【上方落語メモ第4集】その180

向 う 付 け


【主な登場人物】
 喜六  その女房  御寮人(ごりょん)さん  もう一人の無筆
 手伝(てったい)の又兵衛ほか

【事の成り行き】
 字の書けない人を「無筆」と言うんだそうです。確かに筆は必要ないです
ね。文盲と言うより無筆、馬鹿と言うより無学、何となくそれらしく聞こえ
て格調高い。

 予備校の調査で、大学に進学した青少年の3割近くが授業についてゆけず
高校の補習を必要としているとか、いや違ったか、ほとんどがついてゆけず
3割は実際に補習をしてるんだったか。まぁ、そういう無学らしいです。

 驚くことではないのです。ちょっと昔25%とか40%の進学率だったのが、
近年80%、90%とかいくそうですし、進学希望者の絶対数が減ってきて、あ
まり入試で厳しく振るい落としてしまったら、大学産業としては儲けがなく
なってしまいます。勢い誰でも入れてしまう、ついて来れない、補習でごま
かす。

 わたしについて言えば、社会へ出る執行猶予期間のつもりで大学へ通って
たというような、なんちゃって学士ですから、今の状況がどぉたらこぉたら、
大学のレベルが低下じゃ何じゃいぅても、横から口を挟めるナニやないんで
すけど。

 話は変わって、最近こうして文章を書くのは専らパソコンを使用していま
す。筆を握るなんてことは少なくなりました。これもやっぱり「一種の無筆
か知らん」と思うわけです。たまに筆を握って文章を書こうとすると、あれ?
漢字が思い出せん。やっぱり無筆に違いない……、電脳無筆(1999/10/03)。

             * * * * *

 え〜、どぉぞおあとお楽しみに、わたくしのほぉもよろしくお願いいたし
ます。落語界の「ちゃっきり娘」桂都丸でございます……、ありがとぉござ
います。そぉいぅ風なことでございましてですね、日本の国はどぉなってい
くんでございましょ〜かねぇ。

 去年の暮れの方から、なんかこの「金融の不安がどぉのこぉの、えらいこ
とになった」言ぅてますけども、でまた、今年に入ってからね、教育問題が
どぉの、中学生がどぉのなんちゅうことになってるよぉでございますが、し
かしまぁ、全体的に見りゃ〜やっぱり平和でございますなぁ。

 つまり義務教育といぅやつがございまして、中学までが義務教育でござい
ましてね、まぁ高校までがほとんど義務教育のよぉなものでございますなぁ、
中学の人ほとんど高校まで行きはる。また、高校行きはった人のほとんどの
人が今度、大学てなとこへ行くんでございますねぇ。

 まぁ、わたくしも何を隠しましょ〜、その大学ちゅなとこへ少しのあいだ
行ってたことがあるんでございますけど。日本の大学ちゅな面白いもんでご
ざいましてね、入る時はもぉ無闇に難しぃんでございます。えぇ、今ほんと
に「受験地獄」てなこと言ぅて、ほんとに一生懸命勉強せんと大学入れない
よぉなことになっとりますけど。

 しかし、一旦大学へ入ってしまいますと、いたって簡単に出られるといぅ
ね、まぁそぉいぅシステムになってるのでございます。わたくしも行ってた
から言ぅわけやございませんけれども、大学の中で試験があるんですけど、
こら安易なもんでございましたですよ。

 そらまぁ、皆さん方が行ってはったとこはどんなとこか分かりませんけれ
ど、この段階があるわけでございます、試験受けるね。A、B、C、D(デェ)
といぅランク分けされてるわけでございます。で、もちろんAが一番えぇわ
けでございますが、D、デェちゅうのがもぉあかんわけでございます。

 こんなんまぁ付きまへんな、みなだいたいCまでで納まるんでございます
けど。ですから、大学の授業なんちゅな、こんな大きなところで授業します
んで、いちいち出席取りまへんさかいに一時間も出席してまへんがな。せや
から期末の試験だけ受けに行くわけですわ。

