【上方落語メモ第4集】その179

坊 主 茶 屋


【主な登場人物】
 兄貴  ヨシマ(吉松)  房ちゃん(女郎)ほか

【事の成り行き】
 昭和32年に赤線が廃止されて以来、公娼は無いことになってます。言いま
しても、その手のお商売は半ば大っぴらに続いてまして、最近では家庭の郵
便ポストに出前のチラシが放り込まれるという盛況ぶりで、商いの原点は売
春から、というのもうなずけます。

 まさか売春業の商業統計なんていうのは無いと思いますが、有ったら見て
みたい気がしますねぇ。江戸、明治、大正、昭和、平成とどれぐらいの経済
効果があるのか、従事している労働者はどれほどいるのか興味があります。

 もし、普通のお商売のように人口に対して一定割合で存在するものなら、
時代とともに確実に増えていることになります。字面は悪いですけど、OL
売春、主婦売春、女子大生売春、小ギャル売春……、論理的には不思議では
ありません。倫理的にも……? これは時代の空気が決めることです。まぁ、
よく言われることですけど「売春婦が高校・大学に通い、OLして結婚する」
と考えたら、まことに結構な世の中になりました(1999/10/03)。

             * * * * *

 ありがとぉございます。もぉ、たくさんのお客さんでございますけども、
わたしも早いもんでかれこれ三十年近く、この業界に……、なんかきのうの
よぉに覚えておりますが、今年もぉ四十九歳で、いよいよ五十歳にリーチが
かかったんでございます。まぁ来年、五十歳で上がれるかどぉか分かりませ
んが、こればっかりわ。

 でもまぁ早いもんでして、ほんともぉきのうのよぉに覚えておりますけれ
ども、こぉいぅ世界へ入って来ますと、だいたい最初に師匠に言われるのが
呑む・打つ・買う。

 「お酒呑んで、博打打って、女覚え。これができんことにはこの業界では
一人前になれん」と。わたしあの梅田の花月で月亭可朝がその出番表を指差
しながら「この順番は博打の強いもん順番や。もぉ息とか間ぁは要らん、博
打や。賭け事がどんだけ強いかによって、上へ行けんねや」ちゅなこと言わ
れて「そぉかいなぁ」と、はじめはね信じるもんでございますけど。

 まぁまぁ、幸いにも賭け事の方はわたくしは好きでございましたから、い
ろいろこのやらしていただきましたわ。でもお陰さんで、そんな関係で早く
先輩と馴染むことができましたけどな。

 お酒の方はもひとつダメでございまして、わたくしは。呑む方はもぉこら
ちょっと……、たまに付き合いで呑んで酔ぉて帰ると嫁に怒られるんでござ
います「素人が呑んだらいかん」てなこと言われて「いっぺんわたしが連れ
てったろ、玄人にいっぺん習ろたらどや?」てなこと言われて。

 で、いっぺん嫁に付いて行きましてん。お酒の強なる方法はどぉいぅこと
かいぅたらね、嫁はんあたりグ〜ッと呑んで、酔ぉてきたら便所行て戻すん
ですなぁ、あれ、グェ〜ッと、知って、汚い話ですけれども。

 で、ヴァ〜ッと出しといてすっきりしたらまたカ〜ッと呑むから、だから
残したらあかんねんてね、玄人はみなバ〜ッバァ〜ッ。もぉ酒呑みが「もっ
たいない」いぅて言ぅたらあかんらしぃです。そぉいぅこと教えられました
けど体が受け付けませんのかなぁ、あんまりダメでございますけど。

 でまぁ、買う方でございますなぁ、これもやっぱりやらないかんと思たの
か、義務感からか結構行かしてもらいましたなぁ。やっぱりこの世界で生き
ていきたい、そのためにはまぁ「そんな気持ちサラサラなかっても、やっと
かないかんなぁ」といぅので……

 昭和三十三年三月三十一日に廃止になったそぉですなぁ、あの赤線といぅ
ものが。わたしは二十三年生まれですから、もちろん十歳ですから知りませ
んがな、そんな、なくなったことなんかは。

 ただねぇ、ちょっと成熟が早かったんか、高校一年ぐらいの時ね、そんな
とこ行ったらあったんでございます。でまぁ、覚えてますのがその頃はもぉ
禁止されてますから、このオバチャンといぅのがね、お客さんを引っ張るの
に外へ出てはいけない、敷居の中から声をかける。

