【上方落語メモ第3集】その134

へっつい盗人


【主な登場人物】
 お前  清八(清ぇやん)

【事の成り行き】
 落語のほうで泥棒、盗人と名の付く噺の犯罪は滅多と成功しません。たい
てい失敗する様子を楽しむようになっています。反対に「壺算」「牛の丸薬」
「寄合酒」「付き馬」「一文笛」などは犯罪がきれいに成功する、その過程
を楽しみます。どちらにせよ「犯罪」を楽しむという内容です。

 テレビなんか見てても「犯罪」を扱う番組の何と多いことか、ことほどさ
ように「犯罪」というのはエンタテイメントな訳です。落語に語られる「お
間抜けな泥棒」から、最近世情を賑わす「耐震偽造マンション事件」まで、
当事者以外から見ればインタレスト、興味津々の対象でしかありません。

 「何と不謹慎なことを言ぅんやッ!」と、目くじらを立てながら読んでい
るあなた。じっくり自分の胸に手を当てて「壺算」「牛の丸薬」「寄合酒」
「付き馬」「一文笛」を拒絶したか、しなかったか、確かめてください。ど
れも立派な犯罪です(2005/12/04)。

             * * * * *

 え〜、今日のところは、わたくし、こごろうでお付き合いを願いますが、
テレビ、ラジオなんか聞ぃておりましても、悪い人はなかなか居らんよぉに
なりませんでね、ちょいちょいと悪いやつが居てますけども。

 こないだもテレビのニュースで見てまして、コンビニエンス・ストアーへ
泥棒が入ったんでございます強盗がね。庖丁を持って、店員に「金を出せッ」
こぉ突き付けよったわけでございます「金を出せッ」

 店員がビビリましてね、レジをガチャンと開けて「どぉぞ」ちゅなもんで
す。でまぁ、その泥棒が庖丁置いて、袋ん中へこぉお金を入れてたんでござ
います。

 ところが、頭のえぇ店員ですねぇ、パッと庖丁を取り上げて「金返せッ」
言ぅたそぉでございます。返したそぉでございますねぇ。そんな泥棒あかん
と思うんですが。落語の方に出て来る泥棒といぃますと、も一つも二つも上
手をいくといぅ、間抜けな泥棒が出てまいりますけれども、

●こんにちわ、こんにちわ■おぉ、誰や思たらお前かいな、こらちょ〜どえぇ
とこに来たな●そぉか?■そぉやがな。お前も知ってるか知らんか、知らん
けどな、竹やんが宿替えしたっちゅうこと、わしゃちょっと聞ぃてんねがな。

●おぉ、それやったら、わいも知ってるで■せやろ、そこでやな、竹やんと
このこっちゃ、わいもお前も友達やないか、二人で何ぞこの家移りの祝いを
したらないかんのやないかいなぁ、と思てるんやがな。

●はぁ、なるほど、祝いをなぁ……、で、どのよぉなものを?■さぁさぁ、
そこらが相談やが、わしとお前二人ですんねやさかい、そない大したもんも
してやられへん。なるべくならこの、こんなこと言ぅてなんやけども、値が
安ぅてやなぁ、ほんでまぁ手軽で、場ぁのあるよぉなもんがえぇねやないか
いな、と思てんねがなぁ。

●こらちょっと難しぃなぁ。何やて「値が安ぅて、手軽で、場ぁのある……」
あッ、こんなんどやしらんなぁ、あの〜、カンナクズ俵に一俵詰めて持って
行ったったら■誰が喜ぶねんお前、そんなもん持って行って。いや、違うが
な、どない言ぅたら……、例えばや、向こぉに婆(ば)さんが居てよる、年寄
りがな「あぁこんなんあったら、年寄りに間に合うなぁ、使えるなぁ」と、
そぉいぅもんがえぇなぁ、ちゅうてんねがな。

