【上方落語メモ第4集】その174

黄 金 の 大 黒


【主な登場人物】
 長屋の連中さん  家主(いえぬし)  番頭さん  大黒さん

【事の成り行き】
 去年(1998年)の6月、京都・清滝から三条までのバスの中で財布を落とし
てしまいました。中身は小銭ばかりで数百円しか入っていませんでしたので、
届けもせず放っておきました。

 まぁ、届けたところで戻って来ないだろうという気持ちもあったわけです
が。ふと考えて、落とし物と拾い物、どちらが多いか? わたしに限っては
落とすほうが断然多いようです。

 しかし、落とす人と拾う人は同じ数のはずですから、なかには拾い物をす
るほうが多いという人もいるはずです。不埒なわたしはとてもうらやましく
思います。さて、あなたは落とす人、拾う人? (1999/08/22)

             * * * * *

 え〜、寅年も何とのぉ落ち着いてまいりまして、新年には皆さま方神社へ
いろいろとお願いにお行きになったと思います。まぁ心改まってね、良いも
んでございますがなぁ。

 神前にこの、鯛がお供えをしてありまして、こっちからこぉネズミさんが
やって来て、こちらからアリさんがやってまいりまして。

■どぉも、アリさん明けましておめでとぉさんでございます●いやいや、旧
年中はこちらこそ、えらいお世話んなりましたが本年もどぉぞよろしゅお願
いをいたします■ところでね、アリさん●何ですかいなぁ?■この鯛といぅ
ものは、毎年まぁ、わたしらネズミ仲間のもんでございますんで、今年もこ
の鯛引きずって向こぉへ持って行きたいと思いますが。

●ちょっと待っとくなはれ、去年まではそぉでしたけど、今年からはアリ仲
間のもんになりましたんでな、わたしらが寄ってたかってこの鯛を向こぉへ
持って行きたいと思いますのんで■いやいや、こらもぉだいたいがもぉネズ
ミのもんですわ●いや、アリのもんや■ネズミのもんや。

 言ぅてますと、御簾(みす)の中から神さんが、

▲こりゃこりゃ、お正月早々そぉいぅいじましぃことで口論するんやないが
な、みっともない■おっしゃるとおりでございます▲何を揉めておるのじゃ?
■この鯛がどっちのもんか、ちゅうことで。神さんひとつお決めいただきた
い思て。

▲何を言ぅとんねん、神たるものはそぉいぅところに入りたくない。ちょ〜
ど向こぉからお婆さんがね、お参りになりましたので、あのお方に、この鯛
がアリのもんかネズミのもんか決めてもぉたらどぉや?

 言ぅてるところへ年寄りのお婆さんがこぉ杖突いてやって来はってな。

◆(パンパン)え〜、どぉも神さん、お陰さんでまた去年は無病息災で家内
中が過ごすことができました、ありがたいことでございます。本年もひとつ
まぁ去年のよぉに平和に暮らせますよぉに、よろしゅ〜お願いをいたします。
あ〜、ありがたいありがたい……、ありがたいありがたい。

 言ぅたんで、この鯛はアリのもんになった、ちゅう話。まぁ、えぇことが
舞い込んで来るといぅのは誰しも願うことでありますが。

 朝一番に親っさんが布団の上でボヤ〜ッとしてると、

●ちょっとあんた、何してなはんね?■えぇ?●「何してなはんね?」ちゅ
うねや■「何してなはんね」て、タバコ吸ぅてんねん●タバコ吸ぅて、何し
てなはんねや?■えぇ?●ボ〜ッとせんとしっかりしなはれ。

■それが、夕(ゆん)べ夢見てな●え?■えぇ夢をな●「えぇ夢」て、どんな
夢見たんやいな?■七福神(ひちふくじん)の夢見たんや●あぁ、そらめでた
いわ、今年えぇことが舞い込んで来るや分からんで、七福神やなんて、どな
たとどなたや?

■何が?●七福神の夢見たんやろ、どなたとどなたや?■「どなたとどなた」
て、お前、七福神いぅたらほかにあらへんやないか●そやさかい言ぅてみな
はらんかいな■「言ぅてみなはらんかいな」て、じゃ〜臭いやっちゃなぁホ
ンマにもぉ……、戎、大黒、寿老神、布袋和尚、弁才天、福禄寿。

●何やて?■人の言ぅこといっぺん聞ぃたらちゃんとお前、覚えとけ。戎、
大黒、寿老神、布袋和尚、弁才天、福禄寿や●あんた何でっしゃろ、七福神
の夢見たん違うんかいな? 今言ぅたん六福神やないかいな、あとの一福ど
ないしなはったんや?■あぁ、一福、今タバコで吸ぅた。

