【上方落語メモ第3集】その103

地獄八景亡者戯(下)


【主な登場人物(登場順)】
 喜ぃさん  伊勢屋のご隠居  若旦那  一八  芸妓  舞妓
 三途の川茶店の人  三途の渡し鬼の船頭  ベテラン亡者  念仏屋
 念仏師  閻魔庁の鬼役人  閻魔大王  医者  山伏  歯抜き師
 軽業師  人呑鬼(じんどんき)

【事の成り行き】
 その102「地獄八景亡者戯(中)」からの続き

             * * * * *

 ダダダダ、ダダダダ〜ッ……、腕章を巻いた鬼の整理員がぎょ〜さん居り
ましてな、

★おぉ、そぉ勝手に入ってはいかん、勝手に入ってわ。四列に並べ、四列に
並べ。男はこっち、女はこっち、四列に並んで行くんじゃ。男はこっち、女
はこっち、おいそこ、女はこっちじゃ……。お前、男か? この頃、男や女
や分からんやつが増えたなぁ……、静粛に来いよ、静粛に来いよ!

 ゾロゾロゾロゾロ通って、奥へ奥へ、閻魔の庁の奥へ近付いてまいります
と、おのずからなる威厳に打たれるとみえて、みんなが黙ぁ〜ってしまいま
す。と、遠ぉ〜くの方から罪人を責める音がかすか〜に聞こえてまいります。

 ピシ〜ッ、ピシッ……、キラキラキラキラ光っておりますのが浄玻璃(じ
ょ〜はり)の鏡、見る目かぐ鼻、善悪の首。血の付いたノコギリやら舌を引
き抜く釘抜きやとか、罪の重さを調べるハカリてなもんが置いてあったり、
紙の橋、見ただけでもゾッとするよぉな責め道具が並んどぉります。

 一同がピタ〜ッと静まる。そこへ閻魔はんが出てまいります。値打ち(ね
ぐち)を持たしたもんですなぁ。王といぅマークの付いた冠をかぶりまして、
身には道服(とぉふく)といぅやつをまといます。手に笏(しゃく)といぅやつ
を持って、この胸のところへ突っ張っとりますなぁ……

 カ〜ッと口を開いたとこ、今日はひとつ閻魔はんの顔ちゅうやつを見てい
ただきますが……「閻魔の出御(しゅつぎょ)下におろぉ〜ッ……」これやる
と、しばらく顔がもと戻らんよぉなります。

◆いかに赤鬼(歌舞伎口調で)★はは〜っ◆亡者召し連れましたか?★お目の
前に控えさせましてござります◆本日の亡者、その数いかほどなるぞ?★そ
の数は、え〜っ、モジャモジャとまいっております◆帳面をこれへ持て、あぁ
それは三途川水揚帳じゃ、そぉではない死人出入帳の方を持ってまいれ。

◆なるほど……、ん〜ん、本日の亡者、男はこれだけ、女はこれだけ。なる
ほど、なるほど……、おいおい、この注受けとあるのは何じゃ、八百六号注
受けといぅのは?★そら死に掛けましてんけど、注射でもっとりまんのん。
それで注受け◆火の車持って迎えに行ってこい、ややこしぃ★火の車、ガス
会社へ貸したままなっとりますねん◆あれまだ返さんのか? 早よ行って取
り返えせ、火の車要るんやったら噺家の家行けちゅうて、よぉ〜さん回って
るさかいなぁ。

◆こりゃこりゃ、この千二十八号は腎抜けとなってあるが、これは何じゃ?
★え〜、本人は死んだんでやすけど、腎臓だけが移植されてまだ生きとりま
すのんで◆世の中が進むと帳面が段々ややこしなるなぁこれ……、えらいこ
となってきたなぁ。よいよい、相分かった。

◆いかに亡者よく承れ、これより厳しく罪の次第を問いただし、地獄・極楽
の送り先を決めるべきはずのところなれど、本日は先代閻魔の一千年忌に当
たるゆえをもって、格別の憐憫を持ってみな極楽へ通しつかわすぞ。あとか
ら名前を呼ぶ者だけは残れ。

