【上方落語メモ第4集】その165

軒  づ  け


【主な登場人物】
 浄瑠璃を習いはじめたA  Aの知り合いB(浄瑠璃しない)
 Bの知り合いC(浄瑠璃する)  Cの浄瑠璃仲間Ds(複数)
 紙屑屋のテンさん(三味線)  糊屋の婆さんほか

【事の成り行き】
 最近また、アコースティックギターが流行りだしたようです。わたしのよ
うなフォーク世代から見ればまことに「歴史は繰り返す」なわけです。聞く
ところによると、エリック・クラプトンの「アンプラッグド」あたりがその
きっかけらしいとか。

 先日もわたしの住む下町・私鉄駅前で一組のグループがギターをかき鳴ら
してわめいておりました。本人たちは恍惚の境地で酔いしれておりますが、
ギャラリーはちらほらで、ほとんど呆れ顔で通り過ぎております。もう少し
修行を積んでから「軒づけ」しなさい(1999/06/20)。

             * * * * *

 ありがとぉございます。え〜、こちらのほぉも聴ぃていただくのでござい
ます。

 浄瑠璃といぅものがあるんでございます。きのう実は国立文楽劇場の方へ、
ちょっと聴きに行ってまいりましたが、大抵は人形さんがいわゆる舞台にナ
ニしまして、こちらで浄瑠璃をお語りになるわけでございますが「素浄瑠璃
の会」と申しまして、人形さん無しで浄瑠璃だけを聴ぃていただこぉといぅ
よぉな主旨の会でございます。

 え〜、嶋大夫、十九(とく)大夫、住大夫といぅ歴々の、いわゆるお師匠さ
ん方がお語りになりました。お三人でございましたが、四時間からあるんで
ございます、すごいもんでございますねぇ。でもやはり聴き応えのあるもん
でございますから、堪らぬものがありますのですね。

 出し物はと申しますといぅと「太閤記・十段目」「たいじゅ〜」といぅや
つね、それから「帯屋」それから「堀川の猿回し」と、こぉいぅよぉな出し
物が並んだわけでございます。

 え〜「フンフン」といぅよぉな、このうなずきがあまりございませんので
「浄瑠璃を本当に好きなんだ、堪らぬものがあるなぁ、同意する同意する」
といぅ共感が余りありませんので、今日はこのネタは止めたほぉがよいよぉ
な、まぁ、気もせんではないんでございますが、もぉせっかくやりはじめま
したんで、もぉ分かろぉが分かろまいが、面白かろぉが面白くなかろぉが、
もぉやるのでございます。

 ですからもぉ、みなさん方のほぉも「ここらあたりが面白いんだろぉな」
と思うところで、まッ、適当に笑っていただけましたら……、そんなことは
ないんでございますが。

 本当に力の入るもんでございますなぁ。もちろん長ぁ〜いもんでございま
すから、上手に節付けはしてありますがダレ場といぅもんもございますし、
寝ておられるお方も無いことは無いんでございますが。

 そらもぉ名人上手がそれこそ「さてここ」っちゅうとこでグッとひとつ、
ゆわゆるナニがはまりますといぅと、もぉ「そぉだ、そぉだ、そぉなんだ」
といぅアレでございます、堪らぬものがあるんでございます。

 今はもぉ国立文楽劇場一本でございますが、ひと昔前は大阪はもぉあちら
こちら、浄瑠璃があったんだそぉでございますねぇ。今みたいに楽しみ事が
そんなにたくさんございませんから、もぉわたしも浄瑠璃、わたしも浄瑠璃、
いわゆる有名な文句なんかは、こんな小さな子どもでも知っているといぅ。

 「♪三つ違いの兄さんと……」もぉ、こぉいぅことでもぉ十分お分かりや
と思いますけどな「♪今ごろは半七っつぁん……」いや、笑うとこやないん
ですよ、ここのところは真面目なとこなんですけどね。

 「♪どこにどぉしてござろぉぞ……」といぅよぉな、あの色々あるんです
けどね、幾らやってもいいんでございますが「♪現れ出でたる武智光秀……」
といぅよぉな勇ましぃところもあれば、今みたいにしっとりしたところもあ
る、色々あるんでございます。

 まぁ難しぃもんでございますから皆がお稽古に行くわけで、お稽古屋さん
がたくさんにあったんだそぉでございますねぇ。で、若い可愛い女のお師匠
さんなんかもあったんだそぉで、やっぱり男ですから、お稽古に行きます時
はどぉしてもそっちの方が人気があったんだそぉですなぁ。

 「稽古屋ができたそやなぁ」といぅことです「行こ行こ、行こか」て「ど
やねん、お師匠(おしょ)さんは?」「これこれこれ(顔)」「ほんだら、そ
こ行こか」もぉね、上手下手はあんまりこの関わりがないんで、これがどぉ
か「別嬪か? よし行こぉ」なんちゅな。

 やっぱりそらそぉですわなぁ、お客ですからなぁ、ゆわば。お師匠さんの
方はうまくこぉおだてて、いわゆる、続かさなければならない、お稽古をね。

 「あんさん、お声がよろしゅございます」若い綺麗なお師匠さんに、若い
男としてですよ「あんさん、お声がよろしゅございます」言われたら、そら
たまりませんで「おらぁ、声か……」そら誰かて思いますよ「声なら、俺か」
思いますが。

 こら一番褒め易いんでございます、声を褒めといたら間違いないんですが、
どぉ考えても声のあまり良くない人あります、うちの南光みたいなん「う〜、
おはよございます、う〜」たいてぇもぉズ〜ッと昔から南光だけはね、うち
来たときに分かりました。