 え〜、めでたい話ちゅうもんはえぇもんでございますが。しかしまぁ、人
間には運不運といぅのがあって、人とおんなじよぉにして「あの人うまいこ
といくのんに、何でわたしは人のよぉにいかんねやろか」ちゅなことよぉあ
りますが。

 ある男が表にポイッと飛び出しました。

■おい、そこへ行くのん松っちゃんちゃうか?●え?■松っちゃんとちゃう
か?●どなたですかいな、お呼びになんのは?■「お呼びになんのんどなた
ですかいな」て、わしやがな●いや「わし」だけや分からんなぁ、お顔見せ
てもらわんと。

■え? 忘れたんかいな、お前と去年一年間仲良ぉさしてもろたのに、よぉ
見てみぃな……、貧乏神やがな、なッ、貧乏神や●貧乏神? えらいやつに
会ぉたなぁ、えらいとこで。どちらへお出かけで?■今からお前とこへ寄し
てもらおと思て●こらいかんわ、こんなやつに来られたら今年も埒(らち)あ
かん。

 急いで帰って戸ぉ閉めて、心張り棒でもしょ〜思て急いでおりますと、ま
た後ろから。

▲おい、そこ行くのん松っちゃんと違うか?●お呼びになんのん、どなたで
す?▲わしやがな、わしが誰や分からんか?●ちょっと顔見せてもらわんと
▲あぁ、お前とは長いことご無沙汰してるさかい、忘れんのん無理ないわ、
よぉ見てみ……、福の神や。

●福の神さん、こらえぇ人にえぇとこで会ぉたなぁ、実は最前、そこであん
た、貧乏神に会いましてな、こらえらいやつに会ぉた思て「どこ行きなはん
ねん?」ちゅうたら「これからお前とこへ寄してもらうとこや」てなことぬ
かすさかい、慌てて家帰ってね、ほんで戸ぉ閉めて心張り棒で入らんよぉに
しょ〜と思て、今急いで駆ってまんねんけどな、福の神さん、えぇ人に会ぉ
たわ。どちらへお出かけで?

▲今、お前とっから出て来たとこや……

 もぉこの男はこらまぁ、今年もあかんやろと思いますが。何にしましても、
良いことが舞い込むといぅのは嬉しぃことでございます。


■おい、みな集まり、集まり●何ですかいなぁ?■いぃやいな、家主さんが
な「長屋、まとまってこの、いっぺん寄れ」ちゅて、こない言ぅたはんねん
けどな●あぁ■珍しぃことがあるもんで「長屋一統、全部寄れ」ちゅうのが、
これどぉいぅことかいなぁ思て、今、寄ってたかってな、話をしてたところ
じゃがな。

●あぁさよか、家主さんが「集まれ」ちゅうねやさかい、そらやっぱりなん
でっせ、家賃の催促やないかと思いますがなぁ■あぁそぉかも分からんなぁ、
この長屋のもんで、家賃を決まったよぉに払ろてるやつは居らんねやさかい
なぁ。

■おまはんとこ、家賃どぉいうことことなってんねん?●え? わたしとこ
ですか? だいたいまぁこの、日家賃でおまっさかいなぁ、朝仕事に出かけ
て親方から手間賃もぉて、ほんで帰りしな家主さんとこへ寄って、ほんでまぁ
家賃納めて家帰って、あとでその何ですなぁ、所帯にするというよぉなこと
で■そんなん、お前に言われんでも分かったぁる。

●そぉですよ、で、それをね、まぁ嬶(かか)の言ぅのには「ちょっと稼ぎの
良かった折にですなぁ、二日分、四日分て、こぉ納めといたら、あと楽やさ
かい」と、こぉいぅよぉなことで「そぉか」ちゅうたら「そぉやないかいな、
雨が降ったりしてあぶれた折に、家賃払えんてな、そんな不細工なことでは
いかんさかい」■そらまぁせやなぁ。

●ほんでまぁ「払いなはれ」っちゅうて、だいたい十日ぐらい先の分は納め
たぁるといぅよぉなことに……、早よなりたいなぁと思てね■お前、何言ぅ
てんねん、で、払ろてないのんかいな? いつ払ろたんや?●いや「いつ払
ろた?」そぉですなぁ、わたしゃこの長屋へ宿替えして来たときに、確かいっ
ぺん払ろたよぉな……

