【上方落語メモ第4集】その181

替 わ り 目


【主な登場人物】
 松本留五郎  その女房  うどん屋

【事の成り行き】
 枝雀師匠がお亡くなりになって、すでに半年が過ぎようとするのです。言
い尽くされた言葉ですけど、ほんとに上方落語にとって大きなもんをなくし
たと思います。

 「枝雀落語」というと「宿替え」とか「代書」とかが代表のように思われ
てますけど、わたしはこの「替わり目」という噺を一番枝雀らしい噺に思っ
ています。例の「すびばせんねぇ、ははははぁ〜」という枝雀らしさの中に、
将来「たちぎれ線香」「百年目」といった枝雀落語らしくない噺へ続いてい
く要素を含んだ噺、ゆや、泣かせる枝雀があるからなのです。

 いまさら詮無いことですけど、枝雀師匠にはご病気回復されて、脱「枝雀
落語」のステップを踏んで欲しかった。と思っている今日この頃。

 例によって読む落語が一番苦手とする「酔っ払い」を文字にしないといけ
ません。まぁ、枝雀師匠の酔っ払いですから、皆さんもう耳に染み込んでい
らっしゃることと思います。

 文字はほんの参考程度「枝雀の替わり目」を思い出しながらお読みいただ
きますと、当方としましてはまことに助かるのです。まだお聞きになったこ
とがなかったら、読む前にまずお聞きになることをお勧めして、始めてみる
ことにします(1999/10/17)。

             * * * * *

 しばらくのあいだ、お付き合いを願うのでございます。お酒のおうわさで
ございます。

 お酒といぅものはまことに結構なものでございますねぇ「酒は百薬の長」
と申しますが、まことによく言(ゆ)ったものでございまして、えぇあんばい
に呑みますといぅと、こんな結構なものはございません。

 もっとも、呑みすぎたりなんかいたしますと二日酔いでしんどいこともご
ざいますがね、まぁまぁザッと言ぃましてあんな結構なものはないのでござ
いますねぇ。

 呑んでるうちに段々とこの、いわゆる判断力といぅよぉなものが鈍ってま
いりましてね、ことに自分がどのぐらい呑んでるかといぅよぉなことについ
ての判断力が曖昧になってまいりますねぇ。

 あの「酔いました」とゆってる人はホントはあんまり酔っていませんので
ね。酔ったもんに限って「酔ってな〜い、酔ってない」といぅよぉなこと、
よくございますねぇ。

 「誰がぁ〜、酔ぉてんね〜〜んッ!」酔ぉてんねんどころの騒ぎやないわ
けでございまして、もぉベロンコでございますけど、そんな人に限って「誰
がぁ〜、酔ぉてんねんッ。素面(しらふ)や」何がシラフなことがある。

 反対に「酔いました」とゆっている人はあんまり酔ってません「酔いまし
た……、こんなにたくさんいただきましたん、生まれて初めてでございます。
あの、ご挨拶申し上げたらえぇんですけれど、旦さんや皆さん方に、またお
座が白けましたらいけませんので、よろしお伝えいただきますよぉに……」

 「酔いました……、こんなにたくさんいただきましたん、生まれて初めて
でございます。何が何やら分かりません。へッ、酔いました……、失礼(ひ
つれぇ)いたします、何が何やら分かりません……、酔いました、ひッ、ひ
つれぇいたします、何が何やら分かりません、酔いました、何が何やら分か
りません……、さっきお土産にいただきました折を取ってもらえますか?」

 お土産の折は決して忘れないわけでございますから、ずいぶんとしっかり
しているもんでございますが、まぁまぁ、えぇあんばいに呑んでる気持ちと
いぅものは、やはりこの、呑んだもんやないと分からん気持ちではございま
す。


●いや、どぉもおおきにありがとぉ、いつもながらに遅なってすまん。まぁ
まぁボチボチ帰らしてもらわ。あぁ、あの〜親っさん、後片付けするの手伝
(てった)いまひょか? え? 結構です? あぁそぉでしょ、わいも手伝う
気ないけどね、へへッ、ちょっと愛想言葉ちゅうやつ、アハハハ〜ッ。ほな
失礼(ひつれぇ)するよ、おっきありがとぉ。

