【上方落語メモ第4集】その153

お  玉  牛


【主な登場人物】
 男(無名)  あばばの茂平  村の若者たち  玉  父母  牛

【事の成り行き】
 当たり障りのない言葉で「価値観の多様性」とでも言うのでしょう、最近
美女美男の基準が定まりません。わたしなんか昔人間のせいか「容姿端麗」
という文字が目に浮かんでしまうのに「蓼喰蟲好々」も立派な美だそうです。

 誰がそうだなんて、とても恐くて言えないのですが、薄暗闇で出会ったら
声を上げてしまいそうな「幽霊化物」風味の化粧・風体・精神構造をしたお
嬢ちゃん、お坊ちゃんが闊歩しております。お行儀良く綺麗に化ける技なん
て言うのは意味が無くなったようです。

 とか言いながら、本音はやっぱりな〜んにも変わってないような「絶対値」
があるわけですが。

 今回の噺に登場する玉ちゃんという女性が「蓼喰蟲好々」では前へ進んで
行けないわけでして、ここはやっぱり「容姿端麗」でなければなりません。
少しの間「価値観の多様性」は忘れてしまってください(1999/03/28)。

             * * * * *

 よろしぃなぁ美人は、どこにでも綺麗ぇのん居てまっせ。朝日放送にも新
入社員なんかがみんな狙うマドンナちゅうやつね、アイドルちゅうのん。制
作やったら制作に一人パッと、広報やったら広報に一人パッと、どこでも居
てますわ。

 コンビニ行っても「あっこのレジの姉ちゃんえぇで」吉本興業行っても居
てまんねん一人、松竹芸能行っても一人マドンナちゅうのん、皆が狙うのん
居てまんねん。米朝事務所には居てまへんねんこれ。みなお婆んばっかりで
んねん、米朝事務所。

 やっぱり一人居てると、こぉ花が咲きますわなぁ、なんかその子の話題で。
今やったらニュースや芸能とかいろんなんあるから皆が集まったら「安室奈
美恵がどぉのこぉの、赤ちゃんできて何とかやな」とかいろいろ話題があり
ますがね、昔なんか新聞ない、テレビラジオないでしょ、話題なんかあれへ
んでんがな。

 ほんならもぉ、その村の別嬪さん、女の子の話題しかない。ここにござい
ましたのがあんた、玉ちゃんといぅ滅茶苦茶別嬪でございます。もぉ男が寄
るとこの玉ちゃんの話をしとるわけですが。

●ほ〜らどいつもこいつも、オモロイ顔並べて集まってけつかんなぁ。お前
らこないして寄ったら玉ちゃんの話してんねやろ、せやろ、玉ちゃんの話や
ろ。玉ちゃんの話やったら悪いけど諦めてもらおか▲何でお前、玉ちゃん諦
めなあかんねん?●何でてお前、俺が「うん」と言わしたんやないかい。

▲ホンマかい? お前、玉ちゃんを「うん」言わしたんか、そらお前、いつ
の話や?●こないだこないだ、俺、畑でな、野良仕事をしてたんや。ほんだ
ら玉ちゃんがな、手拭でこぉ姉さんかむりしよってな、赤い湯巻(いまき)出
して弁当下げて、様子してこぉやって歩いとんねん。俺、下から声かけたっ
たんや。

●「お〜い、玉ちゃん」て、こない言ぅたら「まぁ、誰や思たら、こらアバ
バの茂平さんやおまへんか、えろぉご精が出まんな」て、こない言ぃよんね
ん「何を言ぃなはんねん、貧乏暇なし全然あきまへんわ。あんた、これから
どこ行きなはんねん?」「わたい、これからお父さんのところへお弁当持っ
て行きますねんわ」

●「さよか、弁当やったらまだちょっと時間がおまんがな、下りて来てわた
いの横でちょっと一服していたらどないだ」て、こない言ぅたったら玉ちゃ
ん「さよか、ほんなら、お言葉に甘えさしてもぉて、下へ降ろしてもぉて休
ましてもらいますわ」言ぅて、お前、玉ちゃんが堤をタラタラタラァ〜ッと
下りて来よんねや。

●俺は下りて来ぇへんと思てたんや、それが下りて来よるわけや、俺はどな
いしたらえぇ?▲知らんがなそんなもん、好きなよぉにしぃな。どないして
ん?●そんなもんお前、玉ちゃんが下りて来てくれたんや、おら三尺下がっ
て土下座したなぁ▲大名のお通りやなぁ、おい。それからどないしてん?