■「宿替えして来たとき」ていつや、お前。もぉ七年ぐらい前か?●いえい
え、八年ぐらい■よけ悪いがなアホやなぁ、そんなことではお前どないすん
ねんな……

■おまはんとこ家賃どぉなってる?▲えぇ、家賃でしょ、家賃要るちゅうこ
とは明治三年にねぇ、聞くことは聞ぃたが……■よぉそんな呑気なこと言ぅ
てるで……

■お宅は?★へぇ、家賃でございますけども、うちの親父がだいたい、先祖
代々家賃を払わん筋やったん。ほんで「わしが何かあった折に、お前が悪心
起して、もし一つでも払うてなことなったら、先祖に対して申し訳ない」こ
れちょっと遺言されましてね。

■んなアホな遺言があるかいな、皆なんやで、テンゴばっかり言ぅてんねや
ないで……

■お宅どぉです?◆あぁ、今聞ぃてましたら、この長屋に長年住んでおられ
る皆さま方が、気ぃ合わしたよぉにお払いにならん家賃を、最近越して来た
ばっかしのわたしが、皆さん方を差し置いて払うてなこことは、何じゃ付き
合いが悪いなぁと思てな、払いたいのんをグ〜ッと辛抱してるのん辛い……、
ほぉ〜ら辛い■何が辛いねん、よぉそんな呑気な……

■お咲さん▲何です?■あのぉ、家賃どないでっかいなぁ?▲「家賃」て何
です?■家賃、知らんがな……、あの、家主さんの月々のお金やがな▲まぁ
お兄さん、そんなんいっぺんももぉたことがない。

■もらえる思てるで……。こんな連中ばっかりやったら家主が「もぉ辛抱た
まらん、堪忍袋の緒が切れたさかい、まとまっていっぺん出てくれ。住人を
入れ替える」てなこと言ぅてな、大叱りに叱られるや分からんでこれは、そ
んな呑気なこと言ぅてたら。

●そぉでっしゃろか?■「そぉでしゃろか?」てお前、なんぼ気ぃのえぇ家
主さんかて、そらそぉでっせ●えらいこっちゃなぁ、これは……

             * * * * *

★あのぉ、今わたしちょっと聞ぃてきました■あぁさよか★聞ぃてきたら、
家賃の催促どころやおまへん■え? どぉいぅことでんねん?★「どぉいぅ
ことでんねん?」て、今聞ぃたんやけどね、あの質屋(ひちや)がおまんなぁ、
その蔵の横手でね、長屋の小倅(こせがれ)と家主のお坊ちゃんが、なんか砂
なぶりをして遊んでなはったんや。

★ほんでお坊ちゃんが「土ん中で何じゃピカピカ光るもんがするなぁ」ちゅ
うて、こぉジワジワジワジワ掘り起こしてみなはるちゅうと、金の大黒さん
が出て来たんやて「こんなめでたいことはない、縁起がえぇさかい喜びを分
ち合いたい。長屋中集まってな、いっぺんこの祝いしょ〜」いぅて「呑んだ
り食ぅたり、いっぺん喜ぼ」ちゅうて、こぉ言ぅたはりまんねや。

●あッさよか、家賃の催促やおまへんのか、胸ドキドキした■よぉそんなこ
と言ぅなぁ、胸ドキドキする柄かお前? ホンマに……、しかしまぁよかっ
たなぁ●ほんだらスッと行きまひょか■「行きまひょか」はえぇけどね、そ
んなあんた、仕事しぃのカッコではあきまへんで●この恰好でわ?

■そらそや、めでたいときのこっちゃさかい、羽織の一枚でも引っかけて行
かんならん●羽織? ちょっと尋んねますが、羽織てだいたいどぉいぅもん
でおましたやろかいなぁ? 羽織といぅのはどんなもんでおましたやろ?

■「どんなもんでおましたやろ?」て、こぉ襟が別に付いたやつおましたや
ろ●あぁ、嫁はん着物の下に着てるやっちゃ■そら襦袢(じゅばん)や、アホ
やなぁ。こぉ紐が付いたんおまっしゃろ●あぁあれやあれや、綿の入ったやっ
ちゃ■そらジンベハンやわ。ちょっとこれ、羽織知りまへんで。

◆そらしゃ〜ない、無理言ぅたんな。この長屋で羽織持ってるもん一人も居
てしまへん。また、羽織着るよぉなとこへ行くことがない。この長屋、羽織
着て入って来たら犬が吠え付いてしゃ〜ないちゅう■あぁさよか、珍しぃて
ね、せやけど羽織の一枚ぐらいおまへんか?