 いろんな試験受けに行きましたですよ。え〜、まずねぇ、社会心理学ちゅ
うのんありました。これもちろん授業一時間も出てませんから、どんな学問
であるかも分かってまへんがな、先生の顔も知りまへんがな。で、期末の試
験だけ受けに行ったら、こぉ解答用紙にですね、問題が一問だけポンッとあ
るわけでございます、下バ〜ッ空いてるわけでございます。

 この問題がですね「一般社会における」ここ、英語で書いたぁるんですけ
ど「インなんじゃらグループについて書け」て書いたぁるんでございます。
まぁ一応日本語は読めるんでございますが、この「インなんじゃら」の「な
んじゃら」が何じゃら分からんのでございます。

 けどまぁ横にグループといぅことが書いてございますので、なんぞの集団
のことを書いておけばいいやろと、その時にピ〜ンときましてですね、まぁ
その当時、大学で落語研究会といぅところに所属しておりましたので、一応、
上方落語のだいたいの系図といぅんでしょ〜かね、そぉいぅもんは頭に入っ
てたわけでございます。

 ですから、そこへ米朝一門の系図を書いたわけでございます。桂米朝、枝
雀……、以下ズ〜ッと名前書きましてね「上方落語の一集団である。桂米朝
を筆頭として、古典落語といぅもので結ばれた、すばらしぃグループである」
ちゅうことを書いたわけでございます。

 ほな何と、Aで通りましてね「え? こんな安易なんで通りますか?」と
思いましたがな「やったなぁ」といぅ感じでございます。まだありますよ、
哲学ちゅうのん取ってまして、これおんなじよぉに一時間も出んと、先生の
顔も分からんと試験だけ受けに行きまして、おんなじですわ、一問だけポ〜
ンですわ、下ボ〜ン空いてますねん。

 今度はねぇ、え〜「ニーチェの」ですわ、いきなり「ニーチェのニヒリズ
ム」カッコして「(虚無主義)について書きなさい」これでございます。こ
らもぉねぇ、ニーチェも虚無主義も何のこっちゃサッパリ分かりまへんがな、
こらお手上げやなぁ思いましてねぇ。

 ところが下にこんなたくさん書くとこあるわけですわ、けどまぁ、何ぞ書
いとかんと愛想がない思いましてね、こんな書き出しですわ「ニーチェはと
もかくとして……」

 いきなりこぉいぅ書き出しですよ「ニーチェはともかくとして、ここで美
味しぃ中国風の甘酢あんの作り方をお書きいたします。砂糖が5、酢が4、
醤油が3、543の割合で混ぜていただきまして、同量のスープをここへ加
えていただきます。ひと煮立ちしたところで、水溶きの片栗を入れていただ
きますと美味しぃ甘酢あんができます。ケチャップを入れていただいても結
構でございます。カニ玉によし、酢豚によし、用途は多様」と書いたん。

 これが何とAで通りましたねぇ。まぁまぁ、よっぽどシャレの分かる先生
やったんやと思いますけれども。こんな安易なことで通ったらいかんがなと
思いました、けどまぁ、やっぱり大学は大学でございまして落とし穴はあっ
たわけでございます。

 うかつにもこの、簿記といぅものを取ってたんでございます。何や分から
んと取ってたんでございます、簿記ちゅうものを。だいたい「おかしぃなぁ」
と思てたんです、試験受ける前から掲示板に「簿記を取っておられる方へ。
算盤持ち込み、電卓も可」としてあるわけでございます。

 「ははぁ、こら何ぞ計算すんねんなぁ」と思いましてね、家から古い算盤
を持って行ったわけでございます。小学校のときに一応5級を取っとります
んでね、でまぁ算盤持って行ったわけでございます。パ〜ンとこぉ見たんで
ございますけれども、ビックリしましたですねぇ。

 今まではもぉ、問題があって下、解答欄空白やったんでございますけれど、
今度はねぇ、上から下までビャ〜ッと数字が書いてあるんでございます。で、
A商店の売上金これだけ、売掛金これだけ、何々金これだけ、ビャ〜ッと数
字が書いてあってでございますね、最後に「この商店の純利益を出しなさい」