●もぉし、えらい閻魔はん今日は一千年忌やて、そんなことおまんのか。え
らい楽でんなぁ、お調べが▲分かってまんねん。選挙が近い●やっぱり、選
挙が?▲あぁ、この頃は選挙やねん。今度の閻魔はんも段々評判悪なってん
ねん。はじめはちょっと評判良かったんやけどな、もぉこの頃、突き上げら
れて突き上げられて「頼んない、頼んない」言われてんねん。行政改革は一
つも進まへんし、会計の方は大赤字が続いてまた「獄債」ちゅうやつが百兆
になるやなんやいぅて、閻魔はんもここらで何とかやっとかんことにはなぁ、
値打ちないんや。

●値打ちがない?▲はぁ、もぉ馬鹿にされてまんねん。こないだもあんた、
この閻魔はんの寝間へ男が入って来て「タバコを一本くれ」てなこと言われ
て……●ほなこれ、人気取りで極楽へ?▲はぁ、もぉそんなことやりよりま
んねん●えぇとき来たなぁ、こらありがたいなぁ。

◆あぁ〜ッ、私語をしてはならんぞ。今から名前を呼ぶ者はこれへ出ませ。
この中に医者の山井養仙(やまいよぉせん)は居らぬか、山井養仙といぅ医者
は居らぬか? あぁお前か出て来い、それへ座れ……。山伏の螺尾福海(ほ
らおふっかい)といぅのは誰じゃ、この中で? あぁお前か、前へ出て来い。
それから、歯抜き師の松井泉水(まついせんすい)といぅのは誰じゃ? お前
か、それへ。それから、軽業師の和屋竹の野良一(わやたけののらいち)といぅ
のは誰じゃ? お前か出て来い……。四人の者はそれへ残れ。

 「ほかの者はみな、極楽へ通ってよろしぃ!」「わぁ〜〜ッ」

             * * * * *

●もし、何でわたしらだけ残されましたんやろなぁ?▲心配なことはないと
思いまっせ●そぉかい▲はぁ、あんなもん大丈夫や。見てみぃ機嫌よろしぃ
がな「お前ら面白そぉなやっちゃ、これから一杯呑みに行こか」●そんなア
ホなこと……、閻魔はん戻って来た、お辞儀せぇお辞儀せぇ。

◆あぁ医者の山井養仙、面上げぇ。その方は未熟なる医術を用い、助かる病
人まで多数殺してしもぉた。また、健康保険不正受給や脱税行為を繰り返し
た咎(とが)により、お前は地獄へ落としてやる、よいか。

◆山伏の螺尾福海、お前は加持祈祷をするなんぞと称して、怪しげなる詐術
を行い、金銀をむさぼり取ったる段、咎軽からず。お前も極楽へ通すわけに
はいかん。

◆歯抜き師の松井泉水、お前は居合い抜きをしたり独楽を回したりして人を
集め、ちょっとも効かぬ歯痛の薬とか、虫歯を抜いてやると言ぅて、丈夫な
歯まで抜いて金銀をむさぼった。その咎軽からず、お前も地獄へ落としてや
る。

◆あぁ軽業師の和屋竹の野良一、お前は諸人の頭の上にて、ハラハラする業
を演じて、見る者の寿命を縮めたる段、咎軽からず■そんなアホなこと言ぃ
なはんな、わたい商売でんがな◆黙れ! それ、鬼ども、この者どもを熱湯
の釜へたたき込めッ★はは〜ッ……。さぁ、この中へ入れ〜ッ!

●わ〜ッ、これが熱湯の釜でやすか。見てみなはれ恐ろしぃなぁもし、湯玉
がチリチリィ、チリチリィちゅうて走ってまっせ。こんなとこへ足入れたら
ジュ〜ッちゅうて溶けてしまうがな。どぉしたら……★さぁ、入れッ!

●ちょっと待ちなはれ、大きなフォークみたいなんでケツ突いてまっしゃな
いか鬼が……。入れるかいな▲待て待てまて、ここはわしに任し●あんた何
や?▲わしゃ、山伏や。そら悪いこともしたけどなぁ、これでもお山に篭っ
てちゃ〜んと修行してきた。ここでわしが水の印といぅのを結んだら、こん
なもん日向水になってまうねん。

●ホンマか?▲大丈夫、ちょっと待ってなはれや……、チチンプイプイ、チ
チンプイプイ、ん〜〜んッ、エイッ! もぉ大丈夫や手ぇつけてみ●もぉえぇ
か? まだ熱つそぉな▲大丈夫や、手ぇつけてみ●ホンに、こら入り加減や
でおい。入れ言わんかて入るわいな。あぁありがたいなぁ、いやわしゃなぁ
ひと風呂浴びたかったんや。