 第一声で「おはよございます、南光です」言ぃますから必ず分かりますね
ん「あぁ南光が来たな」いぅことはね。あぁ「南光です」言ぅから分かるん
ですけどね。えらい声ですからなぁ。

 そぉいぅ人には「声がよろしぃな」といぅことは褒め言葉にならんのです
「あんさん、節回しがよろしゅございます、お節が。お声のえぇ人にあんま
り名人はないのん。声の悪いところを何とかしよぉといぅところから、本当
の名人が出るの」

 若い綺麗なお師匠さんに言われてごらんなさい、男としてたまりませんで
「おらぁ、節回しか……」ちゅなもんで「節なら俺か」ちゅなもんでござい
ますよ。

 節もダメな人があります「あんさん、言葉がしっかりしてます。語り物、
物語、やはりその情愛が分かってないと、あの言葉は出ませんのん、あんさ
ん」若い綺麗なお師匠さんに言われたら「おらぁ、言葉か……」

 言葉もあかん人あります「あんさん、長いこと座っててもシビレの切れん
とこが……」「シビレは、俺か」んなアホなことありませんですけど、何じゃ
かんじゃちゅうてお稽古に通うわけでございますが。

 そのうちにその「会」といぅことになりまして、皆さんに聴ぃていただく
といぅことになる。お稽古の段階ではまだよろしぃんですが、聴ぃていただ
くといぅことになりますといぅと、ドガチャガがまぁ始まるといぅよぉなこ
とでございます。あんまり初めからうまくはいきませんからなぁ。

■こっち入んない、この頃しばらく顔見せんがどぉしてんねん?●ちょっと
凝ってますんです■ほぉ、えらいもんやなぁ、何に凝ったんや?●こっちで
す、こっちです■え?●これにちょっと凝ってるんです■ほぉ、歯痛に?

●歯痛に凝る人ありますか? あぁ〜た、こぉしたら分かりませんか? 浄
瑠璃、じょ〜ろり。お浄瑠璃にちょっと凝ってるんです■待ちない、え〜、
何に凝ってもえぇよぉなもんやが、お前さんが浄瑠璃に凝るとは思わなんだ
が、あらなかなか面白いもんらしぃなぁ?

●面白いんですよ、もぉあんなもん、いっぺんその世界へ引きずり込まれた
ら、なかなか抜け出(い)でられないものがありますですよ。ほぉ〜ら面白く
て面白くてたまりませんねぇ■えらいもんやなぁ●そいでわたしね、あのね、
皆さんに聴ぃてもらう会にちょっと出してもろたんですよ。

■ちょっと待ちない。家(うち)ぃ来んよぉになってまだ三月(みつき)足らず
やけど、もぉ人さんに聴ぃてもらうほどの腕になったのか?●いや、腕になっ
たとか、ならんとか、そぉいぅことじゃないんですけどね。だいたいが、出
るナニじゃなかったんですけど、ちょっと都合があるんです。

■あぁ、何かあったんかい?●そぉなんです、三月やそこらで会にとてもの
ことに出られるナニじゃないんですけどね、だいたいはその日に出るはずの
人がね、一番初めに出る人がね、その前の晩にちょっと妙なもん食べはった
らしぃんです。

●でね、朝からお腹の具合が「グルグルグルグル」といぅてはって、ご承知
のよぉにあれは腹帯といぅものを締めましてですね、お腹から声出して「ン
ンッ、ンンッ」といくもんですからな、ですからその、お腹がちょっと緩い
のでね、ひとつ間違いがあっては大変やっちゅうので、それで「もぉ今日は
やめにしたい」と。

●で、お師匠さんの方も「そらやめといた方がよかろぉ」と、ところがうち
の稽古屋があまり人数がその多くないんです。番数が少なすぎると頼んない
ので「あんさんとりあえず出てもらえませんか?」といぅことで。

●だいたい「まだまだそぉいぅナニじゃないんだけども」といぅ「番数があ
んまり少なすぎてもナニやさかい、まぁお稽古と思て」と、こぉお師匠さん
がおっしゃったんで、枯れ木も山の何とかでですね、出してもろたよぉなも
んです。

■あぁ、なるほどなぁ、そぉいぅ事情があったんやな……。それでどや、当
たったか?●当てられたです■え?●当てられた、です■いや、当たったん
やろ?●いえ、当てられたです■「当てられた?」おまさん、あんまり言葉
知らんなぁ、あぁいぅものは「大当たり」と言ぅねん「当たる」っちゅうね
ん。

●だいたいは「当たる」っちゅうんでしょ〜けど、わたしの場合はもぉ、間
違いなく「当てられた」です■「当てられた」て、どぉいぅこっちゃねん?
●わたし、だいたいノッケですから御簾内(みすうち)です■そぉそぉ、はじ
めこぉ御簾といぅものを吊ってな、その中で語んなさる。

●そぉです。あんたご存知ですか? あの御簾っちゅうのんね、客の方から
床(ゆか)見えまへんけど、床の方から客の方はよぉ見えますのですよ■そぉ
そぉ、御簾といぅものはそぉいぅ風なものを御簾と言ぅねや。

●あぁ、あんたご存知でしたか。わたしそれ知らんもんやさかい、それが間
違いの始まりですわ。だいたいあんなもんが中途に吊ったぁるさかいね「こ
らお家(おいえ)で一人でお稽古してんのんとえろぉ変わらんわい」と思ぉた
のが大きな間違い。

●「あんた出番ですよ」一番初めですわ、ピャ〜ッと出て「何も見えへんね
んな」と思てパッと見たら、今も言ぅたよぉに客席がもぉありありと見えま
んねん。ご近所の方も来たはりますわいな「あ、あの人も来たはる。この人
も来たはる」なんて思て、なかに可愛ぃ女の子も居てますがな、そぉでしょ?

