【上方落語メモ第4集】その169

へっつい幽霊


【主な登場人物】
 脳天の熊五郎  幽霊(空っ欠の八蔵)  作次郎(勘当中の若旦那)
 道具屋  客ほか

【事の成り行き】
 先日、久し振りに「てなもんや三度笠」劇場版を見る機会がありました。
65年度作品ということで、さすがフィルムの色褪せ、藤田まこと、白木みの
る、その他出演者の若過ぎることを除けば、今から34年も以前に作られたに
もかかわらず、ポンポンとテンポも良くそんなに古臭い演出にみえません。
さすが香川登志緒先生だけのことあるわいと感心しました。

 劇中、幽霊に足がある、と震えが来て卒倒してしまう珍稔のセリフ「あら、
足があるから化けもんや! 幽霊は人の念があるから恐わないけど、化けも
んはわけ分からんから恐い」言い得て妙(1999/07/18)。

             * * * * *

 え〜、替わり相まして、一席お付き合いをいただこぉといぅわけでござい
ますが。落語といぅのはどぉしても古るございますんで、特ににまぁ、上方
の場合は古い落語が多ございます。

 ところがその、出てくる品もんの名前であるとか、名称であるとかといぅ
のはだんだん伝わりにくくなっとりまして、例えば大阪で「笊(いかき)」と
こぉ言ぃます。今の人は「イカキ」と言ぅたかて何のこっちゃ通用しません
が、こら「笊(ざる)」のことでございまして。

 持ってまいりまして「これが、イカキて言ぅねや」「あぁ何や、ザルでっ
かいな」と、これで済むんですが、もっと難しくなってくんのは、言ぃ方も
知らんし、見たこともないといぅものが出てまいります

 今日、お噺をさしていただく中に出てまいります「竃(へっつい)さん」と
いぅもの、こらもぉ「ヘッツイ」と、こぉ言ぅても「ヘッツイて何じゃろ?
ちょっと見せて」言ぅても見よぉがないんでね、今。

 京都の方では「オクドサン」と言ぅてみたりとか、わたしらまぁ、子ども
の時分にはヘッツイさんといぅよりもオクドさんといぅよぉな言ぃ方で、ご
飯を炊いたり湯を沸かしたりといぅのん、田舎で経験いたしております。言
われてみると「あぁ、あれかいな」と。

 このヘッツイさんなんかでも、質の良(い)いものと悪いもんがあったんや
そぉです。何でいいのか悪いのかを見分ける、といぅのは使ってる材料でご
ざいますなぁ。どこそこの土を使ぉて作ったヘッツイさんは値が高いとか、
長持ちするからいいとか言ぅんやそぉでございますが。

 買うといぅことになりますと、大変まぁ値の張るもんでございますから、
少ぉ〜しでも安く買いたいといぅのは人間の心境やそぉでございますが、

◆道具屋の▲お越しやす◆この竃(へっつい)、京土(きょ〜つち)やなぁ▲な
かなかのお目利きで◆これ、何ぼや?▲へぇへぇ、お負けもぉしまして◆た
だか?▲え……、まだ値ぇ言ぅてしまへんがな◆いや、言わん先から「お負
けもぉしまして」言ぅさかい「ただか知らん」思うがな……、何ぼや?▲三
円でおま。

◆え?▲三円でおま◆三円? これ? 三円とは安いやないかい……、何ぼ
か負からんか?▲あんた、安心さしといて値切りなはんねん……、いえまぁ、
少々のことでおましたら◆ほな、これ三円に負けといて▲えっ?◆三円に負
けといて▲いえ、あの、言ぅとりますのが三円で◆せやから、そこを三円に
負けときっちゅうねん。

▲あのぉ……、どぉいぅお勘定で?◆分らんやっちゃなぁ。これ三円で買ぉ
たさかいにっちゅうて、風呂敷に包んで持って帰れる品もんやないやろ。な、
家(うち)へ持って帰ろと思えば仲仕(なかし)頼まないかん、車借らないかん、
何やかんや金がかかるやないかい。うち着いたら、まぁ三円のもんが三円五
十銭、悪いきゃ四円につくで。もぉ家(いえ)へ着いて三円っちゅうことにし
といて。

▲なるほど、なかなか買いもん上手なお方で……◆で、どこへでも持って行っ
てくれるかいな?▲へぇ、もぉどちらへでも運ばしていただきます。お宅は?
◆北海道……、嘘やうそや、俺とこなぁ▲へぇへぇ、そら近こぉございます。

