【上方落語メモ第4集】その188

借 家 借 り


【主な登場人物】
 家主の幸兵衛  家を借りに来る人A・B  長屋の皆さんほか

【事の成り行き】
 理屈が通っていようとなかろうと、世の中に疑問を持つというのは心掛け
としては良いと思います。感覚的に「おかしいなぁ」は案外はずれていませ
んのです。思考停止&慣習的に、こうしておけばとりあえず身の安泰、文句
は出まい。そういう人は飯食て、糞して、寝て、死ぬだけ。

 大いにブツブツぼやきましょう。といって、真面目くさってぼやくのは大
阪人として恥ずかしい。そこはそれ、時々ボケをかましながら「一人ボケ突
込み」の世界、笑いに包んでやんわりブラックにいたぶる、そこに浪花のお
笑いの原点のひとつがあります(1999/12/05)。

             * * * * *

 え〜、続きまして落語でお付き合いを願うわけでございますけどもね「人
間十人寄れば気は十色」てなこと言ぃまして、まぁこぉして大勢の方がお集
まりでございますが、顔かたちが違うよぉにですね、気性、心もち、性格、
これが違うわけでございましてね。

 だいたい性格をですね「血液型で分ける」と、こんなんもあるんですなぁ。
A・B・O・ABとあるんでございますけれども、あの四つに分類すること
は無理でしょ〜なぁ。

 もぉ性格といぅのはいろいろ込み入っておりますからねぇ、で、だいたい
はですね、あぁいぅ血液型は人間だけやそぉでしてね、人間に近い類人猿に
も血液型はあるんやそぉですが、もぉA型とB型、これしかないんでござい
ますねぇ。

 ゴリラなんかはですね、山に住んでおりますマウンテンゴリラ、これがもぉ
みなA型でございます。もぉ山に住んでるゴリラが寄って「あんたもA、あ
んたもA、あんたもA……」みなAになります。で、草原に住んでるローラ
ンドゴリラ、これがみなB型なんでございます。

 なぜこぉなってるのかと言ぃますと、山の中はですね、こぉ見通し、見晴
らしが悪いですわ、敵に襲われやすい。だから、このマウンテンゴリラはで
すね、グループで行動いたしておりまして、ルールがあってちゃんと見張り
番がおって「敵が来たぞ、危ないぞッ!」言ぅたら、みな団体で逃げると、
これがA型の性格なんでございますねぇ。

 きっちりと人の言ぅことを聞ぃてルールを守る、勤勉、実直、真面目といぅ
のが、これがA型でございます。ちなみに、わたしA型なんでございますが、
一応言ぅときますけどね。

 B型ちゅうのはローランドゴリラ、草原に住んでますからね、グループで
行動しないですね、みな好き勝手にこぉやってるわけです。一応見張りおり
まんねんけど、見張りがですね「おいッ、敵が来たぞッ!」言ぅても、誰も
「あぁそぉ」言ぅて知らぁ〜ん顔して、あと餌食べてるんでございますね。

 「見晴らしがえぇから自分で判断します」と「人にゴチャゴチャ言われん
のは嫌や」と。これがB型なんですね。だいたいワガママ勝手、人の言ぅこ
と聞かない、これB型でございます。うちの師匠がB型なんでございます。

 であの〜、AとBしかなかったやつが、そこにO型が出てきましてね、あ
れO(オー)て言ぅてますけど、ほんとは0(ゼロ)なんですよ。AでもBでも
ないゼロといぅことですけど、分かりやすくオー型とこぉ言ぅとりまして。

 で、それ以外にAB型といぅのは一番少ないですけどもちょっと特異な型
でございまして、だいたい、天才的な人とか、妙ぉ〜な人とかですね、AB
型ですわ。誰とは言ぃませんけど、上岡竜太郎さんなんかがAB型でござい
ますね。

 O型、米朝師匠はO型でございまして、O型といぅのはやっぱりね「おお
がた」言ぅぐらいやから人間的にも「おおらか」で、もぉ細かいことゴチャ
ゴチャ言わない。で、こぉいぅ人がリーダーになるとうまくまとまっていく
らしぃんでございますね。

 O型、米朝師匠でございます、一門の総帥でございます。で、この話をし
てると、ざこばさんが「おぉぉ、おぉぉ、俺もO型や、俺もO型や」Oにね
「甲と乙」があるよぉでございます。いろいろあるよぉでございますけども
ねぇ、面白いもんでございますねぇ。

 だからAの中にもBのタイプの人もおれば、Oのタイプの人もおる、AB
みたいな人もおる、いろいろなんでございますね。もぉAAAみたいな人も
おりますしね、BBBみたいな人もあるわけでございますけども、まぁ一概
にあの四つには分けられないんでございますけどねぇ。

