【上方落語メモ第3集】その107

三 枚 起 請


【主な登場人物】
 仏壇屋の源兵衛  下駄屋の喜六  指物屋の清八
 小山(おやま=女郎)の小輝(こてる)  茶屋の女将

【事の成り行き】
 起請・誓詞(誓紙)。神仏に誓いを立て、それに背かぬことを宣言すること。
また、その旨を記した文書をいうそうです。当人同士の契約やないというと
ころが味噌ですね。違反しても痛くも痒くもない。政治家の公約みたいなも
んです(2000/03/12)。

             * * * * *

 今度は色街のお噺を聞ぃていただきますが、え〜、芸者遊びのほぉとそれ
から女郎(じょろ)買いのほぉと、この昔の御茶屋遊びも二つございますが、
この小山(おやま)さんのほぉはもぉ三十年余り前に「売春防止法」とかなん
かいぅものでなくなってしもぉた……、ことに、なってますんですなぁ。まぁ
いろんな形を変えてね、いろいろな形でまぁないことはございません。

 芸者遊びのほぉもねぇ、大阪は……、まぁ東京あたりでもそぉらしぃけど、
ホンマに若い人はあんまりおらんよぉなってしまいまして、とにかくわたし
ら馴染みの人ちゅうたらもぉたいがい七十、八十でっしゃろ。三人呼んだら
二百越してまっさかいな。何や、散財してんねや敬老会やってんねや分から
んよぉなことなってしもたんで。

 もぉ一つのほぉはまぁ、わたしら昔のそぉいぅ経験がございませんので、
古いことを聞ぃたりなんか、先輩の話でね、そぉいぅあの、わたしらの時代
は戦後でっさかいね、もぉガラッと変わってますわ。ただ、そぉいぅ噺をす
るときの唯一の頼りは、お客さんのほぉもあんまりご存知ないさかい、誤魔
化せるやろといぅ、もぉそれだけでございますわ。

 古今亭志ん生なんて、もぉ亡くなってからずいぶんなりますなぁ。東京の
お爺さん、えらいお爺さんでしたが、それに近い歳にわたしもなってしまい
ましたけどね。あの時分あの志ん生さんが、こぉ羽織の紐をこぉやりながら
「その時分のこの、吉原ってぇものは、こぉ大門があってこぉ……」なんて
言ぅと、江戸時代から生きてんのんかいな? 思いましたけどね。まぁせや
さかい、そのうちわたしも誤魔化せるやろと思とりますんですけども。

 まぁ起請といぅものがね、こらもぉやっぱり紙治(かみじ)のお芝居かなん
かに出て来るぐらいでっしゃろかなぁ「起請誓詞を取り交わし」なんか言ぅ
て、昔は熊野の神さん、天地の神さんに誓こぉてですな「互いに変わるな変
わらじ」といぅよぉなことを書いたといぅよぉな、もぉそら破ったら血を吐
いて死ぬ、天罰たちどころに至るといぅよぉな、書いたもんがうるさかった
もんでございます。

 侍の世界なんかいぅのは借金の借用書に、もしも約束を破って返済せなん
だら「人なかにてお笑いくだされもかまわず」といぅ、人なかで「こいつは
約束破ったやっちゃ、わははっ」と笑われてもかまわんといぅよぉな、そん
な証文で金貸してくれた。今やったらよろしぃなぁこれ、金返さんでえぇわ
笑ろてくれるわ、噺家みな喜んでそんな証文何ぼでも書きまっしゃろけども。

 まだ人間の気持ちがウブやったんでしょ〜か、まぁ、そんな時分のお噺で
すが……

■こっち入り……、そこの座布団触ってみぃ、まだ温もりが残ってるやろ。
最前までお前のお母ぁはんそこへ座ってたんや……、ぼやいてたで。聞きゃ
この頃お前、夜泊り日泊りしてるそぉやなぁ?●そんなことせぇへんで■両
方の話を聞ぃてみんと分からんが、そんなことはないのんかい?

●夜泊りはするけど、日泊りはせぇへん■何を言ぅてんねん、それを夜泊ま
り日泊まりと言ぅねや「何日も何日もどこへ泊ってんのか帰ってけぇへん」
ちゅうて「ひょっとしたら『おいでおいでの逆さま』てなもんに凝ってんね
やないか」ちゅうて案じてはったがな。

●「おいでおいでの逆さま」て何や?■分からんかい?●「おいでおいで」
いぅたらこぉやがな■そぉや●それの逆さま?■そぉいぅややこしぃ手つき
せぇでもえぇ、これの反対ちゅうのはこれや。こぉいぅことをしてへんかっ
ちゅうねん。二つでも三つでもここへ賽を乗せて「勝負」てなことやってん
ねやないかっちゅうねんや。

●源やん、お前の言ぅてるのんそれ博打とちゃうか?■そや●博打てなもん
■嫌いか?●好きや■何を言ぅてんねん●しかし何やで、源やんの前やけど
わしゃ博打なんかあんなつまらんもんないで、せやないかいな、おのれの銭
をおのれが得心ずくでやり取りして、お上の罪になるがな。あんなつまらん
もんないがな。

■ほな、何に凝ってんねや?●博打やないっちゅうたら分かるやろがな、も
一つのほぉやがな■もぉ一つて?●これこれ■嬉しそぉな顔して小指出しや
がって、女ご? ふぅ〜ん、白か黒か?●えッ?■「白か黒か」っちゅうて
んねや●こないだ捨ててあったん、あれマンダラやったけどな■誰が犬の話
をしてんねん。素人か玄人かちゅうてんねや、相手わ。

●出て姫の玄人や■丁寧ななぁ、出て姫なら玄人に決まったぁるがな、芸者
かい?●あなどるな、小山(おやま)じゃ!■誰があなどるかい。小山? お
い、小山ちゅうたらどんなもんや知ってるか「騙します」ちゅう看板揚げて
商売してんねんであれは「わたしは騙しまっせ」ちゅうてんねや。あの世界
は騙したやつが偉ろぉて騙されたやつがアホと決まったぁんねや。程のえぇ
こと言われてお前、えぇ気になってたらドえらい目に遭うで。

