【上方落語メモ第4集】その159

強     情


【主な登場人物】
 辰っつぁん  強情者1  強情者2  強情者2の息子(ひろむ)

【事の成り行き】
 「こだわり」という言葉が巷間よく聞かれます。曰く「素材にこだわった
コンビニ弁当」使ってる本人はプラスのベクトル、つまり「吟味に吟味を重
ねた素材を使って、最上級の品物を提供します」のつもりなのでしょうが、
どっこい、拘るというのは「拘泥」些細なことにとらわれて、本筋を見失う
というマイナスのベクトルが本来の意味です。

 「強情・頑固」も同じようにみえますが、心の関わりの部分では大違いで
す「こだわり」は病的「強情・頑固」は意識的。こだわり人間はちょっと恐
いけど、強情者・頑固者は何を考えてるか分かるぶんだけ可愛いようです。
ですから、強情者(もん)こそが落語に登場するのです(1999/05/09)。

             * * * * *

 こないだも新幹線、帰りですわ、東京出発の時もぉベル、ビ〜ッと鳴って
まんねん。出発と同時にピャ〜ッと入って来て隣り座ったんがサラリーマン
ですわ、三十前後のね。

 「ざこばはんでっか、いつもテレビ見てまっせ。わたしこれ、東京日帰り
だんねん、クタクタや、休ましてもらいまっさ」言ぅて、荷物バ〜ン、上へ
放り上げてカ〜ッと横になってイビキかいてまんねん、もぉ即ですわ。

 「早いこと寝れる人やなぁ」と思てジ〜ッと見てた「まぁえぇがな、疲れ
てんねんなぁ。サラリーマンも大変やなぁ」思いながら、こっちは週刊誌見
たり一杯呑んだりしてた。名古屋を過ぎて京都を過ぎて、もぉ新大阪ですわ、
あと十五分で。

 ほな、嬉しくなるんです「もぉ十五分で、愛妻に会える……、もぉちょい
やなぁ」思てたら、ちょ〜どあの連結のとこ自動ドア、京都過ぎたとこで入っ
て来たんが怖ぁ〜い兄ちゃんでんがな。

 こんなバッチ付けた、こぉいぅ歩き方、これですわ。これが入って来よっ
たんで、こぉいぅ方とわたし目ぇが合うとあかんのです。すぐ声かけられる
「おいこら、ざこば、いつもテレビ見たってんぞ」見て要らんっちゅうねん。
せやから、あぁいぅ人が入って来たら本能的に下向くことになってます。

 「早いこと通り越したらえぇなぁ」と、こぉ思てた。ほんだらまぁ、この
サラリーマンがね、疲れてたんか通路にちょっと足投げ出してた、その足を
兄ちゃんがビャ〜ッ踏みよったんですわ。

 「あッ、えらいことなった」思たら、この寝てた兄ちゃん、バッと起き上
がって「おいこら、人の足踏んで何すんねん」言ぃよった。普通は言えまへ
ん、踏んだんがこれやからね。けど、この兄ちゃん寝ぼけてたから言えたん、
普通なんか言われへん。

 言ぅたあと「えらいことなった」と、こぉ反省した思うけど、もぉどない
もでけへん。踏んだ方、今言ぅたよぉにお仕事これでんがな、商売柄「済ん
まへんなぁ」言われへんがな、そんなもん。

 「何やねん、こら」と、こぉきたんですわ。この兄ちゃんも引くに引かれ
へんねんやろねぇ「何やねん」て言い返してね。こらえぇ根性しとぉんぁ思
てジッと見てたん。こっちゃプロやがな、そんなでこたえへん「何やねん!」

 この声のトーンでいっぺんにこの兄ちゃんビビッてもたんでんなぁ「な、
なんやねん」引ぃたらもぉあかん、相手つけ上がりまんがな「何やねん!」
「なんやねん」わたし横に居てて、イライライライラしてきてね言ぅたん。