 まぁあの〜、人間しかし歳いくとおんなしよぉな性格になってきますね。
頑固になると言ぃますか、大阪弁で「片意地(かたいじ)」ね、素直に「ハイ」
と言わない、まぁこら仕方ないんですね。自分はそんだけ生きてきた、と自
信があって自分の物差しで計って「そら間違ってる、これが正しぃ」と、こぉ
言ぅんでございますなぁ。

 歳いくとそぉいぅ人多いですよ、テレビ見ながらでもボヤキながらね、水
戸黄門見ながら「そいつが犯人や、そいつが。早よ印籠出せ、早よ印籠。早
よ出したらその人は殺されんで済むんや」いろんなこと言ぃながらね、そん
な人もある。わたくしももぉ、それに近くなってきているんですが……


 ここにございましたのが「小言幸兵衛さん」とあだ名される家主(いえぬっ)
さんでございましてね、もぉこの人は、小言幸兵衛と言われるぐらいですか
ら、もぉ小言ばっかり言ぅんでございますなぁ。もぉとにかく、それが間違っ
てよぉが正しかろぉが、自分のですね、物差しで「いや、それはおかしぃ」

 ケチを付けると言ぃますかね、愚痴を言ぅといぅか、それをもぉ生き甲斐
にされておりまして、朝起きますと、自分とこの長屋をこぉ一回りして小言
を言わんことには朝ご飯が美味しくない。こんな難儀なお爺さんがおるんで
ございますが。

●ハイハイお早よぉさん、お早よぉさん、あぁ皆さんお早よぉさん。達者で
暮らしてなはるか? 機嫌よぉやってなはるか? 人間な、愚痴を言ぅたら
いけまへんで、文句を言ぅたらいかん。

●何でもかんでも「ありがたい、ありがたい」と言ぅて生きていかないかん
「上見たらきりない、下見て暮らせ」ちゅうことがあるさかいな……、あ〜、
ちょっとちょっと、ちょっとこれッ、源さん、源さん。おまはんなんやな、
朝早よから床机座って、偉そぉに足組んで煙草吸ぅてんねやあれへんがな。

●「ほっといとくなはれ」て、ほっとかれへんがな。あのなぁ、煙草といぅ
もんがどぉいぅもんか、お前さん分かってるかい?「一服」ちゅうぐらいの
もんや、な、仕事が終わってから一服する、これが煙草や。朝からなぁ〜に
もせんと、プカプカプカプカ煙草ふかして、何考えてなはんねん、旨いわけ
がないやろがな。

●え? 寝起きがおいしゅございます? 何を言ぅてなはんねんホンマに。
ほぉらみてみなはれ、口の中がいがらっぽい、ツバ吐きなはったがな。え?
ツバと違います、タンです? よけいかんがな。そんなとこへ吐きなはんな
汚い、ホンマにもぉ。

●これこれ、井戸側で顔洗ろてんのん誰や? 顔上げなはれ顔……、芳っさ
んやないかいな。ホンマに男のくせに何べん顔洗ろてなはんねんおまはんわ。
何ぼ洗ろても地が悪いねん地ぃが、綺麗になるわけがないやろがな、ホンマ
にもぉ。

●ん……、何じゃいな? こら、飯(めし)の焦げた匂いがしてますで……、
どこぞの家で飯が焦げてまっせ。これ、火を落としなはれや、飯が焦げてまっ
せ! お徳さん? 手ぇ挙げて「はい、うちです」言ぅてる場合やあらへん
がなお前さん。洗濯の手を止めて、家へ帰って火ぃ落としなはれおまはん。

●だいたいお徳さん、あんたな、飯をちゃんと炊き終わってから洗濯にかか
りなはれ。飯炊きながら洗濯する、そんなことがおまはんにできるか? 一
つのことでも満足にでけんくせに、二ついっぺんにしょ〜ちゅな間違いじゃ。
え? 二ついっぺんにできます? 何ができますのんじゃ? あくびをしな
がら、オナラができます。

●誰がそんなこと聞ぃてますのじゃ、ホンマに……、これこれこれッ、突き
当たりの憚り(はばかり)で、おかしな声出してんのは誰やいな? 種さんか
その声は? えらい唸ってるけど苦しんか? しんどいんか? お腹が痛い
んか? 違います、機嫌よぉに歌うとてます……、それ歌かいなおまはん?
そら「へた」っちゅうねん、そぉいぅものはホンマに。朝から妙な声出しな
はんな、うちの朝顔が枯れてしまうやないかホンマに。

