【上方落語メモ第9集】その410

時 の 氏 神


【主な登場人物】
 熊はん  辰っつぁん  又兵衛の兄貴  ご隠居ほか

【事の成り行き】
 料理のダシは天然モノでないと……、なんていう気持ちはサラサラなく、
天然風味調味料をもっぱら使っています。ただし、なるべく化学旨味成分を
多く含まない「かつお」「こんぶ」「しいたけ」「とりがら」を気分で混ぜ
合わせながら、できる限り少なめに。

 試してみるとお分かりになると思いますけど、食材にはそれ自体持ってい
る旨味があり、ことさらダシを加えなくても砂糖、塩、酢、醤油、味噌、酒
を適当に加えて調理すれば、それなりの味に仕上がります。

 特に肉類と野菜を同時に煮込む鍋物の場合、肉のアミノ酸と野菜のグルタ
ミン酸が相乗的に旨味を増幅しあって、料理しつつダシを取っていると言え
なくもない。

 スックリ食べ尽くしたあとのダシの旨さ濃さ、捨て去るなんてもったいな
いので、一般には雑炊で締め括るとかされるんでしょうけど、そんなことし
たらカロリー摂取過多になってしまいます。

 そこでわたしの場合、食べ終わった鍋に「煮込みおでん」の材料を放り込
んでひと煮えさせ、一日寝かせて明日の夕食、または残ったダシであくる日
は「鍋焼きうどん」けど、大根を煮たあとのダシ汁は強烈に自己主張して使
いづらいんですね。大根を煮ても大根臭くなってしまう(2007/02/04)。

             * * * * *

 え〜、わたくしのほぉも、どぉぞよろしくお願いをいたします。しかし人
間ねぇ、諍事(いさかいごと)はいけませんねぇ。わたくしもちょっと血気盛
んなところのある人間でございまして、まぁ、一門が一門だけにね、師匠の
血を受け継いでるところがあるんでございますけどもね。

 こないだもね、ちょっとあったんでございます。公衆道徳を守らん人っちゅ
うのは、わたし一番むかつくんでございますね。ほんであの、こないだ京都
で一杯やってまして、最終電車で大阪へ帰(かい)ろぉといぅことでね、最終
電車に乗ったんでございます。

 でその、乗ったときにね、わたしの前に座った、同い年ぐらいの男性です
かね、タバコを吸ぅてるんでございます。禁煙なんですけどね、タバコを吸ぅ
とぉる。そんなんゴッツ気になるんです。

 ですから、まぁちょっと穏やか目にね「ここ、禁煙ですよ」と、言ぅたん
です。ほなその男「ほぉ」どぉです? ちょっとむかつきまっしゃろ。

 「『ほぉ』て何やねん、ホォて何やねん」と思たんやけど、まぁえぇわい
と思て。またしばらくしたら、吸ぅといてポンッと床に落として足でキュッ
とやりよったんですわ。

 それでまたブチブチッときたんでございますけれど、まぁまぁえぇわ、と
思て友達としゃべってたわけです。で最終電車、大阪行きでございますが、
出たわけですよ。

 駅がですね、京都を出て西大路、向日町、長岡京、山崎、高槻、摂津富田、
茨木と行くわけです。で、わたしはその摂津富田っちゅう駅で降りるわけで
す。で、その電車がこぉズッと行ったわけです、各駅停車ですから西大路、
向日町、長岡京、山崎、高槻と行ったわけです。

 と、高槻駅を出たときにですね、またその男、プシュ、タバコに火ぃつけ
よったんでございます。今度はもぉ言ぅたろと思てね、ちょっとキツイ目で
すわ「おいッ、禁煙や言ぅてるやろ」こぉ言ぅたったんです、ポ〜ンッとね。

 ほな、そいつ「何を言ぅとんねんこら、次ぎ降りんのじゃ!」言ぃよった
「えッ、次ぎ降りんのん? 俺も次ぎ降りんねやがな、ありゃ〜、えらいこ
と言ぅてもた」と、思たけども言ぅてもたもんしゃ〜ないがな。