●うちの嬶(かか)ズボラなやつでなぁ、湯灌(ゆかん)もせんと棺桶へ放り込
みやがってな、どっかで浴びたかったんや。こらえぇ具合やなぁおい、ちょっ
と鬼さん、ちょっと石鹸頼むわ「気持ちんよか♪」★あんなこと言ぅとぉる
で、おい……

★閻魔大王に申し上げます◆何といたした?★あの亡者連中、熱湯の釜へ放
り込んだところが、山伏が水の印とかいぅやつを結んだら日向水になってし
もて、みな風呂へ入ったよぉな気になってまっせ◆けしからん亡者め、熱湯
の釜より引きずり出し、針の山へ放り上げぇ★ははぁ〜ッ……

★さッ、今度はこの山へ登れ●うわぁ、これ針の山やがな。見てみなはれ、
裾から天辺までびっしりと。足乗せたらグサッと刺さって抜きも差しもなら
んよぉなるがな★登れッ!●登れるかいな、こんなところ■ここはわいに任
せ●あんた何やったかいなぁ?

■わしゃ軽業師や。ガキの時分から修行してわしの足の裏、板みたいになっ
たぁるわい。何やこんなもん、わしらこの上で三番叟(さんばそぉ)でも踊っ
たるがな●そらあんたはえぇわい、わしらはどぉなる?■かまへん、わしの
体の上へ乗していたる●体の上へ?■あぁ、この上乗れ……●三人も乗って
大丈夫か?

■もっと乗したことあんねん。一番小っこいやつ、背の低いやつ、首んとこ
ろへまたがれ、肩くませぇ。しっかり頭押さえてぇよ。でなぁ、二ぁ人、そ
の肩の上あがってな、真ん中のやつと手ぇ組んで首筋に手ぇ巻いて、グッと
引っ張ってくれ。落ちたら知らんぞおい、そいでわしゃこの山、上がって行っ
たるさかいな。上のやつちょっと口上言ぅてくれ。

●口上? 何か、口上言わなあかんか?■長年の癖や、口上言ぅてもらわな
んだら体動かん●オモロイもんやなぁ、ほな言ぅで……、東西、これより四
人の亡者、針の山へと登ってまいる♪……■踊ったらあかん、そんなとこで。
踊るやつがあるかい●東西、首尾よく頂上まで登りつめたる上からは、いよ
いよこれからは千番に一番の兼ね合い。千尋の谷底へ獅子の蹴落とし〜ッ♪

★大王様◆何といたした?★あの四人の亡者、針の山へ放り上げたところが、
軽業師がなぁ、ほかの三人体の上乗せて踊りながら上がって行きまんねん。
まぁそれはえぇけど、足でポンポンポンポン、針蹴りまんねやがなあいつ、
で天辺へ上がったら「獅子の蹴落としや」て上からドンドン蹴りよる。あの
針はねぇ、下から上がって来るやつには強いけど、反対側から蹴られたら、
みなボキボキボキボキ折れてしまいまんねん。予算のないときに、えらい物
入りですがな。どないしたらよろしぃやろ?

◆けしからん亡者め、針の山より引きずり下ろし、人呑鬼に喰わしてしまお。
人呑鬼を呼べ……

 ジンドンキといぅ、人を呑む鬼と書きます。おっそろしぃ大きな鬼がノッ
ソ、ノッソノソ。

◆おぉ、人呑鬼か、また肥えたなぁ★あぁ、近ごろ運動不足で困っとります
わい。コレステロールが増えてかなん◆ちょっとこの、娑婆から来たての亡
者が居るが、お前呑んでしまえ、お前にくれてやる★ほぉ、こら娑婆から来
たて。なるほど脂が乗ってうまそぉなわい。人呑鬼様が喰ぅてくれるわ、あ
りがたいと思え。

●ジンドンキですて、人を呑む鬼。えらい歯、石臼みたいな歯ぁが並んでる
がな。あんなもんで噛まれたらもぉひとたまりもないなぁおい▼あの歯ぁ、
わいが抜いてしもたろか●あんた何やったかいなぁ?▼わしゃ歯抜き師やが
な。大道芸人みたいなもんやけど、あんな歯ぁぐらいボロクソや。

●いけるか?▼いけるいける、俺に任しとけ……。鬼さん、お前、虫歯があ
るな★おぉ? お前そんな下から見て分かるか?▼分からいで、こっちは商
売やがな。ひと目口元見たらいっぺんで分かんねや。わしらもなぁ、そんな
虫歯で噛まれたらかなんがな、歯ぁの洞(うろ)へ挟まったりしたらどんなら
んさかい、えぇ歯ぁでひと思いに噛んでもらいたい。行きがけの駄賃や、そ
の虫歯抜いていたろか?

