【上方落語メモ第3集】その111

看 板 の 一


【主な登場人物】
 遊び人  その仲間  親っさん  賭場の男たち

【事の成り行き】
 世の中、表面・見てくれが価値を左右する場面が多々あります。たとえば
曲がったキュウリより、真っ直ぐに綺麗な姿のキュウリの方が等級が上で、
より高い値がつくというか、つけることができるらしいのです。

 ただしこれは、中身である味が同じならば、という条件付のはずなのです
が、いつの間にやら本末転倒、逆転、あっちゃこっちゃになって、とにかく
キュウリは真っ直ぐでないと、並べても売れ行きが悪いというから生産者も
大変でしょう。聞くところでは、成長過程のキュウリに重りを付けて真っ直
ぐに伸ばすのだとか。

 かと思うと、カルト集団と見間違いそうなナチュラル指向奥様方が「いや
いや、自然のままの曲がったキュウリこそ本物である」と声を大きくされた
結果か、最近ではスーパーにも無農薬有機栽培の棚の隣りに、曲がったキュ
ウリばかりを選んでパックにして「自然のままの曲がりキュウリ」が並んで
いるのも見かけます。

 わざわざ特別に曲がったキュウリばかり分けられたということは、真っ直
ぐなキュウリはその選別から外されて「不自然な真っ直ぐキュウリ」として
売られているのか。というような屁理屈はともかく、曲がっていても真っ直
ぐでも、食べてみないことには味は分からないのです(2005/02/20)。

             * * * * *

 勝負事といぅもんは面白いもんで、何でもないもんでも金を賭けたりする
人がありまして、テレビの相撲なんか見てましても「どっちが勝つ?」てな
こと言ぃましてチョコレート1枚賭けても力が入るもんです。

 「次あの町角から曲がって出て来んのん男か女か、千円いこか?」「ほな
わしゃ男や」「わしは女や」待ってたらオカマが出て来てどないしょ〜かい
な、ちゅう頼んない噺がある。

 何にでも賭けよか、言ぅ人があるんですが

■いかんでおまはんわ●何が?■「何が」て、何ぞ言ぅたら「何ぼいく?」
とこぉ言ぅやろ「ちょっと賭けよか」とか、あれはいかんなぁ品がないで、
やめたらどやねん●せやなぁ、わしもあんまりえぇ癖やとは思わん。ほなや
める■やめる?●あぁ、やめる。もぉこれからわしゃスパッと一切、勝負事
はやめる。もぉ競馬も競輪もやめ、パチンコもやれへんさかいな■ホンマか
いな、こんな好きなやつがよぉやめるかい●いや、わしも男や「やめる」と
言ぅたら必ずやめる■やめられへんッ!●やめられるか、やめられんか、一
万円いこか?

 ちゅうてね、もぉこぉいぅ人は永久にやめられしまへんさかいな。

 まぁ昔からやっぱり花札とサイコロの方でございますなぁ、日本で代表的
な博打と言ぅと。あのサイといぅのも面白いもんでございまして歴史は古い
んやそぉですなぁ、何千年も昔からあるといぅ。四角い格好(かっこぉ)して
て、一から六まで目が打ってございますが、あれはデタラメやないので、必
ず一(ピン)の裏が六、二の裏が五、三の裏が四。上、下と合わすと七になる
んですなぁあれ。

 こんなことはもぉ学校でも教せてくれしまへんさかなぁ、二ぁつ使う博打
もあれば、三つ使う「サイカブ」なんちゅうのもありますが、いちばん簡単
なやつは「チョボイチ」てなこと言ぅんですが、サイが一つでございまして
ね、でもぉ、三なら三に金を張って三の目が出れば何倍かになって返って来
るといぅ。

 こらもぉ単純なゲームなんですが、こんなもんでももぉ、やっぱり夜通し
するぐらい、力が入って面白いもんやそぉでして、若いもんが七、八人も集
まって、しきりにこれを転がしてたんですが……

●なぁおい▲えぇ?●オモロないなぁ▲何がい?●「何がい」て、わしらみ
んなの懐掻き集めたかて知れてるやないかな。もぉちょっと力の入るよぉな、
持ってるやつ引っ張り込まないかんがな▲持ってるやつか? 持ってるやつ
が居らへんさかい困るがな●居るがな▲え、どこに居るねん?●あの隠居、
あれ、あのオッサン、持ってるであれ。

▲持ってるか知らんけど、あの親爺はやれへんがな●やるねやて。今あんな
ボケたみたいなオッサンやけどな、以前はちょっと鳴らした博打打やったら
しぃ。相当な親分連中でも「おぉ、隠居元気かい? 隠居達者か?」隠居、
隠居て、立ててもの言ぅてんねや。あら、ちょっとやったやつに違いない。
おら、うまいこと言ぅて引っ張り込むさかいな……

