【上方落語メモ第4集】その158

昆 陽 の 御 池


【主な登場人物】
 お前  甚兵衛はん  見廻りのお役人二人

【事の成り行き】
 兵庫県伊丹市にある昆陽(こや)池、白鳥・鴨など渡り鳥の飛来地として有
名でして、身近に自然観察できることから野菜くずやパンの切れ端を持って
訪れる家族連れも多く、水鳥が餌をついばむ風景が見られます。

 鳥たちも心得たもので、警戒心を放棄して手渡しで餌をもらうほどに慣れ
きってしまっていますが、堕落した情景のようにも見えてきますねぇ。中に
は定住してしまったやつもいるとか、こうなるともう野生とは言えません。

 ちなみにこの昆陽池を地図で見ると、池の中に日本列島をかたどった島の
存在に気付かされます。伊丹空港発着の飛行機からもその姿がはっきり見え
るとか。Google-Map衛星写真では現在のところ、撮影が冬季の水枯れのせい
か、いびつな日本が写っています(2006/11/19)。

             * * * * *

 え〜、わたしの方も一席お付き合いを願います。釣りといぅものが大変盛
んでございましてね、釣りが趣味やといぅ方は大勢おられますけども、わた
しも何べんかやったことありますけども、あの釣りの行程全体が楽しぃんや
そぉですねぇ、もぉ用意してる時からね。

 釣ってる時はもちろんなんでございますが、帰って来てですね、自分で釣っ
たものを食べる。また、お友達にあげて食べてもらうとか、そぉいうのんも
非常に楽しぃんやそぉでございます。

 中には分からんのが、釣ったやつをその場でパッとね、返してしまう人が
ございますがね、専門用語で「リリース」と言ぅんやそぉでございましてね。
今、阪神さんに聞ぃたんで知ったんです。あれが分からんですね。

 なんかこぉ、返した人はですね、自分がえぇ人になったよぉな気になって
ますけども、決(け)してそぉじゃないですよね、あれ。なんか、大きさとか
いろいろあるんやそぉですが。

 網で掬くたんならともかく、こんなとこへピャッと引っ掛けてですね、グ
ワァ〜ッと上げられたやつを返すわけですからね「食えへんのに釣るな」魚
もむかついてるでしょ〜ね。あら、あんまりえぇことやないと思いますけど
も。

 しかしまぁ、好きな人といぅのはなんかこぉ河でも湖でも、なんかあると
ですね「おッ、何が居てんねやろな?」とかね、水に異常に反応するわけで
ございます。そこまではまだいいんでございますけども、なかにはこの、昂
じまして二階の窓からこぉやったりいたしまして、ここまでなるともぉダメ
でございますねぇ。

 二階の窓からこ〜んなことしてね、通ってる人ビックリしますねぇ。こん
なとこにこぉ針がぶら下がってるわけでございますから。

●おい、ちょっと見てみぃ▲え?●やり過ぎやなぁありゃ。おかしなっとぉ
ねん、いっぺんなぶったろか……、もし、大将、どぉです? かかりますか?

■あんたで四人目です。

             * * * * *

■さぁさぁ、こっち入っといで。これ、何をしてなはんねん。こっち入っと
いでぇな●へぇ、あんたとこ、ぎょ〜さん釣竿が置いてまんねんなぁ■え、
釣竿? あぁ、それかいな。いやいや、まぁそいつだけはな、チャチな店に
は負けんぐらいに揃えたぁるつもりじゃ●あぁさよか(イヨッとショッと)
すと何でんなぁ、あんたこの、釣りが好きでんねやな。

■「好きでんねやなぁ」てなこと言ぅてるだけが手遅れじゃなぁ。好きの嫌
いのどころの騒ぎやない。わしゃ竿さえ握ってたら、どんな嫌なことがあっ
ても忘れてしまう。またこの、自分が釣るだけやなしに、人さんが釣ってな
はんのをネキに立ってジ〜ッと見てるだけで、何とのぉ嬉しぃよぉな気がす
るなぁ。

●よっぽど好きでんねやなぁ?■あぁ、よっぽど好きじゃなぁ●はぁ〜、わ
てあんた、もぉちょっと賢い人やと思てましたけども……、さよか■んな、
おかし気な言ぃ方しぃないな、わしがアホみたいに聞こえるがな●いや、怒
んなはんな。こらわたいが言ぅてるわけやおまへんねん。