●あぁ、年寄りの間に合う、使えるとなったら、棺桶か?■お前、なに考え
てるねん、怒られるでお前。向こぉの婆さん元気に歩いたはんねや。どない
言ぅたら分かんねん……、持って行ったもん見せたらな、家族みながワ〜ッ
とビックリするよぉな●爆弾。

■お前アホやろ、お前わ。もぉえぇ、こないだ向こぉの嫁はんと道端でバッ
タリ会ぉたんや。ほんで「どないや、今度の家(うち)は?」ちゅうて聞ぃた
らな「兄さん、使い勝手がよぉて、まことに便利よろしおますねんけども、
ただ一つヘッツイさんが具合悪おますのん。ヘッツイさんちゅうたら一体ど
れぐらいするもんでっしゃろか?」と、わしに聞ぃてきよんねん。

■はは〜ッ、こら「ヘッツイさんを祝いしてくれ」っちゅう謎かけてきとん
ねんな、思たさかいな。どないや、これわいとお前二人で、ヘッツイさん祝
いしたろか●おぉ、ヘッツイさん。そらなんでもかめへんけど、そら何ぼぐ
らいするねん?

■まぁ、そこそこの値ぇはするやろと思うで●せやろ、今日びのこっちゃ、
ヘッツイさんちゅうたら、まぁ五十銭は出さんとないやろなぁ■「五十銭?」
そんな安い値ぇで、ヘッツイさんあるかいな●いや「あるかいな」て、ある
で。わいこないだ見たがな三越で。あら確か鍋やら釜やらみな付いて、確か
あれ、四十五銭であったで。

■えらい安いやないかい、鍋やら釜やら……、おいちょっと待ちや、ひょっ
としてお前の言ぅてんのんそれ、子どもの使うオモチャと違うか? ままご
とで使う、お前の言ぅてんのん子どものやっちゃろ?●えっ、あんた言ぅて
るのん大人のん?

■当り前やがな、ちゃんと火ぃ着けて飯が炊けなあけへんがな●あ〜あれか、
あれは高いでお前、あれやったら五十万円は出さんと……■分からんねやっ
たら言ぅな、いやあのな、こないだ丼池(どぶいけ)の道具屋の前歩いとった
ら、なかなかえぇヘッツイさんが置いたぁった「こらえぇなぁ」と、見とっ
たんやが、どないや、あそこのヘッツイさん祝いしたろか●まぁまぁ、どこ
のんでもかめへんけどな。それは何ぼすんねん?

■せやなぁ、まぁ十五円はするやろと思うで●じゅ、じゅ、十五円もすんの
ん? 十五円……、あッ、けどこれ、わいとお前二人で頭割りやなぁ■まぁ
まぁ、そぉいぅこっちゃなぁ●あ〜よかった、よかった。ほたら、わいが一
円でお前が十四円か?

■お前、どんな汚いやっちゃねん。いぃえぇな、ひとり前七円五十銭ずつや
●ひ、七円五十銭? 七円五十銭か……■お前、声の調子変わってるで●そ
ら変わるでお前、うち家賃が四円やで、それが三月も溜まって難儀してんの
に……、それを七円五十銭やなんて、そんなご無体なことを。

■お前、泣かいでもえぇねや……、いや、実を言ぅとな、わしもその七円五
十銭の銭がないねん●あッ、お前もないのん。ほたらこれどないすんねん?
■しゃ〜ないさかいな、そこの丼池の道具屋のオッサンとこ行て、ちょっと
借りて来(こ)ぉかいなぁ、と思てんねや。

●あぁ、ほなオッサンにわけ言ぅて借りて来んのんか?■まぁそぉいぅこと
やねんけどもな。そこまぁ、昼間行かずに、夜中行て借りて来ぉかいなぁ、
とこない思てんねがな●「夜中?」夜中行たかて、向こぉの親っさん寝たは
るやろ?

■寝てる人は、そのまま静かに寝ててもろて、借りて来ぉかいなぁと思てん
ねん●いや、それ誰ぞに断らんとあかん……、あぁ、向こぉの嫁はんに断る
か?■嫁はんかてや、寝たはるやろさかいに、そのまま寝ててもろて借りて
来ぉかっちゅうねん●ちょっと待ちぃな、ほな、それ誰に断んねん?