★うん、時々痛とぉてかなんのじゃ。まず歯ぁへ来るっちゅうさかいわしゃ
心配しとんねやがな。虫歯を治してくれるか、そらありがたい。どぉすんね
ん?▼手の平乗せて口元まで持ってってくれたらえぇねや★こぉやりゃえぇ
のかい……▼あぁ〜んと口開けよ。うわぁ、恐ろしぃ口やな……、下ろした
らあかんで、噛み合わしたらあかんで、ちょっと中入るさかいな。わぁ〜、
鬼さんあんた歯性が悪いでこら、ホンにこら虫歯がだいぶある。

★痛たッ▼痛んだやろこれは、下も上も虫歯だらけやがな……、ちょっといっ
ぺん下降ろしてくれ、どっこいしょッと。それでな、おまはん手拭持ってる
やろ、手拭でな全ての歯ぁにからますよぉに手拭をグッと歯ぁで噛むねん。
グ〜ッとしばらく噛みしめてると熱い唾が出て来るわ、ほんでわしが「ひぃ
ふの三つ」でポンと手ぇ叩いたら、その手拭をパッと吐き出しや。ほんだら
虫歯だけがポロッと抜けるさかいな。

▼まだまだ……、もぉちょっと辛抱し。熱い唾が出て来たか? よっしゃ、
もょよかろぉいくで、ひぃふの三つ★(ボロボロボロ)あ、あぁ〜ッ、わしを
歯抜けにしやがった、こいつらッ! ウォ〜ッ、グイッ!

             * * * * *

●あ〜ッ! おまはんが歯ぁ抜いといてくれたお陰で、鬼ぐい呑みにしよっ
た、お陰で無事に下へ着いた。あぁ、体無事や……、一人足らんやないか、
ひとり。軽業師がおらん……、おぉ、あんなとこにぶら下がって、のどチン
コへぶら下がっとぉるあの軽業師。お〜い、降りて来ぉ〜い、大丈夫かぁ〜
▲大丈夫やぁ〜。

●降りといでぇ……、あばら骨、梯子にして降りて来たがな、身の軽いもん
やなぁ。さぁ、いぅて鬼の腹におさまったんやが、こらどぉいぅことになん
ねや?■ここからはわしに任してもらおか●あんた、何やった?■わしゃ医
者じゃ●やぶ医者やろがな■やぶ医者でもひと通りのことは勉強したぁる、
鬼の腹も人間の腹もそぉ変わらんわい。とにかくこれ胃袋じゃ、ここに居っ
たらこなされてしまうさかいな、とりあええずこれを出ないかん。

■わしゃメスを一丁持ってきたさかいに、これでな腹をこぉ裂いてな……、
丈夫なもんじゃろこれ、これホルモン焼きにしたらうまいぞ……。引っ張れ
引っ張れ、出ないかん●うわぁ〜ッ、えらい広いとこへ出たなぁ■これが鬼
の腹や、広い。原っぱちゅうのはこれからきたんやさかい●あぁなるほど、
鬼の原て……、いろんなものがおまんなぁ。

■いろんなものがある、面白いやろ。ちょっと面白いことやってみよか、こ
こに紐がぶら下がってるやろ、これを引っ張ってみ●どぉなんねん?■鬼が
くしゃみするさかい●鬼が? んッ★え〜ッくしん●ホンにクシャミが■そ
こにテコみたいなもんがあるじゃろ、それを持グ〜ッとこっち上げてみ●こ
れをこぉいぅ具合に……★あ痛たたたッ●鬼、腹痛た起こしてるがな■これ
疝気筋ちゅうてな、筋をグ〜ッと引っ張ったら、鬼腹痛た起こしよる。

■ここに丸ぁるいもんがあるやろ、これをこぉいぅ風にやると、鬼笑いよる
で……、こそばかすと★ファッハッハッハッ●笑ろとぉる、笑ろとぉる■そ
こに袋があるやろ、それグ〜ッと押してみ●何でんねんこれ?■屁袋じゃ、
押したら鬼屁ぇこきよる●ヨイショッ★ブッ●わッ! ハッハッハッ、これ
いっぺんにやったらどないなるやろなぁ?