●いえ、今もね、この横町(よこまち)の床屋で若いもんが寄って、ワァワァ
と四方山の話だ。なかの一人が「この世の中で一番のアホちゅうたら何やろ
なぁ?」と、ケッタイなこと言ぃ出しよったんだ。したら、もひとりの男が
「そらお前、魚釣りする人間やで」

●「何でやんねん?」ちゅうたら「考えてみぃ、あの広いひろい海とか川や
とかへ出かけて行てやで、居るとも居らんとも分からん魚相手に、こんな小ぃ
ちゃい針に餌付けて、それを一日中ジ〜ッと眺めてる。そない魚が欲しぃね
んやったら、それだけ一生懸命働いて、儲かった銭持って魚屋へ行たら、ど
んな好きな魚でも買えるのに。

●朝の早よぉから弁当こしらえて、遠いとおいとこまで出かけて行て、無事
に帰って来れりゃともかく、一つ足でも踏み滑らしたら己の命が危ないちゅ
うのに、まぁ、アホの番付でもこしらえたら、東の大関は決まりやな」と、
こぉ言ぃよった。ほな皆も「なるほど、そらそや」

●「ほな、それより上のアホはもぉないか?」ちゅうたら「まだある、その
釣りしてるのん、ネキ立ってジ〜ッと見てるやつや。釣れたさかいいぅて、
その魚、自分のもんになるわけでもないのに、忙しぃ仕事ほったらかして、
中には大きぃ荷物背たろぉてボ〜ッと眺めてる。こらもぉアホの横綱やなぁ」
ちぃよった。ほな、皆も「そらそやなぁ」

●いま聞ぃたら、あんた釣りが好きや「竿さえ握ってたらどんな嫌なことが
あっても忘れてしまう。また、人が釣ってるのんネキに立ってジ〜ッと見て
るだけで嬉しぃ」っちゅうてなはる。あんた、大関と横綱兼ねてなはんねん。
よぉ、関取ッ!

■何が「よぉ関取」や、ほな何かい「魚釣りするもんは皆アホや」っちゅう
のんか?●わたいが言ぅてるわけやない、言ぅてまっしゃろ■お前、一月の
十日に戎(えべ)っさんへ参ったことないか?●大阪の人間が戎っさん参らん
もんおますかいな■ほなその時、どない言ぅて参る?

●「どない言ぅて参る」て、そらやっぱりあんた「どぉぞ今年一年、えぇ福
授けていただきますよぉに(パンパンッ)」てなこと言ぅて参りま■ほぉ、
お前、戎っさんの御神体見たことあるか?●「御神体」てたいそぉな、絵に
描いたんやったら見たことおまっせ。なんでっしゃろ、左の手に鯛かかえて
右の手に釣竿持って、ニコニコ、ニコニコ笑ろてはる、あの人でっしゃろ。

■そぉや。すると、戎っさんは釣りをしはんねんなぁ?●へぇ■釣りするも
んは皆アホやなぁ?●へぇ■戎っさんアホやなぁ?●へぇ■すると、そのア
ホのとこへ「どぉぞえぇ福授けとくなはれ」頼みに行くお前らの方が、よっ
ぽどドアホと違うのんか……? どぉじゃ「グウ」とでも言ぅてみぃ●グウ
■そら誰でもいえるわい。

■その昔、この仲哀(ちゅ〜あい)天皇のお妃に神功(じんぐぅ)皇后といぅお
方があったなぁ。この方が三韓征伐の鹿島立ちのみぎり、帽子の針で釣りを
しなはった「この度の戦いが神々のみ心にかないますなれば、どぉぞ魚を釣
らせ給え」上げてみなはるといぅと魚が掛かってる、これが鮎じゃ。それま
で鮎といぅ字はなかったんやが、占いのために掛かった魚やといぅので、魚
偏に占うと書いて鮎と読ますよぉになったといぅなぁ。

■女将(にょしょ〜)のみぎり、ましてお腹には応神天皇を宿し給える、ただ
ならぬお体で、この難事業を成し遂げた神功皇后はアホか?●グウグウ■二
つも言ぃよった。また、これをネキに立ってジ〜と見といなはったんが、三
代の帝に忠勤を励んだ武内宿禰(たけのうちのすくね)といぅ武将じゃが、武
内宿禰はアホか?●ググゥ、グウグウ、グゥ……■ぎょ〜さん言ぃよったな。

■また、彼の唐土(もろこし)では●グウ■いや、まだ何も言ぅてへんがな。
太公望といぅ偉い人があったなぁ●太公望?■この人は真っ直ぐな針に餌も
付けんと釣りをしなはった●ちょっと待っとくなはれあんた、え?「真っ直
ぐな針に餌も付けんと」そんなことして釣れますか?

