【上方落語メモ第5集】その220

夢     八


【主な登場人物】
 八っつぁん  甚兵衛はん  お縄はん  ご遺体

【事の成り行き】
 夢というか、イメージというか、将来自分がどのような状態にあるかを具
体的に思い描ける出来事というのは、現実になる可能性が高いといいます。
逆に言えば思い描けない出来事はいくら努力しても起こり得ない、ただの夢
ということなのです。

 例えば今から数時間後、風呂に入り夕食を済ませ、のんびりと落語のビデ
オを楽しむ私のイメージというのはすぐ浮かんできます。これは現実になる
可能性が高いということです。では就寝前のイメージは……、これも想像で
きます。明日の目覚め、通勤、仕事……、多分こうなるであろう、まぁ、半
年、一年先ぐらいのイメージなら現実とそんなに違わないでしょう。

 人間は突然に将来に飛ぶわけではなく、連続した時間の流れに乗りながら、
というか、私の場合流されながら将来を迎えるわけですから、言い換えれば、
今の状態を土台に時間、経験を積み重ねていくわけですから、具体的イメー
ジとして想像できる将来というのは現実になりうる可能性が高いんでしょう
ね。

 では、どれぐらい先まで思い描けるかといいますと、若い頃なら「可能性」
という不確実な言葉に惑わされ、ヒョッと明日はどんでん返しがというよう
な夢を見ていましたが、ひねもすマンネリと日常を送る最近、かなり先まで
見えるようになってきてます。この分やと、もう少し修行を積めば終点まで
見通せるんやないか、と思っている今日この頃(2000/08/06)。

             * * * * *

 え〜、代わりましてわたくしのほぉもよろしくお付き合い願いますが、出
てまいりましたわたくしが、桂雀々と申しまして、またの名を「けぇじゃん
じゃん」と申します。よろしくお付き合い願いますが。

 もぉいろんなところでおしゃべりさしていただいとりますが、どこ行きま
しても、もぉねぇ、落語といぅのはなんか古臭いイメージがございましたが、
お客さんも今日はもぉ大入り満員でございましてね、年齢層も「ろぉ〜にゃ
くにゃんにょ」にょ、お客さんに来ていただきまして、ありがとぉございま
す。

 何がわたしら一番嬉しぃかと申しましても、大いにこの、笑っていただく
ことと、暖かい拍手をもらうことでございましてね、これでございます。大
いに「うわぁ〜ッ」何もかも忘れていただきます。

 そしてやっぱり暖かい拍手「ろぉ〜にゃくにゃんにょ」でございますから、
うわぁ〜ッ(パチパチパチ)といぅ活気が生まれます。ほんとでございます
よ、何が嬉しぃ言ぅたかてそぉ、大いに笑っていただくことと、暖かい拍手
をもらうこと……(ここで拍手待ち)

 さぁさぁ、それですよ、そぉですそぉです、やればできるじゃないですか。
何してるんですか? 落語といぅのは「わたしがやりましょ、あなたが聞き
ましょ」これで合体いたしまして、いい作品が出来上がるといぅわけでござ
いますから、手を抜かずに聞ぃていただきます。

 ほんとでございますよ、落語で忍耐を味わってもらわなければいけません。
一生懸命おしゃべりをさしていただきますがね、

■さぁさぁ、こっち入っといで、おぉ八っつぁんこっち入っといで。いや、
よぉ来てくれたなぁ。いやいや、実はな、来てもぉたんほかでもないねんけ
どな、お前にこの、仕事のな、世話をしてあげよと思てな、来てもぉてんけ
どな。何でまたおまはん、このブラブラ・ブラブラしてんねん? 仕事続か
んのかい? 根気がないのんかい? どぉいぅことやねん? 前から聞きた
かってんけど、どぉいぅこっちゃ八っつぁん?