 こんな問題なんでございます。解答欄は下のこれぐらいしかないんでござ
いますねぇ。これはもぉお手上げですねぇ「は〜ッ、どないなんねこれ?」
思たら試験官の先生が「始めッ!」

 ほな横でみんな、シュッ、パチパチパチ……、こいつら何始めよったんか
いな? 思いましたねぇ。せやけど、こら放っていくわけにいかんし、書く
とこあれへんしねぇ。もぉそこには「カレーライスの作り方」は書けないの
でございます。

 えらいことになってしもたなぁ、せやけどこれ今持っていったら「できま
せん」言ぅてるよぉなもんでございますし、恰好悪いしね、ボ〜ッと座って
んのも何やなぁ思たんで、音だけなとさしとこ思てね、算盤「カチャカチャ
カチャ……」

 あんなアホらしぃことなかったですけれどもね、いまだにその悪夢に襲わ
れますけれども。まぁ、それがキッカケで大学を辞めたんでございます。ア
ホらしぃて行ってられんなぁ思いまして、それで噺家の道に入ったわけなん
でございますけれども、どちらへ回りましてもえぇ加減なもんでございます
なぁ。

 しかしまぁ、今も言ぃましたよぉに高校まではもぉほとんどが義務教育で
ございますので、今の時代そぉですなぁ、字が書けなんだり分からなんだり
といぅよぉな人はもぉ、ほとんど皆無でございましょ〜ねぇ。

 ところが、ひと昔前、古典落語の世界が華々しく咲いてたといぅ時代には、
これが逆でございました。字が書ける人の方がかえって少なかったんやそぉ
でございます。ですからこぉ、かえって字が書けたりいたしますとですねぇ、
逆に異端児扱いでございましてね。

●おい、聞ぃたか?■何を?●「何を」てお前、松っちゃんあいつ、字ぃ書
きよんねんて■へぇ? あいつ、字ぃ書きよんのん? アホちゃうか。

 こぉいぅ会話が成り立ったんでございますねぇ。ですから「葬式のお帳場」
いぅて皆さん方行きはったときにでも、今、全部自分で名前を書きますけれ
ども、昔はお帳場さんちゅうてちゃ〜んとしっかりした人が座ってましてで
すね、この来た人の名前をキッチリ記帳してくれたといぅんでございますけ
れども。


●嬶(かか)、今帰ったで▲んまぁ、今頃までどこウロウロウロウロしてなは
んねんこの人わ、ホンマにもぉ。あんたがウロウロしてるあいだにな、えら
いことが起こったんやし●あぁ、また火事か?▲何を言ぅてんねんこの人わ、
火事どころやあれへんがな。

●ほなら、差し押さえか?▲そら、こないだ喰ろたとこでっしゃないかいな、
そない二へんも三べんも差し押さえ喰ろてどないしますねんな。いぃえぇな、
火事や差し押さえどころやおまへんの、あんたがお世話になってた十一屋の
ご隠居さんが、お亡くなりになったんやがな。

●えぇ〜ッ! 隠居がなくなったの……? なくなったらお前、探さんかい
な▲何を言ぅてんねん、この人わ、お隠れになりはったんやがな●えぇ歳し
て……、オニ誰や?▲カクレンボとちゃいますがな。死にはったんやがな。

●初めてか?▲当り前やがな、どこぞの世界にあんた、二へんも三べんも死
んだりする人がおますねんな●そんなこと言ぅけど嬶、芝居の役者みてみお
前、舞台で何べん死んでも道、ニコニコニコニコしながら歩いてるがな。

▲もぉ、そんなアホなこと言ぅてんと、これから行といなはれ●何しに行く
ねん?▲「何しに行く」やあれへんがな、決まってまっしゃないかいな、お
葬式やないか、これ持って行きますのん●それ何や?▲お線香●お線香どな
いすんねん?▲「お線香をどないすんねん」て、ご仏前へお供えしますねん
がな。

●あぁ〜、ほなまた何や難しぃこと言わんなんねんなぁ、何とかいぅ……、
そぉそぉ嫌みをなぁ▲アホか、それも言ぅなら悔やみでっしゃろがな、お葬
式に行って嫌み言ぅてどないしますねん。それを言ぃますねがな。

