【上方落語メモ第4集】その186

天     災


【主な登場人物】
 お前さん  心学者・紅羅坊名丸(べにらぼぉなまる)  中川のご隠居
 松っちゃんほか

【事の成り行き】
 今年の夏、中州でテント張ってて、大雨降って、みな流されたという事故
がありました。これを天災というとあまりにも天がかわいそうですね。事前
に避難勧告が出て、ほとんどの人が避難したあと覚悟の残留なわけですから。

 まぁ、いくら大きな声で「自然を甘く見るな」と叫んでみたところで、俺
様は人間様じゃ、という輩は減りはしません。ここはひとつ救助活動、捜索
活動を有料にしてみたらどうでしょう。

 7時のニュースで伝えます「○○川で行方不明になっている方、現在○名、
この○日間で掛かった費用○千万円、明日あたり、億の大台に乗りそうな勢
いです。早く見付かるといいですね」俺様は人間様じゃは多分、こんなこと
には敏感なはずです(1999/11/21)。

             * * * * *

 え〜、ありがとぉございます。正月早々ぼやくわけやおまへんけども、こ
の頃の子ぉは物喜びしまへんなぁ、よその子ぉは知りまへんで、うちの子ぉ
なんかことにです。

 今年も南光さんからね、お年玉、二人の娘五千円ずつもろたんです、喜び
まへんわ。その点、南光さんとこの息子二人、わたし五万ずつ渡したらえら
い喜んでくれはってね。どぉもこの頃うちの娘あきません。

 まぁ、下の方は懐いてくるんです、十五ですから。上の二十二が、どぉも
この頃離れていきよるんです、去年からずっと離れとぉるんです。どぉも調
べてみると、その〜、上の二十二に……(親指)、ができたよぉなんです。

 最近ね、夕方でも昼でもいつでも電話でしゃべっとぉる、嬉っそぉな顔し
てね。あれ、受話器から声聞こえてきまんねん、男の声です。ほぉら聞こえ
てきたらムカムカ、ムカムカしまんなぁ。気になってしゃ〜ないでんがな。

 で、わたし聞くんです「おいおい、誰としゃべっとんねん?」パッと(受
話器)押さえてね「ほっといて」と、こない言ぃよる「いや、ほっとかれへ
んがな、気になるがな。誰としゃべってんねん?」「ほっといて」

 「いや、ほっとかれへんがな、おら親父やで、何かあったら俺が責任取ら
なあかんねん。誰としゃべってんねん、言ぅてみぃ」「もぉ、ほっといてて。
わたし二十二やで、もぉ自分で責任取る、もぉほっといて」

 「そんなん取られへんねんて、最後には俺が出て行かなあかんねんから、
ほっとかれへんねん」「もぉ、ほっといてて。ホンマに自分で責任取るから」
「ほっといたらぁ、ばかたれが」言ぅたもんの、ほっとけんもんですなぁ、
やっぱり気になります。

 こないだも家帰りましたんや、夕方八時ごろ。ほな、その上の娘がね、車
乗って出て行ことするさかい「おい、どこ行くねん?」「もぉ、ほっといてぇ
な。あんた、こないだ『ほっとく』言ぅたん違うんかいな、もぉほっといてぇ
な」

 「ほっといたらぁ、ほんまに。どこへでも行け、あほ。で、とりあえず何
時に帰って来るねん?」「もぉ、ほっといてぇな、もぉほっといて」「ほっ
といたらぁ、あほッ」腹立ってねぇ、家入ってね、嫁はんに「おい、娘どこ
行きよったんや?」「ほっといたりぃな」嫁はんも、腹立ちまっせ。

 今日あんた、家出てくる時、嫁はんがわたしに「あんた、関テレ終わった
ら何時に帰って来るねん?」言ぅから、わたし言わなしゃ〜ない「もぉほっ
といてぇな」

 もぉちょっとこぉ、婿はんを立ててくれりゃえぇのに、どぉいぅもんか、
この頃の嫁はんは婿はんを立てまへんなぁ。男は体を張ってですね、女性を
守りますよ。女性は体が弱いんですから、わたしは女性を守りますよ。