■ほかにも居たはるがな●そんなん、居たはったか?■居たはるがな。向こぉ
は親っさん、嫁はん、そのほかにもまぁ、石灯籠さん、三輪車さん、植木鉢
さん。まぁその人らに「ちょっと借りまっせ」言ぅて借りて来ぉかいなぁ思
てんねがな。

●それ、お前の言ぅてるのん、ひょっとして盗人と違うか?■えぇ? そぉ
か? まぁ、考えたらな●考えんかてそや。あかん、ひょっとそんなことし
て見付かったらえらい目に遭わんならん■大丈夫や、見付かったら見付かっ
た時のこっちゃ。な、二人で覚悟決めて、仲良ぉにオッサンとこの別荘行こ
やないか。

●オッサンとこの別荘? うっとこのオッサンに、そんな別荘なんかないわ
■お前とこにのぉたかてな、うっとこのオッサンに別荘があんねん●へぇ?
あんたとこのオッサン別荘あんのん? どこに居たはんねん?■こないだま
でな、天満の堀川に居たはったんやけど、そこちょっと方角が悪いちゅうて
な、堺の方へ宿替えしはったんや。

●堺? へぇ、そら立派な別荘か?■立派な別荘や、レンガ造りで塀がバ〜
ンと高い。窓なんかお前、鉄格子はまったぁんで●頑丈な作りやなぁ、なに
か? 堺やったらお前、電車で行くのんか?■向こぉから車で迎えに来てく
れはるわ●至れり尽せりやなぁ■まだ言ぅてるなお前、分からんか? 監獄
やがな●あぁあの逓信病院のこれ(小指)?■それは看護婦や、それわ。懲役
やっちゅうねん。

●「懲役?」あかん、わい嫌いや■誰かて嫌いや……。大丈夫、見付かった
りせぇへん。わしの言ぅてるよぉにやったら、しくじったりせぇへんさかい
に。ほかの連中みな祝いしてんねん、かっこ悪いやないかい。腹決め、覚悟
したらえぇねん。まだ表明るいさかいな、日が暮れなったらもっぺんうち出
といでや●分かった、ほなまた、晩来るわ。

 この男、一旦帰りまして、表がこぉ暗くなりますといぅとやってまいりま
して、表の戸をドンドンと……

●(ドンドン・ドンドン)うお〜い(ドンドン・ドンドン)清ぇやん居てる
かぁ〜(ドンドン・ドンドン)うお〜い、日が暮れたでぇ〜、ボチボチ行こ
かぁ〜(ドンドン・ドンドン)丼池の道具屋へ(ドンドン・ドンドン)ヘッ
ツイさん盗みにぃ〜……

■アホか、こっち入ってこいッ、お前わ!●こんばんわ■「こんばんわ」や
ない、こっち来いッ●ど〜も■「ど〜も」やないがなお前わ。あのなぁ、表
であんなこと大きな声で言ぅやつがあるかいな●へ? 何が?■「何が」や
あれへんがな「丼池の道具屋へどぉのこぉの」ちゅうて、あんなこと大きな
声で言ぅやつあるかっちゅうねん。

●あッ、今のんか? 大丈夫や大丈夫や、なんぼわいの声が大きぃちゅたか
て、丼池まで聞こえへんで■当たり前やないかい。近所へ聞こえたらどない
すんねんちゅうねん●近所……、それコロッと忘れてた。ちょっと行てくる
わ■ちょ、待てまて待て。お前、どこへ行くつもりや?

