【上方落語メモ第4集】その195

算段の平兵衛


【主な登場人物】
 平兵衛  お庄屋はん  庄屋の妾お花さん  庄屋の奥さん
 隣村の皆さんほか

【事の成り行き】
 サスペンスの巨匠アルフレッド・ヒッチコックが古典落語のファンであっ
た、という事実をご存知の方は案外少ないと思います。代表作「サイコ」は
二重人格をテーマにしていますが、これは噺家が独りで幾人もの人物を描き
分けるところからヒントを得たといいます。

 また、一人の死人を巡って、村人たちが右往左往する悲喜劇「ハリーの災
難」は「算段の平兵衛」の影響を受けたとか。

 というのはまったくの嘘ぴょ〜ん。しかし、洋の東西を問わず同じような
発想をするものとみえ映画「ハリーの災難」にしろ落語「算段の平兵衛」に
しろ、幾分毒を含む方が笑いの重みは増すようです。

 なお、ヒッチコック自身、作品の中にチラッと登場するお茶目監督で、サ
スペンスごころとユーモアごころは切っても切れない間柄にある。これは嘘
ではありません、緊張と緩和でしょう(2000/02/06)。

             * * * * *

 よぉこそのお運びで、相変わらずごく古いお噺を聞ぃていただきます。

 世の中があんまり変わりすぎましたんで、古い落語をやるときに分からん
よぉなことがだんだん増えてきまして、説明せんならん場合が増えてきたん
ですけどね「算段」なんて言葉も使わんよぉなりました。

 「遣繰算段(やりくりさんだん)」ちゅう言葉だけが、まだ生きてるよぉに
思いますがなぁ「ちょっと算段しといて」とか「あいつは算段がうまいさか
いなぁ」とか「そぉいぅ算段ならあの男や」とか、日常会話にもよぉ出てき
たんでございますがなぁ。

 いろいろとこの「算段」をする、ちょっとした無理でも何とか収めてくれ
るとか、お金が足らんのでも間に合わすよぉにするとか、そぉいぅことにな
かなか長けた、上手な人ちゅうのはあるもんでございまして。どこのグルー
プにでも、どこの会社にでもこぉいぅ便利な人が一人ぐらいありますわなぁ。

 「今度の忘年会のな、景品をちょっと……」「俺に任しとけッ!」どっか
走り回ってサ〜ッとスポンサー見つけてザ〜ッと揃えてくれる「今度の一泊
旅行……」「任しとけッ!」サ〜ッと業者回ってパンフレットやなんか集め
て「ここはな一泊でこぉなってて、ここは酒が付いてこぉなって……」「今
度の」「あ、俺に任しとけッ!」ザ〜ッ「あの」「任しとけッ!」ザ〜ッ。

 こぉいぅ人に限って、仕事の方であんまり間に合わなんだりするんですけ
ども。と、いぅことがよぉあるんですが。


 大阪の近辺の農村、丁髷(ちょんまげ)時分の噺でございますが、算段の平
兵衛(へぇべぇ)と異名(いみょ〜)を取った男がおりまして、まぁまぁ、その
時分は何しろ苦しぃ時代でございますので、朝は朝星夜は夜星をいただいて、
みんな働いてる中に、この男だけがこれといぅ仕事が無いんですなぁ。

 今で言ぅたらブローカーみたいなことやって、で、こぉ自分は中に入って
利益を取るとか、何か催し事に首突っ込んで幾らか掠(かすり)を取るとか、
何かそぉいぅ時にゴジャゴジャ、ゴジャゴジャと立ち働いては、ちょっとず
つ利益を得るといぅよぉなことをしながら、真面目にコツコツ働いてる人よ
りも旨い酒呑んだりしてるといぅ。

 今の世の中には何してるや分からんちゅう人ぎょ〜さんありますけどね、
昔の農村、そぉいぅ人おらなんださかい、まぁあんまり皆には好かれまへん
わなぁ。と言ぅて、憎まれるか、嫌われるかといぅと、やっぱり頭は確かに
えぇんでっさかいね、こぉいぅやつわ。どっちかといぅと恐れられてるよぉ
なところがあったんですなぁ。

 この村のお庄屋はん、今で言や、まぁ村長さんですかなぁ、お庄屋さんが
おんなじ村の中に、お花といぅ若い女ごはんを囲ぉてたんですなぁ。まぁ二
号さんと言ぅやつでね、昔はこれ「お手掛けはん」てなこと言ぃましたなぁ。

 東京の方では「お妾さん」とこぉ言ぅ、関西では「お手掛けはん」でね、
目を掛けるか手を掛けるかだけの違いでございまして、実質においては何ら
変わりはないと思うんですが。

 明治の初年頃には「権妻(ごんさい)」なんていぅ面白い言葉が、まぁ東京
を中心にあったんですなぁ。権妻といぅのがね、権大納言とか権兵衛とか、
あの権ですわなぁ。権大納言といぅのは本当の大納言ではないんですなぁ、
仮の大納言みたいなもん。

 お妾さんは本当の妻女ではないので権妻やといぅ、えらい難しぃこと言ぅ
たもんですなぁ。太宰権帥(だざいごんのそつ)やとか、菅原道真が流された
ときは権といぅ字が付いてた。

 ちょっと古い昔、大阪では「コナカラ」ちゅう言葉がありましてね、コナ
カラちゅうのはこれちょっと分からん、これ枡のこってすなぁ。お酒やらお
米やらを計った枡に「小半(こなから)」ちゅう枡がありまして、一升枡の半
分が五合(ごんごぉ)枡「半(なから)」でございます。

 さらにその半分で「小半」二合五勺、二合半やから「コナカラ」二合はん
のことを「こなから」と言ぅ、えらい持って回った話でございます。こら分
かりまへんわ「あの人コナカラやで」「あぁそぉかいな」てなもんで。

 いっぺん流行らしたろか知らん思たんですけどね、先テレビで言ぅてしも
たさかい、もぉ流行らしよぉがないよぉなってしまいましたが。

 このコナカラが同じ村におってはいけませんわなぁ、どぉしても本妻さん
の耳へ入ります。そぉするとお定まりの揉め事があって「どぉしても別れな
さい」と手切れちゅうことになる。お花は何がしかの手切れのお金をもらい
まして、お庄屋はんと縁は切れたんですが……