★よぉ言ぅとくなはった、押入れに入れたぁります■あるか?★おまんねん、
小紋の紋付きやけど。古いでこれ、親父が「お爺んにもぉた」言ぅてね、着
ることがないさかいズッと押入れ入れたぁりますけど、小紋の紋付き■何で
もよろしぃねん、カッコさえしたぁったら、それ着て挨拶に行けまっさかい
な、こんな風(ふぅ)では具合悪い★あぁさよか、ほなちょっと取って来まっ
さ……

             * * * * *

★へぇ、これです■あッこっちかして、あぁほんに、こぉら見事に汚い羽織
やなぁ★汚なございましょ、もぉ出したことないねやさかい、奥へギュ〜ッ
と詰めたぁった、もぉボロみたいになってました■ほぉ〜ッ、小紋の紋付き
ねぇ……、さよか、右の紋が「かたばみ」でね、左が……、これ、何の紋で
んねんこれ?

★えぇ、実それ、今出したら穴開いたぁりましたんやなぁ、ネズミに食われ
たんやそれ。で、穴開いたままっちゅうのんもおかしぃさかい、ちょっと新
聞紙(しんぶんがみ)の広告のとこ貼ったぁる■新聞紙の広告……「小倉屋昆
布」けったいななぁ。妙な羽織やけど、まぁまぁしゃ〜ない着て行きまひょ。

●「着て行きまひょ」ちゅうたかてあんた、羽織一枚で役に立つかい? こ
ない人間ぎょ〜さん居てまんのに■よろしぃがな、わたしが先挨拶行きまっ
しゃろ、ほんであんたら皆表で待っててもぉて、挨拶が終わったら、うまい
こと言ぅてシュ〜ッと出て来て、ほんで待ってる人に羽織渡したら、お宅ま
た来てこぉ入って行って、挨拶して出て来て、交代ごぉたいで。

●せわしないなぁ、ほな家主が中から「皆もぉそんなややこしぃことせんと、
いっぺんに入ったらどないや」いぅて言わはったらどないする?■そぉいぅ
ときは、わたしがこっちで羽織差し上げてて、ほんであんたが向こぉで羽織
持ってこぉ差し上げてね、で真ん中を連中が通ってね、羽織トンネルです、
開通式。

●よぉそんなアホなこと言ぅてなはんなぁ■まぁまぁ行きまっさかい待って
なはれや、よぉ聞ぃときや「口上」ちゅうのん……

             * * * * *

■えぇ〜、こんにちわ◆はいぃ〜……、あぁ、長屋の衆か、さぁもぉややこ
しぃこと言わんでよろしぃで、お上がり■へぇ、あのぉまだ連中はお邪魔し
てまへんかいな?◆あぁ、そのうちにお越しになるじゃろ、おまはんだけな
と先上がってしもて■え?◆おまはんだけなとスッと上がり。

■それ「上がり」ちゅうて言ぃはっても、その何ですわ、羽織の一件があり
ますのんで◆何が?■いえ、ちょっと口上を申し上げますのんで◆そんな難
しぃこと言わんと■いえちょっと形だけでおますさかい……

■えぇ〜、承りますれば、このたび、こちらさまにはめでたいことが起こり
ましたそぉで。え〜、お宅の坊ちゃんと長屋の小倅が、質屋の蔵の横手で砂
なぶりをしてお遊びになる。土の中で何じゃピカピカ光るものがするちゅう
て掘り起こしてみなはるっちゅうと、金の大黒さんが出て来たやなんて、こ
んなめでたいことないやないか、言ぅたりしてな。

■ほんでまぁ、長屋の手ぇに入らんと、お宅の手ぇに入るといぅことは、こ
らまた高いところへ土持(つちもち)してるよぉななぁ、いぅてみな表で言ぅ
とりますのんで……、ほなご無礼を◆いや「ご無礼」て、上がんなはらんか
いな■いえ、ちょっとわたしお便所へ行きとおまんので◆え?■ちょっとお
手水へ行きとおます。

◆お便所やったら、うちのんお使い■いえ、お宅のお手水と、どぉも相性が
悪いねんわたし……、今朝方あの、長屋の共同便所から「お兄さん、近ごろ
ちょっともおいでやないけど、お暇でしたらいっぺん寄っていただくよぉに」
速達が着いた。

◆よぉそんなアホなこと……、上がり■いや「上がり」ちゅうたかて上がら
れへん、といぅのが表にチンドン屋が通ってます◆ほっときぃな、チンドン
屋■いえ、ちょっと挨拶行ってきます、また後ほど……◆なんしに来たんや
あれ? どないなってんねん?