●いや「今『丼池の道具屋へヘッツイさん盗みに行こか』ちゅうのん聞こえ
ましたか?」ちゅて尋ねに■知らせに行てるよぉなもんや、アホかお前わ、
こっち入って来い●そぉかそぉか、オモロイなぁ?■オモロイことないわ、
そこへ座れホンマにもぉ。

●いやあのな、わしお前に昼間あないしてポンポン、ポンポン言われて帰っ
たやろ、ほんで家帰ってこぉじ〜っくり考えてたんや。そんなんなぁ、ヘッ
ツイさん盗みに行くてなそんな、悪いことしたらいかんねやないか。こない
思てじっと考えてたんや。

●「あかんやろ、あかんやろ」と思てな、考えるうちヒョイッと表見たら、
もぉ日が暮れ、真っ暗けや「あぁ、もぉヘッツイさん盗みに行くねんなぁ」
と思てたら浮きうき〜、浮きうき〜なってきてな。わいこんなん初めてやろ、
何かダンダン気が嬉しなってきてな、腹決めたで、行こ、ヘッツイさん、盗
みに、行こッ!

■分かったわかった、お前の顔見てたらダンダン恐なってきたわ。いや「行
こ」はえぇけどな、えぇかお前、妙にはしゃいだらいかんで、しくじるさか
い。分かってるなぁ、はしゃいだらいかんで●分かってるッ! はしゃがへ
んッ!■はしゃいでるやないかいお前……、持って行くもんがあんねん、天
秤棒と縄とそれ二つ持って表へ出ぇ。

 表へ出ますといぅと空はもぉ真っ暗でございまして、綺麗ぇな星がキラキ
ラ、キラキラと出ておりますが、

             * * * * *

●あッ、あぁ、あッ、あはッ、ははッ、ガはははッ■お前、何を笑ろてんね
ん? どないしたんや?●清ぇやん見てみ、綺麗ぇや〜、星がキラキラ〜キ
ラキラと出てえぇ天気やこれ、盗人日和■シィ〜ッ、要らんこと言ぅなおい、
こっち来いこっち来い、することあんねん●何すんのん?

■あのな、こんな日が暮れに、えぇ若いもんが肩並べて歩いてると「怪しぃ
やつらやな」と怪しまれるさかいな、やることがあんねん。お前な、その天
秤棒の前棒担げ、俺が後棒担ぐさかいな、ほんで重たそぉなもん持ってるよぉ
な声出すんや。ほな世間の人がそれ聞ぃた時に「あぁ、こんな夜更けまで仕
事してはるのんかいな」てなもんや。なッ、怪しまれんと済むやろが。

■ほんでこの、わいが「ヨイヨイヨとサ」と、こない言ぅさかい、お前「ヨ
とサのヨイヨイ」と、こない言え。それ言ぃながら丼池の道具屋の前まで行
たら、わしが「ここらで一服しょ〜か?」と、こない言ぅさかいな、お前が
「一服しょ〜、一服しょ〜」と、こない言え。ほんで一服してる振りしてる
間にホンマもんのヘッツイさんを荷造りして、また今度はホンマもんを担げ
て帰って来んねんさかいな。分かったか? ほなお前、前棒担げ。

■えぇか、腹へ力入れてな、重たそぉなもん持ってるよぉな声出さなあかん
で。えぇな分かってるな、腹へ力入れて重たそぉなな、頼むで。ほなわしか
らいくからな、えぇか……、ヨ〜イ、ヨ〜イ、ヨッとサッ●よっとさのよ〜
いよ〜い。

■めちゃめちゃ軽いやないかいお前、腹へ力入れて重たそぉに、腹へ力入れ
て、分かったかいくぞ……、ヨ〜イ、ヨ〜イ、ヨッとサッ●イヨッと、サッ
の、ヨイッ(プッ)■お前、屁ぇこいでる……、入れ過ぎ、頃加減でぇねん、
頃加減でえぇか……、ヨ〜イ、ヨ〜イ、ヨッとサッ●ヨッとサのヨイヨイッ。

■それでぇ、それで……。ヨ〜イ、ヨ〜イ、ヨッとサッ●ヨッとサのヨイヨ
イッ■ヨ〜イ、ヨ〜イ、ヨッとサッ●ハハッ、ヨッとサのヨイヨイッ■ヨ〜
イ、ヨ〜イ、ヨッとサッ●ハハハッ、ヨッとサのヨイヨイッ■お前、何がお
かしぃねん何が、オモロイこと何にもあれへんやないかい。普通にいてくれ、
頼むさかい……