●で、あんた、あのお花どないする気ぃやねん?■何がいな?●いや、あの
お花、村に相変わらずいてまっしゃないか■そらいてるわいな。切れたさか
いに、それでえぇやないかいな●「それでえぇ」ちゅたかてあんた、おんな
じ村にいたんでは、あんたみたいな信用のおけん人、いつ元に戻るや分から
んから、どないかしぃ。

■「どないかしぃ」て、どないすんねや?●この村から放り出しなはれ■ア
ホなこと言え、おい。そんなことができるかいな●あんた庄屋やろ■なんぼ
庄屋でもな、罪も咎(とが)もない者、村を放り出すちゅな大変なこっちゃ、
そんなことできるかいな●ほな、どこぞ縁付けなはれッ。

■あのなぁ、わしの持ちもんやったこと、村中みな知ってんねやないかい。
わしが世話してそんなことが言えるかいな●ほな、放り出しなはれッ■そぉ
いぅわけにはいかん●どっか縁付けるか、どっちかしてもらわな、わてもぉ
安心がでけんッ!

■あぁ〜、もぉかなんなぁ〜、婆の悋気(りんき)はもぉどもならんで……、
ゴジャゴジャ、ゴジャゴジャとうるさいわいもぉ。困ったなぁ、いっぺん算
段の平兵衛にでも相談してみよかなぁ、あいつならえぇ算段……、そぉじゃ、
平兵衛まだ寡男(やもめ)やなぁ、あいつ、お花もろてくれへんやろかなぁ?

 平兵衛に話をすると、もとより二号さんにでもなろかちゅう女ごはんでっ
さかい別嬪(べっぴん)さんですわなぁ「お花さんなら喜んでちょうだいをい
たします」と言ぅ。

 お花の方に話をしますと「頼る人に離れられて心細ぉなってるとこやさか
い、そこはまぁどぉぞよろしぃよぉに」と言ぅので、庄屋夫婦が仲人になり
まして、お花が平兵衛のところへ嫁ぎます。

 手切れのお金は持ってるし、着物こしらえてもろたり、まぁいろいろと持
ち物も多いさかいね、平兵衛にしてみたらもぉカモがネギ背中に背負て持っ
て来たよぉなもんで「まぁまぁ、どぉぞよぉお越し」ちゅなもんでな「これ
で当分はまぁ遊んでられるわい」ちゅなもんで。

 「どや、ひとつ花見に行こか」てなこと言ぅて物見遊山に出かける「道頓
堀に江戸の役者でえぇのが来てるちゅうてえらい評判じゃ、芝居見に行こか」
てなことを言ぅて遊び暮らしてるうちに、持って来たお金はドンドン、ドン
ドン減ってしまいますわ。

 「どもしゃ〜ない、だいぶ心細なったなぁ。このところ儲け口もないし、
ちょっと銭儲けしてこぉ、稼いでくるから元手出せ」その稼いでくるちゅう
のが博打でっさかいね、そんなもの稼げると決まったもんやない。行ては取
られ、行ては取られする。

 カッカカッカきます「もぉちょっと……、え? ないのん? しょがない、
ほんならその着物と帯とちょっと質屋へ持って行け」元手こしらえて行く、
また取られる。もぉそぉなるとあれ不思議なもんですなぁ、博打とか勝負ご
とといぅものはみなそぉでして、追い込みゃ追い込むほど、あらあきません
なぁ。

 競馬なんかに行てもね「これが外れたら帰りの電車賃が無い」ちゅなとき
の馬券はめったに取れたためしがない、わたしも体験がございますわ。で、
こぉ見てるとな、誰か知った顔がおりまんねん「ちょっと済まんけど貸して
んか」てなことを言ぅて、まぁそぉいぅときはホンマにカッカカッカとなる。

 「勝負事は余裕のある金でせなんだらあかん」といぅのは事実で、あっち
やこっちの不義理重なってるのに、その中から無理やり金こしらえて持って
行たやつ、めったに取れまへん。

 丁と張れば半と出る、半と張れば丁と出る、見事に裏目うらめが出てくれ
る。終いに頭がおかしぃになってしもてね、丁と半と両方へコマ張りよった
んだ。そんなことして儲かるわけはないんやけど、いっぺんでも自分の置い
た方へ目ぇ出したいちゅうんで両方へ張りよった。

 「勝負ッ!」スッと開けたらサイコロが二つ重なってまんねん「これは賽
塔(さいとぉ)の賽といぅて中盆(なかぼん)がもらう」て、どないしても取ら
れへん。

 もぉ終いには着るものも無いよぉなってしまう。そぉなると歯車が悪ぅ回
りだしたんですなぁ、八分までまとまってた話が崩れてしまう「こいつはわ
しが儲けよ」と思てたやつをトンビに油揚げ(あぶらげ)さらわれる。

 「弱り目にたたり目、泣き面に蜂、貧すりゃ貪する、藁打ちゃ手ぇ打つ、
便所行たら先ぃ人が入っとぉった」ちゅうぐらいなもんで、どないもこない
もしゃ〜ないよぉなってしもた。

▲お花……、お花★何やねん?▲うちゃ、米はあるのんかい?★何言ぅてな
はんねん、お米なんかもぉ、米びつカラカラや、空っぽやがな、明日の朝の
ご飯は無いもんやと思てや。

▲どもしゃ〜ないなぁ……、酒は?★お酒があるわけないやろがな……、あ、
せや忘れてた、神棚へな、お神酒上げたぁんねん、あそこに三勺か五勺ある
やろ▲五勺ぐらいの酒しょがないなぁ……

▲味噌は?★切れてる▲醤油は?★切れてる▲砂糖は?★切れてる▲切れて
ないもんないのんかい?★台所の包丁が切れてへんわ。

▲どもしゃ〜ないなぁ、拍子の悪いときには煙草まで切れてけつかる「タバ
がのぉて粉ぉばっかり」っちゅうやっちゃ……、お前ら知らんやろけどなぁ、
この粉の煙草吸ぅのは難しぃんやぞ。