■さぁ、釣れるかいな。にもかかわらず、毎日まいにちこれを止めなんだん
で、とぉとぉ奥さんが怒ってしもぉて「そなたにはほとほと愛想が尽きまし
た、今日これ限りお暇をいただきます」と、無理暇とって帰ってしもぉた。
そんなことにはお構いなし、雨の日も風の日も三年のあいだこれを続けた。

■と、これをネキに立ってジ〜ッと見といなはったんが周の文王(ぶんのぉ)
といぅ当時の名君「この男は魚を釣っているのではない、時節を釣っている
のであろぉ。大した人物に違いない」引き上げて用いてみなはるといぅと、
案にたがわん古今の軍師。きのうに変わる今日の栄華、一国の大臣とまでは
出世しなはった。

■ちょっと登城するのにも立派な駒に打ち跨って登城しなはる、大勢の供人
がそれに従う、町の人たちは土下座をして見送る。ある日のこと群集の中か
ら一人の女がバラバラバラッと走って出て、太公望の駒の轡(くつわ)に手を
かけて「お懐かしゅ〜ございます、太公望様」

■フッと見るとこれがお前、無理暇とって帰った女房や「おぉ、そなたは馬
氏ではないか」「あなたさまのよぉな立派なお方を見損のぉておりました、
わたくしが重々悪ぅございました。どぉかもぉ一度夫婦になってくださいま
せ」「馬氏よ、盆に一杯の水を汲んで来てくれ」「かしこまりました」

■喜び勇んで汲んで来ると、それを地面にビャ〜ッと空けて「この水を再び
盆に返すことができるならば、そなたと今一度夫婦の語らいをしよぉではな
いか」とおっしゃった。これが「覆水盆に帰らず」と言ぅやっちゃ、分かっ
たか?

●ん〜ん、釣りする人は皆偉い■お前どないでもなるなぁ。最前、アホや言ぅ
たやないか。だいちお前、わしがお前らみたいにバタバタバタバタしてんの
ん見たことあるか? ないやろ。にもかかわらずこれだけの暮らしをしてん
ねん。こらお前、みな釣りするお陰や●あッさよか、そら知りまへんでした。
すると何でんなぁ、尻無(しりなし)か木津川へでも行きなはる?

■アホなこと言え。そんなとこ行て雑魚やモロコのあと追いかけてたんでは
弁当のおかずにもならんわい。わしの行くのはな、大阪を北へ三里、西国街
道をちょっと入ったところに「昆陽の御池」といぅのがある。そこじゃ●昆
陽の御池? 何が居てまんねん?

■鯉じゃなぁ●鯉でっか、よぉさん居てまんのん?■居てると言ぅのはあん
なもんやないなぁ、俗にこの、魚がよぉさん居てることを「魚半分、水半分」
てなことを言ぅが、向こぉは魚が七分に水が三分じゃ●へぇ〜ッ、よぉさん
居てまんねんなぁ。すると何でんな、魚のあいだを水が泳いでるん?

■水が泳いだりせぇへんけども、まぁまぁ、言やそんなもんじゃ●へぇ〜、
ほんだら大勢釣りに来てまんねんやろなぁ?■一人も来てない●皆知りまへ
んのん?■知ってるさかいに来(け)ぇへん●そんなアホなこと、そんなよぉ
さん鯉が居てんのん知ってて誰も来ぇへん……

■分からん男やなぁ、ここは昔から有名な「殺生禁断の御池」釣りを垂れて
るんを見付かったらその場で首が飛ぶ●「首が飛ぶ?」そらあっさり言ぃな
はったなぁあんた。飛ぶて、そんなもん飛んださかいいぅて秋になったらま
た生えて来るわけおまへんで、これ。けど、あんた運がよろしぃなぁ、今ま
でいっぺんも見付かったことおまへんねんなぁ?