●ほで、今度会ぉた時にでんね、あんまり上手にうまいこといかなんで、下
手うってでっせ「こないだのん、あれ何でしたん?」なんか言われたらどぉ
しょ〜か思て、うまいこと行くかいなぁ思たら、自信もないし。えらいもん
です、普通ならそんなこと気が付かんのに、胸がドッコドッコドッコドッコ
してきましてね、耳がジャッカジャッカジャッカジャッカ、頭がクラクラク
ラクラ……

■病気やでお前、それでは。しっかりせないきゃせんで●さぁ、しっかりせ
ないかんのです。何とかせないかんな思てヒョッと横手見たら、このあのな
んです、鉄瓶が火鉢の上へ置いたぁって、湯飲みが置いたぁって「あぁ、こ
ら白湯飲めちゅうこっちゃで」こぉ白湯入れてグ〜ッと飲んで、腹帯ひとつ
グッと締めましたらね、ちょっと気が落ち着いたんです。

●「あぁ、こいつやな」思て「それで置いたぁねんな」思て。そいでまた、
こぉガブッと飲んでギュ〜ッと締めてね、またガブッと飲んでギュ〜ッと締
めてね、またガブッと飲んでギュ〜ッと締めてね。あとで聞ぃたらね、この
鉄瓶を二へんお替わりしたらしぃんです。

■お前、そない白湯ばっかり飲んでどぉすんねん?●無我夢中ですから、と
にかく気がおさまるまでと思いますからですね、気がとにかく上へワァ〜ッ、
ワァ〜ッと上がって頭の中真っ赤ッか、真っ赤ですねや。血がとにかく、総
身の血がワァ〜ッ、ワァ〜ッと真っ赤ッか。ドッコドッコ、ドッコドッコ、
ジャッカジャッカ、ジャッカジャッカ、クラクラクラクラ……

■病気やがな●さぁ、それを何とかおさめないかん思うさかい、ガブッと飲
んでギュ〜ッ、ガブッと飲んでギュ〜ッと無我夢中、ふと気が付いたらお腹
がタップタップ、タップタップ、お師匠さんが「いつまで白湯飲んでなはん
ねん、早いこといきなはらんか」デデン・デンデン・デンデン……、と弾き
出しはった。

●あんたご存知かどぉか知りませんけど、あの太の三味線ちゅうのはえらい
音がしますのでっせ。あれが腹へドンドンドンと、少し落ち着きかけた気ぃ
が、またワァ〜ッと。ドンドンドンドン、ドッコドッコドッコドッコ、ジャッ
カジャッカジャッカジャッカ、クラクラクラクラ……

●「いつまで白湯飲んでなはんねん、早いこといきなはらんか」「分っかり
ました」とにかくいかないかんと思て、床本こぉいただいて、こぉめくりま
したら「♪またも降りくる雨の足、人の足音トボトボと、道の闇路に迷わね
ど、子ゆえの闇につく杖も、すぐなる心堅親父(かたおやじ)」と、こぉいぅ
ところからはじまりまんねん。

■おぉ、忠臣蔵の五段目やな●よぉご存知です「与市兵衛」そぉですそぉで
す。向こぉのとこですわ「♪またも降りくる雨の足、人の足音トボトボと」
ちゃんとこぉ床本に書いてはございますねや、それです。書いてはあるんで
すけどね、これだいたい節が付いてますねん。

■頼んないこと言ぃなやお前、節が付いてるて、当り前やないかいな「浄瑠
璃節・義太夫節」やないかいな。その節、稽古に行くんやろ?●そぉなんで
す。そらそぉなんですけどね、それ、頭の中にあるはずなんです。ところが
今も言ぅたよぉに、頭の中真っ赤いけ。

●よぉ言ぃまっしゃろ「ビャ〜ッと上がってしもて頭の中真っ白け」ちゅな
こと言ぃまっしゃろ、あの赤版。真っ赤っか。筋があるはずですねんけど、
筋も何も見えませんねや、真っ赤、赤ひと色。どぉいぅ節だったのか、な〜
んにも出て来ませんねん。

●どぉしょ〜かいな思て、まぁとにかく言ぅだけのことは言わなしゃ〜ない、
横でデデン・デ〜ン・デ〜ン(ハッ、イヨ〜、ホッ)言ぅたはんのに、何な
と言わなしゃ〜ない「♪またもッ、降りくるッ、雨の、足ッ」

■えらい義太夫やなぁ、お前の浄瑠璃は「♪またもッ、降りくるッ、雨の、
足ッ」ちゅうたんかいな?●そぉです。ほあたら前のやつが(♪ア、ヨイヨ
イッ)「♪人のッ、足音ッ、トボ、トボとッ」(♪コリャ、コリャ)「♪道
のッ、闇路にッ、迷、わねどッ」(♪ア、ドッコイ)これがよぉ合いまして
ねぇ■そんなもん合わすなお前。

●それでね「♪またも降りくる雨の足、人の足音トボトボと、道の闇路に迷
わねど、子ゆえの闇につく杖も、すぐなる心堅親父」と、このあたりまでき
ましたらですね、自分でもうまいこといてないこと分かりまっしゃろ、冷や
汗がドッドッドッドッ、ドッドッドッドッ「こらいかんわい、うまいことい
てないわい、しくじってるわい」思たら、ド〜ッ、そいつが目の中に入って、
もぉ床本も何も見えませんねや。