 「さっそくお届けにあがります……」車を借りてまいりまして、ヘッツイ
さんを先方へ届けます。その晩、二時回った時分に。

◆道〜〜具屋!(ドンドン)ちょっとここ開けて道具屋(ドンドン)おい、
道〜〜具屋(ドンドン)ちょっとここ開けて道具屋ッ!▲かなんなぁ、夜中
にドンドンドンドン……、いやいや、そぉドンドン叩かんよぉに、分かって
ま、もぉ起きてまっさかい……

◆道〜〜具屋!(ドンドン)ちょっとここ開けて、おい道具屋ッ(ドンドン)
ちょっと、ここ開けて▲いや、分かっとります。ドンドンドンドン戸ぉ叩か
んよぉに、戸がつぶれまっさかいに。今もぉ起きてまんので、すぐに開けま
◆道〜〜具屋ッ(ドンドン)ちょっと早よ開けて。

▲分かっとりますて、今開けますよってに(ガラガラッ)あ痛たッ! 何を
しなはんねん、人の頭ボ〜ンと叩いたりして◆堪忍して、わいまた、戸ぉか
と思て▲あんた、こんな柔らかい戸がおまっか?◆雨で湿っけて▲よぉそん
なアホなこと言ぃなはんな、何だんねん夜中にドンドンドンドン?

◆おい道具屋、わ、わいの顔覚えてるやろ?▲ちょっと待っとくなはれ……、
ほぉほぉ、確かあの、昼間ヘッツイさん買ぉていただいたお客さん◆よぉ覚
えててくれた。あれ取って、早よ取って。

▲そら、取らんことございませんが……、我々道具屋仲間の取り決めで、昼
間三円で買ぉていただいた品もんを、そのまま三円で引き取るといぅわけに
はちょっとまいりまへんので◆分かったぁる、何ぼ損したらえぇねん?

▲ほなまぁ、一円だけのご損をば◆一円でも二円でもする▲ほな、二円にし
ていただきまひょか◆やっぱり、一円にしてぇな▲ほな、はじめから言ぃな
はんな◆そのかわり、すぐ取りに来てや。

▲「すぐ」とおっしゃいましても、こぉ夜が更けておりますんでな、明日の
朝一番にといぅことで◆まぁしゃ〜ない、ほな今晩わい、友達のとこへ泊ま
りに行くよってに、夜が明けたらすぐに取りに来てや。

 「承知いたしました……」明くる日ぃ、また車を借りてまいりまして、そ
のうちからヘッツイさんを引き取ってまいりまして店へ置いときますと、き
のうとおんなじ時分に。

★道具屋▲お越しやす★このヘッツイ、京土やなぁ?▲なかなかのお目利き
で★これ、何ぼや?▲三円でおま★三円? 安っすいなぁ……、三円にしと
いて▲きのうとおんなじよぉなお客さんやなぁ……、へぇへぇ、運搬賃とも
ぐるめて?★粋な商人、分かりが早いがな、俺とこはなぁ……▲へぇへぇ、
そら近こぉございます。さっそくお届けにあがります。

 またぞぉろ車を借りてまいりまして、先方へ届けます。夜中二時回った時
分に……

★道〜〜具屋ッ!(ドンドン)ちょっとここ開けて、おい道〜〜具屋ッ(ド
ンドン)おい、ちょっとここ開けて、道〜具屋ッ、おい、開けてぇ〜ッ▲か
なんなぁ、毎晩まいばん寝かしよらんなぁ……、へぇ、分かっとりま。ドン
ドン戸ぉ叩かんよぉに、もぉ目ぇ覚めましたさかいすぐに開けますよってに。

★お〜いッ(ドンドン)ちょっと、早よ開けこらッ(ドンドン)早よ開けて
道具屋▲分かっとります、そぉドンドンドンドン戸ぉ叩かんよぉに、ご近所
もおまんので……、うかつに開けられへんで、きのうボ〜ンいかれてんねん
さかい。今すぐに開けま……、何です?

★わいの顔覚えてるか? わいの顔、覚えてるやろ?▲え〜っと、昼間あの
ヘッツイさん買ぉていただいたお客さん★よぉ覚えててくれた。あれ取って
もらお▲そらまぁ、取らんことおませんが、一円だけのご損……★一円損す
る、すぐ取りに来てや、すぐに▲いやまぁ「すぐ」とおっしゃいましても、
もぉ夜が更けておりますんで、明日の朝一番といぅことで。

★そぉかてな、わいもぉうちでよぉ寝んがな▲ほならどぉです、お友達のと
こへでも泊まりに行きはったら?★いや、わい近所に友達ないねや。あッ、
ほなわいもぉこのまま、お前とこへ泊めてもらうわ▲うちは家内と二人で、
布団がおまへんので★ほなお前、よそへ行きぃな▲え?★わい、嫁はんと寝
よ。

▲んなアホなこと言ぃないな……、ちょっと待っとくなはれ、きのうもおん
なじよぉなことがございまして、昼間気に入って買ぉていただいた品もんを
わずかあんた、半日経つか経たんかのあいだに「一円損してもえぇさかい引
き取れ」とおっしゃる。こら、何ぞわけがあるよぉに思いまんねけど、それ
ちょっと聞かしてもらわれしまへんやろか?