●うわぁ〜ッ、うわぁ〜ッ、内らから表へ出たら寒(さっぶ)いなぁ〜、しか
しまぁ、えぇあんばいに体(からら)火照っているよってに、少しぐらい寒い
風がえぇあんばい。えぇあんばいなってもた、ハハハハァ〜ッ。

●「♪今夜のおっ月さんは、三日月おっ月さん」ねぇ、満月も立派で結構や
けど、三日月おっ月さんも、どことのぉ悲しげで、風情があるねぇ、ハハハ
ハァ〜ッ、さっぱワヤやねぇ。

●「♪一でなぁし、二でなし、三でなし、四でなしかぁ……、五でなし、六
でなし、七でもありませんよ、八でもなければ九でもないなぁ〜い。十が十
一、十二、十三、十四、十五、十六、十七……」この唄止まらんなぁ、さっ
ぱワヤやねぇ。

●(ウ〜、ワン)あぁビックリしたぁ、何やお前、突然に「ワン」てなこと
言ぅな。ハハ、ハハハァ〜、犬や。クロですか? あなたのお名前、クロで
すか? クロでもチャイロでもえぇわ、クロ、クロ、クロよ……

●クロよ、あのねぇ、あぁた今犬ですけろね、わったしは人間ですけろね。
しかしながらにね、世の中といぅものは自業自得、因縁因果といぅことあり
ますから、あぁた今は犬ですけれろも、犬として立派な徳を積んでね、来世
は人間に生まれ変わるといぅことも、あるといぅことがないこともあるんれ
すよ……。ないこともない、といぅことれすね。

●ですから、そぉなった時には、またご互いに人間と人間として話し合いた
いと思いますねぇ。それまではどぉぞご機嫌よろしゅ〜……、おい、ちょっ
と話聞け、お前! あんま賢こない犬やなぁ、人せっかく話したってるのに、
人の話聞かんかいアホッ。そんなことなれば、ずっと犬してんならんぞ。ハ
ハハハハァ〜、さっぱワヤやねぇ。

●どぉやら、ここやねぇ(トントントン)ちょっと、ごめんやす(トントン)
開けとくなはれ。松本留五郎さんのお宅はこちらですか? ちょっとお開け
やす(トントントン)松本留五郎さんのお宅はこちらですか……?

▲どなた? ちょっと待っとぉくれやす。いえ、うちの人まだ帰ってぇしま
へんの、じきに開けます……、アホッ、あんたかいな。そやないかいなと思
たんや、声がよぉ似たぁるさかいに。

▲松本留五郎いぅたらあんたやないかいな。まさか自分訪ねて帰って来ると
思わへんがな、どんならんでホンマに。毎晩そんなこと言ぅて帰って来んね
んで、きのうどない言ぅた「聖徳太子さんのお宅はこちらですか?」おとつ
いは「坂上田村麻呂さんのお宅は……」あんなんどこで覚えねん、あんなこ
とホンマに。早いこと上がんなはれッ!

●言われんかて上がるわい……「♪目からぁ〜 火のぉ出ぇるぅ〜」▲大き
な声出しなはんな●大きな声出したら、いけませんか?▲「いけませんか」
て、ご近所ご迷惑やないかいな●なぜ、ご近所がご迷惑やねん?▲夜遅いや
ないかいな●ほぉ▲もぉ寝たはんねん皆。ぼやいたはんで「喧しぃ」いぅて。

●皆、ぼやいてはる? 迷惑か?▲当たり前やないかいな。夜遅ぉに大きな
声出したら迷惑やないかいな。皆、ぼやいたはるやないか「喧しぃ、喧しぃ」
いぅて、ぼやいたはるやないか●あそぉ、皆ぼやいたはるん? 悪いことし
たねぇ、よし、これから謝罪に……

▲「謝罪に」何言ぅてなはんねん、お布団敷(ひ)ぃてまんねん、寝なはれ寝
なはれ、寝なはれ早いこと●え?▲「寝なはれ」言ぅてまんねん。もぉ遅い
んやないか、寝なはれ●寝ませんよ。ちょっと持って来てくれ▲何を持って
来んのん?●何てお前、ちょっとこれ、ちょっと持って来てくれちゅうねん。