 こぉオバチャンがね、入口の所へポンと立ってね、こぉ暖簾みたいなとこ
から首だけ出してね、体は出まへんねん、出たら違反なんでしょ〜な「ヨ〜
さん、ヨ〜さん」何やいぅたら洋服着てるから「ヨ〜さん」でね「ハ〜さん」
て、頭禿げてるから「ハ〜さん」でね。

 「ちょっと、兄ちゃん兄ちゃん」こっちもだいたい行くとこは決まってま
すねんけど、スッと行ってスッと帰ると時間が持たんからウロウロウロウロ
する。昔よく言われました「冷やかし、廓の一の客」といぅやつで、あれ冷
やかしが多ければ多いほど繁盛してるよぉに見えたんやそぉですがね。

 もぉそぉいぅ冷やかしと分かってても「兄ちゃん、兄ちゃん、えぇ子来て
る、好みの子ぉ」知ってんのんかい? ちゅうねん、わたしの好みを知って
んのんか思うけど、あれ「えぇ子、今日から、あんたのために」て、嘘ばっ
かりやからね。

 「今日から」いぅもの怪しぃからね、その店には今日からやけど、きのう
まで向かいの店におったちゅなね、まぁそんなんがあったりしながら。まぁ
そんなことを、ふと、この噺をするにあたって思い出したんでございますけ
れども。

 先輩から聞きますと、もっと昔ははっきりと分かれたそぉですなぁ、高級
なところと安いところとあったそぉでございまして、高級なところはどぉいぅ
とこかいぅたら、まず階段の幅が広いところが高級やそぉですなぁ、それも
桧かなんかでね。廊下が拭き清めたぁって。

 そぉいぅとこへ泊まりで行きますと、長火鉢かなんかの所へボ〜ンと座ら
してもらうと、なんか家に帰って来たよぉな気になるんやそぉですなぁ。こ
れが馴染みになってきますと、もぉその客用の浴衣といぅか、丹前とかそぉ
いぅもんも全て用意されてあってね。

 でまぁ、チビチビ呑みながら、そしてこぉ、世間話をする。たまにはこの
女の方も芸をするんですなぁ。火鉢の中でこぉ灰を掻き均してね、自分の客
が見てるなぁと思うと、客の名前を書いてね、その上に涙をポト〜ンと落と
すんやそぉですなぁ。

 「火鉢引き寄せ灰掻き均し、主の名を書き目に涙」なんて、それ見たらもぉ
男がたまらん「また泣かしてしもた」ちゅなもんでね、何かこぉ浮き浮きす
るんでしょ〜なぁ。でまぁ、その晩はもちろん寝られんぐらいの愛を受けて
ですなぁ。

 で、朝目が覚めますと枕元にさらの手拭い、さらの歯ブラシ、さらの石鹸
が置いてあって、洗面所行きゃ銅(あか)の金ダライにぬるま湯が入れてある。
そこでブクブクッと顔を洗ろてますと、後ろから袂が濡れんよぉクッと持っ
てね、そして顔を拭いて部屋へ戻ると既に朝ご飯の、軽い茶漬けかなんかの
用意がしてあって。

 梅干か何か摘まみながらガサガサガサッと茶漬けを済まして、しばらくす
ると迎えが来て、迎えの俥にポ〜ンと乗って、ズラ〜ッと見送られて「また
お近いうちに」もぉこら、最高やそぉですなぁ。

 まぁ高級なとこで……。全部が全部、そぉかといぅと、安いところへ行っ
たらこれまたスゴイそぉでございます。こらとてもやないけど……、といぅ
ところがあったんやそぉでございますが、男といぅものはもぉ酒の勢いがあ
りますとついつい、特に職人あたりになりますとそぉいぅところへ行った方
が多かったんやそぉでございますが。

■う、ふぁ〜ッ、あぁ〜……、寝てしもたがな。えらい雨やなぁ、バリバリ
いぅとんなぁ……。えらいとこやなぁ、噂には聞ぃとったけど、噂どぉり汚
いなぁ。天井ちゅたらネズミのションベンの染みだらけや。壁ちゅうたらこ
れベニヤやなぁ、落書きだらけやでこれ。何書いたぁんねんこれ……?