●どんならんなぁ、ホンマにどいつもこいつも……、ほぉら犬が来よった、
シロやがな。そっち行き、そっち行けっちゅうねん、お前は隣りの長屋の犬
やろがな、こっち入って来なはんなホンマにもぉ。え? ワンワンワンワン
うるさいなぁ、そこへ座んなはれホンマにもぉ。お座り、お・す・わ・り、
それは「お手」やっちゅうねん。分からんやっちゃで、どいつもこいつもホ
ンマに……

             * * * * *

●はい、婆さんただ今帰りました、お茶入れとくれ、お茶を……。あぁもぉ、
うちの長屋いっぺん回ってきたら、のどが渇いてしかたがないホンマに。え、
何? わたしが小言を言ぅて回るさかい、のどが渇きます。黙って回んなは
れ? 何を言ぅねんホンマに、わたしゃ何もなぁ、小言が言ぃとぉて回って
んねやありゃせんで、皆が言わしますねやがな。

●いっつも言ぅてやってんのにな、ホンマに口答えする人もあるし、わたしゃ
家主や、家主と店子(たなこ)は親子も同様やないかいな。親は子どものこと
を思う、こら当たり前や。なぁ「子どもは親の心が分からん」とはこのこっ
ちゃホンマに腹の立つ。よっこいしょっと……

●あのな、お徳さんがな、飯を焦がしてな、洗濯してよんねんホンマに「二
ついっぺんにでけますか?」ちゅうたらな「あくびとオナラ一緒にできます」
こんなこと言ぃよる……

●これこれこれ、婆さん! お前さん、わたしが話してますねや、こっち向
いて聞ぃたらどないや、そっち向いて。えぇ?「話を聞ぃてなはんのか?」
ちゅうてますのじゃ。はぁ?「最前からちゃんと聞ぃてますわいなぁ」何や、
その「わいなぁ」ちゅうのわ、それ?

●あのなぁ、そんなことよりも、わたしが最前言ぃましたやろ、帰って来て
「お茶を入れとくれ」ちゅうてんねん、早いとこ入れなはれお茶を。はぁ?
「お茶はトォに入れてございます」いつ入れなはったんや? お茶が……、
入ってるやないか。

●何でやねんこれは? え? そこにおって、わたしがずっとしゃべってる
うちにお茶が来たんかい? おまはんは「くノ一」かい、気色の悪い。いつ
このお茶入れなはったんや?

●はぁ?「わたしが長屋から帰って来た時に、先に入れとかんならん思て入
れさしてもらいました」でけましたなぁ、やっとでけましたなぁ……、おま
はんと一緒になって三十年、言ぅてまっしゃろ「先繰(さきぐり)機転」ちゅ
うて、やっと気がつきましたか。いや結構けっこぉ……、まぁ、そらえぇね
んけどな、何で湯飲みがこぉ三つ並んでますんじゃ?

●ほぉ「この湯飲み、熱ぅ〜いやつと、ちょっと冷めたやつと、ぬるぅ〜い
やつ。こんだけ入れといたら、小言は言えまへんやろ。ヘッヘッヘッ」て、
憎たらしぃ女ごやなぁおまはんわ。わたしに小言、言わさんよぉに言わさん
よぉに、こんな段取りしてけつかんねん。

●何言ぅてなはんねん、わたしゃなぁ、ぬるいお茶は嫌いです。この熱いの
が好きや、熱いのが……、あ、熱ぅ〜ッ! いつにのぉ熱いやないかいな、
これッ、ホンマに。え?「熱かったら冷めたやつ飲みなはれ」ほっといとぉ
くれ。わたしゃこの熱ぅ〜いやつをボヤキながら飲むのが好きじゃホンマに
もぉ、ちょっとも人の気が分からんなぁ。

             * * * * *

▲ゴメン! ゴメン!●はい、どなた?▲ちょっとゴメン●「ちょっとゴメ
ン」て、あんたこっち入っといなはれ。どこのお方や知らんけど、よその表
で「ゴメン、ゴメン」て、どぉいぅこっちゃ?▲いや「どぉいぅこっちゃ」
て、挨拶しとりますねが。

●挨拶? そんな挨拶がどこにあんねん? 挨拶といぅのはな「ごめん下さ
いませ」とか「ごめんやす」これが挨拶や。それを縮めて「ゴメン」勝手に
縮めなはんな。あんた、えぇ歳して子どもやないねん、あんじょ〜挨拶しな
はれ。

▲何で、こないボロカスに言われんならんねやろホンマに……? えらい済
んまへん、ほな、ごめん下さいませ●何じゃな?▲へぇ、あの〜、この先に
ね、貸家札が貼ってまっしゃろ。あの家、聞ぃたらここが家主さんやちゅう
ことで、借りたいなぁ思て来ましてんけど、あの家、家賃何ぼになってまん
ねん?