 「ちょっとちょと待ちなはれ、喧嘩すんねんやったら男らしゅ〜連結のと
こ行て、ボンボ〜ンとどつき合いしなはれ『何やねん、何やねん』て、そん
な女の腐ったみたいな喧嘩やったらやめときなはれ」て、わたしもアホや、
うかっと言ぅてもた。

 するとその怖い顔した兄ちゃんがわたし見て「われ、関係ないのに横から
何かしとんねん」と、こぉきたんですわ。それでわたしもちょっとカチッと
きてね「何やねん」と、こぉ言ぅたんです。ほな兄ちゃんがわたしに「何や
ねん」ちぃまんねん。

 負けてられへんから「何やねん」て言ぅたら、この通路の向こぉ側に居て
たちょっと歳召した方が、わたしにでっせ「それは君がいかん、今『喧嘩す
んねんやったらボンボ〜ンと殴り合いせぇ』言ぅた君がおんなじよぉに『何
やねん、何やねん』言ぅてるがな。それは君がいかん」

 「君がいかん」て、わたし喧嘩止めに入ったんでっせ、そんなこと言われ
る覚えおまへんがな、しゃ〜ないがな、そのオッサンに「何やねん」ほな、
そのオッサンわたしに「何やねん」頭きて「何やねん」とこぉ言ぅたん。

 そんなこと言ぅてるうちに電車がちょ〜ど新大阪駅に入った、すると車掌
さんマイクで「何やねん……」んなアホなことは言えへんけど、まぁどっち
にしても、この片意地ちゅうのか、いけませんわなぁ。

 どっちかが「よっしゃ、もぉ分かった」「済んません」とか、ちょっと折
れるちゅうのか、ちょっと引くと言ぅたらえぇのんですけど、どっちもが自
分の我を張ろぉとするとね、色々と問題が起きるよぉですが。

●こんにちわぁ、こんにちわぁ■おぉ、誰や思たらお前、辰っつぁんやない
かい、久しぶりやなぁ。まぁこっち入りぃな●へぇ、おおきに上げてもらい
ます。実は今日わたい、あんたにちょっと頼みがあってやって来ました。

■おぉおぉ、辰っつぁんのこっちゃで、少々の頼みなら聞かんことはない。
どぉいぅ頼みや、言ぅてみ●いえ、それが辛いんでんねん■何が辛いねん?
●いや、その「どぉいぅ頼みや言ぅてみ」ちゅわれんのが辛いんでんねん。
今日はひとつね、わたしの頼みを聞かんと、先に「ん、よっしゃ」と、こぉ
言ぅてもらいたい。ちょっと言ぅて。

■そんな無茶言ぃないなお前。何言われるか分からへんのに「先、うんちゅ
え」ちゅな、そら無理やで。辰っつぁんのこっちゃ、少々のことなら何とか
したるさかい、とりあえず言ぅてみぃ●いやいや、ところが言ぅたあと「そ
らでけへん」と言われると、わたし困るんで、今日はひとつ先に「うん」と
言ぅてもらいたい。さッ「うん」ちゅうとくなはれ。

■そんな無理言ぃないな、一応何か言ぅてみぃや●「うん」っちゅうてぇな
先「うん」ちゅうて「うん、うん、ウン、ウ〜ン」■お前、赤ちゃんにウン
コさしてんねやあれへん、何も聞かんと「ウンちゅえ」は、そら無理やがな。
何とかしたるさかい一応言ぅてみぃや。

●さよか、それやったら言ぃまけっど……、実はわたし、お金を貸してもら
いたいんだ■何や金かい。辰っつぁんのこっちゃないか信用あんねや、少々
のお金やったら貸さんことはない。何ぼ要んねや?●それがあんた……、五
十円貸してもらいたい■ご、五十円? そんなお前、五十円てな大金はうち
に無いで●いや、有る!