■「二度と来るまい」そら書くわなぁ……「酔いも覚めたし煙草も切れた、
命に別状ないばかり」「牛と狐の泣き別れ、も〜こんこん……』うまいこと
書きょんなぁ。確かになぁ、何ぞ書きとぉなるでホンマに。わしゃ止めとこ
言ぅたんや、それをヨシマのガキが「行こ行こ、兄貴行こ。呑んでこのまま
帰られへんがな、行こぉな」ちゅなこと言われて、ついうっかりなぁ……

■「ここはあかんで」て、言ぃながらもここ来てしまうてなぁ、何や? ネ
ズミが走ったがな……、しかしなぁ、よぉ寝る女ごやなぁこの女ごも、下で
見た時、二十四、五に見えたんやがな。悪い噂にしたら結構若いなぁ思て、
上へあがってそばで見たら三十四、五。化粧落とした顔見たら四十七、八。
今こぉして寝顔見てると、うちのお母んより上やなぁこら。化けもん屋敷や
がな……

■なぁ、またこれ嬶(かか)に怒られんならんねん。ちょっと懐具合ぬくなっ
たら、こぉいぅとこへ来てしまうちゅな、情けない話や。明日また弁当なし
の傘なしや……

■それにしてもまぁ、この女ご……、上がった時は愛想のない、芸のない女
ごや思たけど、こない喧しぃ女ごもおらんなぁ。こない寝込んで芸の多い女
ごもおらんで。鼾はかっきょる、寝言は言ぅ、歯ぎしり噛む。喧しぃなぁて
布団かぶったら屁ぇかましやがんねん、ホンマに。

■大人しぃなぁヨシマが……、えぇ具合になっとんかいな? お〜い、ヨシ
マ(コンコン)ヨシマ(コンコン)生きてんのんか? 寝たんか? おいッ、
死んでんのんかい? 起きとったらちょっとこっち来てくれ、こっちの部屋
来てわいのボヤキ聞ぃてくれ、えらい女ごに当たったがな。

■おいッ、ヨシマッ!●わい恐い……■何を?●わい、恐い■「恐い?」恐
いてお前、何が恐いねん?●わいの相手、鼻あれへんねん■鼻ない? 上が
る時あったがな●あったなぁ……、今、ないねん。顔の真ん中、ポカンと穴
開いたぁねや……。そっち、ネズミ走らなんだか? そのネズミ、この鼻の
穴から出たよぉな気がする■そんなアホなことあるかいなおい、鼻がないと
はどやな、ちょっと待て、今そっち行くさかいに……、入るで。

             * * * * *

■上がる時にお前「気に入った兄貴、こっちや」て言ぅたがな、それが鼻が
ないて、どぉいぅ……、わッ、見事やなぁ、顔の真ん中、ポカ〜ンと穴開い
たぁるがな。何ぞ悪い病気患ろぉとったんやなぁ、それでは商売にならんか
ら鼻付けとんねがな。それがこぉ、激しぃことするさかい、そのあいだにポ
ロッとこぉ取れて、その辺に……、探してみ、鼻が落ちとるわ付けといたれ。

●心当たりあるわ■何がや?●わい、さっきな、寝苦しぃし寝返りうったら
な、冷たいのんがピチャッと足に当たんねやがな。当たって、何かいなぁ?
と思てフッと見たら、団子が落ったぁんねや……。わい、腹減っとったやろ、
鼻、食てもたがな■鼻、食た?!

●どぉしょ〜?■大丈夫や。上がる時に鼻代、払ろたぁんがな●そら、鼻代
と違うよぉな気がするが?■何でもえぇわ……、化けもん屋敷やなぁ、どぉ
でもえぇけど。なぁ、こぉいぅとこへ来たら必ず、われわれはなぁ「ムカつ
く」ちゅなこと言ぅてな、あるもん持って帰んねや。床の間の掛軸(かけじ)
持って帰ったり、何ぞ持って帰って腹の虫をおさめよとするねんけども……、
さぁ、ここはまたなぁ〜んもないがな。