★いや▲何で?★わけ聞ぃたら取ってくれへんやろ?▲そんなことはござい
ませんので。親の代からの道具屋、わけを聞ぃて引き取らんといぅことはご
ざいませんで。ひとつわけを聞かしとくれやす。

★そぉか、ほな言ぅけどな、道具屋。お前とこで買ぉたヘッツイな、道具屋。
昼間何ともないねん、道具屋。昼過ぎなっても何ともないねん、道具屋▲も
しもし? 道具屋に違いおまへんねんけどな、そぉ「道具屋、道具屋」と言
われましたら……★そぉかて道具屋。わい、これ言わなんだら道具屋。よぉ
言わんねん道具屋。堪忍して道具屋。

▲あらッ、だんだん激しぃなぁ……、ほなまぁ、好きなだけ言ぃなはれ★十
時になっても何ともないねん、道具屋。十二時になっても何ともないねん、
道具屋。ところがな、かれこれ時計の針が二時に手が届こといぅ時分になる
とな▲道具屋。

★そっちから言ぃないな……、土間に置いたぁったヘッツイさんの肩から、
青い火がチョロチョロ〜ッ、チョロチョロ〜ッと出たかと思うとそれが……、
ワァ〜ッ、取〜って、取ってとってとって!

▲あんた、ラッパみたいな人でんなぁ、何ぞおかしな夢見たんと違いまんの
か?★寝もせんのに夢見るか?▲あぁさよか、それやったらまぁ夜も更けて
おりまんのでな、明日の朝一番といぅことに……★まぁ、しゃ〜ない。どっ
ちみちもぉ夜が明けんのにそぉ間のないこっちゃ。わい、ほなもぉ夜通し歩
いてるわ。そのかわり、夜が明けたらすぐに取りに来てや。

 「承知いたしました……」またぞぉろ、そのうちからヘッツイさんを引き
取ってまいりまして、店に置いとくと昼間三円で売れる。夜中、ドンドンと
起こされて二円で帰って来る「品もんが減らいで一円ずつ儲かって、ホンに
えぇ」思てたんですが、そぉこぉするうちに妙ぉ〜な噂が立った、ある日の
こと。

             * * * * *

▲いま帰った……◆まぁ、あんた顔色が悪いやないかいな、何ぞ市であった
んかいな?▲いや、店先で話もでけんし、ちょっと裏の縁側でも行こか……、
実はなぁ、近所で妙な噂が出てんねや「あそこの道具屋の品もん買ぉたら幽
霊が出る、お化けが出る」っちゅうて、端(はた)の品もんまでこの頃売れん
はずやないかい。

◆あんた……、わても今やさかい言ぅけど、いぃえぇな、あのヘッツイさん、
外にある時はなんともなかってんけど、うちに置いてる時は寝てたら何じゃ
グ〜ッと胸が締め付けられるよぉな思いがしてたんやわぁ。気色が悪いし、
どこぞへあれ、ほってしもて▲アホなこと言え、そんなことしたらあそこの
道具屋やて、いっぺんに分かるやないかい。

◆誰ぞあの、もらい手ないやろか?▲誰がもらうかいお前、こんな幽霊の出
るよぉな品もん◆さぁ、ただでもらい手ないやろけども、そこを一円でも付
けたらどない? いやもぉ、これでは結構お金儲けさしてもぉてんねんし、
一円付けてもらい手探したら?▲しかしまぁ、一円ぐらいで、もらい手ある
やろか……

 と、夫婦が話をしております。ちょ〜ど塀がございまして、塀の向こっか
わが長屋の雪隠(せんち)場になっとります。三つ並んどぉりました真ん中で
用を足しておりましたのが、脳天の熊五郎といぅ威勢の人で……

             * * * * *

■何ぃ〜ッ、幽霊? 何をぬかしてけつかんねん。今日日(きょうび)お前、
幽霊みたいなもん出たりするかい……、ん? 一円付けて、ヘッツイ、もら
い手……、あるやないかい、俺がもぉたるがな。