■ヨ〜イ、ヨ〜イ、ヨッとサッ●ヨッとサのヨイヨイッ、♪天満のオッサン
堺へ宿替え、すっくり行くかしら?■要らんこと言ぃな、普通にいけっちゅ
うてるやろ、ヨ〜イ、ヨ〜イ、ヨッとサッ●ヨッとサのヨイヨイッ■ヨ〜イ、
ヨ〜イ、ヨッとサッ●ヨッとサのヨイヨイッ。

■ヨ〜イ、ヨ〜イ、ヨッとサッ……、おい、ここらで一服しょ〜か?●あッ、
ここの道具屋か?■要らんこと言ぃな「一服しょ〜、一服しょ〜」でえぇね
ん●あっそぉか、一服しょ〜一服しょ〜、ヘッツイさんのそばで■お前、何
でそんなことばっかり……、おぉおぉ何してんねん何? 何ウロウロしてん
ねん? 何走り回ってんねん? 笑ろてるがなおい、どないした? ちょっ
と来い、ちょっと来い、やることあるさかい。

●へ? 何? いよいよ盗るか?■盗るねんけど、やることあるねん。お前
のその向こぉに竹の垣があるやろ。その向こぉにヘッツイさんが置いたぁる
さかい、その竹の垣、音ささんよぉにこっちどけ●へっ? 何やて?■いや、
あのな、その竹の垣を、音ささんよぉに、こっちどけっちゅうねん。

●どぉ?■分からんやっちゃなぁ、アホは耳遠いっちゅうのんホンマや。あ
のな、どない言ぅたら分かんねん、そのな、頼むわ。その、竹の垣を音ささ
んよぉにこっちどけっちゅうねん●分かったわかった、これ? これ、この
音の垣、竹ささんよぉに……

■もぉえぇ、それこっちどけ●分かった、どけるで■音さしなや●分かって
るわかってる■暗いさかい気ぃ付けや●分かってるわかってる、いくで……、
いよいよやな、いくで、ん〜ん、ん〜ん……、ん〜ん■犬でもおんのんか、
おい? 早いことせぇっちゅうねん。

●分かってるわかってる、いくで……(カラ、カッチンカッチン)■おい、
大きな音してるやないかい、静かにささんかい●するねんもん音、これする
で(カラ、カッチン)あぁ(カラ、カッチン)あぁ〜(カラッ)どないしょ〜
これ、どけな盗られへんやろ、いくでほな、思いっきりいくで……(カラ、
カッチンカッチン、ドンガラガッチャ、プップゥ〜)

■おいおいおいッ、大きな音してるやないかおい、どないしたんや?●分か
らへん、分からへんけど、何や知らんけど、石灯籠の頭落ちたで■何でそん
なもんが、何でやねん?●いや、分かれへん、竹の垣の先と石灯籠の頭と紐
で括ったぁったみたいやわ。それ、力任せにグ〜ッと引っ張ったもんやさか
い、それが落ちて来て、ドンガラガッチャ〜ちゅうてな。

■ドンクサイなぁお前、せやさかい「気ぃ付け」ちゅうてんのに。ちょっと
待ちや、それにしたら何やケッタイな音したで、最後に何やケッタイな「プッ
プゥ」と、ケッタイな音したん、あれ何や?●あッあれな、わいヨロヨロッ
とよろけてパッと手ぇ付こと思たら、そこへ三輪車のラッパがあって「プ〜」

■気ぃ付けっちゅうてるやろ。ちょっと待て、それやったらいっぺん「プゥ」
と鳴ったらそれでえぇのんと違うんかい。二へん「プップゥ」と鳴ったで?
●うん、あんまりえぇ音やったさかい、もっぺん押した。