●「♪すぐなる心堅親父」っちゅうとこですけど「♪すぐなる」ちゅうとこ
で「親父」ちゅうのんが確かあったなぁ思て「すぐなる親父」ちゅうてから
パッと目ぇ開けたら「堅親父」と、こぉなってたですね■ちゅうことはなん
や「すぐなる親父堅親父」と言ぅたことになるねんなぁ。

●そぉそぉそぉ、そぉいぅことになりますねんなぁ■無茶言ぅたらいかんが
な「親父」二へんも言ぅてるで●そぉですねん■客、黙ってたか?●黙って
まっかいな、うるさいオッサン一人前に居りまんねや「おや?」言ぃまんね
や、不吉な感じがしましたよ。

●「おや? 太夫さん、ちょっとお尋ねしますけど、この街道にはなんです
か、親父どんが二人も出て来ますのか?」と、こんなこと言ぅんです、皮肉
なこと言ぅんです。こらちょっと応対しとかないかんなぁ思いましたんでね
「♪この街道は物騒ゆえ、隣り村から応援頼んだその親父〜。名前を徳兵衛
と申します〜」

■よぉそんな無茶苦茶言ぅなぁお前。こしらえて言ぅてどぉすんねん●横手
でお師匠はんが「プ〜ッ」と吹き出しはった「何を言ぅてんねん、飛ばしな
はれ、飛ばしなはれ」あんなん、慣れたはりますねんな、やっぱり飛ばすに
限るらしぃんです。

●ビャ〜ッとめくったらね「駆け来る猪は一文字」っちゅうとこが出てきた
んです■おいおいおい、わたしもあんまし詳しぃことは知らんが、猪の出ぇ
ちゅうたら、もぉおしまいやで●そぉです、そのとおりです、よくご存知で
す。もぉあと見たらこれぐらいしか残ってぇしませんねん。と言ぅてでっせ、
ちょっとめくりすぎたですけどですね、ここでもぉいっぺん元に戻すとね、
わたしが何かこぉ素人のよぉに思われるでしょ。

■お前、素人やないかいな●ここで何とか一調子取り返しとかないかんと思
て、その頃になるとね、真っ赤な頭の中に少ぉし節が見えてきたんです■え
らいもんやなぁ●そいで、こいつ使こたろ思てね「♪駆け来る〜猪わぁ〜ん」

■そこ、そんな節やないよぉに思うが……、なんちゅうたかて猪の出やろ、
確か「(ツテン・テンテンテン)♪駆け来る猪は一文字ッ」言ぅてビュ〜ッ
駆け来る猪やで「♪駆け来る〜猪わぁ〜ん」はおかしぃと思うなぁ。

●そのとおり、おっしゃるとおりです、間違いないんです。これはだいたい
お姫さんの出ぇか何かのところの節らしぃんです。わたしの「五段目」には
そんな節はないんですけど、人のお稽古聴ぃてますでしょ、人のやつはよぉ
頭に入るでしょ、それがどぉやら頭に残っていたんです。

●けど、それしかとにかく頭にないんですから、使わなしかたがない「♪駆
け来る〜猪わぁ〜んああ〜〜ん」お師匠はん妙な顔しながら(チ〜ン)と受
けはった「♪いちぃ〜〜いもぉんじぃ〜〜」■えらい色っぽい猪やなぁ。客、
黙ってたか?

●黙ってますかいな。さっきのオッサン、うるさいオッサンや「おや? 太
夫さん。この亥の猪、えらい優しぃ猪でんなぁ、色っぽい猪ですなぁ」言ぅ
さかい、これ応対しとかないかん思て「♪この亥の猪はメンの猪ぃ〜〜、歳
は二八か憎からずぅ〜」■何を言ぅねん……

●前から「置け置け、止めとけ。こんなケッタイな浄瑠璃聴ぃたことないわ
い、こんな浄瑠璃語るやつの顔が見たいわい」言ぅさかいね、そない見たい
ねんやったら見せたろ思て「こんな顔やぁ」言ぅた途端に、ミカンの皮やら
芋のヘタがバァ〜ッと飛んで来て……、ハッハッハッ、えらい当てられた。

■当てられるわ、そら。だいたい三月やそこらのお稽古で人さんに聴ぃても
らお、といぅのが大きな間違いや。やっぱりもっともっと時間かけて稽古せ
などんならん……。いや、この町内にはな、お好きなお方がたくさんにあっ
て、この頃「軒づけ」に出ていなさるそぉな、よかったら一緒に連れて行っ
てもろたらどや?●ちょっと待っとくれやす「軒づけ」て何でんねん?

■人さんの軒先、門口に立ってこれを語らしてもらうんや●やめときまひょ、
そんなアホげな■アホげなことあるかいな、こらなぁ、暗がりで語らんなん
さかい無本で語る、これが何よりの勉強になるしな、会へ来てくれるお客や
なんかと違うがな、せやろ、その人の家やさかい気に入らなんだら「どぉぞ
お通り」と、そんなもん邪険に言われる。

■そこをかいくぐって、何とか聴ぃてもらお、といぅ工夫からホンマのナニ
が生まれる。といぅのは、えぇとこの旦那衆なんかでも、修業のために皆こ
の「軒づけ」に出ていなさんねや●あぁ、そぉですか?