             * * * * *

■ちょっと羽織渡そ、あ〜、危なかったわ、もぉちょっとで捕虜になるとこ
やった。お前らも気ぃ付けなあかんで★分かってます、羽織こっちかしとく
なはれ、わたしはねぇ、言ぅてなんですけど、今の人の言ぅたとおりにやり
ますから大丈夫。だいたい弁舌爽やかなことを称して「立て板に水を流すご
とく」てなこと言ぃます。

■あぁ、そらそぉです★わたしらあんた、水やったら板にしゅむ間がおまっ
しゃろ、わたしらもぉツルツル〜ッと行ったらもぉ止まりまへんねや。ね、
立て板に銀粒でも転がすよぉにツ〜ッと行ったらもぉ、誰が止めよ思ても止
まらん「あぁ感心ななぁ」と感心する間もない。わたしがもぉ……■喧しぃ
なぁもぉ、早いこと行といで★へッ、分かっとります。

             * * * * *

★えぇ〜、こんにちわぁ◆はい〜★え〜、こんにちわぁ◆はい〜★え〜◆は
い〜★その「はい〜」っちゅうのんやめてもらえまへんか。出て来るのんが
止まりまんねん……。えぇ、口上を以って申し上げま〜す。このたび、こち
らさまには、めでたいことが起こりましたそぉで、うけ……、うけたまが、
うけたまがり……、こんにちわぁ。

◆はい〜★うけ、うけたまがり、まがります、まがりますれば……、うけた、
こんにちわぁ◆はい〜★あの〜、つまり何ですわ、早い話が◆早いことない
で、どぉやいな?★え〜、そぉ、なんです、つまりその、お宅の小倅と長屋
の坊ちゃんが◆そら、あべこべや。

★あべこべが、質屋の蔵の横手で砂なぶりやりやがって。土ん中でピカピカ
するのは何じゃいなぁ。あれは紀ノ国みかん船……、こんにちわぁ◆はい〜
★あ〜ぁ◆溜息ついて、どぉしたんや?★へぇ、それが長屋の手に入らんと、
お宅の手に入らんと、どこ行てもたんやろ? 高いとこへ土運ぶのんは梯子
がえぇやろか、飛行機で落とそかぁ、言ぅたりして、あ〜暑い。

◆何や? 汗かいてるがな★ほなまた、のちほど……◆分からんねや、言ぅ
てることが。

             * * * * *

★ちょっとこれ、羽織とって、あぁ〜、しんどかった▲もぉややこしぃやっ
ちゃなぁお前は、よぉあんな能書き言ぅたなぁお前、立て板にどこが水や?
お前のん、横板にトリモチやないか。あっちベッタリ、こっちベッタリ。こ
こで聞ぃててお前、脂汗が出たで、しくじらへんか知らん思て。

▲羽織こっちかせ、今日はだいたいが挨拶しに来たんちゃうねん、一杯よば
れに来たんやさかい、そぉいうことはあっさりと★さよか▲そぉや、わし早
いさかい、次のやつ待っとれよ。

             * * * * *

▲え〜、こんにちわ◆はい〜▲さいなら……

◆な、何やそら? 何やいなあれは?これこれ番頭、見とぉくれ、何じゃ今
日はおかしな具合やで。長屋みな挨拶するか知らん思たら、皆何じゃ上がら
んとそのまま行ってしまうねん。ちょっと見とぉくれ●へぇ、何でございま
すかいなぁ「見とぉくれ」言われても……、あぁ旦さん、表で何じゃ知らん
けど、皆一枚の羽織を引っ張り合いしてますがなあれ。

◆もぉそんなことせんと、皆入ってもらい●へぇ……、おいおい、お前ら皆
そんな大層なことせんと、入りはいり。

             * * * * *

▲見つかってんねん、見つかってんねん、羽織そっちやっとけ……、振り回
しな、ばい菌飛ぶさかい。皆入れてもらお……、

 「え〜こんにちわ、コンニチワ、今日は、KONCHIWA、こんちわ、コンチワ、
今日は、KONCHIWA、こんにちわ、コンチニワ、え〜アイスクリン」

◆アホなこと……、さぁさぁさぁ、こっち皆お集まり★このたびはまた、め
でたいことで◆いやいや、わたしもあんまり心嬉しぃのんで、皆さま方と喜
びを分かち合いたいと思いまして。とりあえずまぁ、床の間に、お越しいた
だいた大黒さんを。だいたいまぁ走り元の神さんやけど、食べもんの神さん
やけども、いっぺん皆、その、お参りだけしていただいて。

★あぁさよか、よぉ来とくなはったなぁ、これでやすかいな金の大黒ちゅう
のは?◆そぉや★「そぉや」ちゅたかて何や知らんけど、こぉ木槌(きづち)
みたいなん持ってまんなぁ?◆あぁ「小槌(こづち)」ちゅうて、あれを振っ
たら何でも出て来んねん、金銀財宝でも欲しぃもんが。

