【上方落語メモ第3集】その115

崇 徳 院 (下)


【主な登場人物】
 熊五郎  親旦那  若旦那  熊のかか(嬶)  床屋  床屋の客

【事の成り行き】
 その114「崇徳院(上)」からの続き

             * * * * *

▲嬶、今戻ったで●どやった?▲三日だけ暇もろてきた。三日間のうちにこ
れを探し出したらな、あのご本家の裏の蔵付きの五軒の借家、あれすっくり
わしのもんやで。別に一時のお礼が、三百円や!

●んまぁ〜、結構やないかいな、あんた家主さんになれるんか。三百円なん
て、あんたが手伝い(てったい)仕事一生懸命やったって一日の日当四十八銭
にしかならへんねやで。運が向いて来たんやし、しっかりやらなあきまへん
で。わてもな、心当たりチョイチョイ尋んねといたげる▲頼むで!

 欲と二ぁり連れといぅのはえらいもんでございまして、二日二晩といぅも
のは大阪の町中をグルグル・グルグルと尋ね回ったが、ど〜しても知れまへ
ん。二日目の晩方になると、欲も得も抜け果ててボケ上がってしまいよった。

▲あぁ……、こぉなったら若旦那より、わいの方が二日ほど早いで。もぉ腹
は減ったし、嬶またボヤキよるやろなぁ……、ただいま●何ちゅう不景気な
顔して帰って来んねや、この人。え? 何ぼ探しても分からん……、そぉ、
しょがないがな。なぁ、どっち道わてらみたいな肩の悪い夫婦(みょ〜と)が
そんな大きな運がつかめるはずがないがな。諦めなはれ、なぁ……、先さん
にもご縁がなかったんやし、こっちも運がなかったんやさかい、諦めなしょ
がないやないかいな。

●せやけどあんた、毎日いったいどんなこと言ぅて道歩いてなはったんや?
▲へっ?●どんなことを言ぅて道を歩いてなはった? ちゅうねん▲どんな
ことて……、黙って歩いてたんや●えぇ? ほな、何か。あんたこの二日間、
黙〜って大阪の町中歩き回ってたん? それで知れたら、知れる方が不思議
やないかいな。

●えぇ? あんたそないして道歩いてたら「わてが本人です」て誰が出て来
るねやいな? こんな不細工な……、いぃえぇな、そらまぁあんた「別嬪の
娘はん居てはらしまへんか?」ぐらいのことは聞ぃて回ったやろけども、そ
んなことぐらいでは分かるわけがないがな。

●えぇ手蔓(てづる)があるやないかいな。その崇徳院さんの「瀬をはやみ」
とか何とかいぅ歌。わたしの考えでは先さんも、ヒョッとしたら恋患いなっ
たはると思いまんねん。せやから、その歌あんた詠(うと)て歩いてたら、そ
れを聞いた人が「アッ、どこそこでその歌聞きました」とか「そんな噂が耳
に入った」とかいぅて、手掛かりがつかめんもんでもないのに……

●黙って歩いてたやなんて、まぁあんた、そんなスカタンやとは思わなんだ
なぁ……。もぉこれを探し出さんと生涯頭のあがる見込みなし。わてもぉ、
ひとまずな、荷物まとめて大和のおばはんとこ帰るさかい……

▲ちょ、ちょっと待ってくれおい。よその嫁はん探さんうちに、こっちが夫
婦別れしてどないなんねん。あした一日残ってる、あした何とかして探し出
すよってにな。今日はもう寝さしてぇな●情けない人やなぁ。ほな、今日は
もぉ寝なはれ。その代わりな、あしたの朝早よ起きてブブ漬けでもかっこん
で、探しに行くねやしッ。もぉ寝なはれ!