●あぁ甚兵衛はん、そぉですねん、わたしね、やる気はあるすんです、仕事
はね、やる気はあるんですけどね、わたしねぇ、仕事してますとね、病気が
出るんです、病気が■病気て? ん? どんな病気や?●「どんな病気」て、
わたし仕事一生懸命してますやろ、してまんのにね、なんかね、突然ね、フ
〜ッとね、じき眠とぉなってきてね、ほで、夢を見てしまうといぅのが病気
なんですわ。

■ちょっと待ちぃな、変な病気やなぁそれ、夢見るてなほんまに。で、どぉ
いぅこっちゃねん?●さぁ、前もね、そぉでんねん、友達のイッちゃんから
ね、あの〜、頼まれましたんや、町内の夜番ですねんけどね。あの、火の番
です。

●ほいでまぁ、夜中ですわ、誰も居てまへんやろ、番小屋でチ〜ンと座って
ましたんや。ほたらね、わたしねぇ、寝る気はないんです、寝る気はないの
にね、しゃべり相手居てまへんやろ、ほんでまぁ、ウトウト〜ッ・ウトウト
〜ッして、夢を見てしまった、ちゅうのが大きな失敗なんですわ。

■ほぉ〜ッ、どんな失敗したんや?●そぉ、まぁ夢ちゅうのがすごいんです
■どんな夢?●「どんな夢」てね、それが火の番でね、ちゃんとね、座って
なあかんのにね、こぉね、この、安全任せられてんのにね、ほたらまぁ、火
事の夢でんねんへぇ。町内が丸焼けになるっちゅう夢、見たんですわ。あッ、
そぉそぉ甚兵衛はん、あんた既にこぉ〜んがりと焼け死んでましたわ。

■あほなこと、あほな夢、ゲンの悪い夢見ないなほんまに。で、どないした
んや?●さぁ「こらえらいこっちゃ、火事や」思たもんでっさかいね。夢か
ホンマか分かりまへんやろ、とりあえず番小屋の表、ビャ〜ッと飛び出して
行って「火事や〜ッ! ご町内の皆さま、火事ですよぉ〜ッ。火事やぁ〜ッ!
早よ逃げよぉ〜ッ、火事やぁ〜ッ!」言ぅて、町内ひと回りしてね、番小屋
に戻って来たときには、もぉはっきりと目が覚めましたんやがな。

■えらいこっちゃこれ、えらいことやったやろ?●大騒ぎだ。町内がまぁ、
すごいことなってもぉてね、へぇ、町内のお年寄り連中がゾォロゾォロ・ゾォ
ロゾォロ出て来ましてね、眠たい目ぇこすりながらね「えらいこってすなぁ、
火事らしぃけど、どこが燃えてまんねやろなぁ? どこから火が出てまんね
やろ? どこから火が出てまんねやろなぁ?」て、すごい状態ですんや。こ
れ何とかせなあかん、さすがのわたしも思いましたんでね、もぉ町内ね、ひ
と回りしてやったんだ。

■ほぉ〜ッ、どない言ぅて?●「すいませぇ〜ん、ご町内の皆さまぁ〜ッ、
ただ今の火事は延期になりましたので、お休みくださぁ〜いッ」言ぅたら明
くる日の朝「お前には町内の安全任せられん」ちゅうてね、ほで、夜番はや
めましたんや。

■「やめました」やあれへんがな、やめさせられたんやがな、それは。呑気
な男やなぁ●ほんでまたわたしね、ブラブラ・ブラブラ遊んでましたんや。
ほたらね、植木屋の親方がね、嬉しぃ優しぃ人でっせ「八っつぁん何してん
ねんおい、若いもんがブラブラしてんねやあれへんがな。うちに手伝い(てっ
たい)に来い」ちゅうてね、声かけてくれましたんや■そこらお前な、やっ
ぱり人徳やで、えぇとこあるなぁ、やっぱり。

●そぉですやろ、あの、手っ伝いいぅてもね、難しぃことおまへんねん。あ
の、植木屋の親方がね、ハシゴこぉ乗ってますやろ。それ、下でね、ハシゴ
の足押さえたりする程度のことでんねん。簡単なことでんねん。

■ふんふん、今度はお前、大丈夫や●「大丈夫」て、あんた知らんからそん
なこと言ぅねん■また何かあったんかい?●そぉでんねん。わたしね、ハシ
ゴ持ってるときにね、ウトウト〜ッ・ウトウト〜ッ、コックリ〜ッ・コック
リ〜ッときましたんですわ。ほで、夢見たんですわ。

■ちょっと待ちぃな、上に親方とまらせたままやろ。ほで、夢見たん? 何
かい、またまた火事の夢かい?●いや、そないしょっちゅうおんなじ夢は見
まへんねん。今度はあの、荷車引ぃてる夢でんねん■な、なに? 荷車?