★あぁさよか、あれちょっと貸してもらえまへんか?◆そんなもん貸せるか
い、なに言ぅねん★袋担げて?◆そぉじゃ、あそこへ宝もん入れてな★あぁ
なるほどねぇ、俵の上へ座ってなはんなぁ?◆そぉじゃ、食べもんの神さん
やさかいなぁ、台所へお祀りをする★よぉ来とくなはった、ありがとぉござ
いました。

◆さぁさぁこっち、だいたいまぁ、そのインドからお越しになったらしぃ、
大黒さんといぅのは★ほぉ、インドの? ダイコクの神さん?◆大黒さんや
★せやから、ダイコクからピャ〜ッと来はってんな?◆まぁ、そぉいぅこっ
ちゃけど。それからね、奥で宴席ができてある。で、お酒の燗しますから、
皆奥行っとくれ★へッ、ありがとさんで。

◆それから言ぅとくで、孫がちょいちょい長屋行ってな、悪さするちゅうこ
と聞ぃとりますけどもな、家主の孫じゃちゅうて気ぃ遣ぉてもぉたりすると、
かえって子どもの教育のために悪い。どんどん叱ってやってくだされや。

★へぇ、そぉ思いましたんで、こないだちょっと叱らしていただいた◆叱っ
てやってくれたんか?★へぇ、こないだわたし、ちょっと具合悪かったんで
「もぉ仕事置こか」言ぅたら、嬶(かか)が「そぉでんなぁ、あんただいたい
働きでやさかいなぁ、根詰めて働くほぉやさかい具合悪いときに無理して、
あとあと堪(こた)えたらどんならんさかい、今日は一服しなはれ」「ほんだ
ら、そぉさしてもらうわ」

★言ぅたことは言ぅたんでおますけどもあんた、あいだ体動(いご)かしてる
もんが、何にもせんちゅな何や知らんけどもね、居場所がないのでしゃ〜な
い、町内のゴミ集めてな、向こぉの広場で燃やしておりましたところが、そ
の、お孫さんがお立ちになって。

★「おっちゃん、何してなはんねん?」ちゅうさかい「ご覧のとおり、トン
トしとりまんねん」「あぁ、トントか。何でトントしてんねん?」「何でト
ントしてるて、そこらのゴミ集めて綺麗ぇにしまんねがな」「あぁそぉか、
ほんならおっちゃん、このトントわいがいっぺん消したろか?」と、こんな
こと言ぃはりまんねん。

★「消したろか?」てあんた、わたしも腹立つさかい「消そと思うねやった
ら、消したらどないでっか」「あぁそぉか、ほな消したら」言ぅて、ほんで
あの、お孫さんがね◆どぉした?★「どぉした?」てあんた、何やトンガラ
シみたいな可愛らしぃのん出してきて、ジャジャジャジャジャとおかけになっ
たんで、トントが消えちゃってね。そこでおいらが……

◆どぉした?★叱っちゃった◆叱ってやってくれたんかい?★「おいちゃん
が一生懸命燃やしてるトントをオシッコで消すなんざ、そらとんでもないこ
とじゃおまへんやないかいな」と◆そんなややこしぃ叱り方しないな★ほん
だらボンボンがわたしの顔見てね「イ〜ッ」と、こんな顔しなはる。あんま
り腹立つさかいボ〜ンと一発。

◆「ボ〜ンと」て何かい、拳骨でか?★そんな無茶せぇしまへんがな。そば
にあった火箸で◆何をすんねん、そんな無茶したらどんならんなぁ。こない
だコブ作ってワァワァワァワァ泣いて帰って来たん。あらおまはんかいな?
★へぇ、もぉほんの一つ◆一つでえぇねがな、そんな無茶したらどんならん。

■ボンボン、これリンゴあげまひょ◆あぁこれ、小父が「リンゴあげよ」と
おっしゃる、礼言ぃなはれ■いやもぉ、礼言ぅてもぉたら辛い◆いや「辛い」
て、わたしやないねん、これを育てた乳母(おんば)に、人さんから物を頂戴
すると、ちゃ〜んと礼言わさんと、あとからわたしが叱られますのんでな、
さぁ礼お言ぃ。

■いやもぉ、礼を言われると辛い、と言ぃますのんが、実はお宅のお手水お
借りいたしまして、廊下から奥の間入って来ました床の間に、大黒さんお飾
りしたぁります。その前へリンゴがこぉ山盛りになっとりまして「あぁ、こ
ら旨そぉやなぁ」と思てね、ほんで二つほど袂へ今入れてまして、これはう
ちの倅に持って帰ろか知らんと。

■ほんで、これ一つ少ないけど……◆何をすんねやいな、アホなことせんと、
早いこと皆お膳の前へ■ほんだらまぁ、ちょ〜だいをいたします。早いこと
呑むもん呑んで、食べるもん食べて入れ替わったげんと、あとからまたドン
ドン来はんねんさかいな、分かってんな?

