッ、こら変わってま
すなぁ、初めてや」そんなこと言わん「あぁ、前食べました、知ってます。
大したことおまへん、しょ〜もない」口癖や、あの男の。いやいや、ホンマ
は知らんねんで、知らんくせにな、知ったかぶりしよんねん、これが腹立つ
がな。

■いや、聞ぃとくれ、あんたやから言ぅけどな、四、五日前までしばらく来
なんだんや、で「どこぞへ行てたんか?」ちゅうたら「へッ、ちょっと九州
の長崎の方で遊んできました」て、こんなこと言ぃよる。嘘に決まったぁる
わいな、わしゃ突っ込んでやった「あぁそぉか、わしゃ長崎てなそんなとこ
行たことないけど、長崎てどぉいぅ町やった?」て、聞ぃてやった。あの男、
何ちゅうたと思う?

■「あら旦さん、長崎ご存知やおませんか? 長崎、行てみたら分かります
けどね、名前の通り長ぁ〜い町でした、ヨッ」て、こんなこと言ぃよる。わ
たしゃな「長ぁ〜い町」は許すで、終いの「ヨッ」がムカツクがな「ヨッ」
が。いっぺんな、折があったらあいつギャフンと言わしたろと思てるねんけ
ど……、まぁまぁ、こらここだけの話にしといとくれ、ここだけの話にな。

■これこれこれッ、そっちで何をバタバタと騒いでますのじゃ? はぁ、な
に? 面白いことが起こってます? 何が起こってんねん? ほぉ、何じゃ
いな、水屋に豆腐が忘れてあって、腐っております、面白いことになってお
ります? 何が面白いねん、もったいない……、面目ない、それわたしや。

■あれ、七日ほど前かい、六日ほど前かい、ハッキリしたことは思い出さん
が、冷やっこで半分食べてな「あとで食べるわ」水屋へ入れて忘れてたんや。
あれ腐ってるか? 面白い、ちょっとこっち持って来なはれ、話のタネや、
こっちかしなはれ。

■あらぁ〜ッ、豆腐が六日、七日経つとこぉしてあの白いのが黄色ぉになっ
てかじかんでしもて、あっちこっちから赤や緑のカビが生えて。見たらちょっ
と面白いなぁ……、く、臭っさぁ〜ッ。見た目はあれやけど、えらい臭いす
るがなこれ。面白い、喜ぃさん見てみなはれ、豆腐の腐ったやつ。

●豆腐の腐ったやつ、初めてでございます、旦さんわたし……■あんた食べ
る気かいな? なんぼ物喜びするあんたでも、こらちょっと食えんで。どん
な味するや分からんけど、えらい臭いやなぁホンマに、しかしもったいない
ことしてしまいましたなぁ、このまま放ってしまうのも惜しぃねんけども。
世の中には妙な人がおってな、こんなもんがまた洒落てるいぅて食べるおか
しな人がおる……

■喜ぃさん、わし今、ちょっと面白いこと思い付いたんやがなぁ……●旦さ
ん、だいたい分かりますでございます■分かるかえ? そぉやがな。この豆
腐の腐ったやつをあの憎たらしぃ竹に食べさしたろやないか。いや「豆腐の
腐ったやつ」ちゅうたら、あいつも食わんわいな「どこぞの名物、名産」そぉ
じゃ「変わった珍味や」と言ぅてあいつの前に出したんねんがな。

■あいつのこっちゃ「知らん」とは言わん「知ってる」っちゅうに違いない。
な、これ口に入れたらえらい臭いするやろ、どんな味や分からん。あの男が
こぉもがき苦しむのを見ながらチビチビやろやないかい●旦さん、誕生日に
えぇご趣向でございますなぁそれ。やりまひょ、やりまひょ■やろやろ、わ
たしの誕生日が盛り上がってきたなぁ、ホンマに。

■しかし、この豆腐が腐ったちゅうことが分からんよぉにな、これ潰します。
わ、わ、わぁ〜ッ、箸で混ぜたらよけ臭いが、わッ、糸引ぃとんな。しかし
このままではいかん、ちょっと味付けにその醤油入れてくれ醤油、醤油入れ
て味付けするけど、味見はでけへんけどな。