●ちょっとぐらい程のえぇこと言われた、そんなことでこんな騒動は起こら
んぞ■大層に言ぅな、どないや? 堅いもんを取り交わしてる? 何じゃい
そら? 起請? へぇ〜っ、古風な色事やってんねやなぁおい「起請誓詞を
取り交わし」てな、弘法大師にまだ髷があって寺子屋へ通てた時分の話やで。
よぉそんなことやってるなぁ、持ってんねやろ? 持ってたらちょっと見し
てみぃ。

●肌身離さず持ってんねや■ちょっと見せぇちゅうねん●これ、あだやおろ
そかに扱こぉてもろたら困るぞ■大層に言ぃないな……。えらい字ぃやなぁ
また「ひとつてんはつきしやうもんのこと……」よぉ書きよったなぁ、仮名
ばっかりで、ミミズ這ぉたよぉな字やで「わたくしことねんあけさふらへば」
か、候やみななぁ漢字で書いといてもらえ。ゝ(ちょぼ)一つ打ったかて候に
なんねや「さふらへば」て読みにくぅてしゃ〜ない。

■「あたさまと……」何や、この「あたさま」ちゅうのわ?●「あなた」の
「な」が抜けたぁんねん■肝心なとこ抜いてもらいなやおい「あなたさまと
ふふに……」「ふふ」て何や?●「ふうふ」の「う」が抜けたぁる■ぎょ〜
さん抜けたぁんねやなぁ「ふうふになりさふらうことじつしやうなり……」

■「ごじつのためよってくだんのごとし」うワァ〜ッ、立派に書きよったなぁ
「げたやきろくさま……」こんな商売書いてもらいなやおい。これがなぁ友
禅屋とか、小間物屋とかやったらまぁ粋(すい)なけども、下駄屋喜六様ちゅ
な色気がなさ過ぎるやないかお前。

■「うつぎみせこてることほんみやうたね」本名付きやなぁ。えぇ「宇津木
見世小輝こと本名たね……」この宇津木ちゅうのは難波新地(なんばじんち)
の宇津木かい?●せや■あそこにいてる小輝ちゅう女ごやったら、若こぉ見
えたぁるけど、あら二十二やで●せや■前、堺の新地に出てて、こっちへ仕
替え取って来た?●せや。

■あの小輝か……、あぁ〜ッ、えらい女ごにかかりよったなぁおい。あら、
お前らのテコに合わんぞ。海に千年、沼に千年、山に千年、三千年の劫ぉ経
(こぉへ)てるっちゅうやっちゃ、ちょっと背中さすったら鱗が五、六枚生え
てよかいぅ代物(しろもん)やで●前もそんなこと言ぅやつがあったさかいな、
わい寝てる時背中さすってみたけど、何にも生えてへん。

■当り前やがな、ホンマに生えてたら化けもんじゃ。えらい女ごにかかりよっ
た……●これッ、放り出しな放り出しな! 何をすんねやいな。わしゃ朝晩
神棚へ上げてこれ拝んでんねやぞ。この端をちょっと千切って盃に浮かべて
ギュッと呑んだら、どんな熱でも落ちる、こんな……■何を言ぅてんねん、
妙な声出して。わしはなぁ、そんな神棚へ上げたりせんわ。煙草入れの隅に
放り込んだぁるねん……、見てみぃ。

●何やなこれ? 源やん、これ起請と違うか?■せや●人に「起請誓詞てな、
弘法大師にまだ髷があって寺屋へ通てる時分」やなんや言ぅといて、自分か
て起請もろてんねやないかい「ひとつてんはつきしやうもんのこと」やっぱ
り「きしやう」人のこと言ぅことあらへんねや……

●「わたくしことねんあけさふらへば」やっぱり「さふらへば」やないかい
「あたさま」と違う「あなたさまとふうふに……」字ぃ抜けたないなぁ、こ
れは……「なりさふらうことじつしやうなり」起請の文句てな、みな決まっ
たぁるなぁ。

●「ぶつたんやげんべえさま」やっぱり商売書いてもぉて、下駄屋喜六のほぉ
がまだましやで。仏壇(ぶったん)屋ちゅな色気がないちゅなもんやあれへん
がな……「うつぎみせこてることほんみやうたね」やっぱり本名付きや「宇
津木見世小輝こと本名……」源やん、これ一緒や!■なッ、せやさかいそん
なもん、夢中なって喜んでたらあけへんちゅうねん。

●え「ひとつてんはつきしやうもんのこと……」「ひとつてんはつきしやう
もんのこと」「わたくしことねんあけさふらへばあなたさまとふうふになり
さふらうことじつしやうなり……」一緒や、一緒や「ごじつのためよってく
だんのごとし」一緒やがな「うつぎみせこてることほんみやうたね」「うつ
ぎみせこてることほんみやうたね」一緒や「げたやきろくさま」「ぶつたん
やげんべえさま」ここ違う。

■当たり前や、そこまで一緒やったらどないなんねん●「こんなん書いて渡
すのん、あんたひとりや」てなこと言ぃやがってホンマに、馬鹿にしやがっ
て!■大きな声出しな、しゃべりな。しゃべりの清八が来た。

             * * * * *

◆……、また出直してくるわ、源やん■何やな清ぇやん、顔だけ出して。気
の悪いことしないな。上がっていたらどぉやねん?◆上がってもえぇのんか
い?■いつも黙って上がって来るやないか、今日に限って何でそんなこと言ぅ
てんねや◆そぉか、ほな上げてもらうわ……

◆源やん、今お前「気の悪いことしな」ちゅうたなぁおい……、わいなぁ、
おまはんに何かしょ〜もないことしゃべって迷惑かけたことあったか? わ
しが今この門口ぃ立つなり「しゃべりの清八が来た」ちゅうたなぁ。なるほ
どわしはしゃべりか知らんがなぁ、人の悪口やら噂を言ぃ回ったことはない
つもりや、何か迷惑かけたことあったら言ぅてくれ。