★しかし、何でんなぁ、ありがたいこっちゃねぇ。家賃の催促かしらん思た
らあんた、ご馳走(ごっつぉ)よばれられるやなんて、今年はあんた何だっせ
(クゥクゥ、クゥクゥ……)こらえぇ酒や、えぇ酒は腹の底へ染み渡るなぁ、
こら珍しぃなぁ。

■何が珍しぃ? 腹の底へ染み渡る酒て、そら普通でしょ★いや、わしらい
つも呑んでんのん違う、いつも呑んでる酒はね「あたピン」ちゅうねや■何
やそれ?★呑んだら頭へピ〜ンと来まんねん、こら腹の底へ来ますわ、えぇ
酒や旨い……、どぉですか、この見事な鯛の塩焼き■やっぱりめでたいとき
やさかい。

★そぉそぉそぉ……、ちょっと見てみ、ちょっと来てみ●何です?★ちょっ
と来て、これ見てみ●え……? わッ、大きな金魚★これ金魚かえ?●何で
す、これ?★鯛やないかい●あぁ鯛でっかいな。大きな金魚、こんな大きな
金魚鉢どこで買ぉてくるのんか思たけど……、これ何ですか、頭から尻尾ま
でみな鯛ですかい?

★「みな鯛ですかい?」てお前、頭が鯛で胴が鰤てなそんな……●こらやっ
ぱり、みな食ぅて★食わんでえぇ、こんなもん見るだけや、箸付けんでよろ
しぃ。そっちでなんか美味しぃもんがあったら●あぁさよか……、ほな、わ
たい豆さんよばれますわ、豆の炊いたやつね。

●(シュッ)しかしなぁ、家賃の催促やのぉてよろしおました、胸ドキドキ
したがな。払わないかんかいな思たらどないしょ〜か知らん思た(シュッ)
(シュッ)だいたい豆っちゅうのは食いかけるとね(シュッ)(シュッ)や
まりまへんわこれ(シュッ)(シュッ)

●邪魔臭いなぁ……(シュッ)(シュッ)そんな時には、こぉやって鉢から
ゴソッと■これッ、行儀の悪い食べ方しないな……、そっちでまた何やって
なはんねん?◆蓮根ですけど、何でこの蓮根といぅのは穴があるん?■もぉ、
しょ〜もないこと考えな、みな食べなはれ。

★いただいてます、わたしコノワタ。酒呑みが、豆で酒呑むやなんて、そん
なジャラジャラした……、こぉいぅコノワタでやりますと、一合呑めるもん
が二合いけて、二合のもんが三合てなもんでな。

★お宅らあんた(ジュル、ジュルルル〜)こら結構な。豆で酒呑むやなんて
(ジュル、ジュルルル〜)ヘ、ヘ、ヘ〜ックション! ちょ、ちょっと済ん
まへん、鼻からコノワタ出た■汚いなぁ★ちょっと、こ、これちょっとそっ
ち持って■持たれへん★(ズルズルズル)これ、元へ戻しとこか?

■もぉそんなアホな、慙無い(ざんない)なぁおい。皆そんなことしてんとな、
陽気に踊れ、踊れぇ〜ッ……♪

♪ア、コリャコリャ、コリャコリャ、コリャコリャ、コリャコリャ、コリャ
コリャ、コリャコリャ、コリャコリャ、コリャコリャ…… 豊年じゃ、豊年
じゃ、百で米が三升(さんじょ〜)じゃ……。豊年じゃ、豊年じゃ、百で米が
三升じゃ♪

             * * * * *

 さぁ呑みよった食いよった、ほたえよった暴れよった。なかで激しぃやつ
はフンドシ一貫なって町内走り回っとぉる。もぉ床の間の大黒さん、あんま
り行儀悪いので、嫌と思いなはったか、ス〜ッとお立ちになって今まさに表
へ出んとなさる。番頭さんが出て来て、

●もし大黒さん。お嫌でもございましょ〜が、あ〜たにお越しをいただきま
したので、あんまり嬉しゅ〜てみんなもぉ羽目を外しております。お嫌でも
ございましょ〜が、もぉちょっとお座をお置き願いたい。