 せやからもぉ売り言葉に買い言葉やから「次ぎ降りんねやったら、降りて
から吸えドアホッ!」言ぅたった、ちょっとカッコよろしぃやろ? ほんだ
ら「何をこらッ、生意気なことぬかしとんのじゃ」言ぅからね。

 「やかましぃわいこら」て言ぅたら、もぉ車内はね「おッ、どぉなんねん
やろ?」緊張ですわ。友達のほぉパッと見たらね、わたし関係ございません
ちゅう顔ですわ、ほかの乗客もみな。

 もぉしゃ〜ないがな、わたしはもぉ次で降りるか降りんか葛藤ですわ、乗
り過ごして茨木まで行ったろかいなぁと思てんねんけど、ここで降りなんだ
らちょっと負けたいぅ気もあるしやね、よし降りたろ思てね。

 「早よ次吸わんかい」「じゃっかしぃ、お前になんで言われなあかんねん」
「お前みたいな公衆道徳を守らんやつがおるからこの国は良ぉならんのじゃ」
もぉ訳の分からんこと言ぅてるんでございます。

 そのうちにバ〜ッと駅に着いてですね、ドアが開いて二人パッと降りたわ
けです。もぉえらい口論ですわ「ボケ」「アホ」「カス」改札出たとこで絶
対殴り合いになる思て覚悟決めてたんです。久しぶりにやらないかんなぁ。

 で、ダァ〜ッと階段上がって、改札へバァ〜ッ、わたしらにだぁれも近寄っ
てけぇへん。向こぉで駅員さんもえらいやつ来よったなぁ見てるわけですわ。
で、改札出て、わたしは北口のほぉへ行くんです、ほなその男、南口のほぉ
へシュッと曲がりよった。

 「あらッ?」と思たんやけど、振り返ったら殴り合いになるよぉな雰囲気
やったから、このまま行ったれ思て、早足でシュシュシュシュッと行ったん
ですわ、ほなどぉやら向こぉもシュシュシュシュッと行きよったらしぃ。

 まぁ考えたら、向こぉもよっぽど恐かったんやないかなぁ思うんですけど
ね。まぁそんなことがあって、しばらくしてですね、また京都へ行く仕事が
ありまして、摂津富田の駅で朝、ウロウロ・ウロウロしてますとですね、向
こぉから「どぉも……、どぉも……」

 「誰でしたかいなぁ? 見かけたことはおまんねけど、誰でした?」「あ
の、こないだのタバコの……」「あぁ、あのタバコの」「そぉそぉ、すんま
せんでしたなぁ。あのときわたし、えらい酔ぉててね。荒い言葉かけてえら
いすんませんでした、申し訳なかったです」

 「何言ぅたはりまんねん、わたしかて無茶苦茶言ぅてしもて、えらいすん
まへんでしたなぁ」いぅてしゃべったらえぇやつなんでございます。ものす
ごえぇ人なんでございます。

 それが縁で、ちょいちょい駅前で一杯やったりなんかして。ホントにまぁ、
何が縁でそんなことになるや分からんてなことがあるんでございます。

 まぁ、何にいたしましても、この喧嘩といぅのはあんまり良くないよぉで
ございますけれど、まぁ、落語に出て来る人間といぅのはね、喧嘩っ早いっ
ちゅうと、もぉエゲツナイのが出て来るよぉでございまして。

■おい、熊、いてるか?●あぁ、こらどぉも、又はんの兄貴でっか、よぉ来
とくなはった。どぉぞこっち上がっとくなはれ■邪魔するで……。おい熊、
お前また喧嘩したそぉやないかい●こらどぉもえらいすんまへん、もぉ兄貴
の耳に入ってまっか?