●さぁ、俺の横へベチャベチャッと座ってくれよってな「茂平はん、済んま
へんけど一服よんどぉくなはれ」と、こない言ぃよるさいかな「さぁ、吸ぅ
とくなはれ」煙草入れとキセルをポ〜ンと放り出したったらお前、美味しそぉ
に二服吸いやがってな、三服目キザミを付けてやで、火ぃ着けてくれて、吸
い口をこぉ袂でギュ〜ッと拭いて、俺に「どぉぞ」ちゅうて出してくれよん
ねん。

●俺そこでな「えらい済んまへんなぁ玉ちゃん、わたい煙草嫌いだんねん」
て、こない言ぅたったんや、ほな玉ちゃんが「まぁ、煙草の嫌いなお方が、
こんなキセルや煙草入れを持ったりしますかいな」「さぁ、そこでんがな。
あんたが親切でくれる煙草やったら、何も吸い口は拭かいでえぇやないか」
と、こない言ぅたったんや。

●ほな玉ちゃん「まぁ、わたし汚いと思て拭いたんですわ、拭いたんがいか
なんだら、今度は拭かずに出しますわ」言ぅて、舐(ねぶ)って出してくれよっ
たんや。ここに唾の泡二つ付いたんねんで、これ落としたらもったいないや
ろ、落とさんよぉにズズ〜ッ……、舐めたら甘露の味がした。

▲お前はアホと違うか、女の唾なんか舐めて喜ぶな●そんなこと言ぅなお前、
玉ちゃんの付けてくれた煙草やで、二度とこんなことはない思て、思いきり
吸ぅたってん。プカ〜ッ、プカ〜ッ、プカ〜ッ、プカ〜ッ……、もぉ頭クラ
クラクラクラしてんねん、酸欠や思うわ。

●それでもプカ〜ッ、プカ〜ッ、プカ〜ッ、ここで灰がピョンッ、ピョンッ
踊っとぉるねん。この灰ほんのんもったいないやろ、手の平へポ〜ンと上げ
て食てしもたってん▲そんな煙草の灰なんか食たりすな●かめへん。でな、
わい玉ちゃんに聞ぃたったんや「玉ちゃん、聞きゃなんでも京都の方のお屋
敷に奉公してたっちゅやないかい、こんな田舎へ帰って来たら土臭そぉ思う
やろな」て、こない言ぅたら。玉ちゃんどない言ぅた思う。

●「何おいる、なんぼ京がえぇとおいたかて、住めば都と言ぅて我が土地ほ
どえぇとこおへん……、え、我が土地ほどえぇとこおへん……、え」いっぺ
んギュ〜ッと抑えよんねん「『我が土地ほどえぇとこおへんえ』ちゅうとこ
みたら、玉ちゃん、この村に誰ぞ好きな男いてんねんな?」

●「そらわたいかて、木の股から産まれたんやあるまいし、好きなお方の一
人ぐらいはいてますけど『成るは嫌なり思うは成らず』と言ぅて、ただ辛気
にボ〜ッと暮らしてますわ」「それやったら玉ちゃん、誰なら誰と言ぃなは
れ。及ばずながらわたいがお取り持ちさしてもらいまんがな」「まぁ、うま
いこと言ぅて、あとで赤い顔さそ思て」

●「誰が赤い顔さしますかいな。思い切って言ぅてみなはれ」「それやった
ら言ぃますけど、わたいの好きなお方といぅのは……、あぁそれそれそれ、
真ぁ鼻の先でおますわ」真ぁ鼻の先で……、おますわ……、俺や俺や。何ぼ
俺がデレスケでもやで「ほな玉ちゃん何ですか、わたいですか」て、ちょっ
と恥ずかしぃて言われへんがな、そやろ。せやからわざとトボケてな。

●「真ぁ鼻の先と言ぅたら、あぁ向こぉにある松の木ぃか?」て、こない言ぅ
たったら玉ちゃん「まぁ、そんな松の木ぃやなんかに惚れたかて、しょ〜が
ないわ」「ほな、今あんたが下げてきたお弁当か?」「お弁当や松の木ぃに
惚れたかてしょ〜がないわ。こいだけ言ぅたら、あんたも推量してくれたら
どぉいな」っちゅうてお前、わいの太股をギュ〜〜ッ!