●そぉやねん、あの、ハシゴをこぉ、わたしが下で持ってる格好(かっこ)と、
車の梶棒握ってんのとこぉ、よぉ似てまっしゃろ? 似てますやろ? ほた
らわたし、車引ぃてましたんや、夢でね。ほたら、前から何が走って来たと
思います? ヤギがね、変なもんですけど、夢ですからもひとつまとまりが
おまへんねけど、バラバラなんですけど。

●わたしがゴ〜ロゴ〜ロ・ゴ〜ロゴ〜ロ・ゴ〜ロゴ〜ロ引ぃてましたんです。
向こぉからまぁ、目の色変えて、ヤギが「メェ〜メェ〜メェ〜」あかんあか
ん、ぶつかるぶるかる、あかんどけて、ヤギさんどけて、あかんぶつかる!
「メェ〜メェ〜」あかんぶつかる、えらいこっちゃがな、どけッ、あかん、
あほ何すんねん、あかんえらいこっちゃがな、うわぁ〜ッ、ぶつかるがな、
ビュ〜ッ……、そしたら「ギャァ〜ッ」ドッボ〜ンッ。声と音ですんやわ。

■ど、どぉいぅことなってんねん? それ、状況はどぉいぅことなってんね
ん?●わたしあの、車の梶棒や思たらあんた、パッと目ぇ覚めたら、ハシゴ
でっしゃろがな。それ、いきなりビャ〜ッしたもんやさかい、親方、上から
ヒュ〜降ってきてあんた、泉水のとこザッバ〜ッとはまってあんたまぁ、ほ
たらね、パッと顔見たらね、濡れネズミなって口にね、鯉挟んではりまんね
んがな。パクパク・パクパクて。もぉ、すごかったんです。

●で、甚兵衛はん、どんな仕事紹介してくれますのん?■いやいや、困った
なぁ、そんなこととは知らんがな。いや、えらいやつに声かけてしもたなぁ。
いや、大丈夫やだいじょ〜ぶや、ちゃんと考えたぁんねや。大丈夫考えた、
任しとき。それはかまへんねけど、やってくれるか? 何でもやってくれる
か?●えぇ、何でもやらしてもらいます。もぉ仕事がのぉて困ってましたん
や。

■そぉかそぉか、あの〜、番をしてもらおと思てな、番を●やっぱり何です
か、火の番ですか?■あほなこと言ぃなさい、そんな「火事は延期になりま
した」言ぅた男に、何で火の番頼むねな。違う違う、あのな、吊りの番や、
吊りの●あぁ釣り、これからなんでっか、天保山へ夜釣りに行く人の、なん
か荷物持ちかなんかしまんのか?

■いやいや、そんな遠いとこやないねん、近場やねんけどな。やってくれる
か? そぉかそぉか、良かったよかった。そぉと決まったら、ちょっと出か
けよか、一軒寄りたいとこがあるんでな、一軒。済まんけどな、付いて来て
んか……

■あぁ、ほんまにもぉ、えらいこっちゃったなぁ。そんなことがあったんか
いな、知らんがな。まぁまぁ、これは大丈夫や、今回のはな、おまはんに打っ
て付けの仕事やと思うねん。良かったよかった、おまはん大丈夫だいじょ〜
ぶ、朝までやけどなとりあえず、大丈夫だいじょ〜ぶ、任しといてまかしと
いて、ちゃんと考えたぁるさかいな、ちょっと一軒寄るさかいな……、ここ
やここや、待っててや。ちょっと待っててや……

■え〜、どぉも、お邪魔しますこんばんわ。お縄はん、こんばんわ……、こ
んばんわ、お縄はん▲はい……、まぁ、どぉもご苦労はんでございます、甚
兵衛はんでございますかいな、ご苦労はんでございます■で、お縄はん、向
こぉの小屋のほぉはどんな具合や?