▲吸い付けよ思て火の上へ持って行て、傾けたら粉が下へ落ちるやろ、しゃ〜
ないさかいこの火箸で火ぃを挟んでやな、こぉ吸い付けよ思ても、力入れて
吸ぅたら粉が口へ入るやろ。と言ぅて吸わなんだら火は付かんさかい、力を
入れるよぉな……、入れんよぉな……、吸ぅよぉな……、吸わんよぉな……、
ここの呼吸が……

★何をゴジャゴジャ言ぅてなはんねん、そんな気楽なこと言ぅてる場合やお
まへんでホンマに。明日の朝ご飯無いねやで!▲ギャ〜ギャ〜言ぅなお前、
一日や二日食わなんでも死ねへんわい。もぉしゃ〜ない、こぉなったら少々
危ない橋渡ってでも小遣い稼ぎをしょ〜と思てな……

★あんた、何を考えてなはんねん?▲美人局(つつもたせ)ちゅうのんやって
みよと思うねん★美人局て何や?▲いや、庄屋の禿げちゃん、今朝も隣村の
方へ歩いて行きよったわい。あれ、まだまだお前に未練たっぷりや。

▲な、せやさかいな、そのうち帰って来るわい、で、わしゃちょっとこっち
姿隠してるさかいな、お前その五勺の酒でもえぇわ、燗徳利に入れてお燗つ
けて、ちょっとうまいこと言ぅてこっち引っ張り込むねん。

▲で、ちょっと勧めて、盃に二杯も呑んだらお前、向こぉ鼻の下長ごぉして
お前の手のひとつも握るやろ。ほな、わしゃこっちの部屋からパッと飛び出
してやな「間男見付けた、そこ動くな! 以前は以前、今はわしの女房……」

★嫌やで、そんなことあんた。何を考えてなはんねん▲そぉでもせなしゃ〜
ないやないかいな「背に腹は替えられん」ちゅうことがあるがな、それで銭
にしょ〜っちゅうねん。辰とこかって、こないだやりよったんや。

★辰っつぁんとこが? いや、あのお美代さん?▲さいな、辰とこの嬶(かか)
のお美代はちょっと渋皮むけたぁるやろ、一杯飲屋へこの頃働きに行っとん
ねやズッと。ほな、あれにのぼせて通て来る客があんねや。そいつを家へう
まいことくわえ込んでな、いざっちゅうときに飛び出して「間男見付けた!
そこ動くなッ」っちゅうて金にしょ〜ちゅうて……

★お美代さん、そんなことしたんかいな? んまぁ〜、で、うまいこといた
んかいな?▲あかなんだんや★何であかなんだんや?▲慌ててよったんやなぁ
「間男見付けた」ちゅうのん間違ごぉて「美人局見付けた」言ぅてしまいよっ
たんや。

★何にもならへんやな、白状してるよぉな▲わしゃそんな下手なことはやれ
へんわい。あいつ、そのうちに帰って来るさかいな……、ほぉら帰って来た
帰って来た。こっちまだだいぶ間があるさかいな、お前ちょっとその顔に白
粉(おしろい)のひとつでも刷(は)いてな、その五勺の酒下ろして燗徳利入れ
て、わしゃこっちに隠れてるさかい、うまいこと言ぅてくわえ込めよ。

 「そんなこと、よぉやらんで」ちゅうたかて、まぁやっぱり連れ添う相手
に感化されるもんですかな「鬼の女房に鬼神」てな言葉もありますが「まぁ
まぁ以前はあぁいぅ仲やったんやし、少しぐらいお小遣いもろてもかめへん
かいなぁ」てなもんで、お花さん鏡台の前へ座りまして、慌ててちょっと白
粉を刷く。

 えらいもんですなぁ、女ごはんちゅうのはね、全て「こんなことをしょ〜
か」ちゅうたら、顔にピッと緊張感が走ると二割ぐらい綺麗に見えるもんで、
あらあるんですなぁホンマに。

 「こいつで男を落とし込もぉ」てな気になりますといぅと、この神棚から
燗徳利に五勺のお酒を入れましてな、で、お燗をつけて、ちょっと盃やなん
か並べて待ってるところへ、なんにも知らんと庄屋はん、隣村の方からブラ
ブラ、ブラブラ……「暗剣殺に向こぉた」ちゅうのはこのこってんなぁ、機
嫌よぉ帰って来た。

★あの〜、庄屋さん……、旦那■おぉ、お花やないかいな、久し振りやなぁ。
元気かい?★どぉぞこぉぞ、息しとりますよぉなこって。あの実は……■何
じゃいな?★ちょっとお願いしたいことがございまんので、ちょっと家(うち)
寄ってもらえまへんやろか?

■堪忍してぇな、やめとこやめとこ。うかうかこんなところへ上がり込んで
るところ平兵衛にでも見付かったら、何を言われるこっちゃら★いえ、うち
の人、おれしまへんねん■ほぉ、平兵衛は今日は留守か?★今日も昨日も明
日も、どこで何をしてんねやら。もぉ家を出たら鉄砲玉で、どこの旅の空に
おるかも分からしまへんねん。

■へ〜、平兵衛留守かいな。ほな、こんなとこで立ち話してんのん村のもん
に見付かってもおかしなもんやし……、ちょっと寄せてもらおか★さぁどぉ
ぞ、どぉぞお上がり、上がっとくれやす……

★まぁ、ホンマにご機嫌さん■せやけどお前、まぁまぁ機嫌よぉしてる思て
たが……★何をおっしゃる、わたしゃもぉズ〜ッと、旦さんをお恨みしとり
ましたんや■何で?★「何で」てまぁ、よりにもよって、よぉこんな男のと
ころへやってくれはったと思て。

■何がいなお前、わしかて何もやりとぉてやったわけやあれへん、うちの婆
がギャ〜ギャ〜言ぅし、お前かて得心して……★まぁまぁまぁ、どぉぞこっ
ち、座っとぉくれやす……、おひとつ■な、何じゃいな、え? 昼間からお
前、酒なんか呑んでんのかいな?

