【上方落語メモ第3集】その143

手 水 廻 し


【主な登場人物】
 田舎旅館の主人  板場の喜助  大阪の客人  隣り村の源助ほか

【事の成り行き】
 最近「スキルアップ」という言葉をよく耳にします。日本語に直すと技能
向上とでも言うのでしょう。流行のようです。だいぶ以前になりますが「シ
ビア」という言葉が流行ったこともありました。過酷な〜、という意味です
ね。

 どういう場面で聞くかというと、ビシッとした背広を着て、書類鞄を携え、
一見、第一線営業戦士風の方とお話をしている時に耳にするようです。

 英語力の貧困さゆえ意味が分からず、それでも分かったような振りをして
相槌を打っていました。最近は図太くなったのか、分からない外来語は意味
を尋ねることにしています。しかし、尋ねた相手が日本語に置き換えられな
いとどうにもなりません。辞書をシコシコ引きます(1998/12/31)。

             * * * * *

 今ほど人の行き来が盛んやなかった時代には、藩が違えば言葉も違うといぅ
ほど違ごたもんやそぉで、分からん言葉が多かった。上方では朝、顔を洗ろ
たりすんのを「手水(ちょうず)を使う」と、こぉ申しますなぁ「うがい手水
に身を清め」ちゅなことを言ぅたりもします。

 まぁ、昔の手水の使い方なんていぅのは只今のよぉにですね、こんなとこ
へ歯ブラシでグ〜ッやるていぅよぉな、そぉいぅことはいたしませぇで、ふ
さ楊枝でチチチチッとこぉやりまして、お塩で歯茎のところをググググッと
こぉ擦り込んだりなんかいたします。

 で、銅(あか)の金ダライか何かにお湯が入っているのをこぉすくぅて、グ
ルルルペッ、とぉこやる。で、顔を洗いまして手拭で拭きまして、手水を使
うといぅよぉなこと。で、これをこちらへ用意してもらうのを「手水を廻す」
てな言ぃ方をしていた、そんな時代の噺でございまして。

◆あ〜ッ、気持ちがえぇなぁ。大阪の街中で商いするだけやなしにこぉいぅ
遠い所へ来ると、まことに空気もえぇし、静かなもんやなぁ、鳥の声で、朝
目が覚めるといぅのはえぇもんや。同じ鳥でもなぁ、掛け取りやら借金取り
の声では目が覚めても気持ちが悪いわなぁ。

◆あぁ、庭の緑がまことに綺麗ぇな、そぉや、この緑を見せてもらいながら、
この綺麗ぇな所で手水を使わしてもらおかなぁ(ポンポンッ)どなたか居て
ますかいなぁ……(ポンポンッ)どなたかお願いします★へ〜いッ……。い
やぁ、お早よぉごぜぇますだ。夕べはすぃっかり眠れたけぇ?

◆あぁ、夕べはしっかり休ましてもらいました、ありがたいこっちゃ。いや
いや、今もな、起き抜けにこぉ庭を見せてもらうとまことに綺麗ぇなんで、
悪いがなぁ、ここへ手水を廻してくれますかな?★へッ? 何でがす?

◆いや、ここへ手水を廻しておくれ★はぁ……、大阪のお客さま、あのぉ、
チョ〜ズば廻すでがすか?◆はぁはぁ、そぉそぉ、手水を廻しとくれ★へ、
へへッ、ちょっくらお待ちなすってねぇ。

             * * * * *

★旦さま、旦さま■何だねぇ?★大阪のお客人(きゃくずぃん)が、わたすさ
呼んで「チョ〜ズさ廻してけれ」と言ぅとるんだがねぇ■なにぃ?★「チョ〜
ズさ廻してけれ」って■「チョ〜ズさ廻せ」って、大阪の客が……? それ
は板場の喜助の仕事(すごと)だ、喜助に言ってけれ★板場の喜助さんにねぇ、
ん、分かった……

★喜助さん、喜助さん●何だねぇ?★あのぉ、大阪のお客人がねぇ「チョ〜
ズ廻してけれ」言っとるよ●あ〜ん? そんな料理は作ったことがねぇ★い
や「料理作ったことねぇ」と言っても、旦さまが「これは喜助だっど分かる
で、喜助に聞けぇ」と、言ぅとるよ●そんな、分がんねぇ俺わ。旦さん言っ
とるかね? じゃあ、旦さまに聞くべぇ……

●旦さまぁ■あぁ、何だねぇ?●「チョ〜ズば廻す」といぅ料理は作ったこ
とがねぇすよ■おみぃも、分かんねぇのか? 実は、俺も分がんねぇからな、
おみぃだったら分かるかと思って言ったんだが。そぉけ、分かんねぇのか。

●何でがしょ〜なぁ?■ん〜ん、こりゃ困ったなぁ……。すかすまぁ、困っ
た時にはいつも山寺ズク念寺の和尚が居っから、和尚に聞ぃてみりゃ分かる
わな●そぉだにぃ、旦さま、そんじゃまぁ、ズク念寺の和尚に聞ぃてみっか。

