【上方落語メモ第3集】その142

祝 い の し


【主な登場人物】
 喜ぃさん  嬶(かか)  家主(いえぬし)  友人  魚屋ほか

【事の成り行き】
 祝いの品というと、現金に勝るもんはないように思います。いうて、それ
だけでは味気ないような気がして。別に記念品のような物を贈るという、い
らん事をしてしまいます。

 消えてなくなる菓子ならまだしも、ぶっ壊すか、粗大ゴミに出す以外処分
の仕様がないような物は邪魔なだけ。当方にも、そりの合わんカップセット
が数組眠っていたはず、いや……、処分したか知らん(1998/12/31)。

             * * * * *

 え、よぉこそのお運びでございまして、厚くおん礼を申し上げます。わた
くしのところはもぉ、相変わりません、バカバカしぃところを一席聞ぃてい
ただきまして、失礼をさしていただきます。

 落語と申しますと、もぉ我々同様といぅこの頼んな〜い男を一枚引っ張り
出しますと、まぁお噺が始まりでございまして、

●おい嬶(かか)、かか、あのぉ〜腹減って帰って来てんやが、飯(まま)食お
か▲んまぁ、何を言ぅてなはんねんあんたはもぉ。お腹が空かな帰(かい)ら
れしまへんのかいな。そんなこと言ぅてるよって近所の人みなどない言ぅて
る、あんたのこと「ハトオヤジや」言ぅてるで。

●何でわしがハトやい?▲せやないかいな、ブラ〜ブラブラブラ遊んでて、
餌時分んなって帰って来るさかいハトやないか●あぁなるほど、ほぉらまた
近所のやつうまいこと言ぃよったなぁおい……、ほたら何かいブラブラブラ
ブラ遊んでて、ほんで餌時分なって帰って来るさかいハトか、ほたら「食ぅ、
食ぅ」

▲よぉそんなアホなこと言ぅてるなぁ、早いこと入んなはれ。いぃえぇな、
あんた帰って来たらお腹が空いてるやろ思て、ちゃ〜んと段取りがしておま
んの。さっきあの向かいの弥助はんとこで二十円借りて来た、そこに置いて
おまっしゃろ。そぉそぉ、その二十円持って魚屋行って、何ぁんでもよろし、
尾頭の付いたもん買ぉといなはれ。

●偉そぉにぬかしたけど、お前女ごやそんなもん。お前と俺が食ぅのに、魚
二十円でお前、どぉやって腹が大きなんねん▲あんたに言われんでも分かっ
てるわいな。今度家主さんの息子さん、お嫁さんもらいはんの。その祝い持っ
て行きまんねんよろしぃか。

▲向こぉあんた張り込み手、二十円のもん持っていったら、少けのぉても五
十円、多かったら百円ぐらい入れてくれはる。そしたら向かいへあんた二十
円返して、あとの残りでお米を買ぉたらよろしぃねや。分かってまっしゃろ、
早よ行といなはれ。

●ふぅ〜ん……、ハッハッハッ、なるほどなぁ、ポンポンポンポン偉そぉに
言ぅだけ、何から何までちゃ〜んと段取りしとるだけ偉いで、あいつはなぁ。

             * * * * *

●お〜いッ、魚屋★へッ、毎度おおきに●「毎度おおきに」言われると辛い
なぁ。去年のお前年越しにイワシ買ぉたきりやでおい★大将、覚えてなはん
のか、オモロまんなぁ……、何ぞしまひょか?●何ぞ、あの、うちの嬶言ぅ
とったんやけどな、祝いもんに使うねん「尾頭の付いたもん」言ぅとんねや。
尾頭付きてどんなもんや?

★ほぉ、大将あんた尾頭付き知んなはれしまへんか、尾ぉと頭と付いてて尾
頭付きだんがな。うちらもぉどれもこれもあんた、みな尾頭付きだっせ●あ
そぉか……、ほ、ほな、お前とここれ、どれもこれもみな尾頭付き? ほな、
この蛸はどれが尾ぉでどれが頭や?

