【上方落語メモ第3集】その110

狸  の  賽


【主な登場人物】
 遊び人  仔狸  賭場の男

【事の成り行き】
 賭け事の代表といえばお馬さん。私は今まで一回も負けたことがありませ
ん。といいましても一回だけしか馬券買ったことが無いのですが、ビギナー
ズラックというやつで、千円が一万円になりました。

 パチンコを自分の意志、金で始めたのは高校生の頃でした。ピークは二十
歳前後、いつの頃からか時間とエネルギーを使う割には面白くないことに気
が付いて遠ざかってしまい、最近パチンコ屋に入ったのは思い出せないぐら
い前です。こちらは預金残高相当あります。

 カジノっていうやつも経験あります。しかし、あれは外国のお金を使うの
で、勝っても負けても人生ゲームのようなものです。そういえば本物の人生
も賭けみたいなもんですね。現在、私は勝っているのか負けているのか……、
分かりません。というか、真剣に賭けたことが無い(2005/02/06)。

             * * * * *

 日本では昔から代表的な博打が「花札」と「さいころ」でございますなぁ。
あの花札なんて誰が創ったもんですか、一年十二か月の花鳥風月があしろぉ
てあって、あんな風流なもんはございませんわ。

 あっちの「トランプ」みたいにヒゲ生やしたオッサンが剣持って立ってる
ちゅな、あんな色気のないのんと違ぉてね、梅に鶯やとか、紅葉に鹿である
とか、菊の花に流水に盃を浮かべるなんといぅ、あんな上品な博打はまぁ世
界におまへんやろなぁ。優雅なもんでございますわ。

 「さいころ」あれも何千年も前からあるんやそぉですなぁあれ。四角い格
好してまして、一から六まで目ぇが打ってある。あれもデタラメやないので、
必ず一の裏が六で、二ぃの裏が五、三の裏が四で、上下と合わせると七にな
ります。全部の目を合計すると二十一になる、こんなことは学校では教せて
くれしまへんさかいなぁ。

 で、あれを二つ使う「丁半」もあれば「サイカブ」やとか「ホンビキ」の
「サイホンビキ」なんてね、三つ使こたり色々ございますわなぁ。サイが一
つで一番簡単な「チョボイチ」仮に五なら五に金を張って、五が出れば何倍
かになって返って来る、ほかの目が出れば取られるといぅ。こらもぉあっさ
りした博打でございますが。

 こんな簡単な博打でも夜通しするぐらい面白いもんで、狐や狸までが博打
をやったといぅ噺がございまして、

◆なぁおい、なぁおい狐★何じゃい?◆人間のやってる博打ちゅうのん面白
そぉやなぁ★あぁ、面白いらしぃなぁ◆入れんかいなぁ、わしら仲間へ。わ
しら仲間へ入れてくれたら、木の葉なんか集めて来たら元手何ぼでもできん
ねん★そぉはいかんがなお前、人間でも顔知らんやつは入れてくれへんねや、
何でわしら入れてくれる。

◆入りたいがな、何とかならんか?★わしもこないだから考えてるねん、ちょ
いちょい途中でな負けたやつが帰るやろ、そいつに化けて「去(い)にかけた
けど、悔しぃて寝られへんさかい戻って来た」ちゅうたら仲間へ入れるやろ
と思うねや◆なるほど、なるほど。誰か出て来るまで待とか。

 ちゅうわけで、狐と狸が村の寄り場の入り口で待ってますと、一人負ける
やつが出て来ます。

●あかんわ、もぉ。こんなつかん日ぃ知らん、もぉいぬわ■そぉしぃ、そぉ
しぃ。こぉいぅ日は悪酔いせん方がえぇ●さいならッ。

 と、出て行った「しめた」といぅわけで狐がその男の様子を見定めまして、
そいつに化けると、呼吸を図ってガラッ……

■何じゃい、また戻って来たんか。忘れもんかい?★いやいや、いにかけた
んやけども、悔しぃて寝られん。ちょっとだけあるやつ、いてまおと思て戻っ
て来てん■あそぉか、入れ入れ。

