【上方落語メモ第4集】その170

薮  入  り


【主な登場人物】
 亀ちゃん  親父  お袋ほか

【事の成り行き】
 大阪が空襲で焼け野原になるまで、うちの父方の祖父母は北区中崎町で商
売をしてたと聞いています。商売人の血を引いた親父はその次男坊、言うと
ころのゴンタの中ボンでした。ちなみに長兄はどういうわけか音楽家になっ
て家を出て夭逝、弟は普通のサラリーマンとして平凡に暮らします。

 わたしが子供の頃、親父の口癖が「勉強が嫌いやったらせんでえぇ、その
かわり中学卒業したら丁稚や」まだまだ丁稚などという言葉が生きていまし
た。丁稚とは住み込みで働きに出ることです。子どもごころに「丁稚奉公」
が辛いものであろうと想像でき、十分威嚇の効果はあったようです。

 近所の職人さんの家には「ボンさん」と呼ばれる仕事見習が住み込んでい
ました。さすが、今日の噺に出て来るような「十(とぉ)に満たない」ほど幼
くはないですが、中学を卒業して間なしのお兄ちゃんに遊んでもらった記憶
があります。そんな仲良しになったお兄ちゃんも、何年か経つといなくなり
ます。年季が明けて独り立ちしていくのです(1999/07/18)。

             * * * * *

 どぉぞまぁ、お疲れのないよぉに。わたしの落語はまぁ、あんまり面白な
さそぉにみえまっしゃろ? けどねぇ、辛抱して聴ぃてるとね、だんだん本
当に面白ないちゅうのが分かります。

 まぁ、お客さんもこぉしてたんと来てくれるからねぇ、結構ですわなぁ、
最近休みが増えましたからなぁ、週休二日制になってから。日曜が五十二日
ありますからなぁ、土曜日と混ぜると百四日間休みになりまんねんなぁ。

 祭日勘定したら十四日ありまんねんこれが。ほんで、百四日間と十四日足
したら百十八日。もぉカレンダーの中ではじめから百十八日休みでんねん。
ねぇ……、で、会社の創立記念日おまっしゃろ、百十九日ですわ。法事が一
回あるさかいな、百二十日休みや。

 もぉあんた、盆や正月やて休み取ってみなはれ、ねぇ、百三十日ぐらい休
みになってしもて、結構ですなぁ。その点、わたしらあんた、ちょ〜ど修行
してる頃ですなぁ、昭和三十年代はじめですなぁ、そらあんた、休み無しの
内弟子修行三年でっせ。

 石の上にも三年、黒いもんも白で通す、三尺下がって師の影踏まず、三年
間家で修行しまんねん。まぁ、そぉいぅふぅにして昔はですな、他人の家行っ
て、他人の飯を食ってね、修行しまして人間を磨くといぅやつ。

 今やったら小・中・高校・大学と教育を先に身に着けますが、昔の方は先
に人間を磨くわけですなぁ。まして、他人の家行って他人の飯を食ぅといぅ
ことは大変なことでございまっせ。

 昔のことで、十(とぉ)に満たないあどけない子ども……「十に満たないあ
どけない子ども」でっせ、今あんた「十に満たない」いぅてみなはれ、憎た
らしぃ顔してますもん。もぉこのへん、髭生えてるやつおるもんなぁ、鼻毛
出とぉる。

 昔のことですなぁ、まして一人息子「十に満たないあどけない子ども、一
人息子」ですよ。他人の家へ行って三年間修行しまんねん。ねぇ、こら大変
でっせ。三年経って初めて我が家へ帰って来るといぅ「薮入り」といぅやつ
ですなぁ。

 盆と正月にこの薮入りがありますが、厳しぃところになると「里心つかん
よぉに」といぅことで、三年間なかなか家へ帰ることができません。三年ぶ
りに一人息子が帰って来るとなったら、そらもぉ一番気になるのは親の方で
すな。

 三年ぶりに一人息子に会えるっちゅうやつで、前の晩なんか寝られへん。

■おい嬶(かか)、いま何時や?●まだ、夜中の三時でんがな■夜の明けんの
ん、遅いなぁ●まだ三時でんがな■きのうのいま時分、お陽(ひ)さん出とっ
たで●そんなアホなこと……■そぉかてお前、亀が帰って来んねんやないか
い……、なぁ、三年経ったらだいぶ大きなってるやろなぁ?