◆門へ立つなり「しゃべりの清八が来た」てな、そんなこと言われて、気が
悪いのはどっちや? わしのほぉがよっぽど気が……■大ぉきな声出しない
なもぉ、じきにハコヤ起こすさかいどもならん、違うがなそんなこと言えへ
んがな◆おら確かに聞ぃた。

■違うがな、今喜ぃ公が来て女ごのことで笑ろたり泣いたりノロケ言ぅてる
さかい「そんなアホなことシャベリな」ちゅうてたら、おまはんがシュッと
顔出したさかい「しゃべりな。清八が来た」こない言ぅたんやないか◆しゃ
べりの清八と違うんか?■誰がそんなこと言ぅか。

◆「しゃべりな。清八が来た」か……。いや、こらえらいすまん。わしゃもぉ
カ〜ッとなったら目ぇも見えんねや、喜ぃ公が来てんのん知らなんだがな、
そこにおったんか……。いや、いきなり「しゃべりの清八」と聞ぃたさかい
カ〜ッとなって、お前が来てること分からなんでん。こいつが女ごから起請
もろてノロケ言ぅてる? えらい色男になったんやなぁ、こないだまでこい
つ溝またげてションベンしてたと思たのに。

◆そぉか、何かい女ごから起請文。えらい色男になりよったなぁ、ちょっと
わしにその起請文見してくれ、見してくれ……。何ブツブツ言ぅとんねんお
前、見せたかて減るもんやあらへんがな、こっちかせっちゅうねん……。何
じゃいこら、えらい字ぃやなぁ……「ひとつてんはつきしやうもんのこと」
こんなん読んでたら肩が凝るがな「わたくしことねんあけさふらへば」か、
候やみな本字で書いといてもらえ。ゝ(ちょぼ)一つ打ったかて候になんねや
ろ。

◆「あたさまとふふに……」何じゃいこの「あたさまとふふに」ちゅうのわ?
■あなたの「な」と、ふうふの「う」が抜けたぁるねやて◆はぁ、人間が抜
けてたら、もらうもんまでが抜けてるなぁ……「なりさふらうことじつしや
うなり ごじつのためよってくだんのごとし」立派に書きよったなぁ「げた
やきろくさま」商売付きやな。

◆「うつぎみせこてることほんみやうたね」本名付きやな、おたねはんちゅ
うのか、よッおたねはん、おたねはん。なぁ、色男いっぺん鼻かめ、鼻水が
垂れてるちゅうてんねや。やぁれ、おたね……、喜ぃ公この宇津木っちゅう
のは難波新地の宇津木かい?●せや◆あすこにいてる小輝ちゅう女ごやった
ら、若こぉ見えたぁるけど、もぉ二十二やで●せや、源やんと一緒や。

◆何で「源やんと一緒」や? 源やん二十八やないか、何を言ぅとんねん。
前、堺の新地に出てて、こっちへ仕替え取って来た?●せや、ちょっとも違
がわん、源やんと一緒◆なんで源やんが仕替えを取らな……? いや、あの
小輝かえ? あの小輝……?

●源やん、もぉ一枚出そぉな具合やで◆「ひとつ てんはつきしやうもんの
こと わたくしことねんあけさふらへば あなたさまとふうふになりさふら
うこと じつしやうなり ごじつのためよってくだんのごとし うつぎみせ
こてること ほんみやうたね さしものやせいはちさま……」

■ど、どこ行くねん? 台所飛び込んだ、ちょ、ちょっと喜ぃ公抱き止めん
かいな。ま、待ったまった、出刃包丁振り回したらいかん。ゲラゲラ笑ろて
んねやあれへん、お前のためにこんなこと起こったんや、早よ止めんかいな
●放っときほっとき、それレンゲや、スリコギ振り回してどないしてんねん?

◆え? これレンゲか……。馬鹿にしやがってホンマに。こいつはどんない
きさつがあって起請もらいよったか知らんけどなぁ、わしがこの起請書いて
もらうについてはひと通りやないわけがあんねや■何ぞあるんか?◆何ぞて
お前、もぉだいぶ前の話になるけどなぁ、うちの親方がひと月の仕事、堺で
請け負いよったんや、前金もろたぁんねん、こんな結構な仕事ないで。

◆前金もろてるさかい、もぉ金の心配せんでもえぇ、懐はぬくいわ。ズ〜ッ
と雑用宿(ぞぉよやど)で飲み食いさしてくれて、そこへ泊まりきりちゅうね
や。せやけどもぉ若いもんばっかりやがな、まともに宿へ寝るかいな。二日
目か三日目やったかなぁ「ちょっと新地繰り込もか」ちゅうんで、酔ぉた勢
いでワ〜ッと行たと思いぃな、総初会(そぉじょかい)や。

◆女ごの数とこっちの数と合ぉたぁる「くじ引きにしょ〜」わいに当たった
んが小輝や、別嬪やがな。ちょっと掃き溜めに鶴ちゅう女ごやなぁ、えぇの
が来たけどこぉいぅ別嬪は寝間が悪いそっけないもんやちゅうさかい、どぉ
かいなぁ思てたら、初会の晩から勤め気(け)離れたもてなしよぉや。

◆「あんたみたいな粋(すい)たらしぃお人は、年(ねん)が明けたら夫婦にな
りたい」とか何とか言ぃよるさかい、こっちも調子合わしてズ〜ッと毎晩ま
いばん、もぉ雑用宿いっぺんぐらいしか泊まらなんだであとは、ズ〜ッと通
い詰めたがな。で、大阪へ帰ってきた「行きたいなぁ」と思たけど、さぁ堺
行くついでがないもんやさかい、そんなりになって日が経ってたんや。

◆ある日のこと、仕事から帰ってきてうちの路地(ろぉじ)、フッと入いろと
思たら女が立ってんねや「誰かいなぁ?」と思て見たら、こぉやって手招き
するさかい、そばへ寄ってみたら小輝や「何じゃいな、お前?」ちゅうたら
「あんたに会いたさに、堺からこっち仕替えを取って来た」言われた時には
ドキッとしたで。