★よぉそんなアホなこと言ぅてなはんなぁ、蛸にあんた尾ぉや頭……、あぁ、
祝いもんでっしゃろ、これどぉです、これ。生貝(なまがい)、鮑の貝が一杯
十五円、二杯で三十円。もぉこれで終い、あっさり二十円に負けときまひょ
か。

●おい……、おいッ★いやあの大将、何ぞ気に障りましたかいなぁ?●「何
ぞ気に障りましたかいなぁ?」おい魚屋、お前、俺の懐に二十円しかないの
ん知ってるな、お前?★気持ちの悪い人やなぁ……、いや大将、わてあんた
の懐知りまへん●いや、こら冗談や、二十五円言われたらどないしょ〜か知
らん思た。二十円ここ置いとくわ、また来るわ、さいなら。

             * * * * *

●おい嬶、買ぉて来たで▲あぁお帰り、何買ぉて来なはってん?●生貝買ぉ
て来てん「一杯十五円、二杯で三十円、もぉこれで終いや」言ぅてな、二十
円にお前、負けてもぉてきてん▲あぁさよか、しかしもっとあんた、ほかに
こぉ何か嵩高ぁ〜いもんがおましたやろけども……、まぁ、それでもよろしぃ
けど。

●ほな嬶、俺あの行て来るで▲あッちょっと待ちなはれ。いぃえぇな「行て
来る」て、今日は向こぉ行て、いつものようにあんた黙ってアンチョロリ〜
ンとしてられしまへんねやで●な、何ぞすんのんか?▲「何ぞすんのんか?」
て、あんた挨拶をせんなりまへんがな。

●へへへッ、そらあかん。挨拶て、あら難しぃ▲いや、難しぃことおまへん
ねや、今日はな、いつもと違いまっせ、できるだけ丁寧にもの言ぃなはれや、
よろしぃか「こんにちは結構なお天気さんでござります。承りますれば、こ
の度、お宅のご子息様にはお嫁ご女をおもらいあそばすそぉで、それについ
て近所親類、祝いがまいりますはずでござりますが、これはツナギのほか、
ほんの塵結んだよぉな物でござりますがお目にかけます」と、これだけ言ぃ
まんねやで。

●それ、誰が言ぅねん、それ?▲「誰が言ぅ」て、おまはんがやないか●そ
ら、おまはんはもぉとてもよぉ言ぅててやおまへんで、それわ▲ホンマ人事
みたいに言ぅてるわ……、ほな口移しで教えたげる、そこへ座って稽古しな
はれもぉ、よろしぃか「こんにちは、結構なお天気さんでござります」と、
言ぅてみなはれ。

●ふぅ〜ん。え〜〜〜……▲いや「え〜〜」は要りまへんねやで●あそぉか
「え」は要らんわ、ほたら……▲「ほたら」も要らしまへん●えらい難しぃ
なぁこら……、こんにちは▲そぉ「こんにちは」●こ、こんにちは結構な、
お天気さんで、ござります、と▲そんなとこ「と」は要りまへんで●戸ぉ要
らなんだら障子にしょ〜か?

▲よぉそんなアホなこと言ぅてるわ、戸ぉも障子も要らしまへんねや「こん
にちは、結構なお天気さんでござりますぅ」でよろしぃ●うわぁ、戸ぉも障
子も無かったらやっぱりこぉ、簾ぅだけ吊っとくんか?▲何でそない要らん
こと言ぅねやろもぉ、そぉいぅ余計なことは言ぃなはんな、よろしぃな「承
りますれば」言ぅてみなはれ。

●ふ〜ん。うけた、うけたが、うけたなまが……、違うわ、あの、ちょっと
済まん、もぉいっぺん言ぅて▲聞ぃてへんのかいなもぉ、いぃえぇな「承り
ますれば」●あッせやせや、うけたま、うけたなまがり、ながな……、あ〜
難儀やなぁこら。ちょっと済まんけど、もぉいっぺん言ぅて。

▲情けないなぁあんたはもぉ、要らんことやったらもぉ人一倍ベラベラ〜ベ
ラベラしゃべんのに、これぐらいのことがあんた言われしまへんか? もぉ
よろしぃよろしぃ、あんたのな、ものの言ぃにくいのん、向こさんよぉ知っ
たはる。言えなんだら言えなんだでよろしぃ……、けどあの、肝心のこと忘
れなはんなや。