■いやいや、わしかてチョイチョイ見付かってるで●はぁ? ほな、チョイ
チョイ首斬られてまんねんな■まぁ三べんにいっぺん……、アホなこと言ぃ
な。そんなもんチョイチョイ斬られてたまるかいな。そぉいぅ時にはわしゃ
ちゃ〜んと言ぃ抜けがこしらえたぁる。

●言ぃ抜け?■親孝行を聞かすのじゃ。そぉやなぁ、見付かるとまず見廻り
のお役人が二ぁり、両側からバラバラバラッ「この所において釣りを垂れる
とは不届きなやつめ!(バンバン)」と、こんな太い樫の棒で、まず二ぁつ
どつかれる●うわぁ〜、痛とおますなぁ■それぐらいは辛抱せんかい。

■「その方、この所、殺生禁断の場所といぅこと、知ってまいったか、知ら
ずにまいったかどぉじゃ?」たいてぇのもんならここで「知らずにまいりま
した、どぉぞお許しを」そんなこと言ぅたら首が飛ぶ、命がない「知ってま
いりました」「何? 知ってまいったとは、ますますもって不届きなやつ!
(バンバン)」とまた二ぁつや●みんなで四つでんな。

■勘定してんねやあれへんがな「しからば何ゆえあって知ってまいった?」
こぉきたらもぉこっちのもんじゃ。そこでなるべく哀れぇな声を出して「わ
たくしには、一人(いちにん)の年老いた母親がござります。もはや老衰して
病床に臥せっとぉりますが、今際の際に生きた鯉が食べたいと申します。

■わたくしは身貧に暮らしておりますゆえ、鯉を買うお金がございません。
この所、殺生禁断の場所といぅこと重々存じてはおりますが、この鯉を釣り
帰り、親に食べさせて喜ぶ顔が見とぉございます。親を見送りましたうえか
らは、わたくし自らこの場所へ名乗って出る所存にございます。どぉかそれ
までわたくしの命、お預けくださいましたならば、ご恩は七生までも忘れま
せん」

■ここまで言ぅと、さいぜんからせんどどつかれてるさかい、目ぇから涙が
ボロ〜ッとこぼれて落ちる。お役人とて鬼でもなけりゃ蛇でもない「さよぉ
なことをいたして親孝行になると思いおるか、たわけめ。以後はならんぞ、
きっと慎めよ」釣った鯉は持って帰らんかい。ひと月経ったらお役人が交代
する、また行く、見付かったらこの伝食わすわ●鬼ッ!

●はぁ〜、ほと何でんな、命が助かってお金が儲かると、こぉいぅことでん
な■まぁ、そぉいぅこっちゃ●こらえぇ具合でんなぁ、わたいも行こ■え?
●わたいも行こ■なに?●「なに」て、あんた殺生禁断の池へ鯉盗みに■ア
ホなこと言ぃな、誰がお前らみたいなアホ連れて行くかい。

●あらッ、あらら、わたいらみたいなアホは連れて行きまへんのん?■当た
り前じゃ●あッさよか、あぁ〜さよか、結構です。アホにはアホの考えがお
ますよってね■何じゃアホの考えて?●そぉでんがなあんた、これから「甚
兵衛はん、殺生禁断の池へ鯉盗みに行てる」ちゅうて、わたい近所じゅ〜触
れて回りまっせ、さいなら。

■おい、おいおいおい、ちょっと待たんかい、待たんかい●え〜、ご町内の
皆さん、ご町内の皆さん……■戻っといで、戻っといで。連れて行たる、連
れて行たる●連れて行っとくなはるか、えぇ人や■コロコロ変わるなぁ、分
からんなぁお前だけわ●ほな、行きまひょ■え?●今から行きまひょ■今か
らてお前、こんな明(あか)い内から出かけて行てどぉすんねん。日が暮れた
らもぉいっぺんおいなはれ●あッさよか、ほなよろしお頼の申します。

 さぁ、ケッタイな男があったもんで、家(うち)ぃ帰ります。日の暮れんの
ん待ちかねよって、また表の戸ぉを。

●(トントンッ、トントンッ)もしぃ〜ッ!(トントントンッ)甚兵衛は〜
んッ!(トントントンッ)ボチボチ行きまひょか〜ッ!(トントントンッ)
殺生禁断の池へ(トントントンッ)鯉盗みに〜ッ!(トントントンッ)甚兵
衛は〜ん!