◆「あんたの家ここやちゅうことは聞ぃてるけれど、いま家へ入れてもらえ
んことはよぉ分かったぁる。お母はんに挨拶もよぉせんし、とにかくいろい
ろと話が溜まったぁる、こぉこぉしたとこへ、この店へ来てくれ」っちゅう
さかい、わしゃお前ありもせん銭掻き集めてじきに行たがな、その晩。

◆顔見るなり、二十円ちゅう金の無心や。二十円どころか、こっちは火の車
やけれどもな、と思たが「わてが頼みゃ二十や三十のお金すぐにでも段取り
してくれはるお客さんはあるけれども、そんなこと頼んだら、あんたと所帯
を持つときの障りになったらいかんと思うさかい、このお金だけはあんたの
手でこしらえて欲しぃ。こっち来るについて、何じゃかんじゃと無理がでけ
たぁる。どぉぞお願いします」

◆とまぁ、そこまで言われたらしょ〜がない「何とかしてみるわ」ちゅうて
帰ったけど、どないもこないもしゃ〜ない、親方のところへも無理言ぅたま
まになったぁるし、わしらの友達でやで一円二円ならともかく、二十円ちゅ
な貸してくれるやつ一人もないがな。

◆家んなかの目立たん道具二つ三つそぉ〜ッと持ってって売り払ぉたけど焼
け石に水、とても足らんがな。上町へ奉公してる妹のところへ行てな、ちょっ
と呼び出して「実は、奉公さしてるお前に心配さしたらいかんと思て言わな
んだが、たった一人の母じゃ人が、明日をも知れぬ大病に、これを助けるそ
のために、人参といぅ高薬(たかやく)を……♪」

■こらッ、芝居してるんやないでおい、わしゃ真面目に聞ぃてんねや◆さぁ
「人参といぅ高薬を盛らねばならん、何とかならんか?」ちゅうたら、話半
ばで妹も目に涙浮かべやがって「わてに甲斐性がないさかい、兄さん、あん
たにばっかり世話かけてすまん、ちょっと待ってとぉ」中へ入ったら大きな
風呂敷包み持って出て来よったんや。

◆「これを売るなと質に置くなとして、お金に替えてもらいたい。ほいで、
ここに別に五十銭あるけれども、これであんたに俥に乗って帰ってくれと言ぃ
たいが、重たいやろけど歩いて帰って、これでお母さんに好きなもんのひと
つ食べさしてやってくれ」と言われたときは、わしゃ腹んなかで手ぇ合わし
て拝んだで。

◆こんなえぇ妹騙すのは、もぉホンマに罪なこっちゃけれども、いずれあい
つが、こいつに代わってうちの母親に孝行してくれることになんねや。いず
れ笑い話にもできるやろと、思てわしゃ帰ってきてじきに質屋持ってったが
な。うちの妹の着てるもんや、そんなもん柔らかもんあれへん木綿もんばっ
かりや、かさ高いけど銭にはならん、とてもこれでは足らん。

◆明くる日、また妹呼び出して「もぉちょっと何とかならんか」言ぅてたら
「毎晩のよぉに男が呼び出しをかける、ろくなことはなかろぉ」ちゅうて妹
の足が上がりかけたんや。でまぁ、番頭はんに頼んでそこのご主人に会ぉて
「実はこぉこぉこぉ……」とわけを言ぅたら、えぇお人でな「そんな事情な
ら」ちゅうて給金の前借りをさしてくれはったんや。

◆やっとこしらえた二十円の金持って小輝とこ行た。あいつが黙って「おお
きに」と受け取りよったら、わしゃこない腹立たんのやで、あいつがフッと
それひと目見るなり「清はん、これ銭の見本か?」と、こない言ぃやがった
なぁおい、言われてみたらホンに見本かと言ぅはずやで、十円札も五円札も
一円札も五十銭玉から十銭玉まで入ったぁるがな。

◆「お前の目ぇには、銭の見本に見えるか知らんがなぁ、これには人間一人
の涙が入ってんねや、そない思て使こてくれ」ちゅうたら「清八っあん、こ
の金もぉわて要らん」と、こない言ぅ「何でや?」「職人さんといぅのは気
散じなもんやと思てたさかい、わたしらみたいなもん末始終(すえしじゅ〜)
苦労ともにしょ〜と思たが、そない折り目切れ目の挨拶も要る、堅苦しぃお
うちやったら、わたしみたいな気ままもん、とても勤まらんさかい、もぉ今
日までの縁やと思てこれ持って帰っとぉ」

◆「わたしはもぉ二度とあんたには会いまへん」と、こない言われた。今こ
れ突っ返されたらどぉなんねや「いやいや、これはわしが言ぃすぎた。謝っ
た謝った、どぉぞこの銭むつかしぃことも何もない、気の済むよぉに使い捨
ててくれ」と頼んで取ってもろたわい、わしゃ。

◆その時にあいつが「えらいすんまへん、わたしの気持ちはこれこれや……」
ちゅて書きよったんがこの起請や。騙されたわしゃアホで済むで、暑いにつ
け寒いにつけ奉公してる妹がわしゃ不憫な。

■ほぉ〜、話を聞きゃもっともな◆妹が可哀想ぉな■そら道理や◆妹が不憫
●可哀想。不憫なわやいぃ〜ッ……♪ ツンツン、ツンツン……♪■喜ぃ公、
三味線弾くなアホ、お前……。いやいや、実はわしももろてんねや小輝に。

◆何やて? 源やんお前まで■いやいや、もぉ聞かんといてくれ面目ない。
わしゃなぁ、起請まで書いてはくれよってんけど、よそから真夫(まぶ)があ
るちゅうことが耳に入ったんでな、それでもぉ足が遠退いたもんやさかい、
そんなひどい目ぇには遭ぉてはおらんのじゃが、仲のえぇ友達三人まで、こ
んだけ振り回されて黙ってるわけにいかんで。

◆ここは一番暴れ込んで、わしゃ……■そんな手荒いことして、お前が罪に
なってどぉすんねやいな。それよりな、今晩揃ろて出かけよ、三人揃ろてる
ところへ小輝呼び出して赤恥かかして、あの島で働けんよぉにしたろと思う
ねやけど。家帰ってな、日が暮れなったら羽織の一枚も引っかけて出といで。