 ですから、嫁はんは、女性といぅものは夫に尽くしてくれたらいいんです。
それが美しぃんですよ。尽くして尽くして死んでゆく、これが女性の生き方
やないかと思うんですがね。

 わたしなんかもぉこれ(口)が立たないもんですからね、どぉしてもこっち
(手)の方がこぉ先出るわけです。こらまぁ、どこのうちでも一緒やないか
と思いますが……


■こ、こんにちわ。ちょっと聞ぃてもらえまっかホンマに。ちょっと聞ぃと
くなはれ▲ど、どないしてん、えらい興奮してるがな、どないしてん?■い
やもぉ、腹立ってしゃ〜ないんだ。どっちが悪いか、あんた聞ぃとくなはれ。

▲聞ぃたるがな、どないしてん?■「どないした」てあんた、今、仕事行て
ね、うまいこといたんや仕事。嬉しぃがな、帰る途中であんた、一杯呑んで
家帰ったら、嫁はんが文句言ぃよるんだ。

■「何やあんた、赤い顔して。仕事終わったらシュッと真っ直ぐ帰って来な
はれ。どこぞで一杯呑んでなはったんやろ、お膳の用意がしたぁんねや、段
取り狂いまっしゃろ。仕事終わったら、どこへも寄らんとシュッと真っ直ぐ
帰って来なはれ」て、こんなこと言ぃよるんだ。

■嫁はんが夫に口答えするて、こんなアホなことがおまっか。わたいこんな
質(たち)やさかい、ムカッときたさかい、嫁はんの胸ぐら掴んで「こらッ!
夫に口答えさらすな」ちゅうて、ちょ〜どここ(眉間)んとこですわ、ここ
んとこあんた、バ〜ンといたん。

■ほな嫁はん、鼻血ブワァ〜ッ出しよった。ほんだらあんた、うちの母親、
お母(か)んが出て来て「ちょっと待ちなはれ、あんたは何ぞいぅたらこの嫁
(こ)に手をかけんねん。この嫁叩くんやったら、わたいを叩きなはれ」ちゅ
うて、お母んが出て来よるんだ。

▲「出て来よるんだ」て、結構な話やないかい。世間見てみぃ、嫁と姑ちゅ
うたら仲の悪いもんや、そこいくとお前とこは姑が嫁を庇うねや、結構な話
や。

■なんの結構なことがおますかい「そない言ぅねやったらどついたら」言ぅ
て、母親を掴まえて、ちょ〜どここんとこですわ、ここんとこバンと、こぉ
いたん。ほな母親も鼻血ブワァ〜ッ「気分悪いわい、出ていってくるわい」
言ぅて、今ここへ出てきましたんや……、あんた、これどっちが悪いと思い
なはる?

▲お前はアホか、お前わ? お前が悪いのに決まってるやないかい。何でそ
んな、女に手ぇかけたりすんねん。この頃、内わだけやないやん、友達掴ま
えて、気に入らんことがあったらバ〜ンとどつくやろ。この頃お前、怖がっ
て友達そばへ寄らへんがな。だんだん友達減ってんのんが分からんか?

▲何ですぐそぉカ〜ッとなんねん? そんなことでは世間渡っていかれへん
で。もっと丸ぁるい人間ちゅうのかなぁ、穏やかな人間にならなあかん。な、
わし今から手紙を書いたるわ。この手紙持ってな、南炭屋町曲がったところ、
奥から三軒目や。紅羅坊名丸いぅてな、心学の先生がおられる。

▲心学分かるか? 心の学問やなぁ、紅羅坊名丸いぅて立派な先生や。いっ
ぺん、この手紙持ってな、その先生の話聞ぃてこい。人間ちょっとは変わる
やろ思う、丸ぅなるやろ思うさかい。これ持って、紅羅坊名丸先生の話聞ぃ
てこい■あぉそぉ、まぁすぐ帰るんも何やさかい、ほな行てくるわ。さいな
ら……