■ちょ、ちょっと待ちぃなお前「有る」てお前、人の懐分かるかえ?●分か
りまんがな、あんたとこの身代これだけ大きぃねや。手広ぉ商売いろいろ手ぇ
出してる、相場にも手ぇ出してんねん。五十円ぐらいのお金「無い」とは言
わさん。

■「言わさん」とはどないや。有るよぉに思てて無いのがお金、無いよぉに
思てて有んのが借金や。辰っつぁんのこっちゃで、十円や十五円やったらわ
し何とかしたる。しかし、五十円とまとまると、今うちに無いなぁ●せやか
ら「先、うん言ぅて」言ぅてまんねん。せやから「嫌や言われたら困る」言ぅ
てまっしゃろが。今日ね、わたいどっこも頼まんと、あんたとこ一軒にしぼっ
て来てまんねんで。

■勝手にしぼりないな、そんなもんお前。うち災難やないかい●それではあ
んた、貸してもらえなんだら、今日わたい男が立ちまへんがな■えらいこと
言ぃ出したなぁ「男が立たん」なんかわけがありそぉやなぁ、ちょっと話し
てみぃ。

●聞ぃとくなはれ……、実はね、わたいこの月の一日(ついたち)に、ある人
から五十円のお金借りましたんや。その五十円貸してくれはった人の言ぅの
には「辰っつぁんこれはな、うちで遊んでるお金やさかい、いつ返そと思い
なや」ある時払いの催促無し、無利子・無証文で、五十円貸してくれなはっ
た。

■ほぉ、そら結構な話やなぁ●結構な話でっしゃろ。その上にでっせ「辰っ
つぁんが働いてこつこつ貯めて、五十円貯まったさかいと言ぅて、すぐ返し
に来んでもえぇぞ。もぉこんなお金はどぉでもえぇ、遊んでるお金ができた。
嫌っちゅうほど貯めて、遊んでるお金ができた。と思たら返しにおいで。そ
れまで、返さんでもえぇで」っちゅうて貸してくれなはったん。

■ほぉ、またありがたい話やなぁ●そぉでっしゃろ。しかしあんたこんな恩
金をでっせ、逆にこれノンベンダラリと借りるわけにいきまへんがな、そぉ
でっしゃろ? 「よぉし、こんなありがたいお金は、ひと月経ったら必ず返
そ」と、わたい自分に自分で決めたんだ。

●今日あんた、節季・月末だんがな、わたいその人に五十円返さなんだら、
自分で自分に嘘付いたよぉでたまりまへんねや。せやからわたい、あんたか
ら借りてでも、その人に五十円返したいんでんねん……、何とかなりまへん
のんか?

■えらい男やなぁ「ひと月経って返そ」思て、自分で決めて、それ返せなん
だら自分で辛いんかい。おまはんの強情はな、そぉいぅ強情やから世間でも
通じんねん。みなお前「粋なやっちゃ」言われんねん。辰ちゅな、えらい男
やのぉ。

■よっしゃ、ちょっと待ち……、嬶(かか)聞ぃてたやろ、辰っつぁんてこぉ
いぅ男や、嬉しぃやないかい、ちょっと用意したって。えぇ? 五十円出し
たってぇな。十円札五枚? 何でもかめへんがな、よっしゃこっちかし……、
そぉいぅお金やったら使ことき。

●有んねがな……。あんた「無い」て、汚い人間やなぁ■そんなアホなこと
言ぅねやあれへんがな。けどな、その人みたいに、これうちで遊んでるお金
やない。と言ぅて今すぐ要るわけでもないんで、ひと月だけ貸そ。ひと月経っ
たら返してくれるか。

●へッ、ほんならもぉ、ひと月だけお借りします■よっしゃ、ほな早いとこ
行って返しといで。金てなもんはな、返さないかん。借りてばっかりではもぉ
気がイライラして落ち着かん。早いことしてスッとしたら帰りにうちぃ寄り、
久しぶりや、一杯呑も●おおきに、ほな、すぐ返しに行てきます■早いこと
行といで●おおきに……

             * * * * *

●ありがたいなぁ、はじめは「無い」いぅて言ぅてなはったけど、貸してく
れなはった。やっぱり人間なぁ、強情でも真面目にやっとかないかんわい。
あ、ここや……、こんにちわぁ▲おぉ、辰っつぁんやないかい。どないして
たんや、ひと月ぶりか? まぁこっち入り。

●へ、おおきに。えらい長いことご無沙汰で……、これ、ありがとぉござい
ました▲はぁ? 何やこれ?●お金です▲いや、お金は分かるわいな。何の
金や?●五十円、五十円▲五十円は勘定したら分かんねんけど、何やねん?