 「よっしゃ、分かった」ちゅうわけで、若いやもめ連中でございます。家
へ帰って羽織の一枚も引っかけますといぅと、三人連れ立ってミナミへ、難
波新地へかかりますといぅと、いつに変わらぬ陽ぉ気なこって……♪

             ♪ ♪ ♪ ♪ ♪

■さぁさぁ、こっちやこっちや。今日はな、わしの馴染みのうちへちょっと
行こと思うさかい……、何してんねん喜ぃ公、何をゲラゲラ笑ろてんねん?
●ちょっと見てみ、ちょっと見てみ、向こぉへメンの犬が歩いてきよる、あ
とオンタの犬が三匹付いて歩いてんねんけど、あれやっぱり起請もろてるや
ろ■アホなこと言ぅな……

■えぇ邪魔するでぇ▲まぁ源さんお越しやす、お久しぶりで。あの娘(こ)も
もぉいっつも「何で源さん来はれへんねやろ? 患ろぉてはるんやろか?」
噂ばっかり……■いやもぉあっちの娘とか、あの娘やとか言わんといて、え
らい目に遭ぉて▲何を言ぅてなはんね、あんさんとあのお娘との仲、うちの
おちょやんでもよぉ知ってまっしゃないかいな。お互いに堅ぁいもんを握り
合ぉてはりまんねやがな。

■それがちょっとも堅とないねん。もぉグッズグズになってしもたぁんねん
▲何んででんねん、そんなことありまっかいなアホらしぃ■ちょっと耳貸し
てぇな▲恐いこと、耳貸せやなんて、へぇ〜内緒ばなし? 貸しまっさかい
空いたらじきに返しとくなはれや。はぁ何やて……? ふん……? へッ?
はぁ……

▲それは違う。そんなこと言ぅたったら可哀相、そら誰かの調伏(ちょ〜ぶく)
だす……、へぇ? はぁ……? さよか! へ〜ッ、それやったら、わても
ともども騙されてまんねやがな、んまぁ〜そんなこと。で、そのお二人が表
に来たはりまんの? なんでそれを早よ言ぅてくれはらしまへん、そんなと
こ立たしといたらいけまへん……

▲どぉぞお連れさん、こっち入っとくれやす。お連れさん!●お常はん。お
常はん呼んだはりまっせ◆お常はんやあらへんがな、お連れはん、わしらの
こと言ぅてんねや。入いろ入いろ●こんばんわ、おしまい■これッ、明かの
宵から御茶屋来て「おしまい」てなこと言ぅてたら塩まかれるでホンマに。

▲どぉぞまぁこっち……●へっ、これみな騙され連中だんねん▲悪いやつだっ
せなぁ、わたしも今聞ぃてビックリしましたんやわ。そらまぁあれだけのこ
こ(顔)持ったお娘は少ないよってに……、せやけどまぁ、あんさん方みな別々
で遊びにお越しになるさかいそんな目に遭いまんねやで、うちずっと来てく
れはったらそんなんことない。

▲みなさん方なぁ、顔のえぇのんば〜っかりネガケなはるさかいえらい目に
遭いまんねん。女ごはここより(ポンッ)ここだっせ●あぁやっぱり、胃ぃの
丈夫なほぉがよろしぃ?■アホなこと言ぅてんねやあらへん▲また、えぇお
娘を世話さしてもらいますがな、腹のえぇお娘を●さよか、ほなまた改めて
騙され直しに来まっさ■いちいちそんなこと言ぅな。

▲あの、おちょやん……、二階の奥のお座敷なぁ、ちょっと早いこと片付け
て、お座布一つだけ、お客さんは三人さんやけど、ちょっとわけがあって、
お座布一つとぶぶ(お茶)も一つだけにして、ちゃんとでけたらお通しするよぉ
に……。いえ、今日はわたしが行てきます、どんなところへ入ってても、必
ずわたしが小輝さんもろてきますよって、ちょっと待ってとくれやっしゃ……

             * * * * *

●源やん、あれここの姐貴か?■そや●えぇ女ごやなぁ■えぇ女ごやろ、前
キタから出てたんや●市会議員に?■何で市会議員に出んならんねん、キタ
の新地から芸妓で出てたんや。えぇ旦那が付いて引き祝いも立派にやって、
ここへ一軒店持たすについては何じゃかんじゃで一箱かかってるちゅう代物
や。ところがお前、ここへ店構えて間なしに旦那がポックリ死んでしもたが
な。

●ほぉ、ほないま空家か?■空家っちゅうやつがあるかい、まぁまぁ後家は
んみたいなもんやなぁ●そぉか、わいもぉ小輝やめてここへ養子に来ぉ■誰
がお前らみたいなもん養子にするかいな……。履きもんがぎょ〜さん並んで
たら、小輝っちゅうやつはここの働くやっちゃさかいピ〜ンときたらいかん、
履きもんちょっとわしのん一つだけにして、あとなおしとき。

●そらもぉ、ちゃんとなおしといたで■どこへ?●下駄箱へ■初めて来た家
で、よぉ下駄箱のありかが分かったなぁ?●これやろがな■アホ、こら水屋
やないか●水屋か?■食べもん入れるとこに履きもん入れてどないすんねん
●水屋かいなこれ、わぁホンに、こんなとこに雪駄入れたらいかんわ。ん、
おぉ〜ッ……

■何を食べてんねん? おい●カシワとむしり蒟蒻と焚き合わしたん、なか
なかえぇ味やで■そんなもん食べたりないな、まぁ仮にきのうでもおとつい
でも、ここに宵に客があったとしんかいな「姐貴カシワ食いに行こか」てな
もんや「ちょっとあとで寄してもらいまっさかい、どぉぞお先」「ほな待っ
てるで」ちゅうて客先やっといて、あとで行くかいぅたら行きよれへん。