■こっち入れ(ベシッ)ドアホ!●あ痛〜ッ、あんた何しなはんねん。わて、
向こぉ行ってお役人にどつかれんのん覚悟してまっせ。あんたにどつかれる
と思えしまへんがな、何ちゅうことしなはんねん■「何ちゅうこと」やあれ
へんがな、今お前、表で何を言ぅたんや?●「何を言ぅた」てあんた、殺生
禁……、あッ。

●ちょっと隣り行って聞ぃてきまひょか■何を?●今「殺生禁断の池へ、鯉
盗みに行こか」っちゅうたん聞こえましたかちゅうて■触れに行てるよぉな
もんじゃがな、早よこっち入れ。そこにこしらえがでけたぁる。その風呂敷
き包み背たろぉて付いといなはれ。

 「お頼の申します」ポイッと表へ出ます。北へ北へ十三(じゅ〜そぉ)の渡
しを越えましてヒョイッ、土手へ上がりますといぅともぉ真っ暗でございま
す。猫の仔一匹通りません。闇の中、二人の男がブラ〜ブラ……

■さぁ、出といで……、何をニコニコしてんねん●今日はあの、一体どれぐ
らい釣れまんねやろなぁ?■まぁまぁ、そんなことは行てみな分からんが、
そぉやなぁ、まぁこの空模様からいくと、十両がとこは堅かろぉ●じゅ、十
両……。あのぉ、十両儲かったらわたいに何ぼおくなはる?

■心配しぃな。わしゃ人みたいに四分六の七(ひち)三のケチなことは言わん
わい。十両儲かったら、ポ〜ンと半分の五両はお前にやる●ご、五両。五両
おくなはる? あぁ〜、五両もぉたら何買おかしらん■おいおい、ちょっと
待ちや。銭が儲かったさかいてお前、いっぺんに使こたらあかんで。

●何で?■そぉやがな、間(あいだ)貧乏にしてるもんが、いっぺんに銭遣い
が荒ろなったら「こらおかしぃ、なんかあるで」てなもんで足が付くやない
か●あぁなるほど、こら気ぃ付けないけまへんなぁ……。天ぷらうどん二杯
食てもえぇやろかな?

■あぁ、まぁまぁそんなぐらいやったらかめへんわ●さよか、かめしまへん
か? 二杯でっせ……。巻寿司三本買ぉてもえぇやろか?■かまへん。そん
な食ぅもんぐらいやったら何ぼなと買い●あッさよか、食ぅもんぐらいよろ
しぃのん? うわぁ、嬉しぃなぁ。ほな、今まで食いたいと思てたもん、み
んな買ぉたろ。

●あの、ごっつい飴おまっしゃろ、ドングリ、あれ買いまんねん。栗饅頭買
いまっしゃろ。焼き芋買いまっしゃろ。巻寿司買いまんねん……、三本でっ
せ。これみな寝しなに枕元へ並べて寝まんねん。夜中にフッと眼ぇ覚ました
ら「あぁ〜、お腹が空いた」そ〜っと手ぇ伸ばして、これがドングリ、これ
が栗饅頭、これが焼き芋、これが巻寿司……、うぅ〜ッ!

■どっから声出してんねん、けったいな男やなぁホンマに。

             * * * * *

■さぁ着いた、ここや●ウワァ〜ッ大きなとこでんなぁ!■シ〜ッ! 大き
な声出しな、ケンタイでやれることやってんのんと違うで。さぁ、そこへ荷ぃ
下ろして、えぇか。そっちの竿、それお前に貸したるさかい、餌はその中に
入ってる……、ほんでお前、言ぃ抜けは分かってるやろな?

●昼間、あんた言ぅてなはったやつ、えぇ覚えてま■そぉか、ほな、わしゃ
向こぉ行って釣るさかい●ちょ、ちょっと待ちなはれあんた、そんなこと言ぃ
なはんな、せっかく二人で来てまんねやがな、ここへこぉ二人並んで世間話
しながら、楽しぃ釣りまひょいな。

■お前、何を考えてんねん? 親孝行が二人並んで世間話て……、わしゃ向
こぉ行って釣るさかいな。あッ、言ぅとくで、見付かったら「ワァ〜」とか
「キャ〜」とか声出しや●何で?■その声聞ぃたら、わしゃ向こぉからソ〜ッ
と逃げるさかい。

●もぉそんなアホな……■せやあれへんがな、わしが先見付かったら声出す
さかい、お前が逃げたらえぇねん、おんなじこっちゃがな●あぁさよか、あ
んまり遠いとこ行きなはんなや……、あぁその辺りでっか、だいたいボンヤ
リ見えてます。