■えらいこと言ぃ出したぞこいつ、そんなもんいっぺんにやったら騒動やで
お前。鬼、くっしゃみして腹痛た起こして、笑ろて屁ぇこきよるがな●いっ
ぺんにやってこましたろか■さぁ、鬼苦しめたろか、よし軽業師、お前もっ
ぺん上あがってな、鬼の喉のところをガシガシッとかきむしれ、鬼は空えづ
きして苦しみよる。

▲あそぉか、ヒョイヒョイッと……、ここをこぉいぅ風にやったらえぇねん
な。こぉやったらどぉなる★オエ〜ッ■さぁさぁ、これが一番じゃ。次ゃく
しゃみ●これはどぉじゃ★ヘ〜ックション■次、それや●グ〜ッ★ん〜ん、
あ痛たたたたッ●コチョコチョコチョ★ファッハッハッハッ、ブ〜ッ。

●おもろい! みないっぺんにやろいっぺんに。いくで、さ、ひぃ、ふの、
みっつ……、これはどぉじゃ★オエ〜ッ●これはどぉじゃ★ヘ〜ックション
●これはどぉじゃ★ん〜ん、あ痛たたたたッ●これはどぉじゃ★ファッハッ
ハッハッ、ブ〜ッ……

★オエ〜ッ! ヘ〜ックション! あ痛たたたたッ! ファッハッハッハッ、
ブ〜ッ! オエ〜ッ! ヘ〜ックション! あ痛たたたたッ! ファッハッ
ハッハッ、ブ〜ッ、オエ〜ッ、ヘ〜ックション、あ痛たたたたッ、ファッハッ
ハッハッ、ブ〜ッ……

★あぁ何といぅ亡者どもじゃ、もぉこいつら便所行って出してしまわなしゃ〜
ない、これわ●鬼「便所行って出してしまう」言ぅてる■出されたらあかん、
出されたら、いつまでも腹の中に居って苦しめたんねさかいな。下へ降りぃ
下へ●いや、鬼「出してしまう」っちゅうのに下へ降りてどぉする?■下の
方がえぇねん、上に居るより下の方が安全や。


●あっちにチラチラ明るいもんが見えてきた、明るいもんが■あれが鬼の肛
門やさかいな、あそこへ落ち込んだらあかんで、そばまで行こあのそばまで。
お前こっち側掴んで体こっちやれこぉいぅ具合に、おまはんこっち側の肉掴
んでこっちぃ体突っ張れ●どぉいぅこと?■つまり井桁になんねん井桁に、
鬼の肛門真ん中にして井桁に。ここぉしといたら絶対にどんなことがあって
も落ちん。わしもこぉいくさかいな、おまさん反対側へ……


★こいつら出てきたらどんな目ぇに遭わすか、ん〜んッ……●なんの離すか
い!★ん〜んッ、糞っ垂れめ!●ホンマに糞垂れやでこれわ★ん〜ん、ん〜
んッ……! トホホホホ、こいつらどぉしても出よらんがな……。もし大王
様、大王様◆おぉ、人呑鬼いかがいたした?★もぉこぉなったら、あんたを
呑まなしょがない◆わしを呑んで何とする?