▲お休み……●さぁ起きなはれ!▲寝る間もなぁ〜んにもあれへん●さぁ起
きなはれ、起きなはれ。そこにご飯の支度がしたぁる。それ早いこと食べて
行くねやで。それでなるべくな、床屋さんとか、風呂屋さんとか人さんの大
勢集まるところ行て、今の歌言ぅてたらえぇのん。分かったなぁ▲うん……

             * * * * *

▲えらい嬶やなぁ。噛んで吐き出すよぉに言ぃやがんねん。あの歌詠いなが
ら道歩けやて、んなアホらしぃことがでけるかいな……。せやけどまぁ、黙っ
て歩いてても分からん理屈やなぁ、いっぺんやってみたろか知らん。

▲「瀬をはやみ」やったなぁ「せ……、せ……、せを」道の真ん中で、声っ
ちゅうたら出んもんやなぁ「せ……、せ、せを〜〜〜はやみ」★ちょっと、
オカズ屋はん!▲こんなもんがオカズになるかい、お前「いわにせかるるた
きがわの〜〜〜」何……? チラシ一枚くれ? 違う、違う違う、そんなん
とちゃうねん。

▲「せを〜〜はやみ いわにせかる〜〜」子どもぎょ〜さん……、ついてく
な、こらッ! 何やと思てくさんねん、お前! イタッ、石をぶつけやがっ
たな、あかんこら、いっぺん床屋へでも入ってみたろ。

             * * * * *

▲ごめんを◆へッ▲ちょっと髭を……◆大将、えぇとこだ、誰ぁれも居れし
まへんじきにかかりま。どぉぞ座っとくれやす▲さいなら◆もしもし、空い
てまんねやで、じきにやりまんねやで▲空いてるとこはあかんのじゃ、混ん
でないと具合悪いねん、こっちわ。いろいろと都合があるわい。

▲ごめんやす■へッ▲髭をちょっと……■あぁ大将、鈍なこって、ちょっと
なぁこの通り四、五人つかえてまんねやけどなぁ。待ってもらわな……▲い
え、それが結構で。待たしてもらいます■あぁさよか、ほなまぁ一服しとく
れやす。

▲へッおおきに「せ、せ……」へっへっ、今日はえぇお天気でんなぁ◆へぇ
へぇ、なかなか結構なお天気でんなぁ▲済んまへんけど、ちょっとそこの火
鉢をこっちかしてもらえまへんかなぁ……、えらいどぉも済んまへん(スッ
パァ〜)「せを〜〜はやみッ!」◆あ、あぁびっくりしたぁ。何だんねん?
あんた急に大きな声出して。

▲いや、別に何でもないんでやすけどな「いわにせかるる たきがわの〜」
★そこのお方。あんさんえらい崇徳院さんの歌がお好きとみえまんなぁ▲も
し旦那、あんたこれを崇徳院さんのお歌やなんて、えらい詳しぃことをご存
知で★別に詳しぃちゅうわけやないが、負ぉた子ぉに教えられてなもんでな、
うちの娘が始終そんなこと言ぅてるもんやさかい、親のわたしまでがついつ
い覚えてしまうてなこって。

▲お宅の娘はん、こんなこと言ぅてはりまんのん? えぇとこへ出て来たなぁ
こら。あのぉ、お宅のお嬢さんちゅな別嬪さんと違いまっしゃろかな?★ま、
親の口から言ぅのも何じゃが、親類なんかでもな「トンビがタカ産んだなぁ」
ちゅうてくれまんねや。

▲トンビがタカ、水が垂れてまんな……★何のこったんねん?▲いや、これ
はこっちのこった。あの、二十日ほど前に高津さんへ行きはったことはおま
へんやろか?★近所だすよってになぁ、高津さんでも生国魂はんでも、始終
お参りに行てますが▲おおきにおおきに、水も垂れるよぉな綺麗な人で、年
の頃なら十七、八?★いや、まだ九つでんねん▲「せを〜はやみッ」★何や
いな、この男わ?