★あんまりクサクサするさかいに、お酒でも呑もか思て、呑みかけたとこだ
す■そぉか、お前に酌してもらうのも久し振りじゃなぁ……★いただいたお
金はもとより、着物から帯から頭のもんから、もぉス〜ックリ裸にされてし
まいましたがな。

■平兵衛はこの頃、仕事はしてへんのかいな?★あの人、何が仕事でんねん。
得体の知れんことばっかりして、何をして稼いでんのか、たまには儲けんの
か知らんけども、稼いだと思たらもぉ遊びに行て、うちに何にも入れてくれ
しまへん。この通りがらん洞、家ん中■ほぉ〜、ほんにそぉいぅと何も無い
やないかいな、どぉした?

★どぉしたもこぉしたも「ちょっと旅に稼ぎに行てくる」言ぅたら帰ってけぇ
しまへんし、もぉ人間の干物ができかかってまんねやわ■まぁ、もぉちょっ
と辛抱しとり、いやいや、うちの婆もな、あらもぉ長ごないと思うさかいな。

■あれが死ぬてなことんなったら、平兵衛のほぉはまた金でどないでも話が
付くやないかいな。そぉなったら、また縒(よ)り戻して、わしが面倒見てや
るてなこともでけんことはない。

★そんなお言葉、当てにしてよろしおまっしゃろか?■当てにするも何もあ
るかいな、わしゃお前に今でも腹ん中では惚れてんねんで★うまいことおっ
しゃる。わたしもぉこないやつれてしもぉて、あんたもぉ……

■何を言ぅとんねん、なるほど、ちょっと所帯やつれはしてるけども、ちゃ
んと頭も綺麗に結ぅてやで、着るもん着たら、まだまだお前だけの女ごはこ
の界隈にはおらんわいな……、ほんに、ちょっと痩せたなぁ。もぉちょっと
こっち寄りぃな……

 隣の部屋では平兵衛が「何をモタモタしてけつかんねん、あれ。自分から
ファ〜ッと体持っていかんかいもぉ、早よぉ……、今じゃ!」パッと飛び出
すなり「間男見付けた! そこ動くなッ」ダンッ!

■ん〜〜ん★何をするねやいな、あんた。そんな手荒なこと▲つい★「つい」
やあらへんやないか、どついたりしてあんた、もしものことがあったら……、
息止まってるし▲えッ……? ほんに、脈打ったない。ほぉ〜年寄て脆いも
んやなぁ〜。

★「脆いもん」やないで、殺してどぉするねやいな、あんた▲いや、わしか
てこいつがもぉ、デレデレして、肩へ手ぇ回してこんなこと、つい手に力が
入ってしもたんやけど……

▲騒ぐなこらッ、落ち着け落ち着け、こぉいぅときは落ち着きが肝心じゃい。
待てまてまて、わしも算段の平兵衛じゃ、これぐらいのことの算段がでけぇ
でどぉなるんじゃ。とにかく人目に立たんよぉに、こっちの部屋へ……

 次の部屋へ死骸を担ぎ込みますと、あたりが暗ろぉなるのを待ちまして、
ソォ〜ッと庄屋(しょや)はんの死骸を背中に負ぉて、物陰から物陰、木の陰
から木の陰へと、人目に付かんよぉに庄屋(しょ〜や)のうちまでやってまい
りました。

 母屋の方には息子夫婦が住んでまして、年寄夫婦は離れの方に住んでます。
もぉ雨戸が閉まってる、その雨戸のいつも開けるところへ、この死骸をもた
しかけましてな、こぉ。ほんでこぉ(トントン、トントン)中から「ハイ」
てガラッと開けたら、死骸がド〜ンと仰向けにこけて、ここ(頭)打って死ん
だよぉに見せかけよっちゅうわけで、これ。

 なかなか開けてはくれまへんなぁ、中の方では「どなただす?」しゃ〜な
いから鼻つまんで、声色使こて……

▲わしや●「わし」では分からん、名前を言ぃなはれ▲これ、そんなこと言ぅ
な、今戻った●あんたなぁ、朝早よぉに「隣村へ行く」言ぅて、今時分まで
何をしてなはったんや?▲ちょっと、帰りに平兵衛のとこへ寄ってた●平兵
衛? あんた平兵衛のとこへ何の用事がおまんねん?▲ちょっと話が……

●何であんたが平兵衛と話せんならんことがおまんねん? ははぁ〜、お花
はんに会いに行きなはったんやな。この頃どぉもちょいちょい帰りが遅い思
たら、あんたお花と逢い戻りしてなはんねやろ……、あぁ、開けられまへん
さかいな、お花とこ行って泊めてもらいなはれ。

▲そんなこと言ぅな、村のもんが通る。庄屋が締め出されて謝ってるてな、
格好付かん●見てもろたらえぇがな。あんたでも恥ずかしぃこと知ってなは
んのかいな、村中に大きな恥かいといて。見てもらわんかいな、あんた村の
衆に、あんたが締め出されてペコペコ頭下げてるとこ、見てもろたらえぇね
ん。

▲そんなこと言ぃな、人が来るがな、面目(めんぼく)ないがな……、首でも
吊って死ななしょがない●安い首やなぁ、村の人に面目ないから首吊って死
ぬちゅうのん? 昔から「死ぬ死ぬ」っちゅうて死んだためしないねやさか
いな、甲斐性があったら首でも何でも吊りなはれッ!