●よぉ辛抱しましたなぁ、三年間……、なぁ、だいぶ大きなってまっしゃろ
なぁ■背も高こなっとんで……●へぇ■目ぇも鼻も大きなっとんで……、耳
も長ごなっとんで●ウサギでんがな、あんたそれやったら■いま何時や?

●まだ言ぅてなはる、三時でんがな。

 東の空が白んでまいりますと、もぉじっとしてられへん。いつもに似合わ
ん親父、表出て、一人息子が帰って来るといぅのでね、家の前を一生懸命に
綺麗ぇに掃除しとる、珍しぃことがあるもんでんなぁ。

★お早よぉございます◆あぁ、お早よぉさんで★どぉでやすかいな、向こぉ
で掃除してる男、この長屋の源さんとちゃいまっか?◆そぉでんがな、あれ
が掃除してまんねん、珍しぃでっしゃろ★どぉいぅわけでっか?◆今日あん
た、子どもが帰って来まんねん★あぁ、あの一人息子の亀ちゃんが帰って来
る? 三年ぶりに? 薮入りでっかいな、それで表掃除しょ〜といぅ気にな
りましたん?

◆そぉでんがな、珍しぃでっしゃろ……、だいたい、この長屋汚れてんのん
あいつが住んでるさかいやからなぁ。それが掃除してまんねやで★ちょっと
声かけたりまひょか?◆止めとき★よろしぃがな◆止めときっちゅうのに、
あいつにもの言ぅたら腹立つで。すぐにあんた喧嘩になりまっせ。

★大丈夫でんがな、あいつ変わりもんでんがな……、源さん、お早よぉござ
います……、源さん、お早よぉ……、源さ〜んッ!■いっぺん言ぅたら聞こ
えてる。

◆な、変わってまっしゃろ★ホンマに変わってまんなぁ……、えらい、朝か
ら早よますなぁ■早いさかい「朝」言ぅねん★あいつ、喧嘩売ってまんのか
なぁ◆あぁいぅやっちゃがな、あんた止めなはれもぉ★まぁよろしぃがな、
わしさえ辛抱したらよろしぃねや……、亀ちゃん帰って来るそぉでんなぁ、
亀ちゃん大きなりましたやろなぁ。

■毎日、飯食てるからなぁ★もぉ、やっぱり帰りますわ◆帰りまひょ帰りま
ひょ、あんなんにもの言ぅたら、一日気分悪いでっせ★ほんだら、まぁ、亀
ちゃん帰って来たら、うちへ遊びに来るよぉに言ぅとくなはれ■本人がどな
い言ぅかなぁ★むかつくなぁ、このガッキャホンマにもぉ。

 家へ帰りましてもそぉですなぁ、もぉ部屋の中見渡して世話ばっかり焼い
とぉる。

■おいおいおい、こんなとこへヤカンかけといたらあかんがなお前、床が抜
けとんねやないかい、亀が帰って来て、そこでパ〜ンとひっくり返ったら大
火傷するやないかい。それぐらい気ぃ付け、あほんだらホンマにもぉ……、
よぉ鳴く犬やなぁ、どこの犬や?