 ちゅうて、やりだした。さぁ、狸が羨ましぃてしゃ〜ない「狐、うまいこ
とやりやがったなぁおい。もぉ一人早よ出て来い、早よ出て来い」待ってる
うちに、また負けが込んでくるやつが

●あかん、もぉこんなつかん日ぃ知らんわ、出直すわ■そぉしぃ、そぉしぃ、
また日を変えた方がえぇわ●さいならッ……

 「しめた」っちゅうわけで、狸が呼吸を図ってガラッ……

◆いにかけたんやけどな、悔しぃて寝られん。あるだけいてまおと思て戻っ
て来たんや■狸が来やがったッ!

 ちゅうて、みんなにどつかれてしもた「何で分かったんかいなぁ?」よぉ
考えたら、あんまり慌てたんで化けるのん忘れてた。ちゅうんですが。アホ
な噺があるもんで、狸といぅ動物はどことなしにあいつ愛嬌がありますなぁ。


●お前かいな昼間の狸は?▲親方どぉも昼間は危ないところ、ありがとぉご
ざいました●よかったなぁ、わしが通らなんだら、ひょっとしたらお前いま
時分、狸汁やで。相手が子どもやったさかい、あんな僅かな銭で離してくれ
たんや……。え? 礼(れぇ)に来た? 礼なんか要るかいな、早よいんで親
喜ばしたり。

▲穴へ帰って親に言ぃましたら、親喜びましてなぁ「おそばへ行ってご恩返
しして来い」言ぃまんねん●アホなこと言ぅな、あんな端銭(はしたぜに)恩
にかけるかいな。もぉ恩返しなんか要らんさかい、喜んでもらや結構や▲い
え、どぉでも恩返ししてこなんだら、家入れてくれしまへんねん。

●何でやねん?▲「ご恩といぅもの受けたら必ず返さないかん。恩を受けて
返すこと知らなんだら、人間も一緒や」ちゅうて親が言ぃまんねん●きつい
こと言ぅねやなぁ、お前の親。へぇ〜、狸がそない義理堅いとは知らなんだ
なぁ、恩返しをせなんだら家入れてくれへん……、お前ら何にでも化けられ
るっちゅうのはホンマかい?

▲まだ修行の足らん仔狸でっさかい、何にでもっちゅうわけにはいきまへん
けど、知ってるもんなら、たいがい化けられますが●賽(さい)に化けられへ
んか、サイコロに。いや、実はわしゃなぁ遊び人や、博打うちや。このとこ
ろ行ては取られ、行ては取られ、もぉ目が付かいで往生(おぉじょ〜)してん
ねやがな。お前が賽に化けて、わしの言ぅ目ぇ出してくれたら助かるんやけ
どなぁ。化けられへんかい?

▲「賽」ちゅうたら、どんなもんで?●サイコロ知らんかい? 子どもが双
六遊びするときに転がしてるやろがな。あの四角い格好(かっこ)して、一か
ら六まで目ぇが打ってある▲へぇ、へぇ、表通りのオモチャ屋、あの軒にぶ
ら下がってます●あぁそぉそぉ、オモチャ屋には看板代わりにこんな大きな
サイコロがぶら下がってるやろ。あれや、あれや。

▲あれなら分かっとります。へぇ、あれやったら化けられます。手拍子三つ
打ってもろたら、それキッカケにひっくり返って化けまんのんで●ほぉ、やっ
ぱりキッカケが要るのんか? オモロイもんやなぁ、手拍子三つやなヨイ、
ヨイ(ポ〜〜ン……)化けよったなぁ〜おい、せやけど大ぉきなサイコロや
なぁ、一尺四方ぐらいあるやないか。何、オモチャ屋とおんなじ大きさ?