■入ったぁるがな、お前わ。また今度喧嘩した相手て、あの辰と喧嘩したっ
ちゅうやないかい。お前と辰とはな、こんな時分からの友達やろ、周りの人
間が皆心配してやなぁ「あいだ兄弟分や義兄弟や言ぅてる人間が、いさかい
事起こしていがみ合ぉてるちゅなどぉいぅことでんねん、いっぺん兄貴、仲
へ入って仲裁したっとくなはれ」て、言われてわしゃ来たんやないかい。

■お前なぁ「仲裁は時の氏神」てなこと言ぅねや。悪いことは言(ゆ)わへん、
二人ちょっと仲直りせぇ、仲直りを●えらいすんまへんなぁ、兄貴までそん
な心配おかけいたしまして。いやいや、兄貴にね、そない言ぅていただくね
やったら、そら仲直りでも何でもさしてもらいますけどね、まぁ、わたしの
話もちょっと聞ぃてもらえまへんか?

■何やっちゅうねん?●いや、だいたいね、夕べも辰とね、仲良ぉ角の関東
煮(かんとだき)屋で呑んでましたんや■別にどこで呑んでもかめへんけども
な●ほならね、あの辰のガキが「まぁ、関東煮も色々あるけれども、なかで
も大根が一番やなぁ」て、こんなこと言ぃまんねん。これあんた、どない思
いなはる?

■いや、別に何とも思わんけどな●さよか? わたいねぇ、あの大根の根性
が嫌いでんねん。あのね、大根ちゅなね、自分ではね、味持ってまへんねん。
関東煮の中入ったら、スジやとか昆布が出したえぇダシをジュジュジュジュ
ジュジュ、吸ぅて旨(うま)なりまんねがな。それをですなぁ、その旨なった
「この味はわたしが出しました」てな顔してまっしゃろ、大根は。

●わたしは、あの根性が気に入らんちぃまんねん。それをですなぁ「わしゃ
大根が一番やなぁ」てなこと言われてみなはれ、この下積みのスジや昆布の
立場といぅものは、どないなると思てまんねん?■こら、えらいとこへ話持っ
ていくねんなぁお前……、ん〜ん。

●せやからね、わたいは言ぅてやったんだ「お前が大根を好きなんは分かる。
分かるけれども、大根が旨なったその味は、スジや昆布が出した味と違うか?
せやさかいに、その大根だけやなしに、もぉちょっとスジや昆布にありがた
いなぁと思う気持ちを持っててもえぇのと違うか?」

●と、わたしは辰に穏やかぁに穏やかぁに言ぅたんです。ほんなら「じゃか
ましわい、おらぁスジの料簡まで知らんわい。俺が大根好きなんに理屈は要
らんのじゃい、ゴジャゴジャぬかすなッ」と、こんなこと言ぃまんねん。こ
んな人の道に外れたこと言ぃまんねん。

●せやさかい、わたしはね「そない言ぅてしもたら身もフタもないやないか
い。そらまぁ、お前の大根好きなんに理屈は要らんけども、大根が好きやと
思う心の片隅に、このスジと昆布の健気な力添えがあるといぅことを考えた
れ」と「もぉちょっとスジと昆布にありがたいな、といぅ気持ちがあっても
まんざらバチは当たらへんのと違うか?」と、こない言ぅたんだ。

●ほんなら「まだゴジャゴジャぬかしてけつかんのか、おのれのしょ〜もな
い理屈聞ぃてたら、呑んでる酒が旨もないわい。去(い)にさらせ〜ッ」と、
こぉ言ぃまんねや。わたいちょっとムカッときましたけど「まぁまぁ、そぉ
大きな声出したらいかんやないかい。もぉちょっと冷静に、お互いに穏やかぁ
にしゃべったら、話し合ぉたら分かり合えんのと違うか?」

●と、こない言ぅたら「どびつこいやっちゃなぁ、いねっちゅうたらいにさ
らせ〜ッ」と、わたしの胸ぐらを掴みよったもんやさかいね、わたしも堪忍
袋の紐がプツ〜ッと切れてしもて、喧嘩になったっちゅうことでんねん。こ
れあんた、どっちが悪いと思いなはる?