■そやで、また好きな人の家へ当たることもあってな、こないだも「そんな
結構なお浄瑠璃、そんなとこで語ってもろてはもったいない、どぉぞこっち」
言ぅて、奥の座敷に通されて、皆が好きな所を十分に語らしてもろたあとで
「ウナギの茶漬け」をよばれて帰ってきたんや。

●ちょ、ちょっと待っとくれやす。う、ウナギの茶漬け……、たまらんなぁ、
あのウナギをちょっと佃煮にしたよぉなやつお茶漬けにしてこぉ、ひつこい
よぉなところと、あっさりしたよぉなところ、ない交ぜになって、何とも言
えん……、たまらんなぁ、行きまひょか。

■そのために行くっちゅうのもおかしぃが、行く気があんねやったら言ぅた
げる。ついといなはれ……、気ぃ付けなはれや、えらい蚊柱や。口開いて歩
いてたら、口ん中蚊ぁだらけになるでホンマにもぉ。こっちこっち、いっつ
もな、向こぉの辻に集まって……、あぁ居たはる居たはる。

■え〜、今晩わ▲おぉ、こんばんわ■これからですか?▲へぇ、もぉ家のも
んにな「しょ〜もない、アホゲな真似やめなはれ」言われながらもな、この
頃おいになりますといぅと、もぉ尻がなかなか落ち着きまへんねや、うかう
かっと出て来まんねん。

■いや結構けっこぉ、やっぱりお稽古事といぅのは、芸事といぅものは時間
かけてやってもらわんことにはどんなりませんねん。実は、この男ですねん、
やっぱり好きでんねん。一緒に連れて行てやってもらうわけにいきまへんや
ろか?

▲何です、あぁ結構です、こっちもちょっとでも多い方が心丈夫でございま
す。へぇ、分かりましてございます……、へぇ、またいっぺん……、いつも
何かとお世話んなりまして、済まんこってす。へぇ、承知いたしました、お
おきに……

▲あんさんですか、どぉぞこっち……●ヘヘッ、こんちゃ▲どぉぞこっち。
お好きやそぉですなぁ?●好きですねん。たまりまへんねん……、ウナギの
茶漬け▲何を言ぅてなはんねん、あんた……? え、聞きなはったですか?
いや、あんなこと滅多にないこってっせ。

★まぁ、ボチボチ行きましょかな▲待っとくれやす★何ですねん?▲三味線
まだでんねん★芳っさんまだ?▲いぃえぇ、芳っさん今日ちょっと具合悪い
言ぅてね、いや、法事があるとか言ぅて、はじめは「行かへん」とかなんと
か言ぅたはりましたんやけど「やっぱり行かないかんねん、連れに来た」言ぅ
て、行てしまいましたんや。

★ちょっと待ちなはれ、我々の浄瑠璃、三味線あって何とか格好(かっこ)つ
きますけど、素では……▲いや、代わり頼んでくれてまんねん★ほぉ〜、そ
ら誰でもよろしぃけど、よぉ代わりがございましたなぁ?▲紙屑屋のテンさ
んでんねんけどね。

★え? 紙屑屋のテンさんいぅたら「クズ溜ぁ〜って〜ん」言ぅて、チギ持っ
てカゴ持って来るあの? あらまぁ〜、あの人が? 太の弦(つる)やりまん
のん? 嬉しぃなぁ、うちの親父がよぉ言ぅてました「あの人が、あれをと
いぅよぉな、そぉいぅ人に出会ぉた時には、何とも言えん嬉しさがある」ちゅ
うてね、それぞれに趣味があるんでっさかい。

▲もぉ来てくれるやろと思いまんねやが……、来てくれました、どぉです、
やはり商売のナニと一緒で、カゴとチギと持ってる格好と三味線持ってる格
好とおんなじ格好になってる、こぉいぅ格好になってま。呼びまひょか……、
テンさん、こっちこっち、こっちでっせ。

■いや、どぉも遅なりまして。ちょっとお師匠さんとこ行てましたもんで遅
なりましてございます▲お師匠さんとこへ? 何しに?■ちょっと、三味線
の調子合わしてもらいに行てましたんでございますけど。

▲いや「三味線の調子を合わしてもらいに」て、あんさん、ご自分では合い
まへんのんか?■まだ、そこまでは、いてしませんのです★だ、大丈夫です
か?▲いや、何やかんや言ぅて冗談言ぅてまんねやろ★そぉですかな?

▲そらそぉでっしゃろ。そぉでしょ、途中でズルッとこぉずれたりしまっしゃ
ろ?■そぉですそぉです、できたらカスガイで止めときたいと思いますねん
けど★そんなアホなことでけへんけど……、冗談言ぅてまんのか? ちょっ
と聞ぃてみまひょか? せやけど、何やかんや言ぅても上がってまんねやろ?

■お陰さんで、三つ上げてもろてますので、まぁ何とかお役には立つやろと
思います★ほら、あんたのおっしゃるとおり、やっぱりそぉですわ、もぉ三
つも上がってまんねんてぇ。三つも上がるっちゅうことは三時間から弾けるっ
ちゅうことでっさかいね、そらもぉあとは探りででもいけるっちゅうぐらい
で、やっぱりあんさんのおっしゃるとおり、何やかんや言ぅて冗談言ぅてま
んねや……

▲そぉですか、何なにです?■え〜「テンツ・テンテン」っちゅうのが一つ
です★冗談やございませんで……「テンツ・テンテンが一つや」言ぅてまっ
せ▲へぇへぇ、それから?■「トテチン・トテチン」ちゅうのとね「チリ・
トテチン」と、この三つ、しっかりと上げてもろてますので、まぁ何とかお
役に立つやろと思います。