●そんなもんお前、わいが口下手ちゅうのんよぉ知ってるやろがな、わいが
行ったかて何が言えんねんな。ほなもぉしゃ〜ない、こないだ上町のオバハ
ンとこで言ぅたあれで間に合わしとこか?▲上町のオバハンとこで何を言ぅ
たんや?●オバハンえらいこっちゃったなぁ、けどもぉ大丈夫やで、風向き
変わったから大丈夫やで。

▲そらあんた火事見舞いやがな、お葬式に行て火事見舞い言ぅてどないしま
すねんな。もぉ頼んない人やなぁ、ホンマにもぉ。ちょっとそこへ座わんな
はれ、わたいがちゃんと教せたげますさかいに●ハハハハッ、教せてくれる
か?

▲喜んでんねやあれへんがな。よろしぃなぁ、ちゃんと聞ぃてんねやで。向
こぉ行ったら神妙な顔つきをして「え〜、ついにはこちらのご隠居さまには
よぉございませなんだそぉで、まことにお気の毒に存じます」と、こぉして
言ぅねん●わいが言ぅのん?▲あんたが言ぅねがな、ほんで「これはまこと
にしょ〜もない、つまらないもんでございますけれども、どぉぞご仏前へ」
ちゅうて、このお線香を渡す、よろしぃな。

▲それで終わったからちゅうて、今日はスッと帰って来たらあかんねやで。
いつも、向こぉ寄せてもろたらボ〜ッとしてなはんねん、そぉいぅことでは
いかんねん。いろいろ用事がありまっさかい、それやっといなはれ「何の役
にも立たんもんでございますけれども、それ相当のご用事があったらお言ぃ
付け下さい。何でもさしていただきますんで」

▲それから、お昼時になっても家(うち)帰って来んでよろし。今日は向こぉ
にご馳走(ごっつぉ)がぎょ〜さんありまっさかいな、それよばれといなはれ。
で、お腹いっぱい食べたらあきまへんで。お腹いっぱい食べたら、しくじり
まっさかいに八分目にしときなはれや、分かってまんなぁ●分かった分かっ
た▲分かったら、早いこと行きなはれッ!

 さぁ、ケツをどつかれまして、先方、葬式の現場へやって来るわけでござ
います。

             * * * * *

●いやぁ〜、どぉもぉ〜、やぁ、どぉもどぉも、えらい遅なりまして。どぉ
もえらい、どぉ〜もぉ〜ッ……

■来ましたがなあんた、町内の人気もんですわ。どぉですあんた、あれ葬式
に来る顔やおまへんで……、いやいや、どぉいぅわけかね、あの人がここの
隠居はんにえらい気に入られてましたんや。まぁせっかく来たんでっさかい、
呼んだげまひょ……、こっち来なはれ、こっち来なはれ。

●やぁ、どぉもどぉもどぉも。いやぁ〜、えらい遅なりまして。ちょっとま
た今日はぎょ〜さん寄って、えらい賑やかでんなぁ■それを言ぃないな、そ
れを。賑やかなことないねがな、皆これね、葬式で町内が寄ってまんねんさ
かい●せやけどあんた、こんなことでもなかったら、もぉこんなに寄るちゅ
なことおまへんで。

■もぉ、その顔やめなはれ、頼むさかいやめてぇな、ホンマにもぉ。葬式や
何や分からんよぉなってしまいますがな。アホなこと言ぅてんとね、御寮人
(ごりょん)さんが「あんたの顔が見えん」ちゅうて探してなはったさかい、
奥行きなはれ●さよか……

             * * * * *

●御寮人さん★まぁ、喜ぃさんやないかいな、ホンマにあんたどこ行ってた
んや? 探してたんやし。あのな、あんたがお世話になってた隠居はんなぁ、
お亡くなりになったんやで。

●そぉでんねや、今うち帰ったらね、嬶が「えらいことが起こった」ちゅう
さかい「火事か?」言ぅたら「火事やない」「ほな、差し押さえか?」言ぅ
たら「そら、こないだ喰ろたとこや。火事や差し押さえどころやない、ご隠
居が亡くなった」と、こない言ぅさかいね。