■なるほどなぁ……、話聞ぃてみたらアホらしぃけど、まぁまぁ、喧嘩の中
身はともかくとして、こら先に手ぇ出した辰がいかんなぁ●そぉだっしゃろ、
ね、わたいのほぉが筋通ってまっしゃろ■いや、筋が通ってると言われると
返答に困るけれどもなぁ……●わたしはスジと昆布の味方でんねん。

■そんなことは知らんがな。いやいや、しかし何にしてもな、先に手ぇ出し
た人間のほぉが悪いと思う。分かったわかった、だいたいのことは分かった
さかい、よし、また改めて寄せてもらうわ。

             * * * * *

■なるほどなぁ、話ちゅな聞かんと分からんもんじゃわい、ホンマに……。
おい、いてるか?▲まぁ、又はんのお兄さん、どぉもいらっしゃいませ。どぉ
ぞ上がっとくれやす■辰、いてるか?▲うちのん、今奥で寝てますねやわ。
ちょっと待っとくれやす……、又はんのお兄さん来てくれはりましたで。

◆あぁそぉか……、兄貴、えらいすんまへん奥にいてまんねん、ちょっと上
がって来とくなはれ■おい辰ッ、お前、無茶なことしたらあけへんやないか
い◆えらい藪から棒でんなぁ、何のこってんねん?■「何のことってす?」
やあるかいお前わ、夕べの熊との喧嘩の一件じゃ。

◆あれ、もぉ耳に入ってまっか■当たり前じゃ、ホンマにもぉ。お前と熊と
はな、小さい時分からの友達やろ、もぉちょっと仲良ぉせんといかんやない
かい、ホンマにもぉ。それにな、熊が穏やかにやなぁ「そんな大きな声出さ
んでもえぇやおまへんか」と、下手(したて)に出てんのに、お前が「どびつ
こいやっちゃ」てなこと言ぅてみぃ、喧嘩が大きなんのん分かったぁるやな
いか。そんな無茶なことしたらあけへんがな。

◆ちょ、ちょっと待っとくなはれ。兄貴言ぅたはんのん、夕べの関東煮屋の
喧嘩のことでっしゃろ■そや◆それ、誰に話聞きましてん?■熊に聞ぃたん
やないかい◆そんなこっちゃろと思いましたわ。あのねぇ、兄貴ちょっと落
ち着いて、わたしのこの格好見とくなはれこのカッコ。

■おぉ、そぉいぅとお前、頭に包帯巻いて、首から手ぇ吊って、晒し胸に巻
いて、目の縁青あざつくってるやないか。それ、どないしてん?◆どないも
こないもおまへんがな、これみな熊にやられましたんや熊に■熊に? やら
れたて、どぉいぅこっちゃ?

◆あのねぇ、よぉ考えとくなはれや、あの熊がね、穏やかぁにもの言ぅ人間
か人間でないか、兄貴が一番よぉ分かったはりまっしゃろ? ね、あいつが
穏やかぁに「そんな大きな声出さんでもえぇやおまへんか」そんなこと言ぅ
やつですか? あいつがそんなこと言ぅてて、わたしがこんなボロボロにな
りますか?

◆あのね、わたしはね「大根が好きやねん」てひと言、ひと言いぅただけで
んねん。ほんなら、いきなりですわ「俺の嫌いなもんぬかしやがって、この
ガキャ。勝負来い、しょ〜ぶッ」もぉ話も何にもなりまへんがな、これ■こ
ら話がだいぶ違ごてきたやないかい、けど、お前から先手ぇ出したんと違う
んかい?

◆いや、わたしが先手ぇ出しましたけど、あいつの足のほぉが先出てまんね
やがな。下駄で向こぉずねボ〜ンと蹴り上げられて痛いのなんの「何すんね
んな」ちゅうて胸ぐらに手ぇやったら、その下駄で頭バ〜ン。頭パカッていぃ
ました「あッ、割れたなッ」と思いました。

◆ほんだら今度、あの大きな拳骨(げんこ)で、あばら三枚目ボ〜ン、ボキボ
キッ「あッ、あばら折れたなッ」ほんだら今度は拳骨で頭ボカボカボカボカ
ボカ〜ッ、三十三まで勘定してましたけどね、そのあと頭フ〜ッとなってもぉ
て、気絶しかけてまんねやがな。