●誰ぞが「あの家を貸す」と言ぃましたか?▲あぁ、あの家は貸さはらしま
へんのか?●貸そと思やこそ、貸家札が貼ってまんねん▲そぉでんなぁ……?
家賃は、何ぼでっしゃろ?●誰が貸すと言ぃました▲貸してもらえまへんの
か?●貸そと思やこそ、貸家札が貼ったぁんねん▲わたい、起きてまっしゃ
ろか?

●起きてるわいな、しっかりしなはれ。あの家は貸すために、あぁやって貸
家札が貼ったぁるけども……、おまはん、あの家が借りたい? それならな、
物事、段取り、順といぅもんがある「あの家借りとぉございますけれども、
わたくしに貸していただけまっしゃろか? それとも先約があるんでござい
ますか? ちょっとお尋ねします」と、まず、こぉ聞ぃてくんねんがな。

●それからおまはんと話をして、どこの誰やといぅことが分かって、あぁこ
の人なら貸したげてもえぇなぁ。そこで初めて「家賃が何ぼ?」とこぉなん
ねやろ。貸すとも貸さんとも言ぅてないのに「家賃何ぼ? 家賃何ぼ?」何
言ぅてなはる。

▲また怒られたがな……、へぇ、ほなあの〜改めて聞かしてもらいますけど、
あのね、貸家札が貼ってるお家(うち)でございますけども、わたくしに貸し
ていただけまっしゃろか? それとも先約があるんでございますかな?●先
約はおません▲あ、おまへんのかいな、ほな、貸してもらえまっしゃろか?

●貸さんことはないがな、どこの誰や分からん人には貸せませんなぁ。住む
だけ住んで、家賃踏み倒されるちゅうこともあるし、隣近所の付き合いもあ
るんでな、どぉいぅお方かちょっと聞ぃときたいが、あんた仕事、商売は何
をしてなんねん?

▲あぁ、商売でございますか、え〜、わたくしあの豆腐屋でございますけど、
豆腐屋ではあきまへんやろか?●何も卑下することありゃせんがな、豆腐屋
さん、結構な商いや。ことにな、この町内には豆腐屋がないんでな、あこに
豆腐屋が出たら皆が喜ぶ。結構なこっちゃ▲さいでございますか、ほなら、
貸していただけまっしゃろか?

●あわてなはんな、まだまだや……、家族はどぉなったぁんねん?▲え〜、
とりあえずね、嫁はんが一人おりまんねん●それが「要らんこっちゃ」ちゅ
うねん「とりあえず、嫁はんが一人」おまはん、嫁はん二人、三人持ったこ
とあんのんか? ないやろ。手掛け、妾あんのんか? ないやろがな。生意
気なこと言ぃなはんな「家内が一人」でよろしぃ。で、子どもさんは?

▲いやぁ〜、もぉ小倅(こせがれ)はねぇ、豆腐屋でウロウロされたら薄汚い
さかいね、もぉ餓鬼は一匹もおりまへん。これだけは自慢でんねん●どアホ!
なんちゅう言ぃ草や。子どもはな、子宝と言ぅぐらいのもんや、子どもを大
きしてこそ人間一人前になれる。子どもさんない人は、よそさんからもらい
子をして、それを大きしなはる、それぐらいのもんやがな。それを「子倅」
やとか「餓鬼」やとか「一匹」……

●なんちゅう言ぃ草じゃホンマに、この罰当たりが。子どもはなぁ、ちゃん
とこしらえて大きしなはれ、ホンマに。まぁまぁしかしなぁ、所帯を持って
間もなかったら子どももないやろ、どれぐらいや、一緒になって? ほぉ、
八年? 何かいな、お前さん八年一緒に暮らしてて子どもがない?

●ほぉ〜ッ、そんな女ごはあかんなぁ、離婚しなはれおまはん、三行半(み
くだりはん)書いたんなはれ。わたしがな、もぉケツのでかい、子ども何ぼ
でも産む女ごを世話したげるさかい、おまはんその女ご叩き出しなはれ。

▲やかましわいッ! このがきゃホンマに、家借りに来て何でそんなボロカ
スに言われんならのじゃ。初めて会ぉた人間に、何でうちの嫁はんのこと、
そないカスみたいに言われんならん。

▲うちの嫁はんとわいはなぁ、相惚れで一緒になってんのじゃ、子どもこし
らえよ思たら何ぼでもこしらえられるわいホンマに、まだ豆腐屋が落ち着け
へんさかいこしらえてないだけじゃ。何でうちの嫁はんのこと、そないボロ
カスに言われんならんねん。誰があんな家借ったるか、アホンダラァ〜ッ!