【さげ】
★大黄(だいお〜)飲んで、下(くだ)してしまうねやがな。


【プロパティ】
 閻魔の庁=閻魔が亡者の生前の行為に判決を下す場所。
 浄玻璃(じょうはり)の鏡=〔仏〕地獄の閻魔王庁にあって、亡者の生前の
   すべてのおこないを残りなく映し出すという鏡。玻璃の鏡。
 見る目かぐ鼻=地獄の閻魔庁にあるという、男女の頭を上に載せた幢(は
   たほこ)よく亡者の善悪を判別するという。
 幢=法会などで寺の庭に立てる小さい旗を先につけたほこ。
 善悪の首=上の「見る目かぐ鼻」と同じものか? 人頭杖?
 罪の重さを調べるハカリ=業秤(ごうのはかり)。
 紙の橋=生前に紙を無駄遣いすると渡らなければならないとされる紙橋。
 閻魔はん=亡者の罪に判決を下すという地獄の王。笏(しやく)を持ち、中
   国の道服を着、怒りの相をあらわした姿で描かれる。もとインド神話
   中の神で、祖霊の王。焔摩。閻魔羅闍(らじや)。閻魔羅。閻羅。閻羅
   王。閻魔王。閻魔大王。閻魔法王。
 道服(とうふく)=唐時代の役人の衣服/道士の着る衣服/室町時代頃から
   公卿・大納言以上の人が内々で着た上着。腰から下にひだがつく。庶
   民で道中着とする者もあった/袈裟。僧衣。
 火車(かしゃ)=〔仏〕生前悪行を働いた亡者を乗せて地獄へ運ぶという火
   の燃えている車。火の車。
 「頼んない、頼んない」言われて=第70代(1980.7.17〜1982.11.27)首相、
   鈴木善幸氏。
 寝間へ男が入って来て「タバコ一本くれ」=1982年7月12日、英国バッキ
   ンガム宮殿のエリザベス女王の寝室に男が侵入。逮捕されるまでの10
   分間女王と話をしていたことが明るみに。女王の問いかけに最初に答
   えた言葉が「タバコをください」だった。
 松井泉水=モデルは曲独楽師、松井源水。越中礪波出身の先祖が丸薬「反
   魂丹」を売り歩く際、輪鼓(りゅうご:巨大ヨーヨーのようなコマを
   空中に紐で舞わせる芸)を見せたのが起源。1735(享保20)年11月、松
   井源水が浅草の大道で歯磨き粉売り・抜歯を商いとし居合抜きと共に
   曲独楽を演じた記録が残る。ちなみに桂米八さんの曲独楽師匠伏見紫
   水師はその流れをくんでおられます。
 和屋竹の野良一=モデルは幕末期の軽業師、早竹虎吉。一座は天保ごろよ
   り大阪を拠点として活躍、1857(安政4)年に江戸に進出、アメリカ巡
   業も果たし一世を風靡した。得意は「曲差し(きょくざし)」と呼ばれ
   る、長い竹竿を肩や足で支え上部で子方が軽業や早替りなどの曲技を
   するというもの。過剰な音曲と口上で史実や芝居の場面と曲芸を交錯
   させ見物人にイメージを膨らませることで、より曲芸の効果を高めた。
   東の旅「軽業」にその様子を伺うことができる。
 ちちんぷいぷい=「ちちんぷいぷい御代(ごよ)の御宝(おんたから)の略。
   子どもが手足などを痛めたとき、なでさすって痛みを和らげるときの
   呪文。一説に「智仁武勇(ちじんぶゆう)御代の御宝」の意ともいう。
 気持ちんよか=祐徳薬品工業の湿布薬パスタイムのCMから。1982年の流
   行語。そのほか「か・い・か・ん」薬師丸ひろ子が機関銃を連射しな
   がら言ったセリフや「なめたらあかんぜよ」映画の夏目雅子のセリフ
   など。
 三番叟(さんばそう)=能の「翁(おきな)」の役名。狂言方が勤める。能の
   「翁」を三番叟の部分のみ舞踊化したもの。舌出し三番・操り三番・
   雛鶴(ひなづる)三番・晒(さらし)三番・二人三番など趣向を変えた種々
   のものが作られた。
 兼ね合い=つりあい、均衡、バランス。「千番に一番の〜」成功の確率が
   千分の一ほどの意。
 かなん=困惑する。適わない→適わん→かなん。
 疝気(せんき)=漢方で、下腹部の痛む病気。あたはら。疝。疝病。
 大黄(だいおう)=タデ科の大形多年草。中国北西部原産。高さ2〜3m。
   初夏、淡黄色の小花を多数つける。根茎を緩下剤・抗菌剤として用い
   る。
 音源:桂米朝 1982/08/22 花王名人劇場(KTV)
 特別謝恩:Tさん、資料聴取させていただきありがとうございました。


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=桂米朝 sub=桂枝雀  ●main高座記録日:1982/08/22  ●番  組  名:花王名人劇場(KTV)  ●ファイル公開日:1998/04/19  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2005/03/06  ●リクエスト数:rakug103  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次