▲それがさぁ甚兵衛はん、お役人の検死がハァ、明日の朝ちゅうことになり
ましたやろ、それまで触ることでけへんさかいに吊ったなりになってまんの。
わたしもなぁ、もぉ気味悪ぅてなぁ、ご近所の人も「ほかへ泊まりに行く」
言ぃはって、わたし一人でもぉ怖ぉてこおぉて。

■いや、済まなんだ済まなんだ。いやいや、わしもいろいろ当たってみたん
やけどな、誰も嫌がってしてくれへんねんや、済まん。ところが、喜んでお
縄はん、いてたんや、打って付けのやつがおったんや。あの男やねんけどな
、あの男や、八っちゃんいぅ男や、あの男や。

▲さよか……、あの、甚兵衛はん、あの人ちょっと見たら、ボ〜ッとしてる
んと違いますのん?■いや、ちょっと見たら、ボ〜ッとしてるよぉに見える
やろ。よぉ〜見たら、ほんまにボ〜ッとしてるねん。大丈夫、だいじょ〜ぶ
やて、あの手の男のほぉが怖いとか気色悪いとか恐ろしぃとか、そんな神経
まったくないさかいに。大丈夫、だいじょ〜ぶやさかいに任しときまかしと
き。お〜いッ、ほらほらほら、頭ポリポリかいとぉるやろ……、待っててや。

■済まんけどな、向こぉの鍵もらおか、鍵を。おおきにおおきに、で、頼ん
だぁった弁当できてるか弁当? あぁおおきにおおきに。済まなんだなぁ、
そしたら明日の朝っちゅうことでな、ご苦労さん、済まなんだなぁ▲ほな、
お願いいたします。

■おい、八っつぁん、おいでおいで。これ渡しとこ、これ●これ、何でんね
ん?■行たらじき分かるわかる。良かったよかった、ほんまにな、明日の朝
までやさかいにな、とりあえずしっかりやってや、お願いしまっせほんまに。
あんたしかいてへんねさかいな、こぉいぅ仕事わ。あぁ良かったよかった、
ここやここや、ちょっと鍵開けるさかいにな、ちょっと鍵開けるさかいバタ
バタしなさんなや……、ここがあんたの仕事場やで。さッ、入って。

●ここ……、で、仕事ですか? ごめん、お邪魔します。こんばんわ、よろ
しくお願いいたします。こんばんわ■いやいや、誰も居てへんがな、鍵開け
んのん見てたやろお前。しっかりしぃや、大丈夫か? 舞い上がりなや、と
りあえず、お願いしまっせ●真っ暗ですがな、ちょっと、窓明けまひょ〜な、
甚兵衛はん。

■大丈夫、大丈夫、だいじょ〜ぶ、窓開けんでもえぇねん。ちゃんと用意し
たぁんねん明かりはな。そこにそぉそぉ、とりあえずな、ムシロ持ってきて、
ムシロ。ムシロ、サァ〜ッと広げてひろげて。その上でオッチンして……、
そぉそぉ、ほで、箱あるやろ、そこに箱が、それちゃんと明かり取りでロォ
ソクが用意したぁんねん、ロォソクが。五本な、とりあえず箱ん中入ってる
と思う。いや、朝までやさかいな。

■いやいや、一本でえぇがな一本で、五本も使わいでえぇがな、誕生日やな
いねんから……、丸ぁ〜るくしてどぉすんねん、この男は。面白い男やなぁ、
一本でえぇから一本で……、であのそぉそぉ、荷物開けてみあけてみ●これ
何ですのん? 風呂敷包み■弁当や●へッ?■弁当や●おぉ、これ何です、
この仕事、弁当付きの仕事ですか? わッ嬉しぃなぁ。植木屋のおっさんと
こは弁当付きやなかったんですわ。うわ〜ッ、嬉しぃなぁ。ちょっと開けて
みますわ……