★どぉします?▲と言ぅて、代わりの人がおるわけやおまへんねやろ?■あ
のぉ、えろぉなんなよぉでしたら、わたしもぉひと口、聞ぃた口がございま
すので、なんならそっち……▲ちょ、ちょっと待っとくれやす。お頼みいた
します……、こら居直られるとは思いまへなんだなぁ、さぁさぁ、早いとこ
行きまひょ、皆さんおいなはれ、早いこと行きまひょで……

▲え〜っと、今日は隣りの町内からいきまひょか。うちの町内、だいぶにナ
ニしてますよってに隣りの町内……、おいなはれおいなはれ、遠慮すること
おまへんがな、みな早いこと付いといなはれな、どんならんでホンマにもぉ。

▲え〜っと、このあたりからいきまひょかな。前ね、わたし一番ベベチャで
したんで、今日一番ノッケにやらしてもらいまっさ。え〜、このお家(うち)
からやらしてもらいまひょか。テンさん、えらい済んまへんけどひとつよろ
しゅお頼の申します。

■へッ、よろしゅございます……、あんさんからでございますか?(テ〜ン・
テ〜ンツ・テンテ〜ン、テ〜ン)あかんなぁ……、どなたぞ、ちょっと手の
空いた方ございませんかいなぁ?

▲手はございますけど、何です?■いや、わたいあんまりね、立って弾ぃた
ことございませんのでね、この胴がぐらつきますので、ちょっと胴を押さえ
といてもらえませんか?▲けったいな三味線やなぁ……、ちょっと胴を押さ
えてやんなはれ。

■へ、それで結構です……、どなたぞ、手の空いた方ございませんか?▲手
はございますけど、何ですねん?■胴はお陰さんでしっかりしましたんです
けど、今度はこっちがね、竿がぐらつきますので、どなたぞ、竿ちょっと押
さえといてもらえますか?

▲行てやんなはれ■へ、そんなとこで結構です。これで……、あの、どなた
ぞ、も一人▲何でんねん、何人要りまんねん?■いや、グッと力入れますと
ね後ろへウッとひっくり返りそぉになりますので、ちょっとお尻押さえとい
てもらえませんか?

▲行てやんなはれ、今さらやめるわけにいけしまへんがな■えぇ、そんなも
んで結構です。へぇへぇ(テ〜ン)ほれ、先程と音が違うでしょ? これや
ないといかんのです(テ〜ン・テ〜ンツ・テンテ〜ン、テ〜ン)

▲ほんだらえらい済んまへんけど、わたしからやらしてもらいますので。わ
たしが今日はノッケに、このおうちからひとつ……、皆さん方順番にナニし
ますよって、ちょっと待ってとくれやっしゃ。

▲ちょっと断っといた方が……「♪ちょっとお門を、拝借いたします」◆ど
ちらです? どちらさん?▲「♪素人が慰みに、浄瑠璃をやらしてもらいま
す」◆お断りします▲「♪決して、お金は頂きません」◆うち、病人が居て
まんねや。

▲「♪どなたが、お悪ぅございます?」◆母じゃ人がな「頭が痛い」言ぅて
寝てまんねがな、ちょっと早よ向こぉ行っとくなはれな▲あぁそぉですか、
それわそれわ「♪ずいぶん〜、大事に〜、ご看病」★何を言ぅてまんねん、
あんた。

■(テ〜ンツ・テンテ〜ン)★弾きなはんな●ウナギの茶漬けはまだですか
い?★向こぉから断られてるのに、ウナギの茶漬けが出ますかいな、黙って
付いといなはれあんた。次、隣り行きまひょ、早よおいなはれや怒ってまっ
しゃないかいな、早いことおいなはれ。次はどなたが?

▲わたいや、いきまっさ。誰でんねん断わんなはんな、断ったりするさかい
あきまへんねがな。こんなもん断らんとバ〜ンといかなあきますかいな……
「エェ〜、ブホッ、ゲホッ」なかなかね、声といぅもんははじめは出んもん
やいぅことは分かりますけどな「ブォッホン、ゲホッ、アァ〜〜ッ」

◆誰ぞちょっと表出てみ、どなたや反吐ついてはるがな★反吐と間違われて
まんがな■(テ〜ンツ・テンテ〜ン)★弾きなはんなちゅうのに●ウナギの
茶漬けは?★出まへんでまへん、反吐と間違われてまんねがな、恥ずかしぃ
がな、こっちへ早いことおいなはれ。次はどなたが……?

▲わたしがいきますわ、ホンマにもぉ、あんたらねぇ、断ったり「ゲヘン、
ゴホン」ちゅなこと言ぅさかいあきまへんねがな、こんなものはバ〜ンとぶ
つけなあきますかいな。こぉいぅものは持って行きよぉがおまんねや。

▲「バ〜ン」とぶつけまんねや、そぉすると、はじめ向こぉは「おッ?」と
こぉ思いますわい。もぉいっぺん「バ〜ン」とぶつけます「おッ、こら浄瑠
璃と違うかいな?」ちゅなもんです。そこを「グッグッグッ」と節をニエ込
ましますといぅと「どぉぞこっち、ウナギの茶漬け」と、こぉ物事を持って
行きよぉといぅものが……、わたしに任しなはれ、お頼の申します。

■何をお語りです?▲「何をお語りです?」て、何語ったかて(テンツ・テ
ンテン)と(トテチン・トテチン)と(チリ・トテチン)でしょ■やはり時
代と世話とではね、力の入れよぉが違いますからな▲そぉですか、ほんなら
「菅原伝授手習鑑」松王の出のとこね■(テ〜ン・テ〜ンツ・テンテ〜ン)

▲「♪かかるところへ〜、春藤玄蕃(しゅんどぉげんば)ぁ〜」ほらみてみな
はれ、シ〜ンとしてまっしゃろ、これがよろしぃねん「お断りッ」と最前の
あんたら恥ずかしぃで。シ〜ンとしてましょ、わたしのこれがお手本でっせ
「♪かかるところへ春藤玄蕃ぁ〜、首見る役は松王丸ッ」

▲シ〜ン、聴き入ってまんねんで、ここでっせここでっせ「♪病苦を助くる
駕籠乗り物、門口にぃ、か・し・や……、かしや、ご用の方は東へ三軒、近
藤まで」はぁ……、東へ三軒近藤まで、あぁそぉですか、ここ間取りだけな
と見してもらいましょかな?