■チェッ、こんなもんお前、人の話聞ぃたって人間変わったりするかい、生
まれつきやないかい、しゃ〜ないやないかい。皆が俺に逆らいよるさかい、
俺はボ〜ンといてもたんねや。みんなで俺を大事にしてくれたら、おら何に
もせぇへんが。何で世間のやつ、あないして皆、俺に逆らいよるんかなぁお
もろない……


■(ドンッ)痛いなぁ! 誰や、ぶつかりやがってアホンダラ、気ぃつけ!
ボォ〜ンッ、ほ〜ら鼻血出しとぉるがな、おもろいなぁ……、え〜ッと、奥
から三軒目、ここのうちか、お〜い、居てるか? 居てたら返事せぇ! 居
てるか?

●どなたですかな?■「どなたですかな」何をおさまってけつかんねん、あ
ほんだらホンマに「便所にはまる」っちゅうのん、お前かい?●何でござい
ます?■「便所にはまる、っちゅうのはお前かい」っちゅうてんねん?

●便所にはまる……? わたしは紅羅坊名丸です■何じゃ知らんわい、そん
なもん。便所にはまったんやったら、いっぺん名前、変えた方がえぇぞ●ほ
ほッ、面白いお方ですなぁ。まぁまぁ内らへお入んなされ。

■入れてもらうわい、そんなもん。入るためにやって来たんやないかい、な
んぬかしてけつかんねんホンマに。よいしょッと、糞生意気にえぇうちに住
んでけつかるなぁホンマに……、えぇ間取りやないかい、ここ家賃何ぼや?

●あなた、どっからお越しです?■どこでもえぇやろが、そんなもん。この
手紙持ってな「お前の話聞ぃてこい」ちゅわれたんじゃ●あぁあぁ、お手紙
をな、拝見さしていただきましょ〜……、おぉおぉ、中川のご隠居さんとっ
から。ご隠居、お元気かな? あぁそぉですか、結構です。では拝見をさし
ていただきます……

●はいはい、いや、ご無沙汰は互いです。はいはい、はい、ほぉ……、あぁ
なるほど、そぉでしょ〜なぁ、何となく分かります……、ひどいですなぁ、
ひど過ぎますなぁ……、む、無茶苦茶ですなぁ。あなたのことが詳しく書い
てあります……、いけませんなぁ……、そぉですか……

■表出るんか?●表へ出やいたしません■人の顔と手紙と七三に見て、鼻で
ほほほほッと笑いやがって……、気の悪いやっちゃなぁホンマに。おらぁい
つでもやったんでおい●わたしは「やりゃ」いたしません。お手紙によりま
すと、あなたは短気なそぉですなぁ。

■誰がタヌキやねん?●「タヌキ」やない、短気。短気はいかんなぁ……、
昔から言ぅではござらんか「短気は損気」といぅてな、お分かりかな?■そ
んなもん分かるかい●分からんじゃろぉなぁ。お手紙によりますと、ひどい
ですなぁ。あなた、こぉいぅのをご存知か?「気に入らぬ風もあろぉに柳か
な。ムッとして帰れば角の柳かな」と、お分かりかな?

■分からへんっちゅうてんねん●分からんじゃろぉなぁ〜。いやぁ、次に書
いてあるのはいけませんなぁ、自分の母親までに手を上げるといぃなさる、
これはいかん。昔から言ぅではござらんか「孝行のしたい時分に親はなし。
さればとて、石に布団も着せられず」と、お分かりかな?

■分からへんっちゅうてんねん●分からんじゃろぉなぁ。でわ、これはどぉ
じゃな?「堪忍のなる堪忍は誰もする、ならぬ堪忍するが堪忍。堪忍の袋を
常に首へ掛け、破れたら縫え破れたら縫え」と、お分かりかな?