■ちょっとワサビも入れとこ、これは毒消しや、ワサビといぅのは。腐った
もん食べさしてあいつも当たったらいかん。これッ、梅干持って来なはれ梅
干、梅干も毒消しやさかいな、え? いや種抜いて実ぃだけでえぇ、一つだ
け大きいやつ……、はい、ボチャッ。

■梅干をこぉ潰してやな、うわぁ〜、梅のこの匂いと、豆腐の腐ったんが、
オェ〜ッ……、たまらんなぁこれ。けど、ちょっと彩りにはなったなぁ。な
んやドロドロッとした妙な佃煮みたいなのができましたで。これをこぉ竹に
食べさすねんけども、まぁ、こぉいぅ悪いことしたらいかんけどもやで、わ
しも竹の体を案じて、毒消しにワサビと梅干、二つも入れてるところがこれ、
わたしの良心……、かな?

■そぉじゃ、名前を付けてな「珍味や」と言ぅてあいつの前へ出さないかん
ねやが、あんたちょっとな、名前を付けとくれ名前を、この食べもんのや。
そぉじゃなぁ、長崎行ったちゅうてホラ吹いてますでな、長崎の名物、名産、
珍味とこぉいぅことにしょ〜か?●ははぁ〜、長崎の名産にするんでござい
ますか? どぉいぅ名前がよろしございます?

■「どぉいぅ名前」て、有る名前を付けたんではこれ、違うちゅうことが分
かってしまう。かと言ぅて、皆目無い名前をとって付けたら、かえってこれ
またおかしなもんでな、バレてしまうさかい。長崎らしぃ、ちょっとこぉ異
国の香りがするよぉな、有るよぉな無い名前がえぇけどもなぁ。

●あぁ〜……、旦さん、そらなかなか難しございますなぁ、難題でございま
すねぇ。長崎ねぇ、カステーラやとか、ザボンやとか、こぉいろいろござい
ますけどねぇ、有るよぉな、無い名前でございすか……? 有るよぉな無い
名前、これどぉでございますか「長崎名産、あるよでない」といぅのは。

■そのままやがな、あんたそれ。もぉちょっと頭使こてもらえんかい?●そぉ
でございますか、頭ねぇ? どこぞから名前を引っ張ってくりゃよろしんで
す、どこぞからね。何ぞ……、ん? あッ旦さん、今、奥の座敷から三味線
の音が聴こえてまいりましたけど? はぁ、お嬢さんがお三味線のお稽古。
さよか、何を弾ぃたはりまんねんこれ?

●「♪チントンシャン、チントンシャン、ハァ、チリトテチン、チリトテチ
ン……」はッ! 旦さん、あれよろしゅございます。今の三味線の音色のあ
の「♪チリトテチン、チリトテチン」とございました。あれをこれの名前に
付けたらどぉでございますか? なんか異国情緒が漂ぉとります「チリトテ
チン」て。

■そぉかえ? 「ちりとてちん」これに合うかえ? 「長崎名産、ちりとて
ちん」ほぉ、何とのぉ合うやないかいな。ポルトガルから来たよぉな、そぉ
いぅ響きするなぁ、こらえぇ名前できました。これッ、これちょっとそっち
持って行って、あのな、えらい臭いするけど上等のしっかりした折に詰めて
フタしてな、厚手の半紙上へかけて「長崎名産ちりとてちん」あいつまた何
ぞ理屈言ぅやろなぁ「ちりとてちん」の肩へな「元祖」と書いときなはれ。

■竹、じきに呼んできて……、喜ぃさん、あの男「ちりとてちん」食べるか
いなぁ?●食べます食べます、豆腐の腐ったやつと知らんと食べるやなんて、
こらたまりまへんなぁホンマに■たまの懲らしめじゃ……、え? 竹が来た?
竹が来た、静かにしなはれ。