●あれは看板代わりやさかい大きぃねやがな、もっともっと小ぃそなれ、ま
だまだ……、手の平へ乗せて転がすのやないかい、思い切ってう〜んと小ぃ
そなれ、ず〜〜っと……、見えんよぉになってもた。程っちゅうことがある
やろがな、もぉちょっと一回り大きなって……、お〜ッと、それでよし。

●器用なもんやなぁ。どぉ見てもこら賽やないかいな……。ちゃ〜んと一の
裏が六になったぁる。ピンが六ちゅな心得たぁるだけ嬉しぃやないかい。こ
れなら……、何? あんまり転がさんといてくれて、目が回る? 贅沢言ぅ
なお前。賽は転がさなしゃ〜ないねや、辛抱せぇそれぐらい。

●よッと、二が出たな……、また二ぃやな……? 何でそんな二ぃばっかり
出すねん? 二が一番楽? 楽な目ぇてあるのんかいな。何で二が楽やねん?
二はあお向けに立って目玉が二ぃになる。あぁ、目玉かこれ、二つ並んでん
のん。何ぼ楽でも二ぃばっかり出る賽、困るがな。

●今度ピンや。ひとつ、一を出してみぃ……、よッと、ピンが出たな。ピン
は何や? 逆立ちして、おいどの穴? 汚いピンやなぁおい、臭いのしそぉ
なピンやなぁ。ほな今度は三を出してみぃ、三……、よッと、三は出たけど
なぁ、横に一列てな三はないで。賽の目は斜めや。二ぃでも三でも斜めにい
かないかんねん……。おぉ、言ぅたら変わるだけがオモロイがな。

●これなら負けることなしや。よ〜〜し、五ぉと言ぅたら五、六と言ぅたら
六出すんやで……、ありがたい。なぁ、これでこないだからの負けを取り返
してきたらないかんねや。

             * * * * *

●やってるかッ!■誰や? お前かい、こっち入れ●始まってんのかいッ!
■大きな声出すなアホ。ケンタイでやれることやってんのやあれへんがな、
世間はばかってんねや、静かに入って来い●始まってるか?■アホ、表で大
きな声出して、中で小さな声。やることがいつもスカタンじゃお前は、入れ。

●チョボイチ?■せや●ちょっと済まんけどなぁ、今日はいっぺんわしに胴
取らしてもらいたいねん■何を、銭もないやつが……●それが今日は持って
んねや、せやから言ぅてんねや、いっぺんやりたいねや。それにな、今日は
こぉいぅ道具が手回ったんや、えぇ賽やでぇ。この太夫さん、いっぺん回し
てみたいんやがな。

■えぇ? おかしなもん持って来たんとちがうか?●そんなことするかい、
知った顔ばっかりやないかい。あんじょ〜調べてくれ■……、ケッタイな賽
やなぁ。何や温くぅ〜いやないかいこれ●そら、体へ付けて来たさかい、温
もりが回ったぁんねがな■堅いんか柔らかいんか分かれへんなぁこれ……、
骨(こつ)かこれ?

●噛んだらあかん、そんなもん噛んだら向こぉが噛むで■何で向こぉが噛む
ねん? おかしぃこと言ぅな……●もぉえぇやろがな、そないしたんないな、
可哀相■何が可哀相?●目が回る……、いや、目が変わる■当たり前やない
かい、目が変わらなんだらどないすんねん。せやけど、あかんわ、この賽。

●何でやねん?■走れへんやないかい。放ったかてジ〜ッとしてるがな。こ
んな走らん賽あかんで●不精せんと、ちょっと走れ■何を言ぅてんねんな。
走らへんさかい、走れへんちゅうて……、気色の悪い賽やでおい。今、ポン
と放ったら、二ぃが出て転がらんと真っ直ぐツ〜〜ッと走ったで。どこぞの
世界に真っ直ぐ走る塞てあるのんかい?