●怒って帰ってしもたなぁ……、ほぉ〜、何が気に入らなんだんやろなぁ?
婆さん、お前さん、あの人の気に障るよぉなこと言ぅたんと違うかえ? わ
たしゃ何も言ぅてません? ほぉ、この頃の若いもんの考えてること、よぉ
分からんなぁ。

             * * * * *

■え〜、ごめん下さいませ。失礼をいたしますでございます●はいはい、ど
なた?■あの〜、この表をちょっと通りがかったもんでございますけれど、
この先にまことに結構なお借家がございますが、お聞きいたしますと、こち
らさんが家主さんといぅことでございまして。あの家、わたしのよぉなもん
にでもお貸しいただけるんでございましょ〜か? それとも既に、先約があ
るんでございましょ〜か? その段、ちょっとお尋ねに上がったんでござい
ますが。

●婆さん、わたしゃこぉいぅ人を待ってたんや。なぁ、挨拶に無駄がない。
非の打ち所がないっちゅうやっちゃなぁ、いや結構けっこぉ。はいはい、あ
の家は空いとりますでな、ちょっと話しますで婆さん布団を出しなはれ、布
団を。え? 敷き布団を出してどないするんじゃ、人が来てんのにわたしが
寝てどないすんねや、座布団やがな。え? 分かってますけど、ちょっと冗
談? せんでよろしぃ、そんなことはホンマに……

●ズッと座布団を■いえ、どぉぞ、お構いなく●いやいや、座っとくれ座っ
とくれ。ちょっとな、二、三どぉいぅお方かといぅことを尋んねさしてもら
いたいけども、よろしゅございますか? あんさん、仕事は何をしてなはる?

■はい、手前どもは仕立職を営んでおりますが●何じゃて「仕立職を営んで
る」結構やなぁ、生半可な学問ではちょっとそぉいぅ台詞は言えんなぁ「仕
立職を営む」婆さん聞きなはったか? 言葉遊びがあるがな。仕立職を「営
む」仕立職だけに「糸」がこぉ、それとのぉ掛かってるがな、洒落てるなぁ。
おまはんのその「敷き布団」とえらい違いやでホンマに。

●いや結構けっこぉ、仕立職を営んでなさる、そぉかいな。で、ご家族は?
■はい、わたくしに、家内に、倅、以上三名でございます●言葉に無駄がな
いなぁお前さんは、聞ぃてて気持ちがえぇなぁ。ほで、その息子さんはお幾
つや?■はい、今年ちょ〜ど、二十歳になりましてございます●ほぉ、そん
な大きな倅さんがいてなさる、結構なこっちゃないかいな。何をしてなさる?

■はい、わたくしと同じ、仕立職でございますが●おぉ、親御さんの跡を継
いで、近ごろ珍しぃ親孝行息子ちゅうやっちゃなぁ。そぉかそぉか、で、そ
の倅さんの仕立職の腕の方はどないや?■はい、まぁ近ごろではわたくしよ
り、倅に注文が増えておりまして、もぉ困ったよぉなしだいでございまして。

●何も困ることありゃせんがな、あぁ結構けっこぉ。お前さんも嬉しかろぉ、
そぉかいな、なるほどなぁ。で、その倅さんの顔の方はどないや?■はぁ?
●いやいや、あんたとこの倅の顔は、どぉいぅ具合になっとります?■「どぉ
いぅ具合」と、申されますと?●いやいや「顔はその、男前か?」っちゅう
ことを聞ぃてますんじゃ。

■あのぉ……、家をお借りいたしますのに、そこまで言わんならんのですか
なぁ?●そらそやがな。なぁ、家主と店子は親子も同様や、やっぱり子ども
のことは何でも知っときたい。倅さんの顔、ちょっと言ぅとくれ、男前か?
はっきり言ぅて醜男(ぶおとこ)か、どっちや?■はぁ……、まぁ、親の口か
らこんなこと言ぅのは何でございますけれどもねぇ、近所の人は「トンビが
タカを産んだなぁ」てなこと言ぅてくれとりましてなぁ。

●ほぉ〜ッ「トンビがタカ」なるほど、ちゅうことはお前さんがトンビちゅ
うこっちゃなぁ。んッ、確かにトンビじゃお前さんわ。タカ、ちゅうことは
男前や。歳が二十歳で、仕立職の腕があって、男前。近々お嫁さんでももら
いなさるか? ほぉ、そぉいぅ話はない? けどまぁ、いずれ一緒になる許
婚(いぃなずけ)てなもんはあんねやろなぁ?

■いえいえ、そぉいぅ者は一切ございません、もぉうちの倅は真面目一本で
ございまして、女気がもぉこっから先もございませんので●何? 女気がこっ
から先もない? ほぉ〜……、そぉいぅ人にはあの家はちょっと貸せません
なぁ■そらどぉいぅことでございますか? うちの倅が何ぞいかんのでござ
いますか?