●「なくなったらお前、探さんかいな」ちゅうたら「何言ぅてんのんアホか
いな、お隠れになったんやがな」と「オニ誰や?」っちゅうたら「カクレン
ボと違う。死にはったんや」て、こぉ言ぅさかいね。

●わたしが「初めてか?」って聞ぃたら「二へんも三べんも死ぬ人がどこぞ
の世界におますねんな」て、嫁はんは言ぃますけど、そぉでしょ御寮人さん、
芝居の役者、舞台で何べん死んでもニコニコニコニコ道歩いてまっしゃろ。

●ほでね「まぁとりあえず、行って来んねや。向こぉ行て、あの嫌みを言ぅ
て来んねやがな」言ぅたら「そらあんた、悔やみやがな」言ぅて怒られて、
えぇ。まぁとりあえず、これもぉて来ましたんやけどなぁ、これ隠居にやっ
て。

★何ちゅ〜挨拶や……、いやいや、あんたがな、来てくれただけでも隠居は
ん、喜んではると思うさかいな●そぉでんねん。で、わたいね、いつもみた
いにボ〜ッとしてしまへんで。今日は何でもさしてもらいます。何の役にも
立たんもんでございますけれども、それ相当の用事があったら言ぅとくなは
れ。何でもさしてもらいますので。

●で、お昼時になっても、わて家帰らしまへんで。今日はここにゴッツォが
ぎょ〜さんありまっさかいな。いえいえ、お腹いっぱいよばれしまへん。お
腹いっぱいよばれたら、またしくじります。八分目にしときまっさかいね、
何でも言ぅとくなはれ★おおきに、おおきに、あんたにそない言ぅてもろた
ら、わたしも嬉しぃさかいな……

★そぉや、今そない言ぅてくれたさかいに思い出したんやけども、他ほかの
段取りはちゃんとつけたぁんねやけどもな、帳場の方、阿倍野の斎場なんや
けども、これ誰ぁれも行ってもぉてないんやわ。あんた悪いけど、これから
行てくれるか?●えぇ、そら行かしてもらいます。

★で、あんた一人では頼んないさかいな、あとでしっかりした人付けるさか
いに、これからすぐ……、と言ぃたいけれど、その格好では具合が悪いなぁ。
いっぺん家帰って、紋付きに羽織袴に着替えて、それからすぐに斎場へ行っ
てくれるか●へぇ、分かりました。ほなら行ってきます。

             * * * * *

●ほぉ〜、やっぱり何やかんやと用事のあるもんや、えらいもんやなぁ……、
嬶▲「嬶」やないし、この人わ。何してなはんねん、手伝(てった)いなはら
んかいな●いや、違うねん。わいこれからな、御寮人さんに頼まれて阿倍野
の斎場へ帳場に行くねんけれども、格好が具合悪いからっちゅうて、紋付き
に羽織袴に着替えに帰って来たんや。

▲今、あんた何言ぃなはったんや?●へッ?▲いぃやいな、何を頼まれたん
や?●「何を頼まれたんや」て、御寮人さんに帳場を頼まれた▲「帳場を」
どの顔してそんなこと言ぅてんねん、あんたわ……、お帳場いぅたらな、何
するところや知ってますのんか? いぃやいな、お葬式にみえた人の受付を
しますの、名簿を作りますねやがな。字ぃが書けんとあきまへんねやがな。
あんた、字ぃよぉ書かんやないかいな。

●えッ! いや、帳場いぅたらそんなことすんのん? 字ぃ書かなあかんの
ん? そんなん知らんがな「分かりました」言ぅてきたけど、えらいことに
なったんやがな……、ほなわい、とりあえずこれから北海道へ逃げるさかい、
お前、大和のオバハンとこへ身ぃ隠せ▲お帳場頼まれてあんた、北海道へ逃
げてどないしまんねん……、ほんで、帳場はあんた一人かいな?