 「よぉこのひと言を言ぅてくれたこっちゃ」ちゅなもんで、これさえ言わ
してしまや、もぉ用事はない。帯をほどいて、そばにあった松の木の枝振り
のえぇところに引っ掛けて輪ぁをこしらえまして、そこへ死骸をヒョイと引っ
掛けると、ス〜ッと帰ってしもた。

 お婆さんの方は表が静かになった「こらヒョッとしたら、また平兵衛のと
こへでも戻ったんやないかいなぁ」と思て、雨戸をガタガタと開けてみます
と目の前。

●うわッ! 何をするのじゃ、こら親父どん、何ちゅうことしなはる。あ〜、
えらいことなった。これ親父どん……! 息、止まってるがな、え? どぉ
しょ〜、倅(せがれ)……? せがれ夫婦にもこんなこと、面目のぉて言われ
へんで、えぇ歳した年寄夫婦が痴話げんかの挙げ句に、首吊って死んだやな
んて、そんなことよぉ言わんで。

●それに、首吊りとなったらこれは変死じゃ、お上へ届け出ないかん……、
村の庄屋まで務めたもんが変死で、首吊りでお上の詮議を受けるやなんてこ
と……、家の恥、村の恥……、どぉしょ〜、どぉしょ〜……? 算段の平兵
衛にでも相談せなしょがない。

             * * * * *

●(トントントン……)平兵衛さん(トントントン……)ちょっと開けとく
なされ▲どなたはんだんねん、今時分? へぇ、はぁ、お庄屋はんとこのお
家(いえ)はんだっかいな、ちょ、ちょっと待っとくれやす、ちょっと待っと
くれやす……

▲何だんねん今時分?●へ、平兵衛さん。あんたにな、折り入ってお願いが、
一つ算段してもらいたいことがあって出てきましたんじゃ▲なに?●うちの
人がな、今朝早よぉ隣村へ行て、暗ろぉなってから帰って来ました▲へぇ、
夕方わたしがここでな、ボォ〜ッとしてたら、お庄屋はんちょっとご機嫌で
な、隣村の方から帰って来はった。

▲わてちょ〜ど一杯やってましたんでな「まぁ上がって、ちょっと一杯やっ
ていきはったらどぉです?」「そぉじゃなぁ、ほな久し振りにちょっとこぉ
一杯呑もか」ちゅうて、うち上がってくれはりましてな。ほで、ちょっとお
酒を……

●そんな話じゃった、そんな話じゃったがなぁ……、お花さん、気ぃ悪して
もろては困るがなぁ、以前が以前なもんで、ついわたしが悋気がましぃこと
言ぅて雨戸開けなんだんじゃ。ほんなら「村の衆が通る、庄屋が締め出され
て謝ってるてな面目ない。恥ずかしぃさかい、首吊って死ぬ」と、まぁこん
なこと言ぃまっしゃないかいな。今から考えたら酔ぉてたんじゃなぁ、あれ。

●こっちも売り言葉に買い言葉で「『死ぬ死ぬ』っちゅうて死んだためしは
ない。あんた安い首じゃなぁ、村の衆に恥ずかしぃさかい首吊って死ぬのん。
甲斐性があったら首でも何でも吊りなはれ」いぅて、言ぅてしもたんじゃが、
まぁあんな正直な人やとは思わなんだ。静かになったんで開けてみたら、ホ
ンマに首吊って……

▲えッ! お庄屋はんが首吊って……?●大きな声出してもろたら困る、こ
れあからさまになったらあんた、せがれ夫婦にも面目のぉて言われますかい
な、えぇ歳した年寄夫婦がやで、まぁ痴話げんかの挙げ句に首吊って死んだ
やなんて。

●それでこれ変死じゃろ、お上へ届けんならんがな。家の恥、村の恥、何と
かこれ、世間に穏やかな話に収まる算段を……▲せっかくのお話だすけどな、
これだけは堪忍しとくなはれ。首吊りちゅうたら変死だっせ、お上へ届けな
んだら、こら罪になりますがな。それをわたしが途中でややこしぃことした
てなこと、わたしが罪になる。これだけはどぉぞ……

●無理は承知、無理は承知じゃ……、な、門跡さんへあげよぉと思ぉてとっ
といた二十五両ひと包み、この死に金、これあんたに差し上げるでな、何と
かこれ、穏やかな話にならんもんかいな?▲え? ん〜ん……、金の顔見て
言ぅこと変えたら、えらい薄情なよぉながな、なるほど言われてみたらホン
にこら家の恥、村の恥。

▲なぁ、明るみへ出てだっせ、そんな検死受けるちゅなことになったらあん
た……、あんまりみっともえぇこっちゃおまへんなぁ。ほなまぁ、これは遠
慮無しにほんだら頂戴いたしましてな、一世一代の算段をしてみよと思うけ
ど、その死骸は? まだ地べたへ寝かしたまま? そらいかん、人目に立た
んうちに行きまひょ。

 すぐ飛んで来て死骸を家ん中へ運び入れます。死骸の着物を脱がして、こ
れに派手な浴衣を着せまして、平兵衛、自分も着物を脱いで粗(あら)い浴衣
に着替える。

 死骸の顔へ手ぬぐいで頬被りをいたしまして、平兵衛も手ぬぐいで頬被り
をする。死骸の腰へ団扇を一本差す、平兵衛も腰に団扇を一本差しまして、
ちょ〜ど隣村が毎晩のよぉに、その時分盆踊りの稽古をしてます、そっちの
方へソォ〜ッと歩き出した「さッ、行きまひょかな」……♪

▲あんたこれな、踊り子さんやさかいな、しっかり踊る気にならなあきまへ
んで、これから陽ぉ気な気分になってな、隣村の盆踊り行きまんねやさかい
な。

 暗ぁ〜い、月も星もない晩でございます。人目に立たんよぉに死骸を背た
ろぉて盆踊りの輪の方へ行く。櫓(やぐら)が組んでありまして、今のよぉに
その、電気もなかったら、もちろん拡声器・スピーカー、何もあれしまへん
さかいね。

 音頭取りがえぇ声で歌うと、それに合わして、篝火(かがりび)が二か所ほ
ど燃えてるだけの明りの中を、手拍子と足音が聞こえるぐらい。平兵衛ソ〜ッ
と、死骸を抱いて踊りの輪ぁへ紛れ込みよった。

▲さぁ、しっかり踊りや……(ほいッ、ほいッ、ほいッ、ほいッ)