◆ほんなら関東煮屋の親っさんが仲へ入ってくれて「ちょっと待っとくなは
れ、どぉやらうちの関東煮のことで揉めてるらしぃ。えらいすんまへんけど、
今日はわたしの顔を立てて、穏やかに事納めてもらうわけにいきまへんか」
と、涙ながらに言ぅてくれはりましたんや。

◆ほな熊はんも「よっしゃ、親っさんがそこまで言ぅねやったら、今日はこ
れぐらいで堪忍しといたらぁ」言ぅて、堪忍してくれはったんや。熊はんも
あれでなかなかえぇとこあるねぇ。

■お前なぁ、そんな気楽なこと言ぅてる場合か……。何ぃ、俺が聞ぃた話と
まるっきり違うやないかい。そぉか、なるほどなぁ、いやいや、お前の言ぅ
とおりや、あの熊がな、そんな大人しぃもの言ぅ人間か人間でないか。よぉ
分かった、よし、えらいすまなんだなぁ、もっぺん来るさかいに。邪魔した
な。

             * * * * *

■あのガキほんまに、人なぶりくさって……、こらッ、熊ッ●あ、兄貴どぉ
も■「どぉも」やあるかい、こらッ。お前、よぉもわしに恥かかしやがった
なぁ●え? 何がです?■「何がです?」やあれへんがな、お前の言ぅたこ
ととまるで話が違うやないかい。

●兄貴、どこ行て来なはったん? え? 辰んとこへ? ウワァ〜ッ、そら
ずっこい■何が「ずっこい」じゃ、よぉあんなことぬかしやがったなぁ、ア
ホンダラ●ちょっと身贔屓がございましたかなぁ■身贔屓だらけやないかい、
ホンマにもぉ、仲裁はな「時の氏神」っちゅうんじゃ、神さん騙しやがって
このガキャホンマにもぉ、俺の顔は丸つぶれじゃ。

■おい、ちょっとこっち来い。一緒に行こ●どこ行きまんねん?■辰んとこ
行くんやないかい●辰んとこ、何しに行きまんねん?■謝りに行くんじゃ、
俺の顔が丸つぶれじゃホンマに、これはもぉ丸ぅ納めんことには俺の顔が立
たんのじゃ。さぁ、行こッ!

●ちょっと待ちなはれあんた、なんでわたしが辰に謝らなあきまへんねん。
アホなこと言ぃなはんな、行かへんっちゅうねん。手ぇ離しなはれっちゅう
ねん。は、離さんかい、こらッ!

●おい、誰がお前に仲裁に入ってくれて頼んだ? 兄貴兄貴と奉ってたらえぇ
気になりやがって、あのなぁ、仲裁に入んねやったら仲裁に入ったらしぃし
たらどないや、喧嘩は五分と五分に分かれて、はじめて「仲裁に入った」て、
なんねやろ、こっちばっかり一方的に「悪い、悪い」ぬかしやがって。

●はは〜ん、お前、辰んとこ行って何ぼか小遣いでももらいやがったなこの
ガキ。そんな汚いやつにな、仲裁なんかしてもらいとないのんじゃ。いにさ
らせアホッ!■こらッ、お前、それ誰に向こてものぬかしとんねん、おら仲
裁に入って来たんじゃ、それ、なんちゅう言ぃよぉや?

●「なんちゅう言ぃよぉ」やあるかい、お前、やる気か?■やったろやない
かい●ホンマにお前、やる気か?■オモロイやないかい、やったろやないか
い●よっしゃ、いてもたるさかいな■いてまえるもんならいてみぃ●ホンマ
にいてもたるさかい■さぁ殺せぇ。

 「ウワァ〜ッ」そらまぁ、喧嘩がふた回りもみ回りも大きなってしもたん
でございますなぁ。

             * * * * *

■隠居はん、ちょっとすんまへんけども、仲に入ってもらわれしまへんやろ
か? 話、聞ぃてもらわれしまへんやろか?★あぁ、けど先言ぅとくで■え?
★夕べのあの熊と又はんの喧嘩の一件やったら堪忍してや■もぉ、先言われ
たら辛いなぁ、実はその一件でんねん。