▲何持って来んねん?●何てお前、こぉしたら分かるやろ、ちょっと。まさ
かお前、ガソリン飲むか? 俺ガソリン飲んで口から火ぃ吐くのか? こぉ
したら分かるやろが、酒、酒▲アホなこと言ぃないな、ぎょ〜さん呑んでな
はるやないか。もぉ寝なはれ今日は、ぎょ〜さん呑んでなはんねん今晩。

●今晩もアンバンもあるかアホ、酒っちゅうもんはね、外は外、内は内でま
た味が変わるっちゅうことを思え。ですから「お酒は随分お召し上がりでご
ざいましょ〜けれども、うちのお酒も少ぉし呑んでからお休みなったらどぉ
でおます」といぅよぉなことを言ぅべきだよ。

●そぉ言われたら「あぁ、嫁はんにこれからまた世話かけるか。いや、もぉ
えぇもぉえぇ、もぉ寝るぞ」といぅよぉなことになるといぅことを思わにゃ
ならんよ。それをお前「寝なはれ、寝なはれ」と言われてみぃ「寝るかぁ」
と、こぉなる……。そこらの人情の機微といぅものを思いなさい。

▲そぉ……、まぁ、お酒といぅものは外は外、内は内でまた味が変わるもん
でっさかいに、うちのお酒も少ぉしだけ呑んでからお休みになったらどぉで
おます●ん〜ん……、それもえぇねぇ▲アホ●何でもかめへん、持って来い。
いつもの酒、わいの買い置きの上等、こっち持って来い。わいが注ぐ、わた
しが注ぎます。こちらへかしなさ〜い。

●酒屋へ特別にいぅてもろた酒、お前らに触らすことはできないですよ。湯
飲みもこっちかせ、わたしが自身で注ぎます。あぁたが注いだら盛りが悪い。
こんな結構な酒(トットットットッ、トットットットッ)何が情けないちゅ
うてねぇ、こんな結構な酒、湯飲みの上、少ぉしすかされるちゅな悲しぃも
んです。

●ハハハハ、ハァ〜、酒、盛り上がったぁる、えぇ酒や。これやないといけ
ません……、ちょっと何ぞないか?▲え?●何ぞちょっと、ないか?▲何?
●こぉいぅのん、ないか?▲何やのん、これ?●ちょっと何かつまむもんは
ないか?▲何にもないのんそれが、ごめん、なんにもないのん、何もない。

●こないだ「コォコの旨いのんもろた」言ぅてたやないか▲ごめん、あれみ
な、わて食てしもた●え?「あれみな、わて食てしもた……」悲しぃねぇ、
あぁたウソでも女ですよ。女言葉を使いなさい。男は男言葉を使い、女は女
言葉を使う。これが人間生活の常識ですよ。

●「あれごめん、みな食てしもた」顔、クシャクシャ、クシャ〜ッ……「い
ただきました」といぅのが女言葉です▲そぉ、ごめん。あれみないただきま
したの●それなればえぇ。いただくのはえぇけど食てしもたらいかん、いた
だきなさい。

●そぉ、貝の佃煮があったやろ▲ごめん、いただきましたのあれ……●目刺
しあった▲ごめん、いただきましたのあれ、いただきましたのわたしが●あ
のぉ……▲いただきました、ごめん●あのねぇ、わい今「あのぉ」ちゅうた
だけや。ほかのもんいただくのんえぇけどね「あのぉ」ぐらいはいただかん
よぉにしとかなあかん……。何ぞ、ちょっと?

▲ご飯の冷(ちめ)たいのんやったらあるけれども、冷やご飯●冷や飯? 冷
や飯つまんで、酒呑めるかッ。何ぞちょっとつまむもんないのんかい?▲茶
瓶のフタつまみなはれ。

●えらい女やねぇ。茶瓶のフタつまんで酒呑んで面白いかねぇ。酒を呑んで
は茶瓶のフタを……、茶瓶のフタをつまんでは酒を……、アホなこと言ぅな。
こぉせぇこぉせぇ、向かい行ってコォコ一本もろて来い▲何を言ぅてなはん
ねん、今、何時やと思てなはんねん●何でもえぇ、もろて来い▲もぉ寝たは
る●え?▲もぉ寝たはる、お向かいさんは。