●うわぁ〜ッ、立派なお重に入ったぁるなぁこら。うわぁ〜ッ、いただいて
よろしぃんですか? え? お縄はんが作ったんですかこれ? へぇ〜ッ、
いただきます……、うわぁ〜ッ、久しぶりや、こんなご馳走長いこと食ぅて
ないはこれ。ひゃぁ〜ッ、うまそぉな煮しめが入ってますなぁ、高野豆腐な
んてこれなぁ、長いことこんなん食べてまへんわ。いただいていいですか?
済んまへん。

●うわぁ〜ッ、嬉しなぁ、ちょ〜だいします、嬉しぃなぁ(ジュルジュル、
ジュル〜ッ)ん、ん、ん〜ん……、これいける。高野豆腐なんて、炊きよぉ
がむつかしぃんですよこれ、甘すぎてもいかず、辛すぎてもいかず、頃かげ
んてこの、うまいこと味付けしたぁる。うわぁ〜嬉しぃ大好物ですねんこれ
(ジュルジュル、ジュル〜ッ)ん、ん、ん〜ん……、うまい、うまい。

●ちゃんと下の段にはこれ、嬉しぃ、握り飯入ってる。うわぁ〜ッ、ご馳走
(ごっつぉ)やなぁ、ちょ〜だいします。お腹ペコペコでしたんや、済んませ
んいただきます、ちょ〜だいします。うわッ、えぇ仕事ですなぁこれ。

●うわぁ〜ッ……、ん、ん、ん〜ん、ん、ん、ん〜ん、ん、ん、ん〜ん……、
えぇ塩加減や、ん、ん、ん〜ん(ジュルジュル、ジュル〜ッ)ん、ん、ん〜
ん、ん、ん、ん〜ん(ジュルジュル、ジュル〜ッ)ん、ん、ん〜ん(ジュル
ジュル、ジュル〜ッ)ん、ん、ん〜ん(ジュルジュル、ジュル〜ッ)

■やかましぃなぁおい、ウヮウヮ・ウヮウヮ言ぅてんねやあれへんがな。食
べんのはえぇねんけどな、食べんのはえぇねんけど、ちょっとそこに割木が
ある、割木一本持っといで●これですか?■そぉや、ちょっとあの、板の間
叩いてみ、叩いてみ●へッ?■いや、板の間、好きなよぉに叩いてみ。

●好きなよぉに叩きますのん? ここ叩きますのん? (トントコ・トント
ン・スットンスットン、トントコ・トントン・スットンスットン)これでよ
ろしぃか?■あぁ、なかなか結構。ちゃ〜んとこぉ波があって結構けっこぉ、
それでえぇそれでえぇ。

●(トントコ・トントン・スットンスットン、トントコ・トントン・スット
ンスットン)なるほど……、何でわたい、こんなことやってまんのん?■い
やいや、何言ぅてんねんな、嬉しそぉな顔して、分からんとやってたんかい
な。最前言ぅたがな「じきにウトウト・ウトウトして、夢見る」いぅて。そぉ
やって叩いてたら、喧しぃて寝られへんやろがな。

●あッなるほど(トントン)こら寝られへんわ(トントン)これえぇ考えだ
(トントン)これ喧しぃて、寝てられへん。こら賑やかでよろしぃなぁ、こ
れねぇ(トントン)あ〜なるほど、これ朝までズッと叩きますのん? これ、
わたしの仕事でっか? 変な仕事(トントン)あッそぉ。

●(トントン)これねぇ、なるほど、これズ〜ッと叩いてたらよろしぃんや
ろ。ほで、ごっつぉあるし、それ食べながら叩いて、なるほど、ほで、退屈
なったらちょっとウダウダ・ウダウダしゃべってたらえぇんやろねぇ?

■あほなこと言ぃないな。わしが付き合うぐらいならおまはん呼んだりせぇ
へんがな。わしゃいろいろとあるさかいな、これがおまはんの仕事や、とり
あえずお願いします、頼んましたで。食べてな、食べるもんなんぼ食べても
かめへん、叩くんやめたらあかんで、な、頼むで、お願いします、あしたの
朝までやさかいな、よろし頼むで、わしゃもぉ帰るさかいな、お願いします。