●そらお前、やりよぉが悪い■「やりよぉが悪い」てお前、転がらへんさか
い転がれへんちゅうて……、おぉ〜〜ッ、あんなとこまで転がりやがった。
もぉこんなおかしな賽知らんわ●そんなこと言ぅな、わしがやったらうまい
こといくねんさかい。

■えっ? 何でやす? この男が銭持ってんの珍しぃさかい、いっぺん胴取
らしたれて? あぁさよか、いやいやそらそんなおかしな真似はささしまへ
んけどな……、ほなお前、お許しが出たさかいやれ●ありがたい。賽、こっ
ちかして、こっちかして。

●今日は験(げん)がえぇんやぞ。少々張ってこられても、あとへは寄らへん
ねやさかいな。もぉド〜ンと張って来いよ■イチビリやがってアホが、頂こ
か。こいつが銭持ってんの珍しぃさかい●「頂けるもんなら頂いてみぃ」っ
ちゅうやっちゃ、さぁ張れよ、張れよ……、ピンに、二ぃに、三、えらいま
た若いとこへ集まってんねやなぁ……、六は空き目かえ? 六、誰もないの
ん?

●こらありがたい、六と来たら総取りや……。頼むで、タ〜ちゃん■何や?
その「タ〜ちゃん」は何や?●こっちのこっちゃ、ほっといてくれ……。ま
ず始めは六やぞ、六つや、一番数の多いやっちゃ間違えな、ピンの裏やで、
こぉ二列に……■何をゴジャゴジャ言ぅてんねん、早よ開けんかいな!

●開けるがな、六、六、六、六……、ほぉれ六が出た。この銭はみなわしの
もんじゃ■こいつとぉとぉ祈りだしよったで●さぁ張れよ張れよ、張った張っ
た……、おぉおぉ六いきやがって、柳の下にドジョウは居らんわい。ほぉ〜
裏目狙いのピンか、四、五、六……、三がないやないかい、三と来たら……、
今度は三が総取りか。次はなぁタ〜ちゃん■あのなぁおい、タ〜ちゃんちゅ
うのん気になるなぁ。

●ほっといてくれ、こっちのこっちゃ。次は三やぞ、今の六の半分や間違え
な。三やでぇ、斜めやでぇ■何を言ぅてんねん、みな待ってんねがな、早よ
開けんかい●三、三、三、三……、ほぉれ三が出た。これはみなわしのもん
■しかし、こいつよぉ目ぇ出しよるなぁ★じきツキが変わるねやて。

●何の変わるかい。今日のツキはちょっとやそっとでは変わらんぞ。え〜っ、
張った張った張った、次は一番少ないところは……、二ぃか、二ぃといぅた
ら、ありがたい次はなぁタ〜ちゃん■ちょっと待て、ちょっと待て、ちょっ
と待てぇ●何や?■数を言ぅな●え?■数言ぅな。

●数ぐらい言ぅたかてかめへん■数、言ぅたらいかん●言わな分からへんが
な■何やて?●その、言ぅたかてど〜っちゅうこと■「ど〜っちゅうこと」
があってもなかってもやな、みな気にしてんねや。お前が六や言ぅたら六が
出るし、三や言ぅたら三が出る。人の気にしてることはやるな。だいたいこ
んなもん「三や、六や」ちゅうてやるもんやあれへんがな、こんなもん黙っ
てやるもんや。

●そぉかて数言ぅたさかいいぅて……■とにかく、数言ぅな●そぉか、ほな
数さえ言わなんだらえぇねやな■数さえ言わなんだらえぇねや●へへぇ、数
みたいなもん言わんでもえぇわい……。次はなぁタ〜ちゃん。一番楽なやっ
ちゃ……、分かってるかぁ、一番楽なやつ、目玉やでぇ〜〜、目玉、目玉、
ほぉ〜れ二が出た■何でこないなんねん? おかしぃ具合やなぁ。

●もぉ数みたいなもん言わいでも、目玉やらおいどの穴やらいっぱいあるん
やからこたえへん。さぁ、張れよ、張れよ、張れよ……、次は五ぉときたら
こっちのもんか、次はなぁ……■数言ぅなッ!●言えへん。言えへんけど、
みな聞ぃといたらよかったなぁこれ……、五ぉはどない言ぅたらえぇねん?