▲い、痛タタタッ! お前、人の太股つねるな、痛いやないかい●えらい済
まん。こないなったらもぉ間違いない思てな、ちょっと大胆になってな、玉
ちゃんの胸元へちょっと手ぇの先入れてな「玉ちゃん、これ奥までズ〜ッと
入れさしてもぉてもえぇか?」っちゅうたら、何と俺の手ぇを上から玉ちゃ
んがソ〜ッと包みよって

●「そんなこと、えぇか悪いか尋んねんかとて、あんたに任した体じゃもん、
どぉなと信濃の善光寺さんは、こないだも阿弥陀池にご開帳があったやない
かいな」ちゅうてねぇ〜▲いっぺんよだれ拭けよだれ、ボットボトになっと
るやないかおい……、ホンマに玉ちゃんがそんなこと言ぅたんか?

●さぁ、言ぅた思て目ぇ覚ましたら夢やないか▲そんな長い夢見るなアホ、
途中で目ぇ覚ませホンマに。聞ぃててイライライライラしてきたわ。当たり
前じゃ、あけへんあけへん、お前らはな、夢で見んのが関の山。お前らに玉
ちゃんが「うん」言ぅたりせぇへんわいッ!

 若いもんがワァワァワァワァ言ぅとりますと、今度向こぉから一人出てま
いりました男、これがなかなか苦みばしった男前でございます。研ぎたての
ピカピカの鎌を持ちよってね、男の集まってるとこへ踊りながら来るやつが
いてる。

■(♪ヨイトサッとコラサッと、ヨイヤサッとコラサッ……)ほ〜ら、どい
つもこいつもオモロイ顔並べて集まってけつかるなぁ。どぉせこないして寄っ
たらお前ら、玉ちゃんの話してんねやろ。玉ちゃんの話やったら悪いけど諦
めてもらおか、俺が「うん」と言わした▲またこんなやつ出て来よったでお
い……、お前かて夢の話やろ。

■アホぬかせお前、俺は夢やないで。いんまのいんま、ホンマのいんま、そ
この土橋の上で玉ちゃんに会ぉたんや「玉ちゃん、えぇとこで会ぉたなぁ、
いつも雨の降るほど手紙を出してんのに、色よい返事をしてくれん。ここで
『うん』と言ぅたらえぇけどな『いやや』言ぅてみぃ、この鎌がお前のどん
腹にグサ〜ッとお見舞い申すんや。

■さぁ『うん』と言ぅてくれるか、それとも『グサ〜ッ』にするか、それと
も『うん』と言ぅか『グサ〜ッ』にするか『うん』と言ぅか『グサ〜ッ』に
するか『うん』と言ぅか『グサ〜ッ』にするか『うん』か『グサッ』か『う
んグサ』か?」っちゅうて聞ぃたったんや。

▲ケッタイな聞きよぉやなぁお前、どない言ぃよったんや?■玉ちゃん「う
ん」や言ぃよってんで「よっしゃ『うん』ならこっちおいで」竹薮へビャ〜ッ
と連れて行たろと思たらお前、可愛い声出しよってなぁ「まぁ、昼日中から、
そんなやらしぃことせんかとて、今晩裏の切り戸を開けときまっさかい、忍
んで来てくれたらその時に『うん』と言おやおまへんか」やなんて ♪あッ、
おいらは今晩、玉ちゃんところへ忍んで行くよ、よだれが出てくる、嬉しぃ
な。あッ、お先にごっつぉさん……