★それやったらもぉ帰ってんか、いやいや、夕べのだいたいのあらましは分
かったるんや。あんな無茶なやついてへんでお前、普段からせやけども、わ
しゃあいつの喧嘩の仲裁に入ってえらい目に遭ぉてんねんさかい。夕べもな、
何べんも仲に入ろと思たけど、話聞ぃてたらアホらしなってきてな、触らぬ
神に崇りなし、もぉ関わり合いにはなりとぉないねんさかい、その話やった
ら帰ってんか。

■でもございまっしゃろけど、あの熊はね、ほかの人間の言ぅことあんまり
聞きまへんねんけど、どぉいぅわけか隠居はんの話はよぉ聞きまんねや。そ
れにね、今回の相手ちゅうのが、あの又はんでっしゃろ、何かにつけてこの
長屋のことをね、色々と世話焼いてくれてまんねがな。長屋のためやと思て、
ひとつ、ひと肌脱いでもらうわけにいきまへんやろか?

★なるほどなぁ「長屋のためや」てなこと言われたらしゃ〜ないなぁホンマ
にもぉ。分かったわかった、ほんだらまぁ、話だけでもしてみたるわ。

             * * * * *

★熊はん、いてるか?●あ、こら隠居はんどぉぞ、どぉぞこっち入っとくな
はれ★熊はん、おまはんまた喧嘩したっちゅうやないか●どぉも、相すまん
こって★「相すまんこって」やないがなホンマに、ちょっと具合悪いでこん
なことしてたんでわ。それも、今回の相手はあの兄貴分の又兵衛さんやちゅ
やないかいな。

★そらいかんことや、長屋の人間もな、皆心配してんねん。でな、わしが年
寄り役でちょっと話をしに来たといぅわけやねん●そぉでっか、えらいすん
まへんなぁ。隠居はんにはね、そこまで迷惑かけまして。けどね、わたいの
話もちょっと聞ぃてもらえまへんやろか。

●実はね、この又はんの兄貴は、わたしと辰の喧嘩の仲裁に来てくれました
んや、だいたいは。そらありがたかったんでございますけどもな、わたしゃ
その喧嘩の分け方が気に入らんっちゅうんですわ。そぉでっしゃろ、喧嘩っ
ちゅうのは五分と五分に分けてこそ、はじめて仲裁でっしゃろ。

●それを、こっちのほぉを一方的に頭抑え付けて「お前が悪い」では、こら
あんまり理不尽やおまへんか、と、わたしゃ又はんの兄貴に穏やかぁにもの
言ぅて……★言ぅてない、言ぅてない。穏やかぁには言ぅてない●あッ、分
かってます?

★分かったぁるがな、きのうだいたいのあらましのことは聞ぃてたがな。だ
いたいおまはんとな、その辰っつぁんの喧嘩のことは知らんけれども、夕べ
のことはどぉ考えてもおまはんのほぉが良ぉない。ましてや相手は兄貴分な
んやさかいな、悪いことは言わへんさかいに、頭下げて謝りなはれ。

★何やったら、わしが一緒に付いて行ってあげてもかめへんねやさかい「仲
裁は時の氏神」と言ぅねんさかいな●もぉ、それあきまへん。わたい、その
神さん嫌いでんねや。その名前聞ぃただけでね、この二本の指が……★もぉ
えぇもぉえぇ、仲裁入って目ぇ突かれてたまるかいな。まぁまぁ、どぉして
もそれが嫌と言ぅねやったらな、こぉいぅことにしょ〜か?

★又兵衛さんと辰っつぁんと、おまはんとわたしと四人でな、酒の席をわし
が一席設けるさかい、そこで酒でも酌み交わしながらな、仲直りをしたらど
ないや? いやいや、又はんと辰っつぁんのほぉにはわたしから知らしとく
さかい。まぁ人間な、お酒が入ると気が大きなってな、優しぃ気持ちになる
もんやさかい、そぉしたらどないや?