▲「これはツナギのほか、わたしとこだけ」ここをよ〜お聞かしときなはれ
や、オタメの都合があるさかいに。ほんで、そこにあのお米の袋おまっしゃ
ろ、あぁそぉそぉ、そのお米の袋持って行きなはれ。帰り、行儀悪いけどな、
向こぉからもろたもん中見せてもろて、いや、何ぼ入っててもかましまへん
のや、二十円だけ残しときなはれ、向かいへ返さんなんさかい。で、あとの
残りでお米買ぉといなはれ、お湯沸かして待ってま、美味しぃ湯立てご飯炊
いたげる。よろしぃか、早よ行といなはれや。

             * * * * *

●ふ〜ん……、よぉしゃべるなぁあのガキわ。ホンマに初めから終いまで一
人でベラベラベラベラしゃべってけつかんねんホンマに。あッここや、こん
ちわ〜ッ■はい、どなたじゃな?●こなたじゃ■「こなた?」あぁ、あんた
やろと思たわ。さぁ、こっち入っとぉくれ。

●いえ、ここで結構だんねん。あのねぇ、なんでんねん、今日はいつものよぉ
にねぇ、いつものよぉに黙ってアンチョロリンとしてませんで■ほぉ〜、何
かすんのんか?●口上をもって申し上げます■ほぉ、軽業みたいななぁ、ど
ないしてん?

●これから言ぃまんねや……、え〜〜ッ、いや、この「え〜」は要りまへん
ねん、これわ■何がい?●いや、こっちのこっちゃ。ほたらも要らんぞ■何
を言ぅてんねんあんた、要らんことは言わいでもえぇねん●いや、ちょっと
黙ってて、違うねや、いやあのね、何でんねん、あの、あぁ「こんにちわぁ」
ですわ、安心してください。

■誰が心配するかいアホ●こ、こんにちは、結構な、お天気さんで、ござり
ますぅ■えらいまた、今日は丁寧ななぁ。はいはい、結構なお天気さんじゃ
なぁ●この調子やったら、明日もえぇお天気さんです■ほぉ、えらい面白い
人やなぁ、まぁまぁ、天気は幾日(いっか)続いても結構じゃなぁ●けど、あ
さってあたりは危ない。

■あんた何しに来たんや? 天気予報知らしに来たんか? 口上どないなっ
てん?●口上これから言お思てまんねん。あんた横手からゴジャゴジャ言ぅ
さかいややこしぃねや、ちょっと黙ってとくなはれ。あのな、何でんねん、
あの実はこの、何でんねん、実はこの、実はうけたがながま……、これが難
しおまんねんな。

●何でんねん、実はこの、う、うけたなまがり、うけたがながまがりが、あ
のなぁ、ちょっとあんた言ぅてぇな■「あんた言ぅて」といぅ人あるかい、
えろぉものが言ぃにくそぉなな、それも言ぅなら「承りますれば」じゃ●そ
れすれば。

■「それすれば?」人に半分もの言わす人あるかい、承ってどないしてん?
●うけたな、うけたながな、うけたながなまな……、だったんです。あぁ言
えた■言えたぁれへん●言えてるがな、よぉ逆らうなぁあんた。

●ほたら、ほたらこの度、お宅のごちつぉく、いや違う、あのね、この度こ
のお宅のごちちょく、あのそのそぉ、なぁもし大将、えらい済んまへん、お
湯(ぶ)一杯いただけまへんか■ホンマにもぉ、大層な人やなぁ、この人わ。
ちょっと待っとぉくれ……、お松、お松、何をしてんねんお客さんやないか
いな、お茶を出しとくれ、お茶を……、はいはい、どぉぞお上がり。

●いえおおきに、いただきます、えらい済んまへんなぁ……。あんた、今度
来たお松いぅ女中さんでっかあんた、お客さんあったら先お茶出しなはれ。
え? いただきまんがな、こんなん出たら飲まな損や(グゥ、グゥ、グゥ)
え〜ッ、うけたまがり……■もぉ分かったぁんねん、承ってどないしてん?