             * * * * *

★旦さんお邪魔します。聞きましたで、今日お誕生日、もっと早よぉに言ぅ
てもろたらあんた、美味しぃ珍しぃもん、お祝いに持って来ましたのに、今
聞ぃて今でなんにもおまへんねがな。え? お酒? 喜ぃさんも来て呑んで
まんのん? ただの酒よぉ呑みまんなぁ、この人はホンマに。わたし? い
やわたしね、もぉお酒も食べもんも口が肥えてまっさかい、しょ〜もないも
んやったらいただきまへんで。

★お酒、何ちゅうお酒? 白菊? あれ、何が名酒でんねん、名前だけであ
んた、今日日(きょ〜び)雛祭りに子どもでも飲みまへんがな……、何? 呑
むか? そらいただきますけどね、付き合いやさかいに。あんなん名前だけ
でね、美味しぃことおまへんねん。わたし、百ぺんぐらい呑んだことありま
すけどね、もぉベタベタで、しょ〜もない甘いだけ。

★旦さん、入れんねやったらいっぱい入れときなはれあんた。ホンマにもぉ
気の汚い。頂戴いたします、大したことおまへん、あほらしもないホンマに
もぉ(クゥ、クゥ、クゥ、クゥ〜……)甘っまぁ〜ッ! あぁ〜ベタベタ呑
まれへん、あぁ〜美味しない! もぉ一杯■美味しないんやったら呑まいで
もえぇがな、相変わらずやなぁホンマに……、つまんでもらわないかんけど
もな、あんたの口に恐らく合わんやろ、鯛のお刺し身に茶碗蒸し、鰻ぐらい
しかないねんけど。

★旦さん、言ぅて悪おますけど、わたしをこぉいぅ席に呼ぶんやったら、言ぅ
てまっしゃろ口が肥えてまんねん「いやッ、こんなもんがよぉ手に入りまし
たなぁ」と、わたしがビックリするよぉな、いわゆる「珍味を用意しときな
はれ」っちゅうてまんねがな■何じゃて? お前さん今、何が食べたいと言ぃ
なはった?★珍味■いやぁ〜、いきなり珍味からいきますかえ? ちょ〜ど
珍味が一つあんねがな。

★「ある」て、大したもんやおまへんやろ、どこの珍味でんねん?■いや、
これがな、長崎の人が送ってくれて「珍しぃ珍味や」ちゅうて、是非とも。
ちょっと癖があってわしらよぉ食べんねけども……、名前かいな? これが
な、ちょっと変わった名前やがな「長崎名産、ちり、とて、ちん」ちゅうん
やけど、お前、これ知ってるかえ?

★何をニタニタしたはりますねん、旦さん? あんたハッキリおっしゃれ、
何です?「長崎名産、ちり、とて、ちん」知ってますがな、わたしあんたこ
れ■知ってるかい?★知ってますがな、長崎行てきたちゅうてますやろ「ち
りとてちん」でしょ、長崎で朝、昼、晩とあれ食べてましたがな。酒のアテ
に良し、ご飯のおかずにたまりまへんで。

■ご飯と一緒に、あれ食べるかえ? 好きかえ?★もぉ大好物ですがな。と
ころが旦さん、あの「ちりとてちん」も、この頃名前が売れてきて、偽もん
が出てまんねや、ホンマモンやないと美味しぃことおまへんで。わたしがね、
その「ちりとてちん」ホンマモンか偽もんか見たげますわ、持っといなはれ。

■ほぉ〜ッ、偽もんが出てる? そこまで言ぅか……、いやいや、持って来
さす、ちょっと待って見てもらお。こっち持っといで「ちりとてちん」竹が
大好物でな、好きやっちゅうてるさかい、今から食べるらしぃけど……、ゲ
ラゲラ笑いな。さぁ、これや見とくれ。

★どれでございます? はいはい「長崎名産ちりとてちん」これこれ、これ
これこれ。久し振りですわ「元祖」ホンマもんやがな旦さん、この「ちりと
てちん」は元祖に限りまんねん。偽もんは「本家」と書いてまんねん。やっ
ぱりね、元祖の「ちりとてちん」は……、臭っさ〜ッ! あぁ臭さッ、えら
い臭いやなぁ、たまらんなぁ。