■たかがヘッツイや、台は割って焚き付けに、ヘッツイさん粉々に砕いて路
地(ろぉじ)のデコボコへ埋めといてやったら「雨降りに水がたまらん」ちゅ
うて、嫁はん連中は喜びよるわ。一円儲かるし、こんなえぇ話(パンッ)

■しもた、紙落としてもた。こらえらいことしたなぁ、乾くまで待ってられ
へんでおい、誰ぞ知ってるやつ通らんかいなぁ……●詰らん詰らん、道楽の
挙げ句の果てに、タバコ銭までのぉなってしもた。詰らんなぁ……

■おッ、ちょ〜どえぇわ作ボンやな……、おいッ、作ボン■へっ、あぁ熊は
んでっか? え、熊はん? どこに居たはりまんねん?■(パンパン)ここ
やここや●え?「ここやここや」て、声はすれども姿は見えず、ほんにお前
は屁のよぉな。

■何を言ぅとんねん、おい(パンパン)ここやっちゅうねん●あ〜ッ、そこ
に居たはりましたんか……、屁ぇやなしに正味でんなぁ■何を言ぅとんねん、
おいわれ、お前、紙持ってるか?●へぇ、持ってま■一枚くれ●あんた、持っ
て入らずでっか?

■持って入ったわい●どないしなはってん?■落としたんじゃ●また、鶴折っ
てなはってんやろ?■お前、どこぞの世界に便所で鶴折るやつあるかいアホ。
よ〜し、おおきにおおきに、水かけてくれ。

■お前が来なんだら、おら一生便所に入ってんならんとこや。しかし聞ぃて
たら「詰らん詰らん」ちゅうてたが何かい、そない詰らんのか?●詰るも詰
らんも、詰りきってしもて、もぉタバコ銭もおまへんねん■でや、よけ儲か
らんけど、二人で山分けにして五十銭ずつ儲かる話があるが、やるか?

●五十銭、結構でんなぁ。何しまんねん?■表の道具屋へ、ヘッツイもらい
に行くねん●何言ぃなはんねん、知んなはれしまへんか? あれ出まんねん
で■なぁ〜んぬかしとんねん。きょうび幽霊みたいなもんが出たりするかい。
出たら出た時やないかい、俺が幽霊ちゃ〜んと面倒見たるさかい、お前五十
銭だけ持ってったらえぇねやないかい。な、黙って俺に付いて来い。

             * * * * *

■ごめん▲あッ、熊はんでっか■われとこのヘッツイな▲へぇへぇ■俺がもぉ
たら。一円、間違いないなぁ?▲へぇ……、えっ? いえ、それ、どなたに
お聞きに……、はぁ、へぇ、便所で? 迂闊にもの言えんなぁ……、そのか
わり熊はん、その何でおまんねん、もらっていただくのは結構でおまんねけ
ど、あとから何が出ましても、ひとつゴジャゴジャ、ゴジャゴジャおっしゃ
いませんよぉに。

■分かったぁる。あとから何が出たかて、おら一切文句は言(ゆ)わん、くれ
るか? いや俺一人やない、作ボンも一緒や。くれる、一円間違いないなぁ?
あぁそぉか、それやったらな、分ける都合があるさかい五十銭玉二枚にしと
いて欲しぃねやわ。いやおおきにおおきに、それからすぐ返しに来るよって
朸(おぉこ)と縄、それで担いで行くよってに。

 「おい、作ボン肩入れ! いくぞ、ヨッコラショ……」と担いで行ったん
ですが、熊はんの方はもぉ体がガッチリして、力仕事に慣れとります。とこ
ろが作ボンの方はもぉ体がきゃしゃなところへもってきて、力仕事に慣れて
ない。

 表のうちはよかったんですが、路地口へ入ってきた時分にはヨタヨタヨタ
ヨタ、ヨロヨロッとよろけた拍子に、ゴミ箱の角でヘッツイさんをバ〜ンぶ
つけた。ぶつけた拍子に角が取れまして、中からこれぐらいの白いカタマリ
がそれへさしてゴロッ。

●で、出た出た! 熊はん、出た、ゆ、幽霊のタマゴ、幽霊のタマゴ■アホ
かお前、どこぞの世界、幽霊にタマゴみたいなもんがあるかい……、しっか
し、妙なもんが出よったなぁ、これはまぁ俺が預かっとく。見てみぃお前、
縄が切れたぁるやないかい。

■あぁちょ〜どえぇわ、お前とこの家の真ぁ前や、おい、しばらくこれ預かっ
とき。そっち舁(か)けそっち、よしよし、力もぉちょっと入れ……、ヨット
ショッと。よし、これでえぇわい、うち来い、うち……。しっかしまぁ、妙
なもんが出よったなぁ、見てみぃ、生漉き(きずき)で封がしたぁる。