●いや、わい一人では頼りないさかいな「あとでしっかりした人、ちゃんと
付ける」言ぅて、御寮人さん気の利く人で、わい一人と違うねん▲それやっ
たらよろしぃ、あんたこれから着替えてすぐ行きなはれ。えぇか、あとから
来てもらう人に遅れ取ったらあきまへんで。

▲すぐ行って、お帳場の周り綺麗ぇに掃除をして、ちゃんと帳面も綴じて、
墨も磨っときなはれ。そぉそぉ、お茶も沸かしときなはれ、あぁいぅところ
のお茶はあんまりえぇお茶がないさかいな、家からこのえぇお茶持って行き
なはれ。でな、お茶菓子も一緒に持って行きなはれ、よろしぃな。

▲で、あとから来てもらう人に何にもしてもらうことのないよぉにしといて、
その人がおみえになったら、丁寧に頭を下げて頼みますの「え〜、とりあえ
ずお願いがございます。わたくしは満座の中で頼まれたもんで引き受けてし
まいましたけれども、わたしはイロハのイの字をどっちから打ってえぇやら
分からん無筆でおます。他ほかの段取りはわたし一人で何でもやらしてもら
いますんで、どぉぞ帳場のところ、字の方はよろしゅ〜お願いをいたします」
と、ちゃんと頭下げて頼むねやがな。早いこと、行っといなはれッ!

●ふわぁ〜ッ、えらいことになったなぁせやけど、しかしまぁ、うちの嫁は
ん、あれ何たる軍師やろなぁ、あいつわ。よぉあれだけのことが、あれだけ
のあいだに頭の中にピャ〜ッ、駆け巡って段取りできるなぁ、ホンマにもぉ、
えらい嫁はんやで。えぇ〜っと、斎場へやって来たけど……

             * * * * *

●ちょっとお尋んねします◆はいはい●十一屋の帳場はどこでおます?◆十
一屋の帳場はんですか? あぁ、向こぉに書いたぁりまっしゃろ、あそこで
すわ●ちゃんと教せたれアホ。字が読めたらこんな苦労するかアホ。どんな
らんなぁホンマにもぉ……

●あのぉ、ちょっとお尋ねしますが■はいはい●あのぉ、十一屋の帳場はこ
こでおまっしゃろか?■へぇ、ここですけど●さよか、わたい帳場頼まれて
来たもんですけど■へッ、お宅ですか? まぁ、ここへ座っとくなはれ、そ
んなとこ立ってんとここへ座っとくなはれ。ここら綺麗ぇに掃除したぁりま
んねがな。墨磨ったぁりまんねん、帳面ちゃんと綴じたぁりまんねん。

■まぁまぁまぁ、ここへ……、お茶どぉぞ、お茶どぉぞ、お口には合いまへ
んやろけど、まぁお茶菓子どぉですお茶菓子? あんた遅いさかい、どない
しょ〜かしらん思て、わたしドキドキドキドキしてましたんや。よぉ来とぉ
くなはった、ホッとした。

●いや、あんた……? 何で、ホッとしなはんねん?■といぅのが、まぁあ
んた聞ぃとくなはれ。帳場、御寮人さんに頼まれましてんけどな、ぎょ〜さ
ん人の居てはる前でな、恰好悪ぅて「字ぃ書けまへんねん」てなこと、言え
まへんやろがな。

■「分かりました」いぅて、二つ返事で引き受けましてんけどもな、自分の
名前をどっちから書いてえぇや分からん無筆でおまんのでな、ほんで、あん
たのとこへ字の方をお願いしょ〜と思いまして。

●あのぉ……、わたし、北海道へ逃げますねんけどね、あんた台湾かどっか
行きなはるか?■何言ぅてんねん? どないしたんや?●実は、わたいも字
はあきまへんねん■へッ! あんた、字ぃ書けんのん?●あきまへんねん。
あんたも書けん、わたしも書けん、帳場がふたり、アハハハハッ、オモロイ
なぁ。

■オモロイことあれへん……、オモロイことあれへんがな、これ、えらいこ
とになってまんねがな。何を思て御寮人さんも無筆の二人こんなとこへ……、
あのねぇ、お宅の親類とか親戚とか友達の人、字の書ける人はいてまへんの
か?

