【上方落語メモ第4集】その152

有 馬 小 便


【主な登場人物】
 おまはん  あの人  男連れ客  母娘客

【事の成り行き】
 世の中には想像もつかん商売があります。というのは嘘です。想像できる
からこそ商売になるわけです。インターネット上は特に「何でも有り」の世
界らしく、娑婆で手に入らないブツであろうが人であろうが何であろうが、
売って無いものが無いというから驚きます。

 昔観た「マル査の女」の中で、1等の当たり宝くじを賞金+αで売る商売
というのがありました。脱税を心掛けてる高額所得者に売るんやそうです。
宝くじには税金が掛からんので、+α円でロンダリング(浄化)されるのだと
か(1999/03/14)。

             * * * * *

 え〜、遊び場所の多い中のお運びで感謝でございますが、どぉぞおあとお
楽しみに、軽くお付き合いをいただきたいと思います。

 昔も今も銭儲けといぅのはなかなか難しぃよぉですが、このお噺は日本が
戦争に負けて、まだあまり復興してなかった、といぅよぉな時代のお噺をお
付き合い願いますが。

■さぁさ、こっち上がんなはれ。おまはん、商売をしてたっちゅうが、どな
いや?●いやぁ、どないもこないも、えらい損しましてなぁ、へぇ。やっぱ
りわたいら、元がおまへんさかいなぁ■それがいかんがな。なぁ、元があっ
て金儲けすんねやったら、金持ちば〜っかりが金儲けをして、貧乏人はいつ
までも貧乏してんならん。いやいや、そんなこと言ぅてるさかいあかんねん
で、昔から人がよぉ言ぅやろ「裸でもの落としたためしがない」と。

●へぇ、あんたそない言ぃまっけどな、わたいこないだ、裸でもの落とした
んだ■ほぉ〜、裸でもの落とした? 何落としてん?●へぇ、こないだ風呂
でオナラ落とした■よぉそんなアホなこと言ぅてんなぁ、いやいや、そんな
話と違うがな。おまはんがな、そぉやって遊んでんねやったら、何か商売を
教えてあげよか●へぇおおきに、わたいにやれるよぉな商売おますか?

■そぉやなぁ、まぁこの日本の国も独立国、平和な国になってきたけど、ま
だまだな、爆撃の跡がそのまま、大火の跡がそのままと、まぁ資材の関係で
復興が遅れてるなぁ。われわれとしても一番先に復興さしたいんが何といぅ
ても娯楽地、温泉地やなぁ。また、温泉地といぅても昔のよぉに二階に便所
がある風呂があるといぅほどまだまだ設備が行き届いてない。

■また、あぁいぅとこへ遊びに行く人、こらまぁ金を持ってるわなぁ、懐に
ど〜っさりと金を入れて可愛い女の人でも一緒に連れて行きなはる。せやさ
かい、この設備の無いのはかなわん。そぉいぅ人がわざわざ二階から下へ小
便しに降りぃでも、二階に居ながらにして小便さしてあげよぉと思うねけど
なぁ。

●ほぉほぉ、なるほどねぇ。ほなまぁ、早い話がそれ「小便さし屋」てなも
んでんなぁ■「小便さし屋」はちょっとおかしぃと思うけどもなぁ●ほなそ
れどないしたらよろしぃ?

■せやなぁ、二間の竹をばこぉ節を抜いてしまうねやなぁ。で、右手に小便
担桶(たんご)を持って出て行く。二階から小便さしてくれといぅ人があった
ら、竹の先を小便担桶に入れて、片一方の筒の中へ小便してもらうわけや。
で、したら金をもらう。溜まった小便はまた肥料にして売る。と、まぁ二重
に金が儲かるちゅうわけやなぁ。

●はぁ〜、なるほど、えらいボロイ商売ですなぁ……。でそれ、何ぼほども
ろたらよろしぃ?■そぉやなぁ、こんな商売やってる人ないさかいなぁ、わ
しゃまぁ、十六円でえぇとは思てるけどなぁ●へぇへぇ、十六円ねぇ……、
あのどぉいぅわけで十六円です?■いや「どぉいぅわけで十六円」言ぅても、
こらやっぱり十六円やろなぁ。

●十六円とやっぱり半端な数字でっしゃろ、その半端な数字を決めるにはや
はり根拠が要りまっしゃろ、その根拠を聞ぃてまんねん。何で十六円でんね
ん?■いや「何で十六円」て、お前ホンマに分からんのか? 世間みな分かっ
てんで、分からんのん? ほな言ぅけど怒りなや。えぇか、言ぅで、シシの
十六や。どや、文句あるか?