 踊らしながら、冷た〜い手ぇで、踊ってるやつの顔をパッ、パッ……

■何すんねん……◆ん? 今なんや、冷たぁい手がバッと来たで■お前もや
られたか? わしも背中んとこ冷たぁい手がパッと来やがんねん。近所の村
から踊りをつぶしに来てけつかるかも分からんなぁ。今度冷たぁい手が出た
ら、握って離すなよ。皆に言ぅて回れ「こいつやぁ!」言えよ、皆でどつい
てまうねんさかい、えぇな、気ぃ付けて踊ってぇよ。

▲(ほいッ、ほいッ、ほいッ、ほいッ……)◆こいつやぁ〜ッ!(ボコッ、
ボコッ、ボコッ、ボコッ……)

 平兵衛、死骸放り出してサ〜ッと逃げて帰ってしもた。

■ちょっと待て、ちょっと待てぇ〜……、手応えが無いやないか、気ぃ失い
やがったんやろホンマに。面(つら)めっくて見ぃ、誰やこんなことしやがっ
たん?◆どいつや、ホンマにこんなアホなことさらすんわ……

◆えッ!? おい、これは……、隣村のお庄屋はんやないか、えらいこちゃ
がな……、し、死んでるで、おい■誰がやったんや?◆知らんがなそんなも
ん「みんな寄ってどつけ」言ぅたやないかいな、わいもどついたがな★わい
は蹴ったで■何をすんねん。

◆えらいことになったなぁ〜■待て、まてまて、待てぇ、一人も逃がすな。
ズ〜ッと見て回れおい、これみんなこの村のもんばっかりか? よその村か
ら来てる者はないな? みんなこの村のもんばっかしやな、よぉ〜し。ほん
だらこのことは、口に出したらあかんぞ、この村だけで収めよ◆いや、収め
るてお前、これどないすんねん?

■しゃ〜ないがな、算段の平兵衛にでも相談しょ〜いな◆平兵衛、この(庄
屋の)村の人間やでおい■あいつはコレ(金)でどないでもなるんやて。自分
とこの村のお庄屋であろぉが何であろぉが……、徳さん済まん、ちょっとな、
おまはん家帰って隠居に無理言ぅて、二十五両包み一つもろてきてぇな。

■いや、出してくれっちゅうねやあらへんがな。咄嗟の場合や、あとで村の
金で返すやないかい。さぁ、ちゅうてそんだけの金が出んのん、お前とこし
かないさかい、ちょっと借りてきて……

■お年寄り方、済んまへんけど若いもんでやってみまっさかいなぁ、今日は
知らん顔してておくれやす。あかなんだらまた、お力借らんなんかも分かり
まへんけど、今夜のところはひとつ、いっぺんできるかでけんか、若いもん
同士でやってみまっさかい。

■金借りてきたか……、よし、ちょっと四、五人付き合え。

             * * * * *

■(トントントン)こんばんわ(トントントン)こんばんわ(トントントン
トン)▲どなたやねんもぉホンマに、よぉ寝てまんねやがなもぉ■平兵衛は
ん、お休みのところ済んまへん、ちょっと開けとくなはれ▲え〜? もぉか
なんなぁ〜、夜が更けてから……■隣村から雁首揃えて出て来たんだ、ちょっ
と開けてもらえまへんかえ?▲えッ、隣村から……

▲おぉなんや、またぎょ〜さんお揃いで……、まぁ、こっち入っとぉくなは
れ■平兵衛はん、ひとつな、あんたを「男」と、見込んで、こんだけ、お願
いにまいりましたんや。どぉかひとつ、算段してもらいたいことがでけたん
だ▲何だんねや、またそれ?

■実は、今年ほれ、ちょっとうちの村の盆踊りな、ちょっと新しぃ手を考え
たんで、みんな寄って遊んでまんねや。毎晩「稽古や、稽古や」ちゅうてな、
早よぉから盆踊りの稽古いぅて、毎晩集まってやって、知ってなはるやろあ
んたも。

■今夜もおんなじよぉにやってたんだ。ほんだらな、踊りの輪ぁの中で冷たぁ
い手ぇで踊ってるやつの顔、撫ぜ回すやつがおるんだ「近所の村から、踊り
つぶしに来やがったかも分かれへん、イテマエ」っちゅうんで、皆寄ってど
ついたり蹴ったりしてしもたんだ。

■ほな、気ぃ失のぉてしもて、こいつが……、当たり所が悪いちゅなえらい
もんやなぁ、死んでしまいよったんでんねん▲えらいこっちゃ■さぁ、えら
いこっちゃ「誰やろ?」と思て顔見たところが……、ここの村のお庄屋はん
や▲えぇッ!■大きな声出しなはんな……、また酒に酔ぉてのテンゴやとは
思たけどな、殺してしもたらどぉしょ〜もないがな、あんた。

■で、誰がやったや分からん。これが明るみに出てみなはれ、誰がやったか
分からんことで、二人なり三人なり、下手人出さないかんわ。二か村が仇同
士ちゅうことになんねん。何とかこれ、丸い話にあんたの算段で……

▲これだけは、これだけは堪忍してもらお、あほらしもない。あんた、わた
しとこの村のお庄屋をどつき殺されてやで、わたいが何かしたちゅうことが
フッとこの村のもんに知れてみなはれ、わしが今度どんな目に遭わされるか。

■さぁさぁさぁさぁ、無理は承知や、無理は承知や……、今度の踊りは若い
もんばっかり寄ってやってるんで、半端な金よりできなんだけど、二十五両
ひと包み。これをあんたにあげるでな、何とか穏やかに話してもらえまへん
やろかなぁ?