●「寝たはる?」おかしぃなぁ……? 最前、わい唄歌とたら、皆ぼやいて
はったんとちゃうのん? どんならんねぇ、けしからんねぇ、わいが唄歌と
たらぼやいて、コォコもらいに行ったら寝るちゅな、そんなバカな寝よぉが
どこにあんねん、起こせ▲あかん、寝たはる。

●起こす工夫がある、バケツの中、カナダライ放り込んで「ガンガラ、ガン
ガラガンガラ、火事や火事や、火事やぞ〜、皆起きろッ」ちゅうて皆、起こ
せ▲起きて来はったらどぉすんねん?●起きて来はったら「やぁ皆さん、お
陰で火事は無事におさまりました。わたしの働きで、無事鎮火をいたしまし
た。つきましては、鎮火の祝いに誰かコォコくれまへんか?」て。

●よぉ言わんか、ぶっせぇ〜くなやっちゃなぁ。ほなこぉせぇ、あの角のお
でん屋開いてた、わい帰る時パッと見たら明かりついてた。何でもえぇ、四
つ五つもろて来い……、もろて来いッ。ハハハハ、ハァ〜、行きよった。

●ハハハハ、ハァ〜、いぅもんのえぇ女や、ハハハハ、ハァ〜。わいもぉね、
顔見たら「バカ」ちゅうてまうけど、えぇ女や。あれだけの女、ちょっとな
いねぇ。可愛い……、人が見たらでや知らんけど、わいが見たら、可愛い。
ハハハハ、ハァ〜、ありがたい、根が陽気や。ほんまやで、わいらみたいに
妙に真面目な人間はいかん、落ち込む時がある。あの女は落ち込まん……、
落ち込む穴がないねやね。

●不思議な女やねぇ、ふわ〜ふわ、ふわ〜ふわしてて「一緒に死んでくれ」
ちゅなこと言ぅても「嫌、うちは生きて行く」言ぅねや、ありがたい。細か
いとこに気が付くし、ありがたいなぁ「あんた呑めんよぉになったら仕方な
いけれども、幸せにして呑める時は呑んでください。それで気が発散すれば、
それが何よりです」言ぃよる。

●毎晩呑んで帰る、考えたら酒呑みの世話するためにいるよぉなもんやねぇ。
もぉあれはずしたら、ほかないねぇ。また、あれももぉもらい手ないやろけ
どね……、そんなこんなで歳取っていくねんねぇ、因果なもんや。

●腹の中では「済みません、ありがとぉございます」と、こぉ言ぅけどね、
顔見たら、そぉいぅ甘いとこ見せたらいかん。顔見たら「ばか〜、そっち行
け〜」言ぅて、腹の中では「ごめんなさい、ありがとぉございます」……

●お前、聞ぃてるのんか? 早よ行け……、ん〜〜ん、みな聞かれてしもた
がな。どんならんなぁ、一生の不覚やねぇ、ハハハハ、ハァ〜。

●アテできたけど、こぉなると燗したいねぇ。ありがたいねぇ、燗しょ〜、
冷やで呑むより燗しょ〜……「♪ヨットさッ、さささッ、ささしし、ススス、
ササシシし〜ッか。さささ、しししし、さっすすす……」何の歌や分っかれ
へん。燗ができればえぇのになぁ?

 (うど〜んえ〜、うど〜ん……)

●うどん屋来よった。えぇとこへうどん屋来たなぁ……、うどん屋、うどん
屋! うちや、うちや、ここ、ここ、戸ぉ開け。うどん屋こっち入って……、
何? おうどんですか? 違うちがう、ちょっとこっち来て、頼みますよ。
え? うどんですか? 違うがな「頼みますよ」ちゅうてんねん、お前、耳
悪いのん? 誰が「うどん」てなこと、ひと言も言わへんやないか。

●「頼みますよ」ちゅうてんねん。 え? どぉいぅことです? アホ、銚
子出して、酒中に入ったぁる「頼みますよ」言ぅたら、燗するっちゅうこっ
ちゃ。湯ぅ沸かしたぁんねんやろ、燗して……