●何です?■いやいや、あのね、親類とか友達の人に、知り合いの人に字の
書ける人がいてまへんか?●そら、いてんことはおまへんけど……、一人だ
け学校の先生やってますけど……

■良かったぁ、今その人にすぐここへ来てもぉとくなはれ、何とかこの場収
めんことには、送りの人が来たらえらいことになりまっさかいに●いや、そ
やけどちょっと、それ遠いんですけど■いや、遠いのはしゃ〜ない。人力呼
んでシュ〜ッと行ってもらいまっさかい。どこでんねん?●富山ですねんけ
ど。

■あんた、オモロイ人やなぁ、せやけど……、富山の人が、今の葬式に間に
合うかいな●せやさかい、わたしは「遠いやろ」て■遠すぎるがなあんた。
何考えてなはんねんこの人、ホンマに。

●せやけどあんた、これどぉしまんねん、これ? こんなとこあんた、字の
書けんもんが並んでニコニコニコニコ笑ろてても始まりまへんでこれ、どぉ
します?■「どぉします」て、しゃ〜ないがな、もぉこぉなってしもたもん。
あんたとりあえずね、こっち座わんなはれ。

■もぉ、来た人に自分で書いてもらいまひょ、帳面向こぉ向けといて「銘々
付け、向こぉ付けでござい」これでいきまひょ●あんた、それうまいこと考
えなはんなぁ■「考えなはんな」て、考えんとしゃ〜ないがな、ホンマに。

             * * * * *

▲どぉも、ご帳場はんご苦労さんでございます。ひとつ「浪花屋徳三」と、
よろしゅ〜にお願いをいたします■(手で帳面を示し「どぉぞ」)▲いえい
え「浪花屋徳三」と、ひとつよろしゅ〜にお願いをいたします■(手で帳面
を示し「どぉぞ」)あんたも、何とか言ぃいな。

●えぇ〜、らっしゃいッ■こぉこぉ、寿司屋やあるかアホ「らっしゃいッ」
やあるかいな「銘々付け、向こぉ付け」や「銘々付けて勝手にお参り」と、
こない言ぅねん●えぇ〜、銘々付け、向こぉ付けでござい。銘々付けて勝手
にお参り。

▲いやいや、あの浪花屋徳三……、えッ? 来たもんが、自分でこれ付けま
すのん? あッさよか、そぉでっか、いやいやこんなんねぇ、今までにない
型でっさかいな、あぁそぉですか付けさしてもらいますけどね、え? 何で
す? ほぉ、故人の遺言。なるほどねぇ、そぉですか……

▲え〜っと、これわたし自分で付けますけどね、あんたらそこへ二人で座っ
てニコニコ笑ろて、何をしてなはんねん?■付けるか、付けんか、検分の役
▲腹切りやがな……、え〜「浪花屋徳三」と。

★明石屋万兵衛と▲おッ、明石屋はんでっか、こらえらいお久し振りで。こ
の度えらいこってねぇ。わたしちょっとも知りまへんでしたんや。人間ちゅ
な分からんもんだんなぁ……、え〜「明石屋万兵衛」◆伊丹屋忠吉と▲おぉ、
伊丹屋はん。またこないだの件はあれ何さしてもらいますさかいに、またの
ちほど……、え〜「伊丹屋忠吉」と。

◆山下大助と▲えぇ〜「山下大……」知りまへんがな、わたいそんな人。ウ
カッとしてたら、わたしが帳場になってしまいますがな、あんたら勝手にや
んなはれ。

 怒って向こぉへ行ってしまいます。一番遅れてやってまいりましたのが、
着物の上へ一枚ハッピを引っ掛けまして……

             * * * * *

★どぉも、ご帳場はんご苦労はんでおます「手伝(てったい)の又兵衛」と、
よろしゅ〜にお願いをいたします●へぇ、銘々付け、向こぉ付けでござい。
銘々付けて勝手にお参り★「銘々付け」てのは何ですか、送りに来たもんが
自分で付けまんのか?●左様さよぉ。