●家主さんとこの犬でんねん■家主? けッ、家賃取った上に犬まで鳴かし
やがって……、家主とこ行って言ぅてこい「亀が帰って来るさかい、犬鳴か
すな」いぅて●そんなこと、家主っさんに言えまっかいな■よぉ言わんのか
い? けッ、気のあかんやっちゃなぁ……、ほんなら、犬に直接言ぅてこい。

●そんなこと言ぅたかて、犬、分からしまへんがな■分らんのかあの犬わ?
アホか? 家主もアホなら、犬もアホか? ギャンギャン鳴きやがってもぉ、
頭にガンガンきよるなぁ。あの鳴き声がたまらんねんわい、もぉ、犬の口ん
中へ雑巾押し込んでこい●息でけしまへんやろ■二日間だけや●死んでしま
いまんがな。

■おい、あのなぁ、飯炊いてるか? 今日はな、亀が帰って来たら、腹いっ
ぱい飯食わしたりたいねん。いぃやいな、奉公に行ったら冷やご飯にお茶漬
けやないかい、帰って来た時ぐらい、炊きたての熱々の飯、腹いっぱい食わ
してやりたいがな。ぎょ〜さん炊いてるか?●へぇ、いつもより三合ばっか。

■三合で足るか、アホ。二斗ばっか炊いとけ●そんなあんた、米おまへんが
な■おい、亀が帰って来たらなぁ、いっぺんこの道頓堀連れてったろ思とん
ねん。いぃやいな、道頓堀行ったらいっぱい珍しぃもんぎょ〜さん売ってる
やないかい、旨いもんばっかり並んでるがな。

■いっぺんお前、あの「まむし丼」ちゅうのん食わしたろ思てな。旨いぞ、
飯の中からまだ鰻出て来よんねん、ビックリしよるでホンマになぁ。ほでそ
のあと「天丼」ちゅうのん食わしたろかなぁ、鉢からエビがピュ〜ッと飛び
出しとぉるぞ、シッポまで食えるねん。でそのあと「きつねうどん」食わし
たろかなぁ、揚げが大きぃねがな、うどんが隠れるぐらい大きな揚げがボ〜
ンと乗っとんねやぞ、旨いぞ。そのあと「ざるそば」食わしたろ。そのあと
「タコ焼」……

●何ぼほど食べまんねん、あんた?■いぃやいな、その中で「何か一つ食わ
したる」言ぅとんねやないかい。誰が「みな食え」言ぅた。卑しぃやっちゃ
なぁ●わたし、何も食べてしまへんがな……

■何じゃ、おい、何じゃ焦げとんのんちゃうか?●え? あぁ、今ちょっと
な、煮物(たきもん)してますのん■おい、何じゃ焦げ臭いぞ、何たいてんね
ん?●いぃえぇな、こないだ弥助はんとこでお豆もらいましたんな、亀ちゃ
ん、お豆好きや言ぅさかい、ちょっと甘辛ろぉたいてやろぉ思て、今グツグ
ツたいてましたん、もぉたけてるか知らん……?

●まだちょっと堅いみたいやなぁ……、亀ちゃん豆好きや言ぅてたから……、
ちょっと食べさしてやろ思て……、まだちょっと堅いみたいやなぁ……、は
い、どなたはんですかいな? はい……、ちょっとあんた、お客さん、出と
くなはれ。いぃやいな、お客さん、わたし今お豆さんたいてるさかいに、あ
んた出てくれてもえぇやないの、お客さんが来たはる……、この人わ……

●ほんとにもぉ……、はい、ちょっと待っとくなはれ、今出ますさかいに。
どなたはんでございますかいなぁ……? あらまぁ、亀ちゃん。あんた帰っ
て来てたんかいな、いやぁビックリした。あんた何でそんなとこに居てるの
や? あんたのお家(うち)やないの、早よ上がって来なはれ、どないしたん
や?

▲お父ちゃん、お母ちゃん……、ながながご無沙汰いたしております。ただ
今帰ってまいりました。旦さんからくれぐれもよろしくとのお言付けでござ
います●あら、まぁ、立派にもの言ぅよぉになって、この子……、ちょっと
あんた、亀ちゃん帰って来たやないの、亀ちゃん。

▲お父ちゃん、ただいま……、お父ちゃん●あんた「お父ちゃん」言ぅてる
やないの■分かってるわいアホンダラ、落ち着け……、どぉも、はじめまし
て●あんた、何言ぅてなはんの?■「何言ぅてる」やないやないかいお前、
向こぉが仁義切ってきたら、こっちも切り返さなあかんやないかアホンダラ。
え? うちの倅(せがれ)かい?