●いやいや「倅がいかん」ちゅうことはないけどもな、そぉいぅ歳が二十歳
でな、腕があって顔が男前で、そぉいぅな、女っ気のない人があこへ来たら、
うちの町内に騒動が起こりますなぁ、これは間違いなしに。

■どぉいぅ騒動でございます?●いや、お前さん分からんと思うが……、こ
れ婆さん、お茶入れとぉくれ、お茶を飲んでゆっくり聞ぃてもらわないかん。
あんたとこが借りたいといぅあの家の向かいにな、古手屋が一軒ありまして
な。ここにな、お花さんといぅ、今年なんぼやったかいなぁ婆さん? 十九
か? そぉそぉそぉ、十九の娘が一人おります。これがまぁ、四町(しちょ〜)
界隈にない別嬪でな、今小町と評判の女ごや。

●まぁ二人、朝晩こぉ顔合わしてる。はじめのうちはやで、つれのぉにして
るけど、顔合わしてるときに「お早よぉございます。今晩わ」となるわなぁ。
そのうちに冗談の一つも言ぅよぉになるわなぁ。これがいかんがな■冗談言ぅ
たらいけまへんか?

●いかんがな。この冗談の裏には何があると思う? おまはんとこの倅、お
花ちゃんの顔見てみ、これが別嬪や「いっぺん、この向かいのお花さんと、
ゆっくり話がしてみたいなぁ、お茶が飲みたいな」と、こぉ思うもんや■い
え、うちの倅、真面目です、そんなこと思わしまへん。

●いや思うに違いないねん、わしでも思てるぐらいやで。おまはんとこの倅
が男前やろ、このお花ちゃんもおんなしよぉに思うなぁ。おまはんとこの倅、
名前なんちゅうねん? え? なに、世之助? 悪い名前やなぁ、世之助て、
世の中の助平の代表みたいな名前やないかいな、女たらしに違いないがな。

●それを知らんと、この向かいのお花ちゃんが「お向かいの若旦那、世之助
はんといっぺんゆっくり話がしてみたいな」と、思てる。双方が思い思てる
ある日のこっちゃ、この古手屋の親類に法事があって、ふた親が出かける、
泊りがけや。お花ちゃんが一人で店番をしてる。

●店の表でこぉ縫いもんをしながら店番をしてるとやなぁ、おまはんとこの
倅、お花ちゃんが一人といぅことが分かってて覗きに行きよるなぁ、店の前
でボ〜ッと立ってよる。

●お花ちゃん、人の気配がしてヒョイと顔を上げると、いつも思てるお向か
いの若旦那がおる「わぁ〜、世之助さん」てなもんやなぁ「お花さん」てな
もんやわなぁ。お前とこの倅が「お花さん、そこで何をしてなさるんでござ
いますか?」

●見りゃ分かるっちゅうねやこれ。声掛けよんねん、きっかけやがな。お花
ちゃん「はい、縫いもんをいたしております」「縫いもんでございますか、
分からんことがあったらお教えしまひょか」と、こぉ言ぃよるわ「さっきん
から、この袂のところ、丸みがうまいこといかしまへんの、若旦那どぉした
らよろしゅございます?」

●待ってましたとばかり、おまはんとこの倅が鼻の下を伸ばすだけ伸ばして
「どこでございますかいなぁ?」上がり込みよる。親が留守やちゅうことが
分かってる、女ご一人の家へ上がり込むとは、どぉいぅ行儀を教えてある?

■まことに、相すまんこってございます……? 何でこないボロカスに言わ
れんならんねん●さぁ、その日のうちに二人はえぇ仲になるなぁ■えぇ仲に
なりますか?●ならいでかいな、おまはんもあるやろ。若い時分のこっちゃ
分別がないがな、二人はできてしまうっちゅうやっちゃなぁ。

●そぉこぉするうちに親に内緒で忍び逢うよぉになる。女ごは受け身や、お
腹がこぉプク〜ッと膨らんでくるわな……、これおまはん、どないしなはん
ねん?■「どないしなはる」て、それ、どぉいぅことでございます?●「どぉ
いぅこと」て、ボ〜ッと聞ぃてんねやあらへんで、おまはんとこの世之助が
子どもこしらえたんやないかいな。

■え? うちの倅の子どもでございますか? わたくしにとりましては初孫
(ういまご)でございますなぁ●喜んでる場合やあれへんがな、おまはん。よ
そさんの娘のお腹大きして。さぁ、この古手屋さんは一人娘や「養子をもろ
て、身代譲ろ」と、こぉ思てなはった。そこでおまはんとのこ倅が養子に行
くわなぁ。

■ちょ、ちょっと待っとくなはれ。ほかのことはともかくも、うちもね、一
人息子でございますので、養子に出すといぅわけにはまいりませんので、そ
のお花さんを手前どもへお嫁にいただくと、こぉいぅことでどぉでございま
すか?