●「何やねん?」あんた、忘れてなはんのんか? わたい、この月の一日に
に、あんたから五十円のお金借りましたがな。それ、返しに来てまんねん。
へぇ〜、あんた、五十円のお金貸して忘れんのん? えらい人やなぁ▲アホ
なこと言ぃな、誰が五十円も貸して忘れたりするかいな、覚えてるわい。し
かし「これ何や?」っちゅうてんねん。

●せやから、返しに来たんです▲「返しに来た?」ちょっと待ってぇな辰っ
つぁん。あの金お前に貸す時どない言ぅたんや「これはうちで遊んでるお金
やさかい、いつ返そと思いなや」ある時払いの催促無し、無利子・無証文で
貸したんや。

▲あの時言ぅたやろ「少々働いて貯まったかて、返しに来んでもえぇ。遊ん
でるお金ができたら返しにおいで」言ぅたんや、そやろ。見たところお前、
こら遊んでるよぉなお金やあれへんがな。どっから見たってお前、苦しんで
るてなお金やないか。こんな苦しんでるよぉなお金を受け取れんがな。

●あんた何を言ぅてんねん、苦しんでよぉが、遊んでよぉがそんなもんよろ
しぃがな。わたしが返しに来たんやから受け取っとくなはれ▲何を言ぅてん
ねん。俺も強情な人間や、遊んでるお金が欲しぃちゅうたら、遊んでるお金
が欲しぃねん。とりあえず、これ持って帰って。

●そんなん持って帰られへんがな。いや、聞ぃとくなはれあんた、これかて
わたいのお金やおまへんねや。人が「貸すのん嫌や」言ぅのん、無理やり借
りてきて返しに来てまんねや。受け取ってもらわな困りまんがな▲誰が借り
てまで返してくれ言ぅた。そんなこと言ぅたら、なおさら受け取れんがな。
とりあえずこれ、持って帰ってもらお。

●いや、あかんて。受け取っとくなはれ▲いや、いつでもかまへんねや。い
つでもかめへんねん。こつこつ貯めたらえぇがな、来年でも再来年でも何ぼ
でも、あんたには信用といぅもんがあんねやさかい、何ぼでも待ったげるさ
かい、とりあえず遊んでるお金できたら返しにおいで。ほな、持って帰って。

●そらあかんねんて、受け取ってぇな、頼むわ▲もぉえぇから、とりあえず
持って帰ってくれ頼むわ。な、持って帰れ、気ぃ悪いわ。去(い)んで、帰っ
て……、何をゴジャゴジャ言ぅとんね、お前。気の悪いやっちゃなぁ……。
嬶、出刃庖丁持って来い、出刃包丁。ゴジャゴジャ言ぅてたら突き殺してま
うぞ!●さ、さいなら〜……

             * * * * *

●あぁ恐……、そんなアホなことあるかい、何で金返しに来て、出刃包丁で
突き殺されなあかんねん。よぉそんなアホなこと言ぅでほんまに、あの人も
強情な人やさかいなぁ、もぉ「あかん」ちゅうたらあかんねんから。えらい
ことなってもた、もぉえぇわ……

●ただいま■おぉ行てきたか、金てなもん返したらス〜ッとするやろ。こっ
ち上がれ●へへへ、もぉ、これよろしぃわ……■何やねん、これ?●いや、
お金です■お金は見たら分かるわい、何や?●五十円■それは分かるわいな、
どないしたんやお前? 返しに行たんと違うんかい?