●目の前に居てるやないの■「居てるやないの」いぅて、うちの倅やったら
な、下駄履いたままトントントント〜ンと上へあがって来よって「お父ちゃ
んッ」言ぅて、俺の胸元へ飛び込んで来るかいなぁ思て待っとったんやない
かい。ほんだらお前、玄関のとこで手ぇつきやがって「ながながご無沙汰」
わけの分からん英語使いやがるさかいに、ビックリするやないかい……

■ん〜ん、亀や、間違いない、生きとる●当たり前がな■大きなったのぉ、
立派になったのぉ、へぇ〜ッ……、いっぺん立ってみぃ。大きなりやがって
こいつ、おい、俺より大きなってるがな●あんた、座ってるさかいやないの。

▲お父ちゃん■おぅ▲あのぉ〜、体、大丈夫?■俺の体、心配しててくれた
んかい?▲うん「お父ちゃん具合が悪い」いぅて聞ぃてなぁ、僕、飛んで帰
りたかった、心配で心配で。けど、奉公人の手前、一人だけお許しもらうわ
けいかんさかい、手紙書いて言付けといたんや。お父ちゃん、僕の手紙読ん
でくれた?

■読んだ、読んだ、毎日読んでるわい……、お前だけやのぉ、心配してくれ
んのわ。なぁ、ここの長屋の連中やみな、俺が「早よ死んにやがったらえぇ
のに」思てけつかんねん、お前だけや。亀、心配せんでもな、おらぁ病気や
いぅてもな、医者なんかかからんかて、熱い風呂入って焼酎キュ〜ッとひっ
かけて寝たら、明くる日治ってんねや。おら、いつもそないして治してきた
んやないかい。

■ところがなぁ、今度の病気だけはどぉいぅわけか熱下がりやがらん。頭ガ
ンガンガンガンするやないかい。しゃ〜ないからお前、けったくそ悪いけど
錆田(さびた)の先生とこ連れてってもろたんじゃ。ほんだらお前「もっとな
んで早よ来んねん、このままやったら死んでまうぞ、手遅れやないか」んな
ことぬかしやがってなぁ。

■「死ぬ」言ぅたら、ビックリする思いやがって。人間いつか死ぬねやない
か、早いか遅いかだけじゃ、そんなものおらぁちょっとも恐いことないぞ、
けどなぁ、どぉいぅわけかお前、亀、お前の顔が見とぉてなぁ……

■どぉしてもおらぁ「お前の顔見るまでは死ぬにも死に切れんわ」思たさか
いな「どぉしても亀に会わしてくれぇ〜」っちゅうたんじゃ。ほんだら、甚
兵衛はんが「おい、亀は来られんけど、手紙言付かってきたぞ」ちゅうてな、
わしの寝てる前へバ〜ッと広げよったら、うまい字ぃ書いてるやないかいお
前。どこであんな字ぃ覚えたんじゃ? 俺よりうまい字ぃ書きやがって……

■俺、もぉ「こいつが亀の字ぃかいなぁ」思たら嬉しなってもぉてな「こん
なもの俺一人で見んのんもったいないわ」思たさかいな、その手紙持って近
所に見せて歩いたろ思てな、一軒一軒見せたってん「うちの倅の字ぃじゃ、
見んかい見んかい見んかい……」見せて歩いてるうちにお前、気ぃ付いたら
病気治っとぉんねや。

■医者からもろた薬、なんぼ飲んでも熱が下がらなんだ、お前の手紙持った
だけで治りよったんじゃ、えらいもんやなぁ。それからといぅものはお前、
大事に大事に仏壇の引出しになおしたぁるがな。なぁ「頭が痛いなぁ」思た
らお前の手紙頭に当ててんねん、ほんだらいつの間にか頭の痛いのんがス〜ッ
と引ぃていきよるんや、えらいもんやなぁおい。