 ビリッと封を切りますと中から、その時分の金で三百円といぅ金が出て来
よった。

●わ、わ、わ……、ちょっと言ぅて来ま■おいおい、どこ行くねん?●「ど
こ行く」て、表の道具屋へちょっとゆいに■何で言わんならんねや。おっさ
ん言ぅてたやろ「あとから何が出ましてもゴジャゴジャ言わんよぉに……」
出たらこっちのもんやないかい●あぁなるほど……、何ぼおまんねん?■見
てみぃ、三百円ある●さ、三百円……、あのぉ熊はん。仕事山分けっちゅう
こっておましたなぁ。

●分かったぁるわい。しっかしまぁ「出る」とは聞ぃてたが、こない出ると
は思わなんだなぁ。こんなん出るのん分かってたら、おら独りで引きずって
持って帰ってきたんや……。分かったぁる、やいやいやいやい言ぅな。俺も
男じゃ七三の、四分六の言わんと半分の百五十円やらぁ、持っとけ。

●へぇ、おおきに……、あのぉ、大事おまへんけど、割り前の五十銭■お前
細かいなぁ、ほら、もぉ五十銭やるわい……。お前どないすんねん?●わて
ね、熊はん、わたいこぉ見えても新町に小里ていぅえぇのんが居てまんねん
けど、長いこと会ぉてぇしまへんので、わたいこれから小里にちょっと会い
に行きまんねん。

■砂糖なと何なとねぶってこい●ほんで熊はんは?■俺かい。おらぁいつに
変わらぬ賭場(どば)へ行くのよ●そんなら■よっしゃ……

 と、二人(ふたぁ〜り)が右と左に分かれまして三日三晩が経った。

             * * * * *

●あぁ、詰らん詰らん、またタバコ銭も無(の)ぉなってしもた。ちぃ〜と除
けといたら……、あっ、袂にタバコ銭だけ残ったぁった……、突き出しのオ
カキか。あぁ〜詰らんなぁ、まぁえぇわ、わたいがのぉたかて熊はん持って
るやろ、熊はんに会ぉて金借りたろ。

             * * * * *

■チッけったくその悪いホンマにもぉ、つかん時はとことんいかれんねや、
腹の立つ……、まぁえぇわ、無かったって作ボンが持ってるやろ、あいつに
ちょっと銭借ったろ。おッ、おい作ボン●あッ熊はん、小遣貸して■先ぬか
しやがんねん……、お前、百五十円と五十銭わい?●あれ、みな使こてしも
た。

■みな? ちぃ〜っと除けとけ、アホめが●で、熊はんは?■みな負けたが
な●百五十円と五十銭か? ちぃ〜っと除けとけ、アホめが■おんなじよぉ
にぬかすな……、まぁ、無けりゃ無いでえぇわい、明日は明日の風が吹くっ
ちゅうやっちゃ●明日またヘッツイさんもらいに行こ■幾つもそんなんある
かい、え〜い寝さらせ。

 熊はんの方は諦めがえぇので、床に着くのが早い。ク〜ッと寝てしまいま
す。作ボンの方はと申しますと、やっぱりきのうまでのことを思うと、なか
なか寝付かれん。

●あぁ〜あ、えらい違いやなぁきのうまでと。きのうまでは綺麗な柔らかい
あったかい布団で寝んねしてたのに、今日また元どおりの汚い冷たい固い布
団で寝んならん。せやけどなんやなぁ、小里ビックリしてたなぁ「まぁ、若
旦那、長いこと顔見せんとどないしてなはってん?」

●「ん、わいか? わい、ちょっと今勘当されてんねや」「んまぁ、勘当さ
れてるよぉなお人が、こんなたんとお金持ったはりますかいな」「この金か、
こらお前、ヘッツイの金……、いや……、お前、わいが来ん間に浮気してた
やろ?」

●「まぁ、浮気みたいなもんせぇしまへん」「い〜や、してたに違いない。
わい、もぉお前ともの言ぅたれへん」クルッと尻向けたったら「まぁ若旦那、
こっち向いとぉくなはれ」「いや、わいもぉ向かへんで」「そんなこと言わ
んと、こっち向いとくなはれ」「向かへんちゅうねん」

●「向かなんだら、耳引っ張りまっせ」「耳引っ張られたかて、わい向けへ
んさかい」「そやったら、耳引っ張ったげま」「い、痛い痛い、耳張ったら
痛いがな……」

 と、一人でノロケ言ぅてた、ちょ〜どその時、土間に置いたぁったヘッツ
イの肩から、青い火がチョロチョロ〜ッ、チョロチョロ〜ッと出たかと思い
ますと、それへさして幽霊がズ、ズ〜〜ッ!