●い、行てきましたんや。受け取ってくれまへんねん。強情な人で。向こぉ
が言ぅのには「あの時言ぅたやろ、遊んでるお金ができたら返しにおいで、
それまで返さんでえぇ。見たところこら、どっから見ても苦しんでるお金や。
そぉいぅのは受け取れん」て。

●で、わたい言ぅたんです「受け取ってもらわな困る、これあんた、わたし
のお金やおまへんねん。人が貸すのん嫌や言ぅのん無理やり借りてきて返し
に来てまんねん。今さら持って帰られへんから受けってくれ」ほな「そんな
こと聞ぃたら、なおさら受け取れん。とっとと持って帰れ、何ゴジャゴジャ
言ぅとんねん、嬶、出刃包丁持って来い」えらい剣幕でんねん……、とりあ
えずこれ、あんたにもぉ返しときますわ。

■アホかお前わ。そんな強情な人やないかい「人から借りてきた」言ぅたら
誰が受け取ってくれんねん。お前もアホやなぁおい、お前な「嘘も方便」ちゅ
うこと知らんのか? そんなもん「借りてきた」言ぅたら受け取ってくれへ
ん。そんなもんうまいこと言ぅたらえぇねやないかい。

●どない言ぃまんねん?■「どない言ぃまんねん?」て、何でもえぇやない
かい、たとえばお前「宝くじが当たった」これでえぇやないかい。な、何で
もえぇがな「宝くじが当たった」とかやなぁ「ずっと昔、友達に五十円貸し
てあって、それ今朝返してもぉた」とか……

■何でもあるがな「今朝、頼母子(たのもし)が落ちた」とか、考えたらえぇ
やないかい。無茶苦茶でえぇやないかい「今そこで五十円拾ろてきた」何で
もえぇやないかい。行てこいもぉいっぺん●いや、もぉ「あかん」ちゅうた
ら、強情な人ですから、もぉ何言ぅてもあかんやろ思います。もぉよろしぃ、
これ、とりあえず、あんたに返しときます。

■「あんたに返しときます?」わし、これ貸す時どない言ぅたんや?「ひと
月貸そ」言ぅたんと違うんか? 今、貸したとこやないかい……、もぉいっ
ぺん行てこい●いや、もぉえぇんです。

■えぇことないがな。お前がその「返(かや)したい。ひと月経ったら必ず返
そ、せやないと悔しぃ」それが嬉しぃて貸したんと違うんかい、もぉいっぺ
ん行てこい……、行てこい……、嬶、ピストル持って来い、ピストル。早い
こと行てこい●へ、へッ、行てきます。

             * * * * *

●も〜、わけ分からんわ。えらい人間が集まったもんやなぁホンマに。うま
いこと言ぅんかいな……、こ、こんにちわぁ▲何や、また来たんかい●五十
円▲遊んでる金を持って来い、遊んでる金を! こんな苦しんでるお金は要
らん、遊んでる金を持って来い。

●何を言ぅてんねん、あんた知らんからそんなこと言ぅねん。これあんた、
遊んでる金やで▲これ遊んでんのかい? そんなもん苦しんでるわい●あん
た知らんから言ぅねん、こら遊んでたんや▲「遊んでた?」●そぉ、これ遊
んでたんやで。今そこの公園であんた、ブランコに乗って遊んどったんや。

▲何をわけの分からんこと言ぅとんねん、もぉ帰ってくれ、気ぃ悪い●あん
た知らんのか「嘘も方便」いぅのん▲何がや?●あんた、受け取るぞ、これ
言ぅたら▲言ぅてみぃ●言ぅたる……、わたしあんた、宝くじが当たった、
とか▲何やねん? その「とか」っちゅうのん、お前●昔、友達に五十円貸
したぁったんや、それ今朝返してもぉた、とか。

▲せやから、何やねんな「とか」っちゅうのん?●そこで拾ろた、とか▲何
を言ぅとんねんアホ●もぉ、受け取って、嘘言われへんわ。確かにわたし、
これ今借りて来ましたんや……、ちょ、ちょっと待っとくなはれ、わたしの
話も聞ぃとくなはれ。あんた、これ貸してくれる時にどない言ぅてなはった
「うちで遊んでるお金、いつ返そと思いな」無利子・無証文・催促無し、嬉
しかった……