 二人がやってまいりまして、

■和尚さま、おしょさま▼ん? あぁ、これわこれわ、二人揃ろぉてどぉし
たんじゃ?■いやあのぉ、大阪の客人が泊まってなぁ、喜助、あれ何だった
かなぁ?●あの「チョ〜ズば廻す」でがす■そだそだ、あの「チョ〜ズば廻
してけれ」と言ぅんだが、何のこったか分かんねぇんで、これは和尚さまだっ
たら分かるんでねぇかと、二人で相談して、今来たんだ。

■「チョ〜ズば廻す」って、何のこったね?▼んん、ん〜ん、何廻すって?
■いやあの「チョ〜ズを廻す」って▼「チョ〜ズ」ねぇ、チョ〜ズだろぉ、
チョ〜ズ……、あッそぉだ■分かるけ?

▼これはおめぇ、隣り村の源助のことだ■源助が何かしたけ?▼源助の頭さ、
おめぇ知ってるか? 長げぇ〜頭だ、ホッカムリがでけねぇぐらいの頭だ。
長げぇ頭、長頭(ちょうず)だ。なッ、それを廻すところが見てぇと、こぉいぅ
ことだ。

■そんなもの廻して、面白いのけ?▼大阪まで、それは長げぇ頭が評判になっ
たんでねぇか■そぉかにぃ、なまぁ、源助さぁ呼んだらえぇかね▼あぁ、そ
れがえぇ、そして廻せばえぇだけのことよ■そかそか、どぉもありがとぉ。

 呼ばれて、隣り村から源助さんといぅのがやってまいりました。申し上げ
たよぉにホッカブリがでけんぐらいの、長ぁ〜い頭でございます。大阪のお
客さんの座敷へ入ってまいります。

             * * * * *

▲ちょっくら、ごめんなすって◆わわ、わッ、ビックリした、えらい頭の長
い人が入って来はった……。さっきこのな、宿の女中さんにお願いしたんや
けど、ちょっと手水を廻しておくれ▲ヒヒヒヒッ、俺みたいなもんでもえぇ
かねぇ?◆あんたで結構ですわ、手水を廻しとくれ。

▲フフ、フフッ、ホントに俺でえぇのか?◆何言ぅてんねんな、あんたでえぇ
ねや廻しとくれ▲イヒッ、ではちょっくら、ごめんなして……。グンル、グ
ンル、グル、グル、グルグルグルグル……、チョ〜ズをまわす……、グゥル
グゥル廻す……、チョ〜ズをまわす……、グゥルグゥル廻す。こんなもんで
どぉでがす?

◆何をしてんねやな? 早よぉ、手水を廻してぇな▲速くに廻すでがすか?
ン〜ン、ン〜ン……、ビュン、ビュン……、ビュ〜ン……、こんなもんでどぉ
でがす?◆何をしてんねんな? ちゃっちゃと廻してぇな▲ちゃっちゃと廻
すでがすか? ビュン、ビュン……、ビュ〜ン、ビュ〜ン、ビュ〜ン、クラ
クラクラ……

 ン〜ン、ドタッ! 源助さん、その場へ倒れてしまいました。

             * * * * *

●旦さまぁ、大阪の客人、怒って帰ってしまいましただよ■喜助、源助は?
●源助は座敷でひっくり返って寝てますだ、目ば廻して■こらどぉも、源助
の頭のことではなかったよぉだなぁ。

●だいたいが、あのズク念寺の和尚の言ぅことはあんまり当てになんねすよ
「おぉ喜助、おめぇ板場だったら、鰻は昔なんと言ったか知ってるか? 昔
は鰻はなぁ、あれはヌルヌルしてるからヌルと言ったんだぞ」っちゅうんだ。

●「ヌルがどぉしてウナギになったかといぅと、鵜といぅ鳥がいて、あれが
ヌルヌルして長くて、鵜が難儀していたから、鵜難儀になったんだ。それで
ウナンギ」だって。

●「じゃあ、蒲焼はどぉしてカバヤキちゅうですか?」ちゅうたら「馬鹿で
も焼けるから馬鹿焼、バカヤキがカバヤキに変わった」って「どぉしてバカ
ヤキがカバヤキにひっくり返るですか?」ちゅうと「ひっくり返せねぇと焦
げるでねぇか」

●あの和尚の言ぅことは当てになんねぇ■んだな、しかしまぁ大事なことは、
大阪からまた客人が来て「チョ〜ズば廻せ」と言ぅた時に、われわれが出せ
ねぇと、この村さ恥ぃかくわな。どぉだ喜助、今から二人で大阪行って大阪
の宿に泊まってだなぁ、朝早くから「チョ〜ズを廻してくれぇ」と言ぅと、
その意味が分かるんでねぇか。