■「分からへん」っちゅうてるやろッ!●分からんじゃろぉなぁ〜。でわ、
あなたに良く分かるよぉに、わたしがお話をしましょ〜。まぁ例えば、あな
たが往来、道を歩いてなさった。すると、どこぞの丁稚さんが表へ差して打
ち水をしてなさった。この打ち水の水が、あなたの着物の裾に掛かったとし
たら、あなたはどぉしなさる?

■「どぉしなさる」どぉしなさるも、こぉしなさるもないやろ。水かけたん
やろ、丁稚捕まえるがな。ここ(眉間)やないかい、そんなもん。バ〜ンや
ないかい、丁稚、鼻血ズゥ〜やないかい。俺は男らしぃんやから●どこが男
らしぃ? あなたは大の大人じゃ、大人が子どもを叩いて「男らしぃ」と言
えますかな?

■こら言えんわなぁ、おらちょっと恥ずかしぃこと言ぅた、あやまろ。勢い
で言ぅてもたんや、おらこぉ見えても子どもには手ぇ出さんよ●されば、どぉ
しなさる?■一応お前、丁稚掴まえるわい。家の中入って行くがな。主いとぉ
るやろ、主人に「こら、お前、丁稚の躾がなってないぞ、俺に水かけよった
んや。この濡れたんどないしてくれんねや?」と、おら主に文句言ぅがな。
これやったらえぇやろ?

●あなたのなさりそぉなことじゃ。でわ話を変えましょ〜、今度は長屋じゃ。
あなたが長屋の前を歩いてなさった。屋根から瓦が落ちてきて、あなたの頭
に当たりました。どぉしなさる? あなたこれ、瓦と喧嘩をしなさるか?

■そんなもん、瓦と喧嘩できるかい●どぉしなさる?■「どぉしなさる」て
お前、落ちてきた瓦持つやないかい、家の中入って行くがな。住んでるやつ
に「こら、お前とこ家の普請悪いやないかい。瓦滑って落ちてきた。当たっ
たんや。これどないしてくれるんや」と、おら住んでるやつに文句言ぅがな。

●あなたのなさりそぉなことじゃ。でわ、そこのうちが空き家ならどぉしな
さる?■えぇ? そこ空き家かえ? お前も考えてくるやないか……、空き
家かい? 誰か引っ越して来るのん待ってたらえぇやないかい●あなた、気
が短いのか長いのか、分かりませんなぁ。ずっと誰も引っ越して来なんだと
したら、どぉしなさる?

■え? ずっと誰も引っ越して来ぇへんのかい? おぉ、家主(いえぬし)い
とったがな、家主(やぬし)とこ行たるがな「こら家主(いえぬし)、家の普請
悪いわい。瓦落ちてきた、どないすんねん?」家主(やぬし)に文句言ぅ。

●あなたのなさりそぉなことじゃ。でわ話を変えましょ〜。今度は広ぉ〜い
野原じゃ、広ぉ〜い野原、そこをあなた一人が歩いてなさった。にわか雨、
ザ〜ッと雨が降ってまいりました。今度は着物の裾どころか、全身濡れネズ
ミじゃ。さッ、どぉしなさる? あなたこれ、雨と喧嘩をしなさるか?

■そんなもん、雨と喧嘩できるかい●どぉしなさる?■「どぉしなさる」て
お前、雨降ってきてんやろ、傘や傘や、パ〜ッと傘差すがな、それで終いや
ないかい●ところがその時、あなたは傘を持っておりませなんだなぁ。

■わし、傘持ってへんかったん? おかしぃやないかお前、俺「降りそやな」
思たら、たいがい持って出るでお前。持ってなかったんやったらしゃ〜ない、
まぁ家とかお店があるがな、軒突き出てるがな、おら軒の下入って雨宿りす
るがな。

●ところがそのへんには、家もお店もなんにもない、広ぉ〜い野原です■あ
そぉ……、大木あるがな、ごぉ〜っつい木ぃな。俺、大木の下入って雨宿り
したんがな●ところがその辺には大木も何にもない、広ぉ〜い野原です■お
前、嬉しそぉにもの言ぅな「何もない、何もない」て、汚いやっちゃなぁ。

●天が雨を降らしました。あなたこれ、天と喧嘩をしなさるか?■「しなさ
るか」て、でけへんやないかい、遠いとこにあんねやさかい。近くやったら、
おら天でも何でもいてもたんで、届けへんやないかい、もぉえぇやないかい。

●どぉ「もぉいい」のですか?■「どぉ『もぉいい』のですか」俺が「もぉ
えぇ」言ぅてんねんから、そんでえぇん違うんかい?●世の中、そないあな
たの言ぅとぉりにはいきませんなぁ。なぜ、天ならいいのです?