●わたし、こんなありがたい恩金は「ひと月経ったら必ず返そ」と、わたい
自分に自分で決めたんだ。今日、これ月末、節季や。自分で返そと決めて、
これあんたに受け取ってもらわなんだら、わたし自分で自分に嘘付いたよぉ
でたまりまへんねん。

●あんたのことはもぉどぉでもえぇんです、わたしのこの苦しさを取りたい
んです。それで受け取っとくなはれ、頼んますわ。もぉえぇ、あんたのこと
は、わたしのことだけ思て、受け取って、頼む。

▲ケッタイな男やなぁお前……。ひと月経ったら返そ思て、で、返せなんだ
ら苦しぃんかい? 分かった、受け取ったるわ●おおきに、受け取っとくな
はれ▲しかし、今日はまだあかんなぁ●何で今日あきまへんねん?▲お前、
ひと月言ぅたやろ、ほな、ひと月経たなあけへんがな。

●経ってまんがな、一日に借りて、今日月末やったら、ちょ〜どひと月でん
がな▲何を言ぅとんねん、貸したんは一日の朝十時やないかい、ほな、明日
の朝十時やないとあかんやないかい。今日はあけへん、明日もぉいっぺん十
時に出といで。

●もぉそんなんえぇがな、もぉ〜▲えぇことあれへんがな、お前も強情やっ
たら俺も強情や、キッチリしょ〜。もぉいっぺん朝、出直して来い! え?
帰って、また出直してくるのん大儀? そらそぉや、分かった。ほならもぉ、
ここへ置いとこ、ちょ〜ど真ん中や。待ってよ、朝十時まで待ってよ。十時
になったらパッと出しぃな、俺気持ちよぉ受け取るがな。

▲ボ〜ッと待ってるわけやあらへんがな。もぉ夜通し呑み明かそ、嬉しぃわ
お前の今の「ひと月経ったら返そ、受け取ってくれなんだら苦しぃ」ちゅう、
それがもぉ嬉しぃ。わしも取られへん、強情な人間やから、俺もそぉいぅと
こあるがな。

▲一杯呑も……、おい子ども、辰っつぁんと夜通し呑むから、酒、とりあえ
ず一升瓶一本持って来い。何でもえぇから、とりあえずこっち持って来い。
で、なんかアテないか? ラッキョ? こんなもんで夜通し呑まれへんがな。

▲よっしゃ辰っつぁあん、今日は牛肉のすき焼で一杯呑もか? すき焼さし
てもらお●すき焼、嬉しぃなぁ。せやけどその、牛肉ちゅうのん堪忍しとく
なはれ、牛肉はあかん。鳥すきでいきまひょ、カシワで。おんなじお願いす
るんなら、鳥すきで頼んまっさ。

▲牛肉でいこ、牛肉旨い。牛肉でいこ●いやぁ、そらやっぱり鳥すきでいき
まひょか▲何を言ぅとんねん、牛肉のほぉが旨いがな●わたい、嫌いだんね
ん▲何で嫌いやねん? 若いのに●若こぉても、嫌いなもんは嫌いでんがな。
牛あかんねんあんなん「モォ〜ッ」よだれ、あんなん見たらあかん。

●「コケコッコ〜ッ」これはよろしぃ、ニワトリでいきまひょ▲牛肉でいこ
●ニワトリでいこ▲牛肉でいこ……、牛肉でいこ。俺も牛肉と決めて、今さ
ら鳥に変えられるか?●あんたも強情な人やなぁ……、もぉえぇわ、こっち
の方が今日は分が悪いから、もぉあんたの牛肉でいくわ。ホンマは鳥の方が
えぇんでっせ。

▲そぉか、よし……、おい、ひろむ、牛肉買ぉてこい。辰っつぁん「是非と
も牛肉食いたい」言ぅてるさかい●いや、是非ともやおまへん▲もぉゴジャ
ゴジャ言ぅなお前……、早いこと行ってこいよ。