■何にもないとこやでこれは、ちょっと待て、鏡台がある……、また半分割
れたぁるがな、この鏡台も。ガタガタしとんで……、あッ、見てみ、こんな
もんがある、剃刀や。な、こぉいぅとこで剃刀があるちゅな、いかにえぇか
げんな店かいぅのん、これで分かるわ。

■こぉいぅもんはな、ご法度(はっと)や「もしものことがあったらいかん」
てなもんで、一旦使こたら必ず帳場へ置いとかないかん、持って行かないか
んねやがな。戻しとかないかんもん、こぉいぅとこへ放ったるちゅうのは、
いかにえぇかげんかいぅのはこれで分かるわなぁ。ムカつくなぁホンマに、
何ぞ……

■眉毛、剃ってまおか?●そ、それ、オモロイなぁ■ちょっとその、酔い覚
ましの水が湯飲みに入ってる、それちょっとこっち持っとぉいで、何ぞせな
ムカつくやないかいな……、両方の眉毛、剃ってもたろ。

■……? 描いたぁんねんがな、剃る手間要らんがな。えぇ〜ッ、おぉおぉ、
こっちもや。ほぉ〜ッ、顔の真ん中ポカ〜ンと穴開いて、眉毛ない……、オ
モロイ顔やなぁこら、どぉでもえぇけど。そらこれでは表出れんわなぁ……

■鬢(びん)なと剃ってまおかい、ちょっとこの鬢なと剃って……、何やこれ?
付いてるだけや。えぇ、付いてるだけや、あらッ……? こら、カツラやな
いかい、ほとんどないがな。へぇ〜ッ! よっぽど悪い病気患ろぉとんねん
や、これ。

■けどこのままでは癪に触るわ、全部、坊主にしてしもたろ●そんな頭丸め
たりしたら、あとで帰られへん……■心配要らんわい。丸めるだけ丸めとい
て、夜中にソ〜ッと下降りて履きもん持って、窓の桟(さん)ガタガタやない
かい、このまま桟外したらすぐに飛び降りられるわ。わいら言ぅたって職人
やわい、簡単なこっちゃ逃げたらしまいや。丸めてしまお。

●うわぁ〜ッ、オモロイなぁ。せやけど今何時ごろやろなぁ?■シ〜ッ!

             * * * * *

■へぇ〜ッ、わずかなもんやけど汚ったないなぁ、どぉでもえぇけどフケだ
らけやなぁ(ングゥ〜、ングゥ〜……)えらい鼾やなぁ(ングゥ〜……)う
わぁ〜ッ見てみこれ、耳の端(はた)。フケと垢……、領収証みたいなもんや
で「耳の垢、まさにフケ取り申し候」ちゅうやっちゃ、えげつないなぁ。

■(ングゥ〜、ングゥ〜……)頭返すさかいな、ちょっと起こして……、ひ
えぇ〜ッ、こっちもすごいで……、こんな頭、これ……(シュッ、シュッ、
シュッ)よいよい、よいッと。ワッハッハッハッ、オモロイなぁ、隣りも丸
めてまお、隣りのやつ丸めてまお、えぇか分かってるなぁ……

 二人とも、ス〜ックリ丸めてしまいよってからに、そのまま下へ降りまし
て履きものをこぉ懐へ入れて、で、二階の方からポ〜ンと飛び降りて逃げて
帰ってしまいます。と言ぅて職人でございますから、ケガ一ついたしません
が。

 さぁ、朝なりますと女将の方が。

★房ちゃん……、房ちゃん、いつまで寝てんねや、あの子わ。房ちゃん、起
きやッ! もぉ、日が高こぉあがってるやないか! おちょやん、ちょっと
行て起こしなはれ。

▲姐ちゃん、お早よぉさん、姐ちゃん。迎いが来てるわけやないねんけども、
もぉ日も高いし、開けてよろしぃか? 開けまっせ……、姐ちゃん? お母
ちゃん、夕べのお客さん坊(ぼん)さんやったかなぁ?

★何を言ぅてんねや、あんたわ。職人さんやないか。もぉ、早よ起こさんか
いな▲けどあの、お客さん居たはれへんねんけど★お客さん居たはれへん?
房ちゃんわいな?▲いや、誰も居たはれへん、ボンさんが寝たはんねんけど。

★んなことあるかいな、ちょっと待ちなはれ、ホンマにもぉ……、ちょっと
退(ど)き、んまぁ〜ッ、房ちゃんやないの。何をすんねんなもぉ、客が怒っ
て帰ったんや。房ちゃん、起きなはらんかいなッ!