■やめてぇな……、こっち来い、これ、これや。わし持ち上げるさかいな、
えぇかお前、下からシュッと紐通せよ、えぇな頼むぞ、持ち上げるさかい。
重たいさかいスッと通してくれよ、頼むで、いくで……、ヨッショ……、は
い上がった、おい、いけ……、おいっ「いき」言ぅてるやろ。

●へっ? 行こか、どこへ?■お前、何言ぅてんねん、紐通せっちゅうねん
●わい、ちょっとションベンしてくる■何も今ごろションベン行かいでもえぇ
やないか●ちょっと緊張したからしとなってん、ちょっと行てくる■スマク
タ行ってしてこい、スマクタ行って。

●ちょっと行ってくる、待っててや……。ミミズもカエルもごめん■もぉ、
挨拶はえぇねん挨拶わ。お前、妙なとこで律儀やろ、早いことせぇ●分かっ
てるわかってる、ジョジョ〜・ジョ〜ジョ〜■お前、大きぃ音やなぁ、静か
にせぇ、四方へ散らせ散らせ。

●ジョジョ〜・ジョ〜・パラパッサ・パッサ・パッサ●おい、ケッタイな音
した、どないした?●竹の皮にかかった■早いことせぇ●ジャジャ〜ジャ〜・
ジョンジョロリン・ジョンジョロリン・ジョンジョロリン・ジャジャ、ジャ〜
ジャ〜ジャ〜・ジャ〜・ジャ〜ジャ〜・ジャ〜・ジャ〜ジャ〜・ジョジョ・
ジョ〜ジョ〜ジョ〜・ジョ〜ジョ〜ジョ〜……

■お前、お経みたいなションベンやなぁ、早いことせぇ●ジャジャ・ジャ〜
ジャ〜ジャ〜・ジャ〜ジャ〜ジャ〜・ちょぽりんッ・とぽりんッ、ふは〜ッ
■済んだか?●ジャ〜ジャ〜ジャ〜■途中で止めるな、早いことせぇ●ジャ
ジャ・ジャ〜ジャ〜ジャ〜・ちょぽりんッ・とぽりんッ・ちゃぽりんッ、ふ
は〜ッ……、プゥ〜ッ■また、屁ぇこいてるのんか、気楽な男やなぁ、来い
来い、こっち来い●あ〜、スッキリした。

■そらえぇねん、こっち来い●手ぇ洗いたい■もぉ、堪忍してぇな。持ち上
げるさかい頼むでホンマに、いけよスッと通せ。ヨッシャ、上がった……、
早よ通し、紐、通し●ほな、お先■お前だけや、早よせぇ早よ。俺もいつま
でもこんな重たいもん持ってられへんねんさかいな、早よ通してや……、お
い、まだか?

●……■まだかいな……? 早よして、まだか?●もぉちょっとで通るさか
い待って……、何や暗いさかいな、ちょっと見えにくい。石が邪魔んなって
な■石みたいなもん、どけたらえぇやないか。ほんで、暗いのんは夜や、当
り前や、早いことして。

●それにしてもな、これ見えにくいねや……、かなんなぁこれ、見えにくい
■見えにくいのは分かってるけど、俺もいつまでもこんなもん持ってられへ
んねん。早いことして、まだかいな?●見えにく……、あッ、見えにくいで
思い出したけどな、角の糊屋のお婆ん、もぉ歳で目が見えにくい■いま関係
ないやろお前、ちょっとも関係ない、早いことして。

●もぉちょっとで通る■あかんあかん、もぉあかん。いっぺん降ろそ、手ぇ
どけ、手ぇどけっちゅうねん。もぉあかんさかい、もぉ手ぇアホなったぁん
ねん、指が震えてきた、もぉあかん、手ぇどけ●いや、もぉちょっとで通る
さかい待って■あかんて、あかんいっぺんどけ、あ、ああ、あかん(ボコ)