▲嬉しぃなぁ、辰っつぁん。俺も強情やろ、もぉこの年になって直らん思て
る。若い時から「強情や、強情や」言われて。せやけどな、女と違ごて男は
「こぉやと決めたらダ〜ッと通す」それやで、なぁ。倅(せがれ)かてやっぱ
り強情なもんや、わしの血ぃ引ぃとんねんなぁ。

▲あれも強情やで、まだ小学生や。いやいや、こないだ嫁はん近所で泊りが
けの旅行に行きよったんや「朝、学校、起こしたってや」「任しとけ」明く
る朝、子ども起こさないかん思てたんやけど遅れてしもたんや「えらいこっ
ちゃ遅れた、起きて早いこと学校行てくれ」

▲えらい怒って「お父っつぁん、遅刻やないかい。もっと早いこと起こして
くれなあけへんがな」デェ〜ッと学校飛んで行きよったんや。気ぃ付いたら
日曜日や、えらいことしてもたがな。せやけど、あいつ強情なやっちゃ「日
曜日でもせっかく来たんやから」いぅて、一人で教室入って、勉強して帰っ
て来よったんや、えらいやっちゃであいつ。

▲明くる日ぃ休みよったから、何にもなれへんがな。ここらがちょっとおか
しぃなぁ思うけどな。しかしまぁ、皆わしの周り強情なやつばっかりや、倅
もおまはんもせやし、あれも強情なやっちゃ……、将棋盤前に考えとぉるや
ろ。あれもぉ今から三年ほど前や、あの男強情なやっちゃ、顔見てみぃ強情
顔しとぉるやろ。

▲今から三年前「将棋しょ〜」て来よったんや。将棋してて、わしえぇ手ぇ
見付けてな、王手飛車、ピシャ〜ッかけたってん「痛ぁい」言ぃよってなぁ
「待ってくれ〜」わしこんな人間や「待たれへん」っちゅうたら、あいつも
強情や「待っていらん。考えさしてくれ」ズ〜ッと考えとぉるねん。

▲毎日考えては帰りよんねん、これ三年前から、毎日……、強情なやっちゃ
で……。けどなぁ、人間そのぐらいのほぉがえぇ、男はやっぱり……、倅遅
いなぁ、何しとんねん? 遠いとこやあれへん、ほんそこ路地(ろぉじ)回っ
たとこや。また途中で喧嘩でもしてたらいかんので様子見てくる、辰っつぁ
んえらい済まん、ちょっと待っとって、様子見てくるわ。

             * * * * *

▲どこ行とんねんなホンマに……、あれうちの倅やないか、ボ〜ッと立ちや
がって。おいこら、倅やろ◆あッお父っつぁん▲「お父っつぁん」やあれへ
んがなお前、牛肉買ぉてきたんかい?◆いや、まだや▲「まだや」てお前、
早いこと行かんかい。辰っつぁんうちで腹空かして待っとるやないかい。

◆いや、わい行こ思たんや、ほんでこの路地から出てきてこっち曲がったら、
わいの前に立ってる人とバ〜ンと鉢合わせなってもたんや。この人退(の)か
へんのに、わい退いたらわいの負けになるやろがな。もぉ、この人退くまで
わいジ〜ッと立ってんねやがな。

▲あッそぉか、えらいえらい。それやったらお前、ジッと立っとけ、負けた
らあかんで。そぉいぅのんでも負けたらあかん、ジッと立っとけ★あんたら
親子か? ケッタイな親子やなぁ……。ちょっとあんたの子ども退かしてぇ
な。あんたの子ども路地から出て来よってん、わい大きい道歩いてんねん、
頼むわ。俺、子どもに道譲られへんがな、けったくそ悪いがな。頼む、子ど
も退かしてくれ。俺もぉ最終の電車間に合わんねん、頼む。早いこと、子ど
も退かしてくれ。