■あッ、せやせや、忘れるとこやった。一言ちょっと付け加えとかなあかん
ねんけどな、あの、ちょっと、お前の前に大きぃ、こぉ大きぃムシロが吊っ
たぁるやろ。な、ムシロの向こぉ側は気にせんといてや。な、とりあえず、
もぉ知らん顔しといて、とりあえずな。

■食べて「トントン・スットントン」叩いてくれたらえぇ、ムシロの向こぉ
側は見んほぉがえぇと思うからな。とりあえず、気にせんといてや。ほな、
お願いいたします。あしたの朝までやで、よろしゅお頼み申します。

●へッ、わかりました。ちょ、甚兵衛はん、もぉ帰るんですか? ちょっと、
せわしない甚兵衛はん。あッ、じん兵衛はん、鍵閉めんかてえぇがな、どこ
も行けへんがな、甚兵衛はん……、閉じ込めてどぉすんねんな、冷たい人や
であの人。

●んもぉ、言ぅだけのこと言ぅてほんまに、まぁえぇわ、ほたら食べよか。
ん、ん、ん〜ん(ジュルジュル、ジュル〜ッ)

(トト・スットントン・トト・スットントン、トト・スットンスットン・スッ
トントン……)

●甚兵衛はんなんや「見たあかん」言ぅてたけど、気になるがなこれ……、
何やねんな? 変なこと言ぅて、何やねんな?

(トト・スットントン・トト・スットントン、トト・スットンスットン・スッ
トントン……)

●あッ、こんばんわ、すいません。喧しぃことございませんか? 先、入っ
てはったんですか、すんません。一人ばっかりや、思てましたんで、知らな
んだ、すんません。

(トト・スットントン・トト・スットントン、トト・スットンスットン・スッ
トントン……)

●あんたも雇われてきたんですか? 知らんかった、すんまへんどぉも。い
や、良かったわ、一人でこんなんズ〜ッと朝まで退屈でっしゃろ、よかった、
先入ってたんかいな。どぉもすんません、ちょっと、いや、そこ居てますん
やろ? ちょっと……、背の高い人やなぁ、ムシロから頭が出てるけど?

(トト・スットントン・トト・スットントン、トト・スットンスットン・スッ
トントン……)

●いや、頭出てますけどちょっと……(トントン)ちょっと……(トントン)
ちょっと? ビックリさしなさんなやちょっと……、ねぇ……、見えてまっ
せ。なんや薄暗ぁ〜く、ちょっと……、ちょっと、ねぇ……、ちょっと?

●(トトトトトト……)つ、つ、吊ってはる……(トトトトトト……)吊っ
てはるッ! 甚兵衛はん。そぉか、吊りには違いないけど、釣りが違うがな。
ちょっと、甚兵衛は〜ん(トトトトトト……)悪い人やなぁあんた、ちょっ
と甚兵衛はん来てぇな(トトトトトト……)

(トトトトトトトトトトトトトトトトトトトトトトトトトトトトトトトト)

●どないした? 手が止まらへんがな……、ちょっと、甚兵衛は〜ん(トト
トトトト……)手が止まれへんがなッ!

(トトトトトトトトトトトトトトトトトトトトトトトトトトトトトトトト)

 バァ〜ンッ! 手が止まらんよぉになった弾みでございましてね、割木が
ムシロへバ〜ン、当たりましたんで。ムシロが下へザァ〜ッ! 落ちますと
いぅと、ムシロの向こぉ側で……(手拭いで首を吊ります)

●ん〜ん(トトトトトト……)甚兵衛は〜んッ! 吊ってはる〜ッ! ちょっ
と甚兵衛は〜ん!(トトトトトト……)

 ん、ん、ん〜ん……(ジュルジュル、ジュル〜ッ……)恐いんですが、食
べるんだけはやめません。立派な根性いたしておりますが。

 そぉこぉしてますうちに、この長屋に年古ぅ住んでおります、この猫でご
ざいますね。猫も年を取ると化けると申しまして、大きぃ大きぃ野良猫。尾っ
ぽかてすごいです、もぉ二股に分かれていよぉといぅ、ホンマもんの化け猫。
こいつが屋根の上を(ミシッ、ミシッ、フギャ〜ォ、フギャ〜ォ)