■行たらご馳走(ごっつぉ)なって終(しま)いやがな、行かなんでみぃな、帰
りに客がまた寄るやないか「来(け)ぇへなんだなぁ」「えらいすんまへん、
お客さんがいっ時になりましたんで」「これは残りもんと違うで、別に包ま
したんや、まぁ食べてんか」カシワのお土産が付く「えらいすんまへん、夜
食に喜んで頂戴いたしますわ、おおきにおおきに」ちゅうて夜食に食ぅ思た
ら食えへんねん。

■カシワとむしり蒟蒻と焚き合わして、付き出しに出して銭の五十銭でも取
ろかといぅ細かしぃ御茶屋や、そんなことしたんないなお前……。うまいか?
ほな、ちょっとくれ●お前かて食ぅねやないか▼どなたもみなお上がり●み
なお上がり、言ぅてるわ■二階へ上がれ言ぅてんねや●二階へ上がれか、どぉ
も様子がおかしぃ思た……

●へぇ〜ッ、えぇ座敷やなぁ。源やんいつもここへ来てたんかいな?■せや
●ほぉ、気が利ぃたぁるなぁ。わい今度ひとりで来て小輝知らしたろ■まだ
そんなこと言ぅてる……、三人並んでたらお前、何のために座布団一つにし
たぁるや分からへんやろ。清ぇやん、お前ちょっとこの衝立の陰へ隠れ。ほ
んでな喜ぃ公、その押入れ開けてその中入ってぇ。

●そんなもん清ぇやん衝立の陰、わし押入れ放り込んで、お前一人小照と差
し向かえ、そんなうまいことはささん■何を言ぅてんねやお前、思惑がある
さかい、入っとれ……。不細工なやっちゃなぁ、押入れ入って襖開けといた
らなんもならへんやろが、ちゃんと閉めとかんかい●ちょっと開けといてぇ
な、わい入るなり屁ぇこいた■何を言ぅてる、ちゃんと閉めとけ。

 「小輝さん、送ります……」

★お母ちゃん、おおきに▲まぁよぉでけたしなぁ★いぃえぇな、今日は暇で
ひまで▲何を言ぃなはんねん、あんたが暇やったらこの島暗闇やないかいな
★お客、誰? え、源さん? まぁこちの人かいな、まぁ嬉しぃこと。実は
きのうわてな、風邪気味やったさかいお店休ましてもろて線香場手伝ぉてま
したんやわ。ほんならな、あの神棚のお灯明のところに大きな丁子(ちょ〜
じ)が乗ったら待ち人が来る言ぃまっしゃろがな、ホンマかいなぁと思てた
らよぉ当たるわぁ、源さんが来てくれはったとわ。

●源やん、小輝来てる、小輝来てる■嬉しそぉな声出すなアホ、分ったぁる
わい●きのう風邪気味で店休んで線香場手伝ぉてたんやとぉ、ほたら神棚の
お灯明に丁子が乗ったんやて、やっぱり三つ乗ったんやろか?■黙ってぇっ
ちゅうねん。

◆源やん■何や?◆あいつ口がうまいさかい、騙されたらあかんで■分ったぁ
る、分かったぁる●源やん、やっぱりあいつなぁ口がうまい……■もぉ、わ
しに任して、閉めとけ◆源やん■掛け合いやなぁ◆とにかく、二つ三つボン
ボ〜ンとどついといてから話を付けや、口ではあいつにかなわん■もぉ、わ
しに任して引っ込んでぇっちゅうねん。

●源やん、清ぇやんあない言ぅてるけどな、どついたんなや、可哀想ながな。
どつかなんだらあかんよぉやったら、わしの頭で間に合わし■何をしょ〜も
ないこと言ぅてんねん、閉めとけ。

★お母ちゃんにもいろいろと聞ぃてもらいたいことおまんねけど、とりあえ
ず久し振りにうちの人に会ぉてきまっさ。

 トントン、トントンと上がって来て「こんばんわ、おおきに」てなことは
言ぃまへんなぁ。ウソにもせぇ「年が明けたら夫婦になろぉ」と言ぅてる仲
やさかい、黙ってツツツ〜ッと入ってくるなり、体でド〜ンッ……

★源さん、お越し……、長いことだしたなぁ。ここへ来る道、よぉ忘れなん
だこと……、患ろぉてたんか、あんた? わて心配してたんやし■あぁ……
★何やのんな、ケッタイな顔して?■ケッタイな顔は生まれつきだすわ★あ
んた、喧嘩でもしてきたんか? 置いてやぁもぉ喧嘩は、若い時はしゃ〜な
いてなもんやけど、これからはわてといぅ厄介もんがもぉじきできるのやさ
かいな、怪我でもされたらたまらんさかいなぁ、胸さすって辛抱できるとこ
は辛抱しとぉや。

■その手ぇもぎょ〜さんよばれましたわ★憎たらしぃこと……、煙草ばっか
りスパスパ吸ぅて、何がおもしろいのん? ちょっと、わてにも一服吸わし
とぉ……。あぁ〜あ、こんな商売の女ご、何が楽しみだんねん、たまには好
きな人が来てくれて、優しぃ言葉の一つもかけてくれる、それだけ頼りに商
売してまっしゃろ。それをツンツンツンツン、何がおもしろないのか知らん
けれども……、辻占の悪いときは、うッ、キセルまでが詰まったやないのッ!

■これこれこれッ、コツコツやるなお前。真鍮と違うでムクやで、金やでお
い。見てみぃな、獅子の鼻がへちゃげてもたやないかい、詰まったぁんねやっ
たらそぉ言え。通すもんやるさかい……、さぁこれで通せッ!