●お母ちゃん、お早よぉさん。あ〜、つい寝てしもて……、なんか知らんけ
ど、今日はえらい寒おまんなぁ、なんかゾワゾワしてからに。風邪でもひぃ
たんかしら……、あッ、お母ちゃん、お客さん、頭間違いはった!★間違う
かいな、そんなもん。何を考えてんねん、あんたの頭やないか●アッ、毛ぇ!

★何を言ぅてんねんあんた、お客さん怒らしたん違うか? お客さんとっく
に帰ってるやないか。お客さん、何ぞ怒らしたんやろ?●いや「怒らす」て、
わて何もしてしまへん、なんもしてしまへん。怒らすよぉなことしてしまへ
んで。

★「してしまへん」言ぅたって、あんた頭丸められてるやないか。見てみ、
剃刀がそこに置いたぁるやないか、髪の毛が散ってからに。何ぞしたに違い
ないがな。何ぞ怒らすことがあったんやろ?

●いや、わたい何もしてしまへん◆ほはぁちゃん、おはほぉ〜★嫌やわぁ、
この子もまたおんなじよぉに頭丸めらてからに……、あんたなぁ、頭はよろ
しぃわい、また時間が来たらな、髪の毛が伸びて来んねや。あんたそのな、
顔の真ん中ポカ〜ンと穴開いたぁんねん、鼻付けたらどや。

◆いやお母ちゃん、朝起きたらなんやおかしぃんで、こら鼻取れてるわ思て
探したけどな、どこにも見当たれへん★「見当たれへん」てもぉ、ホンマい
ちいち付けてる場合やないであんた、あんたそれな、なんかお医者はんに見
てもろてんのんか?

◆うん、お医者はんに見てもろたんやけどな、もぉ医者が「あかん」言ぅて
さじ投げはったん★「医者がさじ投げた?」あぁ、それで分かったがな……


【さげ】
★医者がさじ投げたら、あとは坊主に決まったぁるがな。


【プロパティ】
 昭和三十三年三月三十一日に廃止……=赤線の廃止は、昭和31年4月1日
   に制定された「売春防止法」の罰則適用の取締り規定が、昭和32年4
   月1日から施行されたことにより始まる。だから、赤線が存在したの
   は昭和32年3月31日まで。
 ボヤキ=不平。小言。また、それをよく言う人。
 何ぞ悪い病気=梅毒:「トレポネマ・パリズム」の感染によって起こる慢
   性伝染病。性交による感染のほか、胎児が母体から感染するものがあ
   る。シフィリス。瘡毒。瘡(かさ)。発症から数か月〜数年(まれに10
   年以上)後、第3期にはゴム腫などが出現し鼻、耳などが陥没する。
 花代=芸人などに与える金品。また、芸娼妓や幇間の揚げ代。花。
 ご法度(はっと)=禁じられている行為や、使用を禁じられている品物。
 端(はた)=そば・かたわら・横合い。主として、そばの者など、人の場合
   にいう。人以外は「ねき」という。
 「耳の垢、まさにフケ取り申し候」=「右の代価、当に受け取り申し候」?
 すっくり=すっかりの行訛。すっきり。そっくり。さっぱり。きれいに。
   残らず。全部。すべて。
 おちょやん=おちょぼ:茶屋などの使い走りの少女。「ゝ」をチョボとい
   い、ゝほどの小さな女中の意。
 迎い=いま「メッセージ@落語書き帳面(掲示板No.8896〜)」で話題沸騰中、
   大阪ことばでは「迎い」「迎え」「帰(かい)る」「帰(かえ)る」「良
   (よ)い」「良(え)え」「入(い)れる」「入(え)れる」などなど「い」
   と「え」の音が入り混じる。
 音源:月亭八方 1997/06/22 上方落語全集(MBS)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=月亭八方 sub=*  ●main高座記録日:1997/06/22  ●番  組  名:上方落語全集(MBS)  ●ファイル公開日:1999/10/03  ●江戸落語相当:坊主の遊び  ●更  新  日:2007/08/19  ●リクエスト数:rakug179  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次