●呼んではりまっせぇ〜ッ、お縄は〜ん。ちょっと来てぇな、おかあちゃ〜
ん……

 猫も「何事かいな?」と、天窓からヒョイと下を覗きますといぅと、首吊
りの目の前で八っつぁんがワァワァ泣いとぉる「はは〜ん、こいつえらい怖
がりやな。いっぺん怖がらしたろ」悪い猫があったもんで、首吊りめがけて
息を一つ「シュ〜ッ……」

 ボチボチこの、首吊りがものを言ぅよぉになった。

★こんばんわ……、こんばんわ●わ、わ、もの言ぅた、もの言ぅた、もの言ぅ
た……、ちょっと済んません、わたし、雇われて来ましたんや甚兵衛はんか
らね、怪しぃもんやないんです★今晩、ちょっと陰気臭い寂しぃ晩やなぁお
い。ちょっと陽気に伊勢音頭でも唄とてぇな。

●あほなこと言ぃな、こんなとこであんた、音頭なんかとてもやないがよぉ
唄いません★唄わな、そこ行てホベタねぶるよ●分かった、唄います、唄と
たらよろしぃんや、唄います。堪忍して、お願いします、唄いますから……

●♪伊勢は〜津でも〜つ 津は〜伊勢でぇも〜つ★よ〜い、よ〜い!

●合いの手よろしぃんで、もぉ一人で唄います……、♪終わり名古屋は〜、
やんれ、城でぇも〜つ〜、やぁとこせぇ〜の、よぉ〜いやなぁ〜♪

★あれわいさぁ、これわいさぁ! ささ、何でもさぁあ〜あ〜……

 「さぁあ〜あ〜」体をこの揺さぶったもんでございますんで、縄がブチッ!
切れましてね、首吊りが八っつぁんの目の前へドスンッ! 八っつぁん、ブ
クブクブクッ……

■お早よぉさん、おはよぉさん、お縄はん、どやった夕(ゆん)べは?▲もぉ
堪忍してぇな。何でんねんあれ? 朝まで「トト・トントントン」て、喧し
て寝られへんかったもぉ。ところが明け方からシ〜ンとしてまんねん。

■また寝とんねやないかいな、どんならんがな。ちょっと、お縄はん付いて
来て、また寝とんねや、夢見とんねやないかい。どんならんなぁ、ほんまに
もぉ、鍵持ってきて、鍵持ってきて、お縄はん……

■ホンマ、どんならん、何をすんねんなほんまに。お縄はん、ちょっとそば
に居ってや……、おい八っつぁん、八っつぁん! 何してんねん八っつぁん?
ん? ちょっと来てみお縄はん、あの男なかなか度胸あるでおい。そぉやな
いかいな、首吊りわざわざ下ろして、枕並べて手ぇつないで寝てるやないか
いな。不思議な男やなぁ、これッ、八っつぁん起きんかいな。

●♪伊勢は〜津でも〜つ……


【さげ】
■見てみお縄はん、伊勢参りの夢見てるがな。


【プロパティ】
 桂雀々=1960年8月9日生まれ、本名・松本貢一、1977年6月1日桂枝雀
   に入門。
 験(げん)=ゲンがえぇ、ゲンが悪いなど、兆しの意味に用いられる。現在
   は験の字を当てるが、縁起(えんぎ)の倒語ギエンをゲンと約めたもの。
 天保山=大阪市港区、安治川河口南岸にある小丘。1831(天保2)年、安治
   川浚渫の土砂をもって築き、灯台を設けて河口の標識とした。旧称、
   目印山。標高4.5m
 〜なり=完了を継続した状態を示す接尾語。ずっとそのままである。「し
   たら、したなり」やったら、やりっぱなし。
 オッチン=座るの幼児語。
 割木=薪(たきぎ)を小割りにしたもの。まき。
 〜いな=強調するための接尾語。
 音源:桂雀々 96/11/08 落語のひろば(東芝)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=桂雀々 sub=*  ●main高座記録日:1996/11/08  ●音  源  名:落語のひろば(東芝)  ●ファイル公開日:2000/08/06  ●江戸落語相当:伊勢詣り  ●更  新  日:2009/04/19  ●リクエスト数:rakug220  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次