▲え……? 金の顔見て言ぅこと変えたら、なんや薄情なよぉなけどな、こ
らまぁ、言われてみたらうちのお庄屋はんにも悪いとこあるし、誰がやった
か分からんことで、二つの村が仇同士で、二人なり三人なりお仕置きに遭わ
んならん、てなことになったらなぁ……

▲よろしぃ、ほなまぁこら確かに頂戴をしてな、一世一代の知恵を振るてみ
まひょ。その代わり、あんたらも手伝(てっと)ぉてもらわないかん■何でも
手伝(てった)う、手伝うことあったら何でも言ぅてぇな。

▲とりあえず、わし今から用事こしらえてお庄屋はんとこ行くわ。な、ほな
「まだ戻ってない」と言ぅに違いないさかい「こんな時刻までおかしぃやな
いか」ちゅうんで、向こぉのお婆ん、お家はんをやな「一緒に探しに行きま
ひょ」ちゅうて連れ出しますわ。

▲で、向こぉの家の桔梗の紋の付いた提灯下げて出る、これが目印やで。そ
のあいだにな、お庄屋はんの死骸を、あの崖端(がけはな)の天辺の一本松、
一本松のネキまでこぉ持って上がって、でまぁ、お庄屋はんと一緒に一杯呑
みながら、ワァワァと遊んでるといぅ腹積もりになっててもろたらえぇねん。

▲崖の下のところ、こぉわしが提灯を上げ下げする、これが合図やで。こぉ
なったら上からダ〜ッと死骸を突き落としといて「えらいこっちゃ! お庄
屋はんが滑りこけた!」言ぅて、ダ〜ッと皆山降りて来るねん。お婆はんの
目の前で落ちるところを見せるわけやな、これやったらもぉ向こぉも納得す
るやろ。

▲「えらいこっちゃ」言ぅて、パパパパッと死骸担ぎ込んでしもてやで、こ
のへんに一番下手な医者がおるやろがな、アホみたいな医者がおるやろがな、
あれ呼んで来て、あれに見せて「まぁこれ打ち所が悪かった」と、こぉいぅ
ことにしょ〜かなぁ。

■ほぉ……、まぁまぁ、それぐらいのことはやらしてもらうけど、そんなこ
とで向こぉのお婆んが得心するやろか?▲お婆んはまかしといて。そらわし
が確かに引き受けるから■あ〜そぉか、それやったら、それぐらいのことや
らしてもらう。

 さぁ、それで手分けしてみんなが働きますわ。庄屋はんのところへ行ては
「うまいこと大勢頼んで、話つけてきましたで」て恩に着せて、提灯を持っ
て連れて出る、そのあいだに死骸を担ぎ込んで崖端の天辺へ持って行くわ、
提灯がこぉなる、ダ〜ッ、ワァ〜ッ……

 まぁ世の中に、これぐらい気の毒な死骸はおまへんやろなぁ。殴り殺され
たあと、またどつかれたり蹴られたり、挙げ句の果て崖から突き落とされて、
どの傷で死んだんや分からん。せやのぉても医学の頼りない時代でございま
すので、まぁ事故死といぅことで収まって、葬式もなにも済んでしまう。

 隣村の連中は村のもんの命に関わるこってっさかい、誰ひとり口外する者
はない。平兵衛の懐へ五十両といぅ金が納まりました。このまま無事で済め
ばえぇんですけれども、近所に住んでおります徳之市といぅ按摩はんがな、
これがこれを嗅ぎ付けまして、この按摩の徳さんが算段の平兵衛をゆすりに
かけよぉといぅお噺ですが……


【さげ】
 今日はこの辺で失礼(ひつれぇ)をいたします。


【プロパティ】
 掠(かすり)=上前をはねること。また、そのもうけ。
 かなん=困惑する。適わない→適わん→かなん。
 悋気(りんき)=やきもち。男女間の嫉妬。
 別嬪(べっぴん)=嬪は嫁。夫に連れ添う女。奥御殿で、天子のそば近くに
   仕える女官。別嬪:嬪の中でも選ばれた嬪。美人。
 しゃ〜ない=仕様が無い→しょうがない→しょ〜ない→しゃ〜ない。
 賽塔(さいとぉ)=神仏の恵みにむくいるために建てた塔。
 中盆(なかぼん)=丁半博打で壷振り人(賽を振る人)の横で賭場の進行を
   つかさどる役目の人。
 美人局(つつもたせ)=男が妻や情婦にほかの男を誘惑させ、それを種に相
   手の男から金品をゆすりとること。なれあい間男。本来「筒持たせ」
   という博打用語で、細工した筒を使用したいんちきのこと「美人局」
   の字は中国の犯罪書から転用し読みを当てたもの。
 鬼の女房に鬼神=「鬼の女房に鬼神がなる」鬼のような男には鬼のような
   女が妻になる。似たもの夫婦。
 暗剣殺(あんけんさつ)=九星(きゅうせい)方位のひとつ。その年の五黄と
   相対する方位で最も凶とする。
 どぉぞこぉぞ=やっとのことで。
 すっくり=すっかりの行訛。すっきり。そっくり。さっぱり。きれいに。
   残らず。全部。すべて。
 けつかる=居る。する。の意の下品な悪態口に用いる語で、ケツカルだけ
   でも「居やがる」の意であるが、さらに他の動詞に付いてその下品な
   言い方になる。サラス・クサル・ヤガルなどと同じ意に使用するが、
   この三つは動詞の連用形に付くのに対して、ケツカルだけはテに接続
   する。してケツカル。言うてケツカル。など。ケッカルともいう。
 どぉするねやいな=「どうするねや?」という疑問を「いな」という接尾
   語で強調している。
 逢い戻り=一度別れた男女が再び元の仲に戻ること。
 お家(いえ)=家のうち、畳の上。転じて、その家のうちに住む主婦のこと
   を指していう。お家さん。おえはん。
 ややこしい=こみいる・複雑な・ごたごたする・こんがらがる・あやしい・
   うさんな・えたいの知れぬなど、さまざまな意味を持つ大阪独特の語。
 みっともえぇこっちゃおまへん=「みっともない=体裁が悪い」を踏まえ
   たうえで、それが「えぇこっちゃない」とダブル否定している。意味
   としては「体裁が良いことではない」になる。
 みっともない=外聞がわるい。体裁がわるい。みにくい。見ともない。見
   たくもない→ミトォモナイ→ミトモナイ→ミットモナイ。
 粗(あら)い浴衣=「粗い」は縞目や模様が大きいこと。
 さらす=するの罵語。やがる・くさる・けっかるなどの補助。さらしてけっ
   かる。
 〜いな=強調するための接尾語。
 ぎょ〜さん=たくさん・はなはだ・たいへん。大言海には「希有さに」の
   転とある。「仰々しい」のギョウか?「よぉけ→よぉ〜さん」たくさ
   ん、の訛りかも?
 いてまえ=いってしまえ→いてしまえ→いてまえ:目的を達しようとする
   こと。ここでは「やっつけてしまえ」の意として用いる。
 てんご=悪戯。悪ふざけ。元になった癲狂(てんごう)は病名で、その患者
   が発作のときにあがきもがく様がふざけて見えることからという。ま
   た小児が親を真似て邪魔をするのを手事(てごと)といい、これが一つ
   になったのもらしい。ほか、癲癇が訛ったとの説や諸説いろいろある。
 あほらしもない=「あほらし」は馬鹿げている、の意であるが「あほらし
   もない」の「ない」は馬鹿らしく「無い」ではなく、強調の接尾語。
   また、感謝の言葉を述べられたりした返事に使うと「そんなに感謝さ
   れるのは、馬鹿らしいことです。お気遣いなく」の意味合いを含む。
 ねき=根際? そば・かたわら・きわ。対象が人の場合は「はた」を使う
   ことが多い。
 按摩の徳さんが算段の平兵衛をゆすりに……=気になる方のために、以下
   に続きを記しておきます。