 またガッカリしてしもた。さぁ、その日は床屋を十八軒に、風呂屋を二十
六軒と回りまして、日が暮れになるともぉ目ぇも何もゴボ〜ッと落ち窪まし
てもぉて……

▲ご、め、ん■また来たであの人、いや朝から四へん目やであの人……、何
だんねん?▲髭……■髭て、あんたもぉ剃るとこも何もおまへんで▲五分刈
りにしてもろて、頭まで剃ってもろて、このへんヒリヒリ・ヒリヒリしてま
んねん……■何んしにおいなはったんや?▲一服さしてもぉたら結構で■あぁ
さよか、ほなまぁ一服して帰っとくなはれ。

▲えらい済んまへん……「せを〜〜はやみ」■また始まった、朝から来ては
あんなこと言ぅてまんねん。ちょっといかれてんのと違いまっかなぁ▲はぁ、
無理もないわい。

 ぼやいてるとこへ飛び込んで来ましたのが四十五、六の頭領風な男で……

◆大将、ちょっと頼みたいんやがなぁ▲親方……◆あぁ混んでるやないかい。
ちょっと急き前(せきまい)でなぁ、主家(おもや)の用事で走らんならんねや、
虎はんえぇとこで会ぉた、ちょっとこれから大急ぎで走らんならん、ちょっ
と髭だけや、先代わってもらえまへんか?

◆万さん済んまへんなぁ、髭だけだんねん、ちょっと主家の用事で走らんな
らんねん、ちょっと入れたっとくなはれな、済んまへん済んまへん。もし、
こっちのお方、見ず知らずのお方に申し訳ございまへんねやけどなぁ、髭だ
けだんねん、ちょっと先……▲どぉぞ、何ぼでも先やっとくなはれ。もぉ剃
るとこも何にもおまへんねん。ボチボチ植えてもらおかしらんと思て。

◆「植えてもらう」えらいオモロイ人やなぁ、ほな頼むで■えらいまた、急
ぐねやなぁ◆さぁ、主家の用事で大急ぎやねん■あぁ、主家といぅたら、向
こぉの嬢はん、どんなあんばいや?◆かわいそぉに、今日あすやと■二十町
界隈にないといぅ小町娘や、もぉ親旦那心配してはるやろなぁ◆お父っつぁ
んもお母はんもなぁ、目ぇもなんにも真っ赤に泣きはらかしてしもて、ぼや
いてばっかりや。何の因果でっちゅうて……

■そらせやろ◆金のある家にはまた、金では片付かんといぅ心配ごとが出て
来るもんじゃわい■せやけど、あの嬢はん達者な人やったけど、何でまた?
◆さぁ、それといぅのが今時ありそもないよぉな話でな、わしも聞ぃてビッ
クリしたんやがな。

◆何でも二十二、三日前に下寺町でお茶の会があって、その帰り道、気の進
まん人、お付きのもんが「いっぺんお参りしまひょ」ちゅうて高津さんへ連
れて行ったら、それが因果やわい。絵馬堂の茶店で一服したところが、先か
らそこに座ってた人がな、どこの若旦那や知らんけども役者にもないよぉな
綺麗な人やったんやそぉな。

◆うちの嬢さんかて年頃やわい、やっぱり「綺麗な人やなぁ」っちゅうて見
てたちゅうねん。それ知らんもんやさかい、お付きのもんが「いにまひょ」
と急きたてて行ったところが、やっぱり心が残ったぁったんやなぁ、緋塩瀬
の茶帛紗が忘れたぁったんや。

◆また、その若旦那が親切な人でな「これ、あんたのと違いますか?」と、
手ぇから手ぇへ渡されたときにはゾクゾクッと震えが来たそぉやわ、そらそ
やろなぁ。あんまり名残が惜しぃちゅうんで、また茶店へ戻って来て「料紙
を出せ」サラサラッと歌を書いて渡して帰ったんや。

◆その歌の文句がな……、あの、百人一首にあるやろ崇徳院さんの「瀬をは
やみ 岩にせかるる 滝川の」あれを書いて渡したなり、どっと床について
頭が上がらん。

◆お医者はんに診せたところが「これは気病じゃ、思い詰めてることがある
に違いない」といぅので、いろいろと聞ぃたがどぉしてもおっしゃらんので、
小さい時分にお乳をあげた乳母(おんば)はんが嫁入りしてるのを呼び出して
来てやで、枕元へ座らして、なだめたりすかしたりしたところが、耳の付け
根まで真っ赤にして「誰にも言わんといて、お父っつぁんに知れたら怒られ
る、実はこぉこぉ、こぉいぅわけ」と……