▲恨めしぃ、金かやせぇ、かねぇ〜、かやせぇ〜●痛い痛い、耳引っ張った
ら痛いがな、もぉ引っ張りなて、わい向くよってに、向く向く……、で、出
たぁ〜〜ッ!

             * * * * *

■おいッ、作ボン! 今どないしたんや、大きな声出して? おいッ、作ボ
ン、おいッ●熊はん、で、で、で、で、出た■何がい?●ゆ、ゆ、ゆ、ゆ、
幽霊が出た■「幽霊が出た?」何ぞぬかしてたか?●「恨めしぃ、金かやせ」
て■よぉ〜し分かった。それやったらな、お前、俺とこで寝ぇ。いや、うち
にはヘッツイさんが無いさかい出よらんわい。あとは俺に任しとけ。

 明くる日、夜が明けるか明けんかで熊はん、表へポイ〜ッと飛び出しまし
て、昼過ぎになって帰って来よった。

●熊はん、どこ行ってなはってん?■俺かい? おらお前、実はお前とこの
うちぃ行ってたんや。噂には聞ぃてたが、立派な家やないかい。大人しぃし
てたら、あの身代みんなお前のもんやのに、こんな長屋で俺みたいなもんと
付き合ぉて……●そらそぉと熊はん、何しに行ってなはってん?

■お前の母親に会ぉて「いま三百円といぅ金が無かったら、若旦那の命に関
わる」っちゅうて、ちょっと話してきたんや。えらいもんやなぁ、勘当して
る倅(せがれ)でも、命に関わるっちゅうたらポ〜ンと三百円出してくれよっ
た。預かってきた、これ、今晩お前、幽霊に会ぉて返せ。

●う、う、う……、あんまりあのぉ、裏返したり馴染みになったりするもん
やおまへんねん■何をぬかしとんねん、よ〜しそれやったらな、俺が代わり
に返したるさかい、われ俺とっから様子でも見てぇ。

 熊はん、勢(いっきょ)いがよろしぃ。横手に一升瓶ボ〜ンと置きまして、
それをグ〜ッと呑みもって、幽霊を待っとる。

■お〜いッ! こら、幽霊、出んかいこらッ! 今日はな、脳天の熊五郎の
俺が相手したら。おいッ、幽霊ッ、出やがれ幽霊ッ!

 何ぼ気張ったかて、幽霊かてそぉ早い時間から出て来るわけやない。そぉ
こぉするうちに時刻がやって来たとみえまして、ヘッツイさんの角から青い
火がチョロチョロ〜ッ、チョロチョロ〜ッと出たかと思いますと、それへさ
して幽霊がズ〜ッと……

 出るには出たんですが、この熊五郎の勢いに押されよって、

■おいこらッ、なんさらしてけつかんねんッ! 幽霊、出んかいこらッ、幽
霊ッ▲で、出てます……、で、出てます■「出てる?」こらッ、出たら「出
た」ちゅわんかい▲言ぅてました■どこにけつかんねん?▲あんたの後ろに
けつかります■後ろぉ……? 前へ回れッ▲ごめん■座れ、そこへ。

■さぁ、これが三百円の金、持って行け▲へぇ、おおきに■ちょっと待て。
われ、その金に恨みがあって出よってんやろ。何ぞわけがあるに違いない、
そのわけ、この俺に聞かせ▲お尋ねにあずかりまして、ありがとぉございま
す。そんなら、わたくしの申しますことひと通り、お聞きなされてくださり
ませ……♪

▲わたくしは、福島の羅漢前で左官(しゃかん)渡世をいたしておりました、
空っ欠の八蔵といぅ小博打を打つもんでございます……、ある日の時、テラ
サイを使いまして寄せ集めた金が数多(あまた)。あちらから五円貸せ、十円
貸せといぅうるささに、商売もんのヘッツイの肩へ三百円の金を埋め置き、
勝ち祝いといたしまして河豚を買ぉてまいりました。

▲この河豚が悪河豚で、フグに料理してフグに煮(た)いて食べたら、フグに
当たってフグに死んだ……■えらいフグ尽くしやがな▲それからといぅもの
は、あのヘッツイの肩には三百円の金がある……、あぁ売られた……、あぁ
また取り戻されたと、今日まで浮かびもやらでおりました。