■「腹が痛いなぁ」思たら腹に当ててると、腹の痛いのんがス〜ッと抜けて
いきよんねや、ほんまやぞ「水虫が痒いなぁ」思たらな、足に当ててると痒
いのがス〜ッと抜けて……●何を言ぅてなはんねん、この人はおかしな……

●何それ? どぉしたんや?▲あのぉ、旦さんから言付かってきた●あらッ、
旦さん? まぁ、ちょっとあんた、旦さんからこんなもん■こらッ、ス〜ッ
と受け取ってどないするんじゃアホッ、旦さんから……、ここまで大きして
もろたん誰のお陰じゃ? 旦さんのお陰とちゃうのんかい? 行儀も教えて
もろて、仕事まで教えてもろた人やないかい、こっちから持って行かないか
んねやがな、それを向こぉからスッともろてどないすんねんボケ……、もぉ
ないのんかい?

▲これ、僕買ぉてきた■お〜、どっかで見たよぉな包み紙やなぁ▲うん、お
父ちゃん僕、三年前奉公に行く時、お父ちゃんに虎屋さんの饅頭食べさして
もろたん美味しかったさかい、僕のもろたお手当てで買ぉてきたん。お父ちゃ
んとお母ちゃんと僕、二つずつ当たるよぉに……、あとで一緒に食べよ。

■そぉかい、お前の金で買ぉてきたんかい?▲うん■どっかで見たよぉな包
み紙やなぁ思たら、あの虎屋の紙か……、思い出すやないかい、なぁ、こい
つお前、三年前ここ出て行く時みてみぃな、肩落としやがって「こら三日も
持たんな」思たで。

■夜も寝られへんがな、犬がワンワ〜ンと鳴いたら「亀が逃げて来たんとちゃ
うかいなぁ」と思てな。風音がしたら「亀が帰って来たんとちゃうかいな」
もぉ三日、四日、五日ちゅう晩は寝られなんだのぉ嬶。えらいもんじゃ「去
る者は日々に疎し」かい、いつの間にやら三年経ってまいよったんじゃ。

■ほんだらお前、こんなもん土産に持って来よったちゅうやないか、それも
おのれの稼いだ金で買ぉてきよったんじゃ……、ありがたい、おい、こんな
もん食たら罰当たるわアンダラ。神棚に上げとけ神棚に、ほんで近所にちょっ
とずつ配ってやれ「これはうちの倅のお供物や」言ぅて。

●「お供物?」あんた何言ぅてなはる、もぉ亀ちゃんこんなんばっかり、う
ちもぉ長屋でいっつも恥かいてんのん、もの知らんさかいなぁ。ホントにお
母ちゃん困った……、あんた、汗かいてるのんと違うか? やっぱり。おぉ
おぉ背中まで汗が通ってるやないの、ちょっとでも早よおうちへ帰りたい思
て走って来たんやな、お風呂行きなはれお風呂。

■おぉせや、風呂行け風呂。今度の風呂屋は綺麗ぇになっとるぞ、今日は薮
入りやいぅて朝からやっとるんや、行ってこい、行ってこい。何もかも前と
違ぉて綺麗になっとんぞ、タイルといぅもの貼っとんねん、走ったらあかん
ぞ、ツルンと滑るさかいな、気ぃ付けて行けよ。何もかもみなサラになって
んねん、古いのんいぅたら番台の婆だけじゃ。

■あの婆だけ、もの言ぅたらあかんぞ、ひとこと言ぅたら大きぃされるから
な、言ぅたらあかんぞ。えぇことは言わんね。悪いことば〜っかり人に言ぃ
よるからなぁ気ぃ付けなあかんぞ、あいつにもの言ぅな。行てこい行てこい、
おい、風呂の用意したれ風呂の用意。