●旦さま、そらえぇ考えだねぇ、だば、行きますか。

 なかなか勉強熱心な方でございますねぇ、大阪の日本橋の宿に泊まりまし
て、次の日の朝早よぉから起きてまいります。

             * * * * *

■喜助、朝だ。夕べはすぃっかり寝たか●いやぁ〜、旦さまぁ、今朝んなっ
てチョ〜ズはどんなものかと思うと、おらぁ夕べは一睡もしてねぇす■そぉ
か、俺もあんまり寝てねぇんだ。ではな、今から呼ぶからな、いいか●へ、
どぉぞ。

■(ポンポンッ)どなたかいなさるか(ポンポンッ)どなたかいなさるか?
★へぇ〜い……、どぉも、お早よぉございます。夕べはしっかり休んでいた
だけましたでっしゃろか■あぁ、女中さん、申し訳ねぇがなぁ……、チョ〜
ズばここへ廻してもらいてぇ★はぁはぁ、承知いたしました。

■喜助、いかく簡単だったなぁ●なんでっしょねぇ?■なんだろぉなぁ?

 しばらくいたしますといぅと、女ごっさん、銅の金ダライにお湯を張りま
して、横にお塩とふさ楊枝を乗せまして、タップンタップン、タップンタッ
プン運んでまいりました。

★あのぉ、お客さま、ここへ置かしてもらいますんで■いやぁどぉも……、
喜助、これがチョ〜ズだ●立派な器に入ってがすなぁ、器っつぅとお料理で
がす■これはやっぱり料理け?●料理でがす、横にあるのはこれはお塩でが
すから、これで味付けばするでがす。で、この横の棒でかき混ぜるだす……。
これで出来上がりでがす。

●旦さまからどぉぞ■「廻す」てな、何だ?●廻してからいただくと■廻し
てから? そぉいぅ作法があるんけ? おら知らねぇからなぁ、じゃまぁ、
先にやるから、いただきます。初めてといぅのはドキドキとするもんだなぁ
(ングッ、ングッ、ングッ……)あんまり味がしねぇど?

●上方の味は薄口でがす■そぉけ(ングッ、ングッ、ングッ……)これだっ
たら、夕べもっと寝ていてもよかったんでねぇかなぁ(ングッ、ングッ、ン
グッ……)心配(すんぱい)すんな、おめぇにも半分残してやるから(ングッ、
ングッ、ングッ……)俺は十分だわ、喜助やれ。

●ありがとぉごぜぇます。板場預かってるもんとしてはこぉいぅ味をすぃっ
かり覚えて帰らなければと思うとって、でわ、いただきます。廻すでがすな
(ングッ、ングッ、ングッ……)ホンに味がしませんなぁ(ングッ、ングッ、
ングッ……)大阪まで来るほどのことはなかったよぉな(ングッ、ングッ、
ングッ……)旦さま、これ半分より多いんでねぇか?

■何言っとるだおめぇ、若いもんがすぃっかり飲まなければ、明日の日本を
背負うのは若けぇもんだから、すぃっかり飲め●(ングッ、ングッ、ングッ、
ングッ、ングッ……)少し、残してもえぇだか?■贅沢言ぅんでねぇ、最後
までいけ●そぉでがすか(ングッ、ングッ、ングッ……)いやぁ〜旦さま、
ありがとぉごぜぇました。

■よかったなぁ、これだったら大阪の客人が来ても、お前作れるけ?●いつ
でも作れます■そぉけ、よかったなぁ。

 言ぅておりますと、女中さんがまた入ってまいりまして。

★あのぉ、お連れさんのはこちらへ置かしてもらいます■喜助、大変だわ。
さっきのが俺ので、これがおめぇの分だ。おめぇ、これ飲め●ダメでがす、
お腹タプタプでがす■ダメけ?●ダメでがす■すかたがねぇなぁ、あぁ女中
さん……


【さげ】
■申し訳ねぇが、これはお昼にいただきます。


【プロパティ】
 総楊枝(ふさようじ)=柳の小片を箸(はし)のように削り、先端を叩いてふ
   さのようにした楊枝。打ち楊枝。
 いかく=厳(いか)い:荒々しい・勇猛だ・恐ろしい・大きい・多い・たく
   さん・多量の・はなはだしい・大層である。
 女ごっさん=女子衆(おなごし):下女・はしため。雇われた順あるいは年
   齢順に、松竹梅からとってお松どん、お竹どん、お梅どんと呼んだ。
   長じるとお松っつぁん、お竹はん、お梅はんとなる。決して呼び捨て
   にはしなかった。
 上方の味は薄口=関西では薄口(白い醤油)と濃い口(赤い醤油)、たまりを
   使い分ける食文化がある。薄口醤油を使った料理は一見、薄味のよう
   に思われるが、実はしっかりとダシが利いて、それに見合う塩味があ
   る、醤油でごまかさない調味の仕方。
 音源:桂文珍 1998/05/09 日本の話芸(NHK)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=桂文珍 sub=桂雀々  ●main高座記録日:1998/05/09  ●番  組  名:日本の話芸(NHK)  ●ファイル公開日:1998/12/31  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2006/04/16  ●リクエスト数:rakug143  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次