●いや、別に文句はおまへんけど……、ほなわたいこれやらしてもろてよろ
しぃか■やってもかめへん、その代わり言ぅとくで、やる限りは一生懸命や
りや●へッ、おおきに、さいならごめん。

             * * * * *

 この男、喜んで帰ります。明くる朝、ハッピ、腹掛け、小粋な風をいたし
まして、二間ほどの竹をばこぉ節を抜いてしまいまして、右手に小便担桶を
持って、出てまいりましたのが有馬の温泉町。金儲けといぅのが頭にありま
すから、気持ちよぉ歩いてます。

●なるほど、しかしまぁ親切な人やなぁ、あの人は。人が遊んでるっちゅう
たら、こぉやって仕事まで考えて世話してくれはんねん。けど、世話したあ
といつも「損したぁ、損したぁ」てなこと言ぅてぼやいとぉる……、えらい
ことしたぞ、せっかく出て来たんやけど、肝心の立前を聞ぃてくるのん忘れ
たなぁ。

●しかしこんな商売、いままで見たこともないしなぁ、見たことも聞ぃたこ
ともないっちゅうやっちゃで。どない言ぅて歩いたらえぇや分からんなぁ、
え〜ッ、誰ぞ、ションベンの溜まってる人おませんか?

●溜まってるさかいいぅて待ってる人もないか、え〜ッ、ションベンのした
がってる人、これもおかしぃなぁ……、え〜ッ、二階からションベンさしま
ひょか、これえぇわ、これでいったろ……、え〜、二階からションベンさし
まひょ。ションベンのご用はおまへんか? え〜、どっからでもションベン
がでけまっせ。

             * * * * *

▲徳さん、あんた何を考えてまんねん? いぃえぇな、何もこれ、考えるほ
どの将棋やおまへんであんた。早よいきなはれ★そぉヤイヤイ言ぃなはんな、
いくのは分かってますがな。だいたいねぇ、将棋てなもんはゆっくり考える、
これが楽しぃ……、分かってるヤイヤイ言ぃなはんな。いくの分かってまん
ねんけどね、わてもぉ、さっきからションベンがしとぉて難儀してまんねん。

▲変わってるなぁこの人は、ションベンがしたかったらあんた、下行ってし
てきたらよろしぃがな★さぁ、あんたそない言ぃまっけどな、わたいが下ま
でションベンしに行ってるあいだに、あんたが駒ちょっといろたら、わたい
負けてしまう▲そんなずるいことしますかいな。早よ下行ってションベンし
といなはれ。

●え〜ッ、二階からションベンさしまひょ。ションベンのご用はおまへんか?
え〜ッ、どっからでもションベンがでけまっせ。

▲徳さんちょっと、ちょっと待ちなはれ。何やケッタイな商売出て来ました
で。いぃえぇな「二階からションベンさそ」言ぅてまっせ★そんなアホなこ
と言ぃなはんな、人がションベンしとぉて難儀してんのに、からこぉたりし
なはんな。

▲いえ、わたし、からこぉてるわけやおまへん、こんなん初めてですわ。どぉ
です、何やったらいっぺん呼んだげまひょか?★あさよか、ほなまぁ、話の
タネです、ちょっとやってみまひょか▲ちょっと待ってなはれや……、お〜
い、ションベン屋、ションベン屋●へッ?▲こっからでもできるんか?

●へぇへぇ、どっからでもでけまっせ▲ちょっと待ってや……、徳さん、こっ
からでもできる言ぅてまっせ★あぁさよか、えらい済んまへん。お〜い、ど
ないしてしたらえぇねん?●へぇ、仕方、割に簡単でおま、この筒の中へな、
あんたの筒をはめて、してもろたらよろしおまんねん。

★ほほぉ、えらい面白いこと考えてきたんやなぁ。ほなそれ、こっちかして
くれるか……、えぇ具合に穴があいてますわ、おい、この穴へしたらえぇね
んな? よっしゃするで、もぉえぇか、いくで? い、痛いいたい、こらッ!
下から押すなお前。無茶すなよ、もぉちょっとで先ケガするとこや、ちゃん
と自分で入れる……

★ん〜ん、こらなかなか、よろしぃわ。ちょ〜どこの穴がわたいのんに合ぉ
てますわ、こらなかなか結構で。ションベンさえしたらね、負けるよぉな将
棋やおまへんねさかい……、とは言ぅたもんの、えらいとこへ桂馬打ちなはっ
たなぁ。

★へ〜「桂馬のフンドシ」っちゅうやつでんな。このフンドシを掛けてわし
の飛車か金を狙ろてまんねんな。何とかしてこのフンドシをハズさなあきま
へんなぁ●あの大将、済んまへんフンドシは外してからしとぉくれやす、ビ
チャビチャになりまっせ。

★違うちがう、お前に言ぅてるのんと違う、いや、ションベン屋が入ってき
まんねん話に、勘違いしてまんねん将棋と。違いまんがな、この桂馬でんが
な「桂馬が邪魔やなぁ」言ぅてまんねん。ホンマにもぉ、邪魔んなる桂や、
このケェわ!●えらい毛深いと見えまんなぁ……、邪魔んなるほど生えてま
んのか?