★何を言ぅてまんねん■(テンツ・テンテ〜ン)★弾きなはんなちゅうのに
●ウナギの茶漬けは?★出ぇへんっちゅうねん、空家から茶漬けが出るかい
な、あきまへんあきまへん、次行きまひょ次。

▲どんならんなぁもぉ、どなたもこなたも。軒づけといぅものはこぉいぅも
んですといぅ、ちょっと見本のよぉなものを、まぁやらしてもらいます。口
幅ったいよぉですけど、ちょっと聴ぃてといとぉくれやす■え〜、何、お語
りです?▲あのね「鎌倉三代記」の三浦之助の帰(かい)って来るとこ、あそ
こやりますわ。

▲「♪先立つ涙、案内(あない)にて『物音ひびかば驚きたまわん、静かに、
静かに』と、こころ鎮めて病所の口、立ち寄れば母の声『嫁女、よめんじょ』
『お〜、お目が覚めましたか、三浦様がお帰りぞや』『義村参上ぉ〜、つか
まつるぅ〜ッ』」

◆じゃがましわいッ!▲あぁ、恐わッ、こら〜ッ「じゃがましぃ」とは何や
お前、浄瑠璃語ってんねんぞ◆あぁ、今のん浄瑠璃かいな? わしまた、ダ
ダケモンが暴れ込んで来たんかと思て……▲こらッ、こっちはなぁ、暗がり
で無本で語ってんねんぞ。暗いとこでこれだけの浄瑠璃、語れるもんなら語っ
てみぃ◆そんなもん、明い(あかい)とこで聴けるもんなら聴ぃてみぃ。

▲そぉですねぇ■(テンツ・テンテ〜ン)★弾きなはんなちゅうねん●ウナ
ギの茶漬け?★出ぇへんちゅうねん。もぉあきまへん、もぉ今日はどこ行た
かて断られます。こぉなったらもぉ、我々が語って我々が聴くと、こぉいぅ
ことにしまひょ、お宅行きまひょ。

▲そらあんた、大胆なことを言ぃなはんなぁ、そんなもんうちの家なかなか
行けまっかいな。いぃやいな、嫁はん留守だんがな「何がために?」っちゅ
うことだ、わたしが浄瑠璃を語るさかいだんがな「しばらく里の方へ帰りま
す」帰って、今日、戻って来たとこでんがな。

▲わたし一人でそれでっせ、そこへこれだけのツワモノが押しかけて行てみ
なはれ、今度はもぉふた月や三月戻ってけぇしまへん。わたしとこはあきま
へんで★どないしまんねん?▲あの、糊屋のお婆んとこ借りまひょか?

★糊屋のお婆んとこ? 奥のナニ、貸してくれますか?▲お婆ん、あんまり
耳ちゃんと聴こえへんし、大丈夫だいじょ〜ぶ、貸してくれまっしゃろ。付
いといなはれ……、水溜りでっせ気ぃ付けなはれや、お婆ん居てるかいなぁ?
あぁ、お婆んなんや飯食てますわ。

★お婆ん、こんばんわ、お婆ん……、聴こえへんねん、やっぱり耳遠いねや、
歳やさかいなぁ……、お・婆・ん・こ・ん・ば・ん・ぅわ!●あらら、町内
の若い衆が皆で寄って、何やな?★ちょっと皆で浄瑠璃語らしてもらいたい
と思うねんけど、奥の六畳間、あれ借りることできるかいなぁ? えらい済
まんねけど、時分どきに済まんなぁ。

●えぇ、何じゃい? これかい? ちょっと小腹が空いたのでね、金山寺味
噌出してきて、味噌で茶漬け食てるとこじゃ。え? 浄瑠璃語る? 面白か
ろぉ、やんなされやんなされ。わたしもあとで聴かしてもらいますで。

★お婆ん、聴こえもせんのに「聴かしてもらいます」やて……、さぁ上げて
もらいまひょ、さぁ皆こっちおいなはれ。これで何とか落ち着きましたなぁ、
まぁまぁえぇよぉに座らしてもぉたら結構でっせ。テンさん、どぉぞこっち
回わっとくれやす。

■さよか、今度はね、もぉお手助けも何も要りませんのんでな、思い切って
やらしてもらいます。今度は? あんさんでっか?▲わたいが残ってまんの
で、わたしがやらしてもらいます「朝顔日記」大井川の段■あぁそぉですか、
力いっぱいやらせていただきます(テ〜ンツ・テンテ〜ン、テ〜ンツ・テン
テ〜ン)

▲ケッタイな三味線やなぁ、さっきは暗がりでドガチャガでえろぉ分からな
んだけど、じっくり聴ぃたらケッタイな三味線や……、他に、二つほどおま
したなぁ?■ちょっと変えてみまひょか……(トテチン・トテチン、トテチ
ン・トテチン)▲も一つおましたなぁ■一番、手の複雑なやつ……(チリ・
トテチン、チリ・トテチン)▲やっぱり「テンツ・テンテン」でやってもら
いまひょ■わたしも、あれが一番得意の手になってまんのんで……