■手拭い、サラにしたらんかい、こぉいぅときのために置いといたんやろ。
石鹸もサラ下ろしたれ。風呂賃きちっと渡したらあかんぞ、余分に持たした
んねん余分に。いぃやいなお前、向こぉ行ったらな、ラムネちゅうのん売っ
とんねん、飲んでこい。こぉやってガラスの玉が中に入っとんねん、カラカ
ラカラッと音して、あとでゲブ〜ッと出よんねやさかいな、それ飲んでこい。

■そやなぁ、ちょ〜ど今時分やったら、竹や松次郎やみな居るさかい「これ
だけ大きなったぞ、おっちゃ〜ん」言ぅてな、その体見したれ。行ってこい
行ってこい……、おい、その着物着て行たらあかんぞ、風呂屋行ったらそん
なもん盗られてしまうぞ、癖の悪いのんが前より増えとるんじゃ。

■そんな着物着んでえぇ、わしの寝巻き着て行け、わしの寝巻き。帯なんか
要らへんがなお前、縄で括っていけ。何じゃい? 締めたいんかい? 締め
たかったら締めたらえぇやないかい……、おぉ、えぇ帯やなぁおい、どない
してんそれ?

■ほぉ、ごりょん(御寮人)さんが、買ぉてくれた? ほぉ〜、なるほどなぁ、
御寮人さんが買ぉてくれたいぅとこみると、お前が一生懸命に奉公してた証
拠やないかい、ご褒美にもろたんやなぁ……、見てみぃな、うまいこと結び
やがって、後ろへクルクルッと廻してポ〜ンと叩いとぉるがな、一人前に噺
家みたいなやっちゃなぁ。

■おい、色気づいたんとちゃうか。わざわざ下の方へ帯を下ろして結んどぉ
るやないかい、こいつ色気づきやがったな。おい、そんな下の方で結んでど
ないすんねんアンダラ、屁ぇが出てけぇへんやないかアホ……

■おい、その草履履いて行くのんやめとけよ、あかんあかん、風呂屋行った
ら盗られるぞ。そんな草履えぇのん持ってたらあかん、そこの下駄もあかん、
向こぉにあるやろ、あの草履にしとけ、あれ風呂で盗ってきてん●よぉ言わ
んわ……、あんたがやってなはんねや。

■おい、そこの踏板、気ぃ付けよ。えぇか、飛び越えて行けよ踏んだらあか
んぞ、釘抜けてんねん、腐ってんねや。家賃上げても踏み板一枚直しやがら
んねや、ホンマにもぉ……、オッと、うまいこと飛びよった、よっしゃよっ
しゃ。柳の枝、邪魔やなぁ、路地の真ん中まで出とるがな。歩きにくいやな
いか、切ってまえ。

■どこの洗濯もんや……? お咲さんとこやな、ホンマにもぉあんな前まで
出して洗濯もん干すことないやろ。出て来よった……、おいお咲、ちょっと
洗濯もん中へなおしたれよ。なおしたってくれ、うちの倅が歩かれへんがな
「なおしたってくれ」っちゅうてんねん「なおしたってくれ」言ぅとんねや
ないか。

■口の中でゴジャゴジャゴジャゴジャ、言ぃたいことあったらハッキリ言わ
んかい、口の中でゴジャゴジャ言ぃやがって女みたいなやっちゃ●あの人、
女でっせ■あれ女か? 俺、今まで男やと思てたんや。

■おい金魚屋、ちょっと中ん入るのん待て、待ってくれ、倅が出て行くから。
待て、待ったって「ちょっと待ったれ」言ぅねん、じゃかましぃガキや●あ
んたが一番喧しぃわ。

■おっと、危ないぞ。あの石やがな、前から気になってたんやがな。こない
だの掃除のときに「起こしとかなかなんなぁ」思てたんや、爪でも割ったら
どないすんねんホンマに……、どこの犬や鳴きやがってアホンダラ、うちの
倅に鳴きやがったら承知せんぞホンマ。

■おい、見てみぃ●え?■あの後ろ姿、肩落としよって、ちょっと背中丸め
て、うちの親父によぉ似てきたんとちゃうか……?●お爺ちゃん居ったら、
ホンマに喜びましたやろなぁ……