●何を言ぅてなはんねん。よそさんの娘を傷もんにして、それを自分とこへ
嫁にもらう……、何を考えてなはんねんッ!■何で、そないボロカスに言わ
れんならんねん? まだ宿替えもいたしておりませんのです。

●さぁ、双方のふた親は反対をするわなぁ。二人、若いもんは困るに違いな
い「どぉしたらよかろぉ、こぉしたらよかろぉ」と困ってると、町内で苦労
人のな、一番よぉものの分かった家主、つまりはわたしのことやなぁ、わし
とこへ相談に来よる「こぉこぉこぉいぅ事情でございます」

●「そら仕方がない。なぁ、惚れ合ぉて一緒になったらよろしぃ。子どもも
できてんねんさかい、わしが話をしたげよ」と、おまはんとこ行て「養子に
出すよぉに」ちゅうたら、あんたもなぁ「嫌や」とはよぉ言わんやろ?

■いえいえ、何とおっしゃいましても、倅を養子に出す、それだけはご勘弁
のほどを●おまはんも片意地な人やなぁ。そんなこと言ぅてたら、えらいこ
とになりまっせ、取り返しのつかんことが起こりまっせ……

■「取り返しのつかんこと」でございますか、どぉいぅことになるんでござ
います?●二人は「大阪におったんでは一緒になれん」といぅて、手に手を
取って東京へ駆け落ちをするなぁ■東京へ駆け落ちをいたしますか……、やっ
ていけまっしゃろか?

●いやぁ、おまはんとこの倅はなぁ、しっかりしとる。家の金をこぉ持ち出
して行きよる。それでまぁなんとか東京で食いつなごといぅわけやが。東京、
おまはん知らんやろ、物の値が高いがな、瞬く間にこの銭がのぉなってしま
う。

●「さぁ、明日日(あすにち)どぉして暮らしたらよかろぉ? 仕立職といぅ
腕があるけれども、元手がないと店はやれん。どぉしたらよかろぉこぉした
らよかろぉ……」しょ〜がない、食ぅためにやな、日雇いの仕事、力仕事に
出る。

●おまはんとこの倅、体はどないや? 丈夫か? しっかりしてるか? な
に? 仕立職でございますので、針より重たいもんは箸ぐらいしか持ったこ
とございません? 不細工なやっちゃなぁ、これやさかい色男はわしゃ嫌い
やねんホンマに、肝心なときに役に立たん。けどまぁ仕方がないがな、材木
運んだり土をこぉ運んだりしてる。

●ところが慣れん仕事やがな、疲れてつかれて病気になって寝込んでしまい
よるがな。可哀相なんはお花ちゃんやなぁ、女ご手ひとつで働きながら亭主
の看病せんならん。しかし、そんなことではどぉすることもでけん。お定ま
りの色街へ身を沈めるちゅうやっちゃ。

●吉原やなぁ、お花ちゃん、吉原へこぉ体を売って、そのお金でおまはんと
この息子がやな、それで何とか養生して元気になるわいな■あッ、元気にな
るんでございますか、こらありがとぉございました。で、そのあとどぉなる
んでございます?

●「どぉなる」て、江戸の町にもわしみたいな人がおるがな「困ってんねやっ
たらちゃ〜んと世話をしてあげよぉ」といぅので、仕立職の下職(げしょく)
に就いて、おまはんとこの倅が働くわなぁ■はッ、仕事まで世話していただ
いて、ありがとぉございます。で、何でございますか、それで一生懸命働い
てお金を貯めて、そのお花さんを身請けして、二人で仲良ぉに暮らすと。こぉ
いぅことでございますか?

●甘いなぁお前さんわ……、甘いッ! 世の中そんなもんやないで。お花さ
ん、吉原へ身を沈めたら、あれだけの別嬪や、もぉ瞬く間にやなぁ、一、二
を争う「お花大夫」といぅ、えらい名前が売れる。

●さぁ、このお花大夫に惚れ込んで来よったんが、さる藩の留守居役や。こ
れが手を変え品を変え口説いてくるが、おまはんとこの亭主に操を立ててお
花大夫「うん」と首を縦に振らん。

●さぁ、そぉなったら「金で話をつけよぉ」といぅんで、出入の回船問屋の
「北海屋」これを呼び付けよるなぁ。季節は春やなぁ、吉原のお茶屋の奥座
敷、庭には桜が満開やなぁ……

●「これはこれは、黒岩様。なかなかご盛んなことでございますなぁ」「何
を申しておる北海屋、身共はそのよぉなことではない。この花を見ながら、
一杯その方とやりたいだけじゃ」「何をおっしゃいます。黒岩様のお目当て
は、花は花でも、もの言ぅ花でございましょ?」