●親っさん! 隠居はん!■何じゃい●若いもんが寄って遊んでんねやけど
なぁ。ちょっと、たまにはあんた仲間に入れへんか? なぁ、ちょっとやっ
たらどや?■堪忍してくれお前。年取って目ぇもウトなったし、耳も遠ぉなっ
たが、お前ら相手にそんな真似ができるかい●そんなことちゅわんと、昔取っ
た杵柄っちゅうことがあるやないか。親っさんも以前はちょっとやってたそ
やないか? たまにやったらまたオモロイもんやで。なぁ、入りぃな、そな
いいじめへんさかい。

■何をぬかしてけつかる、なぶっておったら承知せんでホンマに……。よし、
そんならいっぺんだけ相手なったろか●入ってくれるか■断っとくが、いっ
ぺんだけやで●いっぺんでもえぇやんなぁ……、手ごわい相手が出て来たが
な■ホンマの博打はこぉやるっちゅうところを見したるわ……。壷ざらをこっ
ち貸せ●えッ? 親っさん、あんた胴取るのん?■あぁ、取られてもえぇ金
はここにたっぷりあるはずや。お前らがな、懐さらえて張って来ても大丈夫
じゃこの胴はつぶれんわい。安心して張って来い。

▲へぇ〜、こらちょっと手ごわい相手が出て来たなぁ■ホンマの博打はこぉ
やるんじゃちゅうこと見せたるさかいな、さぁ来いッ!●おぉ、ちょっと手
ごわい相手が現われたな、何ぼほどいったろ……▲おい、おい、おい●何や?
▲壷ざらのそばを見てみ●え?▲サイが外へ出てんねやがな。ピンが見えたぁ
んねやがな●うわッ、ほんに見えてる。こんな博打あんのんかいな?▲そん
なアホな、外へ出すてな博打あるわけないやないかい●親爺やっぱりボケとぉ
る。中へ振り込んだつもりで外へこぼしとぉねん……、教せたろか?

▲教せぇでもえぇやないか。こんな結構な博打あらへんねや。張ろ張ろ……
張るぞぉ■何ぼでも張って来い。目ぇもウトなったし耳も遠ぉなったが、お
前らには負けんわい。ど〜んと張って来い●よ〜〜し、ほんならわしゃなぁ
ピンへこれだけいこ▲わしもピンや★おれもピンや……、わいもピンや……、
ピンからこれだけいこ……

■ほぉ、何じゃい何じゃい。みなピンかえ? サイの目は六つあるんやぞ、
みなピンでえぇのかい?●ピンでえぇねや。なぁ、ピンが出るなぁ▲あぁピ
ンと来た■何をしょ〜もないこと▲親っさんそれでえぇねや■ほぉ、二ぃか
ら六までの目が出たら、わしのもんやぞ●その代わり親っさん、ピンが出た
ら総付けやで■みなまで言ぅな、勝負は中じゃ、開けてみるまで分からんぞ
●開けて見んでも分かったぁる。

■もぉ張るやつはないか?●ちょっと待った親っさん。俺もぉちょっと張り
足すわ▲おい、お前まだ銭持ってんのかいな?●ちょっと芳の兄貴から預かっ
た銭があんねん▲そんな芳の兄貴の銭、手ぇ付けたりしたらどんな目に……
●取れること決まってる勝負に張らんやつ、アホやないか……。親っさん、
こんだけピンに張り足すわ。

■またピンか。もぉ張るやつはないか……? そぉと決まったら、この看板
のサイコロはちょっとこっちへなおさして……●親っさん、そら何をすんね
ん■こら看板や●看板? 看板て何やな?■薬屋行たら中にホンマもんの薬
があって、表に薬の看板が出たぁるやろ。足袋屋へ行たら足袋の看板が出て
て、中にホンマもんの足袋があんねん。中に本物のサイがあって、ちょっと
ピンを人寄せに、看板に出しといた。

●ちょ、ちょ、そんなアホなことないで親っさん。博打のサイコロに看板て
な、聞ぃたことないがな■何を言ぅてんねやいな「勝負は中じゃ」てはじめ
から言ぅたぁるやないか。お前ら卑怯なこと考えなよ……。俺の睨んだとこ
ろでは中の目は五ぉと出たなぁ……。勝負ッ! それ見てみぃ五が出た。こ
の銭はみなわいのもん。

●うわァ、親っさん……、そら殺生やで、インチキやで!■ギャ〜ギャ〜吠
えな。卵の殻ケツに引っ付けてる分際で、虎のヒゲ触りに来るさかい怪我さ
らしたんじゃ。お前らまだ他流試合は早いわい。こんなものは世間に何ぼで
も上には上があるんじゃ……。お前らの銭取ったら後生にさわるわ。さぁ、
返したるさかいそっちで勘定して持って去(い)ね。これに凝りなあかんで、
カスめがッ!