★いやいや番頭さん、そぉやないねん。今聞ぃてると皆さま方が「豊年じゃ、
豊年じゃ、百で米が三升」とおっしゃる。あんまり安ぅならん内に、


【さげ】
★踏まえてる二俵、売りに行くのじゃ。


【プロパティ】
 御簾(みす)=すだれ。とくに、室内用にふちを装飾布でかがってあるよう
   なものをさす。
 七福神=福徳をもたらす神として信仰される七体の神。七福神信仰が盛ん
   になった近世中期以降は、戎(恵比寿、蛭子)・大黒天・毘沙門天・弁
   財天・布袋・福禄寿・寿老人の七神をいう。
 埒(らち)=囲い。特に馬場の周囲の柵。物事のきまった範囲。限界。
 埒(らち)が明く=物事がはかどり決まりがつく。かたがつく。
 心張り棒=引き戸などが開かないようにするために用いるつっかえ棒。心
   張り。
 一統(いっとう)=一つにまとめた全体。一同。おしなべて。いちように。
 てんご=悪戯。悪ふざけ。元になった癲狂(てんごう)は病名で、その患者
   が発作のときにあがきもがく様がふざけて見えることからという。ま
   た小児が親を真似て邪魔をするのを手事(てごと)といい、これが一つ
   になったのもらしい。ほか、癲癇が訛ったとの説や諸説いろいろある。
 なぶる=さわる・いじる・もてあそぶ・おもちゃにする。さらに、からか
   う・嘲弄する。
 〜しぃ=「〜する者」の意。真似しぃ・寝ションベンしぃ。
 小倉屋昆布=別家・分家・暖簾分け・自称・詐称・パッチもん含め、全国
   各地に「小倉屋」と称する昆布屋が五万とある。ゆわば「昆布の佃煮
   商」の代名詞のようなもの。
 ぎょ〜さん=たくさん・はなはだ・たいへん。大言海には「希有さに」の
   転とある。「仰々しい」のギョウか?「よぉけ→よぉ〜さん」たくさ
   ん、の訛りかも?
 せわしない=せわしい・いそがしい・せかせかする。ナイは無いではなく、
   甚だしい意(せわしなし)。
 土持(つちもち)=土を運ぶこと、またその人。また「土持しましょ」と使
   うと加勢する、手伝う意になる。
 しゅむ=染む。にじむ。の訛。
 銀粒=水銀のことであろう。
 しんど=辛労(しんろう)が変化したもの。しんどい:シンドにイを付けて
   形容詞化したもの。単純に訳せば「苦しい・疲れた・くたびれた」な
   どではあるが、さらにもっとなまぬるい複雑感を含むと同時に軽い、
   軽妙なくたびれ方をあらわした語で、標準語では到底訳し切れない。
   「あぁしんど」「あの人の話はしんどい」「そんなしんどいこと止め
   とき」「お前のすること、しんどうて見てられへん」
 トリモチ=(鳥黐)小鳥や昆虫を捕らえるため竿の先などに塗って用いる粘
   り気の強いもの。モチノキ・クロガネモチ・ヤマグルマなどの樹皮か
   ら採る。
 よばれる=招待される。御馳走になる。名詞は「およばれ」
 置く=やめる。よす。中止する。
 嬶(かか)=もとは幼児語、父(とと)、母(かか)。近世、庶民社会で、自分
   の妻または他家の主婦を親しんで、あるいはぞんざいに呼ぶ称。かか
   あ。
 働きで=働きに出詰めの意か?
 どんならん=仕方がない。どうにもならない。しょうがない。どうしよう
   もない。どうにもならぬ。ドウモナラヌ→ドモナラン→ドムナラン→
   ドンナラン。
 あいだ=日常。ふだん。
 トント=トンド:焚火。ドンド、ドンドンとも。
 ボン・ボンボン=令息。坊ちゃん。息子の愛称。目下の者が言うと敬称、
   目上の者が言うとき愛称になる。
 乳母(おんば・うば)=「おうば」の転訛したもの。母親に代わって子供に
   乳を飲ませ、面倒をみる女性。めのと。
 コノワタ=海鼠腸。ナマコの腸(はらわた)の塩辛。
 慙無い(ざんない)=見るに忍びない。無慙の意から、ひいては、見苦しい
   意に用いる。物を贈る場合に「えらいザンナイもんでっけど」などと
   いう。
 百で米が三升(さんじょ〜)=米相場は作柄で乱高下があったものの、おお
   むね1升が100文であった。1升が33文はかなりの安値である。
 ほたえる=戯れる。ふざけ騒ぐ。賑やかに楽しむ。
 音源:笑福亭仁鶴 1998/03/07 平成紅梅亭(YTV)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=笑福亭仁鶴 sub=*  ●main高座記録日:1998/03/07  ●番  組  名:平成紅梅亭(YTV)  ●ファイル公開日:1999/08/22  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2007/06/17  ●リクエスト数:rakug174  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次