●「その方、存じておるのか?」「蛇の道はヘビでございます、いやぁ〜、
身請けの金は心配ご無用、こちらでご用意いたしましょ〜。ついでにあの邪
魔な仕立屋の亭主もバッサリと。その代わり、例の抜け荷の一件はよしなに
お取り計らいの程を……」

●「その方も、なかなかの悪じゃのぉ」「黒岩様も……」「アハハハハ……」
「エヘヘヘヘヘ……」「ワ、ハハハハハ……。エ、ヘヘヘヘヘ……」

●ん? 仕立屋がおれへんやないか……、最前までここに座ってた仕立屋が
おらんやないか? 婆さん、どないしたんや? はぁ、回船問屋のあたりで
帰りはりました? 何をすんねんな、この話はこれから面白なんねがな……、
婆さんこっち来て続きを聞きなはれ。


【さげ】
 「嫌やがな……」わぁわぁ言ぅております「小言幸兵衛」でございます。


【プロパティ】
 借家借り=当日、南光さんは「小言幸兵衛」の演題で高座にかけられまし
   た。
 血液型性格分類提唱者=日本で最初に取り上げられたのは1920年代、原来
   復、小林栄、古川竹二らによるらしい? 思い付きはよかったが素人
   でも看破できるその理論に、学会(そんな学会があるの?)では否定
   されたという。面白い裏話として世間に血液型占いブームが起こった
   1930年代、毎日新聞は肯定派、朝日新聞は否定派として噛み付き合っ
   たらしい?
 片意地(かたいじ)=意地を立てとおすこと。いこじ。
 ボヤク=つぶやく。ブツブツと不平をいう。また、小言をいう。
 難儀=困難・困却・迷惑・面倒なこと・煩わしいこと。約まってナギ。
 憚(はばか)り=人目をはばかる所の意で便所のこと。
 とぉに=疾うに:と(っ)くに。つとに。早くから。ずっと前から。
 くノ一=「女」の字を分解すると「く」「ノ」「一」になることから、女
   忍者。また、女性のこと。
 けつかる=居る。する。の意の下品な悪態口に用いる語で、ケツカルだけ
   でも「居やがる」の意であるが、さらに他の動詞に付いてその下品な
   言い方になる。サラス・クサル・ヤガルなどと同じ意に使用するが、
   この三つは動詞の連用形に付くのに対して、ケツカルだけはテに接続
   する。してケツカル。言うてケツカル。など。ケッカルともいう。
 ボロカス=くおみそ。ボロクソ。
 ボロクソ=朝飯前。へっちゃら。屁のかっぱ。お茶の子さいさい。
 貸家札=「かしや」と書いた短冊を二枚、外から見て「人」内らから見て
   「入」と読めるよう「ハ」の字に貼ってあった。
 三下り半=簡略に記すと三行半になることから、江戸時代、庶民の間で行
   われた、夫から妻に対する離縁状。みくだり。文面例として……
     一、今般双方勝手合を以及離
       縁 然ル上者其元儀 何方縁組
       いたし候共 私方に二心無
       依之離別一札如件
 アホんだら=タラはグウタラなどの軽蔑の意を込めた接尾語。アホタレの
   タレも同じ。馬鹿野郎の意味ではあるが、どこまでも柔らかく間が抜
   けている。約まるとアンダラ。
 借家=上方では、借受人から見た場合にも、借家といわず貸家の語を用い
   るのが普通だった。
 別嬪(べっぴん)=嬪は嫁。夫に連れ添う女。奥御殿で、天子のそば近くに
   仕える女官。別嬪:嬪の中でも選ばれた嬪。美人。
 タラシ=タラス:なだめる。すかす。だます。名詞化すると「タラシ」
 吉原=東京都台東区浅草北部。もとの遊郭地。現在は千束の一地区。1617
   年、江戸市中に散在した遊女屋を日本橋葺屋町に集めて公許。明暦3
   年(1657)大火で日本堤山谷(さんや)付近に移転。その以前を元吉原、
   以後を新吉原という。遊郭は1958(昭和33)年、売春防止法の成立とと
   もに廃止。
 下職(げしょく)=協力業者。外注。アウトソーシング。
 抜け荷=江戸時代、幕府の禁令を破って主に日本に渡来したオランダ人・
   中国人との間で行われた密貿易。
 よしなに=よい具合になるように。よいように。
 音源:桂南光 1999/02/12 枝雀寄席(ABC)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=桂南光 sub=*  ●main高座記録日:1999/02/12  ●番  組  名:枝雀寄席(ABC)  ●ファイル公開日:1999/12/05  ●江戸落語相当:小言幸兵衛  ●更  新  日:2007/12/02  ●リクエスト数:rakug188  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次