▲「お先にごっつぉさん」言ぅとるでおい、無茶苦茶やで。あいつ、鎌で玉
ちゃん「うん」言わしよったんや、無茶苦茶や。

 ホンに無茶苦茶でございます。玉ちゃんは「嫌や」言ぃたかった、「嫌や」
言ぅたら鎌でバ〜ッいかれますからね、もぉ怯えて「うん」言ぅてしもた。
玉ちゃん泣きながらうち飛んで帰りよった。

●どぉしたんえ、玉ちゃん? そないあんたみたいに泣いてばっかりいてた
ら、お母ちゃん何のこっちゃ分かれへんがな、せやろ。何があったんや、泣
かんとお母ぁちゃんに言ぅてみなはれ、泣いてたら分かれへん、何があった
んや? お母ちゃんに言ぅてみなはれ。ふん……、ほぉ……、まぁ、そぉか、
恐かったやろ。よぉ逃げて帰って来なはった、ちょっと待ってなはれや……。
あんた、あんたッ!

◆何じゃい?●「何じゃい」やあれへんがな、今うちの玉ちゃんが……◆ふ
ん……、ほぉ……、そら何をぬすねん。大事なひとり娘やないかい、村の若
い衆の慰みもんになってたまるかい。何ぃ〜、その男、今晩忍んで来よる?
何をさらすねん、ちょっと待て、わし何か考えたる、なんかえぇ方法ないか
いなぁ……

◆よしッ、こぉしょ〜。日が暮れたらな、わし外へ回って外から中の様子見
てる。何かあったらダ〜ッと入って行ってボ〜ンッいったるから心配すな。
せやから、わしの部屋へお玉寝かしとけ。わしの部屋やったら怖がって誰も
入って来ぇへん。わしの部屋へお玉を寝かして、お玉の部屋へこないだ博労
してきた気の荒い牛があったやろ、あれ連れて来てゴロッと寝かしとけ。

●そんなことしたらお父っつぁん、角で突かれてしまいまっせ◆かめへん。
あいつらはそれぐらいの方が、骨身に入ってえぇねや、そぉせぇそぉせぇ。

 さぁ、それから日が暮れますと、お父っつぁん外へ回って中の様子見てま
す。お父っつぁんの部屋へ玉ちゃんを寝かします。玉ちゃんの部屋へ敷布団
持って来てパッと敷(ひ)ぃて、博労してきた牛ゴロッと寝かします。牛、い
つも藁です。今日は布団やからえらい喜んどぉる。

 「何でこんなことしてくれまんのん? 今日わたしの誕生日ですか? 掛
け布団もかけてくれまんのん? 何や書いたぁる……、大阪西川。ほんなら
休ましてもらいます」

 さぁ、牛、ゴロッと横になって寝てしまいます。右の男、こんなことは知
りまへんはなぁ、玉ちゃんとこへ行たらないかんちゅうんで、手拭で頬かむ
り、鼻の先でギュ〜ッと結びよって、こんなとこへ手ぇ入れよってね、色事
師ぃの隊長は俺でござい、てな顔して喜んで玉ちゃんとこやって来よる。

■ヘッヘッヘッ ♪てとろしゃんしゃんで、ななめっこほいほい。北国屋の
庄さんできたしょ〜、笹屋の佐っ助さんで、さっこらさのさ。あっ、いっと
ろっとはっとにっと、ほへとさっさ……

 何やわけの分からん唄歌いながら入って来よった。

■お玉の家の裏へやって来た、この切り戸や。これ開いてたらえぇけど、こ
の切り戸開いてなかったらサッパリワヤやでおい、切り戸開いといてくれ頼
むで……♪きり〜どが、どぉじゃ(ギ、ギ〜〜ッ)開いてるがな開いてるが
なおい「嫌やいやや」言ぅてたけど、開けて待っるところをみたらお前、ま
んざらでもないらしぃわい。

■玉の居間は台所の次の間、こっから忍んで、あ、そぉじゃ、そぉ〜じゃ〜。

 アホ、独りで暗闇で芝居しとぉる。

■うわぁ〜、真っ暗やないかいおい、何にも見えへんなぁ……、灯りの一つ
ぐらい付けといてくれたらえぇのに、俺来るのん分かったぁるんや(ボコッ)
痛っ! えらいとこへ柱出たぁる、ひとつ間違ごぉたら命懸けやでおい……、
障子が閉まってるやないかいひょ〜しの悪い。

 「まぁえぇ、そぉ〜ッと開けたろ」取り合いの障子をばス〜〜ッ……

■玉ちゃん、来たぞ……、玉ちゃん、どこに寝てんねんおい? 暗ろぉて分
からへんやないかい、玉ちゃんどこに寝てんねん? (グハ〜ッ……)こぉ
らまた、えらい鼻息やなぁ玉ちゃん……、玉ちゃん暗ろぉて分からへん、玉
ちゃんどこで寝てんねん?