●あの、目玉二組と尻の穴……、分からんやろなぁそんなややこしぃこと、
勘定よぉせぇへんやろなぁ。次はあれやがな、真ん中に一つポ〜ンとあって、
ぐるりポンポンポンポン……、アッ! 梅鉢の紋みたいなやっちゃ、知って
るやろ? 梅鉢の紋。天神さんの紋や、天神さん頼むで。天神さん、天神さ
ん……


【さげ】
 と、開けると、狸が冠かぶって、杓(しゃく)持って、天神さんのかっこで
立っとりました。

【プロパティ】
 いてまう=いってしまう→いてしまう→いてまう:目的を達しようとする
   こと。ここでは「使いきってしまう」の意として用いる。ほかに「死
   んでしまった」「失神してしまった」などもイテマウ。
 しゃ〜ない=仕様が無い→しょうがない→しょ〜ない→しゃ〜ない。
 どつく=打つ・殴る・小突き回す。胴突くか?
 往生する=行きづまり・どうにもならぬ困惑の意から、閉口する・困ると
   いうほどの軽い意にも用いる。往生は本来仏教用語で、生き抜く力、
   行き詰まった生命を限りなく進展してゆくことである。それが臨終の
   意に転じ、更にその死を厭う心から、行き詰まりの意にまで転用され
   るに至った。
 キッカケ=歌舞伎などで、演技や効果などの開始、次への進行を指示する
   種々の合図。通常片仮名で「キッカケ」と書く。
 尺=約30.3センチメートル。メートル条約加入後の1891(明治24)年、曲尺
   (かねじゃく)1尺を33分の10メートルと定義し、尺貫法における長さ
   の基本単位とした。
 おいど=尻。居所(いどころ)すなわち座る所の意で、それがイドと約まっ
   たもの。
 ケンタイ=平気・当然・大っぴら。遠慮しないで。
 スカタン=反対・失敗・当てのはずれたこと。タンは意味のない接尾語。
   スカは透(すき)、すなわち空虚、空っぽ。また、当て外れの意にもな
   り、へまのことをもいう。
 手回る=(必要に応じて)手に入る。
 ケッタイ=妙な・変な・へんてこな・おかしな・奇態な・嫌な・不思議な
   など、実にいろいろな意味を含んだケッタイな言葉。エゲツナイと並
   んで上方言葉の両横綱。怪体とも奇態とも希代とも卦体とも当てる。
 したんないな=したり+な+いな。
 あかん=駄目。「埒明かぬ」あかぬの約転。ビンのフタが開かないの開か
   んとは意味が違う。
 験(げん)=ゲンがえぇ、ゲンが悪いなど、兆しの意味に用いられる。現在
   は験の字を当てるが、縁起(えんぎ)の倒語ギエンをゲンと約めたもの。
 いちびる=調子に乗ってはしゃぐ。ふざける・ほたえる・つけあがるとい
   うほどの意を含んでいる。「市振る」からの転訛。その市振りの嬌態
   からきたもの。市振り:せり市で手を振って値の決定を取り仕切る。
 天神さん=菅原道真(845〜903)平安前期の学者・政治家。謹厳にして至誠、
   漢詩・和歌・書をよくし、没後学問の神天満天神としてまつられた。
 音源:桂米朝 1991/07/01 米朝落語全集(MBS)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=桂米朝 sub=*  ●main高座記録日:1991/07/01  ●番  組  名:米朝落語全集(MBS)  ●ファイル公開日:1998/06/07  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2005/02/06  ●リクエスト数:rakug110  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次