●え〜っと、この竿貸したる言ぅてはったなぁ、こんなん始めてや、嬉しぃ
なぁこれは……、え〜っと、餌はこの中に入ってるんかな、おぉ、ミミズや。
わいミミズ嫌いや、怖いなぁ生きとるがな……、じ、甚兵衛は〜ん。

■シッ! 大きな声出しなおい、どないしたんや?●誰や後ろから引っ張っ
てる■引っ張ってる? えらいこっちゃがなおい……、誰も居てへんがな、
柳の木にでも引っかかってんのとちがうか●柳の木ぃ……? そぉだした、
甚兵衛は〜ん■何や?●柳の木ぃ、ミミズ食ぅか?■知らんがな。

●アホらしなってきた、水にもつからんうちから餌いかれてるんやホンマに
もぉ……、ミミズ、気色悪ぅ……、えいッ。ちょっとも釣れへん■今つけた
とこやないかい●つれへん、つれへん、つれへん……、つれへん、つれへ〜
ん!

■やかましぃなぁ、静かに釣れ●魚も言ぅとんのかいなぁ「ちょっと、皆来
てみなはれ。今日初めて来たやつ、だいぶにアホでっせ。アホ声がしてまっ
せ」ちゅなこと皆で言ぅとんのかいなぁ、こないだ宿替えした時も言われた
なぁ……

●ん〜ん……、あぁ、あれッ? 甚兵衛はんとこ釣れてるがな、早いなぁ。
やっぱり慣れてる人は違うなぁ……、あッ、また釣れたがな。あッまたや、
あッまた釣れてる、あッ、あッ!■やかましぃなぁお前、静かに言ぅてるや
ろが。

●静かにて、あんたとこばっかり……、おッ、おッ、おおッ、つ、釣れた釣
れた■釣れたらえぇやないか、何が釣れたんや?●何が釣れたて、ほら見て
みなはれ、大きなワラジ■しょ〜もないもん釣りないな。

 はじめのうちはワァワァ言ぅとぉりましたが、何しろこの餌に熟(こなれ)
た魚、上手下手の区別がない。そのうちとっかけ引っ掛け釣れるよぉになる。
アホはもぉキャ〜キャ〜言ぅて釣っとぉる。甚兵衛さんも、こらたまらんと
いぅわけで少し離れたところへ逃げて釣っております。

 ところへお越しになりましたんが見廻りのお役人が二ぁり。

▲あいや、ご同役。お役目ご苦労さまでございます◆いや、ご苦労さまでご
ざいまする。しかしこの所、殺生禁断の場所といぅこと、三歳の童子も存じ
おるとみえまして、釣りを垂れる者が一人(いちにん)もございません。お上
のご威勢もなかなか広大なものでございますなぁ。

▲あぁいかにもいかにも、しからば一応この辺からこぉ……、お上のご威勢
も当てにはなりませんぞ◆いかがなされた?▲あの所において釣りを垂れる
者が一人ござる◆ん、どれ、どこに?▲あれでござる。不届きなやつ、お咎
(とが)めめされぇ。

 これが甚兵衛の方でしたら何のことはなかったんでございますが、先にア
ホの方が見付かった。バラバラ、バラバラバラッ……

◆(ベシッ)この所において釣りを垂れるとは、不届きなやつめ(ベシッ、
バシッ)●あ痛ぁ、そぉら来た▲「そぉら来た」とはどぉじゃ、その方、こ
の所、殺生禁断の場所と知ってまいったか、知らずにまいったか、どぉじゃ?

●それでんねん、たいてぇのもんならね「知らずにまいりました、どぉぞお
許しを」てなこと言ぃますけど、わたいはそんなこと言ぃまへんで。知って
まいりました。

◆何ッ? 知ってまいったとは益々もって不届きなやつ(ベシ、バシッ、ベ
シ、ベシ、バシッ)●い、痛タタタ……、そない叩いたら約束が違うがな、
ここは二つでっせ◆誰が約束をいたした、しからば何ゆえあって知ってまいっ
た?●ヘヘッ、そぉきたらもぉこっちのもん……

●えぇ、申し上げます。え〜、わたくしには一人の年老いた母親がございま
す。もはや、もはやお粥(かい)さん……、もはや雑炊……、もはや老衰して
病床に伏せっておりますが、今際の際に生きた鯉が食べたいと申します。わ
たくしは茶瓶……、わたくしは土瓶……、わたくしは身貧に暮らしておりま
すゆえ、鯉を買うお金がございません。