■おぉ……、行てまいやがった。おい、亀の帰って来るのん遅いなぁ?●今、
行ったとこやないの、あんたわ……


【さげ】
 風呂から帰ってまいりまして、親子三人で食べるご飯の温かさ「かくばか
り、偽り多き世の中に、子のかわいさ誠なりけり」と申します。薮入りの一
席でございました。


【プロパティ】
 たんと=たくさん。十分。牧村史陽編『大阪ことば事典』には「足りぬと」
   の約という。ポルトガル語の tanto「多い」からという説もある。わ
   たしは「溜まりと」が訛ったものと思う。たまりと→たんまりと→た
   んと? また「澹蕩(たんとう)=豊かなさま」からか?
 嬶(かか)=もとは幼児語、父(とと)、母(かか)。近世、庶民社会で、自分
   の妻または他家の主婦を親しんで、あるいはぞんざいに呼ぶ称。かか
   あ。
 まむし=鰻めし、鰻丼:鰻の蒲焼をご飯の上に被せるだけでなく、細かく
   刻んだものをご飯の中ほどに忍ばせてあるので「鰻をご飯でまぶす」
   からマブシ→マムシ。明治の頃、道頓堀で「まむし」と言えば「いづ
   もや」であろうか? 中座の向いと、相合橋東詰の2軒あった。
 きつねうどん=明治26年創業の「松葉家」が元祖であると自主申告してい
   るが、明治10年には存在していた(大谷晃一)との説もある。また、そ
   れ以前の江戸時代末期からある(日本麺類業団体連合会)とも。
 タコ焼き=卵焼き(明石焼き)は明治中ごろが起源、ラジオ焼きは昭和初期
   が起源、球体のタコ焼きは昭和30年ごろが起源。いずれも確証はない。
 けったくそ悪い=卦体糞悪い:不愉快な。いまいましい。癪にさわる。卦
   体は気持ち、気色などの意。糞は増幅、悪態。
 虎屋菓子店=高麗橋3丁目にあった虎屋大和大椽藤原伊織という菓子店。
   京都で技術を学び、1702(元禄15)年の創業。普通の菓子店の饅頭は1
   個3文で販売されていたが、虎屋饅頭は大きい上1個5文で販売され
   たという。1863(文久3)年、今中伊八が「鶴屋八幡」として継承する。
 虎屋=江戸末期、高麗橋2丁目に虎屋(饅頭)店があった記録が残る。酒店
   に「伊丹屋」が多いのと同様、「虎屋」は饅頭店の定番名称か?
 アホんだら=タラはグウタラなどの軽蔑の意を込めた接尾語。アホタレの
   タレも同じ。馬鹿野郎の意味ではあるが、どこまでも柔らかく間が抜
   けている。約まるとアンダラ。
 タイル=我が国で本格的にタイルが普及したのは明治時代に入ってから。
   西洋館の床や暖炉まわりにタイルが使われた。タイルを大量に使った
   最初の建物は、大正2年に完成した東京駅。また大正10年の帝国ホテ
   ル建築以降、タイル外装の建築が次々登場した。その後、衛生志向の
   高まりによって公共施設や一般住宅の内装にも普及が始まった。
 ラムネ=日本起源の炭酸清涼飲料水。レモネード→ラモネード→ラモネ→
   ラムネ、ばんざ〜い。ビー玉式のラムネは1888(明治21)年に大阪の徳
   永玉吉が研究・開発に着手、爆発的に広まったという。
 御寮人(ごりょん)さん=商家など中流家庭の若奥様の称。
 落語「薮入り」=落語「鬼あざみ」終盤部分と同じ状況設定。
 音源:桂福団治 1997/08/31 落語全集(MBS)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=桂福団治 sub=*  ●main高座記録日:1997/08/31  ●番  組  名:落語全集(MBS)  ●ファイル公開日:1999/07/18  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2007/05/20  ●リクエスト数:rakug170  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次