◆ここではじめて様子が知れたんや。旦那それを聞ぃてえらいこっちゃがな、
一粒種の娘を殺したら大変や「出入のもん皆呼んで来いッ」ちゅうてみんな
集めて、とにかくその若旦那を探さないかんさかい「お前あっち行け、お前
こっち行け、お前あっち行け、お前そっち行け」

◆可哀想ぉに源助はん、きのう札幌行きよったであいつ。わしゃまた紀州の
係や。これから行かんならんねん「和歌山の町中で尋んねて分からなんだら
熊野の浦へ回って鯨に聞ぃてこい」てなこと言われて、ひっくり返るよぉな
騒ぎになったぁんねん■へぇ〜ッ、まぁそんな話聞くっちゅうと、あんまり
えぇ男に生まれるっちゅうのも罪なもんやなぁ。

◆せやけどやっぱりなぁ、ご大家は違うっちゅうねん。わしらやったら「瀬
をはやみ」てな歌書いてもろたかて何のこっちゃ分からんが、ここらがやっ
ぱり我々とは違うなぁっちゅうて■なるほどなぁ……

▲チョワ〜ッ!◆な、何ちゅう声出すねん。な、何をしなはんねん、人の胸
ぐらつかまえて?▲チョ、チョワ〜ッ、おのれに会おとて艱難辛苦は幾ばく
ぞや、ここで会ぉたが優曇華(うどんげ)の、親の仇、尋常に勝負、勝負◆何
を言ぅねん、こら離せ、離しんかいな▲離してたまるかい。その歌書いても
ろていんだんは、わしとこの本家の若旦那や!

◆ギャイッ! こらえぇとこで会ぉたぞ、おのれに会おとて艱難辛苦▲おん
なじよぉに言ぅな。俺とこ来い◆わしとこへ来い▲おのれ連れていんだら、
借家五軒に三百円……◆そら何のこっちゃい?

 もみ合う弾みに花瓶がパ〜ンと飛びまして、前の鏡がパラパッチャンパッ
チャンパッチャン……

■待った、待ったぁ、おい何をすんねんお前ら。今、話聞ぃてりゃ互いに尋
ねる相手が知れてめでたいねやないかい、それを喧嘩せえでもえぇがな。う
ちの鏡、割ってしまいやがって、これどないしてくれんねん?▲心配すな、
崇徳院さんの下の句じゃ■下の句とは?


【さげ】
▲割れても末に、買わんとぞ思う。


【プロパティ】
 手伝い(てったい)=てつだい。手伝(てったい)職:土木の雑務を業とする
   雇い人夫。上方では建築土木請負師およびその徒弟を総称して「普請
   方」といい、これを大工・左官・石工・手伝に区別している。
 肩の悪い者=運の悪い者。
 手蔓(てづる)=ものごとを行う上でたよりとなる人やもの。特に、依頼・
   交渉などで、手がかりになる縁故。たより。つて。てがかり。いとぐ
   ち。
 スカタン=反対・失敗・当てのはずれたこと。タンは意味のない接尾語。
   スカは透(すき)、すなわち空虚、空っぽ。また、当て外れの意にもな
   り、へまのことをもいう。
 ボヤク=つぶやく。ブツブツと不平をいう。また、小言をいう。
 急き前(せきまい)=急ぎ・至急。
 主家(おもや)=主人の家。本家。
 優曇華(うどんげ)=クワ科の常緑高木。イチジクの近縁種。インド・セイ
   ロン島などに分布。花は壺状の花托の内面に生じ、果実は食用。花が
   外部から見えないところから、仏教では三千年に一度花が咲くといわ
   れ、花の咲く時は金輪王が出現するとも、また、如来が世に現れると
   も伝えられる。きわめてまれなことに出あうことのたとえ。
 音源:桂米朝 1992/01/17 米朝落語全集(MBS)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=桂米朝 sub=桂枝雀  ●main高座記録日:1992/01/17  ●番  組  名:米朝落語全集(MBS)  ●ファイル公開日:1998/07/12  ●江戸落語相当:皿屋  ●更  新  日:2005/04/03  ●リクエスト数:rakug115  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次