 「ワァ〜ッ、ホンに上には上があるなぁ、おい。もぉ博打てなものはやら
んよぉにしょ〜」と、思たら偉いんですが、たいがいのやつが「こらえぇ手ぇ
やなぁ……、いっぺんは掛かるやろ」そらまぁ二度とは掛からんが、いっぺ
んは掛かってくれるのんに違いない。どっかでやってみとぉてしゃ〜ない。

             * * * * *

●やってるか!◆誰や? お前かい、入って来い●始まってんのか!◆大き
な声出すなアホ、ケンタイでやれることやってんねやあれへんがな、世間は
ばかってんねん、静かに入って来い●始まってるか?◆アホ、表で大きな声
出して、中で小さい声で、やることがまるきりスカタンや、入れ。

●チョボイチ?◆せや●ちょっと、わいに今日、胴取らして◆何をぬかすね
んお前、銭も無いやつが……●いや、今日は持ってんねや、せやから言ぅて
んねや。それよりな、あの「勝負ッ!」ちゅうのんいっぺんやってみたいね
ん、いっぺんやらしてぇな。

◆えッ、何でやす? この男が銭持ってんの珍しぃさかい、いっぺんだけや
らしたれ? あぁさよか……、いっぺんだけやで、お許しが出た●いっぺん
で結構、二へんやれ言ぅたかて、わしゃやりとぉないねやさかいな。道具こっ
ちかしてくれ道具、今日は持ってんねんやさかいド〜ンと張って来いよ。勝
負は一回しかやれへんぞ、大きぃに張って来い、ありがたいなぁ。

◆アホがイチビリやがって。こいつが銭持ってるて珍しぃやないかい。ほな
いただこか……、おい、壷ざらのそば見てみぃ★何や?◆サイが外へ出てん
ねや、ピンが見えたぁる★わっ、アホが慣れんことやりやがって……、言ぅ
たろか◆言わいでもえぇやないか。イチビリやがって偉そぉに「いっぺんや
らせ、いっぺんやらせ……」張るぞッ!●何ぼでも張って来いよ。目ぇもウ
トなったし耳も遠ぉなったが、まだまだお前らには……

◆何をぬかしとぉんねんこいつ、年寄みたいなこと言ぅてるやないか……。
おッ、ピンからいこ★わしもピンや……、ピンからこれだけ……、わいもピ
ン……、おれもピン……●ほぉ、みなピンやなぁ。二ぃから六までの目が出
たらわしのもんやぞ◆そのかわりピンが出たら総付けやで●みなまで言ぅな、
開けてみるまでは分からんぞ。勝負は中じゃ……、もぉ張るやつはないか?
兄貴の金預かってるやつはないか?

◆何でそんなもん預かるねん……? おかしなこと言ぅなや●それは残念や
なぁ、ないと決まったら、でわ、この看板のサイコロはちょっと……◆お、
お、おい、何をすんねやッ!●こら看板や◆看板て何や?●中に本物のサイ
があって、ちょっとピンを客寄せに、看板に出しといた。

◆あんなこと考えて来やがったでおい……、こらアホにしてやられたで。そ
んなインチキ殺生や●何を言ぅねん、お前らとわしとはここが違う。俺の睨
んだところ、中の目ぇは五ぉと出たなぁ……


【さげ】
 スッと開けたら、中もピンやった。


【プロパティ】
 いかん=いけない・ダメだ。イカヌの訛。アカンとほぼ同義語であるがそ
   の使い方には多少の相違がある。イカンは他動的でアカンは自動的と
   でも言うべきか、この使い分けは大阪人でないとできない。アカンは
   アカヘンというがイカンはイカヘンとはいわない。
 ホンマ=本真と当てる。本当。真実。まこと。略してホンともいうが、こ
   れはホン軽い意味の場合に用いる。
 ピン=ポルトガル語 pinta 点(・)の約訛。さいの目の1。最上等のもの。
   ピンからキリまでの「キリ」は十を意味するクルスの転訛。最上等か
   ら最下等まで。
 ぬかす=言う・ほざく。
 けつかる=居る。する。の意の下品な悪態口に用いる語で、ケツカルだけ
   でも「居やがる」の意であるが、さらに他の動詞に付いてその下品な
   言い方になる。サラス・クサル・ヤガルなどと同じ意に使用するが、
   この三つは動詞の連用形に付くのに対して、ケツカルだけはテに接続
   する。してケツカル。言うてケツカル。など。ケッカルともいう。
 さらす=するの罵語。やがる・くさる・けっかるなどの補助。さらしてけっ
   かる。
 ケンタイ=平気・当然・大っぴら。
 スカタン=反対・失敗・当てのはずれたこと。タンは意味のない接尾語。
 イチビリ=調子に乗ってはしゃぐもの。ふざけるもの。「市振り」市振り
   の嬌態から来たもの。市振り:せり市で手を振って値の決定を取り仕
   切る。
 音源:桂米朝 1991/11/20 米朝落語全集(MBS)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=桂米朝 sub=*  ●main高座記録日:1991/11/20  ●番  組  名:米朝落語全集(MBS)  ●ファイル公開日:1998/06/14  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2005/02/20  ●リクエスト数:rakug111  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次