●あなたは丁稚さんに、ちょっと水を掛けられただけでムカついているんで
す。今度は全身濡れネズミです。悔しぃでしょ〜、たまらんでしょ〜、情け
ないでしょ〜■情けないよ、ビチョビチョやろ、たまらんなぁ。おら悔しぃ
なぁ●されば、何とかしなさい■お前しつこい人間やなぁ、何ともでけへや
ないかい。もぉえぇ、もぉえぇがな。

●なぜ、雨ならもぉいいのです? 説明しなさい。わたしの納得のいくよぉ
に「こぉこぉ、こぉいぅわけでもぉいいのです」と、説明しなさい。あなた
偉そぉなことを言ぃなさんなよ、なぜ雨ならもぉいいのですか? 説明しな
さい……、おいッ!■お前、えらい恐いやっちゃなぁ、急に気合掛けんなア
ホ。おらこぉ見えても案外ビビリやねんぞ、何言ぅとんねんお前、もぉえぇ
やないかい●どぉ、もぉいいのじゃ?!

■「どぉ、もぉいいのじゃ」て、おら諦めるがな。諦めたる●「諦める」そ
こです■どこです?●いやいや、モノを探してるんではない。天が雨を降ら
しました。天と喧嘩をするわけにまいりません。これを我々心学の方では天
の災い「天災」と申します。お分かりかな?

●屋根から瓦が落ちてきたと思うので、あなたはカッとくる。天が瓦を投げ
たと思たら、諦めなしかたがない。丁稚さんが水を掛けたと思うので、カッ
とくる。天が水を掛けたと思たら、諦めなしかたがない。これを天の災い、
天災と申します。お分かりか?

■何や分かったよぉな、分からんよぉなこと言ぃやがって、そら俺かてアホ
違うねんさかい分かるわいや。あんたが言ぃたいのは「おら気が短いさかい、
人に何かされた時、バ〜ンと仕返しせんと、な、天にやられた思て諦めなあ
かん」ちゅうことを、お前、俺に教えてくれとんねやろがな……、えぇ話や
ないかい。

■せやけどなかなか思われへんがな、そんなもん……、分かるがな、あんた
の言ぃたいのん。いや、最前こっち来る時、バ〜ンとぶつかって来よったん
や、これをお前、天や思えっちゅうんやろ、お前の言ぅのん……、そんなん
思われへん。人間の格好しとんねんもん、バ〜ンきたらバ〜ンいかなしゃ〜
ないがな。

■せやけど俺、今な「雨やったら、天やったら、諦める」言ぅたんやからな、
頑張ってみよか。いや、最近友達減っとんねや、ちょっと寂しぃねん●お分
かりかな?■よぉ分かったよ●分かってないよぉな気がいたしますが、まぁ
分かったなら結構です、気をつけてお帰り。お茶も出さいで失礼をいたしま
したなぁ。

■かめへん。いつもやったら俺、茶ぁ出さなんだらムカッとくるで、今日は
お前「天が茶ぁ出さなんだ」思て諦めるがな。そぉいぅよぉなこっちゃろが
な●お、面白い例えですなぁ、結構です、気をつけてお帰り……、これッ、
あなた人のうちを出て行く場合は、表の戸ぉは閉めて帰りなさい。