●うけたながったんでんねや。ほたらこの度、この、お宅のごちちょく、違
うわ、あんたとこそぉ、あるやろ男の息子。その男の息子に嬶もろた一件で
す■大層に言ぅたなぁ、それだけ言ぅのにお茶飲まな言われへんか……、は
いはい、息子に嫁をもらいました。

●それでんねや、それ近所親類からね、この祝いが来まんのんでんねやな。
けどね、これはツナギのほか、あのなぁ、あのもし大将、あんたよそ見せん
と、ここよぉ聞ぃといとくなはれや。これツナギのほか、わてとこだけ。こ
れね、ここよぉ聞ぃといてもらわんとこれあの、オタメの都合があるさかい。

■おぉおぉ、うちで教わったことみな言ぅてるなぁ……、恐れ入ります、あ
んたとこのお上さんしっかりもんじゃなぁ、近所の人に負けてはどんならん、
男に箔を付けるために先手を打ってなさる、いや恐れ入りま。喜ぃさん、わ
しゃなぁこぉいぅ人間や、中をちょっと見せてもらお。気にせんといとぉく
れ、ちょっとだけ……

■ん? あの、喜ぃさん、こらあんた生貝やなぁ●へぇ、それね、一杯十五
円で、二杯が三十円……■いやいや違う、違うねん、値を聞ぃてるのんと違
う。いや、あんたが道で買ぉて来たんか、それともお上さんが承知のうえで
持って寄越したんか?

●へぇ、それうちのお上さん承知のうえ■あんたがお上さんと言ぅたらおか
しぃが、いやいや、あんたが道で買ぉて来たものなら、まぁどんなものでも
目をふたいで頂きますけど、あんたとこのお上さん承知のうえやったら、こ
らもらうことはでけん。

●いや、それ何で?■「何で」て、せやないか、あんたとこのお上さんしっ
かりもんじゃ「男に勝る女ごは無い」と言ぅが、なかなかしっかりしてなは
る。それにひきかえてや、あんたは町内の……、あんたは町内のまぁ、アレ
やろ●へぇへぇ、それ皆よぉ言ぅてくれてまんねや。

■喜んでんねやあるかいアホ。そのしっかりもんのお上さんが持って寄越し
た、何じゃ生貝、鮑の貝? 世間の人みなどない言ぅてなはる「鮑の貝の片
思い」片思いにさしてやりとぉはない。いやいや、あんたじゃ分からんねん、
済まんけどな、お上さんに言ぅてな、品物替えてきとぉくれ。何ぼかかって
もかめへん、二倍にでも、三倍にしてでも返します、品物替えてきとぉくれ。

●いや、それあきまへんねん。あきまへんねや、わてあんたもぉお腹が空い
てまんねんわたい■あんたのお腹はどぉでもえぇがな●そんなあんた、汚い
こと言ぃなはんな。自分とこ嬶もらう、人の腹……、あのな、わたいもぉちゃ
んとこのね、お米の袋まで持って来てまんねん■分からん人やなぁこの人は、
あんたでは分からんのじゃ、お上さんに言ぅて品もん替えてこいッ。

●おい、こ、こらッ。放りやがったな、このガキャホンマ。放ったりすなア
ホんだら。何じゃアホ、人が「家主、いえぬし」言ぅて、偉そぉさらしやがっ
てアンダラ。家主がお前、どれだけ偉いねんお前、家主いぅたら家建てて人
に貸して、その家賃で飯食ぅてけつかんねやろこらッ。

●そんな家やったらはじめから建てやがんなアンダラホンマ、その家借ったっ
てる俺とこお客さんやぞ……、何を、家賃がたまってる? そんなこと知る
かいアホんだら、家賃と米代は嬶の係や、俺はタバコ代とパチンコ代じゃ。
それ見ぃそぉ、放るさかい二杯の貝お前、三杯になってるが。

■おぉおぉ、目が見えてへんのんかアホ。お前の手に持ってんのん、そら猫
のお碗や●猫の……、うわぁ〜ッ、ややこしぃとこ猫のお碗置くなアンダラ
ホンマ。いかなんだらしゃ〜ない持って帰るわい、持って帰ったらえぇねん
やろ、偉そぉぬかすなアンダラ、何じゃいポンポンポンポン、持って帰るわ
い。

●あのなぁ、持って帰るわいッ、こらッ、持って帰るさかい……、オタメだ
けくれ■何をぬかすねん、ゴジャゴジャ言ぅてたら、頭から煮え湯浴びせる
ぞッ!●あぁ恐わ、ヒャ〜、頭から煮え湯浴びせられてたまるかい……