★「左様さよぉ」て、オモロイなぁ。ここの帳場のこってっかいな、いやい
や、最前から参る人が「ケッタイな帳場や、ケッタイな帳場や」言ぅてまし
たけど、ここでっか? いやいや、分かりました。ところがね、わたしだけ
特別にお願いしたい。といぅのが、わたい字ぃあきまへんねや。

■えぇ〜ッ! あんた、字ぃも書けんとよぉ見送るなぁ★んなアホなこと、
何言ぅてなはんねんあんた■実は、わたいら二人もあきまへんねや★へッ?
帳場、字ぃ書けんの?■あきまへんねん★「あきまへんね」やあれへんがな、
落ち着いてる場合でっかいなあんた。いぃやいな、今までこれ、わたしみた
いな字ぃの書けん人間も来ましたやろがな、それはどないしてましたんや?

●それがね、前や後ろの字の書ける人、うまいこと引きずり込んでね、無理
矢理何とか書いてもらいましてん。今日はこれで打ち止め★いや「打ち止め」
やない、何を言ぅて……、え? これが一番最後? あとにも先にも誰もい
てへんのん? おい、ちょっと待ってぇな、ほなこれ、わいの見送りに来た
ことはどないなんねんな?


【さげ】
●あんたの見送りに来たことは、この三人の内緒にしときまひょ。


【プロパティ】
 落語「向う付け」=テーマは全く異なりますが、落語「くやみ」の続編に
   なっているようです。
 ちゃっきり娘=昭和39年、松原夏美・春美・秋美の三人で結成された音楽
   ショウ「♪ハァ〜、ちゃっきりちゃっきりちゃっきりなぁ〜、ちゃっ
   きり娘がぁ、飛びだ〜し〜た〜」松竹芸能所属。アコーディオン担当
   の秋美嬢が都丸さんに似てる?
 金融不安=1997年11月、短期資金の調達が深刻化、銀行と証券の4社が連
   鎖的に経営破綻、金融機関の経営破綻が相次ぐ。火だるま行革、金融
   不安、株安、貸し渋り不況。
 教育問題=1997年から1998年にかけ「学級崩壊」という言葉が流行。神戸
   で小学生殺傷事件「酒鬼薔薇聖斗」
 わたくしも何を隠しましょ〜、その大学ちゅなとこへ……=立命館大学経
   営学部入学するも、ざこば(朝丸)一門へ入門のため中退。
 嬶(かか)=もとは幼児語、父(とと)、母(かか)。近世、庶民社会で、自分
   の妻または他家の主婦を親しんで、あるいはぞんざいに呼ぶ称。かか
   あ。
 しょ〜もない=つまらない。くだらない。仕様もないの訛化。
 ぎょ〜さん=たくさん・はなはだ・たいへん。大言海には「希有さに」の
   転とある。「仰々しい」のギョウか?「よぉけ→よぉ〜さん」たくさ
   ん、の訛りかも?
 御寮人(ごりょん)さん=商家など中流家庭の若奥様の称。
 阿倍野の斎場=明治七年、千日前にあった墓を整理し阿倍野へ移転。
 言ぃいな=言ぃ(命令)+いな(強調するための接尾語)。
 手伝い(てったい)=てつだい。手伝(てったい)職:土木の雑務を業とする
   雇い人夫。上方では建築土木請負師およびその徒弟を総称して「普請
   方」といい、これを大工・左官・石工・手伝に区別している。
 ケッタイ=妙な・変な・へんてこな・おかしな・奇態な・嫌な・不思議な
   など、実にいろいろな意味を含んだケッタイな言葉。エゲツナイと並
   んで上方言葉の両横綱。怪体とも奇態とも希代とも卦体とも当てる。
 音源:桂都丸 1998/03/07 平成紅梅亭(YTV)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=桂都丸 sub=*  ●main高座記録日:1998/03/07  ●番  組  名:平成紅梅亭(YTV)  ●ファイル公開日:1999/10/03  ●江戸落語相当:三人無筆  ●更  新  日:2007/09/02  ●リクエスト数:rakug180  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次