▲(テ〜ンツ・テンテ〜ン、テ〜ンツ・テンテ〜ン)「♪追ぉて行くぅ〜」
(テ〜ンツ・テンテ〜ン)「♪名に高き街道一の大井川」(テ〜ンツ・テン
テ〜ン)「♪篠を乱して降る雨に〜、打ち交りたる、霹靂神(はたたがみ)」
(テ〜ンツ・テンテ〜ン)「♪みなぎり落つる水音は物凄くも〜、また〜」
(トテチ〜ン)「♪すさ〜ま〜じ〜き〜」(チリ・トテチン、チリ・トテチ
ン)

▲わたい、やめさしてもらいますわ。何ぼわたいの浄瑠璃でも、あの三味線
では……●あんた方、なかなか浄瑠璃が上手やねぇ、うまいよ▲お婆ん、怒
るで。あのねぇ、耳の遠いお婆んがそんなとこで聴ぃててね、わたしの浄瑠
璃が上手か下手かよぉ分かるなぁ?


【さげ】
●何や知らん、最前から食べてる味噌の味が、ちょっとも変わらん。


【プロパティ】
 ♪三つ違いの、兄さんと……=「壺坂観音霊験記」沢市内より山の段。
 ♪今ごろは半七っつぁん、どこにどぉしてござろぉぞ……=「艶容女舞衣」
   酒屋の段。
 ♪現れ出でたる武智光秀……=「絵本太功記」六月十日尼ヶ崎の段。
 別嬪(べっぴん)=嬪は嫁。夫に連れ添う女。奥御殿で、天子のそば近くに
   仕える女官。別嬪:嬪の中でも選ばれた嬪。美人。
 桂南光(三代目)=本名、森本良造。1951(昭和26)年12月8日、大阪府南河
   内郡千早赤阪村出身。1970(昭和45)年3月、桂枝雀(二代目)に入門。
   1993(平成5)年11月、桂べかこ改め桂南光を襲名。
 ドガチャガ=どさくさ。物事の混乱するさま、ごまかすさまなどをいう。
 〜ない=強調の接尾語。あどけない、いたいけない、せつない、などと同
   じ用法。〜いな、と同義。
 のっけ=初め。最初。初手。江戸弁で言う、てんづけ、つっかけ。
 しゃ〜ない=仕様が無い→しょうがない→しょ〜ない→しゃ〜ない。
 猪(しし)の身=本来「シシ」は食用の獣の肉のことをいい、獣・鹿・猪・
   肉などを当てる。イノシシとは亥の肉(いのしし)の意。
 二八(にはち)ばかり=十六歳。
 ケッタイ=妙な・変な・へんてこな・おかしな・奇態な・嫌な・不思議な
   など、実にいろいろな意味を含んだケッタイな言葉。エゲツナイと並
   んで上方言葉の両横綱。怪体とも奇態とも希代とも卦体とも当てる。
 よばれる=招待される。御馳走になる。名詞は「およばれ」
 ひつこい=しつこいの段訛。執拗な。くどい。
 蚊柱(かばしら)=夏の夕暮れどき、蚊が黒い塊をつくって群がり飛び交い
   柱のように見えるさま。近くによって「う〜〜ん」とうなり声を発す
   ると、声の方に近付いて来る、というような遊びがあった。
 しょ〜もない=つまらない。くだらない。仕様もないの訛化。
 杠秤(ちぎ)=棹秤(さおばかり)。
 カスガイ=木材を固定させるコの字形の金釘。
 ベベチャ=一番最後。べった。べべた。端(へた)または、茄子・柿などの
   実の蔕(へた:ガクの部分)、からか?
 ニエ込ます=めり込ませる。はめる。
 時代と世話=「時代もの」江戸時代以前の武将の事件・事跡の世界を題材
   にした歌舞伎・浄瑠璃作品。「世話もの」江戸時代の時々の世相を背
   景として恋愛・義理・人情の葛藤を写実的に描いた作品の総称。
 貸家=借受人から見た場合にも、借家といわず貸家の語を用いるのが普通。
 貸家札=「かしや」と書いた短冊を二枚、外から見て「人」内らから見て
   「入」と読めるよう「ハ」の字に貼ってあった。
 ダダケモン=わがままでよくダダケル子などを指していう。
 糊屋=洗濯用の糊を商う。大手製造元が別にあって販売のみをしていたと
   いう説もありますが、小麦粉を煮込んだり、飯米を水に溶かすなど簡
   単に製造できることから、少量製造販売していたかもしれません。う
   ちの祖母は自家製の洗濯糊を作り置きしてました。
 時分どき=食事の時間帯。
 金山寺味噌=なめ味噌の一種。大豆を炒って粗く砕き大麦と混ぜて蒸した
   のちに麹とし、塩を加えナス・ウリなどを入れたもの。甘みを加える
   こともある。和歌山県湯浅地方の名産。中国の径山寺での製法が伝え
   られたものという。
 霹靂神(はたたがみ)=激しい雷のこと。雷神。
 音源:桂枝雀 1997/10/10 枝雀寄席(ABC)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=桂枝雀 sub=米朝、八方、松之助  ●main高座記録日:1985/06/04  ●番  組  名:枝雀寄席(ABC)  ●ファイル公開日:1999/06/20  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2007/03/04  ●リクエスト数:rakug165  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次