★平兵衛はん……、家に居てなはるかいなぁ?▲おぉ、徳さんか、何も療治
頼まへんで★いやぁ、療治に来たんやないねん、ちょっと一服さしてもらお
と思て▲ん……、まぁ、こっち上がり。

★はぁ〜、あんたまた昼酒か?▲いや「昼酒か」言ぅたかて、俺はもぉ昔か
ら儲かったら酒やし、仕事がなかったら自棄酒(やけざけ)★何を言ぅてなは
んねん、自棄酒やなんて。平兵衛はん、このところなかなかえぇ景気やちゅ
うこと聞ぃてんねん、あぁ……、こっちはあかんわい。

▲何を言ぅてんねん、おまはんもえぇ景気やろがい「按摩つかみ取り」ちゅ
うて、丸儲けやがな★何を言ぅのやいな、わしも目ぇが不自由(ふじゅ〜)な
くせに博打を打とぉかちゅう代物(しろもん)やさかい、へッ、偉そぉなこと
は言えんがな……

(煙草入れを取り出し、煙草を詰める)

★おまはんかて、あんまり偉そぉなこと言えるお人やない……、何じゃこら、
落ちてしもた……「タバがのぉて粉ぉばっかり」ちゅうやっちゃ、ちょっと
火鉢を、火鉢、火鉢……、あぁ〜、こぼれてしもた、煙草ひとつよんどくな
はれ。

▲あぁ、これ吸ぅたらえぇがな★ヘッヘッへッ、えらい済んまへん、昼日中
(ひるひなか)から酒呑んで、えぇ景気(スパ〜ッ)……、えぇ景気やあんた
(スパ〜ッ)ちょっとなぁ、わしにも……、このところズ〜ッともぉ取られ
どぉしで、煙草銭にも不自由してんのや。ちぃと凌(しの)がしてぇな。

▲何を言ぅてんねや、算段の平兵衛とこへ来て、そんな話はお門違いや★何
言ぅてんね「この頃はえぇ景気や」ちゅうこと聞ぃてんのやがな。こっちゃ
もぉ、このところ行ては取られ行ては取られ、目ぇが出ぇへんのや。

▲お前、元から目ぇ出ぇへんやないか★アッハッハッ、ホンにそぉやなぁ、
なぁ、ちょ、ちょっと凌がしてぇな▲えぇ?★おまはん、えぇ景気やないか
い、ズ〜ッシリと唸ってるちゅうねん、この頃。なぁ……

▲そんなことはないけどなぁ、ちょっとこないだうちから、わしも目ぇが出
て、ちょっと儲けたさかい、ん〜ん……、よぉけなことはできんけど、ほん
なら、こんだけ寄進に付くわ。儲かったら持って来ぃや。

★へ〜ッ、一分。あぁありがたいありがたい、さすがは平兵衛はんやなぁ、
やっぱり堅気の人間にはこんな真似はでけんわい、さすがは算段の平兵衛。
これでな、ド〜ンともぉ儲けて、あぁ返しにくる、利息付けて持ってくるよっ
てな。ハッハッハッおおけに……

 持って帰って行く。四、五日すると、

★平兵衛はん、ちょっと凌がしてぇな▲なんやねん、またかいな★さぁ、あ
かんねがな。二両二分までいたんや「もぉひと儲け」と思て、ズボッといか
れた。なぁ、あんたとこはえぇ景気やろ?

 こいつがどこまでのことを知ってんのやら、あるいはまるきり知らんのや
ら、何や分からんのですが「脛(すね)に傷持ちゃ笹原よける」どぉもこいつ
奥歯に物の挟まったよぉな言ぃ方をする。気色が悪いもんやさかい、一分や
り、二分やり、チョイチョイ、チョイチョイ小遣いを取られてる。

 近所の連中がビックリした。

●おい、按摩の徳ちゅうのは、あれなんやいな? 平兵衛のとこへ来てはゴ
ジャゴジャ、ゴジャゴジャ言ぅて小遣いを持っていくで■上には上があるも
んやなぁ、そやけど。あの算段の平兵衛からまだむしり取るやつがいてるか。

●あの徳さんちゅうやつ、相当えぇ金づるを……、なんか平兵衛の痛いとこ
握ってるに違いないで■何を握ってるか知らんけども、相手は算段の平兵衛
やで、こんなことしてたら、終いにはどえらい目に遭いよるで。

●さぁ、そこが盲(めくら)平兵衛に怖じずやがな。

 音源:桂米朝 1990/03/20 米朝落語全集(東芝)


【作成メモ】  ●参 照 演 者:main=桂米朝 sub=*  ●main高座記録日:1990/03/20  ●音  源  名:米朝落語全集(東芝)  ●ファイル公開日:2000/02/06  ●江戸落語相当:*  ●更  新  日:2008/03/16  ●リクエスト数:rakug195  ●注 意 事 項:内容を削除、追加、改訂している部分があります。           記録日のmain演者によるさげを採用しました。

GO TOP   前ページ   次ページ   落語目次