●あッ、そんな嫌な顔しぃな。客商売、お客といぅものはどこにあるや分か
らんねんで「損して得取れ」ちゅうてね、世話をしといたら、またそれが回
り回ってあぁたの得になる。客商売、そこ思わにゃいかん。もっとニッコリ
笑って、ハハハハ、ハァ〜、ニッコリ笑ってね、すびばせんねぇ。

●バタバタあおいだらいかん、あおいだらいかん。えぇ酒、煮えてしもたら
何にもならない。焼け糞なってバタバタバタとあおいだらいかん、煮えてし
まう、そっとせぇそっと……、おっと、もぉえぇのんとちゃうか? 言ぅと
くけど煮やしたらいかんよ、ちょっとお尻触ってごらんお尻。いや、お前の
お尻違うちがう、銚子のお尻。

●す、す、すびばせんねぇ〜。おっきありがと。ちょっと待っててや、バタ
バタしぃな、ちょっと待ってて……、燗ができたか、ハハハハァ〜(クゥ、
クゥ、クゥ、クゥ……)う〜〜っ、旨いッ! 燗はうどん屋に限る。ハハハ
ハ、ハァ〜。

●ありがたいねぇ、うどん屋。おらこぉいぅ人間や、用事だけさすちゅなそ
んなことない、ちょっと一杯いってくれいってくれ、遠慮することない。不
調法? 不調法も口調法もあるか、一杯呑みなさい!

●客商売、嫌な顔するな、どっからまた回ってくるや分からん「損して得取
れ」不調法も口調法もあるか。もっと嬉しそぉな顔をしてク〜ッと、にこや
かに、呑んだ? 呑んだ? おっきありがとぉ、こっち返して、湯のみ呑ん
だらあかんよ、こっち返しなさい。

●ハハハハ、ハァ〜、よぉ呑んでくれた、うどん屋さん嬉しぃねぇ、それだ
け分の銭くれ言われたかてやれへんけど、酒なれば呑んでもらうと嬉しぃ。
これが酒呑みていぅものですよ、嬉しぃねぇ、これがご縁といぅものですよ。

●ちょっとバタバタしぃな。え? 荷ぃが表に置いています? かめへん、
置かしといたる、うちの家や。誰かやかましぃ言ぃよったら言(ゆ)え「ここ
の親方の許可をいただいてます」ちゅうことで、わいがちゃんと言ぅてやる。
バタバタしぃな、そんなことでは人間大きならんよ(クゥ、クゥ、クゥ……)

●縁っちゅうとね、お前左官(しゃかん)の「留」知ってる? え? 知りま
へん? アホ、愛想のないやっちゃなぁ、お前の腹見えたぁる、それではい
かん。何ぼ知らいでもやで、ホンマは知らんやろけど「あぁ、そんなお方が
おられますか」とか「存知ません」とか、そぉいぅよぉに言わないかん。

●左官の留、わいも留、わいは「留五郎」あれ「留三郎」おんなじ「留」や。
こいつの娘、こないだ嫁に行ったん知ってる? あぁ知らん……? 愛想の
ないやっちゃなぁ。可愛い子ぉやでぇ、小さい時分から可愛い子でねぇ。わ
いがいっぺん、留とこ行ってね、帰る時帽子忘れかけたら、帽子両手で持っ
て、トコトコトコッと走って来て「おっちゃん、ぼ〜ち」っちゅうて、可愛
い子やで。

●早よぉに嫁はん死なしてもてねぇ「後添えもらうのんか?」ったら「いや、
えぇ女来てくれたらえぇけど、しょ〜もない嫁はんもぉて、この子に苦労か
けるのが、まことに忍びん」ちゅうて、男手一人で大きしよった、立派になっ
たぞ。

●「養子もらうのんか?」ちゅうたら「あほ言え、こんなとこへ誰が養子に
来てくれるかい。また養子に来てくれて気ぃ使うのん、わい嫌や」ちゅうて
たら、えぇ男が見付かったがな。

●「済まん、うち親類が少ないんで、親類代わりに出てくれ」ちゅうてお前、
着たこともない袴履いて、紋付き羽織着て行てきた。立派になって、俺見違
ごぉたで。これが「おっちゃん、ぼ〜ち」の子ぉかいな思た。あないなんね
んねぇ。