●さよかぁ? 酒が入ったら、喧嘩がもぉふた回り大きなるのんとちゃいま
すか?★アホなこと言ぃないな、おまはんがそんなこと言ぅてどぉすんねん
な。ほんでわしがひと足先にその座を去るさかいに、あとはわしのことをボ
ロクソに言ぅて仲直りしてくれたらかめへんねや。

★「あのお節介の年寄りが入ってくれたんやさかいに、ここらで仲直りしま
ひょか、しょ〜まへんなぁ」もぉ糞味噌に言ぅてもぉたら結構、つまりわた
しをダシに使こてくれたらそれでえぇねんさかい●アホなこと言ぃなはれあ
んた、隠居はんダシになんか使えまっかいな★いやいや、遠慮せんでえぇ、
わしをダシに使こたらかめへんねや。


【さげ】
●アホらしぃ、ダシはスジと昆布に限りますがな。


【プロパティ】
 エゲツナイ=濃厚な・辛辣な・酷烈不快な場合などに用いる形容詞。エグ
   イ(喉を刺激するいがらい味)から出た語だろうという説もあるが、一
   方にはイゲチナイという語もあり、イカツイ(厳しい)の転じたものか
   と考えられる。イカツイ→イカツナイ→エカツナイ→エゲツナイ。ナ
   イは幼気(いたいけ)ないなどと同じで、無いではなく甚だしいという
   意味の接尾語。
 あいだの日=あいだ:日常。ふだん。
 関東煮(かんとだき)=おでん。大阪でオデンと言えば豆腐田楽のことで、
   東京でいう煮込みのオデンを大阪では関東煮という。
 料簡=考え。気持ち。思案。
 ぬかす=言う・ほざく。
 けつかる=居る。する。の意の下品な悪態口に用いる語で、ケツカルだけ
   でも「居やがる」の意であるが、さらに他の動詞に付いてその下品な
   言い方になる。サラス・クサル・ヤガルなどと同じ意に使用するが、
   この三つは動詞の連用形に付くのに対して、ケツカルだけはテに接続
   する。してケツカル。言うてケツカル。など。ケッカルともいう。
 しょ〜もない=つまらない。くだらない。仕様もないの訛化。
 さらす=するの罵語。やがる・くさる・けっかるなどの補助。さらしてけっ
   かる。
 どびつこい=しつこいをさらに強めていう語。
 ひつこい=しつこいの段訛。執拗な。
 なぶる=さわる・いじる・もてあそぶ・おもちゃにする。さらに、からか
   う・嘲弄する。
 ずっこい=こすい。悪賢い。狡猾な。スコイともいう。
 アホんだら=タラはグウタラなどの軽蔑の意を込めた接尾語。アホタレの
   タレも同じ。馬鹿野郎の意味ではあるが、どこまでも柔らかく間が抜
   けている。約まるとアンダラ。
 〜だらけ=汚らしく散りひろがったさまにいう。名詞の接尾語。ダラケル
   (弛緩)の意か。
 いてまう=いってしまう→いてしまう→いてまう:目的を達しようとする
   こと。ここでは「やっつけてしまう」の意として用いる。ほかに「死
   んでしまう」「失神してしまう」などもイテマウ。
 ボロクソ=朝飯前・へっちゃら・屁の河童・お茶の子サイサイ。また、ク
   ソミソの意にも用いる。ボロカス。
 クソミソ=味噌も糞も区別しない意。全くくだらないものとして、悪くい
   うさま。ぼろくそ。さんざん。みそくそ。
 原作:小佐田定雄氏
 音源:桂都丸 2006/11/01 上方演芸ホール(NHK)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=桂都丸 sub=*  ●main高座記録日:2006/11/01  ●音  源  名:上方演芸ホール(NHK)  ●ファイル公開日:2007/02/04  ●原    作:小佐田定雄氏  ●更  新  日:2014/02/23  ●リクエスト数:rakug410  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次