■ほな何かい。お前が空っ欠の八蔵か? おら、脳天の熊五郎や▲あんさん
が熊はん。噂はかねがね聞ぃてはおれど■会ぉたんも見たんも今日が初めて
や▲これからひとつ、お近付き■嫌やでお前、幽霊にお近付きて……

■あぁ、そぉいぅことか、なるほど。それでお前の金っちゅうのは分かった
が、しかしなぁ、こんなこと言わしてもろたら何やけどな、そらお前の金に
違いはないけども、俺のお陰で日の目見たんと違うかい? せやろ……

■いや、そらまぁ正直言ぅて、ここんとこ博打してもつかずなぁ、もぉ懐に
なんにも無いねや……。俺のお陰やろ……、なぁ……、分かるなぁ?▲何ぼ
か、お礼をくれと?■まぁ、そぉいぅこっちゃなぁ▲どのぐらい?■でや、
ポ〜ンと二つに割って百五十円っちゅうのん。

▲百五十円……? 拾得物の礼はこれ、一割やと■そんなもん誰が決めたん
や? あかんのかい? あかんねやったらえぇがな、おいッ、われ出るとこ
へ出よか?▲いや、わて、出るとこ出られしまへんねん■せやから聞ぃとる
んやないかい、どないや?

▲んん〜ん……、あげます■くれるか? 済まんなぁ。ほな、お言葉に甘え
て▲勝手に甘えてんねや、嫌やいやや言ぅてんのに……、金が減んねやった
ら出て来んねやなかったなぁ……、百五十円てな半端。

■んッ? よぉ言ぅたなぁ、百五十円半端か? いや、俺も半端や思てた。
お前が半端、俺が半端。でや、ここで一番、勝負しょ〜か?▲サイコロおま
すのんか?■ある。待ってぇよ……、どや、自慢のサイコロじゃ。よぉ目が
変わりよるやろ▲ひ、久し振りやなぁ。ちょ、ちょっと触らしてもらうわけ
にいきまへんやろか?■触ったらえぇがな▲おおきに……

■んな、おかしな手つきすな。こぉやってパッと行けんのか?▲手の平を見
せるのは幽霊仲間の反則■何が「反則」や……、よし、そしたらな、ここに
湯飲みがある。これでちょっと遊びやってもえぇか、ヨッ……、さッ、お前
から口切れ。

▲へっ、わてもぉ、生きてる時分から丁よりほかへ張ったことおまへんので、
丁へ口切らしてもらいま■なるほど。で、何ぼいく?▲百五十円■百五十円?
いっぺんに、百五十円? えぇ度胸してるやないかい▲えぇ度胸やおまへん
ねん。早いことせな、夜が明けたらぐつ悪まんねん、早いことしまひょ■な
るほど……

■よ〜し、ほなわれが丁へ百五十、俺が半へ百五十、えぇなぁ。勝負……!
五六の半▲ふぉ〜〜ッ■おいおいおい、幽霊が精落とすなお前。幽霊の精落
としたんみっとものぉて見てられへんやないかい▲出よったなぁ……。もぉ
ちょっとでゾロ目んなるとこやのになぁ、わたいの好きな。あのぉ、済んま
へん、もぉいっぺんだけやっとくなはれ■なに?▲もぉいっぺんだけ、やっ
とくなはれ。