■お前かて「天が戸ぉ閉めなんだ」思て諦めなあけへんやないか。あいつ自
分のこと分かっとれへんがな、俺、あぁいぅやつ一番嫌いやねん。おら単純
やけどすぐ分かったで、何かあったら天、天や、天やねん、しゃ〜ないねん
天は。もぉしゃ〜ない、すべて天なんや。生き方やで、考えてみたらなぁ、
何かあったら天や、諦めなしゃ〜ないねん、何や俺、人間大きなったよぉな
気がするがな、嬉しぃなってきたなぁ……

■おい嬶(かか)、今戻ったぞ★どこ行ってなはったんやホンマに、人、殴る
だけ殴ってからに■えらい済まん。さっきバ〜ンいて痛かったやろ、堪忍し
てくれ。お母んお母ん、さっきはボ〜ンいて痛かったやろ、堪忍してくれ。
な、俺にやられた思たらムカつくわい。まぁ、天にやられた思て諦めてもら
おか。

★そんなもん、思えるかいアホ。わけの分からんこと考えてきて……、しか
しまぁな、あんたがカ〜ッとなって、どっか出て行ってた方が良かったわ。
あんたが出て行たあと、隣りの松っちゃんとこ、えらいこっちゃったんや。

★覚えてるか、今から三月前や、何があったんか知らんけど、松っちゃんが
三月前に嫁はんに「出て行け」言ぅて、嫁はん放り出してしてもた。すぐ新
しぃ嫁はんもぉた。な、別れた前の嫁はんがやって来て、今の嫁はんと松っ
ちゃんと三人で、えらい喧嘩やったんやがな。長屋の人が出て来て、今やっ
と静めたとこや。

★みな喜んではったで「あんたが居てなかって良かった」言ぅて。あんた居
てたら、まだ喧嘩ひと回り大きなってるわ「居てなかって良かったな」言ぅ
て、みな喜んではった■そぉか、松とこ喧嘩しとったんか。よし分かった、
行てきたる★いや、もぉ行かんでもえぇねん、収まったんねんから■いろい
ろと言ぅてやることがあんねん。ちょっと行てきたる……

■おい松ッ! 何やお前とこえらい喧嘩しとったんやてなぁ?▲おまはんか
いな、いや、うちもぉ収まったんや、もぉえぇねや■えぇことあるかいアホ。
だいたいお前がいかんぞ▲やっぱり、俺がいかんのかなぁ?■当たり前やな
いかい、まぁお前がいかん。だいたいお前は「タヌキ」やお前は、お前は狸
や▲いや、わし人間やけどなぁ。

■いやいや、そぉではござらん。昔から言ぅではござらんか「タヌキは狸」
と。お分かりかな?▲何や分からんわ■分からんじゃろぉなぁ。あなたこぉ
いぅのをご存知か?「気に入らぬ、気に入らぬ、風邪をひぃたら熱が出る。
ムッとして、汗をかいたら熱下がる」と、お分かりかな?

▲分からんなぁ?■分からんじゃろぉなぁ〜……、お手紙によりますと、あ
なたは実の母親までに手を掛けるといぃなさる▲そら、お前のことちゃうん
か? おい■これはいかん。昔から言ぅではござらんか「コォコォの漬けた
い時分にナスはなし、さればとてキュ〜リも生でかじられぬ」と、お分かり
かなぁ?

▲分っからんなぁ?■分からんじゃろなぁ。でわ、これはどぉじゃ「堪忍の
なる堪忍は、あぁ堪忍。奈良の堪忍、駿河の堪忍、あぁ堪忍。破れたら堪忍、
縫ぅたら堪忍。あぁ堪忍カンニン、堪忍かんにん」お分かりかな?▲分から
んわ。

■分からんじゃろぉなぁ。でわ、あなたに良く分かるよぉに、わたしがお話
をしましょ〜。広ぉ〜い広ぉ〜い野原じゃ、広ぉ〜い野原、そこをあなた一
人が歩いてなさった。にわか雨、ザ〜ッと雨が降ってくると丁稚さんが水を
撒く▲その丁稚、アホやろ。雨降ってんのに何で水撒かなあかんねん■する
と丁稚は、屋根から落ちてくる▲また危ない丁稚やなぁ■すなわち天の災い、
天災じゃ。お分かりか?