●この所、殺生禁断の場所といぅこと七七(ひちひち)……、八八……、あれ?
九九(きゅ〜きゅ〜)……、重々存じておりますが、この鯉を釣り帰り、親に
食べさし、喜ぶ顔が見とぉございます。親を見送りましたうえからは、わた
くし塩昆布……、わたくし塩辛……、わたくし自ら、この場所へ名乗って出
る所存でございます。どぉかそれまでわたくしの命、お預け下さいましたな
らば、ご恩は七生までも忘れません。

●言えたぁ〜、おッ、甚兵衛はん言ぅてた通りや、ダダ〜ッと涙が出てきた
がな……、ご覧ください、涙もちゃんと出ております▲愚かしぃやつでござ
るなぁ。しかし懸命に申す言葉の端々から察しますと、こやつなかなかの親
孝行もんらしゅ〜ござるなぁ。このよぉな者を一人連れ帰り、罪に落とすの
もなんでござるか。

▲こりゃ、さよぉなことをいたして親孝行になると思いおるかたわけめ。以
後はきっとならんぞ、きっと慎めよ。で、鯉はどのくらい釣ったな?●たっ
た八十六匹▲よぉ〜さん釣りよったなぁ●何ぞ容れもんおませんか?▲たわ
けたことを申すな。早々に立ち去れッ!

●あ痛たぁ〜ッ、助かったぁ〜ッ。あッそぉや、甚兵衛はん「ワァ〜」とか
「キャ〜」とか言えちゅうたはった。けど、わいだけこぉボンボンどつかれ
て、甚兵衛はん知らぁ〜ん顔して帰るて、けったくそ悪いなぁ。黙って逃げ
たろ……

 悪いやつがあったもんで。

▲あいや、ご同役、あのよぉな者でも人間一人助けしと思えば、まんざら悪
い心持ちのものでもございませんなぁ◆あぁ、いかにもいかにも。あぁして
おけばまた我々にも悪ぅは報ぅてきますまい▲さよぉさよぉ、しからば一応
この辺から……、やや〜ッ! またあの所において釣りを垂れる者が一人ご
ざる◆どれ、どこに?

▲あれでござる、ん、不届きなやつ、お咎めめされ(バラバラ、バラバラバ
ラッ……)また、この所において釣りを垂れるとは不届きなやつめ(ベシ、
ベシベシベシベシ、バシッ、バシッ、ベシ、バシッ……)

 今度は二へんめ、少々手荒い。しかしこの甚兵衛といぅ男なかなかのしっ
かりもんと見えまして、ボンボンどつかれながらも「また」といぅ声が耳に
入った「アホがもぉやられよったんや」どないして言ぃ抜けしたらえぇもん
やろ……、さぁ、ここで甚兵衛がどのよぉな言ぃ抜けをいたしますか?