●留の前へ両手つかえて「お父さん、今日(こんにち)までいろいろとお世話
になりまして、ありがとぉございました。今日これから嫁がしていただきま
す」言ぅて、両手つかえて挨拶しよんねん。わいねぇ、留ね、泣っきょると
思たねぇ……、泣きよらん。

●だいたいねぇ、口数の少ない、無骨な男や。腕しっかりしてるよ、ほかの
もんが請け合ぉた仕事でも肝心ここっちゅう時だけ、こいつ頼まれて行くね
ん。腕しっかりしてるけど、口でベンチャラよぉ言わん朴訥な男やけどね、
泣きよるやろなと思たら泣きよらん。

●えらいやっちゃなぁ、泣きよれへんなぁ思てたら、今度その娘わいの前来
て「おじさん、いろいろとお世話になりまして、これからあと、わたいが嫁
ぎましたら、お父っつぁんが寂しがるやろと思いますので、また、たまには
お酒の相手しに来てやってください」いぅて言ぃよった時の留の顔見たら、
大ぉ〜きな涙二つ、ボロッボロッ……

●ハハハハ、ハァ〜、泣きよった、えぇ男や。わい好きや、あの男ね。ちょ、
ちょっとちょっと、うどん屋何してんねん、行たらいかん。お〜い、ちょっ
と待て、行たらいかん、お〜い泥棒盗人、逮捕するぞッ!

▲何を言ぅてんねや大きな声出して、どぉしたんや……? まぁ、お燗がで
きてるやないか、うどん屋はんに? 結構なこっちゃないかいな。ほぉほぉ、
ほいで、うどん屋さんおうどん? 取らずに? 気の毒なことで、何をしな
はんねん、そんなことではあけへんやないか、わたいが食べるよってな……

▲うどん屋さ〜ん、ちょっと待っとくなはれ、うどん屋さ〜ん……

             * * * * *

■おぉおぉ、うどん屋。向こぉから呼んでるで★向こぉからて、どこの家で
す?■向こぉの家やないかい★え? 向こぉの? あ〜、向こぉへは行けま
へん■何で?


【さげ】
★いま時分行たら、ちょ〜ど銚子のお替わりでございます。


【プロパティ】
 しんど=辛労(しんろう)が変化したもの。しんどい:シンドにイを付けて
   形容詞化したもの。単純に訳せば「苦しい・疲れた・くたびれた」な
   どではあるが、さらにもっとなまぬるい複雑感を含むと同時に軽い、
   軽妙なくたびれ方をあらわした語で、標準語では到底訳し切れない。
   「あぁしんど」「あの人の話はしんどい」「そんなしんどいこと止め
   とき」「お前のすること、しんどうて見てられへん」
 さっぱワヤ=さっぱり+わや。散々な目にあった意味。
 ワヤ=駄目。失敗。無謀。滅茶苦茶。枉惑(わ[お]うわく:ごまかしだま
   すこと)の約訛という。ワウワク→ワワク→ワヤク→ワヤ? 「さっ
   ぱりわや」は散々な目にあった意味。てんやわんやのワンヤもワヤか
   ら移ったもの。
 どんならん=仕方がない。どうにもならない。しょうがない。どうしよう
   もない。どうにもならぬ。ドウモナラヌ→ドモナラン→ドムナラン→
   ドンナラン。
 ボヤク=つぶやく。ブツブツと不平をいう。また、小言をいう。
 ぎょ〜さん=たくさん・はなはだ・たいへん。大言海には「希有さに」の
   転とある。「仰々しい」のギョウか?「よぉけ→よぉ〜さん」たくさ
   ん、の訛りかも?
 こうこ=香香:香の物・大根漬。おしんこ。
 口調法=口先の上手なこと。もの言いの巧みなこと。また、そのさま。
 しょ〜もない=つまらない。くだらない。仕様もないの訛化。
 音源:桂枝雀 1983/12/25 枝雀寄席(ABC)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=桂枝雀 sub=桂米朝、桂文我  ●main高座記録日:1983/12/25  ●番  組  名:枝雀寄席(ABC)  ●ファイル公開日:1999/10/17  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2007/09/16  ●リクエスト数:rakug181  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次