■「えらい臭い、たまらんなぁ」て、おまはん知ってんねやろ?★懐かしぃ
匂いやわぁ、あぁ懐かし。わたし、この匂い嗅いだらね、長崎思い出します
ねん。こら旦さん臭い、腐ってんねやおまへんねん、醗酵さしてまんねや、
発酵食品、鮒鮨といっしょ。こぉいぅものは体によろしぃで。

★これね、珍味でっさかいね、よけ食べるもんやおまへん。お箸にちょっと
乗せる、もぉこれだけでお酒一合……、あのね、目にピリピリッとくるんで
す、これがよろしぃ……。長崎の人はいきなり食べませんよ、食べる前に目
で味わいますねん目で、目でこぉ味おぉてからおもむろに口へ、エ、エ〜ッ
クション!

★鼻へツンときますでしょ、鼻へツンと、あ〜ッ……、これね、鼻へツンと
きたとき長崎では「食べ頃」言われてまんねん。今、一番美味しぃとこ、い
ただきます、い、いただきますねん……、ん、ん〜ん(クゥ、クゥ、クゥ、
クゥ〜……)オェ〜ッ、あぁ〜美味し■ホンマかいなおい? お前、涙にじ
んだぁるで★涙出るほど美味しぃですわ。

■そぉか、わしら食べたことないけど「ちりとてちん」てどんな味や?


【さげ】
★ちょ〜ど、豆腐の腐ったよぉな味ですわ。


【プロパティ】
 はんなり=はなやか。はればれ。明朗。陽気。くすんでいない。華なりの
   転か?
 グルメ=(フランス語:gourmet)美食家、食通。
 べんちゃら=おべっか。追従(ついしょう)。世辞。おもねりへつらうこと。
   口先ばかりのお世辞を言って相手にへつらうこと。弁巧をもってチャ
   ラチャラ言う意から出た言葉か。東京ではおもに上役におべっかを使
   ういやなやつの意に用いているが、大阪ではその意味がずっと軽くなっ
   て、単なる世辞の意に使う。
 白菊=現在、京都(伏見)では「白菊」という名の濁り酒は醸造されていな
   いようだ。伏見七名水に(白菊井・石井・常盤井・春日井・苔清水・
   竹中清水・田中清水)があることから、過去には存在したかもしれな
   い。「白菊井(水)」は創業1677(延宝5)年の神聖・山本本家で、今も
   酒造りの仕込み水として使われている。
 銘酒・名酒=昔、小売の酒屋は醸造元から酒を仕入れ、店独自でブレンド
   して販売するのが普通だった。だから酒に名前は付いていなかった。
   それに対し、蔵元が名前を付けて酒屋に卸す酒、小売酒屋が手を加え
   ていないものを「銘酒」という。また、銘酒の中でも世間に名の通っ
   た酒を「名酒」と呼ぶ。以上、米朝師匠→米二師匠→又聞き。
 丸こい=丸い。チョロコイ、ハシコイなどと同類語。
 もみない=まずい。「旨味(うまみ)ない」の約訛。あるいは旨味(もうみ)
   ないか? モムナイともいう。
 しょ〜もない=つまらない。くだらない。仕様もないの訛化。
 ギャフン=驚くさまを表す感動詞「ぎゃ」と、肯定を表す「ふん」が合わ
   さった明治以降に見られることば。江戸時代には「ぎょふん」と言わ
   れていた。大塩平八郎の「義や噴なり、悔しきかな」が転じたという
   説もある。
 アテ=当て:酒やビールの肴(さかな)。または、食事の副食物。
 音源:桂南光 1999/08/04 エブリ寄席(KTV)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=桂南光 sub=*  ●main高座記録日:1999/08/04  ●番  組  名:エブリ寄席(KTV)  ●ファイル公開日:2000/02/20  ●江戸落語相当:酢豆腐  ●更  新  日:2008/05/18  ●リクエスト数:rakug198  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次