★違うッ、お前なんでそぉやっていちいち入ってくんねん。みてみぃお前、
そんなこと言ぅさかいションベン止まってもた。もぉえぇわ、何ぼや?●あ、
もぉ終いでっか、割と早よおましたな。済んまへんねんけどな、十六円いた
だきとおます。へ、そのな、筒の中へ入れて欲しおまんねん。ちょっと待っ
とくれやっしゃ……

●あッ、ああ(チャッポンッ)言ぅてまっしゃないかいなあんた「ちょっと
待って」ちゅうてんのに、あんた入れるさかいションベンの中、入ってもた
がな。いやいや、よろしぃよろしぃ、洗ろたら元の金「汚のぉ働いて奇麗に
食え」っちゅうことがおます。ほなあの、もぉひと回りしまして、また溜まっ
た時分に寄せてもらいます。おおき、さいなら。

●ハッハッハッ、これで十六円儲かった、えらいオモロイなぁ。もぉひと回
りしてみよか……、え〜ッ、二階からションベンさしまひょ。ションベンの
ご用はおまへんか? え〜ッ、どっからでもションベンがでけまっせ……

             * * * * *

▼あの〜、お母ぁちゃん、わてもぉさっきからオシッコしとぉて難儀してん
ねやわ、お母ちゃん◆せやさかい言ぅてまっしゃないかいな、あんたオシッ
コ近いねやろ「朝起きたら、顔洗う前に先に便所行ときなはれ」ちゅうてん
のに、あんたが行かへんさかい悪いねん。

▼そぉかて、わてかてこんな便所の長い人やと思てへんもん、お父ちゃん。
嫌やわぁ、オシッコしたいわぁ、出かかってんねやわ、お母ちゃん◆そんな
こと言ぅたかて、こんなとこでオシッコなんかでけしまへん。

●どっからでもでけます。ションベンのご用はおまへんか? え〜ッ、二階
からションベンさしまひょ……

◆ちょっと待ちなはれ……、オシッコ屋さ〜ん、オシッコ屋さ〜ん●へ◆あ
の、こっからでもできまんのんか?●へぇへぇ、どっからでもでけま。この
筒の中へな、してもぉてよろしまんねん◆えらい済んまへん、ほなあの、さ
してもらいまっけどな……、あの上見んよぉに、下見てとくなはれな。

●あさよか、へぇよろしおま。上見んよぉに下見ときます、早よしとぉくれ
やす◆早よしなはらんか▼そぉかてお母ちゃん、わて、こんなとこオシッコ
したことない◆誰かてしたことあらしまへん。誰ぁれも見てしまへんがな、
早よしてしまいなはれ▼そんなこと言ぅけどお母ちゃん、これやっぱりなぁ、
しにくいでこれ。なかなかやっぱり、ジュッと出ぇへん。

●あのねぇ、上でゴジャゴジャ言ぅてんと、下で持ってるもんの身ぃになっ
て早よしとくれやす。ほんで言ぅときまっせ、外へこぼさんよぉにね、ちゃ
んと穴の中へしとくれやっしゃ。いや、あの……、え、えぇ? 言ぅてまっ
しゃろ、ちゃんと、あ〜あ、顔へかかってしもたがな……。あぁ、女ごの人
でっかいな……


【さげ】
●こんなんやったら、ジョ〜ゴ持って来たらよかった。


【プロパティ】
 小便担桶(しょうべんたんご)=肥え桶。だが、子どもの頃、ドツボ(肥溜)
   のこともショ〜ベンタンゴと言った記憶がある。
 ぼろい=うまみのある・魅力的な・はなはだ有利な・口銭(こうせん)の多
   いなどの意。役に立たなくなった布、衣服を襤褸(ボロ)といい、そん
   なボロを売って儲けるところから「ぼろ儲け」それから派生して「ぼ
   ろい」が単独の言葉となった。ボロ勝ち、ボロ負け、ボロクソ。
 有馬=有馬温泉:神戸市北区、六甲山地の北側、有馬川渓谷沿いの温泉地。
   畿内最古の温泉。上代から知られる。京阪神地方の避暑・保養地。泉
   質は食塩泉。
 ボヤク=つぶやく。ブツブツと不平をいう。また、小言をいう。
 やいやい=せわしく繰り返して求めるさまをいう。やいのやいの:やいや
   いと、しつこく請求するときに用いる。
 ケッタイ=妙な・変な・へんてこな・おかしな・奇態な・嫌な・不思議な
   など、実にいろいろな意味を含んだケッタイな言葉。エゲツナイと並
   んで上方言葉の両横綱。怪体とも奇態とも希代とも卦体とも当てる。
 じょうご=漏斗:口の小さい容器に液体を入れるときに使う道具。円錐状
   の上部の底が筒口になったもの。ろうと。
 音源:桂春若 1998/04/26 兵庫寄席(SUN)



【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=桂春若 sub=*  ●main高座記録日:1998/04/26  ●番  組  名:兵庫寄席(SUN)  ●ファイル公開日:1999/03/14  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2006/08/20  ●リクエスト数:rakug152  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次