●いッ、痛ぁ〜ッ! 痛ぁ〜ッ! 痛ぁ〜ッ!■大きな声出すな。静かにせぇ
●痛いッ!■静かに、このアホ、ボケ、カス、空気、ラッパ●痛いッ! 痛
いやないかい、お前。何でどつかれなあかんねん? 何で落とされた上にど
つかれなあかんねん、お前? そ〜じゃ、そらわいはアホじゃ。アホやから
こそ、夜中にこんなことしに来てるんやないかい。

●せやけど、お前もあんまり賢いことこないぞ。アホのわし連れて来て、こ
んなことしてるんやさかいな。お前がアホか、わしがアホか、ここの道具屋
のオッサン起こして聞こか?■そんなことできるかいな……


【さげ】
 ワァワァ、ワァワァ「へっつい盗人」でございます。


【プロパティ】
 竃(へっつい)=かまど。
 場ぁのある=かさ張る。
 三越=1691年、高麗橋1丁目に大阪店を開店。1837年、大塩平八郎の乱で
   襲撃され全焼。1875年、規模を縮小し高麗橋3丁目に移転。1894年、
   高麗橋2丁目堺筋角に復帰。1911年、大阪店新館がルネサンス様式で
   新築落成。当時大阪最大のルネサンス様式建物。1925年、屋上にて大
   阪放送局(JOBK)が仮放送開始。1995年、阪神・淡路大震災により被災。
   旧館を取り壊す。2005年5月、大阪店閉店。
 丼池筋(どぶいけすじ)=心斎橋筋の東側三休橋筋との間の筋、以前はアー
   ケード街「丼池筋商店街」がありましたが現在アーケードは取り払わ
   れています。「丼池」の名称は明治頃まで存在した芦間池に由来する
   そうです。また、俗称ですので地図上では見つけられないでしょう。
 無体=道理に合わない・こと(さま)。無法。無理。
 しゃ〜ない=仕様が無い→しょうがない→しょ〜ない→しゃ〜ない。
 天満の堀川の別荘=維新前後の大阪の牢・監獄の変遷:1882(明治15)年12
   月に「堀川監獄分署(現在扇町公園)」ができるまで、大坂の牢屋敷は
   「松屋町牢屋敷」のみであった。その後1885(明治18)年に「松屋町監
   獄分署」は「堀川監獄分署」に吸収合併され1890(明治23)年「堀川監
   獄署(大阪監獄署)」と名称が変わり、付近の市街地化にともない1920
   (大正9)年、堺へ移転。By の、くらきっとん
 逓信病院=大阪逓信病院(現NTT西日本大阪病院):1942(昭和17)年2月
   11日、内科・小児科・外科・皮膚泌尿器科・産婦人科・眼科・耳鼻咽
   喉科・放射線科・歯科の9外来診療を開始する。大阪市天王寺区烏ヶ
   辻2。
 看護婦=1871(明治4)年、会津藩家老・山川尚江の末娘山川捨松(12歳)は
   政府留学生としてコネティカット看護婦養成学校に短期入学し、1881
   (明治14)年帰国後、日本人初の看護婦となった。
 看護婦=2001(平成13)年、男女共同参画の観点から「保健婦助産婦看護婦
   法」が「保健師助産師看護師法」と改称され「保健婦・保健士」「看
   護婦・看護士」「准看護婦・准看護士」をそれぞれ「保健師」「看護
   師」「准看護師」に改称し、併せて「助産婦」を「助産師」と改称。
 鈍臭い=鈍な(のろいこと)。へまな。手際が悪い。
 スマクタ=すまんだ:隅っこ・隅のほう。すま・すまんこ・すみくた。
 ミミズもカエルもごめん=幼児が立ちションベンをする時に唱える言葉。
 音源:桂こごろう 1998/08/14 枝雀寄席(ABC)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=桂こごろう sub=*  ●main高座記録日:1998/08/14  ●番  組  名:枝雀寄席(ABC)  ●ファイル公開日:1998/10/31  ●江戸落語相当:へっつい泥棒  ●更  新  日:2005/12/04  ●リクエスト数:rakug134  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次