             * * * * *

◆おい、喜ぃ公おい、どこ行て来たんや?●家主、祝い持って行てん◆持っ
て行たて、持って帰ってるやないか●あかんねんや……◆なるほどなぁ、向
こぉのオヤジやったらそれぐらいのことぬかす。あかん、持って帰ったらあ
かん、もっぺん持って行け。え? 今度行ったら頭から煮え湯浴びせられる?
情けないなぁお前わ。

◆心配せんでもえぇ、向こぉは家主、こっちは店子、親子同様の仲やないか。
親が子どもに煮え湯、そんな手荒いことせぇへん心配すな。あッ待ったまっ
た、そのかわり言ぅといたるぞ、向こぉ行ったらな、これからわしが教える
通りにやれ、えぇか……

◆入口閉まってたら、そんなもん遠慮せんでもえぇ、足で蹴り上げたれ「ゴ
ジャゴジャなしに取っとけ」言ぅて、品もん突き出したれ。品もんが替わっ
てないさかい、向こぉのオヤジぼやきよるぞ「わたしとこで『縁起が悪い』
と言ぅて返した品物をば、二度持って来るとは何ぞ意趣・遺恨があってしな
さんのか?」と、こない言ぃよる。

◆こんなこと聞ぃたら汚い口でいかなあかんぞ「お前ら偉そぉぬかして何も
知りさらしけつかれへんやろ。今度おのれとこのド息子にドン嬶もらいさら
す。それについて近所、親類、祝いが来るわ。その祝いには結構な熨斗(のし)
が貼ったぁる。その結構な熨斗を貼ったなりもらうか、それともめくって返
すか、どっちや?」と、こない言え。

◆向こぉのオヤジ、生じ半尺(なまじはんじゃく)、もの研究しとぉるさかい
な「貼ったなりもらいます」と言ぃよんのに違いない「貼ったなりにもらい
ます」といぅ言葉を聞ぃたら遠慮すなよ、下駄ぐち座敷上がれ、綺麗好きや
ビックリしよる。何ならその下駄履いたなり座敷ひと回り走り倒せ、えぇか。

◆そこで言ぅたれよ「お前ら偉そぉ言ぅたけど、この結構な熨斗の根本を知っ
てるか? この結構な熨斗はお前、この貝から獲れんねん。この貝はなぁ、
どこで獲るかといぅと、志州(ししゅ〜)志摩浦で獲んねん。誰が獲るかといぅ
と海女といぅ女ごや。

◆海女といぅ女ごはな、絵に描いたらこぉ綺麗ぇに描いたぁるが、あれは絵
空事や、ホントいぅたらお前、潮風に吹かれて色の黒ぉ〜い汚ぁ〜い女ごや。
たとえ色が黒ぉて汚のぉてもや、汚れのない女ごがお前、海へ入って獲んね
ん。獲った貝を手桶に入れて番してる女ご、おい、この女ごは汚れてるぞ。
女ごといぅものは月に一度の月経日があんねん。その月経日のことを「手桶
番」とは、これから言ぅたものや。

◆その貝を大釜で蒸して剥いて、ムシロ敷ぃてその上に延(の)して、その上
にまたムシロを被せ、その上でお前、後家でいかず寡男(やもめ)でいかず、
仲のえぇ夫婦が夜通し交合せなんだら、その結構な熨斗が獲れんのじゃ。そ
の結構な熨斗の根本、何で取らんのじゃい!」こない言ぅたれ。

◆「これだけ言ぅたらオタメや五百円でも安いわ、千円でございます」値ぇ
上げたれ。分かったら早よ行て来いッ●うわぁッはッはッはッ、よぉ教えて
くれた、このアホ◆向こぉへ行て言えアホ。

             * * * * *

●なるほどなぁ、うちの嬶も偉いと思う……、うわぁ〜ッ、ひょ〜しの悪い、
入口開けてけつかんねん、閉めてけつかったら蹴倒したろ思てたのに。おい
こらッ、ゴジャゴジャなしに取っときやがれ、ちゅ〜やっちゃこらッ。

■何ちゅうものの言ぃ方じゃ、気に障ったら堪忍しとくれ。あんたとこのお
上さん怒ってたか、いやいやいずれ会ぉてお詫びをしょ〜。腹を立てなさん
な、いや恐れ入ります……、喜ぃさん、喜ぃさん●何じゃいッ!

■おッ……、えらい勢いやなぁ、こら、わたしとこが縁起が悪いと言ぅて返
した品物やないか。二度持って来るとは、何ぞ意趣・遺恨があってしなさん
のかい?