■よぉ寝てるなぁ玉ちゃん……、今さら布団めくったさかいといぅて「キャ」
とか「ピャ」てなこと言ぅなよお前、静かにしといてくれよ。布団、めくら
してもらうわ……、玉ちゃん、玉ちゃん、何やえらいモヘモヘやないかい、
どないしたんや? あんたえらい毛深いなぁ玉ちゃん……

■あぁそぉか、可愛い一人娘、布団一枚で風邪ひかしたらいかんちゅうんで、
下に毛布着してもぉとんねん、可愛がってもぉてるなぁ玉ちゃん……、ほな
毛布もとらしてもらうわな、玉ちゃん……、この毛布、端がないやないか端
が、どないなったんねん?

■どぉでもえぇけど、えらい太いなぁお前、寝太りかおい? 玉ちゃん、頭
どっちや? 黙ってたら分からへんがな、玉ちゃん何とか言ぃな、玉ちゃん
頭どっちや? 玉ちゃん……、あぁこっち頭や、昼と夜と髪の形変えとるね
ん、お下げに結ぅとんねやないかい、嬉しぃなぁおい、ちょっと銀杏返しの
一つも結ぅといてくれたら……

■(ピシッ)痛いなぁ、恥ずかしぃのん分かるわい、恥ずかしぃのん分かる
けど、何もお下げで叩かいでもえぇやないかい(ピシッ)痛いなぁ、そない
パチパチしぃないな。玉ちゃん俺なぁ、前からお前のことが好きやったんや、
玉ちゃん……、玉ちゃんて……、何やねんこれ?

■何やえらいネチャネチャ、ベチャベチャしてるで。何付けてんねん……、
あぁ、鬢付けか、またこの鬢付けコテコテやなぁおい。玉ちゃんの付けてる
鬢付けや、さぞえぇ匂いがするやろなぁ、嗅がしてもらおか……、く、臭っ
さ〜ッ、臭っさいなぁおい、この鬢付け目に沁みるでおい、腐ってるぞ、変
えた方がえぇでおい。いやそんなことない、そんなことない。俺の鼻が下司
鼻やさかい、そんな臭いがすんねん……

■玉ちゃん、頭どっちやねんお前? 黙ってたら分かれへんがな玉ちゃん、
玉ちゃん……、玉ちゃん……、何やねんこれ? わ、分かった、こっち頭や。
簪(かんざし)差しとぉる、また太い簪やなぁおい。しかし、ウニコールの一
本笄(こぉがい)高いっちゅうことは聞ぃてるがな。

■俺が困ったときに「玉ちゃん、ちょっと都合してぇな」「へ、よろしおま
す。これ持って行きなはれ」抜いて投げてくれる。どこの質屋へ持って行て
も五両の値打あるで。五両あってみ、だいぶと遊べるで、嬉しぃなぁ。

■玉ちゃん……、おい、こっちにもあるやないかいお前、どないなったんね
んこれ? あぁ二本笄。一本五両、二本で十両。玉ちゃんいったい頭はどっ
ちやねん?

 グワァ〜ッと揺すった。何ぼおとなしぃ牛かてかないまへん。ンモ〜ッ!

■あぁビックリした!◆どいつやい? 人のうち上がって来るのわ■あッ、
玉ちゃんのお父っつぁん◆お父っつぁんやあるかいアホンダラ、やらしぃこ
と考えて、お玉の部屋へ忍んで来たんやろ。そぉはいけへんわい、代わりに
牛を寝かしといたんじゃ……。どぉじゃ、これでもまだ、忍んで来るか?