★まぁ源さん。あんた反故(ほご)持って歩いてんのん? 歳やなぁ……、前
は半紙一帖(じょ〜)懐入れといて、ちょっと泥でも跳ねたら、パッ。男らしぃ
てえぇなぁと思てたけど、あんなことされたら所帯持ってからたまらんなぁ
と思てたら、反故持って歩くよぉになった。

★手紙みたいやなぁ……、女ごの人の手ぇ? 読んでもえぇか……、源さん!
■何じゃい?★こ、これあんた、わたしの書いた起請やないか■まぁ起請と
言やぁ起請、チラシと言やぁチラシみたいなもんや★「チラシ?」人が命懸
けで書いたものをチラシやなんて……

★知ってるがな知ってるがな、島之内のほぉに逢い戻りがでけたぁるちゅう
ことはな、下のお母ちゃんも聞ぃてきてくれたんや、わたしも案じてたけど、
こんな商売してるもんが悋気したらよけ愛想つかされると思うさかい、言ぃ
たいことも言わなんだ。女ごに悋気はないよりあったほぉがえぇことは知っ
てるけれど、こっちが一生懸命遠慮して……

★あんた卑怯やし。切れたいんやったらな、ハッキリ言ぅたらどぉやねん。
愛想づかしに起請出して、これでキセルを掃除せぇやなんて……、ハッキリ
言ぅてくれたらどやねん、わぁ〜ッ……■どこを捻ったらあんなうまいこと
涙が出るんや? ホンマに涙が……、小輝、今お前、命懸けで書いたちゅう
たなぁ。命懸けで書いた起請なら一枚よりない★当たり前やないの! そん
なもん何枚も書くもんどこにあんねん。

■それがあるさかい世の中おもろいがな。お前、喜ぃ公に書いたやろ?★喜ぃ
公て誰やねん?■とぼけぇでもえぇがな、下駄屋の喜六。知ってるやろ★下
駄屋の喜六て、あの小ぃちゃ〜い、色の黒ぉい、団子みたいな男か? まぁ
源さん、もぉちょっと悋気するんやったらマシな人に悋気して欲しぃわぁ。
あれがわたいに起請書いてもろたとか言ぅてよんの? まぁ何といぅこと言ぅ
ねやろ。あのジャガイモの焦げたよぉなやつが……

■ジャガイモの焦げたん、ちょっとここ出て来い●こら、小輝!★わぁ、来
てんねやわ●お前ッ■あんたとわては何や? 夫婦やないか、ここは辛抱し
て……。源さん、さる御茶屋で義理に詰まって書いたけど、あれには字ぃが
二つ抜いたぁるやろ●こらッ★辛抱して……■あぁそぉか、字ぃが抜いたぁ
るちゅうんならまぁえぇわい。まだある?★もぉどこにもない。

■清八に書いたやろ?★清八て誰やねん?■いちいちとぼけな。指物屋の清
八、知らんとは言わさんぞ★あの、背の高ぁい、長清ぇか? まぁ、よぉそ
んなこと言ぅ、あんな入日の影法師みたいなやつ。ここにいてたら向こぉ脛
食らいついたるわ。

■おい、向こぉ脛に食らいついてもらえ、入日の影法師◆こら〜ッ!★わぁ
来てんねやわ……。あんさん方、徒党しておいなはったんか……、まぁこぉ
揃われてしもたら、どぉもしょ〜がおまへんわなぁ……、清八っつぁん、あ
んたそれでわてをどつこちぃなはる?◆こらッ★さぁさぁ、どついとくなは
れ、どつき殺してもらいまひょ。気の済むよぉに……

★せやけど、わたしの体、頭の天辺から足の爪先まで、証文に入ってまんね
やで。ちゃ〜んとそれを片付けてから、どつき殺すなとな……、ちょっとお
ちょやん、ちょっとうち行てな、うちの親方に証文持って来てもらうよぉに
言ぅとくなはれ、清八っつぁんがわてを殴り殺す言ぅたはります◆そぉいぅ
わけや……★その手は何んでんねん?◆こらお前、これぐらいの松茸があっ
たら何ぼほどするやろと思て……

★お金積んでどつく甲斐性はおまへんやろ?●ないない■喜ぃ公黙っとれ!
清八も座れ! こいつには勝てんわ……。おい小輝。騙しますっちゅう看板
揚げてる商売の小山に騙されんのはこっちが悪い。そら悪いけれどもな、お
い、ちぃ〜と考え。この清八ちゃみなエゲツナイがな騙され方が……

★えらいすんまへん。そらもぉ、えぇことやとは思てぇしまへんけども、きょ
う日のお客さんのほぉがもぉズ〜ッと上手(うわて)で、なかなか通よぉてく
れはらへん。起請でも書いて渡さんことにはなかなかそんなもの。せやから
な、この頃はもぉ初会の晩から起請渡しまんねん■初会から?★いちいち書
いてたら間に合わんさかい、石版刷り(せきばんずり)にしょ〜かと思て。

■石版刷り? おい、徒(あだ)に起請を一枚書けば、熊野で烏が三羽死ぬっ
ちゅうで。お前みたいに起請書き散らしてたら、熊野中の烏が死ぬやろなぁ
★熊野中どころか、世界中の烏殺したいわッ!■何でぇな?