▲何を言ぅとんねん、うちの子どもに負けさすわけにいかんわい、ジッと立っ
てぇよ。負けたらあかんぞ……、けどそれでは、辰っつぁん腹空かして待っ
とるし……、どないしたらえぇねん? もぉえぇわ、おい、ひろむ肉買ぉて
こい◆そんなことしたらお父っつぁん、わいの負けになるがな。


【さげ】
▲何の、お前に負けさすかい、代わりにお父っつぁん立っといたるわい。


【プロパティ】
 何かしとんねん=何を+ぬかして+おる+ねん。ヌカスは「言う・ほざく」
   ネンは「のだ」トンは「ておる」が撥音変化したもの。
 しゃ〜ない=仕様が無い→しょうがない→しょ〜ない→しゃ〜ない。
 片意地=強情。
 よっしゃ=よろしい。「善しや」の転訛であろうか?
 〜ないな=拒否「な」+強調するための接尾語「いな」
 うんこ=いきむ声「うん」に接尾語「こ」が付いたという説が有力。一方、
   中国仏教で大小便を「吽(うん)」大小便の溜まり場を「吽置(うんち)」
   といい、奈良時代に日本へ入り上流語として使われた。鎌倉・室町時
   代に、小さい物を表す「こ」が付け加えられた、とする説もある。大
   阪ことばには幼児語「うんうん」があるが、きばるときの声からきて
   いる。
 身代=個人の所有する財産。身上(しんしょう)。
 ノンベンダラリ=ずるずるべったり。仕事をするでもなく、いつまでも引
   きのばしておく意。
 節季=盆・暮・月末などの掛売りの勘定期。暮のそれを特に大節季と呼ぶ。
   昔は盆・暮の二回に集金(掛け取り)する習慣があったが、中払いを加
   えて四回となり、今日のように月一回が標準となった。
 嬶(かか)=もとは幼児語、父(とと)、母(かか)。近世、庶民社会で、自分
   の妻または他家の主婦を親しんで、あるいはぞんざいに呼ぶ称。かか
   あ。
 とっとと=早く・速やかに・急いで・さっさと。疾くとくと、の転訛。
 剣幕=勢い込んで、相手と争おうとするような態度や言葉。「険悪」とい
   う語が元、けむあく→けんあく→けんまく、と変化し「剣幕」の字が
   当てられた。江戸期には「権幕」「見幕」「見脈」「険脈」などとも
   当てられている。
 頼母子=頼母子講:金銭の融通を目的とする相互扶助組織。鎌倉時代に信
   仰集団としての講から発生。人々が寄り合って金子を出し合い、これ
   を講中の困窮者に融資し救済したのが始まり。くじや入札等の方法に
   よって借り受ける者を決め、それが組合員全員にいき渡るまで行う。
   一度落札した者は再び入札する権利を失い、単に掛け銭の義務のみを
   負担するというものであった。無尽講。
 ブランコ=約千年前の中国では鞦韆(しゅうせん)と言った。子どもの遊具
   ではなく、大人の遊具。つまりあの時の補助具ですな。
 ケッタイ=妙な・変な・へんてこな・おかしな・奇態な・嫌な・不思議な
   など、実にいろいろな意味を含んだケッタイな言葉。エゲツナイと並
   んで上方言葉の両横綱。怪体とも奇態とも希代とも卦体とも当てる。
 アテ=当て:酒やビールの肴(さかな)。または、食事の副食物。
 カシワ=鶏肉。茶褐色の鶏の一種の名である。その色が柏(かしわ)の枯葉
   に似ているところから出た名といわれるが、一説には外国語であると
   もいう。黄鶏。
 ひろむ=ざこば師匠の本名、関口弘。
 音源:桂ざこば 1997/08/31 特選落語全集(MBS)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=桂ざこば sub=*  ●main高座記録日:1997/08/31  ●番  組  名:特選落語全集(MBS)  ●ファイル公開日:1999/05/09  ●江戸落語相当:意地くらべ  ●更  新  日:2006/12/03  ●リクエスト数:rakug159  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次