【さげ】
■いえ、相手が牛だけに……、も〜ッ来まへん。


【プロパティ】
 安室奈美恵(あむろなみえ)=沖縄県出身の歌手。1977年9月生まれ。1998
   年、20歳で男児出産。
 けつかる=居る。する。の意の下品な悪態口に用いる語で、ケツカルだけ
   でも「居やがる」の意であるが、さらに他の動詞に付いてその下品な
   言い方になる。サラス・クサル・ヤガルなどと同じ意に使用するが、
   この三つは動詞の連用形に付くのに対して、ケツカルだけはテに接続
   する。してケツカル。言うてケツカル。など。ケッカルともいう。
 湯巻(いまき)=ゆまきの行訛、腰巻きの意に用いた。
 様子する=もったいをつける。気どる。様子ぶる。
 キザミ=刻み煙草。
 デレスケ=馬鹿(栃木・茨城方言)。好色漢(東京方言)。のろま(北越方言)。
 〜いな=強調するための接尾語。
 信濃の善光寺=長野市にある寺。山号、定額山。七世紀初めの創建という。
   本尊は阿弥陀如来。古くから特定の宗派に属することなく、独自の信
   仰的存在として信仰を集め、善光寺詣でが盛んに行われた。ご本尊の
   阿弥陀如来は大阪堀江で発掘されたと伝わる。17世紀末に善光寺の出
   開帳が大阪で行われたこともあって、阿弥陀池への信仰が高まった。
   1698(元禄11)年に阿弥陀池に信濃善光寺の特別の末寺として和光寺が
   建立された。
 ぬかす=言う・ほざく。
 切り戸=くぐり戸。
 博労(ばくろう)=馬喰・伯楽。伯楽(はくらく)の転訛 1)牛馬の売買や
   周旋をする人 2)馬や牛のよしあしを見分けたり、病気を治したり
   した人。3)蹄に鎌形蹄刀をあて削蹄して歩きやすくしたり、焼きご
   てを上顎にあてて焼き顎を高くしないようにし、草をかみきりやすく
   したり、また尾の先に焼きごてをあて血液の循環をよくして白血球を
   増し病気を予防するなど、外科的な手入れを施し飼い易い状態にする。
 大阪西川=ふとんの総合販売チェーン店。1566(永禄9)年、西川仁右衛門
   が近江八幡で蚊帳を販売したのが始まり。1887(明治20)年前後、ふと
   んの製造販売に着手。1941(昭和16)年、株式会社大阪西川設立。2004
   (平成16)年、社名を西川リビング株式会社に変更。
 さっぱり=いっこうにダメなさま。
 ワヤ=駄目。失敗。無謀。滅茶苦茶。枉惑(わ[お]うわく:ごまかしだま
   すこと)の約訛という。ワウワク→ワワク→ワヤク→ワヤ? 「さっ
   ぱりわや」は散々な目にあった意味。てんやわんやのワンヤもワヤか
   ら移ったもの。
 取り合い=境界。境目。
 銀杏返し=幕末ごろ10代前半から20代未満ぐらいの少女に結われた髷型。
   京都では蝶々髷という。桃割れも銀杏返しの一種。
 鬢(びん)付け=鬢付け油:日本髪で、鬢を張らせたり、髪を固めて形づく
   るのに用いる固く練った油。生蝋を植物油で練って香料を混ぜたもの。
   固油(かたあぶら)。
 下司=品性が下劣なこと。また、そのような人やさま。
 ウニコール=一角鯨の牙。象牙に似た色艶。江戸時代は解熱薬として用い
   られた。
 アホんだら=タラはグウタラなどの軽蔑の意を込めた接尾語。アホタレの
   タレも同じ。馬鹿野郎の意味ではあるが、どこまでも柔らかく間が抜
   けている。約まるとアンダラ。
 音源:桂ざこば 1998/07/10 枝雀寄席(ABC)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=桂ざこば sub=桂春団治  ●main高座記録日:1998/07/10  ●番  組  名:枝雀寄席(ABC)  ●ファイル公開日:1999/03/28  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2006/09/03  ●リクエスト数:rakug153  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次