■「もぉいっぺんだけ、やってくれ?」せっかくやけどな、お前の方に銭が
無いのん分かったぁんねん、でけんなぁ▲それやったら心配要りまへん。わ
ても幽霊のこと……


【さげ】
▲けして、足は出しまへん。


【プロパティ】
 笊(いかき)=ざる。
 竃(へっつい)=かまど。「竃つ霊(へつひ)」かまどを守る神。から転じた。
 おくどさん=くど:かまどの後ろにある、煙を出す穴。
 仲仕(なかし)=荷車を曳いたり、荷を運んだりする労働者を指していう。
   仲衆(仲間衆の略)であろう。
 かなん=困惑する。適わない→適わん→かなん。
 ぐるめ=ぐるみ。ひっくるめて。ごと。ぐち。くる(包)める意。
 端(はた)=そば・かたわら・横合い。主として、そばの者など、人の場合
   にいう。人以外は「ねき」という。
 ほる=投げる。捨てる。投げやりにする。ほうる(抛る)の約まった語。
 雪隠(せんち)=せっちん:便所。
 何をぬかしてけつかんねん=ぬかして+けつかる+ねん。ヌカスは「言う」
   ケツカルは「する、いる」という意味の下品な悪態口を示す語。ネン
   は助詞「〜のだ」標準語では「何をおっしゃっているのでしょう」
 われ=一人称「われ」を二人称に使っている。同じく「自分」も「わたし」
   の場合と「あなた」の場合があるので注意が必要。
 でや=「どうや」の転訛。
 よけ=「よぉけ」の転訛。
 よぉけ=よけい・余り・余分。転じて、たくさん。
 もぉたら=「もろうてやるわ」の転訛。モロテヤルワ→モオタルワ→モォ
   タラ。
 朸(おうこ)=両端に物を掛けて荷う棒。てんびん棒。二重母音の「おう」
   は大阪では必ず「おお」と発音する。
 生漉き(きずき)=楮(こうぞ)・三椏(みつまた)・雁皮(がんぴ)だけを用い、
   他のものを混ぜずに紙を漉くこと。また漉いた紙。
 やいやい=せわしく繰り返して求めるさまをいう。やいのやいの:やいや
   いと、しつこく請求するときに用いる。
 大事ない=かまわない。差支えない。別条ない。「大事では無い」の意。
   また「大事おまへん」ともいい、さらに訛ってダイナイ・ダンナイと
   なる。
 新町=大阪市西区新町。寛永年間(1624〜1644)の新地で、公許遊郭が置か
   れ、京の島原、江戸の吉原とともに知られた。
 ねぶる=舐める。
 突き出し=酒やビールのあてのちょっとしたつまみもの。
 欠き餅=餅を薄く切って堅く乾かしたもの。カキヤ・オカキともいう。あ
   られ餅・あられ。また、欠き餅を焼いたものもオカキ・アラレ。
 ぬかす=言う・ほざく。
 さらす=するの罵語。やがる・くさる・けっかるなどの補助。さらしてけっ
   かる。
 たんと=たくさん。十分。牧村史陽編『大阪ことば事典』には「足りぬと」
   の約という。ポルトガル語の tanto「多い」からという説もある。わ
   たしは「溜まりと」が訛ったものと思う。たまりと→たんまりと→た
   んと? また「澹蕩(たんとう)=豊かなさま」からか?
 裏を返す=郭などで次回も同じ相手を選ぶこと。ちなみに、花街では初め
   ての客を初会、二度目が裏、または裏を返す、三度目を馴染み、四度
   目以降は腐れ縁? と言ったという。裏を返すというのは左官仕事用
   語で、塗り壁など表から壁土を塗りつけ、ある程度乾かせたのち裏か
   らも塗りつけ強度を増すことをいう(By ダイナシさん)
 けつかる=居る。する。の意の下品な悪態口に用いる語で、ケツカルだけ
   でも「居やがる」の意であるが、さらに他の動詞に付いてその下品な
   言い方になる。サラス・クサル・ヤガルなどと同じ意に使用するが、
   この三つは動詞の連用形に付くのに対して、ケツカルだけはテに接続
   する。してケツカル。言うてケツカル。など。ケッカルともいう。
 福島・羅漢前=妙徳寺(五百羅漢寺)近くにあった裏長屋。
 福島・妙徳寺(五百羅漢寺)=福島区福島5丁目環状線福島駅の南西にある
   公園あたりか? 1909(明治42)年天満焼けのあと都市計画などのため
   東大阪市額田町に移転し現存。
 大阪福島羅漢前=1887(明治20)年7月31日付「大阪日報」に「木賃宿の営
   業地を北は上福島村羅漢前及び北野村綱曳天神以北鉄道一番踏切まで
   の二ヶ所と制限せし」の記事がある、また1893(明治26)年7月12日付
   「大阪毎日新聞」に「今大阪に於ける此等貧民の巣窟とも云ふべき所
   は名護町を始めとし北区岩井町、難波毘沙門裏、福島羅漢前、北野蒸
   気長屋、北野焼寺、川崎橋屋裏、木津の赤手拭、松屋町小人屋敷、西
   九条等を其最とし」の記事が見られる。注:蒸気長屋「貧民の住居す
   る所に入り込む通路は幅一間の道にて此道に沿ふたる裏長屋は恰かも
   汽車の如く連接するを以て蒸気長屋の称へあり」の説明あり。
 テラサイ=不明。博打用語で、賭場の上がりのことを「テラ」サイコロを
   「サイ」ということから、博打関連用語であろう。
 ぐつ悪い=都合がよくない。首尾がよくない。グツは、都合の倒置か?
 音源:笑福亭松喬 1997/09/13 平成紅梅亭(YTV)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=笑福亭松喬 sub=桂雀松  ●main高座記録日:1997/09/13  ●番  組  名:平成紅梅亭(YTV)  ●ファイル公開日:1999/07/18  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2007/05/06  ●リクエスト数:rakug169  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次