▲そんなもん、分かるかいアホ■分からんガッキャなぁ、こいつわ。俺はす
ぐに分かったよ俺は。お前とこの喧嘩やないかい、あれ前の嫁はんが飛び込
んで来たから喧嘩になったんやろ。せやから、これを「前の嫁はんやと思わ
んと、天が飛び込んで来た」と思えちゅうねん。天やったら喧嘩のしよぉが
ないやろ。これを天の災い「天災」っちゅうねん。分かったか!?


【さげ】
▲何(なん)かしてけつかんねん。うちは「先妻」で揉めてんねや。


【プロパティ】
 ボヤク=つぶやく。ブツブツと不平をいう。また、小言をいう。
 下の娘=タレントの関口まいさん。
 ばかたれ=馬鹿垂れ:「たれ」は洟垂れ、糞垂れなどの垂れから派生か?
 「尽くさんかい」=1999年、ざこば師匠自ら作詞・作曲・自主制作したCD。
 しゃ〜ない=仕様が無い→しょうがない→しょ〜ない→しゃ〜ない。
 南炭屋町=現在の中央区西心斎橋。いわゆる、アメリカ村。
 心学=江戸時代、享保年間(1716〜1736)に興った庶民教育思想。儒・仏・
   神の三教を混融し、平易な道話によって道徳の実践を説いたもの。石
   田梅巌を祖とし、手島堵庵・中沢道二・柴田鳩翁らに受け継がれて全
   国に普及した。石門心学。
 いてまう=やってしまう。
 けつかる=居る。する。の意の下品な悪態口に用いる語で、ケツカルだけ
   でも「居やがる」の意であるが、さらに他の動詞に付いてその下品な
   言い方になる。サラス・クサル・ヤガルなどと同じ意に使用するが、
   この三つは動詞の連用形に付くのに対して、ケツカルだけはテに接続
   する。してケツカル。言うてケツカル。など。ケッカルともいう。
 アホんだら=タラはグウタラなどの軽蔑の意を込めた接尾語。アホタレの
   タレも同じ。馬鹿野郎の意味ではあるが、どこまでも柔らかく間が抜
   けている。約まるとアンダラ。
 便所にはまった……、名前、変えた方が……=わたしも、中河内に住んで
   いた子どもの頃、聞かされた覚えがあります。肥溜め(どつぼ)も同
   様でした。検索すると関西地方の風習のようですが詳細は不明。
 何をぬかしてけつかんねん=ぬかして+けつかる+ねん。ヌカスは「言う」
   ケツカルは「する、いる」という意味の下品な悪態口を示す語。ネン
   は助詞「〜のだ」標準語では「何をおっしゃっているのでしょう」
 中川のご隠居=中川清は米朝師匠のご本名。
 気に入らぬ風もあろぉに柳かな・ムッとして帰れば角の柳かな=風の方向、
   強弱によらず自在になびき受け流す柳のように振舞いなさい。
 瓦葺の長屋=裏長屋・裏店(うらだな)の屋根はほとんど板葺であったが、
   表通りに面した長屋、表長屋・表店(おもてだな)は造りも立派で瓦葺
   だった。
 〜なんだ=なかった。せナンダ・知らナンダ・行かナンダ・読まナンダな
   ど、過去の否定形として使う。また、ありまへなんだ、行きまへなん
   だ、など、〜ヘン+ナンダと重ねて打ち消す場合がある。
 嬶(かか)=もとは幼児語、父(とと)、母(かか)。近世、庶民社会で、自分
   の妻または他家の主婦を親しんで、あるいはぞんざいに呼ぶ称。かか
   あ。
 音源:桂ざこば 1999/01/04 新春米朝一座(KTV)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=桂ざこば sub=*  ●main高座記録日:1999/01/04  ●番  組  名:新春米朝一座(KTV)  ●ファイル公開日:1999/11/21  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2007/11/18  ●リクエスト数:rakug186  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次