●ほぉ〜ら来やがった……、今度はそぉはいかんぞこのガッキャ、じゃ〜っ
しやアンダラ! 偉そぬかしたかて何も知りさらしけつかれへんやろな。今
度、おのれとこのド息子さんに、ド嫁さんをもらいなはるやろ■おいお前、
それどこの生まれやねん、お前わ。

●生まれ? 日本人じゃバカヤロホンマに……、近所、親類から祝いが来る
やろ■はいはい、わたしとこはな、お付き合いが広い、あちこちから祝いが
まいります●祝い来るやろ、その祝いに結構な熨斗が貼ったぁる、その熨斗
を貼ったなりもらうか、それともめくって返すかこらッ、ホンマに、どっち
やこら? おい、どっちやい?

■ほほぉ、なるほど。こらえらいこと言ぃよったなぁ……、ははぁ、喜ぃさ
ん、こらお前、誰ぞにオイドいらわれてるなぁ?●そんなお前こそばいとこ、
誰にいらわすか■ハッハッハッ、お前さんじゃ分からん。熨斗といぅものは
なぁ、なかなかいわれのあるものじゃ、その結構な熨斗めくって返すアホが
あるか。わたしとこは貼ったなりもらいます。

●貼ったなりもらうか?■「もらう」と言ぅてるやないか●ホンマにもらう
な?■「もらう」と言ぅたらもらいます。わたしとこはな、熨斗だけでもい
ただきます●もらうんかこらッ、ホンマにもらうなれば……■こ、こらこら
こらッ、おい、座敷下駄ぐち上がってどこ行くねん?

●どこもくそもあるか、ホンマ偉そぉぬかしやがって、おいこらッ、お前ら
偉そぉぬかしたかて、この結構な熨斗のこの、このポンポン知ってるか、こ
らッ■何を?●この結構な熨斗の、このポンポン知ってるかっちゅんじゃ。

■ポンポン? それも言ぅなら根本じゃ●そぉじゃ、そのポンポンじゃ馬鹿
野郎ホンマに。その熨斗はこの貝じゃ、この貝かてな、どこで獲るか、し、
始終、芝田裏のお前、ズッと路地(ろ〜じ)の奥で獲んねんぞ。

●なぁ、誰が獲るか? 海女や。海女ちゅうたら絵に描いたら綺麗ぇに描い
たぁる、あら絵空事やぞ。ホント言ぅたら潮風にオイド、いや、違うねん、
あのなぁ、ホント言ぅたらお前、潮風にオイド……、オイドは塩で温める方
がよぉ温もるぞ馬鹿野郎。

●その汚れのない女ご、海に入って獲るやろ、獲った貝を手桶に入れて番し
てる女ご、こら、この女ごは汚れてるわ。女ごは月に一度の、この月給日が
あんねんぞ■ほぉ〜、何の月給や?●月給や言ぅたら喜んでケツカル、この
ガキャホンマ。その月給日のことを手桶番とはこれいかに?

■何をぬかすねんアホ●「何をぬかす?」その貝を大釜で蒸して剥いてやぞ、
ムシロ敷ぃてその上に延して、その上にムシロ被せ、な、その上でお前、そ
の上で後家と寡男(やもめ)とコンコンチキチ、違うねん、あのな、あのそれ、
ホンマにいかんぞお前。

●なッ、後家でいかず寡男でいかず、仲のえぇ夫婦が夜通しコンコンと、コ
ンコンと、それ、あのな、ホンマにお前それ、どない思てるか? 物事考え
てみぃ、なッ、後家はんだけでは可哀相なやろ。と言ぅて、寡男だけやった
らよけ可哀相な。まぁそこは二人で夜通し、何なとせぇ。