【さげ】
★わても勤めの身……、烏殺して、ゆっくり朝寝がしてみたい。


【プロパティ】
 小山(おやま)=京阪地方で、女郎、遊女の称。承応の頃に小山次郎三郎と
   いう人形遣いが操る若い女性が絶妙で、美しい女性を「小山人形のご
   とく」と言ったことより転じ、のちに売女の通称となったという。
 売春防止法=売春を防止するための法律。売春の周旋など、売春を助長す
   る行為の処罰、売春を行うおそれのある女性の保護更生などについて
   規定する。1956(昭和31)年制定。
 古今亭志ん生=五代目(1890〜1973)落語家。東京の人。本名美濃部孝蔵。
   八方破れともいうべき独特な芸風で人気を博した。得意の出し物「火
   焔太鼓」など。
 誤魔化す=「胡麻胴乱」という江戸時代の胡麻菓子が、胡麻をまぶした見
   かけの豪華さに対して、中空で何も詰まっていなさま。ゴマカシ→ゴ
   マカス。また、ご利益があると「護摩の灰」を売り歩く詐欺商法から
   ともいう。
 紙治(かみじ)=紙屋治兵衛。
 紙治のお芝居=心中天網島:浄瑠璃。世話物。近松門左衛門作。1720年初
   演。大坂天満の紙屋治兵衛と曾根崎新地の遊女紀伊国屋小春が、網島
   の大長寺で心中した事件を脚色したもの。
 マンダラ=斑(まだら):種々の色が入りまじっているさま。また、その模
   様。色の濃淡や斑(ふ)入りについてもいう。ぶち。
 出て姫=芸娼妓の異称。商売に出ている女の意。
 弘法大師=空海(774〜835) 平安初期の僧。日本の真言宗の開祖。諡号(し
   ごう)弘法大師。讃岐の人。804年最澄(さいちよう)らとともに入唐し、
   長安の青竜寺恵果(けいか)に学ぶ。806年帰朝して高野山金剛峰寺(こ
   んごうぶじ)を開く。嵯峨天皇より東寺(教王護国寺)を賜り、その翌
   年には大僧都に任ぜられた。
 難波新地=大阪市中央区難波。高島屋の北側一帯。
 仕替え=芸娼妓などが働く家を変わること。鞍替え。住み替え。
 テコに合わん=手に合わぬ。てこずる。持ちあぐむ。自由にならない。処
   置の方法がない。テコに負えん。テコは梃子、テコを使っても動かな
   意から。
 劫(こう)経る=長い年月を経る。年功を積む。
 代物(しろもん)=人を罵っていう言葉。遊女のこと。
 ハコヤ起こす=箱屋:箱を作り売る店。騒音を伴うので、わずかなことに
   もむかっ腹を立てるのを「箱屋を起こす」という。
 本字=漢字。
 レンゲ=連木:れんぎ。スリコギ。訛ってレンゲ。
 初会=はじめて出会うこと。特に、遊郭で、遊女が初めてその客と会うこ
   と。ちなみに、二度目が裏、または裏を返す、三度目を馴染み、四度
   目以降は腐れ縁? と言ったという。裏を返すというのは左官仕事用
   語で、塗り壁など表から壁土を塗りつけ、ある程度乾かせたのち裏か
   らもう一度塗りつけ強度を増すことをいう(By ダイナシさん)
 粋たらしい=たらしい:それぞれの語意をさらに強めていうときの接尾語。
 柔らかもん=絹物。
 足が上がる=暇を出される。勤めを首になる。
 気散じな=明朗。快活。物事にこだわらぬこと。
 末始終(すえしじゅう)=将来ずっと。行く末長く。
 真夫(まぶ)=遊女が商売上の利得を抜きにして真実に思う(本気で恋する)
   客。
 島=ある限られた地域。一般社会から区別された区域。遊郭ややくざの縄
   張りなどをいう。
 おちょやん=おちょぼ:茶屋などの使い走りの少女。「ゝ」をチョボとい
   い、ゝほどの小さな女中の意。
 調伏(ちょうぶく)=花柳用語、客の芸妓や幇間に対するいたずらをいう。
 おしまい=遊里で、遊女が客に揚げられること。
 ねがける=目がける。狙う。ネンガケル。
 一箱=千両箱。当時で千円ぐらい? 今なら四、五千万円?
 水屋=食器類を入れる棚。
 知らす=花柳用語、遊び客が芸娼妓などを自分の席に呼び寄せること。
 線香場=花街では花代のことを線香代といい、帳場のことを線香場と呼ん
   だ。
 灯明に丁子(ちょうじ)が乗ったら待ち人が来る=灯心の先端が燃え残って
   塊りになり、丁子の実に見えると縁起が良いという俗信。
 丁子(ちょうじ)=フトモモ科の常緑高木。マルク諸島の原産。アフリカ・
   東南アジアで栽培される。葉は油点が多く芳香がある。花は筒状の白
   色四弁で香りが強く、枝頂に多数つく。蕾を干したものを丁子・丁香
   あるいはクローブといい、香料として珍重される。また蕾・花柄・葉
   などから丁子油をとり、香料・薬用とする。
 ケッタイ=妙な。変な。へんてこな。おかしな。奇態な。嫌な。不思議な
   など、実にいろいろな意味を含んだケッタイな言葉。エゲツナイと並
   んで上方言葉の両横綱。怪体とも奇態とも希代とも卦体とも当てる。
 反故(ほご)=書画などをかきそこなったりして、いらなくなった紙。ほご
  がみ。古くは「ほうぐ」「ほうご」「ほぐ」「ほんぐ」「ほんご」とも。
 帖(じょう)=紙や海苔を数えるのに用いる。美濃紙50枚(大正以前は48枚)、
   半紙20枚、ちり紙100枚、海苔10枚で、それぞれ一帖。
 逢い戻り=一度別れた男女が再び元の仲に戻ること。
 悋気=ヤキモチ。ジェラシー。
 入日の影法師=ひょろ長いもののたとえ。
 エゲツナイ=濃厚な・辛辣な・酷烈不快な場合などに用いる形容詞。エグ
   イから出た語だろうという説もあるが、一方にはイゲチナイという語
   もありイカツイの転じたものかとも考えられる。イカツイ→イカツナ
   イ→エカツナイ→エゲツナイ。ナイははしたない、あどけないなどの
   ナイで、無いではなく、甚だしいの意。ケッタイと並んで上方言葉の
   両横綱。
 石版刷り(せきばんずり)=石版石を版材とした平版印刷。研磨した石面に
   墨やクレヨンで直接文字や絵をかくか、転写紙にかいたものを転写し
   て製版し、水と油の反発性を応用して印刷する。1798年ドイツ人ゼー
   ネフェルダーが発明。現在は美術作品の印刷に用いられる程度。
 熊野誓紙=牛王宝印(ごおうほういん):寺社が頒布する護符のこと。熊野
   の三社権現のものが有名で、その裏起請文を書く誓紙として、広く使
   われた。牛王宝印による誓約は、神に誓うことであり、その誓いを破
   れば、たちまち神罰を被り熊野の烏が死ぬとされる。
 ♪三千世界の烏を殺し、ぬしと朝寝がしてみたい=高杉晋作が作った俗曲?
 音源:桂米朝 1990/10/23 米朝落語全集(MBS)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=桂米朝 sub=*  ●main高座記録日:1990/10/23  ●番  組  名:米朝落語全集(MBS)  ●ファイル公開日:1998/05/17  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2005/01/09  ●リクエスト数:rakug107  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次