【さげ】
 わたくしの受け持ち時間が過ぎたよぉです。


【プロパティ】
 昆陽池(こやいけ)=兵庫県伊丹市昆陽池3丁目。行基が731(天平3)年に築
   造した農業用のため池。1968(昭和43)年、一部埋め立てられ公園とし
   て整備。奈良時代以来、昆陽寺の聖域として農民たちの殺生禁断が守
   られ、今でも水鳥が多く集う。
 阪神さん=吉本興業所属・漫才師、オール巨人・阪神。趣味の釣りを活か
   し神戸のU局・サンテレビの釣り番組「ビッグ・フィッシング」で司
   会を勤める。
 鮎釣り=故・桂吉朝師も、自らのサイトを「あゆの部屋」と名付けるほど
   鮎釣りを趣味としていた。
 なぶる=さわる・いじる・もてあそぶ・おもちゃにする。さらに、からか
   う・嘲弄する。
 ぎょ〜さん=たくさん・はなはだ・たいへん。大言海には「希有さに」の
   転とある。「仰々しい」のギョウか?「よぉけ→よぉ〜さん」たくさ
   ん、の訛りかも?
 チャチ=ケチな。貧弱な。
 ねき=根際? そば・かたわら・きわ。対象が人の場合は「はた」を使う
   ことが多い。
 ケッタイ=妙な・変な・へんてこな・おかしな・奇態な・嫌な・不思議な
   など、実にいろいろな意味を含んだケッタイな言葉。エゲツナイと並
   んで上方言葉の両横綱。怪体とも奇態とも希代とも卦体とも当てる。
 ほったらかす=打ちすてておく・かまわずにおく・すっぽかす・投げやり
   にして顧みないなどの意にいう。
 背たろう=背負う。背たらうのさらに訛ったもの、背たら負うの略。
 エベッサン=戎さん。戎神社。十日戎。
 ぐうの音(ね)=苦しい状況においこまれたときに出す声。
 神功皇后(じんぐうこうごう)=記紀所伝の仲哀天皇の皇后。気長足姫(息
   長帯比売:おきながたらしひめ)の漢風諡号(しごう)。天皇の死後、
   新羅に出陣、凱旋ののち筑紫の地で応神天皇を出産、69年間摂政をつ
   とめたという。「播磨風土記」などでは大帯姫(おおたらしひめ)とも。
 帽子針=綿帽子や布を留めるための針。ぼうしかんざし。
 綿帽子=真綿を延ばして丸形や船形に作ったかぶりもの。防寒・防塵用に
   室町時代から用いられた。のち、婚礼の際、新婦がかぶり、形も顔ま
   でおおうようになった。額綿。
 武内宿禰(たけしうちのすくね)=記紀所伝の人物。大和朝廷の初期、景行・
   成務・仲哀・応神・仁徳の五朝に二百数十年仕えたという。蘇我・葛
   城・巨勢・平郡氏の祖とされる。たけのうちのすくね。
 太公望=周の文王が、渭水で釣りをしていた呂尚(りょしょう)を見て「吾
   が太公(祖父・古公亶父(ここうたんぽ))、子(し)を望むこと久し」と
   言ったという「史記(斉世家)」の故事から〕呂尚の尊称。また、そ
   の故事から釣りをする人。釣り好きの人。
 馬氏=別名・馬千金(ばせんきん)。
 尻無(しりなし)=尻無川:木津川の支流であり道頓堀川の下流。
 木津川=大川(土佐堀川)の支流。
 よぉさん=たくさん。ぎょ〜さん。
 どつく=打つ・殴る・小突き回す。胴突くか?
 せんど=長らく。長時間。また、何度も。何べんも。十分。たっぷり。千
   途であろうか?『大言海』には「千度」とある。
 たわけ=戯け:ばか者。おろか者。痴(し)れ者。
 伝=やり方。方法。
 ボチボチ=そろそろ・徐々に・少しずつ・ゆっくり。
 あいだの日=あいだ:日常。ふだん。
 ドングリの飴=「鉄砲玉」という五厘〜一銭の飴玉のことを、その形が似
   ていることからドングリと呼んだ。商標ではない。
 〜しな=折・場合・途中。何々に際してという意の接尾語。
 ケンタイ=平気・当然・大っぴら。遠慮しないで。
 熟(こなれ)た=慣れた。習熟した。
 おかいさん=粥。カユ→カイになる例としてカユイ→カイイ。お芋さん、
   飴ちゃん、など物にさんちゃん付けするのは大阪言葉の特徴。面白い
   言葉として、ご飯より柔らかく、お粥よりかたい飯を「おかいのあね
   さん」と呼ぶ。
 けったくそ悪い=卦体糞悪い:不愉快な。いまいましい。癪にさわる。卦
   体は気持ち、気色などの意。糞は増幅、悪態。
 「甚兵衛さんの言い抜け」=気になりますでしょ? わたしもスンゴク気
   になってたのですが、ほぼ分かりました。「昆陽の池」をご覧になっ
   た私設ブレーン様よりお教えいただいたのです。この噺、江戸版では
   「唖の釣り」言葉の不自由な孝行者与太郎が、殺生禁断の上野不忍池
   に鯉釣りに行くという内容の噺だそうです。そこから類推して、上方
   版の下げはたぶん「言葉の不自由なマネ」をして言い抜けるのではな
   いか。これはテレビで放映するには……、ということで、吉朝師匠も
   うまいこと言い抜けされてます。
 音源:桂吉朝 1998/01/17 平成紅梅亭(YTV)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=桂吉朝 sub=*  ●main高座記録日:1998/01/17  ●番  組  名:平成紅梅亭(YTV)  ●ファイル公開日:1999/04/25  ●江戸落語相当:唖の釣り  ●更  新  日:2006/11/19  ●リクエスト数:rakug158  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次