■何を言ぅとんねん……


【さげ】
 おなじみ「祝いのし」でございます。まことに失礼を申し上げます。


【プロパティ】
 嬶(かか)=もとは幼児語、父(とと)、母(かか)。近世、庶民社会で、自分
   の妻または他家の主婦を親しんで、あるいはぞんざいに呼ぶ称。かか
   あ。
 いぃえぇな=いぃやいな:いえいえしかし、そうはおっしゃいますが……
   いいえ+いな。いいや+いな。イナは強調。
 張り込む=奮発する。おごる。饗応する。また、思い切ってする。
 生貝(なまがい)=鮑(あわび)。塩ずりして賽の目に切り、冷水に放って三
   杯酢、酢味噌で食べる料理を水貝(みずがい)という。
 鮑が一杯十五円=米60Kg(1俵)の値段、2000年=15000円、1944年=19円、
   1945(昭和20)年=60円、1946年=200円なので。鮑(中型1個)の値段
   が2000年=3000円とすると、それぞれ1944年=3.8円、1945年=12円、
   1946年=40円となり、まさに終戦の年の混乱期の値段に当てはまる。
 アンチョロリン=アンキョロリン:事の意外さにあっけにとられているさ
   ま。あっけらかん。
 繋ぎ(つなぎ)=交際をつなぐの意で、町会や長屋などの祝儀・不祝儀に付
   き合いで出し合う金銭。
 塵(ちり)結ぶ=塵はほんの小さい物であるが、その小さい塵を結ぶほどの
   微小の意にいう。
 おため=本来は贈り物を持って行き、包みのまま渡し、贈られた者がその
   包みを返す時に中にしのばせた駄賃のこと。転じて祝いと引き換えに
   渡す金品のこと。
 お為(おため)=物を貰った時に礼のしるしに入れる金または品物。
 湯立て飯=沸騰した湯に洗い米を入れて炊きあげる。
 お湯(ぶ)=白湯またはお茶。
 どんならん=仕方がない。どうにもならない。しょうがない。どうしよう
   もない。どうにもならぬ。ドウモナラヌ→ドモナラン→ドムナラン→
   ドンナラン。
 かめへん=かまわない。カマヤセヌ→カマヤセン→カマヘン→カメヘン。
 アホんだら=タラはグウタラなどの軽蔑の意を込めた接尾語。アホタレの
   タレも同じ。馬鹿野郎の意味ではあるが、どこまでも柔らかく間が抜
   けている。約まるとアンダラ。
 パチンコ代=パチンコ:パチンコ店の第一号は1930(昭和5)年に愛知県で
   認可されたものが最初。ただし、1942〜1945年の間は営業禁止。1946
   年にパチンコ機の製造が再開され、1948年風営法許可制となる。
 ぬかす=言う・ほざく。
 さらす=するの罵語。やがる・くさる・けっかるなどの補助。さらしてけっ
   かる。
 けつかる=居る。する。の意の下品な悪態口に用いる語で、ケツカルだけ
   でも「居やがる」の意であるが、さらに他の動詞に付いてその下品な
   言い方になる。サラス・クサル・ヤガルなどと同じ意に使用するが、
   この三つは動詞の連用形に付くのに対して、ケツカルだけはテに接続
   する。してケツカル。言うてケツカル。など。ケッカルともいう。
 ド=罵る意を強める接頭語「奴」を当てる。ドアホ、ドスカタン、ドケチ。
 生じ半尺(なまじはんじゃく)=生半。なまじっか。ナマハンジャク。
 生半尺(なまはんじゃく)=生半可。中途半端。よい加減。煮え切らぬさま。
   また、半可通・知ったかぶり。十分な技量経験もないくせに腕以上の
   仕事にかかろうとする場合などにいう。なまなか〔生半〕半尺。
 志州=志摩国の別名。旧国名のひとつで、三重県志摩半島の東部に相当。
 手桶番=手無し:宮中では月経中の宮女に配膳や調度を触れさせなかった
   慣習から女房言葉で手無しと称した。また、その間は手桶番をしてい
   たので「手桶番」とも呼ばれた。 
 オイドいらわれる=尻を舁(か)く=そそのかされる。
 おいど=尻。居所(いどころ)すなわち座る所の意で、それがイドと約まっ
   たもの。
 芝田裏=〜裏とは〜に存在するまたは〜が所有する裏長屋という意。大阪
   市北区に芝田の地名がある。
 月給制=明治政府は1871(明治4)年に官吏の俸給を年俸制から月給制へ切
   り替えた。これにより民間会社も政府にならい月給制へと移行。
 音源:桂春団治 1997/01/11


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=桂春団治 sub=*  ●main高座記録日:1997/01/11  ●番  組  名:*  ●ファイル公開日:1998/12/31  ●江戸落語相当:鮑のし  ●更  新  日:2006/04/02  ●リクエスト数:rakug142  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次